>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 4455 : 1998

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が改正した日

本工業規格である。これによって,JIS B 4455-1988 は改正され,この規格に置き換えられる。

今回の改正では,国際整合化を図るため,ISO 4231 : 1987, Hand-and machine-operated circular screwing dies

for parallel pipe threads

−G series(管用平行ねじ用ねじ切り丸ダイス−G シリーズ)を基礎として用いた。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。通商産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS B 4455

には,次に示す附属書がある。

附属書(規定)  管用平行ねじ用ねじ切り丸ダイス(PF 形)


日本工業規格

JIS

 B

4455

: 1998

管用平行ねじ用ねじ切り丸ダイス

Hand-and machine-operated circular screwing dies for parallel pipe threads

序文  この規格は,1987 年に第 2 版として発行された ISO 4231, Hand-and machine-operated circular screwing

dies for parallel pipe threads

−G series を基に,本体には,対応国際規格と対応する部分について技術的内容

を変更することなく作成しているが,対応国際規格には規定されていない規定項目(定義,品質,材料,

試験方法,検査,製品の呼び方及び包装の表示)を追加している。また,附属書には,形状・寸法及びね

じ部の精度が対応国際規格とは異なるダイスを規定している。

1.

適用範囲  この規格は,呼び G

1

/

16

∼G2

1

/

4

の管用平行ねじのおねじのねじ切りに用いる管用平行ねじ

用ねじ切り丸ダイス(以下,ダイスという。

)について規定する。

備考1.  この規格の本体によらないダイスを,附属書(規定)に規定する。

2.

この規格の対応国際規格を,次に示す。

ISO 4231 : 1987

  Hand-and machine-operated circular screwing dies for parallel pipe threads−G

series

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによってこの規格の規定の一部を構成する。

これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0101

  ねじ用語

JIS B 0176

  ねじ加工工具用語

JIS B 0202

  管用平行ねじ

JIS B 0205

  メートル並目ねじ

JIS B 0209

  メートル並目ねじの許容限界寸法及び公差

JIS B 0254

  管用平行ねじゲージ

JIS B 0401-2

  寸法公差及びはめあいの方式−第 2 部:穴及び軸の公差等級並びに寸法許容差の表

JIS B 7153

  測定顕微鏡

JIS B 7502

  マイクロメータ

JIS B 7725

  ビッカース硬さ試験−試験機の検証

JIS B 7726

  ロックウェル硬さ試験−試験機の検証

JIS G 4403

  高速度工具鋼鋼材

JIS G 4404

  合金工具鋼鋼材

JIS H 3250

  銅及び銅合金棒

JIS Z 2244

  ビッカース硬さ試験−試験方法

JIS Z 2245

  ロックウェル硬さ試験方法


2

B 4455 : 1998

3.

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS B 0176 及び JIS B 0101 による。

4.

等級  ダイスの等級は,ねじ部の精度によって,A 級及び B 級とし,等級の記号は,表 のとおりと

する。

表 1  等級の記号

等級

A

B

記号 A

B

おねじの等級(参考)

A B

備考  ダイスの等級に対するおねじの等級は参考として示したもの

で,各等級のダイスによって切られたねじが,その等級に必

ず適合することを意味するものではない。

5.

形状・寸法  ダイスの形状及び寸法は,付表 のとおりとする。

6.

品質

6.1

外観  ダイスの外観は,地きず及び割れ並びに有害なまくれ,きず,さびなどの欠点がなく,仕上

げは良好でなければならない。

6.2

硬さ  ダイスの刃部の硬さは,8.1 による試験を行ったとき,60HRC 又は 700HV 以上とする。

6.3

ねじ部の精度  ダイスのねじ部の精度は,8.2 による試験を行ったとき,試験ねじの精度が JIS B 0202

に示すおねじの等級に適合し,さらに

付表 の等級に適合するものを,そのダイスの等級とする。

7.

材料  ダイスの材料は,JIS G 4403 の SKH51,又はこれと同等以上の性能をもつものとする。

8.

