>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

B 4451

: 19

99
 解

解説表 3  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS B 4451 : 1999

ねじ切り丸ダイス

ISO 2568 : 1988

(ねじ切り丸ダイスとダイスハンドル)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規
格番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)  JIS と国際規格との一

致が困難な理由及び今

後の対策

○  メートル並目ねじ,メートル細目

ねじ,ユニファイ並目ねじ及びユ

ニファイ細目ねじのねじ切りに
用いるねじ切り丸ダイスについ
て規定する。

ISO 2568

○ メートル並目ねじ,メートル細目ね

じ,ユニファイ並目ねじ及びユニフ

ァイ細目ねじのねじ切りに用いる
ねじ切り丸ダイスについて規定す
る。

(1)

適用範囲

○  ダイスハンドルについて規定す

る。

○ ダイスハンドルについて規定する。 ≡

(2)

形状・寸法

○  寸法範囲

・メートル並目ねじは M1∼M68

・メートル細目ねじは Ml∼M56
・ユニファイ並目ねじは

1-64UNC

∼2 3/4-4UNC

・ユニファイ細目ねじは

0-80UNF

∼1 1/2-12UNF

ISO 2568

○ 寸法範囲

・メートル並目ねじは Ml∼M68

・メートル細目ねじは Ml∼M56 
・ユニファイ並目ねじは

1-64UNC

∼2 3/4-4UNC

・ユニファイ細目ねじは 0-80UNF

∼1 1/2−12UNF

○  外径×厚さの寸法

16

×5,20×5,20×7,25×9,

30

×11,38×10,38×14,45

×14,45×18,55×16,55×22,

65

×18,65×25,75×20,75

×30,90×36,105×36,120
×36

○ 外径×厚さの寸法

16

×5,20×5,20×7,25×9,30

×11,38×10,38×14,45×14,

45

×18,55×16,55×22,65×18,

65

×25,75×20,75×30,90×36,

105

×36,120×36

○  外径の許容差

精密ダイス  :f10 
非精密ダイス:製造業者一任

ISO 2568 

○ 外径の許容差

精密ダイス  :f10 
非精密ダイス:製造業者一任

= ・JIS は精密ダイスだけ規

定。 
非精密ダイスは参考に

記載。

・非精密ダイスは“製造

業者一任”となってお
り JIS では数値で規定

すべきなので参考に記
載した。


 

2

B 4451

: 19

99
 解


解説表 3  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規

格番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)  JIS と国際規格との一

致が困難な理由及び今
後の対策

○  厚さの許容差

精密ダイス  :js12 
非精密ダイス:製造業者一任

○ 厚さの許容差

精密ダイス  :js12 
非精密ダイス:製造業者一任

= ・JIS は精密ダイスだけ規

定。 
非精密ダイスは参考に

記載。

・非精密ダイスは“製造

業者一任”となってお
り JIS では数値で規定

すべきなので参考に記
載した。

○  押し穴径:3∼10

○ 押し穴径:3∼10

○  押し穴の位置:0.5∼2.5

○ 押し穴の位置:0.5∼2.5

○  面取りの大きさ:0.2∼2

○ 面取りの大きさ:0.2∼2

○  裏逃げがある場合のねじ部の長

さ:2,2.5,3

○ 裏 逃 げ が あ る 場 合 の ね じ 部 の 長

さ:2,2.5,3

(3)

表示

○  製品の表示は,ねじの呼びを表示

する。また,ISO の記号は製造業
者の判断で入れる。

ISO 2568

○ 製品の表示は,ねじの呼びを表示す

る。また,ISO の記号は製造業者の
判断で入れる。

(4)

附属書(規定)

