>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 4451 : 1999

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準化調査会の審議を経て,通商産業大臣が改正した

日本工業規格である。これによって JIS B 4451 : 1988 は改正され,この規格に置き換えられる。

今回の改正は,対応国際規格である ISO 2568 : 1988 (Hand−and machine−operated circular screwing dies

and hand

−operated die stocks)  との整合化を図るため改正を行った。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。通商産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS B 4451

には,次に示す附属書がある。

附属書 1(規定)  ISO 2568 によらないねじ切り丸ダイス(J 形)

附属書 2(参考)  メートル系及びインチ系ダイスの形状・寸法一覧表


日本工業規格

JIS

 B

4451

: 1999

ねじ切り丸ダイス

Hand-and machine-operated circular screwing dies

序文  この規格は,1988 年に第 2 版として発行された ISO 2568, Hand-and machine-operated circular screwing

dies and hand-operated die stocks

を基に,本体には,対応国際規格を翻訳し,技術的内容を変更することな

く作成し,附属書には,従来の JIS B 4451 で規定していいた種類・等級,形状・寸法,品質,試験方法,

検査,製品の呼び方及び表示を規定した日本工業規格である。

なお,この規格の本体で,点線の下線を施した箇所は,対応国際規格にはない事項である。

1.

適用範囲  この規格は,呼び M1∼M68 のメートル並目ねじ,呼び M1×0.2∼M56×1.5 のメートル細

目ねじ,呼び No.1-64UNC∼2 3/4-4UNC のユニファイ並目ねじ及び呼び No.0-80UNF∼1 1/2-12UNF のユニ

ファイ細目ねじのねじ切りに用いるねじ切り丸ダイス(以下,ダイスという。

)の形状・寸法について規定

する。

備考1.  この規格の本体によらないダイスを,附属書1(規定)に規定する。

2.

ISO 2568 Annex B

は,ISO インチねじでない BSW,BSF 及び BA ねじの丸ダイスなので,こ

の規格には含めない。

3.

この規格の本体の対応国際規格を,次に示す。

ISO 2568 : 1988 Hand-and machine-operated circular screwing dies and hand-operated die stocks

2.

形状・寸法  ダイスの形状及び寸法は,付図 及び付表 1のとおりとする。

ダイスハンドルの形状及び寸法は,

付表 のとおりとする。

3.

