>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 6508-4 : 1999

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づき日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が制定した日本工

業規格である。これによって,JIS B 6508 : 1990 は廃止され,JIS B 6508-1JIS B 6508-5 に置き換えられ

る。

今回は国際規格との整合化に重点を置き,丸のこ盤について対応国際規格のあるものについては,第 2

部∼第 5 部として,技術的内容を変更することなく採用するとともに,第 2 部及び第 4 部については,工

作精度検査の規定項目を追加した。また,対応国際規格のないものについては,第 1 部として JIS B 6508 : 

1990

を基に,最近の国内外の実態を踏まえつつ規定した。

丸のこ盤に関する規格は,次の 5 部によって構成される。

JIS

B

6508-1

  丸のこ盤−第 1 部:丸のこ盤の試験及び検査方法

JIS

B

6508-2

  丸のこ盤−第 2 部:ラジアル丸のこ盤の名称及び検査方法

JIS

B

6508-3

  丸のこ盤−第 3 部:走行丸のこ盤の名称及び検査方法

JIS

B

6508-4

  丸のこ盤−第 4 部:テ−ブル移動丸のこ盤の名称及び検査方法

JIS

B

6508-5

  丸のこ盤−第 5 部:ギャングリッパの名称及び検査方法

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。通商産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任をもたない。


日本工業規格

JIS

 B

6508-4

: 1999

木材加工機械−丸のこ盤−

第 4 部:テ−ブル移動丸のこ盤の名称及び検査方法

Woodworking machines

−Circular sawing machines−

Part 4 : Nomenclature and acceptance conditions of single blade circular

sawing machines with travelling table

序文  この規格は,1988 年に第 1 版として発行された ISO 7983, Woodworking machines−Single blade circular

sawing machines with travelling table

−Nomenclature and acceptance conditions を元に,対応する部分について

は対応国際規模を翻訳し,技術内容を変更することなく作成した日本工業規格であるが,対応国際規格に

は規定されていない規定項目(工作精度検査)を日本工業規格として追加した。

なお,点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格にない事項である。

1.

適用範囲  この規格は,テ−ブル移動丸のこ盤の各部の名称を規定する。また,JIS B 6191 に基づい

たテ−ブル移動丸のこ盤の静的精度検査及び工作精度検査を規定する。さらに,これらに対応する一般用

途で適用する許容値について規定する。

この規格は,検査の前に行われる機械の運転試験(振動,異常騒音,構成要素のスティックスリップ運

動など)及びその特性(速度,送りなど)には適用しない。

この規格は,受入検査を義務づけるものではない。受入検査を行う場合は,あらかじめ製造業者と使用

者との間で合意しておく必要がある。

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格のうちで,発効年又は発行年を付記してあるものは,記載の年の版だけがこの規格

の規定を構成するものであって,その後の改正版・追補には適用しない。

JIS B 6191

:1993  工作機械−静的精度試験方法及び工作精度試験方法通則

備考  ISO 230-1 : 1986  Acceptance code for machine tools−Part 1 : Geometric accuracy of machines

operating under no-load or fiishing conditions

からの引用事項は,この規格の該当事項と同

等である。

ISO 7984 : 1988

  Woodworking machines−Technical classification of woodworking machines and auxiliary

machines for woodworking

3.

一般事項


2

B 6508-4 : 1999

3.1

測定単位  この規格では,すべての寸法及び許容値はミリメ−トルで表す。

3.2

JIS B 6191

の準拠  この規格を使用する場合は,検査前の機械の設置状況,主軸及び他の可動部分

のウォ−ミングアップ,並びに測定方法について,JIS B 6191 に準拠することが望ましい。

測定器具は,検査する許容差の 1/3 を超える測定誤差を許さないこと。

3.3

検査手順  静的精度検査の構成は,機械の組立に関係しており,検査の順序を決めるものではない。

測定器具の取付けや計測を容易にするために,検査は任意の順序で行ってもよい。

3.4

検査項目  機械を検査するときは,必ずしも,この規格にあるすべての検査を行う必要はない。

3.5

受入検査  使用者が必要とする検査項目は,使用者は製造業者との合意によって,機械を注文する

ときに明確にしなければならない。

3.6

加工方向  工作物が加工される方向の動きは原則として縦方向とする。

3.7

最小許容値  この規格に示す測定範囲と異なる測定範囲に対して許容値を決めるときは,検査に対

する最小許容値を 0.01mm とする(JIS B 6191 の 2.311 参照)

4.

