>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 6315-2

:2003

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本工作

機械工業会(JMTBA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標

準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実

用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。主務大臣及び日本工業標準調査会は,こ

のような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出

願に係わる確認について,責任はもたない。

これによって,JIS B 6315-2:1998 は改正され,この規格に置き換えられる。


B 6315-2

:2003

(2) 

目  次

ページ

1

.適用範囲・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1

2

.引用規格・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1

3

.準備機能 G のコード・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1

4

.補助機能 M のコード・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6

 


JIS C 0068

:1995

(1) 

日本工業規格

JIS

 B

6315-2

:2003

機械の数値制御−プログラムフォーマット及びアド

レスワードの定義−第 2 部:準備機能 G 及び補助機

能 M のコード

Numerical control of machines - Program format and definition of address

words - Part2: Coding of preparatory functions G and universal

miscellaneous functions M

1. 

適用範囲  この規格は,機械の数値制御で用いられるプログラムフォーマットにおける準備機能 G の

コードおよび補助機能 M のコードについて規定する。

2. 

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 6315-1

  機械の数値制御  −  プログラムフォーマットとアドレスワードの定義  −  第 1 部:位置

決めと輪郭制御用データフォーマット

    備考 ISO 6983-1:1982,Numerical control of machines - Program format and definition of address words - Part 1 : Data

format for positioning, line motion and contouring control systems

からの引用事項は,この規格の該当事項と同等で

ある。

3. 

準備機能 のコード

3.1 

コード及び機能  G00 から 99 までの準備機能(G 機能)のコードとそれに対応する機能は次による。

コード

機  能

同じ文字で表わされる別の

指令がくるまで保持される

指令されたブロック

内でだけ有効

G00

位置決め

a

G01

直線補間

a

G02

時計方向の円弧補間

a

G03

反時計方向の円弧補間

a

G04

ドウエル

×

G05

未指定

*

*

G06

放物線補間

a

G07

未指定

*

*

G08

加速

(1)

×

G09

減速

(1)

×

G10

∼G16  未指定

*

*


B 6315-2

:2003

(4) 

コード

機  能

同じ文字で表わされる別の 
指令がくるまで保持される

指令されたブロック

内でだけ有効

G17

XY

面の選択

c

G18

ZX

面の選択

c

G19

YZ

面の選択

c

G20

未指定

(2)

*

*

G21

未指定

(3)

G22~24

未指定

G25

∼G27

今後とも指定しない

*

*

G28

未指定

(4)

G29

今後とも指定しない

G30

∼G32

未指定

*

*

G33

一定リードのねじ切り

a

G34

可変リードのねじ切り(漸増)

 (1)

a

G35

可変リードのねじ切り(漸減)

 (1)

a

G36

∼G39

今後とも指定しない

*

*

G40

工具径補正のキャンセル

d

G41

工具径補正−左

d

G42

工具径補正−右

d

G43

工具オフセット,正

(1)

G44

工具オフセット,負

(1)

G45

∼G48

未指定

*

*

G49

工具オフセットのキャンセル

(1)

n

G50

∼G52

未指定

*

*

G53

機械座標系選択

(1)

×

G54

ワーク座標系選択 1

(1)

G55

ワーク座標系選択 2

(1)

G56

ワーク座標系選択 3

(1)

G57

ワーク座標系選択 4

(1)

G58

ワーク座標系選択 5

(1)

G59

ワーク座標系選択 6

(1)

G60

∼G62  未指定 *

*

G63

タッピング

(1)

×

G64

∼G69  未指定 *

*

G70

インチデータ m

G71

メトリックデータ

G72

∼G73  未指定

G74

原点復帰

G75

∼G79  未指定 *

*

G80

固定サイクルキャンセル e

G81

∼G89  固定サイクル e

G90

アブソリュートディメンション

(1)

 j

G91

インクレメンタルディメンション

(1)

 j

G92

座標系設定

(1)

×


   

コード

機  能

同じ文字で表わされる別の 
指令がくるまで保持される

指令されたブロック

内でだけ有効

G93

インバースタイム送り

(1)

 k

G94

毎分当たり送り k

G95

主軸一回転当たり送り

k

G96

定切削速度

l

G97

毎分当り回転数

(1)

l

G98

∼G99

未指定

*

*

(1)

これらの機能を表に示すように用いないときは,この機能は未指定となり,必要があれば別

の機能に用いてよい。この場合は,フォーマット仕様に明記しなければならない。

(2)

インチデータとして用いてもよい。

(3)

メトリックデータとして用いてもよい。

(4)

  原点復帰として用いてもよい。

備考1.  第 3 コラムでの文字は同一文字間でモーダル機能であることを示す。

2.