表示  ダイスには,ねじの呼びを表示する。

1.  メートル並目ねじ  :M1

2.  メートル細目ねじ  :M12×1.25

3.  ユニファイ並目ねじ :1/4-20UNC

4.  ユニファイ細目ねじ :No.12-28UNF

備考  この規格の本体の要求事項を満たすダイスは,製造業者の判断で“ISO”という記号を入れて

もよい。


2

B 4451 : 1999

付図 1  ダイスの形状


3

B 4451 : 1999

付表 1  メートル並目ねじ用ダイスの寸法

単位  mm

外径 D

厚さ T

呼び

呼び径

d

ピッチ

P

基準 
寸法

許容差

f10

逃げ径

d

b

基準
寸法

許容差

js12

T

1

f

b

k

M1 1

M1.1 1.1

M1.2 1.2

0.25 2

M1.4 1.4

0.3

M1.6 1.6

M1.8 1.8

0.35

2.5

M2 2

0.4

M2.2 2.2

M2.5 2.5

0.45

16

−0.016

−0.086

11

3

3

M3 3

0.5

M3.5 3.5

0.6

M4 4

0.7

5

±0.060

0.5 0.2

M4.5 4.5

0.75

M5 5

0.8

M6 6

20

7 0.6

4

M7 7

1

M8 8

M9 9

1.25

25 9

±0.075

0.8

0.5

M10 10

M11 11

1.5 30

−0.020
−0.104

11 1.0

5

M12 12

1.75

M14 14

38 14

M16 16

2

M18 18

M20 20

45

−0.025
−0.125

18

±0.090

1.2 6

1.0

M22 22

2.5

M24 24

55 22

1.5

M27 27

3

M30 30

M33 33

3.5

M36 36

65 25

M39 39

4

M42 42

75

−0.030
−0.150

30

±0.105

1.8

M45 45

4.5

M48 48

M52 52

5

90 2.0

8

M56 56

M60 60

5.5 105

M64 64

M68 68

6 120

−0.036
−0.176

36

±0.125

2.5 10

2.0

備考  調整用の V 溝部の形は,製造業者一任とする。食付き部は表面裏面の 2 か所あるのが一般であるがこれ

は被削材又は製造業者の基準による。

参考  外径 及び厚さ の非精密ダイスの許容差は,製造業者一任とする。


4

B 4451 : 1999

付表 2  メートル細目ねじ用ダイスの寸法

単位  mm

外径 D

厚さ T

呼び

呼び径

d

ピッチ

P

基準 
寸法

許容差

f10

逃げ径

d

b

基準
寸法

許容差

js12

T

1

f

b

k

M1

×0.2 1

M1.1

×0.2

1.1

M1.2

×0.2

1.2

M1.4

×0.2

1.4

M1.6

×0.2

1.6

M1.8

×0.2

1.8

0.2

M2

×0.25 2

M2.2

×0.25

2.2

0.25

2

M2.5

×0.35

2.5

16

−0.016
−0.086

11

2.5

3

M3

×0.35 3

M3.5

×0.35

3.5

0.35

15 3

M4

×0.5 4

M4.5

×0.5

4.5

M5

×0.5 5

M5.5

×0.5

5.5

0.5

5

±0.060

0.5 0.2

M6

×0.75 6

20

7 0.6

4

M7

×0.75 7

0.75

M8

×1 8

M9

×1 9

1

25 9

±0.075

0.8

0.5

M10

×1.25 1.25

30

M10

×1

10

1

−0.020

−0.104

11

±0.090

1.0

5

M12

×1.5 1.5

M12

×1.25

12

1.25

M14

×1.5 1.5

M14

×1.25

14

1.25

M15

×1.5 15

38 10

±0.075

M16

×1.5 16

M17

×1.5 17

1.5

M18

×2 2

M18

×1.5

18

1.5

M20

×2 2

M20

×1.5

20

1.5

45

−0.025

−0.125

14

1.2 6

M22

×2 2

M22

×1.5

22

1.5

M24

×2 2

M24

×1.5

24

1.5

M25

×2 2

55

±0.090

1.0

M25

×1.5

25

1.5 55

16 1.5

M27

×2 2

M27

×1.5

27

1.5

M28

×2 2

M28

×1.5

28

1.5

18

±0.090

1.0

M30

×3 3

25

±0.105

2.0

M30

×2

30

2

65

−0.030
−0.150

18

±0.090

1.8

8

1.0


5

B 4451 : 1999

単位  mm

外径 D

厚さ T

呼び

呼び径

d

ピッチ

P

基準 
寸法

許容差

f10

逃げ径

d

b

基準
寸法

許容差

js12

T

1

f

b

k

M30

×1.5 30

1.5

1.0

M32

×2 2

M32

×1.5

32

1.5

18

±0.090

M33

×3 3

25

±0.105

M33

×2 2

M33

×1.5

33

M35

×1.5 35

1.5

18

±0.090

M36

×3 3

25

±0.105

M36

×2 2

M36

×1.5

36

1.5

65

18

±0.090

M39

×3 3

30

M39

×2 2

M39

×1.5

39

1.5

20

M40

×3 3

30

M40

×2 2

M40

×1.5

40

1.5

20

M42

×4 4

M42

×3 3

30

M42

×2 2

M42

×1.5

42

1.5

75

−0.030
−0.150

20

±0.105

1.8

M45

×4 4

M45

×3 3

36

±0.125

M45

×2 2

M45

×1.5

45

1.5

22

±0.105

M48

×4 4

M48

×3 3

36

±0.125

M48

×2 2

M48

×1.5

48

1.5

22

±0.105

M50

×3 3

36

±0.125

M50

×2

50

2

90

−0.036
−0.176

22

±0.105

2.0

8

2.0

M50

×1.5 50

1.5

22

±0.105

M52

×4 4

M52

×3 3

36

±0.125

M52

×2 2

M52

×1.5

52

1.5

90

22

±0.105

M55

×4 4

M55

×3 3

36

±0.125

M55

×2 2

M55

×1.5

55

1.5

22

±0.105

M56

×4 4

M56

×3 3

36

±0.125

M56

×2 2

M56

×1.5

56

1.5

105

22

±0.105

2.5 10

備考  調整用の V 溝部の形は,製造業者一任とする。食付き部は表面裏面の 2 か所あるのが一般であるがこれは

被削材又は製造業者の基準による。

参考  外径 及び厚さ の非精密ダイスの許容差は,製造業者一任とする。


6

B 4451 : 1999

付表 3  ユニファイ並目ねじ用ダイスの寸法

単位  mm

外径 D

厚さ T

呼び

呼び径

d

山数

(25.4mm

につき)

n

ピッチ

P

(参考)

基準

寸法

許容差

f10

逃げ径

d

b

基準

寸法

許容差

js12

T

1

f

b

k

No.1-64UNC 1.854

64

0.397

No.2-56UNC 2.184

56

0.454

No.3-48UNC 2.515

48

0.529

16

−0.016

−0.086

11 3

3

No.4-40UNC 2.845

No.5-40UNC 3.175

40 0.635

5

±0.060 0.5 0.2

No.6-32UNC 3.505

No.8-32UNC 4.166

32 0.794

No.10-24UNC 4.826

No.12-24UNC 5.486

24 1.058

4

1

/

4

-20UNC 6.350

20

1.270

20

7 0.6

5

/

16

-18UNC 7.938

18

1.411

25

9

±0.075

0.8

0.5

3

/

8

-16UNC 9.525

16

1.588

7

/

16

-14UNC 11.112

14

1.814

30

−0.020

−0.104

11 1

5

1

/

2

-13UNC 12.700

13

1.954

9

/

16

-12UNC 14.288

12

2.117

38 14

5

/

8

-11UNC 15.875

11

2.309

3

/

4

-10UNC 19.050

10

2.540

45

−0.025

−0.125

18

±0.090

1.2 6

1

7

/

8

-9UNC 22.225

9

2.822

1-8UNC 25.400

8

3.175

55 22

1.5

1

1

/

8

-7UNC 28.575

1

1

/

4

-7UNC 31.750

7 3.629

1

3

/

8

-6UNC 34.925

65 25

1

1

/

2

-6UNC 38.100

6 4.233

75

−0.030

−0.150

30

±0.105

1.8

1

3

/

4

-5UNC 44.450

5

5.080

2-4

1

/

2

UNC 50.800

90 2

8

2

1

/

4

-4

1

/

2

UNC 57.150

4

1

/

2

 5.644

105

2

1

/

2

-4UNC 63.500

2

3

/

4

-4UNC 69.850

4 6.350

120

−0.036

−0.176

36

±0.125

2.5 10

2

備考  調整用の V 溝部の形は,製造業者一任とする。食付き部は表面裏面の 2 か所あるのが一般であるがこれは被

削材又は製造業者の基準による。

参考  外径 及び厚さ の非精密ダイスの許容差は,製造業者一任とする。


7

B 4451 : 1999

付表 4  ユニファイ細目ねじ用ダイスの寸法

単位  mm

外径 D

厚さ T

呼び

呼び径

d

山数

(25.4mm

につき)

n

ピッチ

P

(参考)

基準

寸法

許容差

f10

逃げ径

d

b

基準

寸法

許容差

js12

T

1

f

b

k

No.0-80UNF 1.524

80

0.318

No.1-72UNF 1.854

72

0.353

2.5

No.2-64UNF 2.184

64

0.397

No.3-56UNF 2.515

56

0.454

16

−0.016

−0.086

11

3

3

No.4-48UNF 2.845

48

0.529

No.5-44UNF 3.175

44

0.577

No.6-40UNF 3.505

40

0.635

5

±0.060 0.5 0.2

No.8-36UNF 4.166

36

0.706

No.10-32UNF 4.826

32

0.794

No.12-28UNF 5.486

4

1

/

4

-28UNF 6.350

28 0.907

20

7 0.6

5

/

16

-24UNF 7.938

25

9

±0.075

0.8

0.5

3

/

8

-24UNF 9.525

24 1.058

7

/

16

-20UNF 11.112

30

−0.020

−0.104

11 1

5

1

/

2

-20UNF 12.700

20 1.270

9

/

16

-18UNF 14.288

38 10

5

/

8

-18UNF 15.875

18 1.411

3

/

4

-16UNF 19.050

16

1.588

45

−0.025

−0.125

14

1.2 6

7

/

8

-14UNF 22.225

14

1.814

1-12UNF 25.400

55 16

1.5

1

1

/

8

-12UNF 28.575

1

1

/

4

-12UNF 31.750

1

3

/

8

-12UNF 34.925

65 18

1

1

1

/

2

-12UNF 38.100

12 2.117

75

−0.030

−0.150

20

±0.090

1.8

8

2

備考  調整用の V 溝部の形は,製造業者一任とする。食付き部は表面裏面の 2 か所あるのが一般であるがこれは被

削材又は製造業者の基準による。

参考  外径 及び厚さ の非精密ダイスの許容差は,製造業者一任とする。


8

B 4451 : 1999

付表 5  ダイスハンドルの形状・寸法

単位  mm

ダイス外径

D

D10

E

2

E

3

E

4

0

−0.2

D

3

d

1

16 11

M3

5 4.8  2.4

20

7 6.5  3.4

15 M4

25 9

8.5

4.4

20

30 11

10

5.3

25

M5

10 9

4.8

38 32

14 13

6.8

45

18 17

8.8

38

M6

16 15

7.8

55

22 20  10.7

48

18 17

8.8

65

25 23  12.2

58

20 18

9.7

75

30 28  14.7

68

22 20  10.7

90

36 34  17.7

82

M8

22 20  10.7

105

36 34  17.7

95

22 20  10.7

120

36 34  17.7

107

M10


9

B 4451 : 1999

附属書 1(規定)  ISO 2568 によらないねじ切り丸ダイス(形)

序文  この附属書は,ISO 2568 によらない従来の JIS B 4451 の規定内容を基に J 形として規定した。

1.

