>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

B 6016-1 : 1998

  解説

解説付表1  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS  B 6016-1 : 1998

  工作機械−潤滑指示図の表示方

ISO 5169 : 1977

  工作機械−潤滑指示図の表示方法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内

(II)

国 際 規 格 番

(III)

国 際 規 格 の
規定内容

(IV) JIS

と国際規

格との相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

○  潤 滑 指 示 図

の 記 載 内 容
及 び 表 示 方

ISO 5169 

○ 潤 滑 指 示 図

の 記 載 内 容
及 び 表 示 方

(2)

定義

○  潤滑箇所,作

業箇所

○ 潤滑箇所,作

業箇所

(3)

技術文書

○  記載内容

○ 記載内容

(4)

機 械 に ち ょ
う ( 貼 ) 付 す
る デ ー タ 銘

○  記 載 事 項 及

び銘板の例

○ 記 載 事 項 及

び銘板の例

(5)

潤 滑 管 理 間

○  潤 滑 管 理 の

時間間隔

○ 潤 滑 管 理 の

時間間隔

(6)

附属書 1

(規定) 

○  潤 滑 仕 様 書

(

万 能 円 筒 研

削盤の場合)

○ 潤 滑 仕 様 書

(

万 能 円 筒 研

削盤の場合)

≠ 表 示 記 号 の

相違

ISO 5169

の記号は根拠が

不明。

JIS

を元にした ISO への提

案が必要。

(7)

附属書 2

(規定) 

○  潤 滑 剤 の 種

○ ISO/TR 3498

を引用

ADP JIS

独自の種

類を追加

ISO/TR 3498

の IS 化が必

要であり,この

附属書を元

にした ISO への積極的な

提案が必要。

(8)

附属書 3

(規定) 

○  潤 滑 仕 様 書

用表示記号

○ 表示例

ADP JIS

独自の表

示 記 号 を 追

JIS

を元にした ISO への提

案が必要。

備考1.  対比項目(Ⅰ)及び(Ⅲ)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目(Ⅳ)の小欄の記号の意味は,次による。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“ADP”(ADOPTION の略):JIS は,国際規格と対応する部分を国際規格そのまま変更なしで採

用している。ただし,採用した部分において,JIS として必要な規定内容を追加し,又は適

用範囲,規定項目及び/又は規定内容の一部を不採用としている。

“≠”

JIS は,国際規格と技術的内容が同等でない。ただし“ADP”に該当する場合を除く。