>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 4304

:2005

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本工具工業会

(JSCTA)/財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出

があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS B 4304:1998 は改正され,この規格に置き換えられる。

改正に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,ISO 866:1975,Centre drills for centre

holes without protecting chamfers−Type A,ISO 2540:1973,Centre drills for centre holes with protecting chamfers

−Type B 及び ISO 2541:1972,Centre drills for centre holes with radius form−Type R を基礎として用いた。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS B 4304

には,次に示す附属書がある。

附属書 1(参考)センタ穴

附属書 2(参考)JIS と対応する国際規格との対比表


B 4304

:2005

(2)

目  次

ページ

序文 

1

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  種類  

2

4.

  形状・寸法 

2

5.

  品質

2

5.1

  外観

2

5.2

  表面粗さ 

2

5.3

  硬さ

2

5.4

  振れ

2

6.

  材料

2

7.

  試験方法

2

7.1

  表面粗さ 

2

7.2

  硬さ

2

7.3

  センタ穴角及び振れ

2

8.

  検査

3

9.

  製品の呼び方 

3

9.1

  -1-1 及び -1 の製品の呼び方 

3

9.2

  -2-2-2-2 及び -2 の製品の呼び方

3

10.

  表示

3

10.1

  製品の表示 

4

10.2

  包装の表示 

4

附属書 1(参考)センタ穴 

12

附属書 2(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

16

解説  19

 
 


日本工業規格     

JIS

 B

4304

:2005

センタ穴ドリル

Centre drills for centre holes

序文  この規格は,1975 年に第 1 版として発行された ISO 866,Centre drills for centre holes without protecting

chamfers−Type A,1973 年に第 1 版として発行された ISO 2540:1973,Centre drills for centre holes with

protecting chamfers−Type B 及び 1972 年に第 1 版として発行された ISO 2541:1972,Centre drills for centre

holes with radius form−Type R を翻訳し,技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,原国際規格を変更している事項である。変

更の一覧表をその説明を付けて,

附属書 2(参考)に示す。

1.

適用範囲  この規格は,センタ穴の加工に用いるセンタ穴ドリル(以下,ドリルという。)について規

定する。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 866:1975

,Centre drills for centre holes without protecting chamfers−Type A (MOD)

ISO 2540:1973

,Centre drills for centre holes with protecting chamfers−Type B (MOD)

ISO 2541:1972

,Centre drills for centre holes with radius form−Type R (MOD)

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0401

2  寸法公差及びはめあいの方式−第 2 部:穴及び軸の公差等級並びに寸法許容差の表

JIS B 0601

  製品の幾何特性仕様(GPS)−表面性状:輪郭曲線方式−用語,定義及び表面性状パラメ

ータ

JIS B 0651

  製品の幾何特性仕様(GPS)−表面性状:輪郭曲線方式−触針式表面粗さ測定機の特性

JIS B 0659

1  製品の幾何特性仕様(GPS)−表面性状:輪郭曲線方式:測定標準−第 1 部:標準片

JIS B 7153

  測定顕微鏡

JIS B 7503

  ダイヤルゲージ

JIS B 7540

  V ブロック

JIS B 7725

  ビッカース硬さ試験−試験機の検証

JIS B 7726

  ロックウェル硬さ試験−試験機の検証

JIS B 7734

  ヌープ硬さ試験−試験機の検証

JIS G 4403

  高速度工具鋼鋼材

JIS Z 2244

  ビッカース硬さ試験−試験方法


2

B 4304

:2005

JIS Z 2245

  ロックウェル硬さ試験−試験方法 

3.

種類  ドリルの種類は,センタ穴の形式によって,A 形,B 形,C 形及び R 形の 4 種類とし,寸法及

び許容差によって,A

‑1 形,A‑2 形,B‑1 形,B‑2 形,C‑2 形,R‑1 形及び R‑2 形がある。

参考  センタ穴の形状は,附属書 参照。

4. 

形状・寸法  ドリルの形状及び寸法は,付表 1による。

5. 

