>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 B

6596

-1991

ダブルサイザ−試験及び検査方法

Double sizers

−Test and inspection methods

1.

適用範囲  この規格は,丸のこの最大間隔が 950mm 以上 3 350mm 以下のダブルサイザの機能,運転

性能及び剛性に関する試験方法並びに静的精度及び工作精度検査方法について規定する。

備考1.  ダブルサイザとは,合板などを自動送りし,主として2枚の丸のこにより,所定の寸法に切断

する機械をいう。2台組み合わせて所定の縦・横寸法に切断する場合が多い(JIS B 0114参照)

2.

この規格の引用規格を,次に示す。

JIS B 0114

  木材加工機械の名称に関する用語

JIS B 6507

  木材加工機械の安全通則

JIS B 6521

  木材加工機械の騒音測定方法

3.

この規格の中で  {  }  を付けて示してある単位及び数値は,従来単位によるものであって,

参考として併記したものである。

2.

機能試験方法  ダブルサイザの機能試験は,表 による。

表 1  機能試験

番号

試験項目

試験方法

1

電気装置

運転試験の前後に,各 1 回絶縁状態を試験する。

2

左及び右主軸の始動,停止

及び運転操作

適当な一つの主軸回転速度で,始動及び停止を繰返し 10 回行い,作動の円滑さ及び確実

さを試験する。

3

左及び右主軸回転速度の変

換操作

表示のすべての回転速度について主軸回転速度を変換し,操作装置の作動の円滑さ及び

指示の確実さを試験する。

4

送材装置の始動,停止及び

運転操作

適当な一つの送り速度で,始動及び停止を繰返し 10 回行い,作動の円滑さ及び確実さを

試験する。

5

送り速度の変換操作

表示のすべての送り速度,無段変速式のものは最低,中間及び最高の三つの送り速度に

ついて速度を変換し,操作装置の作動の円滑さ及び指示の確実さを試験する。

6

主軸の昇降及び締付けの操

作と自動停止の操作

主軸を昇降させ,動きの全長にわたって作動の円滑さ及び均一さを試験し,動きの中央

及び両端において,締付けの確実さ及び締付装置の作動の円滑さを試験する。

また,動きの両端において,自動停止装置の作動の円滑さ及び確実さを試験する。

7

丸のこの取付け及び取外し  丸のこの取付け及び取外し並びに締付けねじの締付けの円滑さ及び確実さを試験する。

8

丸のこ間隔調整装置

主軸装置移動台を移動させて,その円滑さ及び確実さを試験する。

9

加圧装置

機能の円滑さ及び確実さを試験する。

10

安全装置

作業者に対する安全機能及び機械防護機能の確実さを試験する(

JIS B 6507

参照)

11

潤滑装置

油密,油量の適当な配分など,機能の確実さを試験する。

12

空気圧装置

気密,圧力調整など,機能の確実さを試験する。

13

附属装置

機能の確実さを試験する。

備考  その機能をもたないダブルサイザでは,表 中のこれに該当する試験項目を省略する。


2

B 6596-1991

3.

運転試験方法

3.1

無負荷運転試験  左及び右主軸を回転させ,30∼60 分間運転を継続して軸受温度が安定した後,所

要電力及び騒音を測定し,

表 の記録様式 に規定する各項について記録するとともに,異常振動がない

ことを感触によって観察する。

なお,騒音の測定は,JIS B 6521 による。

表 2  記録様式 1

備考1.  左及び右主軸回転速度の変速装置があるものは,最大回転速度を含む少なくとも2条件の回転速度について記

録する。

2.

騒音測定条件は,記事欄に記録する。

3.2

負荷運転試験  試験材をきょ(鋸)断し,所要電力及び騒音を測定し,表 の記録様式 に規定す

る各項について記録するとともに,異常振動がないこと及びきょ断面の状態を感触によって観察する。

所要電力の測定は,送り速度を一定とし,試験材の厚さを変えるか,又は試験材の厚さを一定とし,送

り速度を変えて行う。

なお,騒音の測定は,JIS B 6521 による。

表 3  記録様式 2

備考1.  試験材の切削方向,ひき道幅及び騒音測定条件は,記事欄に記録する。

2.