適用範囲  この附属書は,呼び M1∼M42 のメートル並目ねじ,呼び M1×0.2∼M42×1.5 のメートル

細目ねじ,呼び No.1-64UNC∼1

1

/

2

-6UNC

のユニファイ並目ねじ及び呼び No.0-80UNF∼1

1

/

2

-12UNF

のユニ

ファイ細目ねじのねじ切りに用いいるねじ切り丸ダイスの J 形(以下,J 形といいう。

)について規定する。

備考  この附属書の J 形は,その形状及び寸法が ISO 2568 に規定しているものとは異なる。

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格のうちで,発効年を付記してあるものは,記載の年の版だけがこの規格の規定を構

成するものであって,その後の改正版・追補には適用しない。発効年を付記していない引用規格は,その

最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0101

  ねじ用語

JIS B 0176

  ねじ加工工具用語

JIS B 0205

  メートル並目ねじ

JIS B 0206

  ユニファイ並目ねじ

JIS B 0207

  メートル細目ねじ

JIS B 0208

  ユニファイ細目ねじ

JIS B 0209 : 1982

  メートル並目ねじの許容限界寸法及び公差

JIB B 0210 : 1973

  ユニファイ並目ねじの許容限界寸法及び公差

JIS B 0211 : 1982

  メートル細目ねじの許容限界寸法及び公差

JIS B 0212 : 1973

  ユニファイ細目ねじの許容限界寸法及び公差

JIS B 0251 : 1975

  メートル並目ねじ用限界ゲージ

JIS B 0252 : 1996

  メートル細目ねじ用限界ゲージ

JIS B 0255 : 1975

  ユニファイ並目ねじ用限界ゲージ

JIS B 0256 : 1975

  ユニファイ細目ねじ用限界ゲージ

JIS B 0401-2

  寸法公差及びはめあいの方式−第 2 部:穴及び軸の公差等級並びに寸法許容差の表

JIS B 7153

  測定顕微鏡

JIS B 7502

  マイクロメータ

JIS G 4403

  高速度工具鋼鋼材

JIS G 4404

  合金工具鋼鋼材

JIS H 3250

  銅及び銅合金棒

JIS Z 2244

  ビッカース硬さ試験−試験方法

JIS Z 2245

  ロックウェル硬さ試験−試験方法

3.

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS B 0101 及び JIS B 0176 による。


10

B 4451 : 1999

4.

種類・等級  J 形の種類は,機能によってソリッドダイス及びアジャスタブルダイスの 2 種類とし,

さらに,

アジャスタブルダイスは調整ねじの有無によって調整ねじ付き及び調整ねじなしの 2 種類とする。

ソリッドダイスの等級は,ねじ部の精度によって,1 級,2 級及び 3 級の 3 等級とし等級の記号は

附属書

表 による。

アジャスタブルダイスの等級は,ねじ部の精度によって精級及び並級の 2 等級とし等級の記号は

附属書

表 による。

附属書表 1  ソリッドダイス 形の等級の記号

等級

1

2

3

記号 I

II

III

I

欄 4h

6h,

6g(

2

) 8g

メートルねじ(

1

)

II

1

2

3

おねじの等級

(参考)

ユニファイねじ(

3

) 3A

2A

1A

(

1

)

メートルねじの等級は,JIS B 0209 : 1982及び JIS B 0211 : 1982による。

(

2

) 6h

はねじの呼び M1.4 以下及び M1.4×0.2 以下のものに,6g はねじの呼び M1.6 以

上又は M1.6×0.2 以上のものに適用する。

(

3

)

ユニファイねじの等級は,JIS B 0210 : 1973 及び JIS B 0212 : 1973 による。

備考1.  J 形の等級に対するおねじの等級は参考として示したもので,各等級の J 形によ

って切られたねじが,その等級に必ず適合することを意味するものではない。

2.

主として,メートルねじ・欄の等級に適用する J 形の等級の記号は,必要に応じ

附属書表 の記号に・欄のおねじの等級記号を付け加えて表す(例 1.参照)。

ただし,

附属書表 の記号を省略して・欄のおねじの等級記号だけとしてもよい

例 2.参照)。

例 1.  メートルねじの等級 6g に適用する J 形の等級の記号

II-6g 

例 2.  附属書表 の記号を省略した 6g 用 J 形の等級の記号

6g 

附属書表 2  アジャスタブルダイス 形の等級の記号

等級

精級

並級

記号 P

N

メートルねじ

1

3

おねじの等級

(参考)

ユニファイねじ 3A  1A

5.

形状・寸法  J 形の形状及び寸法は附属書付図 1及び附属書付表 1のとおりとする。

6.

品質

6.1

外観  J 形の外観は,地きず及び割れ並びに有害なまくれ,きず,さびなどの欠点がなく,仕上げは

良好でなければならない。

6.2

硬さ  J 形の刃部の硬さは,8.1 による試験を行ったとき,合金工具鋼のものは 58HRC 又は 660HV

以上とし,高速度工具鋼のものは 60HRC 又は 700HV 以上とする。

6.3

ねじ部の精度  J 形のねじ部の精度は,8.2 による試験を行ったとき,試験ねじの精度が附属書付表

7

に示す試験ねじの許容限界寸法並びにピッチ及び山の半角の許容差に適合するものとする。


11

B 4451 : 1999

7.

材料  J 形の材料は,JIS G 4404 に規定する SKS2 若しくは JIS G 4403 に規定する SKH51,又はこれ

らと同等以上の性能をもつものとする。

8.

試験方法

8.1

硬さ  J 形の硬さは,ロックウェル硬さ試験機を用いて JIS Z 2245 に規定する試験方法によって測定

する。ただし,ロックウェル硬さ試験機による測定ができない場合は,ビッカース硬さ試験機を用いて JIS 

Z 2244

に規定する試験方法によって測定してもよい。

なお,試験機による測定が困難な場合は,やすりによる比較測定を行ってもよい。

8.2

ねじ部の精度  J 形のねじ部の精度は,試験ねじを用いて附属書付表 12 によって測定する。

なお,試験ねじは,次に示す a)

c)の要領によって製作したものを使用する。

a)

試験ねじは,JIS H 3250 の合金番号 C3601 及び C3602,又はねじ部の寸法を表しやすい適当な材料を

用い,J 形を適正に使用して加工する。

なお,切削速度は,一般には 4∼6m/min とする。合金番号 C3601 及び C3602 以外の材料を用いて試

験ねじを切削するときは,適当な切削速度を選定する。

b)

試験ねじを切削するときは,食付き部の長い側を用いて行う。

c)

試験ねじを切削するときは,試験ねじのブランク外径を 6.3 に規定するおねじ外径の最小寸法に近く

仕上げて行う。

なお,呼び M9, M9×1,

3

/

8

-16UNC

及び

3

/

8

-24UNF

以上の試験ねじは,前もって荒削りしたおねじを

J

形で仕上げる。

9.

検査  J 形の検査は,形状・寸法,外観,硬さ及びねじ部の精度について行い,それぞれ 5.及び 6.

規定に適合しなければならない。

10.