×:

(第 4 コラム)は,プログラムされたブロックのみで有効な機能であることを示す。

3.

*:選択された機能は,フォーマット分類(JIS B 6315-1 参照)に明記しなければならない。

4.

今後とも指定しないコードは,この規格の将来の改定で指定することは予定されていない。

5.

未指定コードは,この規格の将来の改定において特定の機能に割り当てることがある。

3.2 

機能の意味  各コードの機能の意味は次による。

コード

機  能

機能の意味

  G00

位置決め

指令した位置へ最大送り(例えば早送り)で移動させるモード。このモードに
よってあらかじめプログラムされた速度は無視されるが,キャンセルされない。

各軸の運動は関連づけられていなくてもよい。

  G01

直線補間

一様な勾配又は制御軸に平行な直線運動を指定する制御のモード。一つのブロ
ック内の情報によって,同時に動く各軸の移動距離に比例した速度を作り出す。

  G02

  G03

円弧補間

(時計方向, 
  反時計方向)

一つ又は二つのブロック内の情報により,工具の運動を円弧に沿うように制御する
輪郭制御のモード。円弧を作り出すためのその軸の速度は,

制御によって変化する。

  “時計方向円弧補間”とは,工具の運動面をそれと直角な軸の負方向に見たとき

の工具の運動が,円弧に沿って時計方向回りになるように制御する輪郭制御のモー
ドであり,

“反時計方向円弧補間”とは,前述と反対の方向回りになるように制御

する輪郭制御のモードである。

  運動面を XY 面とし,工具軸を Z 軸とした場合,時計方向回り及び反時計方向回
りは図のようになる。

 
 
 
 
 
 
 
 
 


B 6315-2

:2003

(6) 

コード

機  能

機能の意味

  G04

ドウェル

プログラムされた時間又は決められた時間だけ,次のブロックに入るのを遅らせる
モードで,インターロックやホールドではない。

  例えば、中ぐり作業で加工端までくれば当然送りを止め,次の動作はもどし行程
に入るか主軸回転を止めるかになるが,次の動作に入るのをしばらく遅らせ,その
間,主軸回転だけを続けるような場合に用いる。

  指令値の単位としては秒の他に主軸の回転数が用いられる。

  G06

放物線補間

1

つ又はそれ以上のブロックに含まれる情報によって,工具の運動を放物線に沿う

ように制御する輪郭制御のモード。この放物線を発生させる軸の速度は,制御によ
って変化する。

  G08

加速

運動開始時期にプログラムされた速度まで自動的に送り速度を増加させるモー

ド。 
  例えば,工作機械の変速時におけるショックなどを避けるために用いられる。

  G09

減速

プログラムされた点に近づいたとき,プログラムされた速度から自動的に速度

を減少させるモード。

 G17~G19

主基準面の選択

同時に 2 軸を動作させる円弧補間や,工具径補正などを行わせる面を選択する

モード。

  G33

一定リードのねじ切り

一定リードのねじ切りのモード。

  G34

可 変 リ ー ド の ね じ 切 り

(漸増)

一様に増加するリードのねじ切りのモード。

  G35

可 変 リ ー ド の ね じ 切 り

(漸減)

一様に減少するリードのねじ切りのモード。

  G40

工具径補正の

  キャンセル

前に与えられた工具径補正(直径又は半径)をキャンセルする指令。キャンセ
ル後は補正しない工具通路となる。

  G41

工具径補正−左

工具の相対的な運動方向に向かって加工面の左側を工具中心が通るような工具
径補正。

  G42

工具径補正−右

工具の相対的な運動方向に向かって加工面の右側を工具中心が通るような工具
径補正。


   