歯形は,図示して主要寸法を記入する。


3

B 6596-1991

4.

剛性試験方法  ダブルサイザの剛性試験は,表 による。

表 4  剛性試験

番号

試験項目

測定方法

測定方法図

1

主軸系の曲げ
剛性(

1

)

定置したテストインジケータを主
軸の先端部(側面)に当てて,主

軸に直角方向の荷重  (P)  を加えて

(

2

)

,主軸のたわみを測定する。

この測定は,互いに 90°をなす 2

方向について荷重を加えて行う。

(

1

)

この測定は,左及び右主軸について行う。

(

2

)

荷重を加える位置は,できるだけ主軸端に近い位置とし,主軸の固定端からの距離を
記録する。

備考1.  同一設計の機械の剛性試験は,代表的な1台について行った試験結果で代表させ,他

のものについては省略してもよい。

2.

荷重  (P)  の大きさは,製造業者が推奨する値とし,その値を記録する。

3.

この測定は,主軸を回転させ,軸受温度が安定した後に行う。

5.

静的精度検査方法

5.1

チェーン履帯送り式ダブルサイザの静的精度検査は,

表 による。

表 5  静的精度検査

単位 mm

番号

検査項目

測定方法

測定方法図

許容値

1

主軸の振れ(

1

)

定置したテストインジケータを丸
のこ取付部の外周面に当てて,主
軸を手動で回転し,回転中におけ

るテストインジケータの読みの最
大差を測定値とする。

0.02

2

主軸の軸方向の動き

(

1

)

定置したテストインジケータを主

軸の先端に当てて,主軸を軸方向
に揺すり(

3

)

,テストインジケータ

の読みの最大差を測定値とする。

0.02

3

フ ラ ン ジ 面 の 振 れ

(

1

)

定置したテストインジケータをフ
ランジ面に当てて,主軸を手動で

回転し,回転中におけるテストイ
ンジケータの読みの最大差を測定
値とする。

直径 100 につい

0.03

水 平 面 内

1 000

について

0.05

4

主軸装置
移動台の

往復運動
の真直度

垂 直 面 内

主軸装置移動台(以下,移動台と
いう。

)の移動方向と平行に直定規

を置き(

4

)

,移動台に定置したテス

トインジケータをこれに当てて移
動させ,移動台の全移動距離内に

おけるテストインジケータの読み
の最大差を測定値とする(

5

)

1 000

について

0.05


4

B 6596-1991

単位 mm

番号

検査項目

測定方法

測定方法図

許容値

5

ベッド滑り面の真直
(

6

)

ベッド滑り面上に精密水準器を置
(

7

),

少なくとも中央及び両端の 3

か所における精密水準器の読みを
取り,その最大差を測定値とする。

0.05/m

6

前後ベッド滑り面の
平行度

前後ベッド滑り面(

7

)

上に直定規を

置き,その上に精密水準器を載せ
て,それぞれの精密水準器の読み

を取り,その差を測定値とする。

0.05/m

7

ベッド滑り面と左右
チェーンガイド上面

との平行度(

6

)

左右チェーンガイド上面に直定規

(

8

)

を厚さの等しい二つの支持具を

用いてまたがせ,ベッド滑り面又
はベッド滑り面上の直定規に置い
たテストインジケータを左右チェ

ーンガイド上の直定規に当てて,
両端のテストインジケータの読み
の最大差を測定値とする。

0.10

8

主軸の上下運動とチ
ェーンガイド上面と
の直角度(

1

)

左右チェーンガイド上面に直定規

(

8

)

を厚さの等しい二つの支持具を

用いてまたがせ,その上に直角定

規を定置し,主軸台に取り付けた
テストインジケータをこれに当て
て,主軸台を上下に移動させ,テ

ストインジケータの読みの最大差
を測定値とする。 
この測定は,移動台の間隔を最大

及び最小にして行う。

100

について

0.05

9

のこ身面とチェーン

ガイド上面との直角
(

1

)

主軸にテストプレート(

9

)

を取り付

け,チェーンガイド上面に直定規
を置き,その上に直角定規を立て,
テストプレート面に当てて,すき

まをすきまゲージで測定し,その
最大値を測定値とする。 
この測定は,移動台の間隔を最大

及び最小にして行う(

10

)