製品の呼び方  J 形の呼び方は,規格番号又は規格の名称,種類,呼び,J 形の外径,等級及び材料記

(

4

)

による。

なお,左ねじの場合は,呼びの前に“左”を付け加える。

1.  JIS B 4451(J 形)アジャスタブルダイス  調整ねじ付き  M10  径38  並級  SKS2

2.  JIS B 4451(J 形)ソリッドダイス  左  M3  径20  2級  SKH51

3.  ねじ切り丸ダイス(J 形)アジャスタブルダイス  調整ねじなし

1

/

4

-20UNC

  径25  精級

SKS2

(

4

)

使用材料が SKH51又はこれと同等の場合は HSS,また,バナジウムを2.6%以上又はコバル

トを4.5%以上含む場合は HSS-E と呼んでもよい。

11.

表示

11.1

製品の表示  J 形には,すり割り部又は V 溝を上にして,表面に次の事項を横書きに表示する。た

だし,J 形に表示が困難な場合は適宜変更又は省略しても差し支えない。

a)

左ねじの記号  :L(右ねじの場合は記号を付けない。

b)

呼び

:M10×1.5(メートル並目ねじの場合はピッチを付ける。

c)

等級の記号

:P(並級の場合は記号を付けなくてもよい。


12

B 4451 : 1999

d)

材料記号(

5

)

:SKS2

e)

製造業者名又はその略号

(

5

)

使用材料が SKH51又はこれと同等の場合は HSS,また,バナジウムを2.6%以上又はコバルトを

4.5%

以上含む場合は,HSS-E と表示してよい。

11.2

包装の表示  J 形の包装には,規格の名称,種類,J 形の外径及び 11.1 に規定する事項を表示する。

備考1.  切りくず穴の数及び形状は,規定しない。

2.

外径 D25mm 以下の J 形の押し穴は,付けなくてもよい。

3.  J

形の断面 A-は,

附属書付図 による。

附属書付図 1  ソリッドダイス 形の形状


13

B 4451 : 1999

備考1.  切りくず穴の数及び形状は,規定しない。

2.  J

形の断面 A-は,

附属書付図 による。

附属書付図 2  アジャスタブルダイス 形の形状


14

B 4451 : 1999

備考1.  ねじ部の長さは最小6山として,その裏面に適当な逃げを設けてもよい。

2.

