>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 5201 : 1998

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が改正した日

本工業規格である。これによって JIS B 5201-1989 は改正され,この規格に置き換えられる。

今回の改正では,日本工業規格と国際規格との整合化を目的とし,国際規格を採用するとともに,一部

従来の規定を追加することによって,改正を行った。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。主務大臣及び日本工業標準調査会は,

このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新案登

録出願にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS B 5201

には,次に示す附属書がある。

附属書(参考)  ジグ用ブシュ並びにその附属品の品質,材料,記号,製品の呼び方及び表示


日本工業規格

JIS

 B

5201

: 1998

ジグ用ブシュ及びその附属品

Jig bushes and accessories

序文  この規格は,1977 年に第 1 版として発行された ISO 4247, Jig bushes and accessories for drilling purposes

−Dimensions 及び 1978 年に第 1 版として発行された ISO 4248, Jig bushes−Definitions and nomenclature を

元に,対応する部分(2.定義,3.ブシュ及び附属品の名称並びにブシュの種類,4.寸法許容差及び 5.形状・

寸法)については対応国際規格の技術的内容を変更することなく作成した日本工業規格であるが,種類な

どについて,対応国際規格には規定されていない規定内容(寸法系列 J 形)を日本工業規格として追加し

ている。

1.

適用範囲  この規格は,ドリル及びリーマの案内として使用する固定ブシュ及び差込みブシュ,それ

らを案内する固定ライナ(以下,これらを総称してブシュという。

)並びにその附属品(止め金及び止めね

じ)について規定する。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

ISO 4247 : 1977

  Jig bushes and accessories for drilling purposes - Dimensions

ISO 4248 : 1978

  Jig bushes−Definitions and nomenclature

2.

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,次による。

a)

固定プシュ  (press-fit bush)    ブシュの交換を必要としない場合又は隣接するジグプレート穴の距離

によって差込みブシュの使用が制限される場合にジグプレートに直接取り付け,ドリル又はリーマを

案内するためのブシュ。固定ブシュには,つばなし及びつば付きがある。

b)

差込みブシュ  (renewable bush)    固定ライナに取り付け,ドリル又はリーマを案内するための交換可

能なブシュ。差込みブシュには,固定手段をもたない丸形と,固定のための切欠きを備えた切欠き形

がある。

c)

固定ライナ  (liner)    差込みブシュを案内するために,ジグプレートに取り付けるブシュ。固定ライナ

には,つばなし及びつば付きがある。

3.

ブシュ及び附属品の名称並びにブシュの種類

3.1

名称  この規格で用いるブシュ及び附属品の主な名称は,図 による。


2

B 5201 : 1998

図 1  名称


3

B 5201 : 1998

3.2

種類  この規格で用いるブシュの種類は,形状,用途及び寸法系列によって表 のとおりとする。

表 1  種類

種類

形状

用途

寸法系列

つばなし

固定ブシュ

つば付き

丸形

右回り切欠き形

左回り切欠き形

差込みブシュ

切欠き形

ドリル用 
リーマ用

つばなし

固定ライナ

つば付き

ブシュ用

I

J

備考  I 形は ISO 対応形である。

4.

寸法許容差  ブシュの寸法許容差は,表 による。

表 2  寸法許容差

I

J

種類

用途

内径 d

1

外径 d

内径 d

1

外径 d

つば外径

d

2

ドリル用 F7

n6

G6

固定ブシュ

リーマ用

− F7

p6

ドリル用 F7

m6

G6

差込みブシュ

リーマ用

m5

固定ライナ

ブシュ用 F7

n6

F7

p6

h13

備考  ジグプレートの穴の寸法許容差は,H7 とする。

5.

