>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

B 4304:2018  

(1) 

目 次 

ページ 

序文  1 

1 適用範囲 1 

2 引用規格 1 

3 用語及び定義  2 

4 種類 2 

5 形状及び寸法  2 

6 品質 10 

6.1 外観  10 

6.2 表面粗さ  10 

6.3 材料及び硬さ  10 

6.4 振れ  10 

7 試験方法 10 

7.1 表面粗さ  10 

7.2 硬さ  10 

7.3 センタ穴角及び振れ  11 

8 検査 11 

9 製品の呼び方  11 

9.1 A形-1,B形-1及びR形-1の製品の呼び方  11 

9.2 A形-2,B形-2,C形-2及びR形-2の製品の呼び方  11 

10 表示  12 

10.1 製品の表示  12 

10.2 包装の表示  12 

附属書JA(参考)JISと対応国際規格との対比表  13 

 

 


 

B 4304:2018  

(2) 

まえがき 

この規格は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,日本機械工具工業

会(JTA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべき

との申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。 

これによって,JIS B 4304:2005は改正され,この規格に置き換えられた。 

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。 

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。 

 

 


 

 

日本工業規格          JIS 

 

B 4304:2018 

 

センタ穴ドリル 

Centre drills for centre holes 

 

序文 

この規格は,2016年に第2版としてそれぞれ発行されたISO 866,ISO 2540及びISO 2541を基とし,

我が国の実情に合わせるために技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。 

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。

変更の一覧表にその説明を付けて,附属書JAに示す。 

 

適用範囲 

この規格は,センタ穴の加工に用いるセンタ穴ドリル(以下,ドリルという。)について規定する。 

注記 この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。 

ISO 866:2016,Centre drills for centre holes without protecting chamfers−Type A 

ISO 2540:2016,Centre drills for centre holes with protecting chamfer−Type B 

ISO 2541:2016,Centre drills for centre holes with radius form−Type R(全体評価:MOD) 

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,“修正している”

ことを示す。 

 

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。 

JIS B 0171 ドリル用語 

JIS B 0401-2 製品の幾何特性仕様(GPS)−長さに関わるサイズ公差のISOコード方式−第2部:穴

及び軸の許容差並びに基本サイズ公差クラスの表 

JIS B 0601 製品の幾何特性仕様(GPS)−表面性状:輪郭曲線方式−用語,定義及び表面性状パラメ

ータ 

JIS B 0651 製品の幾何特性仕様(GPS)−表面性状:輪郭曲線方式−触針式表面粗さ測定機の特性 

JIS B 0659-1 製品の幾何特性仕様(GPS)−表面性状:輪郭曲線方式;測定標準−第1部:標準片 

JIS B 1011 センタ穴 

JIS B 4313 高速度工具鋼ドリル−技術仕様 

JIS B 7153 測定顕微鏡 

JIS B 7503 ダイヤルゲージ 

JIS B 7540 Vブロック 

 


B 4304:2018  

 

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS B 0171によるほか,次による。 

3.1 

呼び 

ドリルの寸法を代表するもので,“先端直径”,“先端直径/シャンク径”又は“先端直径×センタ穴角”

の3種類がある。 

 

種類 

ドリルの種類は,センタ穴の形式によって,A形,B形,C形及びR形の4種類とし,寸法及び許容差

によって,A形-1,A形-2,B形-1,B形-2,C形-2,R形-1及びR形-2がある。 

センタ穴の形式は,JIS B 1011による。 

 

形状及び寸法 

ドリルの形状及び寸法は,表1〜表7による。 

 


B 4304:2018  

 

表1−A形-1の形状及び寸法 

 

 

Dc≦0.8の形状 

Dc≧1.0の形状 

 

単位 mm 

呼び 

Dc/Ds 

先端直径 Dc 

シャンク径 Ds 

センタ穴角 

θ 

全長 L 

刃長 l 

基準寸法 

許容差 

k12 

基準寸法 

許容差 

h9 

最大 

最小 

最大 

最小 

(0.5/3.15) 

0.5 

+0.10 

3.15 

−0.030 

最大60° 

21 

19 

1.0 

0.8 

(0.63/3.15) 

0.63 

1.2 

0.9 

(0.8/3.15) 

0.8 

1.5 

1.1 

1/3.15 

1.0 

33.5 

29.5 

1.9 

1.3 

(1.25/3.15) 