コード

機  能

機能の意味

  G43

工具オフセット正

工具オフセットの値を関連するブロックの座標値に加えることを指令するのに使
用する。

  G44

工具オフセット負

工具オフセットの値を関連するブロックの座標値から差し引くことを指令する
のに使用する。

  G49

工具オフセットの

キャンセル

前に与えられた工具オフセットをキャンセルする指令。 
キャンセル後は補正しない工具通路となる。

  G53

機械座標系選択

機械原点に関して機械上に固定された右手直交座標系の選択。

 G54~G59

ワーク座標系選択

工作物に定められた複数の右手直交座標系からの選択。

  G63

タッピング

タッピング加工の指令。

  G70

インチデータ

インチデータを入力するモード。

  G71

メトリックデータ

メトリックデータを入力するモード。

  G74

原点復帰

そのブロックで指定された軸を原点に動かすに使用する。

  G80

固定サイクルの

    キャンセル

G81

∼G89 の機能をキャンセルする指令。

 G81~G89

固定サイクル

中ぐり,穴あけ,ねじ立てなどの加工を行うために,あらかじめ定められた一

連の作業シーケンスを実行させる指令。 
  各コードの内容は次の表による。

底  で

コード

行  き

ドウェル

主軸

もどり

代  表  例

G81

G82 
G83

G84 
G85 
G86

G87 
G88 
G89

切削送り

切削送り 
間欠送り

主軸正転,切削送り

切削送り

主軸始動,切削送り

主軸始動,切削送り 
主軸始動,切削送り

切削送り

有 

− 
− 

− 
有 

− 

逆  転

停  止

停  止

早 送 り
早 送 り
早 送 り

切削送り
切削送り

早 送 り

早 送 り

切削送り

穴あけ,もみ付け

穴あけ,座ぐり

深穴あけ

ねじ立て

中ぐり 
中ぐり

中ぐり 
中ぐり 
中ぐり

  G90

アブソリュート

  ディメンション

ブロック内の座標値をアブソリュートディメンションとして与える指令。

  G91

インクレメンタル

ディメンション

ブロック内の座標値をインクレメンタルディメンションとして与える指令。

  G92

座標系設定

プログラムされたディメンションワードによって,座標系を修正又は設定するのに
用いる指令。

  これによって運動は起こらない。

  G93

インバースタイム送り

ブロックを実行するのに要する時間逆数の関数で送りを表すモード。

  G94

毎分当たり送り

送りの単位を毎分当たりミリメートル(インチ)として与える指令。

  G95

主軸一回転当たり送り

送り量の単位を主軸1回転当たりのミリメートル(インチ)として与える指令。

  G96

定切削速度

主軸機能(S 機能)のアドレスに続くデータが毎分当たりミリメートル(インチ)
で表された切削速度であることを示す指令。 
  主軸速度は切削速度がプログラムされた値に常に等しくなるように自動的に制

御される。

  G97

毎分当たり回転数

主軸速度の単位を,毎分当たりの回転数として与える指令。


B 6315-2

:2003

(8) 

4. 

補助機能 のコード

4.1 

コード及び機能  M00 から 99 までの補助機能(M 機能)のコードとそれに対応する機能は次による。

機能開始

機能継続

コード

機  能

そのブロック
で指令された

動作と同時

そのブロック
で指令された

動作の完了後

キャンセル又は 
変更されるまで

保持される

指令された
ブロック内

でだけ有効

 M00

 M01

 M02

プログラムストップ

オプショナルストップ

エンドオブプログラム

○ 

○ 

 M03

 M04

 M05

主軸時計方向回転

(5)

主軸反時計方向回転

(5)

主軸停止

(5)

○ 

 M06

工具交換

 M07

 M08

 M09

クーラント 2

(5)

クーラント 1

(5)

クーラント停止

(5)

○ 

 M10

 M11

クランプ 1

アンクランプ 1

 M12

未指定

 M13

 M14

主軸時計方向回転及びクーラント

(5)

主軸反時計方向回転及びクーラント

(5)

 M15

 M16

正方向運動

(5)

負方向運動

(5)

 M17

 M18

未指定

未指定

 M19

主軸オリエンテーション

(5)

 M20

∼M29

未指定

 M30

エンドオブデータ

 M31

インターロックバイパス

(5)

 M32

∼M35

未指定

 M36

 M37

送り範囲 1

(5)

送り範囲 2

(5)

 M38

 M39

主軸速度範囲 1

(5)

主軸速度範囲 2

(5)

 M40

∼M45

歯車選択

(5)

 M46

 M47

未指定

未指定

 M48

 M49

オーバーライド無視のキャンセル

(5)

オーバーライド無視

(5)

 M50

 M51

クーラント 3

(5)

クーラント 4

(5)

 M52

∼M54   未指定

 M55

位置 1 への工具の直線シフト

(5)

 M56

位置 2 への工具の直線シフト

(5)

 M57

∼M59

未指定

 M60

工作物交換

(5)


   

機能開始

機能継続

コード

機  能

そのブロック
で指令された

動作と同時

そのブロック
で指令された

動作の完了後

キャンセル又は 
変更されるまで

保持される

指令された
ブロック内

でだけ有効

 M61

 M62

位置 1 への工作物の直線シフト

(5)

位置 2 への工作物の直線シフト

(5)

 M63

∼M67

未指定

 M68

 M69

クランプ 2

(5)

アンクランプ 2

(5)

 M70

未指定

 M71

 M72

位置 1 への工作物の旋回シフト

(5)

位置 2 への工作物の旋回シフト

(5)

 M73

∼M77

未指定

 M78

 M79

クランプ 3

(5)

アンクランプ 3

(5)

 M80

∼M89

未指定

 M90

∼M97

未指定

 M98

未指定

(6)

 M99

未指定

(7)

(5)

これらの機能を表に示すように用いないときは,この機能は未指定となり,必要があれば別の

機能に用いてよい。この場合は,フォーマット仕様に明記しなければならない。

(6)

サブプログラムとして用いてもよい。

(7)

エンドオブサブプログラムとして用いてもよい。

備考1.  *:使用する機械により,そのいずれを使用してもよい。

2.