品質 

5.1 

外観  ドリルの外観は,地きず及び割れ並びに有害なまくれ,きず,さびなどの欠点がなく,仕上

げは良好でなければならない。

5.2 

表面粗さ  ドリルの刃部及びシャンクの表面粗さは,7.1 による試験を行ったとき,  JIS B 0601 

規定する 1.6

µm Ra(6.3 µm Rz)以下とする。

5.3 

硬さ  ドリルの刃部の硬さは,7.2 による試験を行ったとき,63 HRC  又は 772 HV 以上とする。

5.4 

振れ  ドリルのシャンクをデータムとした振れは,7.3 による試験を行ったとき,表 のとおりとす

る。

  1  振れ公差

単位  mm 

小径 d 

公差  t

r

 

0.5 以上  1.6 以下 

0.05 

2.0 以上  12.5 以下 

0.08 

6. 

材料  ドリルの材料は JIS G 4403 に規定する SKH51,又はこれと同等の性能をもつものとする。

7. 

試験方法 

7.1 

表面粗さ  ドリルの表面粗さは,目視によって,JIS B 0659-1 に規定する粗さ標準片と比較する。ま

た,JIS B 0651 に規定する触針式表面粗さ測定機を用いて測定を行ってもよい。 

7.2

硬さ  ドリルの刃部の硬さは,JIS B 7726  に規定するロックウェル硬さ試験機を用いて,JIS Z 2245

に規定する試験方法によって測定する。ただし,この試験機によって測定できない場合は,JIS B 7725 

規定するビッカ−ス硬さ試験機又は JIS B 7734 に規定するヌープ硬さ試験機を用いて,JIS Z 2244 に規定

する試験方法によって測定してもよい。

なお,試験機による測定が困難な場合には,やすりによる比較を行ってもよい。

7.3 

センタ穴角及び振れ  ドリルのセンタ穴角及び振れは,表 によって測定する。 


3

B 4304:2005

  2  試験方法

番号

項目

測定方法

測定方法図

測定器具

1

センタ穴角θ  測定顕微鏡のテーブル

上に置いた V ブロック

にドリルの切れ刃が水

平になるようにシャン

クを支え,

切れ刃と鏡筒

内との十字線を一致さ

せてその角度を読む。

JIS B 7153

に規定す

る測定顕微鏡 

JIS B 7540

に規定す

る鋼製 1 級の V ブロ

ック 

2

振れ

t

r

V ブロックでドリルの

シャンク全体を支え,

部(φの部分)のコー

ナに近い位置にダイヤ

ルゲージを当て,

その最

大値の目盛を読む。次に

ドリルを 180 ゚回転し,

同様にしてダイヤルゲ

ージの目盛を読む。この

二つの読みの差を求め

測定値とする。 

JIS B 7503

に規定す

る目量 0.01 mm の

ダイヤルゲージ

JIS B 7540

に規定す

る鋼製 1 級の V ブロ

ック

備考  測定方法及び測定器具などは,一般的な例を示す。 

8. 

検査  ドリルの検査は,形状・寸法,外観,表面粗さ,硬さ及び振れについて行い,それぞれ 4.及び

5.

の規定に適合しなければならない。 

9.

製品の呼び方  ドリルの呼び方は,規格番号又は規格名称,種類,呼び及び材料記号(

1

)による。

例 1.  JIS B 4304  A 形  2/5  SKH51

例 2.  センタ穴ドリル  B 形  6.3/20  HSS 

例 3.  JIS B 4304  A 形  2×60°SKH51

例 4.  センタ穴ドリル  B 形  6.3×90°HSS

(

1

使用材料が SKH51 若しくは S1〜S5 又はこれらと同等の場合は,HS 又は HSS と呼び,また,

SKH55 若しくは S6〜S8 又はこれらと同等の場合は,HSS-Co と呼んでもよい。 

10.