試験方法

8.1

硬さ  ダイスの硬さは,JIS B 7726 のロックウェル硬さ試験機を用いて JIS Z 2245 に規定する試験

方法によって測定する。ただし,ロックウェル硬さ試験機による測定ができない場合は,JIS B 7725 のビ

ッカース硬さ試験機を用いて JIS Z 2244 に規定する試験方法によって測定してもよい。

なお,試験機による測定が困難な場合は,やすりによる比較測定を行ってもよい。

8.2

ねじ部の精度  ダイスのねじ部の精度は,試験ねじを用いて付表 によって測定する。

なお,試験ねじは,次に示す a)c)の要領によって製作したものを使用する。

a)

試験ねじは,JIS H 3250 の合金番号 C3601 及び C3602 又はねじ部の寸法を表しやすい適当な材料を用

い,ダイスを適正に使用して加工する。

なお,切削速度は,一般には 4∼6m/min とする。合金番号 C3601 及び C3602 以外の材料を用いて試

験ねじを切削するときは,適当な切削速度を選定する。

b)

試験ねじを切削するときは,食付き部の長い側を用いて行う。

c)

試験ねじは,前もって荒削りしたおねじをダイスで仕上げるものとし,試験ねじのブランク外径を JIS 

B 0202

のおねじ外径の最小寸法に近く仕上げておく。

9.

検査  ダイスの検査は,形状・寸法,外観,硬さ及びねじ部の精度について行い,それぞれ 5.及び 6.

の規定に適合しなければならない。


3

B 4455 : 1998

10.

製品の呼び方  ダイスの呼び方は,規格番号又は規格の名称,呼び,ダイスの外径,等級及び材料記

(

1

)

による。

なお,左ねじの場合は,呼びの前に“左”を付け加える。

1.  JIS B 4455  G

1

/

2

  径45  B 級  SKH51

2.  管用平行ねじ用ねじ切り丸ダイス  左  G

3

/

4

  径55  A 級  HSS

3.  JIS B 4455  G

1

/

8

  径30  A 級  HSS-E

(

1

)

使用材料が SKH51又はこれと同等の場合は HSS,また,バナジウムを2.6%以上又はコバルトを

4.5%

以上含む場合は HSS-E と呼んでもよい。

11.

表示

11.1

製品の表示  ダイスには,V 溝を上にして表面に次の事項を横書きに表示する。

a)

左ねじの記号 

:  L(右ねじの場合は記号を付けない。

b)

呼び 

:  G

3

/

8

c)

等級の記号 

:  B(A 級の場合は付けなくてもよい。

d)

材料記号 

:  SKH51(

2

)

e)

製造業者名又はその略号  

(

2

)

使用材料が SKH51又はこれと同等の場合は HSS,また,バナジウムを2.6%以上又はコバルトを

4.5%

以上含む場合は HSS-E と表示してもよい。

備考  この規格の要求事項を満たすダイスは,製造業者の判断で ISO の記号を入れてもよい。

11.2

包装の表示  ダイスの包装には,規格の名称,ダイスの外径及び 11.1 に規定する事項を表示する。


4

B 4455 : 1998

付表 1  形状及び寸法

単位 mm

外径  D

厚さ  T

呼び

基準寸法

(

3

)

山数

25.4mm

につき

n

ピッチ

P

(参考)

基準寸法

許容差

f10

基準寸法

許容差

js12

f

b

k

G

1

/

16

 7.723

 25

 9

±0.075

  0.8

  0.5

G

1

/

8

9.728

28 0.90 1

 30

−0.020

−0.104

11

±0.090

1

 5

G

1

/

4

 13.157

38

10

±0.075

G

3

/

8

 16.662

19 1.33 8

G

1

/

2

 20.955

 45

−0.025

−0.125

14

  1.2

 6

G

5

/

8

 22.911

G

3

/

4

 26.441

 55

16

  1.5

G

7

/

8

 30.201

14 1.81 3

G1 33.249

 65

18

±0.090

  1

G1

1

/

4

 41.941

75

−0.030

−0.150

20

  1.8

G1

1

/

2

47.803

 90

  2

 8

G1

3

/

4

 53.746

G2 59.614

105

G2

1

/

4

 65.710

11 2.30 1

120

−0.036

−0.176

22

±0.105

  2.5

10

  2

(

3

)  JIS B 0202

のおねじの外径の基準寸法を示す。

備考1.  V 溝の形状・寸法は規定しない。

2.