1.25 

2.2 

1.6 

1.6/4 

1.6 

4.0 

37.5 

33.5 

2.8 

2.0 

2/5 

2.0 

5.0 

42 

38 

3.3 

2.5 

2.5/6.3 

2.5 

6.3 

−0.036 

47 

43 

4.1 

3.1 

3.15/8 

3.15 

+0.12 

8.0 

52 

48 

4.9 

3.9 

4/10 

4.0 

10.0 

59 

53 

6.2 

5.0 

(5/12.5) 

5.0 

12.5 

−0.043 

66 

60 

7.5 

6.3 

6.3/16 

6.3 

+0.15 

16.0 

74 

68 

9.2 

8.0 

(8/20) 

8.0 

20.0 

−0.052 

83 

77 

11.5 

10.1 

10/25 

10.0 

25.0 

103 

97 

14.2 

12.8 

呼びに括弧を付けたものは,なるべく用いない。 

Dc及びDsの許容差は,JIS B 0401-2による。 

 


B 4304:2018  

 

表2−A形-2の形状及び寸法 

 

 

 

単位 mm 

呼び 

Dc×θ 

先端直径 Dc 

シャンク径 Ds 

センタ穴角 

θ 

全長 L 

刃長 l 

基準寸法 許容差 

k12 

基準寸法 

許容差 

h9 

基準寸法 許容差 基準寸法 

許容差 

(0.5×60°) 

0.5 

+0.10 

3.15 

−0.030 

60°

'

300

 

31.5 

±2 

0.8 

−0.2 

(0.63×60°) 

0.63 

1.0 

(0.8×60°) 

0.8 

1.2 

1×60° 

1.0 

1.5 

(1.25×60°) 

1.25 

1.9 

−0.3 

1.6×60° 

1.6 

4.0 

35.5 

2.4 

−0.4 

2×60° 

2.0 

5.0 

40 

3.0 

−0.5 

2.5×60° 

2.5 

6.3 

−0.036 

45 

3.8 

−0.7 

3.15×60° 

3.15 

+0.12 

8.0 

50 

4.8 

−0.9 

4×60° 

4.0 

10.0 

56 

±3 

6.0 

−1.0 

(5×60°) 

5.0 

12.5 

−0.043 

63 

7.5 

−1.2 

6.3×60° 

6.3 

+0.15 

16.0 

71 

9.2 

(8×60°) 

8.0 

20.0 

−0.052 

80 

11.5 

−1.4 

10×60° 

10.0 

25.0 

100 

14.2 

1×90° 

1.0 

+0.10 

4.0 

−0.030 

90°

'

300

 

35.5 

±2 

1.1 

−0.2 

(1.25×90°) 

1.25 

5.0 

40 

1.4 

−0.3 

1.6×90° 

1.6 

6.3 

−0.036 

45 

1.8 

−0.4 

2×90° 

2.0 

8.0 

50 

2.2 

−0.5 

2.5×90° 

2.5 

10.0 

56 

±3 

2.8 

−0.7 

3.15×90° 

3.15 

+0.12 

11.2 

−0.043 

60 

3.6 

−0.9 

4×90° 

4.0 

12.5 

63 

4.5 

−1.0 

(5×90°) 

5.0 

16.0 

71 

5.6 

−1.2 

(6.3×90°) 

6.3 

+0.15 

20.0 

−0.052 

80 

7.1 

(8×90°) 

8.0 

25.0 

100 

9.0 

−1.4 

10×90° 

10.0 

31.5 

−0.062 

125 

11.2 

12.5×90° 

12.5 

+0.18 

35.5 

140 

14.0 

呼びに括弧を付けたものは,なるべく用いない。 

Dc及びDsの許容差は,JIS B 0401-2による。 


B 4304:2018  

 

表3−B形-1の形状及び寸法 

 

 

 

単位 mm 

呼び 

Dc/Ds 

先端直径 Dc 

シャンク径 Ds 

最大径 D1 

センタ穴角 

θ 

全長 L 

刃長 l 

基準寸法 許容差 

k12 

基準寸法 

許容差 

h9 

基準寸法 許容差 

k12 

最大  最小  最大  最小 

1/4 

1.0 

+0.10 

4.0 

−0.030 

2.12 

+0.10 

最大60° 

37.5 

33.5 

1.9 

1.3 

(1.25/5) 

