>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 B

4351

-1985

すぐば傘歯車用 G 形刃物

Straight Bevel Gear Generating Cutters (Type G)

1.

適用範囲  この規格は,すぐば傘歯車歯切盤に使用するモジュール  (m) 0.5∼8mm の仕上げ用すぐば

傘歯車用 G 形刃物(以下,刃物という。

)について規定する。

引用規格: 

JIS B 0174

  歯切工具用語

JIS B 0251

  メートル並目ねじ用限界ゲージ

JIS B 0255

  ユニファイ並目ねじ用限界ゲージ

JIS B 0601

  表面粗さの定義と表示

JIS B 0659

  比較用表面粗さ標準片

JIS B 1701

  インボリュート歯車の歯形及び寸法

JIS B 7153

  工具顕微鏡

JIS B 7184

  投影検査器

JIS B 7503

  0.01mm 目盛ダイヤルゲージ

JIS B 7506

  フロックゲージ

JIS B 7507

  ノギス

JIS B 7509

  0.001mm 目盛ダイヤルゲージ

JIS B 7513

  精密定盤

JIS B 7726

  ロックウェル硬さ試験機

JIS B 7734

  微小硬さ試験機

JIS G 4403

  高速度工具鋼鋼材

JIS Z 2245

  ロックウェル硬さ試験方法

関連規格:JIS B 0205  メートル並目ねじ

JIS B 0206

  ユニファイ並目ねじ

JIS B 0209

  メートル並目ねじの許容限界寸法及び公差

JIS B 0210

  ユニファイ並目ねじの許容限界寸法及び公差

2.

用語の意味  この規格で用いる主な用語の意味は,JIS B 0174(歯切工具用語)による。

3.

種類  刃物の種類は,適用する歯切盤の大きさによって 75 形,150 形及び 300 形の 3 種類とする。

4.

形状・寸法  刃物の形状及び寸法は,表 1による。


2

B 4351-1985

表 1  75 

単位 mm

モジュール  (m)

圧力角  (

α)20°の場合

圧力角  (

α) 14.5°の

場合(参考)

系列(

1

)

C

=18.63

C

=16.44

1 2 3

A(

2

)

B

(約)

w

A(

2

)

B

(約)

w

h

K

H

L

0.5

  10

10.5

0.20

10

10.3

0.28

1.2 21

 0.55  10

10.5

0.22

10

10.4

0.31

1.3

21

0.6

  10

10.6

0.24

10

10.4

0.33

1.4 21

  0.65 10 10.6 0.26 10 10.4 0.36

1.5  21

 0.7   10

10.6

0.28

10

10.5

0.39

1.7

21

 0.75  10

10.7

0.30

10

10.5

0.42

1.8

21

0.8

  10

10.7

0.32

10

10.5

0.44

1.9 21

 0.9   10

10.8

0.36

10

10.6

0.50

2.1

21

27

40

1

10

10.9

0.40

10

10.6

0.55

2.4

20

1.25

  10 11.1 0.50 10 10.8

0.69

3

20

1.5

  10

11.3

0.59

10

10.9

0.83

3.5 20

 1.75  10

11.5

0.69

10

11.1

0.97

4.1

20

2

10

11.7

0.79

10

11.2

1.1

4.7

20

 2.25  10

12 0.89

10

11.4

1.2

5.3

20

2.5

  10

12.2

0.99

10

11.5

1.4 5.9 20

(

1

)

モジュールの系列は,JIS B 1701(インボリュート歯車の歯形及び寸法)の規定による。

(

2

)  A

は,基本となる寸法を示す。

備考  刃物は,上刃・下刃をもって一対とし,図は上刃を示す。

参考  ねじは,次による。

呼びは,原則として JIS B 0205(メートル並目ねじ)の M10 とし,その精度は JIS B 0209(メ

ートル並目ねじの許容限界寸法及び公差)に規定する 7H とするが,JIS B 0206(ユニファイ並

目ねじ)の

3

/

8

−16UNC,その精度は JIS B 0210(ユニファイ並目ねじの許容限界寸法及び公差)

の 1B を使用してもよい。


3

B 4351-1985

表 2  150 

単位 mm

モジュール  (m)

