>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 5007:2008

(1) 

目  次

ページ

序文

1

1.  適用範囲

1

2.  種類及び記号

2

3.  材料及び硬さ

3

4.  形状及び寸法

3

5.  包装の表示

3

附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

29

 
 


日本工業規格

JIS

 B

5007

:2008

プレス型用のガイドポスト及びガイドブシュ

Guide posts and guide bushes for press dies

序文  この規格は,1992 年に第 1 版として発行された ISO 9182-1ISO 9182-2ISO 9182-3ISO 9182-4

及び ISO 9182-5,1991 年に第 1 版として発行された ISO 9448-1ISO 9448-2ISO 9448-3ISO 9448-4ISO 

9448-5ISO 9448-6ISO 9448-7,及び ISO 9448-8,並びに 1992 年に第 1 版として発行された ISO 9448-9

ISO 9448-10,及び ISO 9448-11 を基に,対応する部分については対応国際規格を翻訳し,技術的内容を変

更することなく作成した日本工業規格であるが,対応国際規格には規定されていない規定種類(JIS 形)を

日本工業規格として追加している。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格にない事項である。変更の一覧表をそ

の説明を付けて,

附属書(参考)に示す。

1.  適用範囲  この規格は,プレス用金型に用いるガイドポスト及びガイドブシュの材料,硬さ,形状及

び寸法について規定する。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 9182-1 : 1992,Tools for pressing−Guide pillars−Part 1 : Types (MOD)

ISO 9182-2 : 1992,Tools for pressing−Guide pillars−Part 2 : Type A, straight pillars (MOD)

ISO 9182-3 : 1992,Tools for pressing−Guide pillars−Part 3 : Type B, end-locking pillars (MOD)

ISO 9182-4 : 1992,Tools for pressing−Guide pillars−Part 4 : Type C, pillars with taper lead and bush

(MOD)

ISO 9182-5 : 1992,Tools for pressing−Guide pillars−Part 5 : Type D, end-locking pillars with flange

(MOD)

ISO 9448-1 : 1991,Tools for pressing−Guide bushes−Part 1 : Forms (MOD)

ISO 9448-2 : 1991,Tools for pressing−Guide bushes−Part 2 : Form A, gliding bushes, plain, type 1

(MOD)

ISO 9448-3 : 1991,Tools for pressing−Guide bushes−Part 3 : Form B, ball cage bushes, plain, type 1

(MOD)

ISO 9448-4 : 1991,Tools for pressing−Guide bushes−Part 4 : Form C, gliding bushes, headed, type 1

(MOD)

ISO 9448-5 : 1991,Tools for pressing−Guide bushes−Part 5 : Form D, ball cage bushes, headed, type

1 (MOD)

ISO 9448-6 : 1991,Tools for pressing−Guide bushes−Part 6 : Form E, gliding bushes, flanged, type 1



B 5007:2008

(MOD)

ISO 9448-7 : 1991,Tools for pressing−Guide bushes−Part 7 : Form F, ball cage bushes, flanged, type

1 (MOD)

ISO 9448-8 : 1991,Tools for pressing−Guide bushes−Part 8 : Form G, gliding bushes, stepped, type 1

(MOD)

ISO 9448-9 : 1992,Tools for pressing−Guide bushes−Part 9 : Form B, ball cage bushes, plain, type 2

(MOD)

ISO 9448-10 : 1992,Tools for pressing−Guide bushes−Part 10 : Form E, gliding bushes, flanged, type

2 (MOD)

ISO 9448-11 : 1992,Tools for pressing−Guide bushes−Part 11 : Form F, ball cage bushes, flanged,

type 2 (MOD)