100

について

0.04

左垂直面

1 000

について

0.06

10

チ ェ ー ン
溝 の 真 直

(

11

)

右垂直面

チェーン溝と平行に直定規を置き

(

12

)

,ブロックに取り付けたテスト

インジケータをチェーン溝の側面
に当てるとともに,その先端を直
定規に当てて移動させ,全移動距

離内におけるテストインジケータ
の読みの最大差を測定値とする。

1 000

について

0.06


5

B 6596-1991

単位 mm

番号

検査項目

測定方法

測定方法図

許容値

11

左チェーン溝と右チ
ェーン溝との平行度

ブロックに取り付けたテストイン
ジケータをチェーン溝の側面に当

てるとともに,その先端を他方の
チェーン溝の側面に当てるか,内
側マイクロメータで,少なくとも

中央及び両端の 3 か所について測
定し,その読みの最大差を測定値
とする。

1 000

について

0.12

(

3

)

軸方向に揺する力は,約150N {15kgf}  とする。

(

4

)

直定規は,移動台の移動範囲の両端で,テストインジケータの読みが一致するように調整する。

(

5

)

直定規が,移動台の移動距離より短い場合は,直定規を順次移動させ,移動台の全移動距離について測定す
る。

(

6

)

この測定は,前及び後ベッド滑り面について行う。

(

7

)

ベッド滑り面が V 形溝の場合は,V 形に合った同寸法のブロックの上に直定規を載せて測定する。

(

8

直定規は、左及び右主軸のほぼ中心線上を基準として設置する。

(

9

)

テストプレートの大きさは,検査に支障がない大きさとし,その真直度の許容値は, (0.007+

000

100

L

) mm

する。ただし,はテストプレートの直径 (mm) を表す。

(

10

)

この測定は,フランジ面に取り付けたテストプレートの振れの中心を基準として測定する。

(

11

)

この測定は,左及び右チェーン溝について行うとともに,左及び右チェーン溝間隔を移動して行う。

(

12

)

直定規は,チェーン溝の移動距離の両端で,テストインジケータの読みが一致するように調整する。

備考  その機能をもたないダブルサイザでは,表5中のこれに該当する検査項目を省略する。 

5.2

ロール送り式ダブルサイザの静的精度検査は,

表 による。

表 6  静的精度検査

単位 mm

番号

検査項目

測定方法

測定方法図

許容値

1

主軸の振れ(

1

)

定置したテストインジケータを丸
のこ取付部の外周面に当てて,主

軸を手動で回転し,回転中におけ
るテストインジケータの読みの最
大差を測定値とする。

0.02

2

主軸の軸方向の動き

(

1

)

定置したテストインジケータを主

軸の先端に当てて,主軸を軸方向
に揺すり(

3

)

,テストインジケータ

の読みの最大差を測定値とする。

0.02

3

フ ラ ン ジ 面 の 振 れ

(

1

)

定置したテストインジケータをフ

ランジ面に当てて,主軸を手動で
回転し,回転中におけるテストイ
ンジケータの読みの最大差を測定

値とする。

直径 100 につい

0.03

4

主軸装置

移動台の

水 平 面 内

主軸装置移動台(以下,移動台と

いう。

)の移動方向と平行に直定規

1 000

について

0.05


6

B 6596-1991

単位 mm

番号

検査項目

測定方法

測定方法図

許容値

往復運動
の真直度

垂 直 面 内

を置き(

4

)

,移動台に定置したテス

トインジケータをこれに当てて移

動させ,移動台の全移動距離内に
おけるテストインジケータの読み
の最大差を測定値とする(

5

)

1 000

について

0.05

5

送りロールの直径の

相互差

送りロールの中央を外側マイクロ

メータで測定し,それぞれの送り
ロールの直径の差の最大値を測定
値とする。

0.10

6

送りロールの円筒度 軸を含み,互いに直角な二つの平

面内においてそれぞれ測定した送
りロールの直径の最大差のうち,
大きい値を測定値とする。

この測定箇所は,送りロールの少
なくとも中央及び両端(

13

)