食付き部の長さは,一般に

J

形の表面  2∼2.5 山

J

形の裏面  1∼1.5 山

とする。ただし,逃げを設けたものは,裏面に食付き部を付けない。

附属書付図 3  形の断面 A-A

附属書付表 1  メートル並目ねじ用 形の外径及び厚さ

単位  mm

外径 D

厚さ T

外径 D

厚さ T

外径 D

厚さ T

呼び

基準寸法  基準寸法

呼び

基準寸法 基準寸法

呼び

基準寸法  基準寸法

M2.2

M2.5

16 5

M16

M18

M20

M22

M24

50 16

M27 63

20

M3

M3.5

M4

M4.5

M5

M6

20 7

M1

M1.1

M1.2

M1.4

M1.6

M1.8

M2

M2.2

M2.5

10 3

M7

M8

M9

25 9

M1

M1.1

M1.2

M1.4

M1.6

M1.8

M2

16 5

M10

M11

M12

M14

38 13

M30

M33

M36

M39

M42

75 25

備考  外径 及び厚さ の許容差は,附属書付表 による。


15

B 4451 : 1999

附属書付表 2  メートル細目ねじ用 形の外径及び厚さ

単位  mm

外径 D

厚さ T

外径 D

厚さ T

外径 D

厚さ T

呼び

基準寸法  基準寸法

呼び

基準寸法 基準寸法

呼び

基準寸法  基準寸法

M26

×1.5

M27

×2

M27

×1.5

M27

×1

M28

×2

M28

×1.5

M28

×1

63 20

M1

×0.2

M1.1

×0.2

M1.2

×0.2

M1.4

×0.2

M1.6

×0.2

M1.8

×0.2

M2

×0.25

M2.2

×0.25

M2.5

×0.35

10 3 M10

×1.25

M10

×1

M10

×0.75

M11

×1

M11

×0.75

M12

×1.5

M12

×1.25

M12

×1

M14

×1.5

M14

×1

38 13

M1

×0.2

M1.1

×0.2

M1.2

×0.2

M1.4

×0.2

M1.6

×0.2

M1.8

×0.2

M2

×0.25

M2.2

×0.25

M2.5

×0.35

16 5

M3

×0.35

M3.5

×0.35

M4

×0.5

M4.5

×0.5

M5

×0.5

M5.5

×0.5

M6

×0.75

20 7

M7

×0.75

M8

×1

M8

×0.75

M9

×1

M9

×0.75

25 9

M15

×1.5

M15

×1

M16

×1.5

M16

×1

M17

×1.5

M17

×1

M18

×2

M18

×1.5

M18

×1

M20

×2

M20

×1.5

M20

×1

M22

×2

M22

×1.5

M22

×1

M24

×2

M24

×1.5

M24

×1

M25

×2

M25

×1.5

M25

×1

50 16

M30

×3

M30

×2

M30

×1.5

M30

×1

M32

×2

M32

×1.5

M33

×3

M33

×2

M33

×1.5

M35

×1.5

M36

×3

M36

×2

M36

×1.5

M38

×1.5

M39

×3

M39

×2

M39

×1.5

M40

×3

M40

×2

M40

×1.5

M42

×4

M42

×3

M42

×2

M42

×1.5

75 25

備考  外径 及び厚さ の許容差は,附属書付表 による。


16

B 4451 : 1999

附属書付表 3  ユニファイ並目ねじ用 形の外径及び厚さ

単位  mm

外径 D

厚さ T

外径 D

厚さ T

外径 D

厚さ T

呼び

基準寸法  基準寸法

呼び

基準寸法 基準寸法

呼び

基準寸法  基準寸法

1-8 UNC

63

20

1

/

4

-20 UNC

5

/

16

-18 UNC

25 9

No.1-64 UNC

No.2-56 UNC

No.3-48 UNC

No.4-40 UNC

16 5

3

/

8

-16 UNC

7

/

16

-14 UNC

1

/

2

-13 UNC

9

/

16

-12 UNC

38 13

No.5-40 UNC

No.6-32 UNC

No.8-32 UNC

No.10-24 UNC

No.12-24 UNC

20 7

5

/

8

-11 UNC

3

/

4

-10 UNC

7

/

8

-9 UNC

50 16

1

1

/

8

-7 UNC

1

1

/

4

-7 UNC

1

3

/

8

-6 UNC

1

1

/

2

-6 UNC

75 25

備考  外径 及び厚さ の許容差は,附属書付表 による。

附属書付表 4  ユニファイ細目ねじ用 形の外径及び厚さ

単位  mm

外径 D

厚さ T

外径 D

厚さ T

外径 D

厚さ T

呼び

基準寸法  基準寸法

呼び

基準寸法 基準寸法

呼び

基準寸法  基準寸法

1

/

4

-28 UNF

5

/

16

-24 UNF

25 9

No.0-80 UNF

No.1-72 UNF

No.2-64 UNF

No.3-56 UNF

No.4-48 UNF

16 5

3

/

8

-24 UNF

7

/

16

-20 UNF

1

/

2

-20 UNF

9

/

16

18 UNF

38 13

5

/

8

-18 UNF

3

/

4

-16 UNF

7

/

8

-14 UNF

50 16

No.5-44 UNF

No.6-40 UNF

No.8-36 UNF

No.10-32 UNF

No.12-28 UNF

20 7

1-12 UNF

63

20

1

1

/

8

-12 UNF

1

1

/

4

-12 UNF

1

3

/

8

-12 UNF

1

1

/

2

-12 UNF

75 25

備考  外径 及び厚さ の許容差は,附属書付表 による。


17

B 4451 : 1999

附属書付表 5  形の外径及び厚さの許容差

単位  mm

ソリッドダイス

アジャスタブルダイス

外径 D

厚さ T

外径 D

厚さ T

基準寸法

許容差

fl0

基準寸法

許容差

js12

基準寸法

許容差

d12

基準寸法

許容差

h14

10 0

−0.036

3

±0.050

16

−0.016 
−0.086

5

±0.060 16 −0.050

−0.230

5 0

−0.300

20

7

20

7

25

−0.020 
−0.104

9

±0.075

25

−0.065 
−0.275

9

0

−0.360

38

13

38

13

50

−0.025

−0.125

16

±0.090

50

−0.080

−0.330

16

0

−0.430

63

20

63

20

75

−0.030 
−0.150

25

±0.105

75

−0.100 
−0.400

25

0

−0.520

備考  外径 及び厚さ の許容差は,JIS B 0401 による。

附属書付表 6  形の各部寸法

単位  mm

外径

D

a

b

c

d

(調整ねじの呼び)

e

f

r

(最小)

10  0.8 1.8

1.5 0.2 0.2

16

2.5 0.5

20

1 3

3 0.6

0.5

25 1.5 4

2.5 M3

3.5 0.8 0.8

38

5

3.5 M4 4.5

1.2

50

2

6 5

M5

5 1.5

1

63 7.5

6

75

2.5

9

6 M6

7

1.8 1.5

備考  調整ねじは JIS B 0205 により,その精度は JIS B 0209 : 1982 に規定する 6g による。


18

B 4451 : 1999

附属書付表 7  試験ねじの許容限界寸法並びにピッチ及び山の半角の許容差

種類

J

形の

等級

試験ねじの許容限界寸法

(

6

)

試験ねじのピッチ及び山の半角の許容差

JIS B 0209 : 1982

及び JIS B 0211 : 1982 の 4h おねじ

附属書付表 及び附属書付表 の 4h

JIS B 0209 : 1982

及び JIS B 0211 : 1982 の 1 級おねじ

附属書付表 及び附属書付表 の 1 級

1

JIS B 0210 : 1973

及び JIS B 0212 : 1973 の 3A おねじ

附属書付表 10 及び附属書付表 11 の 3A

JIS B 0209 : 1982

及び JIS B 0211 : 1982 の 6h,6g おねじ

附属書付表 及び附属書付表 の 6h,6g

JIS B 0209: 1982

及び JIS B 0211 : 1982 の 2 級おねじ

附属書付表 及び附属書付表 の 2 級

2

JIS B 0210 : 1973

及び JIS B 0212: 1973 の 2A おねじ

附属書付表 10 及び附属書付表 11 の 2A

JIS B 0209 : 1982

及び JIS B 0211 : 1982 の 8g おねじ

附属書付表 及び附属書付表 の 8g

JIS B 0209 : 1982

及び JIS B 0211 : 1982 の 3 級おねじ

附属書付表 及び附属書付表 の 3 級

ソリッド

ダイス

3

JIS B 0210 : 1973

及び JIS B 0212 : 1973 の 1A おねじ

附属書付表 10 及び附属書付表 11 の 1A

JIS B 0209 : 1982

及び JIS B 0211 : 1982 の 4h おねじ

附属書付表 及び附属書付表 の 4h

JIS B 0209 : 1982

及び JIS B 0211 : 1982 の 1 級おねじ

附属書付表 及び附属書付表 の 1 級

精級

JIS B 0210 : 1973

及び JIS B 0212 : 1973 の 3A おねじ

附属書付表 10 及び附属書付表 11 の 3A

JIS B 0209 : 1982

及び JIS B 0211 : 1982 の 8g おねじ

附属書付表 及び附属書付表 の 8g

JIS B 0209 : 1982

及び JIS B 0211 : 1982 の 3 級おねじ

附属書付表 及び附属書付表 の 3 級

アジャス

タブル

ダイス

並級

JIS B 0210 : 1973

及び JIS B 0212 : 1973 の 1A おねじ

附属書付表 10 及び附属書付表 11 の 1A

(

6

)  J

形でねじ切りを行う場合,通常その条件によって切られるねじは,試験ねじの精度とは多少の差が生じる。


19

B 4451 : 1999

附属書付表 8  メートル並目ねじの試験ねじのピッチの許容差及び山の半角の許容差

単位

µm

4h 6h,

6g

(

7

)

 8g

1

2

3

呼び  ピッチ

P

(mm)

標準

はめ

あい

長さ

(mm)

ピッチ

許容差

(

8

)

±

山の

半角

(30

°)

の許容

(分)

±

ピッチ

の許容

(

8

)

±

山の

半角

(30

°)

の許容

(分)

±

ピッチ

許容差

(

8

)

±

山の

半角

(30

°)

の許容

(分)

±

標準

はめ

あい

長さ

(mm)

ピッチ

許容差

(

8

)

±

山の

半角

(30

°)

の許容

(分)

±

ピッチ

許容差

(

8

)

±

山の

半角

(30

°)

の許容

(分)

±

ピッチ

許容差

(

8

)

±

山の

半角

(30

°)

の許容

(分)

±

M1

128 9

165

M1.1

125 10 194

M1.2

0.25 2

125 10 194

128 9

165

M1.4 0.3

7

110 11 171

2 7

107 10 153

M1.6

M1.8

0.35 105

12

165

105

165

M2 0.4

8

96 13 153

8 12

137

M2.2

M2.5

0.45

3

92 144

3

92

144

M3 0.5

4

9

88

14

137

9

88

14

137

M3.5 0.6

10

81

16  130

4

10 76 13 107

M4 0.7

73

118

11

118

M4.5 0.75

11

68

17

110

73 17

110

M5 0.8

5

12 69 18 109

29 172

6

12

69  18 109 29 172

M6

M7

1

8

65 22 103

35 165

13 64 19 92 27 128

M8

M9

1.25

14

55 23 86 37 139

8

59 21 81 29 110

M10

12 15

49 23 73 33 104

M11

1.5

16 52 25 81 41 129

10

16 52

81 41 129

M12 1.75

14

18 50 29 78 45 123

17 47

25

68 33 89

M14

M16

2

16 19 46 31 73 48 114

15

19 46 27 64 37 87

M18

M20

20

M22

2.5

20 39 33 62 51  97 22 21 40 31 59

81

M24

M27

3

24

24 38 38 61 61  96

23 37 33 52

42

67

M30 28

M33

3.5

25 35 41 55 64  88

28

34 37 50 48 65

M36

M39

4

32

27 32 43 51 68  81

25

30 38 46 52 62

M42

4.5  40 29 31 45 48 72  76

38

27 28 40 43 56 59

(

7

) 6h

は M1.4以下,6g は M1.6以上。

(

8

)