2.  種類及び記号  ガイドポスト・ガイドブシュの種類及び記号は,形状及び寸法によって区分し,表 1

による。

  1  種類及び記号

種類

記号

備考

PA1 形 PA1

ISO 9182-2 

PA2 形 PA2

ISO 9182-2 

PB1 形 PB1

ISO 9182-3 

PB2 形 PB2

ISO 9182-3 

PC 形 PC

ISO 9182-4 

PD 形 PD

ISO 9182-5 

PJ1 形 PJ1

JIS 

PJ2 形 PJ2

JIS 

PJ3 形 PJ3

JIS 

PJ4 形 PJ4

JIS  

PJ5 形 PJ5

JIS  

ガイドポスト

PJ6 形 PJ6

JIS  

BA1 形 BA1

ISO 9448-2 

BB1 形 BB1

ISO 9448-3 

BB2 形 BB2

ISO 9448-9 

BC1 形 BC1

ISO 9448-4 

BD1 形 BD1

ISO 9448-5 

BE1 形 BE1

ISO 9448-6 

BE2 形 BE2

ISO 9448-10 

BF1 形 BF1

ISO 9448-7 

BF2 形 BF2

ISO 9448-11 

BG1 形 BG1

ISO 9448-8 

BJ1 形 BJ1

JIS 

BJ2 形 BJ2

JIS 

BJ3 形 BJ3

JIS  

ガイドブシュ

BJ4 形 BJ4

JIS  


3

B 5007:2008

3.  材料及び硬さ  ガイドポスト,ガイドブシュの材料及び硬さは,表 による。

  2  材料及び硬さ

種類

記号

材料

硬さ

PA1 形 PA1 
PA2 形 PA2

PB1 形 PB1 
PB2 形 PB2

PC 形 PC

PD 形 PD

受渡当事者間の協定による。

62∼64 HRC

PJ1 形 PJ1 
PJ2 形 PJ2 
PJ3 形 PJ3 
PJ4 形 PJ4 
PJ5 形 PJ5

ガイドポスト

PJ6 形 PJ6

受渡当事者間の協定による。

58 HRC 以上又は 653 HV 以上

BA1 形 BA1

BB1 形 BB1 
BB2 形 BB2 
BC1 形 BC1

60∼62 HRC

BD1 形 BD1

62∼64 HRC

BE1 形 BE1

60∼62 HRC

BE2 形 BE2

受渡当事者間の協定による。

BF1 形 BF1 
BF2 形 BF2

62∼64 HRC

BG1 形 BG1

受渡当事者間の協定による。

60∼62 HRC

BJ1 形 BJ1 
BJ2 形 BJ2

58 HRC 以上又は 653 HV 以上

BJ3 形 BJ3

ガイドブシュ

BJ4 形 BJ4

受渡当事者間の協定による。

受渡当事者間の協定による。

4.  形状及び寸法  ガイドポストの形状及び寸法は,付表 110 による。また,ガイドブシュの形状及び

寸法は,

付表 1124 による。

5.  包装の表示  ガイドポスト及びガイドブシュの包装の表示は,次による。 
a)  ガイドポストの場合

1) PA1 形,PA2 形,PC 形,PD 形,PJ1 形,PJ2 形,PJ3 形,PJ4 形,PJ5 形及び PJ6 形の場合

1.1)  名称

1.2)  ガイドポストによる記号

1.3)  呼び寸法×長さ  (l)

例  プレス型用ガイドポスト  PJ1 8×50

2) PB1 形及び PB2 形の場合

2.1)  名称

2.2)  ガイドポストによる記号

2.3)  呼び寸法×長さ  (l)



B 5007:2008

2.4)  許容差  (d

1

)

例  プレス型用ガイドポスト  PB1 25×125−h5

b)  ガイドブシュの場合

1) BA1 形,BB1 形,BB2 形,BC1 形,BD1 形,BF1 形,BF2 形,BG1 形,BJ1 形,BJ2 形,BJ3 形及

び BJ4 形の場合

1.1)  名称

1.2)  ガイドブシュによる記号

1.3)  呼び寸法×長さ  (l)

例  プレス型用ガイドブシュ  BA1 12×25

2) BE1 形及び BE2 形の場合

2.1)  名称

2.2)  ガイドブシュによる記号

2.3)  呼び寸法×長さ  (l)×長さ  (l

1

)

例  プレス型用ガイドブシュ  E1 32×95×50

3) BE2 形の場合

3.1)  名称

3.2)  ガイドブシュによる記号

3.3)  呼び寸法

例  プレス型用ガイドブシュ  BE2 25


5

B 5007:2008

付表  1  形状及び寸法(PA1 形及び PA2 形)

単位  mm

呼び寸法

12 16 20 25 32 40 50 63 80  100

d

1

基準寸法 12 16 20 25 32 40 50 63 80  100

許容差 (h5)

0

0

0

0

0

−0.008

−0.009

−0.011

−0.013

−0.015

許容差 (d8)*

−0.050

−0.065

−0.080

−0.011

−0.120

−0.077

−0.098

−0.119

−0.146

−0.174

d

2

10.3 14.3 17.3 22.3 27.8 35.8 45.8 56.8 73.8  93.8

l

1

最小  4

4 4 6 6 6 8 8 8  8

l

3

1.7

1.7

2.7

2.7

4.2 4.2 4.2 6.2 6.2  6.2

l

4

 

4 4  6  6 10 10 10 16 16  16

基準寸法

許容差

 80   0

 90

−1

100

112

125

140

160

180

200

224

250

280

315

355

400

450

500

備考1.  ○印のものを推奨する。

2.  ダイセットの上下ダイホルダ及びパンチホルダの誤った組立を防止するためにガイド径を変える場合には,基

準寸法 d

1

より細い 11,15,19,24,30,38,48 及び 60 を推奨する。

3.  加工方法によっては,センタ穴があってもよい。

注*  PA2 形の圧入部だけに適用する。



B 5007:2008

付表  2  形状及び寸法(PB1 形及び PB2 形)

単位  mm

呼び寸法

25 32 40 50 63 80 100

d

1

基準寸法

25 32 40 50 63 80 100

許容差 (h5) (

1

) 0

0

0

0

−0.009

−0.011

−0.013

−0.015

許容差 (g6) (

1

)

−0.007

−0.009

−0.010

−0.012

−0.020

−0.025

−0.029

−0.034

許容差 (r6)

+0.041

+0.050

+0.060

+0.062

+0.073

(圧入部)

+0.028

+0.034

+0.041

+0.043

+0.051

l

1

最小

 6

 6

 6

 8

 8

 8

  8

l

2

最小  32 40 40 50 63 80 100

l

基準寸法

許容差

125   0

140

−1

160

180

200

224

250

280

315

355

400

450

500

注(

1

)  公差域クラス g6 は,ガイドブシュ BE2 形と組み合わせて使用する場合に適用する。

備考1.  ○印のものを推奨する。

2.  ダイセットの上下ダイホルダ及びパンチホルダの誤った組立を防止するためにガイド径を変える場合には,基

準寸法 d

1

より細い 24,30,38,48 及び 60 を推奨する。

3.  加工方法によっては,センタ穴があってもよい。

付表  3  形状及び寸法(PC 形)


7

B 5007:2008

単位  mm 

呼び寸法

12 16 20 25 32 40 50 63 80 100

d

1

基準寸法 12 16 20 25 32 40 50 63 80 100

許容差 (h5)

0

0

0

0

0

−0.008

−0.009

−0.011

−0.013

−0.015

D

2

基準寸法 22 28 32 40 48 58 70 85 105 125

許容差 (k5)