各部の名称  各部の名称は,表 による。


3

B 6508-

4 : 1

999

表 1  各部の名称


4

B 6508-4 : 1999

表 1  各部の名称(続き)

日本語

英語(参考)

参照番号

テ−ブル移動丸のこ盤

Single blade circular sawing

machines with travelling table

1. 

構造体

Framework

1.1 

メインプレ−ム Main

frame

1.2 

揺動ア−ム Swinging arm

1.3 

揺動ア−ムの伸長部

Extension to swinging arm

1.4 

支柱 Support

2. 

加工材及び/又は工具の送り 

Feed of workpiece and/or tools 

3. 

加工材支持,クランプ及びガイド 

Workpiece support, clamp and guide 

3.1 

本体テ−ブル Table

3.2 

挿入刃口板 Table insert

3.3 

縦定規 Paralle fence

3.4 

移動テ−ブル横定規

Travelling table fence

3.5 

定寸定規 Adjustabl fence

3.6 

移動テ−ブル Travelling table

3.7 

補助テ−ブル Transverse

table

4. 

工具ホルダ及び工具 

Tool-holders and tools 

4.1 

丸のこ Sawblade

4.2 

けい(罫)引き丸のこ(オプション) Scoring sawblade (optional)

5. 

加工ヘッド及び工具駆動 

Workhead and tool drives 

5.1 

丸のこ軸

Circular saw spindle

5.2 

丸のこ軸ケ−ス

Saw spindle mounting

5.3 

プランジ Flange

5.4 

締付けナット Clamping nut

6. 

加工調整部 Controls 

6.1 

スイッチ Switch

6.2 

丸のこ高さ調整ハンドル

Adjustment for cutting height

6.3 

縦定規のロックハンドル

Clamping lock for parallel fence

6.4 

縦定規の微調整つまみ

Fine adjustment for parallel fence

7. 

安全装置(例) 

Safety devices (examples)   

7.1 

丸のこ歯の接触予防装置(可動式) Top

guard

7.2 

割刃(反発予防装置) Riving

knife

8. 

その他 MisceIlaneous 

8.1 

排じん(塵)口 Extraction

connections

9. 

(空白項) (clause

free

10. 

加工の例 

Examples of work 

10.1 

幅決め切削

Cutting to width

10.2 

直線びき Square-edging

10.3 

パネル寸法取り Panel

sizing

10.4 

斜めびき Mitre-cutting

10.5 

横びき

Angle cutting and cross-cutting

10.6 

縦定規を使ったパネル分割

Panel dividing using the parallel fence

5.

検査方法及び許容値

5.1

静的精度検査  静的精度検査は,表 による。


5

B 6508-4 : 1999

表 2  静的精度検査

単位 mm

番号

測定方法図

検査項目

許容値

測定器具

JIS B 6191

参照項目及び

備考

G1 

本 体 テ ー ブ
ルの真直度

a)

縦方向

b)

横方向

a)

及び b)

L

≦630 に対して

0.2

630

L≦1250 に

対して 0.25

L

>1250 に対し

て 0.3

L

:測定方向にお

  ける本体テー
  ブルの長さ

直定規及
びすきま

ゲージ

5.212 

G2 

本 体 テ ー ブ
ルの真直度

c)

対角方向

c)

L

≦630 に対して

0.3

630

L≦1250 に

対して 0.4

L

>1250 に対し

て 0.5

L

:測定方向にお

  ける本体テー

  ブルの長さ

直定規及
びすきま
ゲージ

5.212 

G3 

縦定規の真直

L

≦630 に対して

0.1

L

>630 に対して

0.2

L

:縦定規の長手

  方向の長さ

直定規及
びすきま

ゲージ

5.212 

G4 

縦定規の本体
テーブルに対

する直角度

E

=100 に対して

0.2

E

:直角定規の長

  さ

直角定規
及びすき

まゲージ

5.512.2 


6

B 6508-4 : 1999

番号

測定方法図

検査項目

許容値

測定器具

JIS B 6191

参照項目及び

備考

G5 

移 動 テ ー ブ
ルの真直度

a)