表示 

10.1

製品の表示 

10.1.1 A

-1-1 及び -1 の製品の表示    A 形-1,B 形-1,及び R 形-1 のドリルには,シャンクに

次の事項を横書きに表示する。 


4

B 4304

:2005

a)  種類

A

b)  呼び

   2/5

c)  材料記号(

2

)

  SKH51

c)  製造業者名又はその略号 

○○○○

(

2

)

使用材料が SKH51 又は S1〜S5 若しくはこれと同等の場合は,HS 又は HSS と表示し,また,

SKH55 又は S6〜S8 若しくはこれと同等の場合は,HSS-Co と表示してもよい。

10.1.2 A

-2-2-2 及び -2 の製品の表示  A 形-2,B 形-2,C 形-2 及び R 形-2 のドリルに

は,シャンクに次の事項を横書きに表示する。

a)  呼び           

4×60 ゚

b)  材料記号(

2

)   

 

SKH51

c)  製造業者名又はその略号

○○○○

10.2 

包装の表示  ドリルの包装には,規格の名称,種類,呼び,材料記号(

1

)及び製造業者名又はその略

号を表示する。


5

B 4304:2005

付表  1  A 形-1 の形状及び寸法

片刃形状                                両刃形状

A 形‑1    (d≦0.8 は片刃形状,d≧1.0 は両刃形状)                                                                            単位  mm

小径 

d

シャンク径  D

全長  L

刃長  l

呼び

d/D 

基準寸法

許容差

k12

基準寸法

許容差

h9

センタ穴角

θ

 

最大

最小

最大

最小

(0.5/3.15)

(0.5)

1.0 0.8

(0.63/3.1

5)

(0.63)

1.2 0.9

(0.8/3.15)

(0.8)

21 19

1.5 1.1

1/3.15

1.0

1.9 1.3

(1.25/3.1

5)

(1.25)

3.15

33.5 29.5

2.2 1.6

1.6/4

1.6 4.0

37.5

33.5

2.8

2.0

2/5

2.0 5.0

0

‑0.030

42 38 3.3  2.5

2.5/6.3

2.5

 +0.10 
    0

6.3 47

43

4.1

3.1

3.15/8

3.15 8.0

52

48

4.9

3.9

4/10

4.0 10.0

0

‑0.036

59 53 6.2  5.0

(5/12.5)

(5.0)

 +0.12 
    0

12.5 66

60

7.5

6.3

6.3/16

6.3 16.0

0

‑0.043

74 68 9.2  8.0

(8/20)

(8.0) 20.0

83

77

11.5

10.1

10/25

10.0

 +0.15 
    0

25.0

0

‑0.052

最大 60°

103 97 14.2  12.8

備考1.  呼び及び の基準寸法に括弧を付けたものは,なるべく用いない。

2.  d

及び の許容差は,JIS B 0401

による。 


6

B 4304

:2005

付表  2  A 形-2 の形状及び寸法

A 形‑2                                                                                                                                                    単位  mm

小径  d 

シャンク径  D

センタ穴角  θ

全長  L 

刃長  l 

呼び 

d×θ 

基準寸法 許容差 

k12 

基準寸

法 

許容差 

h9

基準寸

法 

許容差  基準寸法 許容差  基準寸

法 

許容差 

(0.5) (0.5)

0.8

(0.63) (0.63)

1.0

(0.8) (0.8)

1.2

1 1.0

1.5

0

‑0.2

(1.25) (1.25)

3.15

31.5

1.9 0

‑0.3

1.6 1.6  4.0

35.5  2.4

0

‑0.4

2 2.0 5.0

0

‑0.030

40 3.0

0

‑0.5

2.5 2.5

+0.10

0

6.3 45

3.8

0

‑0.7

3.15 3.15  8.0

50

±2

4.8 0

‑0.9

4 4.0 10.0

0

‑0.036

56 6.0

0

‑1.0

(5) (5.0)