+0.011

+0.013

+0.015

+0.018

+0.021

+0.002

+0.002

+0.002

+0.003

+0.003

D

3

30 36 40 48 56 66 80 95 117 137

l

2

最小  20 25 32 32 40 40 50 63

80 100

l

4

10 10 12 12 15 15 18 18

22

22

l

1

最小

 4

 4

 4

 6

 6

 6

 8

 8

  8

  8

l

基準寸法

許容差

 80   0

 90

−1

100

112

125

140

160

180

200

224

   ○

250

   ○

280

    ○

315

     ○

355

     ○

400

      ○

450

      ○

注*  テーパ比は任意とする。ただし,共加工とする。

備考1.  ○印のものを推奨する。

2.  ダイセットの上下ダイホルダ及びパンチホルダの誤った組立を防止するためにガイド径を変える場合には,基

準寸法 d

1

より細い 11,15,19,24,30,38,48 及び 60 を推奨する。

3.  加工方法によっては,センタ穴があってもよい。

付表  4  形状及び寸法(PD 形)



B 5007:2008

単位  mm

呼び寸法

12 16 20 25 32 40 50 63 80  100

d

1

基準寸法 12 16 20 25 32 40 50 63 80  100

許容差 (h5)

0

0

0

0

0

−0.008

−0.009

−0.011

−0.013

−0.015

許容差 (j6)

+0.008

+0.009

+0.011

+0.012

+0.013

−0.003

−0.004

−0.005

−0.007

−0.009

d

2

16 20 25 32 40 50 63 80 100  125

l

1

最小  4 4 4 6 6 6 8 8 8  8

l

2

最小  12 16 20 25 32 40 50 50 63  63

l

基準寸法

許容差

 63    0

 80

−1

 90

100  ○

112  ○

125  ○

140  ○

160

180

200

224

250

280        ○

315         ○

355         ○

400          ○

450          ○

500           ○

注(

2

)  l

2

寸法の一部を組付けの案内とする場合には,公差域クラス j6 を小さくできる。

備考1.  ○印のものを推奨する。

2.  ダイセットの上下ダイホルダ及びパンチホルダの誤った組立を防止するためにガイド径を変える場合には,基

準寸法 d

1

より細い 11,15,19,24,30,38,48 及び 60 を推奨する。

3.  加工方法によっては,センタ穴があってもよい。

付表  5  形状及び寸法(PJ1 形)


9

B 5007:2008

単位  mm 

呼び寸法

8  10 13 16 19 20 22 25 32 40 45 50

d

1

基準寸法 8  10 13 16 19 20 22 25 32 40 45 50

許容差 (h4)

0

0

0

0

−0.004

−0.005

−0.006

−0.007

許容差 (m5)

+0.012

+0.015

+0.017

+0.020

+0.006

+0.007

+0.008

+0.009

l

1

4

6

8

l

2

10 13 16 20    25    32 40 50 50 50

M

ねじの呼び

M4

M5

M6    M8

M10

M12

l

3

 

有効深さ 9 12

15    20

25

30

l

基準寸法

許容差

 30    0

 40

−1

 50

 60

 63

 70

  ○

 80

  ○

 90

  ○

100

110

112

120

125

140

     ○

160

       ○

180

        ○

200

         ○

224

          ○

250

           ○

備考1.  ○印のものを推奨する。

2.  加工方法によっては,センタ穴があってもよい。

付表  6  形状及び寸法(PJ2 形)


10 
B 5007:2008

単位  mm 

呼び寸法

8  10 13 16 19 20 22 25 32 40 45 50

d

1

基準寸法 8  10 13 16 19 20 22 25 32 40 45 50

許容差 (h4)

0

0

0

0

−0.004

−0.005

−0.006

−0.007

許容差 (m5)

+0.012

+0.015

+0.017

+0.020

+0.006

+0.007

+0.008

+0.009

l

1

4

6

8

l

2

10 13 16 20    25    32 40 50 50 50

d

2

11 13 16 19 22 23 25 28 35 43 48 53

l

基準寸法

許容差

 30    0

 40

−1

 50

 60

 63

 70

  ○

 80

  ○

 90

  ○

100

110

112

120

125

140

     ○

160

       ○

180

        ○

200

         ○

224

          ○

250

           ○

備考1.  ○印のものを推奨する。

2.  加工方法によっては,センタ穴があってもよい。

付表  7  形状及び寸法(PJ3 形)


11

B 5007:2008

単位  mm

呼び寸法

8  10 13 16 19 20 22 25 32 40 45 50

d

1

基準寸法 8  10 13 16 19 20 22 25 32 40 45 50

許容差 (h4)

0

0

0

0

−0.004

−0.005

−0.006

−0.007

許容差 (m5)

+0.012

+0.015

+0.017

+0.020

+0.006

+0.007

+0.008

+0.009

l

1

4

6

8

l

2

10 13 16 20    25    32 40 50 50 50

d

2

12 14 17 21    26    32 40 50 56 63

M

ねじの呼び

M4

M5

M6    M8

M10

M12

l

3

 

有効深さ 9 12

15    20

25

30

l

基準寸法

許容差

 30    0

 40

−1

 50

 60

 63

 70

  ○

 80

  ○

 90

  ○

100

110

112

120

125

140

     ○

160

       ○

180

        ○

200

         ○

224

          ○

250

           ○

備考1.  ○印のものを推奨する。

2.  加工方法によっては,センタ穴があってもよい。

付表  8  形状及び寸法(PJ4 形)