横方向

b)

縦方向

a)

0.2

b)

L

≦2 000 に対し

て 0.3

2 000

L≦2 650

に対して 0.4

2 650

L≦3 500

に対して 0.5

L

>3 500 に対し

て 0.6

L

:移動テーブル

  の長手方向の
  長さ

直定規及
びすきま
ゲージ

5.212 

凸面状でないこと。

G6 

移 動 テ ー ブ
ルの真直度

c)

対角方向

c)

L

≦2 000 に対し

て 0.3

2 000

L≦2 650

に対して 0.4

2 650

L≦3 500

に対して 0.5

L

>3 500 に対し

て 0.6

L

:測定方向にお

  ける移動テー
  ブルの長さ

直定規及
びすきま
ゲージ

5.212 

凸面状でないこと。

G7 

本体テーブル
と移動テーブ
ルとの水平面

内における平
行度

B

*

=450

b

e=0.2

b

c

c

e=0.2

e

:ブロックゲー

  ジの厚さ

ブロック
ゲ−ジ,
直定規及

びすきま
ゲージ

5.322 

移動テーブルは,
常に本体テーブル

より高いこと。 
測定は,移動テー
ブルを移動して数

箇所で行うこと。
移動テーブルが 1
本のエッジアーム

で支持されている
場合,動きの両端
での許容値は 2 倍

でよい。 
(*)

B

の起

点位置は,丸のこ

身の延長線上とす
る。また,その位
置で を測定す

る。


7

B 6508-4 : 1999

番号

測定方法図

検査項目

許容値

測定器具

JIS B 6191

参照項目及び

備考

G8 

本体テーブル
面と移動テー

ブル面との送
材方向におけ
る平行度

D

=1 000 に対し

て 0.25

D

:測定間隔

直定規及
びダイヤ

ルゲージ

5.412.2 

ストロークが 2

650

を超える移動

テーブルの場合,
両端での許容値は

2

倍でよい。

G9 

本体テーブル
と移動テーブ

ル動きとの垂
直面内におけ
る平行度

E

=1 000 に対し

て 0.4

E

:測定間隔

直定規及
びダイヤ

ルゲージ

5.422.22 

G10 

移動テーブル
動きののこ身
面に対する平

行度 
(テストデイ
スクをのこ身

位置に装着)

G

=1 000 に対し

て 0.25

G

:測定間隔

直定規,
ダイヤル
ゲージ及

びテスト
ディスク

5.422.22 

e

の変位>の変

位でなければなら

ない。の変位と d
の変位との差を測
定値とする。

テストディスクを

180

°回転して測

定を繰り返す。各

点で得た値の平均
値で評価する。


8

B 6508-4 : 1999

番号

測定方法図

検査項目

許容値

測定器具

JIS B 6191

参照項目及び

備考

G11 

縦定規ののこ
身面に対する

平行度 
(テストデイ
スクをのこ身

位置に装着)

H

=800 に対して

0.2

800

< ≦ 1 200

に対して 0.25

H

>1 200 に対し

て 0.3

H

:測定間隔

直定規,
ダイヤル

ゲージ及
びテスト
ディスク

5.412.2 

e

の変位>の変

位でなければなら
ない。の変位と d
の変位との差を測

定値とする。 
テストディスクを

180

°回転して測

定を繰り返す。各
点で得た値の平均
値で評価する

G12 

移動テーブル
横定規ののこ

身面に対する
直角度 
(テストデイ

スクをのこ身
位置に装着)

I

=500 に対して

0.15

I

:直角定規の幅

直定規,
直 角 定

規,すき
まゲージ
及びテス

トディス

5.512.2 

テストディスクを

180

°回転して測

定を繰り返す。各
点で得た値の平均

値で評価する。

G13 

丸のこ軸の振

0.03

ダイヤル
ゲージ

5.612.2 

G14 

プランジ面の
動き

d

≦100 に対して

0.03

d

>100 に対して

0.04

d

:フランジの直

  径

ダイヤル
ゲージ

5.632.2 

製造業者が設定し

た力 を丸のこ軸
の軸方向にかけ
る。


9

B 6508-4 : 1999

番号

測定方法図

検査項目

許容値

測定器具

JIS B 6191

参照項目及び

備考

G15 

のこ身面の本
体テーブルに

対する直角度
(テストディ
スクをのこ身

位置に装着)