1.25 

5.0 

2.65 

42 

38 

2.2 

1.6 

1.6/6.3 

1.6 

6.3 

−0.036 

3.35 

+0.12 

47 

43 

2.8 

2.0 

2/8 

2.0 

8.0 

4.25 

52 

48 

3.3 

2.5 

2.5/10 

2.5 

10.0 

5.3 

59 

53 

4.1 

3.1 

3.15/11.2 

3.15 

+0.12 

11.2 

−0.043 

6.7 

+0.15 

63 

57 

4.9 

3.9 

4/14 

4.0 

14.0 

8.5 

70 

64 

6.2 

5.0 

(5/18) 

5.0 

18.0 

10.6 

+0.18 

78 

72 

7.5 

6.3 

6.3/20 

6.3 

+0.15 

20.0 

−0.052 

13.2 

83 

77 

9.2 

8.0 

(8/25) 

8.0 

25.0 

17.0 

103 

97 

11.5 

10.1 

10/31.5 

10.0 

31.5 

−0.062 

21.2 

+0.21 

128 

122 

14.2 

12.8 

呼びに括弧を付けたものは,なるべく用いない。 

Dc及びDsの許容差は,JIS B 0401-2による。 

 


B 4304:2018  

 

表4−B形-2の形状及び寸法 

 

 

 

単位 mm 

呼び 

Dc×θ 

先端直径 Dc 

シャンク径 Ds 

最大径 D1 

センタ穴角 

θ 

全長 L 

刃長 l 

基準寸法 許容差 

k12 

基準寸法 

 

許容差 

h9 

基準寸法 

 

許容差 

k12 

基準 
寸法 

許容 

差 

基準 
寸法 

許容 

差 

(0.5×60°) 

0.5 

+0.10 

3.15 

−0.030 

1.06 

+0.10 

60°

'

300

 

31.5 ±2 

0.8 

−0.2 

(0.63×60°) 

0.63 

1.32 

1.0 

(0.8×60°) 

0.8 

1.7 

1.2 

1×60° 

1.0 

4.0 

2.12 

35.5 

1.5 

(1.25×60°) 

1.25 

5.0 

2.65 

40 

1.9 

−0.3 

1.6×60° 

1.6 

6.3 

−0.036 

3.35 

+0.12 

45 

2.4 

−0.4 

2×60° 

2.0 

8.0 

4.25 

50 

3.0 

−0.5 

2.5×60° 

2.5 

10.0 

5.3 

56 

±3 

3.8 

−0.7 

3.15×60° 

3.15 

+0.12 

11.2 

−0.043 

6.7 

+0.15 

60 

4.8 

−0.9 

4×60° 

4.0 

14.0 

8.5 

67 

6.0 

−1.0 

(5×60°) 

5.0 

18.0 

10.6 

+0.18 

75 

7.5 

−1.2 

6.3×60° 

6.3 

+0.15 

20.0 

−0.052 

13.2 

80 

9.2 

(8×60°) 

8.0 

25.0 

17.0 

100 

11.5 

−1.4 

10×60° 

10.0 

31.5 

−0.062 

21.2 

+0.21 

125 

14.2 

呼びに括弧を付けたものは,なるべく用いない。 

Dc及びDsの許容差は,JIS B 0401-2による。 

 


B 4304:2018  

 

表5−C形-2の形状及び寸法 

 

 

Dc=0.5〜0.8の形状 

Dc=1.0以上の形状 

 

単位 mm 

呼び 

Dc×θ 

先端直径 

Dc 

シャンク径 

Ds 

座ぐり径 

Dc2 

最大径 

D1 

センタ穴角 

θ 

全長 L 

刃長 l 

l1 

(約) 

基準 
寸法 

許容差 

k12 

基準 
寸法 

許容差 

h9 

基準 
寸法 

許容差 

h9 

基準 
寸法 

許容差 

k12 

基準 
寸法 

許容 

差 

基準 
寸法 

許容 

差 

(0.5×60°) (0.5) +0.10 

3.15 

−0.030 

1.6 

−0.025 

1.06 +0.10 

60°

'

300

 

31.5 ±2 

0.8 

−0.2 

0.6 

(0.63×60°) (0.63) 

2.0 

1.32 

1.0 

0.8 

(0.8×60°) (0.8) 

2.5 

1.7 

1.2 

1.0 

1×60° 

1.0 

3.15 

−0.030 

2.12 

1.5 

1.2 

(1.25×60°) (1.25) 