①  適用範囲

○  J 形について規定する。

ISO 2568

○ 前記(1)と同じ

②  引用規格

○  引用される JIS を記載。

− 規定なし

③  定義

○  JIS B 0176 及び JIS B 0101 による。

− 規定なし

④  種類・等級

○  種類:ソリッドダイスとアジャス

タブルダイスの 2 種類,さ
らにアジャスタブルダイス
には調整ねじ付きと調整ね

じなしの 2 種類。

− 規定なし

ISO

はソリッドダイスだ

け規定。

○  等級:ソリッドダイスは 1 級,2

級及び 3 級の 3 等級 
アジャスタブルダイスは精
級,並級の 2 等級

− 規定なし

同一呼びに対する外径×

厚さの寸法が,ほとんど異
なる。

従来の JIS と ISO では規

定内容が全く異なり ISO
には材料,品質,試験方
法,検査製品の呼び方及

び包装の表示の規格がな
く,また,製品の表示も
切られるねじの呼びの表

示規定だけである。 
さらに,今回の改正は初
めての ISO 導入であり本

体だけでは市場が大きく
混乱するので従来の JIS

附属書 1(概定)に規定

した。

ISO

に整合している本体

を優先使用し今後,

附属

書 1(規定)の継続につい


 

3

B 4451

: 19

99
 解

解説表 3  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規

格番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)  JIS と国際規格との一

致が困難な理由及び今
後の対策

⑤  形状・寸法

○  寸法範囲

・メートル並目ねじは M1∼M42

・メートル細目ねじは M1×0.2∼

M42

×1.5

・ユニファイ並目ねじは

1-64UNC

∼1 1/2-6UNC

・ユニファイ細目ねじは

0-80UNF

∼1 1/2-12UNF

ISO 2568

○ 前記(2)と同じ

○  外径×厚さの寸法

10

×3,16×5,20×7,25×9,

38

×13,50×16,63×20,75

×25

○ 前記(2)と同じ

○  外径の許容差:ソリッドダイスは

f10

ア ジ ャ ス タ ブ ル ダ イ ス は

d12

○ 前記(2)と同じ

○  厚さの許容差:ソリッドダイスは

js12

ア ジ ャ ス タ ブ ル ダ イ ス は

h14

○ 前記(2)と同じ

○  V 溝の幅:1.5∼7

  押し穴径:1.8∼9

○ 前記(2)と同じ

○  押し穴径の位置:0.2∼1.8

○ 前記(2)と同じ

○  面取りの大きさ:0.2∼2

○ 前記(2)と同じ

○  表逃げがある場合のねじ部の長

さ:最小 6 山

○ 前記(2)と同じ

  すり割りの幅:0.8∼2.5

− 規定なし

  調整ねじの穴位置:2.5∼6

− 規定なし

○  調整ねじ:M3∼M6   − 規定なし

は,次回見直し時に審議
することとする。


 

4

B 4451

: 19

99
 解


解説表 3  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規

格番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)  JIS と国際規格との一

致が困難な理由及び今
後の対策

○  食付き部の長さ: 表面 2∼2.5 山

裏面 1∼1.5 山

− 規定なし

⑥  品質

○  外観,硬さ及びねじ部の精度につ

いて規定

− 規定なし

⑦  材料

○  JIS G 4404 に規定する SKS2 若し

く は JIS G 4403 に 規 定 す る

SKH51

,又はこれらと同等以上の

性能をもつものとする。

− 規定なし

⑧  試験方法

○  硬さ,ねじ部の精度について規定

− 規定なし

⑨  検査

○  形状,寸法,外観,硬さ,ねじ部

の精度について行う。

− 規定なし

⑩  製品の呼び方

○  規格番号又は規格名称,種類,呼

び,ダイスの外径,等級及びねじ
部の材料記号による。なお,左ね
じの場合は,呼びの前に“左”を

付け加える。

− 規定なし

⑪  表示

○  ・製品の表示:左ねじの記号,呼

び,等級の記号材料記号及び製

造業者名又はその略号を表示
する。

ISO 2568

○ 前記(3)と同じ

○  ・包装の表示:製品の表示事項と

規格名称及び種類を表示する。

− 規定なし

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。