+0.12

0

12.5 63

7.5

6.3 6.3  16.0

0

‑0.043

71 9.2

0

‑1.2

(8) (8.0)  20.0

80  11.5

10

60°

10.0

+0.15

0

25.0

0

‑0.052

60°

100

±3

14.2

0

‑1.4

1 1.0 4.0

35.5 1.1

0

‑0.2

(1.25) (1.25)  5.0

0

‑0.030

40 1.4

0

‑0.3

1.6 1.6  6.3

45  1.8

0

‑0.4

2 2.0 8.0

50

±2

2.2 0

‑0.5

2.5 2.5

+0.10

0

10.0

0

‑0.036

56 2.8

0

‑0.7

3.15 3.15  11.2

60  3.6

0

‑0.9

4 4.0 12.5

63  4.5

0

‑1.0

(5) (5.0)

+0.12

0

16.0

0

‑0.043

71 5.6

6.3 6.3  20.0

80  7.1

0

‑1.2

(8) (8.0)  25.0

0

‑0.052

100 9.0

10 10.0

+0.15

0

31.5 125

11.2

12.5

90°

12.5 +0.18

0

35.5

0

‑0.062

90°

0

‑30´

140

±3

14.0

0

‑1.4

備考1.  呼び及び の基準寸法に括弧を付けたものは,なるべく用いない。

2.  d

及び の許容差は,JIS B 0401

による。


7

B 4304:2005

付表  3  B 形-1 の形状及び寸法

B 形‑1                                                                                                                                                          単位  mm

小径  d 

シャンク径  D 

最大径  D

1

 

全長  L 

刃長  l 

呼び 

d/D 

基準寸法  許容差 

k12 

基準寸法  許容差 

h9 

基準寸法 許容差 

k12 

センタ穴

角 

θ 

最大  最小  最大  最小 

1/4 1.0

4.0

2.12

37.5

33.5

1.9

1.3

(1.25/5) (1.25)

5.0

0

‑0.030

2.65

+0.10

0

42 38 2.2

1.6

1.6/6.3 1.6

6.3

3.35

47

43

2.8

2.0

2/8 2.0

8.0

4.25

52

48

3.3

2.5

2.5/10 2.5

+0.10

0

10.0

0

‑0.036

5.3

+0.12

0

59 53 4.1

3.1

3.15/11.2 3.15

11.2

6.7

63 57 4.9

3.9

4/14 4.0

14.0

8.5

+0.15

0

70 64 6.2

5.0

(5/18) (5.0)

+0.12

0

18.0

0

‑0.043

10.6 78

72

7.5

6.3

6.3/20 6.3

20.0

13.2

83

77

9.2

8.0

(8/25) (8.0)

25.0

0

‑0.052

17.0

+0.18

0

103 97 11.5

10.1

10/31.5 10.0

+0.15

0

31.5 0

‑0.062

21.2 +0.21

0

最大 60°

128 122 14.2

12.8

備考1.  呼び及び の基準寸法に括弧を付けたものは,なるべく用いない。

2.  d

及び の許容差は,JIS B 0401

による。 


8

B 4304

:2005

付表  4  B 形-2 の形状及び寸法

B 形‑2                                                                                                                                                          単位  mm

小径  d 

シャンク径  D 

最大径  D

1

 

センタ穴角 

θ 

全長  L 

刃長  l 

呼び 

θ 

基準寸法 許容差 

k12 

基準寸法 

 

許容差 

h9 

基準寸法 

 

許容差 

k12 

基準 
寸法 

許容 

差 

基準 
寸法 

許容 

差 

基準 
寸法 

許容 

差 

(0.5) (0.5)

1.06

0.8

(0.63) (0.63)

1.32

1.0

(0.8) (0.8)

3.15

1.7

31.5

1.2

1 1.0

4.0

2.12

35.5

1.5

0

‑0.2

(1.25) (1.25)

5.0

0

‑0.030

2.65

+0.10

0

40 1.9

0

‑0.3

1.6 1.6

6.3

3.35

45

2.4

0

‑0.4

2 2.0

8.0

4.25

50

±2

3.0

0

‑0.5

2.5 2.5

+0.10

0

10.0

0

‑0.036

5.3

+0.12

0

56 3.8

0

‑0.7

3.15 3.15

11.2

6.7

60 4.8

0

‑0.9

4 4.0

14.0

8.5

+0.15

0

67 6.0

0

‑1.0

(5) (5.0)

