>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

B 4446

: 19

98
 解

解説表 3  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS B 4446 : 1998

  管用テーパねじ用タップ

(Hand taps for taper pipe threads)

ISO 2284 : 1987

  Hand taps for parallel and taper pipe threads-General dimensions and marking

(管用平行ねじ用及び管用テーパねじ用ハンドタップ−形状・寸法及び表示)

ISO 5969 : 1979

  Ground thread taps for pipe threads G series and Rp series-Tolerances on the threaded portion

(管用ねじ用 G シリーズ及び Rp シリーズの研削仕上げクップ−ねじ部の精度)

ISO 8830 : 1991

  High-speed steel machine taps with ground threads-Technical specifications

(高速度工具鋼研削仕上げマシンクップ−技術仕様)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格
番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

の規格内容と国際規格

との相違点

(V)  JIS

と国際規格との一

致が困難な理由及び今

後の対策

ISO 2284

○ 管用平行ねじ用及び管用テーパね

じ用タップの形状・寸法及び表示に

ついて規定。

規格体系の相違。現状の
ままとする。

ISO 5969

○ 管用ねじ用 G シリーズ及び Rp シリ

ーズの研削仕上げタップのねじ部
の精度について規定。

○  管用テーパめねじ Rc 及び管用平

行めねじ Rp のねじ立てに用いる

管用テーパねじ用タップについて
の規定。

ISO 8830

○ 高速度工具鋼研削仕上げマシンタ

ップの特性について規定。

JIS

は管用平行ねじ Rp 用

を JIS B 4445 で別に規定

しているが,ISO は管用ね
じ用全体を 1 規格で規定。

(1)

適用範囲

○ PT 形及び PS 形については,

附属

書に示す。

ADP  PT

形及び PS 形は JIS 

自の規定として残す(

属書)。

(2)

引用規格

○  引用される規格を記載。

JIS

独自の規定として残

す。

(3)

定義

○  JIS B 0101(ねじ用語)及び JIS B 

0176

(ねじ加工工具用語)による。

JIS

独自の規定として残

す。

(4)

種類

○  管用テーパねじ用テーパタップ及

び管用テーパねじ用平行タップの

2

種類。

ISO 2284

○ 平行ねじ用タップ(G シリーズ用と

Rp

シリーズ用とを 1 種類として扱

っている)とテーパねじ用タップの

2

種類。

= ISO は平行ねじ用とテー

パねじ用とが 1 規格に含
まれている。JIS は平行ね
じ用を JIS B 4445 で別に

規定。 

規格体系の相違。現状の

ままとする。


 

2

B 4446

: 19

98
 解


解説表 3  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格

番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

の規格内容と国際規格

との相違点

(V)  JIS

と国際規格との一

致が困難な理由及び今
後の対策

○  テーパタップと平行タップの 2 形

状。

ISO 2284

○ 平行ねじ用タップとテーパねじ用

タップの 2 形状。

○  寸 法 範 囲 : Rc 1/16 ∼ Rc4 及 び

Rpl/16

∼Rp4

ISO 2284

○ 寸法範囲:G 及び Rp シりーズ 1/16

∼4(将来廃止される 5/8,7/8,1 3/4,

2 1/4

を含む。

及び Rc シリーズ 1/16

∼4

ADP JIS

は Rp5/8,7/8,1 3/4 及

び 2 1/4 の規定がない。

JIS

は ISO 7/1 に規定がな

いサイズを先取りして,
規定していない。

○  外径:基準寸法

ISO 2284

○ 外径:基準寸法

○  山数(25.4mm につき)

ISO 2284

○ 山数(25.4mm につき)

ISO 2284 

○ ピッチ

ADP JIS

にはピッチでの規定が

ない。

山数とピッチは同一事項
の規定なので,重複規定

を避けた。

○  全長:基準寸法

許容差:h16

ISO 2284

○ 全長:基準寸法

許容差:h16

○  ねじ部の長さ:基準寸法

許容差<math>

ISO 2284

○ ねじ部の長さ:基準寸法

許容差<math>

○  シャンク径:基準寸法

許容差:精密 h9,非

精密:h11

ISO 2284

○ シャンク径:基準寸法

許容差:精密 h9,非

精密:h11

ADP

○  テーパタップの基準径位丘:最大

寸法

ISO 2284

○ テーパタップの基準径位置:最大寸

○  シャンク四角部の幅:基準寸法

許容差:h11(形状・位置

の誤差を含む場
合:h12)