12 
B 5007:2008

単位  mm

呼び寸法

10 13 16 20 25

d

1

基準寸法

10 13 16 20 25

l

1

13 16 20

25

M

ねじの呼び M5

M6

M8

l

2

有効深さ 12

15

20

l

基準寸法

許容差

 40   0

 50

−1

 60

 63

 70

 80

 90

100

110

112

120

130

140

備考1.  ○印のものを推奨する。

2.  加工方法によっては,センタ穴があってもよい。

付表  9  形状及び寸法(PJ5 形)

単位  mm


13

B 5007:2008

単位  mm

呼び寸法 10

13

16

20

25

d

1

基準寸法 10  13  16  20  25

l

1

  16

20

25

35

32

d

2

基準寸法 13  16  19  23  28

l

基準寸法

許容差

 40   0

 50

−1

 60

 63

 70

 80

 90

100

110

112

120

130

140

備考1.  ○印のものを推奨する。

2.  加工方法によっては,センタ穴があってもよい。

付表 10  形状及び寸法(PJ6 形)

単位  mm


14 
B 5007:2008

単位  mm

呼び寸法 10

13

16

20

25

d

1

基準寸法 10  13  16  20  25

d

2

基準寸法 16  20  23  27  32

l

1

  8

10

13

16

M

ねじの呼び M5

M6

M8

l

2

有効深さ 12

15

20

l

基準寸法

許容差

 40   0

 50

−1

 60

 63

 70

 80

 90

100

110

112

120

130

140

備考1.  ○印のものを推奨する。

2.  加工方法によっては,センタ穴があってもよい。

付表 11  形状及び寸法(BA1 形)

単位  mm


15

B 5007:2008

単位  mm

呼び寸法

12 16 20 25 32 40 50

D

1

基準寸法

12 16 20 25 32 40 50

許容差 G6

G5

+0.017

+0.020

+0.020

+0.006

+0.007

+0.009

D

2

基準寸法

22 28 32 40 48 58 70

許容差 (n6)

+0.028

+0.033

+0.039

(

3

)

+0.015

+0.017

+0.020

許容差 (j6)

+0.009

+0.011

+0.012

(

3

)

−0.004

−0.005

−0.007

l

1

基準寸法

許容差

 25

−2.0

 32

−2.5

 40

−3

 50

−4

 63

 80

100

−3

    ○

125

160

        ○

注(

3

)  D

2

の寸法許容差は,公差域クラス H7 の穴に適合している。しかし,ブシュを接着する場合には,公差域クラ

ス j6 でもよい。

備考1.  ○印のものを推奨する。

2.  ダイセットの上下ダイホルダ及びパンチホルダの誤った組立を防止するためにガイド径を変える場合には,

基準寸法 D

1

より細い 11,15,19,24,30,38 及び 48 を推奨する。

付表 12  形状及び寸法(BB1 形)


16 
B 5007:2008

単位  mm

呼び寸法

12 16 20 25 32 40 50

D

1

基準寸法

12 16 20 25 32 40 50

D

2

基準寸法

22 28 32 40 48 58 70

許容差 (n6)

+0.028

+0.033

+0.039

(

3

)

+0.015

+0.017

+0.020

許容差 (j6)

+0.009

+0.011

+0.012

(

3

)

−0.004

−0.005

−0.007

l

1

基準寸法

許容差

 25

−2.0

 32

−2.5

 40

−3

 50

−4

 63

 80

100

−3

 

125

160      

注(

3

)  D

2

の寸法許容差は,公差域クラス H7 の穴に適合している。しかし,ブシュを接着する場合には,公差域クラ

ス j6 でもよい。

(

4

)  ガイドポスト及びガイドブシュの間のボールに適切な予圧をかけるため,ガイドブシュの寸法 D

5

許容差を M5

とする。また,偏心及び直角度を維持するため,研磨又はラッピングによって表面粗さ MRR  Ra 0.05 に仕上げ

るものとする。

備考1.  ○印のものを推奨する。

2.  ダイセットの上下ダイホルダ及びパンチホルダの誤った組立を防止するためにガイド径を変える場合には,

基準寸法 D

1

より細い 11,15,19,24,30,38 及び 48 を推奨する。

付表 13  形状及び寸法(BB2 形)


17

B 5007:2008

単位  mm

呼び寸法

25 32 40 50 63 80 100

D

1

基準寸法

25 32 40 50 63 80 100

D

2

基準寸法

40 50 63 80 90 112 140

許容差 (n6)

+0.033

+0.039

+0.045

+0.052

(

5

)

+0.017

+0.020

+0.023

+0.027

l

1

基準寸法

許容差

 50

−3

 63

−4

 80

100

−3

125

−5

160

  

200

  

250

    

注(

4

)  ガイドポスト及びガイドブシュの間のボールに適切な予圧をかけるため,ガイドブシュの寸法 D

5

許容差を M5

とする。また,偏心及び垂直度を維持するため,研磨又はラッピングによって表面粗さ MRR  Ra 0.05 に仕上げ
るものとする。

(

5

)  D

2

の寸法許容差は,公差域クラス H7 の穴に適合している。

備考  ○印のものを推奨する。

付表 14  形状及び寸法(BC1 形)

単位  mm


18 
B 5007:2008

単位  mm

呼び寸法

16 20 25 32 40 50

D

1

基準寸法

16 20 25 32 40 50

許容差 G6

G5

+0.017

+0.020

+0.020

+0.006

+0.007

+0.009

D

2

基準寸法

28 32 40 48 58 70

許容差 (k5)