形状・寸法

5.1

固定ブシュ  固定ブシュの形状及び寸法は,表 による。

表 3  固定ブシュ


4

B 5201 : 1998

表 3  固定ブシュ(続き)

単位  mm

I

J

d

1

d

1

を超え  以下

d

l

1

l

を超え 以下

d

l

1

l

J

d

2

h13

l

2

最大

l

3

 (

1

)

最大

同心度

V

−        1        3

−        1        3

      6

      1        1.5       4

6

8

  1

   1.8    4

      7

      1.5       2        5

 2

6

8

10

12

  1.8     2.6    5

2

 6

 9

      8

      2        3        7

  2.6     3.3    6

      9

    3.3        4        7

      3        4        8

2.5

8

10

12

16

    10

    4

      5        8

2.5   8

12   16

    11

 1

 1

0.01

    5

      6      10

      4        6      10

    13

    6

      8      12

10

16

20

      6        8      12

10

12

16

20

    15

 1.25  1.5

    8

    10      15

3

      8      10      15

 3

    18

  10

    12      18

12

20

25

    10      12      18

12

16

20

25

    22

 12

  15    22

  12    15    22

16

20

(25)

28

36    26

  15

    18      26

4

16

28

36

    15      18      26

 4

    30

 1.5   2

  18

    22      30

    18      22      30

    34

  22

    26      35

20

36

45

    22      26      35

20

25

(30)

36

45

    39

  26

    30      42

    26      30      42

 5

    46

0.02

  30

    35      48

25

45

56

    30      35      48

25

(30)

36

45

56

    52

 2.5   3

  35

    42      55

5

    35      42      55

    59

  42

    48      62

    42      48      62

    66

  48

    55      70

30

56

67

    48      55      70

30

35

45

56

    74

 3.5

  55

    63      78

    55      63      78

    82

  63

    70      85

35

67

78

    63      70      85

35

45

56

67

    90

  70

    78      95

    70      78      95

  100

 78

  85   105

40

78 105

    78      85    105

40

56

67

78

 110

  85

    95    l15

    85      95    115

  120

 95

 105   125

6

45

89 112

  95   105   125

 6

45

56

67

89

 130

 3

 4

0.04

(

1

)  l

3

を半径とする丸みを付けてもよい。

備考  表中の l

J

寸法に括弧を付けたものは,なるべく用いない。

参考  及び l

J

の許容差は,

0

5

.

0

mm

とし,l

1

の許容差は,JIS B 0405(普通公差−第 1 部:個々に公差の指示がない長さ

寸法及び角度寸法に対する公差)に規定する m 級(中級)とする。


5

B 5201 : 1998

5.2

差込みブシュ  差込みブシュの形状及び寸法は,表 4による。

表 4  差込みブシュ(丸形)

単位  mm

d

1

l

を超え  以下

d

d

2

h13

d

3

0

−0.25

I

J

l

1

l

2

最大

l

3

(

1

)

最大

l

4

0

−0.25

同心度

V

 4

  8   15   12

10    16

10    12    16

 1.25   1.0

 4

 6

 10   18   15

12

20

 25

12

16

20

25

  8

 6

 8

 12   22   18

 1.5

 8

10

 15   26   22

16

28

 36

16

20

(25)

28

36

10

12

 18   30   26

10

1.5

12

15

 22   34   30

20

36

 45

20

25

(30)

36

45

15

18

 26   39   35

2

18

22

 30   46   42

25

45

 56

25

(30)

36

45

56

1 0.02

22

26

 35   52   46

2.5

26

30

 42   59   53

30

56

 67

30

35

45

56

12

 1.5

30

35

 48   66   60

3

35

42

 55   74   68

42

48

 62   82   76

35

67

 78

35

45

56

67

48

55

 70   90   84

 3.5

55

62

 78  100   94

40

78

105

40

56

67

78

62 70

85

110

104

70 78

95

120

114

45 89

112

45

50

67

89

78 85 105

130

124

16

3.0

4

2

0.04

備考  表中の 寸法に括弧を付けたものは,なるべく用いない。 
参考  の許容差は,

0

5

.

