>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

B 4413

: 19

98
 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS B 4413 : 1998

  マシンリーマ

ISO 236/II : 1976 Long fluted machine reamers, Morse taper shanks

(モールステーパシャンクマシンリーマ)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)  JIS と国際規格との一致が

困難な理由及び今後の対策

(1)

適用範囲

○  直径が 6mm を超え 85mm 以下の

マシンリーマについて規定。た
だし,J 形マシンリーマとして
直径が 3mm を超え 52mm 以下の

規定あり。

ISO 236/II

○ 直径が 6mm を超え 85mm 以下

のマシンリーマについて規定。

ADP J

形マシンリーマの直径が

3mm

以上 6mm 以下の規定

が ISO になし。

J

形マシンリーマは JIS 独自の

規定として残す。 
今後 5 年以内に整合化の方向
で見直す。

(2)

引用規格

○  JIS に引用規格を記載。

− 規定なし。

(3)

定義

○  JIS B 0173:リーマ用語による。ISO 236/II

○ ISO 236/I296521 の規定あ

り。

(4)

種類・等級

○  直刃とねじれ刃の 2 種類あり

(図示だけ)

ISO 236/II

○ 切れ刃のねじれについての規

定なし(図は直刃だけ)

○  直径の許容差 m5(A 級)及び

m6

(B 級)

○ 直径の許容差 m6

ADP ISO

には直径の許容差 m5

(A 級)の規定なし。

今後 5 年以内に ISO に提案す
る方向で検討する。

(5

) 形状・寸法

○  直径には 0.03/100mm のバック

テーパを付ける。

ISO 236/II

− バックテーパの規定はないが,

各国で規定してもよい。

(6

) 品質

○  外観,表面粗さ,硬さ,振れに

ついて規定。

− 規定なし。

(7

) 材料

○  JIS G 4403 に規定する SKH51 又

はこれと同等以上の性能をもつ

もの。また.溶接リーマのシャン
ク材は JIS G 4051 に規定する

S55C

,又はこれと同等以上の性

能をもつものと規定。

− 規定なし。

(8

) 試験方法

○  外観.表面粗さ,硬さ,振れにつ

いて規定。

− 規定なし。

(9)

検査

○  形状,寸法,外観,表面粗さ,

硬さ及び振れについて規定。

− 規定なし。