+0.011

+0.013

+0.015

+0.002

+0.002

+0.002

D

3

45 50 63 72 85 104

D

4

基準ピッチ円径

35 40 50 58 70 86

D

6

ボルト穴径

4.5 4.5 5.5 5.5 6.6  9

固定用ボルト呼び径 M4 M4 M5 M5 M6 M8 

15 18 23 28 33 38

l

1

(l

2

) 

l

(l

2

)

l

(l

2

)

l

(l

2

)

l

(l

2

)

l

(l

2

)

基準寸法

許容差

25

−2.0  31

6

40

15       

32

−2.5  38

6

47

15

57

25     

40

−3

    55 15 65 25 65 25 70 30

50

−4

      75

25

80

30

92

42

63

        

105

42

注(

5

)  D

2

の寸法許容差は,公差域クラス H7 の穴に適合している。

備考  ダイセットの上下ダイホルダ及びパンチホルダの誤った組立を防止するためにガイド径を変える場合には,基

準寸法 D

1

より細い 15,19,24,30,38 及び 48 を推奨する。

付表 15  形状及び寸法(BD1 形)


19

B 5007:2008

単位  mm

呼び寸法

16 20 25 32 40 50

D

1

基準寸法

16 20 25 32 40 50

許容差 G6

G5

+0.017

+0.020

+0.020

+0.006

+0.007

+0.009

D

2

基準寸法

28 32 40 48 58 70

許容差 (k5)

+0.011

+0.013

+0.015

+0.002

+0.002

+0.002

D

3

45 50 63 72 85 104

D

4

基準ピッチ円径

35 40 50 58 70 86

D

6

ボルト穴径

4.5 4.5 5.5 5.5 6.6  9

固定用ボルト呼び径 M4 M4 M5 M5 M6 M8 

15 18 23 28 33 38

l

1

(l

2

) 

l

(l

2

)

l

(l

2

)

l

(l

2

)

l

(l

2

)

l

(l

2

)

基準寸法

許容差

25

−2.0  31

6

40

15       

32

−2.5  38

6

47

15

57

25     

40

−3

    55 15 65 25 65 25 70 30

50

−4

      75

25

80

30

92

42

63

        

105

42

注(

4

)  ガイドポスト及びガイドブシュの間のボールに適切な予圧をかけるため,ガイドブシュの寸法 D

5

許容差を M5

とする。また,偏心及び直角度を維持するため,研磨又はラッピングによって表面粗さ MRR  Ra 0.05 に仕上げ
るものとする。

(

5

)  D

2

の寸法許容差は,公差域クラス H7 の穴に適合している。

備考  ダイセットの上下ダイホルダ及びパンチホルダの誤った組立を防止するためにガイド径を変える場合には,基

準寸法 D

1

より細い 15,19,24,30,38 及び 48 を推奨する。

付表 16  形状及び寸法(BE1 形)


20 
B 5007:2008

単位  mm

呼び寸法

12 16 20 25 32 40 50

D

1

基準寸法 12 16 20 25 32 40 50

許容差 G6

G5

+0.017

+0.020

+0.020

+0.006

+0.007

+0.009

D

2

基準寸法 22 28 32 40 48 58 70

許容差 (k5)

+0.011

+0.013

+0.015

+0.002

+0.002

+0.002

D

3

30 36 40 48 56 66 80

D

4

基準ピッチ円径

47 53 57 65 73 83 97

l

1

l

(l

2

)

l

(l

2

)

l

(l

2

)

l

(l

2

)

l

(l

2

)

l

(l

2

)

l

(l

2

)

基準寸法

許容差

 20

−2.0

30

10           

−2.5

45

25           

25

35

10

35

10

37

12

37

12

    

50

25

57

32

45

20

61

36

    

    61

36

81

56

    

32

42

10

42

10

44

12

57

25

44

12   

  64

32

68

36

82

50

77

45   

5

6

 40

−3

  50

10

52

12

52

12

72

32

55

15

−4

    76

36

80

40

96

56

85

45

1

7

50

    62

12

62

12

65

15

82

32

68

18

      90

40

95

45

113

63

100

50

1 0

0

63

      75

12

78

15

78

15

99

36

      

108

45

113

50

134

71

80

          95

15

98

18

      

130

50

143

63

100

1 8

8

1 3

3

注(

5

)  D

2

の寸法許容差は,公差域クラス H7 の穴に適合している。

備考  ダイセットの上下ダイホルダ及びパンチホルダの誤った組立を防止するためにガイド径を変える場合には,基

準寸法 D

1

より細い 11,15,19,24,30,38 及び 48 を推奨する。

付表 17  形状及び寸法(BE2 形)


21

B 5007:2008

単位  mm

呼び寸法

25 32 40 50 63 80 100

D

1

基準寸法 25 32 40 50 63 80 100

許容差 (H7)

+0.021

+0.025

+0.030

+0.035

0

0

0  0

D

2

基準寸法 32 40 50 63 80 100

125

許容差 (h6)

0

0

0

0

(

3

)

−0.016

−0.019

−0.022

−0.025

許容差 (j6)

+0.011

+0.012

+0.013

+0.014

(

3

)

−0.005

−0.007

−0.009

−0.011

D

3

40 50 63 71 90 112 140

D

4

基準ピッチ円径

58 66 79 89 123 143 168

T

6.3 6.3 6.3 6.3  10  10  10

l

1

l

(l

2

)

l

(l

2

)

l

(l

2

)

l

(l

2

)

l

(l

2

)

l

(l

2

)

l

(l

2

)

基準寸法

許容差

 32

−2.0

4

−2.5

 40

−3

0

0

 50

−4

3

3

56

      71

15

    

63

        80

17   

 80

      