4.0 

4.0 

2.65 

35.5 

1.9 

−0.3 

1.5 

1.6×60° 

1.6 

5.0 

5.0 

3.35 +0.12 

40 

2.4 

−0.4 

1.8 

2×60° 

2.0 

6.3 

−0.036 

6.3 

−0.036 

4.25 

45 

3.0 

−0.5 

2.2 

2.5×60° 

2.5 

8.0 

8.0 

5.3 

50 

3.8 

−0.7 

3.0 

3.15×60°  3.15 +0.12 

10.0 

10.0 

6.7 +0.15 

56 

±3 

4.8 

−0.9 

3.5 

4×60° 

4.0 

12.5 

−0.043 

12.5 

−0.043 

8.5 

63 

6.0 

−1.0 

4.2 

(5×60°) 

(5.0) 

16.0 

16.0 

10.6 +0.18 

71 

7.5 

−1.2 

5.5 

6.3×60° 

6.3 +0.15 

18.0 

18.0 

13.2 

75 

9.2 

5.5 

(8×60°) 

(8.0) 

22.4 

−0.052 

22.4 

−0.052 

17.0 

90 

11.5 

−1.4 

5.5 

10×60° 

10.0 

28.0 

28.0 

21.2 +0.21 

112 

14.2 

7.0 

呼びに括弧を付けたものは,なるべく用いない。 

Dc,Ds,D1及びDc2の許容差は,JIS B 0401-2による。 

 


B 4304:2018  

 

表6−R形-1の形状及び寸法 

 

 

 

単位 mm 

呼び 

Dc/Ds 

先端直径 Dc 

シャンク径 Ds 

全長 L 

刃長 l 

Rr 

基準寸法 

 

許容差 

k12 

基準寸法 

 

許容差 

h9 

最大 

 

最小 

 

基準寸法 

最大 

 

最小 

 

1/3.15 

1.0 

+0.10 

3.15 

−0.030 

33.5 

29.5 

3.0 

3.15 

2.5 

(1.25/3.15) 

(1.25) 

3.35 

4.0 

3.15 

1.6/4 

1.6 

4.0 

37.5 

33.5 

4.25 

5.0 

4.0 

2/5 

2.0 

5.0 

42 

38 

5.3 

6.3 

5.0 

2.5/6.3 

2.5 

6.3 

−0.036 

47 

43 

6.7 

8.0 

6.3 

3.15/8 

3.15 

+0.12 

8.0 

52 

48 

8.5 

10.0 

8.0 

4/10 

4.0 

10.0 

59 

53 

10.6 

12.5 

10.0 

(5/12.5) 

(5.0) 

12.5 

−0.043 

66 

60 

13.2 

16.0 

12.5 

6.3/16 

6.3 

+0.15 

16.0 

74 

68 

17.0 

20.0 

16.0 

(8/20) 

(8.0) 

20.0 

−0.052 

83 

77 

21.2 

25.0 

20.0 

10/25 

10.0 

25.0 

103 

97 

26.5 

31.5 

25.0 

呼びに括弧を付けたものは,なるべく用いない。 

Dc及びDsの許容差は,JIS B 0401-2による。 

 


B 4304:2018  

 

表7−R形-2の形状及び寸法 

 

 

 

単位 mm 

呼び 

Dc 

先端直径 Dc 

シャンク径 Ds 

全長 L 

刃長 l 

Rr 

基準寸法 許容差 

k12 

基準寸法 

許容差 

h9 

基準寸法 許容差 基準寸法 許容差 

最大寸法 

最小寸法 

1.0 

+0.10 

3.15 

−0.030 

31.5 

±2 

−0.2 

3.15 

2.5 

(1.25) 

(1.25) 

3.35 

−0.3 

4.0 

3.15 

1.6 

1.6 

4.0 

35.5 

4.25 

−0.4 

5.0 

4.0 

2.0 

5.0 

40 

5.3 

−0.5 

6.3 

5.0 

2.5 

2.5 

6.3 

−0.036 

45 

6.7 

−0.7 

8.0 

6.3 

3.15 

3.15 

+0.12 

8.0 

50 

8.5 

−0.9 

10.0 

8.0 

4.0 

10.0 

56 

±3 

10.6 

−1.0 

12.5 

10.0 

(5) 

(5.0) 

12.5 

−0.043 

63 

13.2 

−1.2 

16.0 

12.5 

6.3 

6.3 

+0.15 

16.0 

71 

17.0 

20.0 

16.0 

(8) 

(8.0) 

20.0 

−0.052 

80 

21.2 

−1.4 

25.0 

20.0 

10 

10.0 

25.0 

100 

26.5 

31.5 

25.0 

呼びに括弧を付けたものは,なるべく用いない。 

Dc及びDsの許容差は,JIS B 0401-2による。 

 