○:実際の場合に対する動作を表す。

3.

M機能において,どの機械でも共通に使用するコードは,M00,M01,M02,M06,M10,

M11

,M30,M48,M49,M60 である。その他のコードは機種によりその機能を決めて使用

してよいが,標準的に使用する機能を本規格に規定する。ただし,本規定外の機能で使用す

る場合は,詳細フォーマット仕様に明記すること。

4.2 

機能の意味  各コードの機能の意味は,次による。

コード

機  能

機能の意味

    M00

プログラムストップ

プログラムの運行を中断させる指令。

  この指令ではブロック内で指定された動作が完了した後,主軸及びクーラン

トは停止する。

    M01

オプショナルストップ

作業者がこの機能を有効にするスイッチをあらかじめ入れておけば,プログラ

ムストップと同一の機能を果たす指令。 
  スイッチを入れてないときは,この指令は無視される。

    M02

エンドオブプログラム

工作物の加工プログラムの終りを示す指令で,そのブロックの動作が完了した
後,主軸及びクーラントは停止する。

  制御装置や機械のリセットに用いられる。

    M03

主軸時計方向回転

工作物に対し,右ねじがねじこまれる方向に主軸を回転させる指令

  M04

主軸反時計方向回転

工作物から右ねじが遠ざかる方向に主軸を回転させる指令。

    M05

主軸停止

主軸を停止させる指令。このときクーラントも停止する。


B 6315-2

:2003

(10) 

コード

機  能

機能の意味

    M06

工具交換

手動,自動を問わず工具交換を実行させるための指令。ただし工具の選択は含
まない。

  この指令によってクーラント及び主軸を自動的に停止しても停止しなくても
よい。

    M07

  M08

  M50

    M51

クーラント 2

〃      1

〃      3

〃      4

クーラント開始の指令。

通常 1 は冷却液,2 はミストに用いる。3 及び 4 は特に指定しない。

    M09

クーラント停止

M07, M08, M50

又は M51 をキャンセルする指令。

    M10

  M68

    M78

クランプ 1

〃      2

〃      3

    M11

  M69

    M79

アンクランプ 1

〃              2

〃              3

機械のスライド,工作物,取付具,主軸などのクランプ,アンクランプを行わ
せる指令。

  クランプ,アンクランプの対象が二つ以上あるときは(M10, M11)

(M68,

M69

),(M78, M79)の順に用いる。

    M15

正方向運動

    M16

負方向運動

早送り又は切削送り方向を選択する指令。

  アブソリュートな計測システムを持つ回転テーブルにも使用できる。

    M19

主軸オリエンテーション

あらかじめ決められた角位置に主軸を停止させる指令。

    M30

エンドオブデータ

工作物の加工プログラムの終わりを示す指令で,そのブロックの動作が完了し

た後,主軸及び他の機能(クーラント機能など)は停止する。制御装置や機械
のリセットに用いる。制御装置のリセットには,プログラムスタートのキャラ
クタへ戻ることを含めることができる。

    M31

インターロックバイパス

通常かけてあるインターロックを一時的に無視する指令。

    M36

    M37

送り範囲 1

〃      2

送り速度又は送り量の範囲を選択する指令。

    M38

    M39

主軸速度範囲 1

〃            2

主軸速度の範囲を選択する指令。

    M40

∼M45

歯車選択

主軸の歯車比を選択する指令。

    M48

オーバライド無視の

キャンセル

M49

のキャンセル。

    M49

オーバライド無視

ダイヤルセットされた主軸速度又は送り速度のオーバライドを無視し,プログ
ラムどおりの速度で動作させる指令。

    M55

    M56

工具の直線シフト

工具軸方向のあらかじめ決められた位置へ工具をシフトする指令。

    M60

工作物交換

工作物を必要に応じて取り外し,又は方向を換える指令。

  このブロックにおける全ての指令が完了した後,主軸とクーラントは停止さ
れる。

  M61

  M62

工作物の直線シフト

あらかじめ決められた位置へ工作物をシフトする指令。

    M71

    M72

工作物の旋回シフト

あらかじめ決められた角位置へ工作物をシフトする指令。

関連規格  JIS X 0201  情報交換用符号

          JIS B 0181  数値制御工作機械用語

          JIS B 6310 数値制御工作機械の座標軸と運動記号