>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

B 5201 : 1998

  解説

解説表 1  改正規格と対応する ISO 規格との対比 

JIS B 5201 : 1998

  ジグ用ブシュ及びその附属品

ISO 4247 : 1977

  ドリル用ジグブシュ及び附属品−寸法

ISO 4248 : 1978

  ジグブシュー定義及び名称

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規
格番号

(III)

国際規格の規定
内容

(IV) JIS

と国際規格と

の相違点

(V)  JIS

と国際規格と

の一致が困難な
理由及び今後の

対策

(1)

適用範囲

○  ドリル及びリーマ

の案内用ブシュ及

びその附属品につ
いて規定。

ISO 4247

ISO 4248

○ ドリルの案内用

ブシュ及びその

附属品の寸法を
規定。

ADP JIS

は,リーマ

の 案 内 と し て

使 用 す る ブ シ
ュ に つ い て も
規定している。

国内での使用実態に
より,リーマ用のブ

シュを JIS の適用範
囲内に残した。

(2)

定義

○  固定ブシュ,差込

みブシュ及び固定

ライナについて規
定。

ISO 4248

○ JIS と同等。

(3)

名 称 及 び 種

○  ブシュ及びその附

属品の名称並びに
種 類 に つ い て 規

定。

ISO 4248

○ ブシュの名称に

ついて規定。

ADP JIS

では附属品

の 名 称 及 び 寸
法 系 列 に よ っ

て 種 類 に つ い
ても規定。

従来の JIS の規定を
残し 2 種類の寸法系
列 を 規 定 し て い る

が,問題点について
は ISO に提案を行っ
ていく予定。

(4)

寸法許容差

○  ブシュ及びジグプ

レートの穴の寸法
許容差について規

定。

ISO 4247

○ ブシュ及びジグ

ブレートの穴の
寸法許容差につ

いて規定。

ADP JIS

では ISO 

格 の 許 容 差 を
す べ て 採 用 し

た が , 従 来 の

JIS

の許容差も

残している。

ISO

規格の許容差で

は緩むおそれがある
などの問題点がある

ため,従来の JIS 
許容差も残し,問題
点については ISO 

提案を行っていく予
定。

(5)

形状・寸法

○  固定ブシュ,差込

みブシュ,固定ラ
イナ及びその附属

品の形状及び寸法
について規定。

ISO 4247

○ 固定ブシュ,差

込みブシュ,固
定ライナ及びそ

の附属品の形状
及び寸法につい
て規定。

ADP JIS

では ISO 

格 の 寸 法 を す
べ て 採 用 し た

が,一部従来の

JIS

の形状及び

寸 法 も 残 し て

いる。

互換性の問題などに
よ っ て 一 部 従 来 の

JIS

の規定寸法を残

した。

備考1.  表中の(I)及び(III)欄にある“○”印は,該当する規定項目を規定していることを示す。

2.

表中の(IV)欄にある“=”は,JIS と国際規格との技術的内容が同等であることを示す。

“ADP”は,国際

規格を JIS として技術的内容の変更なしに採用したほか,更に JIS として必要な規定内容を追加している

ことを示す。