>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 4305 : 2002 (ISO 3292 : 1995)

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本工具工業会

(JSCTA)

/財団法人日本規格協会 (JSA) から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出

があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。これによって,

JIS B 4305 : 1998

は改正され,この規格に置き換えられる。

今回の改正では,日本工業規格を国際規格と整合させるために,ISO 3292 : 1995, Extra-long parallel shank

twist drills

を基礎として用いた。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。


B 4305 : 2002 (ISO 3292 : 1995)

(2) 

目次

ページ

序文

1

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  形状・寸法

1

4.

  技術仕様

1

5.

  製品の呼び方

1


日本工業規格

JIS

 B

4305

: 2002

 (I

3292

: 1995

)

ストレートシャンクロングドリル

Extra-long parallel shank twist drills

序文  この規格は,1995 年に第 2 版として発行された ISO 3292, Extra-long parallel shank twist drills を翻訳

し,技術的内容を変更することなく作成した日本工業規格である。

1.

適用範囲  この規格は,直径 2∼14mm,全長 125∼400mm のストレートシャンクロングドリル(以下,

ドリルという。

)の寸法について規定する。

この規格は,推奨寸法表で示す。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 3292 : 1995

  Extra-long parallel shank twist drills (IDT)

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 4313

:高速度工具鋼ドリル−技術仕様

備考  ISO 10899 : 1996 , High-speed steel two-flute twist drills−Technical specifications からの引用事項

は,この規格の該当事項と同等である。

3.

形状・寸法  ドリルの形状及び寸法は,図 及び表 による。

4.

技術仕様  ドリルの技術仕様は,特に指定がない場合は,JIS B 4313 の規定による。

5.

製品の呼び方  ドリルの呼び方は,次による。

a)

“ストレートシャンクロングドリル”

b)

規格番号

c)

直径

d)

全長

例  ストレートシャンクロングドリル  直径 10mm,全長 250mm の場合

      ストレートシャンクロングドリル  JIS B 4305-10-250


2

B 4305 : 2002 (ISO 3292 : 1995)

図 1  ストレートシャンクロングドリルの形状

表 1  ストレートシャンクロングドリルの推奨寸法

単位  mm

全長  L

125 160 200 250 315 400

溝長  l

推奨直径

D

(h8)

80  100 150 200 250 300

2

2.5

3

3.5

4

4.5

5

5.5

6

6.5

7

7.5

8

8.5

9

9.5

10

10.5

11

11.5

12

12.5

13

13.5

14

直径範囲  2 以上 2.65

以下

2

以上 4.75

以下

2.65

を超え

7.5

以下

3.35

を超え

14

以下

3.75

を超え

14

以下

4.75

を超え

14

以下

参考  直径の許容差は,JIS B 0401-1 に規定する h8 に基づく数値とする。


3

B 4305 : 2002 (ISO 3292 : 1995)

日本工業標準調査会標準部会  機械要素技術専門委員会  構成表

氏名

所属

(委員会長)

大  園  成  夫

東京電機大学

(委員)

加  藤  伸  一

社団法人自動車技術会

川  口  俊  充

日本工具工業会

黒  澤  富  蔵

産業技術総合研究所

桑  田  浩  志

有限会社桑田設計標準化研究所

清  水  雄  輔

社団法人日本バルブ工業会

庄  野  敏  臣

社団法人日本工作機械工業会

筒  井  康  賢

産業技術総合研究所

真  弓      透

社団法人日本ベアリング工業会

丸  山  一  男

工学院大学

望  月  正  紀

社団法人日本ねじ工業会