切りくず穴の数及び形状・寸法は規定しない。

3.

食付き部の長さは一般には,ダイスの表面 2∼2.5 山,ダイスの裏面 1∼1.5 山とする。

4.

外径 及び厚さ の許容差は,JIS B 0401-2 による。

参考  非精密ダイスの外径 及び厚さ の許容差は,製造業者一任とする。


5

B 4455 : 1998

付表 2  試験ねじのピッチの許容差及び山の半角の許容差

単位

µm

A

B

呼び

基準寸法

(

3

)

山数

25.4mm

につき

n

ピッチ

P

(参考)

標準の

はめあい

の長さ

ピッチの

許容差

(

4

)

T

p

山の半角(27.5 度)の

許容差

T

ピッチの

許容差(

4

)

T

p

山の半角(27.5 度)

の許容差

T

 (mm)

(mm)

(mm)

±

±(分)

±

±(分)

G

1

/

16

7.723

G

1

/

8

9.728

28 0.90 1

6.01

19

112

37

225

G

1

/

4

 13.157

9.02

G

3

/

8

 16.662

19 1.33 8

 9.36

22

89 43 178

G

1

/

2

 20.955

G

5

/

8

 22.911

12.24

G

3

/

4

 26.441

G

7

/

8

 30.201

14 1.81 3

13.61

25

75 49 149

G1 33.249

15.59

G1

1

/

4

 41.910

G1

1

/

2

 47.803

17.90

G1

3

/

4

 53.746

G2 59.614

21.08

31

74 62 148

G2

1

/

4

 65.710

11 2.30 1

24.38 38

90

75

179

(

3

)  JIS B 0202

のおねじの外径の基準寸法を示す。

(

4

)

ピッチの許容差とは,標準のはめあいの長さ内の任意の二つの山と山との間のピッチの合計に対する値。

参考  ダイスでねじ切りを行う場合,通常その条件によって切られるねじは,試験ねじの精度とは多少の差が生じる。


6

B 4455 : 1998

付表 3  測定方法

番号

項目

測定方法

測定方法図

測定器具

1

外径

2



厚さ

外側マイクロメータで測定する。

JIS B 7502

のマイ

クロメータ

3

試験ねじの
有効径及び

谷の径

ねじ用限界ゲージで調べる。

JIS B 0254

の平行

ねじゲージ

4

試験ねじの
ピッチ

ねじ山の軸線を,測定テーブルの
移動方向と一致させ,測定顕微鏡

の鏡筒をリード角だけ傾け,ねじ
山 A と 55°細線又はねじ山形細線
とを一致させてマイクロメータの

目盛を読む。次に必要山数だけ離
れたねじ山 B まで移動テーブルを
動かしてねじ山 B と 55°細線又は

ねじ山形細線とを一致させ,マイ
クロメータの目盛を読む。このと
きの A,B のマイクロメータの目

盛の読みの差を実測値とする。

5




試験ねじの
山の半角

ねじ山の軸線を,測定テーブルの
移動方向と一致させ,測定顕微鏡

の鏡筒をリード角だけ傾け,ねじ
山のフランクに顕微鏡の十字線を
合わせ,その回転角

α

1

/2

を測角顕

微鏡で読み取る。同様にして

α

2

/2

を測定する。

JIS B 7153

の測定

顕微鏡


7

B 4455 : 1998

附属書(規定)  管用平行ねじ用ねじ切り丸ダイス(PF 形)

1.

適用範囲  この附属書は,呼び PF

1

/

16

∼PF2

1

/

4

の管用平行ねじのおねじのねじ切りに用いる管用平行ね

じ用ねじ切り丸ダイスの PF 形(以下,PF 形という。

)について規定する。

備考  この PF 形は,ISO 4231 に規定しているものとは異る。

2.