+0.12

0

18.0

0

‑0.043

10.6 75

7.5

6.3 6.3

20.0

13.2

80

9.2

0

‑1.2

(8) (8.0)

25.0

0

‑0.052

17.0

+0.18

0

100 11.5

10

60°

10.0

+0.15

0

31.5 0

‑0.062

21.2 +0.21

0

60°

0

‑30´

125

±3

14.2

0

‑1.4

備考1.  呼び及び の基準寸法に括弧を付けたものは,なるべく用いない。

2.  d

及び の許容差は,JIS B 0401

による。 


9

B 4304:2005

付表  5  C 形-2 の形状及び寸法

        d=0.50.8 の形状                                  d=1.0 以上の形状 

C 形‑2                                                                                                                                                          単位  mm

小径  d 

シャンク径 

D 

D

1

 

最大径  D

2

  センタ穴角 

θ 

全長  L 

刃長  l 

呼び 

d×θ

 

基準 
寸法 

許容

差 

k12 

基準 
寸法 

許容差 

h9 

基準 
寸法 

許容差 

h9 

基準 
寸法 

許容

差 

k12 

基準 
寸法 

許容 

差 

基準 
寸法 

許容 

差 

基準 
寸法 

許容 

差 

l

1

(約

(0.5) (0.5)

1.6

1.06

0.8

0.6

(0.63) (0.63

)

2.0 1.32

1.0 0.8

(0.8) (0.8)

2.5

0

‑0.025

1.7

1.2 1.0

1 1.0

3.15

3.15 2.12

31.5

1.5

0

‑0.2

1.2

(1.25) (1.25

)

4.0

4.0 2.65

+0.10

0

35.5

1.9 0

‑0.3

1.5

1.6 1.6

5.0

0

‑0.030

5.0

0

‑0.030

3.35

40

2.4 0

‑0.4

1.8

2 2.0

6.3

6.3

4.25

45

3.0

0

‑0.5

2.2

2.5 2.5

+0.10

0

8.0

8.0 5.3

+0.12

0

50

±2

3.8 0

‑0.7

3.0

3.15 3.15

10.0

0

‑0.036

10.0

0

‑0.036

6.7

56

4.8 0

‑0.9

3.5

4 4.0  12.5

12.5

8.5

+0.15

0

63

6.0 0

‑1.0

4.2

(5) (5.0)

+0.12

0

16.0

16.0 10.6

71

7.5  5.5

6.3 6.3

18.0

0

‑0.043

18.0

0

‑0.043

13.2

75

9.2

0

‑1.2

5.5

(8) (8.0)

22.4

22.4

17.0

+0.18

0

90

11.5 5.5

10

60°

10.0

+0.15

0

28.0

0

‑0.052  28.0

0

‑0.052 21.2 +0.21

0

60° 0

‑30´

112

±3

14.2

0

‑1.4

7.0

備考1.  呼び及び の基準寸法に括弧を付けたものは,なるべく用いない。

2.  d

DD

1

及び D

2

の許容差は,JIS B 0401

による。 


10

B 4304

:2005

付表  6  R 形-1 の形状及び寸法

R 形‑1                                                                                                                                                          単位  mm

小径  d 

シャンク径  D 

全長  L 

刃長  l 

呼び 

d/D 

基準寸法 

 

許容差 

k12 

基準寸法 

 

許容差 

h9 

最大 

 

最小 

 

基準寸法 

 

最大 

 

最小 

 

1/3.15 1.0

3.0

3.15 2.5

(1.25/3.15) (1.25)

3.15 33.5

29.5

3.35 4.0  3.15

1.6/4 1.6

4.0

37.5

33.5

4.25

5.0 4.0

2/5 2.0

5.0

0

‑0.030

42 38  5.3

6.3

5.0

2.5/6.3 2.5

+0.10

0

6.3 47

43

6.7

8.0

6.3

3.15/8 3.15

8.0

52

48

8.5 10.0 8.0

4/10 4.0

10.0

0

‑0.036

59 53  10.6  12.5  10.0

(5/12.5) (5.0)