J

=l00 に対して

0.1

J

:直角定規の高

  さ

直定規,
直 角 定

規,すき
まゲージ
及びテス

トディス

5.512.2 

テストディスクを

180

°回転して測

定を繰り返す。各
点で得た値の平均

値で評価する。

G16 

移動テーブル

と補助テーブ
ルとの平行度

K

=300 に対して

g

e=0.2

K

:測定間隔

ブロック

ゲージ,
直定規及
びすきま

ゲージ

5.322 

G17 

移動テーブル
横定規の真直

度の検査

L

≦1 250 に対し

て 0.25

L

>1 250 に対し

て 0.3

L

:移動テーブル

  横定規の長さ

直定規及
びすきま

ゲージ

5.212 


10

B 6508-4 : 1999

5.2

工作精度検査  工作精度検査は,表 による。

表 3  工作精度検査

単位 mm

番号

測定方法図

検査項目

許容値

測定器具

JIS B 6191

参照項目及び

備考

P1 

切削面の真直

a)

縦びき

L

≦1 000 に対し

て 0.2

1 000

L≦2 000

に対して 0.3

2 000

L≦3 000

に対して 0.4

L

>3 000 に対し

て 0.5

L

:切削長さ

すきまゲ
ージ

4.1

及び 4.2

2

枚の試験材

厚さ 10 から 15

2

枚の試験材を

重ね合わせて移
動テーブルによ

り切削し,一方
の材を 180°回
転して同じ切削

面 を 突 き 合 わ
せ,そのすきま
をすきまゲージ

で測定する。 
中凹の切削面で
測定する。

P2 

切削面の真直

b)

横びき

L

≦500 に対して

0.1

500

< ≦ 1 000

に対して 0.15

L

>1 000 に対し

て 0.2

L

:切削長さ

すきまゲ
ージ

4.1

及び 4.2

2

枚の試験材

厚さ 10 から 15

2

枚の試験材を

重ね合わせて移

動テ−ブルによ
って切削し,一
方の材を 180°

回転して同じ切
削面を突き合わ
せ,そのすきま

をすきまゲ−ジ
で測定する。 
中凹の切削面で

測定する。

P3 

切削面の平行

a)

縦びき

L

=1000 に対し

て 0.2

L

:切削長さ

ノギス

4.1

及び 4.2

P1

の試験材

試験材を移動テ
ーブルの当て定
規に当てて切削

し,の試験材の
当て定規面と同
一としたそまま

裏返して再度切
削を行い,試験
材の幅をノギス

で測定し,その
最大差を測定値
とする。


11

B 6508-4 : 1999

単位 mm

番号

測定方法図

検査項目

許容値

測定器具

JIS B 6191

参照項目及び

備考

P4 

切削面の直角

a)

水平面内

M

= 300 に 対 し

て 0.04

M

:測定長さ

直角定規

及びすき
まゲージ

4.1

及び 4.2

P1

の試験材

P5 

切削面の直角

a)

垂直面内

N

=150 に対して

0.04

N

:測定長さ

直角定規

及びすき
まゲージ

41.1

及び 4.2

P1

の試験材

木工機械関係 JIS 原案作成委員会  構成表(敬称略)

氏名

所属

(委員長)

喜多山      繁

東京農工大学農学部

中  嶋      誠

通商産業省機械情報産業局

本  間      清

通商産業省工業技術院標準部

橋  本  繁  晴

財団法人日本規格協会技術部

青  木  恒太郎

株式会社コスガ

森          章

社団法人全国家具工業連合会

尾  崎  亮  二

有限会社オザキ建装

青  島  清  一

青島建具工業株式会社

桑  原  幸  夫

株式会社桑原製作所

川  島  正  行

株式会社平安コ−ポレ−ション

大  杉  朝  保

庄田鉄工株式会社

村  上      勝

社団法人全国木工機械工業会

(事務局)

佐久間  章  雄

社団法人全国木工機械工業会