種類・等級  PF 形の種類は,機能によってソリッドダイス及びアジャスタブルダイスの 2 種類とし,

さらにアジャスタブルダイスは,調整ねじの有無によって,調整ねじ付き及び調整ねじなしの 2 種類とす

る。

等級は,ねじ部の精度によって A 級及び B 級の 2 等級とし,等級の記号は,

附属書表 のとおりとする。

附属書表 1  PF 形の等級の記号

等級

A

B

記号 A

B

おねじの等級(参考)

A B

備考  ダイスの等級に対するおねじの等級は参考として示したもの

で,各等級のダイスによって切られたねじが,その等級に必
ず適合することを意味するものではない。

3.

形状・寸法  PF 形の形状及び寸法は,附属書付表 1のとおりとする。

4.

品質

4.1

硬さ  PF 形の刃部の硬さは,本体 8.2 による試験を行ったとき,合金工具鋼のものは 58HRC 又は

660HV

以上とし,高速度工具鋼のものは 60HRC 又は 700HV 以上とする。

4.2

ねじ部の精度  PF 形のねじ部の精度は,本体 6.3 による。ただし,ねじの種類を表す記号は異なっ

ているが,おねじの等級及びその許容差は,JIS B 0202 に示す G

1

/

16

∼G2

1

/

4

を適用する。

5.

材料  PF 形の材料は,JIS G 4404 の SKS2 若しくは JIS G 4403 の SKH51,又はこれらと同等以上の

性能をもつものとする。

6.

製品の呼び方  PF 形の呼び方は,規格番号又は規格の名称,呼び,ダイスの外径,等級及び材料記号

(

1

)

による。

なお,左ねじの場合は,呼びの前に“左”を付け加える。

1.  JIS B 4455  PF

1

/

2

  径50  B 級  SKS2

2.  管用平行ねじ用ねじ切り丸ダイス  左  PF

3

/

4

  径63  A 級  SKH51

3.  JIS B 4455  PF

3

/

8

  径50  A 級  HSS

4.  管用平行ねじ用ねじ切り丸ダイス  PF

1

/

8

  A 級  HSS-E

(

1

)

使用材料が SKH51又はこれと同等の場合は HSS,また,バナジウムを2.6%以上又はコバルトを

4.5%

以上含む場合は HSS-E と呼んでもよい。


8

B 4455 : 1998

7.

表示

7.1

製品の表示  PF 形には,すり割り部又は V 溝を上にして,表面に次の事項を横書きに表示する。

a)

左ねじの記号 

:  L(右ねじの場合は記号を付けない。

b)

呼び

:  PF

3

/

8

c)

等級の記号

:  B(A 級の場合は付けなくてもよい。

d)

材料記号

:  SKH51(

2

)

e)

製造業者名又はその略号

(

2

)

使用材料が SKH51又はこれと同等の場合は HSS,また,バナジウムを2.6%以上又はコバルトを

4.5%

以上含む場合は HSS-E と表示してもよい。

7.2

包装の表示  PF 形の包装には,規格の名称,ダイスの外径及び 7.1 に規定する事項を表示する。


9

B 4455 : 1998

附属書付表 1  ソリッドダイス PF 形の形状及び寸法

単位 mm

外径  D

厚さ  T

呼び

基準寸法

(

3

)

山数

25.4mm

につき

n

ピッチ

P

(

参考)

基準寸法

許容差

f10

基準寸法

許容差

js12

PF

1

/

16

7.723

PF

1

/

8

9.728

28 0.907

1

PF

1

/

4

 13.157

 38

13

PF

3

/

8

 16.662

19 1.336

8

PF

1

/

2

 20.955

 50

−0.025

−0.125

16

±0.090

PF

5

/

8

 22.911

PF

3

/

4

 26.441

 63

20

PF

7

/

8

 30.201

14 1.814

3

PF1 33.249

PF1

1

/

8

 37.897

PF1

1

/

4

 41.910

 75

−0.030

−0.150

25

PF1

1

/

2

 47.803

90

PF1

3

/

4

 53.746

PF2 59.614

105

PF2

1

/

4

 65.710

11 2.309

1

120

−0.036

−0.176

30

±0.105

(

3

)  JIS B 0202

のおねじの外径の基準寸法を示す。

備考1.  切りくず穴の数及び形状・寸法は規定しない。

2.