+0.12

0

12.5 66

60

13.2

16.0

12.5

6.3/16 6.3

16.0

0

‑0.043

74 68  17.0  20.0  16.0

(8/20) (8.0)

20.0

83

77

21.2

25.0 20.0

10/25 10.0

+0.15

0

25.0

0

‑0.052

103 97  26.5  31.5

25.0

備考1.  呼び及び の基準寸法に括弧を付けたものは,なるべく用いない。

2.  d

及び の許容差は,JIS B 0401

による。 


11

B 4304:2005

付表  7  R 形-2 の形状及び寸法

R 形‑2                                                                                                                                                          単位  mm

小径  d 

シャンク径  D 

全長  L 

刃長  l 

呼び 

基準寸法 許容差 

k12 

基準寸法 許容差 

h9 

基準寸法  許容差  基準寸法 許容差  最大寸法  最小寸法 

1 1.0

3 0

‑0.2

3.15 2.5

(1.25) (1.25)

3.15 31.5

3.35 0

‑0.3

4.0 3.15

1.6 1.6

4.0

35.5

4.25 0

‑0.4

5.0 4.0

2 2.0

5.0

0

‑0.030

40 5.3

0

‑0.5

6.3 5.0

2.5 2.5

+0.10

0

6.3 45  6.7

0

‑0.7

8.0 6.3

3.15 3.15

8.0

50

±2

8.5 0

‑0.9

10.0 8.0

4 4.0

10.0

0

‑0.036

56 10.6

0

‑1.0

12.5 10.0

(5) (5.0)

+0.12

0

12.5 63  13.2 16.0

12.5

6.3 6.3

16.0

0

‑0.043

71 17.0

0

‑1.2

20.0 16.0

(8) (8.0)

20.0

80

21.2

25.0  20.0

10 10.0

+0.15

0

25.0

0

‑0.052

100

±3

26.5

0

‑1.4 31.5  25.0

備考1.  呼び及び の基準寸法に括弧を付けたものは,なるべく用いない。

2.  d

及び の許容差は,JIS B 0401

による。 


12

B 4304

:2005

附属書 1(参考)センタ穴

1.

適用範囲  この附属書は,機械加工,測定及び検査に用いるセンタ穴の種類,形状,寸法及び呼び方

について示す。

2. 

種類  センタ穴の種類は,附属書 表 よる。

附属書 表 1  センタ穴の種類

角度

形式

  90° A


C

  60°

R

備考  ここに示す角度は,適用するセンタの角度をいう。

3. 

形状・寸法  センタ穴の形状及び寸法は,附属書 付表 1による。

11.

呼び方  センタ穴の呼び方は,角度,名称,形式及び呼び(d)とする。

例 60°センタ穴  C 形 4


13

B 4304:2005

附属書 付表 1  60°センタ穴 A 形,B 形及び C 形の形状及び寸法

                  A

形                    形                          

単位  mm

参考

呼び

d

D D

1

 

D

2

(最小)

l *

(最大)

b

(約)

l

1

 

l

2

 

l

3

 t a 

(0.5)

1.06 1.6  1.6  1  0.2 0.48 0.64 0.68

0.5

0.16

(0.63)

1.32  2  2  1.2 0.3 0.6 0.8 0.9 0.6 0.2

(0.8)

1.7 2.5 2.5 1.5 0.3 0.78

1.01

1.08 0.7 0.23

1

2.12 3.15 3.15  1.9  0.4  0.97 1.27 1.37  0.9  0.3

(1.25)