0

mm

とし,l

1

の許容差は,JIS B 0405 に規定する m 級(中級)とする。


6

B 5201 : 1998

表 5  差込みブシュ(切欠き形)

単位  mm

d

1

を超え

以下

l

5

C

1

最大

r

α

(度)

 4

 4.5

 4

 6

3

 6

7.0 65

 6

 8

 7.5

60

 8

10

 9.5

10 12

4

11.5

8.5

50

12 15

13

15 18

15.5

35

18 22

19

22 26

22

26 30

 5.5

25.5

10.5

30 35

28.5

30

35 42

32.5

42 48

36.5

48 55

40.5

55 62

45.5

25

62 70

50.5

70 78

55.5

78 85

7

60.5

12.5

20

備考  上の表に規定されていない部分の寸法は,表 の丸形による。


7

B 5201 : 1998

表 6  差込みブシュ(止め金又は止めねじとの中心距離)

単位  mm

d

1

を超え

以下

C

最少

4  11.5

 4

 6

13

 6

 8

16

 8

10

18

10 12  20

12 15  23.5

15 18  26

18 22  29.5

22 26  32.5

26 30  36

30 35  41

35 42  45

42 48  49

48 55  53

55 62  58

62 70  63

70 78  68

78 85  73


8

B 5201 : 1998

5.3

固定ライナ  固定ライナの形状及び寸法は,表 による。

表 7  固定ライナ

単位  mm

l

d

1

d

d

2

h13

l

1

I

J

l

2

最大

l

3

(

1

)

最大

同心

V

 8

 12

 15

10

16

10

12

16

1.25

  1.5

10

 15

 18

3

12

 18

 22

12

20

25

12 16 20 25

15

 22

 26

18

 26

 30

4

16 28

36

16 20 (25)

28 36

1.5 2

22

 30

 34

26

 35

 39

20 36

45

20 25 (30)

36 45

30

 42

 46

0.02

35

 48

 52

25 45

56

25 (30)

36 45 56

2.5 3

42

 55

 59

5

48

 62

 66

55

 70

 74

30

56

 67

30

35

45

56

  3.5

62

 78

 82

70

 85

 90

35

67

78

35 45 56 67

78

95 100

85 105 110

40

78

105

40 56 67 78

95 115 120

105 125 130

6

45

89

112

45 50 67 89

3.0

4

0.04

備考  表中の 寸法に括弧を付けたものは,なるべく用いない。 
参考  の許容差は,

0

5

.

0

mm

とし,l

1

の許容差は,JIS B 0405 に規定する m 級(中級)とする。


9

B 5201 : 1998

5.4

附属品附属品の形状及び寸法は,

表 及び表 による。

表 8  止め金

単位  mm

l

6

l

7

差込みブシュ

の穴径 d

1

を超え

以下

つばなし固

定ライナ使

用時

つば付き固

定ライナ使

用時

つばなし固

定ライナ使

用時

つば付き固

定ライナ使

用時

l

8

d

4

d

5

d

6

r

1

l

9

六角穴

付き

ボルト

の呼び

 6

 8

11

3

6

4

13

10

 5.1   9.5

3.7

M5

 6

12

10

14

4

8

5

16

12

 6.1  15

4.7

M6

12

30

12

17

 5.5

 10.5

5

20

15

 8.1  30

6.2

M8

30 85  16

22

7

13 7

24

18

10.1

80

7.5

M10

参考  d

4

d

5

d

6

l

6

l

7

及び l

9

の許容差は,JIS B 0405 に規定する m 級(中級)とする。

表 9  止めねじ

単位  mm

l

10

l

11

差込みブシュ

の穴径 d

1

を超え

以下

つばなし固定
ライナ使用時

つば付き固定
ライナ使用時

つばなし固定
ライナ使用時

つば付き固定
ライナ使用時

l

12

d

7

最大

d

8

d

9

 6

15

18

3

 6

 9

13

 7.5

M5

 6

12

18

22

4

 8

10

16

 9.5

M6

12

30

22

27

  5.5

  10.5

11.5

20

12

M8

30 85

32

38

7

13 18.5

24

15

M10

参考  d

7

d

8

及び l

10

の許容差は,JIS B 0405 に規定する m 級(中級)とし,それ以外の寸法許容差は c 級(粗級)

とする。


10

B 5201 : 1998

附属書(参考)  ジグ用ブシュ並びにその附属品の品質, 

材料,記号,製品の呼び方及び表示

序文  この附属書(参考)は,従来の JIS に規定されてあった項目のうち,対応国際規格に規定されてい

ない項目(品質,材料,記号,製品の呼び方及び表示)についてまとめて記述するものであり,規定の一

部ではない。

1.