圧力角  (

α) 20°の場合

圧力角  (

α) 14.5°の

場合(参考)

系列(

1

)

C

=24.31

C

=23.03

1 2 3

A(

2

)

B

(約)

w

A(

2

)

B

(約)

w

h

K

H

L

1

13.5

14.4

0.40

15

15.6

0.55

2.4

25

1.25

  13.5

14.6 0.50 15 15.8 0.69

3

25

1.5

 13.5

14.8

0.59

15

15.9

0.83

3.5 25

 1.75  13.5

15 0.69

15

16.1

0.97

4.1 25

2

13.5

15.2

0.79

15

16.2

1.1

4.7

23

 2.25  13.5

15.5

0.89

15

16.4

1.2

5.3 23

2.5

 13.5

15.7

0.99

15

16.5

1.4

5.9 23

  2.75  13.5

15.9

1.1 15

16.7

1.5 6.5 23 34 65

3

 13.5

16.1

1.2 15

16.8

1.7 7.1 23

    3.25

13.5

16.3

1.3 15

17 1.8 7.6 23

  3.5   13.5

16.5

1.4 15

17.1

19 8.2 23

    3.75

13.5

16.7

1.5 15

17.3

21 8.8 23

4

 13.5

16.9

1.6 15

17.4

22 9.4 21

 4.5   13.5

17.4

1.8 15

17.7

25

10.6

21

5

13.5

17.8

2.0

15

18

28

11.7

21

備考  刃物は,上刃・下刃をもって一対とし,図は上刃を示す。

参考  ねじは,次による。

呼びは,原則として,JIS B 0205 の M12 とし,その精度は JIS B 0209 に規定する 7H とする

が,JIS B 0206 

1

/

2

−13UNC,その精度は JIS B 0210 の 1B を使用してもよい。


4

B 4351-1985

表 3  300 

単位 mm

モジュール  (m)

圧力角(

α)20°の場合

圧力角(

α)14.5°の

場合(参考)

系列(

1

)

C

=27.39

C

=25.29

1 2 3

A(

2

)

B

(約)

w

A(

2

)

B

(約)

w

h

K H L

1

13.5

14.4

0.40

15

15.6

0.55

2.4

33

1.25

  13.5

14.6 0.50 15 15.8 0.69 3  33

1.5

 13.5

14.8

0.59

15

15.9

0.83

3.5 33

  1.75  13.5

15 0.69 15

16.1

0.97 4.1 33

13.5

15.2

0.79

15

16.2

1.1

4.7

33

  2.25  13.5

15.5

0.89

15

16.4

1.2 5.3 33

2.5

 13.5

15.7

0.99

15

16.5

1.4 5.9 33

  2.75  13.5

15.9

1.1 15

16.7

1.5 6.5 33

3

13.5

16.1

1.2

15

16.8

1.7

7.1

30

  3.25

13.5

16.3

1.3

15

17

1.8

7.6

30

43

100

 3.5   13.5

16.5

1.4 15

17.1

1.9 8.2

30

  3.75

13.5

16.7

1.5

15

17.3

2.1

8.8

30

4

13.5

16.9

1.6

15

17.4

2.2

9.4

23

 4.5   13.5

17.4

1.8 15

17.7

2.5

10.6

23

5

13.5

17.8

2.0

15

18

2.8

11.7

23

 5.5   13.5

18.2

2.2 15

18.3

3.1

12.9

23

6

13.5

18.6

2.4

15

18.6

3.3

14.1

23

 7

 13.5

19.5

2.8 15

19.2

3.9

16.4

23

8

13.5

20.3

3.2

15

19.8

4.4

18.8

21

備考  刃物は,上刃・下刃をもって一対とし,図は上刃を示す。

参考  ねじは,次による。

呼びは,原則として JIS B 0205 の M12 とし,その精度は,JIS B 0209 に規定する 7H とする

が,JIS B 0206 

1

/

2

−3UNC,その精度は JIS B 0210 の 1B を使用してもよい。


5

B 4351-1985

5.