ピッチの許容差とは,標準のはめあいの長さ内の任意の二つの山と山との間のピッチ合計に対する値。


20

B 4451 : 1999

附属書付表 9  メートル細目ねじの試験ねじのピッチの許容差及び山の半角の許容差

単位

µm

4h 6h,

6g

(

9

)

8g 1

2

3

呼び

標準

はめ

あい

長さ

(mm)

ピッチ

許容差

(

8

)

±

山の

半角

(30

°)

の許容

(分)

±

ピッチ

許容差

(

8

)

±

山の

半角

(30

°)

の許容

(分)

±

ピッチ

許容差

(

8

)

±

山の

半角

(30

°)

の許容

(分)

±

標準

はめ

あい

長さ

(mm)

ピッチ

許容差

(

8

)

±

山の

半角

(30

°)

の許容

(分)

±

ピッチ

許容差

(

8

)

±

山の

半角

(30

°)

の許容

(分)

±

ピッチ

許容差

(

8

)

±

山の

半角

(30

°)

の許容

(分)

±

M1

×0.2 9

206

229

M1.1

×0.2 6

137

220

M1.2

×0.2

M1.4

×0.2

137 9

220

9 206

M1.6

×0.2

M1.8

×0.2

6

147 10 229

2

6 147

229

M2

×0.25 9

165

10

183

M2.2

×0.25

2

7 132 11 205

7 132  11 205

M2.5

×0.35

105  12 165

8  105  12 165

M3

×0.35

M3.5

×0.35

3 8

110 13 175

3

10 131  15 209

M4

×0.5

M4.5

×0.5

M5

×0.5

M5.5

×0.5

4 9 88

14

137

4

110

165

M6

×0.75

M7

×0.75

6 12  77 19

122

6

12

73

17

110

M8

×1

8 14  65 22

103 35

165  8

64

92 27 128

M8

×0.75 6

12 77

19

122

− 6

85

122

M9

×1

8 14  65 22

103 35

165  8

64

92 27 128

M9

×0.75 6

12 77

19

122

− 6

13

85

19

122

M10

×1.25 12

55 23 86 37

139

15  59

81

110

M10

×1 8

14

65 22 103  35 165

8

13 64

21

101

29

137

M10

×0.75 6

12 77

19

122

− 6

12 77

19

122

M11

×1

14  65 22 103  35 165  8 13  64  21 101 29  137

M11

×0.75

8

12 77

19

122

− 6

12 77

19

122

M12

×1.5  14 17  55 27 85 43 137

17  55

79 33 104

M12

×1.25 12 16  62 25 97 41 155

16  62

25

97 41  155

M12

×1

8 14  69 23

108 37

174

15  73 23

110 31 147

M14

×1.5  14 17  55 27 85 43 137

17  55 25 79 33 104

M14

×1

8 14  69 23

108 37

174

15  73 23

110 31 147

M15

×1.5  14 17  55 27 85 43 137

17  55 25 79 33 104

M15

×1

8 14  69 23

108 37

174

15  73 23

110 31 147

M16

×1.5  14 17  55 27 85 43 137

17  55 25 79 33 104

M16

×1

8 14  69 23

108 37

174

15  73 23

110 31 147

M17

×1.5  14 17  55 27 85 43 137

17  55 27 85 43 137

M17

×1

8 14  69 23

108 37

174

10

14 69 23

108

37

174

M18

×2  16 19  46 31 73 48 114 22

46 31 73 42 101

M18

×1.5  14 17  55 27 85 43 137 15

19

61 29 92 38 122

M18

×1

8 14  69 23

108 37

174 10 17  82 25

119 33 156


21

B 4451 : 1999

単位

µm

4h 6h,

6g

(

9

)

8g 1

2

3

呼び

標準

はめ

あい

長さ

(mm)

ピッチ

許容差

(

8

)

±

山の

半角

(30

°)

の許容

(分)

±

ピッチ

許容差

(

8

)

±

山の

半角

(30

°)

の許容

(分)

±

ピッチ

許容差

(

8

)

±

山の

半角

(30

°)

の許容

(分)

±

標準

はめ

あい

長さ

(mm)

ピッチ

許容差

(

8

)

±

山の

半角

(30

°)

の許容

(分)

±

ピッチ

許容差

(

8

)

±

山の

半角

(30

°)

の許容

(分)

±

ピッチ

許容差

(

8

)

±

山の

半角

(30

°)

の許容

(分)

±

M20

×2  16 19  46 31 73 48 114 22

46 31 73 42 101

M20

×1.5  14 17  55 27 85 43 137 15

19

61 29 92 38 122

M20

×1

8 14  69 23

108 37

174 10 17  82 25

119 33 156

M22

×2  16 19  46 31 73 48 114 22

46 31 73 42 101

M22

×1.5  14 17  55 27 85 43 137 15

19

61 29 92 38 122

M22

×1

8 14  69 23

108 37

174 10 17  82 25

119 33 156

M24

×2  16 20  49 33 78 51 121 22 21  50 31 73 42 101

M24

×1.5  14 18  58 29 92 45 144 15 19  61 29 92 38 122

M24

×1

8 15  73 24

114 38

183 10 17  82 25

119 33 156

M25

×2  16 20  49 33 78 51 121 22 21  50 31 73 42 101

M25

×1.5  14 18  58 29 92 45 144 15 19  61 29 92 38 122

M25

×1

8 15  73 24

114 38

183 10 17  82 25

119 33 156

M26

×1.5

18  58 29 92 45

144 15 19  61 29 92 38 122

M27

×2

20  49 33 78 51

121 22 20  49 33 78 51 121

M27

×1.5

16

18  58 29 92 45

144 15 19  61 29 92

122

M27

×1

8 15  73 24

114 38

183 10 15  73 24

114

38

183

M28

×2

20  49 33 78 51

121 22 21  50 31 73 42 101

M28

×1.5

16

18  58 29 92 45

144 15 19  61 29 92 38 122

M28

×1

8 15  73 24

114 38

183 10 17  82 25

119 33 156

M30

×3  24 24  38 38 61 61 96

24  38 38 61 61  96

M30

×2

20  49 33 78 51

121

22

21 50 31 73

42

101

M30

×1.5

16

18  58 29 92 45

144 15 19  61 29 92 38 122

M30

×1

8 15  73 24

114 38

183 10 17  82 25

119 33 156

M32

×2

20  49 33 78 51

121 22 21  50 33 78 44 105

M32

×1.5

16

18  58 29 92 45

144 15 19  61 29 92 40 128

M33

×3  24 24  38 38 61 61 96

24  38 38 61 61  96

M33

×2

20  49 33 78 51

121

22

20 49 33 78

51

121

M33

×1.5

M35

×1.5

16

18  58 29 92 45

144 15 19  61 29 92 40 128

M36

×3  24 24  38 38 61 61 96 28 24  38 38 61 61  96

M36

×2

20  49 33 78 51

121 22 21  50 33 78 44 105

M36

×1.5

M38

×1.5

16

18  58 29 92 45

144 15 19  61 29 92 40 128

M39

×3  24 24  38 38 61 61 96 28 24  38 38 61 61  96

M39

×2

20  49 33 78 51

121 22 20  49 33 78 51 121

M39

×1.5

16

18  58 29 92 45

144 15 18  58 29 92 45 144

M40

×3  24 24  38 38 61 61 96 28 24  38 38 61 61  96

M40

×2

20  49 33 78 51

121 22 21  50 33 78 44 105

M40

×1.5

16

18  58 29 92 45

144 15 19  61 29 92 40 128

M42

×4  32 27  32 43 51 68 81

27  32 43 51 68  81

M42

×3  24 24  38 38 61 61 96

28

24 38 38 61

61 96


22

B 4451 : 1999

単位

µm

4h 6h,

6g

(

9

)

