>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 5031

:2003

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本金型

工業会(JDMA)/財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの

申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS B 5031:1997 は改正され,この規格に置き換えられる。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。主務大臣及び日本工業標準調査会は,

このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新案登

録出願にかかわる確認について,責任はもたない。


B 5031

:2003

(2)

目  次

ページ

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  精度及び測定方法

1

 


B 5031

:2003

日本工業規格

JIS

 B

5031

:2003

プレス型用ダイセット−精度及び測定方法

Die sets for press dies

−Accuracy and measuring method

1.

適用範囲  この規格は,プレス型用ダイセット(JIS B 5060)の精度及び測定方法について規定する。

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 5007

  プレス型用ガイドポスト及びガイドブシュ

JIS B 5060

  プレス型用ダイセット

JIS B 7502

  マイクロメータ

JIS B 7503

  ダイヤルゲージ

JIS B 7506

  ブロックゲージ

JIS B 7513

  精密定盤

JIS B 7515

  シリンダゲージ

JIS B 7519

  指針測微器

JIS B 7539

  円筒スコヤ

3.

精度及び測定方法  ダイセットの精度及び測定方法は,表 による。

  1  ダイセットの精度及び測定方法

番号

検査事項

測定方法

測定方法図

許容値

mm

測定器具の

適用規格

呼び寸法    (

1

)

(プレートの 
長辺の長さ)

許容

160

まで 0.012

1

ダ 
イ 

ル 

上 面 及 び
下 面 の 平
行度

定盤上にダイホル
ダを置き,その上
面に測定器を当て

て呼び寸法の範囲
内を前後左右に移
動させ,その読み

の最大差を測定値
とする。

精密定盤

160

を超え

250

まで

0.015

JIS B 7503

又は

JIS B 7513

JIS B 7519

に規定する

1

250

を超え

400

まで

0.020

400

を超え

630

まで

0.030

630

を超え

800

まで

0.040

2

パ 
ン 

ホ 
ル 

上 面 及 び
下 面 の 平
行度

定盤上にパンチホ
ルダを置き,その
上面に測定器を当

てて呼び寸法の範
囲内を前後左右に
移動させ,その読

みの最大差を測定
値とする。

精密定盤

JIS B 7503

又は

JIS B 7513

JIS B 7519

に規定する

1


2

B 5031

:2003

  1  ダイセットの精度及び測定方法(続き)

番号

検査事項

測定方法

測定方法図

許容値

mm

測定器具の

適用規格

ポスト径

クリア 
ランス(

2

)

20

25

0.003

0.007

32

0.006

0.010

40

50

0.010

0.014

3



ガ イ ド ポ
ス ト と ガ

イ ド ブ シ
ュ と の ク
リ ア ラ ン

ガイドポストのは
め あ い 部 最 大 径

と,パンチホルダ
に組み付けたガイ
ドブシュ穴の最小

径を測定し,その
差 を 測 定 値 と す
る。

クリアランス= 
ガイドポストの最
大径−ガイドブシ

ュの最小径

JIS B 7502

JIS B 7503

JIS B 7506

JIS B 7515

ポスト径

プリロ 
ード量(

2

)

20

25

0.020

0.024

32

0.026

0.030

40

50

0.032

0.036

4



プ リ ロ ー
ド量

ガイドポストのは
め あ い 部 最 大 径
と,パンチホルダ

に組み付けたガイ
ドブシュ穴の最小
径及びボール径を

測定し, 
プリロード量= 
(ガイドポストの

最大径)+2×(ボ
ール径)−(ガイ
ドブシュ穴の最小

径) 
を測定値とする。

JIS B 7502

JIS B 7503

JIS B 7506

JIS B 7515

測定長 100 について

0.02

以下

5



ダ イ ホ ル
ダ 下 面 と

ガ イ ド ポ
ス ト と の
直角度

ガイドポストを組
み付けたダイホル

ダ を 定 盤 上 に 置
き,直角測定器に
よってガイドポス

トの周囲 180 度に
ついて直角度を測
り,その読みの最

大値を測定値とす
る。

精密定盤

JIS B 7503

又は

JIS B 7513

JIS B 7519

に規定する

1

JIS B 7539


3

B 5031

:2003

  1  ダイセットの精度及び測定方法(続き)

番号

検査事項

測定方法

測定方法図

許容値

mm

測定器具の

適用規格

全長について 0.02 以下

6



シ ャ ン ク
の直角度

パンチホルダの上
面に置いた直角測

定器をシャンクに
当て,

その周囲 180

度について直角度

を測り,その読み
の最大値を測定値
とする。

JIS B 7503

又は

JIS B 7519

呼び寸法    (

1

)

(

プレートの

長辺の長さ)

許容

160

まで 0.020

160

を超え

250

まで

0.025

250

を超え

400

まで

0.035

400

を超え

630

まで

0.045

630

を超え

800

まで

0.060

7


組 み 立 て
た ダ イ セ

ッ ト に お
け る パ ン
チ ホ ル ダ

上 面 と ダ
イ ホ ル ダ
下 面 と の

平行度

組み立てたダイセ
ットを定盤上に置

き,ダイホルダ呼
び寸法のほぼ中央
位置に支持ブロッ

クを置いてパンチ
ホルダを挟む。そ
してパンチホルダ

上面に測定器を当
てて呼び寸法の範
囲内を前後左右に

移動させ,その読
みの最大差を測定
値とする。ただし,

支持ブロックは一
端を球面,他端を
平面とした十分な

剛性をもつものと
する。また,パン
チホルダの自重に

よるたわみが最小
になるように同じ
高さの 2 個の支持

ブロックを使用し
てもよい。

精密定盤

JIS B 7503

又は

JIS B 7513

JIS B 7519

に規定する

1

(

1

)

呼び寸法・

(プレートの長辺の長さ)は,JIS B 5060 による。

(

2

)

クリアランス及びプリロード量は,参考値とする。

備考  ガイドポスト及びガイドブシュの精度は,JIS B 5007 による。


4

B 5031

:2003