2.65  4  4  2.2  0.6 1.21 1.6 1.81 1.1 0.39

1.6

3.35  5  5  2.8  0.6 1.52 1.99 2.12 1.4 0.47

2

4.25 6.3 6.3 3.3 0.8 1.95 2.54 2.75 1.8 0.59

2.5

5.3  8  8  4.1  0.9 2.42 3.2 3.32 2.2 0.78

3.15

6.7  10  10  4.9  1  3.07 4.03 4.07 2.8 0.96

4

8.5 12.5 12.5 6.2  1.3  3.9 5.05 5.2  3.5 1.15

(5)

10.6 16  16  7.5  1.6 4.85 6.41 6.45 4.4 1.56

6.3

13.2 18  18  9.2  1.8 5.98 7.36 7.78 5.5 1.38

(8)

17  22.4 22.4 11.5  2  7.79 9.35 9.79  7  1.56

10

21.2 28  28 14.2 2.2  9.7 11.66

11.9 8.7 1.96

*

は,より小さい値となってはならない。

備考1.  呼びに括弧を付けたものは,なるべく用いない。

2.

参考で示す l

1

l

2

l

3

及び は,dDD

1

D

2

及び によって計算した値である。 


14

B 4304

:2005

附属書 付表 2  60°センタ穴 R 形の形状及び寸法

R

単位  mm

参考

l

1

 t 

呼び

d

最大

最小

l*

(最大)

最大のとき 最小のとき 最大のとき  最小のとき

1 2.12

3.15

2.5 2.6  2.14  2.27  1.9  1.8

(1.25) 2.65  4  3.15  3.1

2.67

2.73

2.3

2.2

1.6 3.35 5  4  4  3.37  3.45  2.9

2.8

2 4.25

6.3 5  5  4.24  4.34  3.7  3.5

2.5 5.3 8 6.3 6.2  5.33  5.46  4.6

4.4

3.15 6.7 10  8  7.9  6.77  6.92

5.8

5.6

4 8.5

12.5

10 9.9 8.49  8.68  7.3

7

(5) 10.6 16 12.5

12.3 10.52  10.78  9.1

8.8

6.3 13.2 20 16 15.6 13.39  13.73  11.3

11

(8) 17 25 20

19.7 16.98 17.35  14.5  14

10 21.2

31.5 25 24.6 21.18  21.66  18.2  17.5

*

は,より小さい値となってはならない。

備考1.  呼びに括弧を付けたものは,なるべく用いない。

2.

参考で示す l

1

及び は,dD及び によって計算した値である。 


15

B 4304:2005

附属書 付表 3  90°センタ穴 A 形の形状及び寸法

A

単位  mm

参考

呼び

d

D

l*

(最大)

l

1

 t 

1 2.8  1.1  0.9  0.5

(1.25) 3.6

1.4

1.15

0.7

1.6 4.5  1.8

1.45

0.8

2 5.6  2.2  1.8

1

2.5 7.1  2.8

2.3

1.3

3.15 9

3.6  2.92  1.6

4 11.2  4.5

3.6

2

(5) 14  5.6

4.5

2.5

6.3 18  7.1  5.85  3.2

(8) 22.4

9

7.2

4

10 28  11.2

9

5

12.5 31.5

14

9.5

6.3

*

は,より小さい値となってはならない。

備考1.  呼びに括弧を付けたものは,なるべく用いない。

2.

参考で示す l

1

及び は,d及び によって計算した値である。 


16

B 4304

:2005

附属書 2(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

JIS B 4304

:2005  センタ穴ドリル

ISO 866:1975

  センタ穴ドリル A 形

ISO 2540:1972

センタ穴ドリル B 形

ISO 2541:1972

  センタ穴ドリル R 形

(Ⅰ) JIS の規定

(Ⅲ)  国際規格の規定

(Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差異
の項目ごとの評価及びその内容

  表示箇所:本文の左側 
  表示方法:傍線

項目 
番号

内容

( Ⅱ )  国 際
規格番号

項目
番号

内容

項 目 ご と
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)  JIS と国際規格との技術的差異の理由
及び今後の対策

1. 適 用 範
 

センタ穴ドリルについて規定。

ISO 866 
ISO 2540

ISO 2541

1. 