品質

1.1

表面粗さ  ブシュの内外円筒面の表面粗さは,JIS B 0601(表面粗さ−定義及び表示)に規定する

0.80

µmRa とする。

1.2

硬さ  ブシュの硬さは,60HRC (697HV)  以上とする。

2.

材料  ブシュ及びその附属品の材料は,附属書表 のもの又は使用上これらと同等以上の性能をもつ

ものとする。

附属書表 1  材料

種類

材料

JIS G 4105

(クロムモリブデン鋼鋼材)の SCM415

JIS G 4401

(炭素工具鋼鋼材)の SK3

JIS G 4404

(合金工具鋼鋼材)の SKS3,SKS21

ブシュ

JIS G 4805

(高炭素クロム軸受鋼鋼材)の SUJ2

止め金

JIS G 4051

(機械構造用炭素鋼鋼材)の S45C

附属品

止めねじ  JIS G 4105 の SCM435

3.

記号  ブシュ及びその附属品の記号は,附属書表 による。

附属書表 2  記号

種類

形状

用途

寸法系列

つばなし

A

固定ブシュ    PB

つば付き

B

丸形

C

右回り切欠き形

D

左回り切欠き形

E

差込みブシュ RB

切欠き形

F

ドリル用  D

リーマ用 R

つばなし

G

固定ライナ   LI

つば付き

H

止め金

R

止めねじ

T

ブシュ用 B

I

形 I

J

形 J

備考  附属書表 に示す記号は,製品又は包装に種類などを表示する場合に

用いる。表示に際して,記号の一部(

1

)

は省略してもよい。

(

1

)

種類,用途のうち,ドリル用及びブシュ用並びに寸法系列の J 形

の記号。


11

B 5201 : 1998

4.

製品の呼び方

4.1

ブシュ  ブシュの呼び方は,規格番号(又は規格の名称),種類,形状,用途及び寸法系列の記号,

穴径  (d

1

)

及び長さ(又は l

J

)による。

1.

J

形リーマ用つば付き固定ブシュの場合

2.

I

形ドリル用差込みブシュ(右回り切欠き形)の場合

3.

J

形つばなし固定ライナの場合

備考  種類,用途のうち,ドリル用及びブシュ用並びに寸法系列の J 形の記号を省略する場合は,次

による。

例 1.の場合  JIS B 5201  BR 3×12

例 2.の場合  JIS B 5201  DI 10×28

例 3.の場合  JIS B 5201  G 18×28

4.2

附属品  附属品の呼び方は,規格番号(又は規格名称),種類,使用する固定ライナの形状記号及び

適用ねじの呼び寸法数値による。

例  JIS B 5201  RH  6


12

B 5201 : 1998

5.

表示

5.1

製品の表示  ブシュ及び附属品には,製品の適当な箇所に次の事項を表示する。ただし,附属品で

表示が困難な場合は,省略してもよい。

a)

穴径

b)

製造業者名又はその略号

5.2

包装の表示  ブシュ及び附属品の包装には,4.に示した事項及び製造業者名又はその略号を明記する。

JIS B 5201

(ジグ用ブシュ及びその附属品)改正原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

竹  原      康

東京都立科学技術大学

水  原  清  司

工業技術院機械技術研究所

中  嶋      誠

通商産業省機械情報産業局

本  間      清

工業技術院標準部

橋  本  繁  晴

財団法人日本規格協会

尾  関  由起夫

日産自動車株式会社

舘  下  忠  夫

社団法人日本産業機械工業会

近  藤      充

日立精機株式会社

佐  藤  建  彦

社団法人日本電機工業会

片  桐  泰  典

株式会社不二越

加  藤  正  之

津田駒工業株式会社

石  川      均

エヌティーツール株式会社

森          寿

株式会社ナベヤ

小  沢  恭  生

株式会社イマオコーポレーション

安  武  昭  彦

社団法人日本工作機器工業会

(事務局)

堺      弘  司

社団法人日本工作機器工業会