10 

B 4304:2018  

 

品質 

6.1 

外観 

ドリルの外観は,地きず,割れ,有害なきず,さびなどの欠点がなく,仕上げは良好でなければならな

い。 

注記 有害なきずは,受渡当事者間で限度見本などによって管理するのが望ましい。 

6.2 

表面粗さ 

ドリルの刃部及びシャンクの表面粗さは,7.1の試験を行ったとき,JIS B 0601に規定するRa1.6とする。 

6.3 

材料及び硬さ 

ドリルの材料及び硬さは,JIS B 4313による。 

6.4 

振れ 

ドリルの振れの公差は,7.3の試験を行ったとき,表8による。 

 

表8−振れの公差 

単位 mm 

先端直径Dc 

円周振れ公差tr 

0.5以上 

 1.6以下 

0.05 

2.0以上 

12.5以下 

0.08 

 

試験方法 

7.1 

表面粗さ 

ドリルの表面粗さは,目視によって,JIS B 0659-1の附属書1(比較用表面粗さ標準片)に示す粗さ標準

片と比較測定する。また,JIS B 0651に規定する触針式表面粗さ測定機を用いて測定を行ってもよい。 

7.2 

硬さ 

ドリルの硬さの試験方法は,JIS B 4313による。 


11 

B 4304:2018  

 

7.3 

センタ穴角及び振れ 

ドリルのセンタ穴角及び振れは,表9によって測定する。 

 

表9−測定方法 

番号 

項目 

測定方法 

測定方法図 

測定器具 

センタ穴角θ 測定顕微鏡のテーブル上

に置いたVブロックにド
リルの切れ刃が水平にな
るようにシャンクを支
え,切れ刃と鏡筒内との
十字線を一致させてその
角度を読む。 

 

JIS B 7153に規定
する測定顕微鏡 
JIS B 7540に規定
する鋼製1級のV
ブロック 

振れtr 

Vブロックにドリルのシ
ャンク全体を支え,刃部
(φDcの部分)のコーナ
に近い位置にダイヤルゲ
ージを当て,その最大値
の目盛を読む。次にドリ
ルを180°回転し,同様に
してダイヤルゲージの目
盛を読む。この二つの読
みの差を求め測定値とす
る。 

 

JIS B 7503に規定
する目量0.01 mm
のダイヤルゲージ 
JIS B 7540に規定
する鋼製1級のV
ブロック 

注記 測定方法,測定器具などは,一般的な例を示す。 

 

検査 

ドリルの検査は,形状及び寸法,外観,表面粗さ,硬さ並びに振れについて行い,それぞれ箇条5及び

箇条6の規定に適合しなければならない。 

 

製品の呼び方 

9.1 

A形-1,B形-1及びR形-1の製品の呼び方 

ドリルの呼び方は,規格番号又は規格名称,種類,呼び及び材料記号1)による。 

例1 JIS B 4304 A形 2/5 SKH51 

例2 センタ穴ドリル B形 6.3/20 HSS 

注1) 使用材料がSKH51若しくはS1〜S5又はこれと同等の場合は,HS又はHSSと呼び,また,SKH55

若しくはS6〜S8又はこれと同等の場合は,HSS-Coと呼んでもよい。 

9.2 

A形-2,B形-2,C形-2及びR形-2の製品の呼び方 

ドリルの呼び方は,規格番号又は規格名称,種類,呼び及び材料記号2)による。 

例1 JIS B 4304 A形 2×60°SKH51 

例2 センタ穴ドリル B形 6.3×60°HSS 

注2) 使用材料がSKH51又はこれと同等の場合は,HS又はHSSと呼び,また,SKH55又はこれと同

等の場合は,HSS-Coと呼んでもよい。 


12 

B 4304:2018  

 

10 表示 

10.1 製品の表示 

10.1.1 A形-1,B形-1及びR形-1の製品の表示 

A形-1,B形-1及びR形-1のドリルには,シャンクに次の事項を横書きに表示する。 

例 

a) 種類 

b) 呼び 

2/5 

c) 材料記号1) 

SKH51 

d) 製造業者名又はその略号 

○○○○ 

10.1.2 A形-2,B形-2,C形-2及びR形-2の製品の表示 

A形-2,B形-2,C形-2及びR形-2のドリルには,シャンクに次の事項を横書きに表示する。 

例 

a) 呼び 

4×60° 

b) 材料記号2) 