100

20

100

−3

1 5

5

−5

注(

3

)  D

2

の寸法許容差は,公差域クラス H7 の穴に適合している。しかし,ブシュを接着する場合には,公差域クラス

j6 でもよい。

(

6

)  の大きさは,製造業者が決める。

付表 18  形状及び寸法(BF1 形)


22 
B 5007:2008

単位  mm

呼び寸法

12 16 20 25 32 40 50

D

1

基準寸法

12 16 20 25 32 40 50

許容差 G6

G5

+0.017

+0.020

+0.020

+0.006

+0.007

+0.009

D

2

基準寸法

22 28 32 40 48 58 70

許容差 (k5)

+0.011

+0.013

+0.015

+0.002

+0.002

+0.002

D

3

30 36 40 48 56 66 80

D

4

基準ピッチ円

47 53 57 65 73 83 97

l

1

l

(l

2

)

l

(l

2

)

l

(l

2

)

l

(l

2

)

l

(l

2

)

l

(l

2

)

l

(l

2

)

基準寸法

許容差

 20   −2.0  30

10        

−2.5  45

25        

25

35

10

35

10

37

12

37

12

 

50

25

57

32

45

20

61

36

 

    61

36

81

56

 

 32

42 10 42 10

44

12

57

25

44

12

  64

32

68

36

82

50

77

45

        95

63

 40

−3

    50 10

52

12

52

12

72

32 55 15

−4

    76

36

80

40

96

56

85

45

1

7

50

    62

12

62

12

65

15

82

32

68

18

      90

40

95

45

113

63

100

50

1 0

0

63

      75

12

78

15

78

15

99

36

     

108

45

113

50

134

71

80

          95

15

98

18

     

130

50

143

63

100

1 8

8

−5

         

163

63

  (

4

) ガイドポスト及びガイドブシュの間のボールに適切な予圧をかけるため,ガイドブシュの寸法 D

5

許容差を M5

とする。また,偏心及び直角度を維持するため,研磨又はラッピングによって表面粗さ MRR  Ra 0.05 に仕上げ
るものとする。

(

5

)

D

2

の寸法許容差は,公差域クラス H7 の穴に適合している。

備考  ダイセットの上下ダイホルダ及びパンチホルダの誤った組立を防止するためにガイド径を変える場合には,基

準寸法 D

1

より細い 11,15,19,24,30,38 及び 48 を推奨する。

付表 19  形状及び寸法(BF2 形)


23

B 5007:2008

単位  mm

呼び寸法

25 32 40 50 63 80 100

D

1

基準寸法 25 32 40 50 63 80 100

許容差 (H7)

+0.021

+0.025

+0.030

+0.046

  0

0

0  0

D

2

基準寸法 40 50 63 80 90 112

140

許容差 (h6)

0

0

0

0

(3) 

−0.016

−0.019

−0.022

−0.025

許容差 (j6)

+0.011

+0.012

+0.013

+0.014

(3) 

−0.005

−0.007

−0.009

−0.011

D

3

56 63 71 90 112 125 160

D

4

基準ピッチ円径

72  79  89  106 135 153 183

T

基準寸法 6.3 6.3 6.3 6.3  10  10  10

l

1

l

(l

2

)

l

(l

2

)

l

(l

2

)

l

(l

2

)

l

(l

2

)

l

(l

2

)

l

(l

2

)

基準寸法

許容差

 25

−2.0

35

10           

 32

−2.5

42

10

42

10

        

 40

−3

52

12

52

12

52

12

      

 50

−4

90

40

65

15

65

15

65

15

    

63

108

45

78

15

78

15

81

18   

80

130

50

98

18

98

18

100

20

100

−3

   

163

63

120

20

120

20

120

20

125

−5

      

188

63

145

20

145

20

160

      

231

71

180

20

200

         

280

80

注(

3

)  D

2

の寸法許容差は,公差域クラス H7 の穴に適合している。しかし,ブシュを接着する場合には,公差域クラス

j6 でもよい。

付表 20  形状及び寸法(BG1 形)


24 
B 5007:2008

単位  mm

呼び寸法

12 16 20 25 32 40 50 63 80 100

D

1

基準寸法

12 16 20 25 32 40 50 63 80 100

許容差 G6

G5

+0.017

+0.020

+0.020

+0.023

+0.027

+0.006

+0.007

+0.009

+0.010

+0.012

D

2

基準寸法

22 28 32 40 48 58 70 85 105 125

許容差 (n6)

+0.028

+0.033

+0.039

+0.045

+0.052

(

3

)

+0.015

+0.017

+0.020

+0.023

+0.027

許容差 (j6)

+0.009

+0.011

+0.012

+0.013

+0.014

(

3

)

−0.004

−0.005

−0.007

−0.009

−0.011

l

1

l

2

l

3

l

2

l

3

l

2

l

3

l

2

l

3

l

2

l

3

l

2

l

3

l

2

l

3

l

2

l

3

l

2

l

3

l

2

l

3

基準寸法

許容差

 20

0

6 8  

 25

− .