品質

5.1

外観  刃物の外観は,地きず及び割れ並びに有害なまくれ,きず,さびなどの欠点がなく,仕上げ

は良好でなければならない。

5.2

表面粗さ  刃物の刃部の表面粗さは,7.1 に規定する試験を行ったとき,すくい面において JIS B 0601

(表面粗さの定義と表示)に規定する 0.8a (3.2S)  とする。

5.3

硬さ  刃物の刃部の硬さは,7.2 に規定する試験を行ったとき,HRC63 (HV772)  以上とする。

5.4

精度  刃物の精度は,7.3 に規定する試験を行ったとき,表 による。

表 4

単位 mm

許容差又は許容値

番号

項目

75

形・150 形

300

1

高さ  (H)

±0.05

±0.1

2

歯面の高さ  (C)

±0.05

0.5

以上 1

以下 0.010

1

を超え 1.6 以下 0.012

1.6

を超え 2.5 以下 0.016

2.5

を超え 4 以下 0.020

4

を超え 6.3 以下 0.025

3

歯形誤差

モジュー

ル区分

6.3

を超え 8 以下 0.036

0.5

以上 0.6 以下

±0.020

0.6

を超え 1 以下

±0.032

4

歯 
先 
面 
の 

(w)

モジユー

ル区分

1

を超え 8 以下

±0.050

5

取付基準面に対する底面の角度(基準値 73 度)

±5(分)

6

底面からねじ穴中心までの高さ

±0.1

7

ねじ穴の中心間距離

±0.3

8

取付基準面の高さ  (K)  及び全長  (L)

±0.5

5.5

切れ味  刃物の切れ味は,良好でなければならない。

6.

材料  刃物の材料は,JIS G 4403(高速度工具鋼鋼材)に規定する SKH 55, SKH 51 又は使用上,これ

らと同等以上の性能をもつものとする。

7.

試験方法

7.1

表面粗さ  刃物の表面粗さは,目視によって JIS B 0659(比較用表面粗さ標準片)に規定する比較

用粗さ標準片を用いて測定する。

7.2

硬さ  刃物の刃部の硬さは,JIS B 7726(ロックウェル硬さ試験機)に規定する試験機を用いて,JIS 

Z 2245

(ロックウェル硬さ試験方法)に規定する試験方法によって測定する。ただし,ロックウェル硬さ

試験機によって測定できない場合は,JIS B 7734(微小硬さ試験機)に規定する試験機を用いてもよい。

また,試験機による測定が困難な場合は,やすりによる比較測定を行ってもよい。

7.3

精度  刃物の精度は,表 によって測定する。


6

B 4351-1985

表 5

単位 mm

番号

項目

測定方法

測定器具

1

高さ

精密定盤上に

図のように置き,

ダイヤルゲージをブロックゲ
ージで調整した後 を測定す

る。

JIS B 7503

(0.01mm 目盛ダイ

ヤ ル ゲ ー ジ ) に 規 定 す る

0.01mm

目盛ダイヤルゲージ

JIS B 7506

(ブロックゲージ)