の 3 か

所以上とする。

ロールの長さが

1 500

以下

0.03

ロールの長さが

1 500

を超えるも

0.05

7

送りロールの振れ

送りロールの外周面にテストイン
ジケータを当てて,送りロールを

手動で回転し,回転中におけるテ
ストシンジケータの読みの最大差
を測定値とする。

この測定は,送りロールの中央及
び両端(

13

)

の 3 か所について行う。

ロールの長さが

1 500

以下

0.03

ロールの長さが

1 500

を超えるも

0.05

水平方向 下送りロール上にまたがせた直定

規の上に精密水準器を置き,下送
りロールの両端における精密水準
器の読みの差を取る。

この測定は,それぞれ隣接する下
送りロールについて行い,その最
大差を測定値とする(

14

)

0.30/m

8

下 送 り ロ

ー ル の 平
行度

ロール間 それぞれ隣接する下送りロールの

両端の間隔をノギスで測定し,そ

れぞれの読みの差を測定値とする

(

14

)

0.20

9

上送りロールと下送
りロールとの平行度

上送りロールと下送りロールとの
間隔を 0 にし,上下送りロールに

垂直方向に直定規を添わせ,それ
に精密角形水準器を当てて,送り
ロールの両端における精密水準器

の読みを取り,その差を測定値と
する(

14

)

0.30/m


7

B 6596-1991

単位 mm

番号

検査項目

測定方法

測定方法図

許容値

10

主軸の上下運動と下
送りロール上面との

直角度(

1

)

下送りロール上にまたがせた直定
規の上に直角定規を定置し,主軸

台に取り付けたテストインジケー
タをこれに当てて,主軸台を上下
に移動させ,テストインジケータ

の読みの最大差を測定値とする。
この測定は,移動台の間隔を最大
及び最小にして行う。

100

について

0.05

11

のこ身面と下送りロ
ー ル 上 と の 直 角 度

(

1

)

主軸にテストプレート(

9

)

を取り付

け,下送りロール上にまたがせた

直定規の上に直角定規を定置し,
テストプレート面に当てて,すき
まをすきまゲージで測定し,その

最大値を測定値とする。 
この測定は,移動台の間隔を最大
及び最小にして行う。

100

について

0.04

(

13

)

“だれ”の部分を避けて測定する。

(

14

)

この測定は,下送りロールの振れが最も少ない位置を基準とする。

備考  その機能をもたないダブルサイザでは,表 中のこれに該当する検査項目を省略する。

6.

工作精度検査方法  ダブルサイザの工作精度検査は,表 による。

表 7  工作精度検査

単位 mm

番号

検査項目

測定方法

測定方法図

許容値

1

きょ断面の真直度  試験材を 2 枚きょ断し,2 枚の試

験材の同じ側のきょ断面が相対

するように突き合わせ,その全
長にわたり,すきまをすきまゲ
ージで測定し,その最大値の

2

1

測定値とする。

1 000

について

0.25

備考  試験材は,あらかじめ必要な前加工をする。

関連規格  JIS B 6501  木材加工機械の試験方法通則

JIS Z 8203

  国際単位系 (SI) 及びその使い方


8

B 6596-1991

JIS

原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

林      大九郎

東京農業大学農学部

木  下  敍  幸

林野庁森林総合研究所

伊佐山  建  志

通商産業省機械情報産業局

吉  田  藤  夫

工業技術院標準部

池  田  順  一

財団法人日本規格協会

可  西  忠  雄

ユアサ建材工業株式会社

田  中  哲  郎

ホクヨープライウッド株式会社

小田嶋  輝  夫

日本合板工業組合連合会

櫻  井      昭

開成産業株式会社

大  友  静  正

株式会社ウロコ製作所

川  端  宗  之

株式会社菊川鉄工所

高  井  正  弘

株式会社太平製作所

大  川      勝

橋本電機工業株式会社企画室

正  木  康  夫

南機械株式会社製造部

坂  本  晋  一

株式会社名南製作所

村  上      勝

社団法人全国木工機械工業会

(事務局)

雨  宮  礼  一

社団法人全国木工機械工業会業務部技術課

佐久間  章  雄

社団法人全国木工機械工業会業務部業務課