ISO 2284

○ シャンク四角部の幅:基準寸法

許容差:h11(形状・

位 置 の 誤 差
を 含 む 場
合:h12)

○  シャンク四角部の長さ:基準寸法 ISO 2284

○ シャンク四角部の長さ:基準寸法

○  食付き部の長さ:一般にテーパタ

ップは 2∼3 山,平行タップは 3.5
∼5.5 山

ISO 8830 

○ 食付き部の長さ:直溝,スパイラル,

スパイラルポイントタップを含め 5
種類を規定。

ADP JIS

は直溝タップ用だけ規

定。

(5)

形状・寸法

○ PT 形及び PS 形の寸法範囲及び形

状・寸法

PT

形及び PS 形は JIS 

自の規定として残す。


 

3

B 4446

: 19

98
 解

解説表 3  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格

番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

の規格内容と国際規格

との相違点

(V)  JIS

と国際規格との一

致が困難な理由及び今
後の対策

○  外観

JIS

独自の規定として残

す。

○  硬さ:ねじ部;min.63HRC

シャンク・四角部;min.30HRC

ISO 8830

○ 硬さ:ねじ部;6mm 以上 min.63HRC

シ ャ ン ク ・ 四 角 部 ;

min.30HRC

○  ねじ部の精度:Rc1/15∼Rc4 及び

Rpl/16

∼Rp4 について規定。

ISO 5969

○ ねじ部の精度:G シリーズ 1/16∼6

及び Rp シリーズ 1/16∼6 について
規定。

ADP ISO

は Rc について,ねじ

部の規定がない。

JIS

は G シリーズを JIS  B

4445

で別に規定している。

Rc

は JIS 独自の規定とし

て残す。

○  振れ:

公差:

食付き部;0.018∼0.036mm
ねじ部;0.018∼0.026mm

シャンク;0.03∼0.04mm

ISO 8830

○ 振れ:

公差:

食付き部;0.018∼0.036mm 
ねじ部;0.018∼0.026mm

シャンク;0.03∼0.04mm

(6)

品質

○ PT 形及び PS 形の硬さ,ねじ部精

度及び振れ

PT

形及び PS 形は JIS 

自の規定として残す。

○  JIS G 4403(高速度工具鋼鋼材)

の SKH51 又はこれと同等以上の

性能をもつもの。

ISO 11051

○ 高速度工具鋼鋼材を使用したもの

だけ規定し,鋼種の規定はない。

(7)

材料

○ PT 形及び PS 形の材料

JIS G 4404

(合金工具鋼鋼材)の

SKS2

若しくは,JIS G 4403 

SKH51

又はこれらと同等以上の性

能をもつもの。

なお,ねじ部とシャンクとの材料
が異なるもののシャンクの材料
は,JIS G 4051(機械構造用炭素

鋼鋼材)に規定する S55C 又は使
用上これらと同等以上の性能をも
つものとする。

PT

形及び PS 形は JIS 

自の規定として残す。


 

4

B 4446

: 19

98
 解


解説表 3  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格

番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

の規格内容と国際規格

との相違点

(V)  JIS

と国際規格との一

致が困難な理由及び今
後の対策

(8)

試験方法

○  硬さ,ねじ部の精度及び振れにつ

いて規定。

JIS

独自の規定として残

す。

(9)

検査

○  形状・寸法,外観,硬さ,ねじ部

の精度及び振れについて行う。

JIS

独自の規定として残

す。

○  規格番号又は規格名称,種類,呼

び及びねじ部の材料記号による。
なお,左ねじの場合は呼びの前に
“左”を付け加える。

JIS

独自の規定として残

す。

(10)

製 品 の 呼 び

○ PT 形及び PS 形は,等級を付け加

える。

PT

形及び PS 形は,JIS 

自の規定として残す。

○  製品の表示:左ねじの記号,呼び,

ねじ部の材料記号及び製造業者名
又はその略号を表示。

○ 呼び,高速度工具鋼のコード(HSS

及び HSS-E)

,左ねじ記号及び製造

業者若しくは供給者の名称又はそ

れらの略号を表示。

○ PT 形及び PS 形は,等級を付け加

える。

PT

形及び PS 形は,JIS 

自の規定として残す。

(11)

表示

○  包装の表示:規格の名称及び製品

の表示事項。

ISO 8830

ISO 11054

JIS

独自の規定として残

す。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等であるただし,軽微な技術上の差異がある。

“ADP”

JIS は,国際規格と対応する部分を国際規格そのまま変更なしで採用している。ただし,JIS として必要な規定内容を追加している。