外径 及び厚さ の許容差は,JIS B 0401-2 による。

3.

ダイスの断面 A-A は,

附属書付図 による。


10

B 4455 : 1998

附属書付表 2  アジャスタブルダイス PF 形の形状及び寸法

単位 mm

外径  D

厚さ  T

呼び

基準寸法

(

3

)

山数

25.4mm

につき

n

ピッチ

P

(

参考)

基準寸法

許容差

d12

基準寸法

許容差

h14

PF

1

/

16

7.723

PF

1

/

8

9.728

28 0.907

1

PF

1

/

4

 13.157

 38

13

PF

3

/

8

 16.662

19 1.336

8

PF

1

/

2

 20.955

 50

−0.080

−0.330

16

          0

−0.430

PF

5

/

8

 22.911

PF

3

/

4

 26.441

 63

20

PF

7

/

8

 30.201

14 1.814

3

PF1 33.249

PF1

1

/

8

 37.897

PF1

1

/

4

 41.910

 75

−0.100

−0.400

25

PF1

1

/

2

 47.803

90

PF1

3

/

4

 53.746

PF2 59.614

105

PF2

1

/

4

 65.710

11 2.309

1

120

−0.120

−0.470

30

          0

−0.520

(

3

)  JIS B 0202

のおねじの外径の基準寸法を示す。

備考1.  切りくず穴の数及び形状・寸法は規定しない。

2.

外径 及び厚さ の許容差は,JIS B 0401-2 による。

3.

ダイスの断面 A-A は,

附属書付図 による。


11

B 4455 : 1998

備考1.  ねじ部の長さは最小6山とし,裏面に適当な逃げを設けてもよい。

2.

食付き部の長さは一般には,ダイスの表面 2∼2.5 山,ダイスの裏面 1∼1.5 山とする。ただし,逃げを設けた
ものは,裏面に食付き部を付けない。

附属書付図 1  PF 形の断面 A-A

附属書付表 3  PF 形の各部寸法

単位 mm

D

a

b

c

d

(

調整ねじ)

e

f

r

最小

 38

 5

  3.5

M4

   4.5

  1.2

 50

2

 6

5

M5

 5

  1.5

1

 63

  7.5

 6

 75

    2.5

 7

    1.8

 90

3

 9

10 2

105

6 M6

120

4 10

8 M6

又は M8

12

  2.5

    1.5

備考  調整ねじは,JIS B 0205 によって,その精度は,JIS B 0209 の 6g による。

関連規格  JIS B 0123  ねじの表し方

JIS B 4451

  ねじ切り丸ダイス

ISO 228/I

  Pipe threads where pressure-tight joint are not made on the threads−Part 1 : Designation ,

dimensions and tolerances

ISO 11054

  Cutting tools−Designation of high-speed steel groups


12

B 4455 : 1998

国際整合化調査研究委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

村  田  良  司

東京理科大学理工学部

中  嶋      誠

通商産業省機械情報産業局

本  間      清

工業技術院標準部

伊  藤      哲

工業技術院機械技術研究所

橋  本  繁  晴

財団法人日本規格協会

野  上      彰

株式会社不二越

羽  山  隆  貫

日立ツール株式会社

片  桐  泰  典

株式会社不二越

日下部  祐  次

神鋼コベルコツール株式会社

宮  林  光  行

株式会社彌満和製作所

倉  持      建

日本高周波鋼業株式会社

舞  田  靖  司

社団法人日本機械工業連合会

岡  安  英  雄

社団法人日本工作機械工業会

西  村  欣  也

社団法人日本歯車工業会

石  川  侑  男

社団法人日本金型工業会

安  武  昭  彦

社団法人日本工作機器工業会

手  取  正  輝

いすゞ自動車株式会社川崎工場

小  峰  武  夫

コベルコツールエンジニアリング株式会社

  秀  明

オーエスジー株式会社

佐  藤  直  彦

理研製鋼株式会社

木  村  育  夫

株式会社三興製作所

(事務局)

平  野  武  治

日本工具工業会

西  垣  吉麻呂

日本工具工業会