に規定する 1 級のブロックゲ
ージ

JIS B 7513

(精密定盤)に規定

する 1 級の精密定盤

2

歯面の高さ  精密定盤上に置いた専用測定

取付け具に

図のように載せ,ダ

イヤルゲージをブロックゲー

ジで調整した後 Cを測定す
る。

専用取付け具

JIS B 7503

に規定する 0.01mm

目盛ダイヤルゲージ

JIS B 7506

に規定する一級の

ブロックゲージ

JIS B 7513

に規定する 1 級の精

密定盤

3

歯形誤差

精密定盤上に置いた専用測定

取付け具に

図のように載せ,ダ

イヤルゲージを精密定盤上を
移動させて,その振れを読む。

専用取付け具

JIS B 7509

(0.001mm 目盛ダイ

ヤ ル ゲ ー ジ ) に 規 定 す る

0.001mm

目盛ダイヤルゲージ

JIS B 7513

に規定する 1 級の精

密定盤

4

歯先面の幅  工具顕微鏡又は投影検査器に

よって測定する。

JIS B 7153

(工具顕微鏡)に規

定する工具顕微鏡

又は JIS B 7184(投影検査器)
に規定する投影検査器

5

取付基準面

に対する底
面の角度

精密定盤上に置いた専用測定

取付け具に

図のように載せ,ダ

イヤルゲージを精密定盤上を
移動させてその振れを読む。

専用取付け具

JIS B 7503

に規定する 0.01mm

目盛ダイヤルゲージ

JIS B 7513

に規定する 1 級の精

密定盤

6

底面からね
じ穴中心ま

での高さ

ねじ付きプラグを刃物のねじ
穴にねじ込み,精密定盤上に

のように置き,ブロックゲージ
で調整した後,b

1

の高さに調整

したダイヤルゲージによって

測定する。

d

b

b

2

1

1

=

ねじ付きプラグ

JIS B 7503

に規定する 0.01mm

目盛ダイヤルゲージ

JIS B 7506

に規定する 1 級のブ

ロックゲージ

JIS B 7513

に規定する 1 級の精

密定盤


7

B 4351-1985

単位 mm

番号

項目

測定方法

測定器具

7

ねじ穴の中
心間距離

ねじ付きプラグを刃物のねじ
穴にねじ込み,ノギスで測定す

る。 
中心距離

)

(

2

1

d

d

L

l

+

=

d

d'の場合

l

Ld

ねじ付きプラグ

JIS B 7507

(ノギス)に規定す

るノギス

8

取付け基準
面 の 高 さ

(K)

及び全

長  (L)

ノギス又は投影検査器によっ
て測定する。

JIS B 7507

に規定するノギス

JIS B 7184

に規定する投影検

査器

参考  ねじの精度  ねじ用限界ゲージで測定する。

JIS B 0251

(メートル並目ねじ

用限界ゲージ)に規定する 7H
のメートル並目ねじ用限界ゲ

ージ,又は JIS B 0255(ユニフ
ァイ並目ねじ用限界ゲージ)に
規定する 1B のユニファイ並目

ねじ用限界ゲージ

備考  測定方法及び測定器具は,一例を示したものである。

8.

検査  刃物の検査は,形状,寸法,外観,表面粗さ,硬さ,精度及び切れ味について行い,それぞれ

4.

及び 5.の規定に適合しなければならない。

9.

製品の呼び方  刃物の呼び方は,規格番号又は規格名称,種類,モジュール,圧力角及び材料による。

例: JIS B 4351  150 形  m2  20°  SKH55

すぐば傘歯車用 G 形刃物  150 形  m2  20°  SKH55

10.

表示

10.1

製品の表示  製品には,原則として図の※印の位置に,次の事項を横書きに表示する。

(1)

モジュール

m2

(2)

圧力角 20°

(3)

材料記号(

3

)

 SKH55

(4)

製造業者名又はその略号

○○○


8

B 4351-1985

(

3

)

輸出用などで必要ある場合には,ほかの材料記号でも差し支えない。

10.2

包装の表示  包装の表示は,規格名称及び 10.1 に規定する事項を明記する。

工作機械部会  歯切工具専門委員会構成表

氏名

所属

(委員会長)

伊  藤      鎭

上智大学理工学部

本  田  巨  範

幾徳工業大学

丸  山  弘  志

東京理科大学

田  辺  俊  彦

通商産業省機械情報産業局

山  崎  宗  重

工業技術院標準部

坂  田  興  亜

工業技術院機械技術研究所

宇野沢  敦  夫

宇野沢技術士事務所

島  村  寛  治

アヅミ株式会社

山  川  哲  央

株式会社神戸製鋼所

神  谷  清  弘

株式会社不二越

武  田  憲  昌

株式会社鈴木工機製作所

中  島  紀  夫

株式会社恵美須屋工具製作所

津  川  佳  巳

三菱重工業株式会社

土  谷  隆  之

アマダメトレックス

城  所      進

日産自動車株式会社

芳  賀      実

トヨタ自動車株式会社

佐々木  賢  市

株式会社東芝

大  高  義  穂

社団法人日本工作機械工業会

田  島      孝

いすゞ自動車株式会社

山  崎  正  登

石川島播磨重工業株式会社

(専門委員)

竹  井  辰  男

日本工具工業会

(事務局)

市  川  英  雄

工業技術院標準部機械規格課

宗  像  保  男

工業技術院標準部機械規格課