ISO 866

はA形を規定。 

ISO 2540

はB形を規定。 

ISO 2541

は R 形を規定。

IDT

2. 引 用 規
 

JIS B 0401-2

JIS B 0601

JIS B 0651

JIS B 0659-1

JIS B 7153

JIS B 7503

JIS B 7540

JIS B 7725

JIS B 7726

JIS B 7734

JIS G 4403

JIS Z 2244

JIS Z 2245 
 
 
 

規定なし。

MOD/追

JIS

として引用規格を追

加した。

JIS

として追加した品質,試験方法など

の規定に必要なため。

16

B4304


2005


17

B 4304:2005

(Ⅰ) JIS の規定

(Ⅲ)  国際規格の規定

(Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差異
の項目ごとの評価及びその内容 
  表示箇所:本文の左側

  表示方法:傍線

項目 
番号

内容

( Ⅱ )  国 際
規格番号

項目
番号

内容

項 目 ご と
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)  JIS と国際規格との技術的差異の理由
及び今後の対策

3.種類 

A形,B形,C形及びR形の4種類を
規定。 

寸法及び許容差によって A 形

‑1,

A 形‑2,B 形‑1,B 形‑2,C 形‑2,
R 形‑1 及び R 形‑2 がある。

規定なし。

MOD/追

ISO

はA形,B形及びR形

を別規格に分けて規定。
ISO

にはC形は規定がな

い。 

ISO

に完全整合したもの

を○形

‑1 とし,旧来の

JIS

の寸法及び許容差の

ものを○形

‑2 とした。

市場では旧来の JIS の寸法及び許容差のも
のが多く使用されており,市場が混乱しない

ように JIS 独自の規定として残した。

4.形状・寸
 

各種類の形状・寸法を規定。

ISO 866

ISO 2540 

3. 

形状及び寸法を規定。

MOD/追

JIS

は A 形

‑2,B 形‑2,C

‑2 及び R 形‑2 の形状

及び寸法も規定。

JIS

独自の規定とした○形

‑2 の形状及び寸

法を明確にした。

5.品質 

外観,表面粗さ,硬さ及び振れに
ついて規定。

規定なし。

MOD/追

JIS

として品質を追加し

た。

JIS

は,使用者の利便性を確保すること

から品質を追加した。

6.材料 

材料について規定。

規定なし。

MOD/追

JIS

として材料を追加し

た。

JIS

は,使用者の利便性を確保すること

から材料を追加した。

7. 試 験 方
 

表面粗さ,硬さ,センタ穴角及び

振れの試験方法について規定。

規定なし。

MOD/追

JIS

として試験方法を追

加した。

JIS

は,使用者の利便性を確保すること

から試験方法を追加した。

8.検査 

検査について規定。

規定なし。

MOD/追

JIS

として検査を追加し

た。

JIS

は,使用者の利便性を確保すること

から検査を追加した。

9. 製 品 の
呼び方 

各種類の製品の呼び方を規定。

ISO 866 
ISO 2540

ISO 2541

2. 

製品の呼び方を規定。

MOD/追

JIS

はA形

‑2,B形‑2,C

‑2及び 

R 形‑2 の呼び方も規定。

JIS

独自の規定とした○形

‑2 の呼び方を明

確にした。

10.表示 

表示について規定。

規定なし。

MOD/追

JIS

として表示を追加し

た。

JIS

は,使用者の利便性を確保すること

から表示を追加した。

 
JIS と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD

17

B 4304


2005


18

B 4304

:2005

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―  IDT………………  技術的差異がない。 
    ―  MOD/削除………  国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。

    ―  MOD/追加………  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
    ―  MOD/変更………  国際規格の規定内容を変更している。 
    ―  MOD/選択………  国際規格の規定内容と別の選択肢がある。

    ―  NEQ……………  技術的差異があり,かつ,それがはっきりと識別され説明されていない。

2. JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―  IDT………………  国際規格と一致している。

    ―  MOD……………  国際規格を修正している。 
    ―  NEQ……………  技術的内容及び構成において,国際規格と同等でない。

18

B4304


2005