SKH51 

c) 製造業者名又はその略号 

○○○○ 

10.2 包装の表示 

ドリルの包装には,規格名称,種類,及び10.1に規定する事項を表示する。 

 

 


13 

B 4304:2018  

 

附属書JA 

(参考) 

JISと対応国際規格との対比表 

 

JIS B 4304:2018 センタ穴ドリル 

ISO 866:2016,Centre drills for centre holes without protecting chamfers−Type A 
ISO 2540:2016,Centre drills for centre holes with protecting chamfer−Type B 
ISO 2541:2016,Centre drills for centre holes with radius form−Type R 

 

(I)JISの規定 

(II)国際 
規格番号 

(III)国際規格の規定 

(IV)JISと国際規格との技術的差異の箇条ごと
の評価及びその内容 

(V)JISと国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策 

箇条番号 
及び題名 

内容 

箇条 
番号 

内容 

箇条ごと 
の評価 

技術的差異の内容 

1 適用範囲 センタ穴ドリルに

ついて規定。 

ISO 866 
ISO 2540 
ISO 2541 

ISO 866はA形を規定。 
ISO 2540はB形を規定。 
ISO 2541はR形を規定。 

一致 

− 

 

2 引用規格  

 

 

 

 

 

 

3 用語及び
定義 

用語及び定義を規
定。 

 

 

規定なし。 

追加 

JISとして用語及び定義を追加し
た。 

JISの様式に合わせ用語及び定義
を追加した。 

4 種類 

A形,B形,C形及
びR形の4種類を規
定。 

 

 

規定なし。 

追加 

ISO規格はA形,B形及びR形を
別規格に分けて規定。 
ISO規格にはC形は規定がない。 
ISO規格に完全整合したものを○
形-1とし,旧来のJISの寸法及び許
容差のものを○形-2とした。 

市場では旧来のJISの寸法及び許
容差のものが多く使用されてお
り,市場が混乱しないようにJIS
独自の規定として残した。JIS独
自の○形-2は,市場動向を見て次
回改正で判断する。 

5 形状及び
寸法 

各種類の形状及び
寸法を規定。 

ISO 866 
ISO 2540 
ISO 2541 

形状及び寸法を規定。 

追加 

JISはA形-2,B形-2,C形-2及び
R形-2の形状及び寸法も規定。 

JIS独自の規定とした○形-2の形
状及び寸法を明確にした。 

6 品質 

外観,表面粗さ,材
料及び硬さ及び振
れについて規定。 

 

 

規定なし。 

追加 

JISとして品質を追加した。 

JISは,使用者の利便性を確保す
ることから品質を追加した。 

7 試験方法 表面粗さ,硬さ,セ

ンタ穴角及び振れ
の試験方法につい
て規定。 

 

 

規定なし。 

追加 

JISとして試験方法を追加した。 

JISは,使用者の利便性を確保す
ることから試験方法を追加した。 

 

3

 

B

 4

3

0

4

2

0

1

8

 

 

 

 

 


14 

B 4304:2018  

 

(I)JISの規定 

(II)国際 
規格番号 

(III)国際規格の規定 

(IV)JISと国際規格との技術的差異の箇条ごと
の評価及びその内容 

(V)JISと国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策 

箇条番号 
及び題名 

内容 

箇条 
番号 

内容 

箇条ごと 
の評価 

技術的差異の内容 

8 検査 

検査について規定。  

 

規定なし。 

追加 

JISとして検査を追加した。 

JISは,使用者の利便性を確保す
ることから検査を追加した。 

9 製品の呼
び方 

各種類の製品の呼
び方を規定。 

ISO 866 
ISO 2540 
ISO 2541 

製品の呼び方を規定。 

追加 

JISはA形-2,B形-2,C形-2及び 
R形-2の呼び方も規定。 

JIS独自の規定とした○形-2の呼
び方を明確にした。 

10 表示 

表示について規定。  

 

規定なし。 

追加 

JISとして表示を追加した。 

JISは,使用者の利便性を確保す
ることから表示を追加した。 

 

JISと国際規格との対応の程度の全体評価:(ISO 866:2016,ISO 2540:2016,ISO 2541:2016,MOD) 

注記1 箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。 

− 一致  技術的差異がない。 
− 追加  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 

注記2 JISと国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。 

− MOD  国際規格を修正している。 

 

3

 

B

 4

3

0

4

2

0

1

8

 

 

3

 

B

 4

3

0

4

2

0

1

8