8

2

8

 36

   9

13

 45

10

16

 50

   9

13

13

20

 56

13

20

 63

    10

16

    14

21

14

21

 71

      13

20

      16

24

 80

        13

20

      18

26

100

          14

21

14

21

    20

28

110

1

4

125

8

6

140

20

28

注(

3

)  D

2

の寸法許容差は,公差域クラス H7 の穴に適合している。しかし,ブシュを接着する場合には,公差域クラス

j6 でもよい。

備考  ダイセットの上下ダイホルダ及びパンチホルダの誤った組立を防止するためにガイド径を変える場合には,基

準寸法 D

1

より細い 11,15,19,24,30,38,48,60,76 及び 95 を推奨する。

付表 21  形状及び寸法(BJ1 形)


25

B 5007:2008

単位  mm

呼び寸法

8  10 13 16 19 20 22 25 32 40 45 50

D

1

基準寸法  8  10 13 16 19 20 22 25 32 40 45 50

許容差 (G5)

+0.011

+0.014

+0.016

+0.020

+0.005

+0.006

+0.007

+0.009

D

2

基準寸法  13 16 20 22 25 28 30 32 40 50 58 63

許容差 (h5)

0

0

0

0

−0.008

−0.009

−0.011

−0.013

l

基準寸法

許容差

10

−0.1

13

−0.5

15

16

20

22

25

28

30

32

35

40

     

45

     

50

     

60

     

6

備考1.  ○印のものを推奨する。

2.  油溝を設ける場合には,その形状及び寸法は製造業者が決める。

付表 22  形状及び寸法(BJ2 形)

単位  mm


26 
B 5007:2008

単位  mm

呼び寸法

8  10 13 16 19 20 22 25 32 40 45 50

D

1

基準寸法  8  10 13 16 19 20 22 25 32 40 45 50

許容差 (G5)

+0.011

+0.014

+0.016

+0.020

+0.005

+0.006

+0.007

+0.009

D

2

基準寸法  13 16 20 22 25 28 30 32 40 50 58 63

許容差 (h5)

0

0

0

0

−0.008

−0.009

−0.011

−0.013

D

3

基準寸法  16 19 23 25 28 31 33 35 43 53 61 66

l

基準寸法

許容差

10

−0.1

13

−0.5

15

16

20

22

25

2

3

3

3

4

4

5

6

6

備考1.  ○印のものを推奨する。

2.  油溝を設ける場合には,その形状及び寸法は製造業者が決める。

付表 23  形状及び寸法(BJ3 形)

単位  mm


27

B 5007:2008

単位  mm

呼び寸法

10 13 16  20  25

D

1

基準寸法

10 13 16  20  25

D

2

基準寸法

16 20 24  28  34

l

基準寸法

許容差

10

−0.1

13

−0.5

15

16

20

22

25

30

35

備考1.  ○印のものを推奨する。

2.  油溝を設ける場合には,その形状及び寸法は製造業者が決める。

付表 24  形状及び寸法(BJ4 形)

単位  mm


28 
B 5007:2008

単位  mm

呼び寸法 10

13

16

20

25

D

1

基準寸法 10  13  16  20  25

D

2

基準寸法 16  20  24  28  34

D

3

基準寸法 18  22  26  30  36

l

基準寸法

許容差

10

13

15

16

20

22

25

30

35

−0.1 
−0.5

備考1.  ○印のものを推奨する。

2.  油溝を設ける場合には,その形状及び寸法は製造業者が決める。


29

B 5007:2008

附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

JIS B 5007 : 2008  プレス型用のガイドポスト及びガイドブシュ

ISO 9182-1 : 1992∼9182-5 : 1992  プレス型用ガイドポスト 
ISO 9448-1 : 1991∼9448-11 : 1992  プレス型用ガイドブシュ

(Ⅰ) JIS の規定

(Ⅲ)  国際規格の規定

(Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差
異の項目ごとの評価及びその内容
  表示箇所:本体

  表示方法:点線の下線

項目 
番号

内容

(Ⅱ)  
国際規格番号

項目
番号

内容

項 目 ご と
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)  JIS と国際規格との技術的差異の
理由及び今後の対策

1.  適用範囲

プレス型に使用されるガイ
ドポスト及びガイドブシュ

の材料,硬さ,形状及び寸法
について規定。

ISO 9182-1 
ISO 9182-2 
ISO 9182-3 
ISO 9182-4 
ISO 9182-5 
ISO 9448-1 
ISO 9448-2 
ISO 9448-3 
ISO 9448-4 
ISO 9448-5 
ISO 9448-6 
ISO 9448-7 
ISO 9448-8 
ISO 9448-9 
ISO 9448-10 
ISO 9448-11 

1

プ レ ス ツ ー ル に 使 用 さ
れ る ガ イ ド ピ ラ ー 及 び

ガ イ ド ブ シ ュ と そ れ ら
の 取 付 方 法 に つ い て 規
定。

MOD/変更

ISO 規格は,1b 規格
で JIS は一つの規格

にまとめた。

規格利用者の利便性を考えて一つ
の規格にまとめた。

2

B 5007

2008

2

B 5007

2008


30 
B 5007:2008

(Ⅰ) JIS の規定

(Ⅲ)  国際規格の規定

(Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差
異の項目ごとの評価及びその内容
  表示箇所:本体 
  表示方法:点線の下線

項目 
番号

内容

(Ⅱ)  
国 際 規 格
番号

項目
番号

内容

項 目 ご と
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ) JIS と国際規格との技術的差異
の理由及び今後の対策

ガイドポスト 
PA1 形,PA2 形,PB1 形,
PB2 形,PC 形,PD 形,PJ1
形,PJ2 形,PJ3 形,PJ4 形,
PJ5 形及び PJ6 形を規定。

1 適 用範
囲と同じ

2 Guide

pillar

Part 1 Types,Part 2 Type 
A1 and A2,Part 3 Type B1 
and B2,Part 4 Type C 
及び Part 5 Type D をそれ
ぞれ規定。規格番号は種