8g 1

2

3

呼び

標準

はめ

あい

長さ

(mm)

ピッチ

許容差

(

8

)

±

山の

半角

(30

°)

の許容

(分)

±

ピッチ

許容差

(

8

)

±

山の

半角

(30

°)

の許容

(分)

±

ピッチ

許容差

(

8

)

±

山の

半角

(30

°)

の許容

(分)

±

標準

はめ

あい

長さ

(mm)

ピッチ

許容差

(

8

)

±

山の

半角

(30

°)

の許容

(分)

±

ピッチ

許容差

(

8

)

±

山の

半角

(30

°)

の許容

(分)

±

ピッチ

許容差

(

8

)

±

山の

半角

(30

°)

の許容

(分)

±

M42

×2

20  49 33 78 51

121 22 21  50 33 78 44 105

M42

×1.5

16

18  58 29 92 45

144 15 19  61 29 92 40 128

(

8

)

ピッチの許容差とは,標準のはめあいの長さ内の任意の二つの山と山との間のピッチ合計に対する値。

(

9

) 6h

は M1.4×0.2 以下,6g は M1.6×0.2 以上。

附属書付表 10  ユニファイ並目ねじの試験ねじのピッチの許容差及び山の半角の許容差

単位

µm

3A 2A 1A

呼び

ピッチ

P

(mm)

標準の

はめあい

の長さ

(mm)

ピッチの

許容差

(

8

)

±

山の半角

(30

°)

の許容差

(分)

±

ピッチの

許容差

(

8

)

±

山の半角

 (30

°)

の許容差

(分)

±

ピッチの

許容差

(

8

)

±

山の半角

(30

°)

の許容差

(分)

±

No.1-64 UNC

0.396 9

7

85

115

No.2-56 UNC

0.453 6

2.4

79

10

105

No.3-48 UNC

0.529 2

8

73 11 99

No.4-40 UNC

12

91

No.5-40 UNC

0.635 0

9

68

94

No.6-32 UNC

4.0

60

13

81

No.8-32 UNC

0.793 8

10

62 14 84

No.10-24 UNC

12

54

72

No.12-24 UNC

1.058 3

4.8

56

16

74

1

/

4

-20 UNC

1.270 0

13

50 18 67 27

102

5

/

16

-18 UNC

1.411 1

8.7

14 49 19 66 30

100

3

/

8

-16

UNC

1.58 5

16 48 21 64 32 95

7

/

16

-1 UNC

1.81 3

17 23 34

90

1

/

2

-13 UNC

1.953 8

11.1

18

44

24

60

36 88

9

/

16

-12

UNC

2.116 7

19 43 25 57 38 86

5

/

8

-11

UNC

2.30 1

20 41 27 55 40 83

3

/

4

-10 UNC

2.540 0

19.1

21 40 29 54 43 80

7

/

8

-9

UNC

2.82 2

23 39 31 52 46 78

1-8

UNC

3.17 0

25 37 33 50 49 74

1

1

/

8

-7 UNC

23.8

26 34 35 46 53 70

1

1

/

4

-7 UNC

3.628 6

27 35 36 47 54 71

1

3

/

8

-6 UNC

29

1

1

/

2

-6 UNC

4.233 3

28.6

30

33 39 44 59 66

(

8

)

ピッチの許容差とは,標準のはめあいの長さ内の任意の二つの山と山との間のピッチ合計に対する値。


23

B 4451 : 1999

附属書付表 11  ユニファイ細目ねじの試験ねじのピッチの許容差及び山の半角の許容差

単位

µm

3A 2A 1A

呼び

ピッチ

P

(mm)

標準の

はめあい

の長さ

(mm)

ピッチの

許容差

(

8

)

±

山の半角

(30

°)

の許容差

(分)

±

ピッチの

許容差

(

8

)

±

山の半角

(30

°)

の許容差

(分)

±

ピッチの

許容差

(

8

)

±

山の半角

(30

°)

の許容差

(分)

±

No.0-80 UNF

0.317 5

6

92

130

No.1-72 UNF

0.352 8

88

9

122

No.2-64 UNF

0.396 9

2.4

7

85 10

115

No.3-56 UNF

0.453 6

79

11

111

No.4-48 UNF

0.529 2

8

104

No.5-44 UNF

0.577 3

9

76 12

100

No.6-40 UNF

0.635 0

4.0

72 13 94

No.8-36 UNF

0.705 6

10

92

No.10-32 UNF

0.793 8

11

67 14

87

No.12-28 UNF

4.8

61 15 81

1

/

4

-28 UNF

0.907 1

12

63 16 84 24

127

5

/

16

-24 UNF

8.7

13 59

80 27

120

3

/

8

-24 UNF

1.058 3

14 63

18

82 28

125

7

/

16

-20 UNF

57

77

30

114

1

/

2

-20 UNF

1.270 0

11.1

15

58

21

79 31

117

9

/

16

-18

UNF

16 55 22 74 33

112

5

/

8

-18 UNF

1.411 1

17 57 23 77 34

115

3

/

4

-16 UNF

1.587 5

14.3

18 55 24 73 36

109

7

/

8

-14

UNF

1.81 3

20 52 26 69 39

103

1-12

UNF

21 48

64 43 96

1

1

/

8

-12 UNF

17.5

49

29

66 44 99

1

1

/

4

-12 UNF

22

50 30 68 45

101

1

3

/

8

-12 UNF

51

69

46

103

1

1

/

2

-12 UNF

2.116 7

19.1

23

52

31

70 47

105

(

8

)