類によって追番で区分。

MOD/追加

ガイドポスト 
PJ1 形,PJ2 形,PJ3
形,PJ4 形,PJ5 形

及び PJ6 形を追加し
規定。

国内で使用している規格と ISO 
格とでは,形状・寸法,許容差など
に相違点があり,ISO 規格に一本化

すると使用上混乱するおそれがあ
るため,当面既存 JIS の併記とし,
今後 ISO への提案を予定する。

2.  種類及び記号

ガイドブシュ 
BA1 形,BB1 形,BB2 形,
BC1 形,BD1 形,BE1 形,
BE2 形,BF1 形,BF2 形,
BG1 形,BJ1 形,BJ2 形,
BJ3 形及び BJ4 形を規定。

Guide

bushes

Part 1 Forms,Part 2 Form 
A,Part 3 Form B,Part 4 
Form C,Part 5 Form D,
Part 6 Form E,Part 7 Form 
F,Part 8 Form G,Part 9 
Form B,Part 10 Form E
及び Part 11 Form F,

をそれぞれ規定。規格番
号は種類によって追番
で区分。

ガイドブシュ 
BJ1 形,BJ2 形,BJ3
形及び BJ4 形を追加
し規定。

2

B 5007

2008

2

B 5007

2008


31

B 5007:2008

(Ⅰ) JIS の規定

(Ⅲ)  国際規格の規定

(Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差
異の項目ごとの評価及びその内容
  表示箇所:本体 
  表示方法:点線の下線

項目 
番号

内容

(Ⅱ)  
国際規格番号

項目
番号

内容

項 目 ご と
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ) JIS と国際規格との技術的差異
の理由及び今後の対策

ガイドポスト 
材料は,受渡当事者間の
協定と規定。硬さは,種

類に対応して個々に規
定。

1 適 用 範 囲と
同じ

3 Guide

pillar

材 料 は , 製 造 業 者 に 一
任。また,硬さは,Type 
A1,A2,B1,B2,C 及

び D が 62

2

0

 HRC と規

定。

MOD/追加

ガイドポスト 
PJ1 形,PJ2 形,PJ3
形,PJ4 形,PJ5 形

及 び PJ6 形 の 硬 さ
は,58HRC 以上又は
653HV 以上と規定。

国内で使用している規格と ISO 
格とでは,形状・寸法,許容差など
に相違点があり,ISO 規格に一本化

すると使用上混乱するおそれがあ
るため,当面既存 JIS の併記とし,
今後 ISO への提案を予定する。

3.  材料及び硬さ

ガイドブシュ 
材料は,受渡当事者間の
協定と規定。硬さは,
BE2 形,BJ3 形及び BJ4
形を除き個々に規定。 
BE2 形,BJ3 形及び BJ4
形は受渡当事者間の協
定と規定。

Guide

bushes

材 料 は , 製 造 業 者 に 一
任。硬さは,種類に対応

して個々に規定。

ガイドブシュ 
BJ1 形及び BJ2 形の
硬さは,58HRC 以上

又は 653HV 以上と
規定。 
BJ3 形及び BJ4 形は,
受渡当事者間の協定
と規定。

種類に対応した呼び寸
法,基準寸法,許容差を
規定。

1 適 用 範 囲と
同じ

4

種 類 に 対 応 し た 呼 び 寸
法,基準寸法,許容差,
及 び そ の 取 付 寸 法 な ど

を規定。

MOD/追加

ガイドポスト 
PJ1 形,PJ2 形,PJ3
形,PJ4 形,PJ5 形及

び PJ6 形の追加に伴
う寸法及び許容差を
規定。

国内で使用している規格と ISO 
格とでは,形状・寸法,許容差など
に相違点があり,ISO 規格に一本化

すると使用上混乱するおそれがあ
るため,当面既存 JIS の併記とし,
今後 ISO への提案を予定する。

4.  形状及び寸法

ガイドブシュ 
BJ1 形,BJ2 形,BJ3
形及び BJ4 形の追加

に伴う寸法及び許容
差を規定。

2

B 5007

2008

2

B 5007

2008


32 
B 5007:2008

(Ⅰ) JIS の規定

(Ⅲ)  国際規格の規定

(Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差
異の項目ごとの評価及びその内容
  表示箇所:本体

  表示方法:点線の下線

項目

番号

内容

(Ⅱ)  国 際規
格番号

項目

番号

内容

項 目 ご と

の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ) JIS と国際規格との技術的差異
の理由及び今後の対策

ガイドポスト 
種類に対応した表示を規定。

1 適用範囲と
同じ

5 Guide

pillar

規格名称,規格番号,形

式,直径 d

1

,全長 l

1

など

を規定。

MOD/追加

ガイドポスト 
PJ1 形,PJ2 形,PJ3
形,PJ4 形,PJ5 形及
び PJ6 形は,規格の
名称,ガイドポスト

の種類による記号,
呼び寸法×長さ(l)な
どの表示を規定。

国内で使用している規格と ISO 
格とでは,形状・寸法,許容差など

に相違点があり,ISO 規格に一本化
すると使用上混乱するおそれがあ
るため,当面既存 JIS の併記とし,

今後 ISO への提案を予定する。

5.  包 装
の表示

ガイドブシュ 
種類に対応した表示を規定。

Guide

bushes

規格名称,規格番号,形
式,直径 D

1

,全長 l

1

など

を規定。

ガイドブシュ 
BJ1 形,BJ2 形,BJ3
形及び BJ4 形は,規

格名称,ガイドブシ
ュ の 種 類 に よ る 記
号,呼び寸法×長さ
(l) な ど の 表 示 を 規
定。

JIS と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD 
 
備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―  MOD/追加……… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
    ―  MOD/変更……… 国際規格の規定内容を変更している。

2.  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―  MOD……………  国際規格を修正している。

2

B 5007

2008

2

B 5007

2008