ピッチの許容差とは,標準のはめあいの長さ内の任意の二つの山と山との間のピッチ合計に対する値。


24

B 4451 : 1999

附属書付表 12  測定方法

番号

項目

測定方法

測定方法図

測定器具

1

外径

D

外側マイクロメータで測定する。

JIS B 7502

外側マイクロメータ

2

形状・寸

厚さ

T

3

試験ねじの有

効径及び谷の

ねじ用限界ゲージで調べる。

JIS B 0251 : 1975

のメートル

並目ねじ用限界ゲージ

JIS B 0252 : 1996

のメートル

細目ねじ用限界ゲージ

JIS B 0255 : 1975

のユニファイ

並目ねじ用限界ゲージ

JIS B 0256 : 1975

のユニファイ

細目ねじ用限界ゲージ

4

試験ねじのピ

ッチ

ねじ山の軸線を,測定テーブルの移

動方向と一致させ,測定顕微鏡の鏡

筒をリード角だけ傾け,ねじ山 A と

60

°細線又はねじ山形細線とを一致

させて,マイクロメータの目盛を読

む。

次に必要山数だけ離れたねじ山 B

まで移動テーブルを動かしてねじ山

A

と 60°細線又は,ねじ山形細線と

ねじ山 B を一致させ,マイクロメー

タの目盛を読む。このときの A,B

の読みの差が実測値である。

5

ねじ部の

精度

試験ねじの山

の半角

ねじ山の軸線を,測定テーブルの移

動方向と一致させ,測定顕微鏡の鏡

筒をリード角だけ傾け,ねじ山のフ

ランクに顕微鏡の十字線を合わせ,

その回転角

α

1

/2

を測定顕微鏡で読み

取る。同様にして

α

2

/2

を測定する。

JIS B 7153

測定顕微鏡


25

B 4451

: 19

99

附属書 2(参考)  メートル系及びインチ系ダイスの形状・寸法一覧表

単位  mm

0.25

0.36

0.46

0.7

0.85

1.12

1.45

1.6 1.9

2.12

2.65

3.35

3.75

4.5

5.7

0.25

0.36

0.46

0.7

0.85

1.12

1.45

1.6

1.9 2.12

2.65

3.35

3.75

4.5

5.7

を超え

以下

メートル系

ピッチの範囲

呼び径の範囲

d

0.2

0.25

0.3

0.36

0.4

0.5

0.6

0.7

0.75

0.8

1 1.25

1.5

1.75

2 2.5

3 3.5

4

4.5

5

5.5

6

メートル系の

標準ピッチ

メートル系

インチ系

(inch)

 80

72

64

56

48

44

40

36

32

28

26

24

22

20

19

18

16 14 13

12

11

10

9

8

7 6 5

4.5

4

3.5

山数

(25.4mm につき)

 0.31

8

0.35

3

0.39

7

0.45

4

0.52

9

0.57

7

0.63

5

0.70

5

0.79

4

0.90

7

0.97

7

1.05

8

1.15

4

1.27

1.33

7

1.41

1

1.58

8

1.81

4

1.95

4

2.11

7

2.30

9

2.54

2.82

2

3.17

5

3.62

9

4.23

3

5.08

5.64

4

6.35

7.25

7

インチ系ピッチのミリ

メートル換算

を超え  以下  を超え  以下

D  d

b

T

ねじ部の長さ T

1

(

1

) f

b

k

0.9 2.65

0.0354

0.1043

16

11

2

2.5

3

3

  5

3

5

0.5 0.2

2.65 6.35

0.1043

0.25

20

15

  7

7 7 7

0.6

4

6.35(

2

)

9

0.25

0.3543

25

9

9 9

9

0.8

0.5

9  11.2

0.3543

0.4409

30  11

11

11

11

11

1

5

10

10 10

11.2

15

0.4409 0.5906 38

14(

3

)

14 14

14

14 14 14 14

15(

4

)

21.2  0.5906 0.8346 45

18

15(

3

)

18

1.2 6

16

16 16 16

1

21.2

26.5  0.8346 1.0433 55

22

20(

3

)

22 22

1.5

2

18

18 18 18 18

8

1

26.5

37.5  1.0433 1.4764 65

25

24(

3

25 25 25

1.8

 2


26

B 4451

: 19

99

単位  mm

0.25

0.36

0.46

0.7

0.85

1.12

1.45

1.6 1.9

2.12

2.65

3.35

3.75

4.5

5.7

0.25

0.36

0.46

0.7

0.85

1.12

1.45

1.6

1.9 2.12

2.65

3.35

3.75

4.5

5.7

を超え

以下

メートル系

ピッチの範囲

呼び径の範囲

d

0.2

0.25

0.3

0.36

0.4

0.5

0.6

0.7

0.75

0.8

1 1.25

1.5

1.75

2 2.5

3 3.5

4

4.5

5

5.5

6

メートル系の

標準ピッチ

メートル系

インチ系

(inch)

 80

72

64

56

48

44

40

36

32

28

26

24

22

20

19

18

16 14 13

12

11

10

9

8

7 6 5

4.5

4

3.5

山数

(25.4mm につき)

 0.31

8

0.35

3

0.39

7

0.45

4

0.52

9

0.57

7

0.63

5

0.70

5

0.79

4

0.90

7

0.97

7

1.05

8

1.15

4

1.27

1.33

7

1.41

1

1.58

8

1.81

4

1.95

4

2.11

7

2.30

9

2.54

2.82

2

3.17

5

3.62

9

4.23

3

5.08

5.64

4

6.35

7.25

7

インチ系ピッチのミリ

メートル換算

を超え  以下  を超え  以下

D  d

b

T

ねじ部の長さ T

1

(

1

) f

b

k

37.5

42.5 1.4764 1.6732  75

20

20

− 20  20

37.5 42.5

1.476

4

1.6732

75 30

26(

3

30

30

1.8

22

22

− 22  22

42.5 53

1.673

2

2.0866

90

36

26(

3

36 36 36 36

 2

8

22

22

− 22  22

53 63

2.086

6

2.4803

105

36

31(

3

36

36 36

22

22

63 71

2.480

3

2.7963

120

36

36

36

2.5 10

2

(

1

)

呼び径とピッチの関連は表中に表していない。T

1

の値については製造業者に一任する。

(

2

)  R

1

/

16

ねじ用ダイスには,Dと T

1

の値は適用できない(R シリーズの管用テーパ用ねじ切り丸ダイスは,ISO 4230 参照)

(

3

)

これら T

1

の値は,

“R”シリーズねじ用ダイスだけに適用できる。

(

4

)  R

1

/

2

ねじ用ダイスには,と は適用できない(ISO 4230 参照)


27

B 4451 : 1999

国際整合化調査研究委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

村  田  良  司

東京理科大学工学部

(委員)

中  嶋      誠

通商産業省機械情報産業局

本  間      清

工業技術院標準部

伊  藤      哲

工業技術院機械技術研究所

橋  本  繁  晴

財団法人日本規格協会技術部

野  上      彰

株式会社不二越

羽  山  隆  貫

日立ツール株式会社

川  口  俊  充

株式会社不二越

日下部  祐  次

神鋼コベルコツール株式会社

宮  林  光  行

株式会社彌満和製作所

倉  持      建

日本高周波鋼業株式会社

舞  田  靖  司

社団法人日本機械工業連合会

岡  安  英  雄

社団法人日本工作機械工業会

西  村  欣  也

社団法人日本歯車工業会

石  川  侑  男

社団法人日本金型工業会

安  武  昭  彦

社団法人日本工作機器工業会

手  取  正  輝

いすゞ自動車株式会社

小  峰  武  夫

コベルコツールエンジニアリング株式会社

白  土  秀  明

オーエスジー株式会社

佐  藤  直  彦

理研製鋼株式会社

田  中  祐  弌

コベルコツールエンジニアリング株式会社

大  沢  秀  彦

オーエスジー株式会社

(事務局)

平  野  武  治

日本工具工業会

佐  野  保  次

日本工具工業会