>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 B

4213

-1996

ストレートシャンク台形

ランナエンドミル

Tapered end mills for trapeziform runner with parallel shanks

1.

適用範囲  この規格は,主として金型のランナ(

1

)

を加工するために使用する小端外径が 2mm 以上,

12mm

以下,テーパ半角が 7°,10°,12°,15°であるストレートシャンク台形ランナエンドミル(以

下,エンドミルという。

)について規定する。

(

1

)

プラスチック金型及びダイキャスト金型に使用される湯道。

備考  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS B 0021 

幾何公差の図示方法

JIS B 0172 

フライス用語

JIS B 0401 

寸法公差及びはめあい

JIS B 0405 

普通公差−第 1 部:個々に公差の指示がない長さ寸法及び角度寸法に対する公差

JIS B 0601 

表面粗さ−定義及び表示

JIS B 0659 

比較用表面粗さ標準片

JIS B 1011 

センタ穴

JIS B 1501 

玉軸受用鋼球

JIS B 4005 

フライス用ストレートシャンク部−形状・寸法

JIS B 7503 

ダイヤルゲージ

JIS B 7513 

精密定盤

JIS B 7540 

V

ブロック

JIS B 7725 

ビッカース硬さ試験機

JIS B 7726 

ロックウェル硬さ試験機

JIS G 4051 

機械構造用炭素鋼鋼材

JIS G 4403 

高速度工具鋼鋼材

JIS Z 2244 

ビッカース硬さ試験方法

JIS Z 2245 

ロックウェル硬さ試験方法

2.

用語の定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS B 0172 による。

3.

種類  エンドミルの種類は,シャンクの形状によって,(プレイン)ストレートシャンク台形ランナエ

ンドミル(

2

)

とフラット付きストレートシャンク台形ランナエンドミルの 2 種類とし,底刃の形状は,スク

エア刃とする。


2

B 4213-1996

(

2

)

紛らわしくない場合には,括弧を付けた文字は,省略してもよい。

4.

形状・寸法  エンドミルの形状及び寸法は,表 による。

表 1  エンドミルの形状及び寸法

単位 mm

シャンク径  d

参考

テーパ半角

2

α

小端外径

D

許容差

基準角度  許容差  基準寸法  許容差

js12

基準

寸法 プレインストレート

シャンク

h8

フラット付きストレ
ートシャンク

h6

刃長

l

全長

L

大端外径

D

1

2 4

2.98

2.5 5

3.73

3

±0.050

6 4.47

3.5 7

5.22

4

6

0

−0.018

0

−0.008

8

52

5.96

4.5 9

6.71

5

8

10

54

7.46

6

±0.060

10

0

−0.022

0

−0.009

12 62

8.95

8 16

11.93

10

±0.075 12

20

77

14.91

7

°

±15′

12

±0.090 16

0

−0.027

0

−0.011

24 84  17.89

2 4

3.41

2.5 5

4.26

10

°

±15′

3

±0.050 6

0

−0.018

0

−0.008

6

52

5.12


3

B 4213-1996

単位 mm

シャンク径  d

参考

テーパ半角

2

α

小端外径

D

許容差

基準角度  許容差  基準寸法  許容差

js12

基準
寸法 プレインストレート

シャンク

h8

フラット付きストレ

ートシャンク

h6

刃長

l

全長

L

大端外径

D

1

3.5 6

0

−0.018

0

−0.008

7 52

5.97

4 8

6.82

4.5

8

9

54

7.67

5 10

0

−0.022

0

−0.009

10 62

8.53

6

±0.060

12 10.23

8

12

16

77

13.64

10

±0.075

16

0

−0.027

0

−0.011

20 84  17.05

10

°

12

±0.090 20

0

−0.033

0

−0.013

24 90  20.46

2 4

3.70

2.5 5

4.63

3

±0.050 6

0

−0.018

0

−0.008

6

52

5.55

3.5 7

6.48

4

8

8

54

7.40

4.5 9

8.33

5

10

0

−0.022

0

−0.009

10

62

9.25

6

±0.060

12 11.10

8

12

16

77

14.80

10

±0.075

16

0

−0.027

0

−0.011

20 84  18.50

12

°

12

±0.090 20

0

−0.033

0

−0.013

24 90  22.20

2 4

4.14

2.5

6

0

−0.018

0

−0.008

5

52

5.18

3

±0.050

6 6.22

3.5

8

7

54

7.25

4 8

8.29

4.5

10

0

−0.022

0

−0.009

9

62

9.32

5 10

10.36

6

±0.060

12

12

77

12.43

8 16

0

−0.027

0

−0.011

16 84  16.57

10

±0.075

20

20 90  20.72

15

°

±15′

12

±0.090 25

0

−0.033

0

−0.013

24 100

24.86

備考1.  小端外径 及びシャンク径 の許容差は,JIS B 0401による。

2.

刃長 及び全長 の許容差は,JIS B 0405 に規定する公差等級 c(粗級)とする。

3.

センタ穴のある場合のセンタ穴は,JIS B 1011 による。

4.

プレインストレートシャンクの形状及び寸法は,JIS B 4005 の R 形による。

5.

フラット付きストレートシャンクの形状及び寸法は,JIS B 4005 による。

6.

刃数は,2 枚刃とする。


4

B 4213-1996

5.

品質

5.1

外観  エンドミルの外観は,地きず,割れ,有害なまくれ,きず,さび,接合不良などの欠点がな

く,仕上げは良好でなければならない。

5.2

表面粗さ  エンドミルの刃部及びシャンクの表面粗さは,7.1 による試験を行ったとき,JIS B 0601

に規定する 0.80

μmRa (3.20μmR

y

)

とする。

5.3

硬さ  エンドミルの硬さは,7.2 による試験を行ったとき,刃部の硬さは,63HRC 以上又は 772HV

以上とし,シャンクの硬さは,40HRC 以上又は 392HV 以上とする。

5.4

振れ  エンドミルの刃部の振れは,7.3 による試験を行ったとき,表 による。

表 2  エンドミルの刃部の振れの公差値

備考  図示方法は,JIS B 0021 による。

単位 mm

小端外径基準寸法

D

外周刃の振れの公差値

t

r

底刃の振れの公差値

t

a

2

以上  4.5 以下 0.032

0.025

5

以上  10 以下 0.04

0.032

12 0.05

0.04

6.

材料  エンドミルの材料は,JIS G 4403 に規定する SKH51 又はこれと同等以上の性能をもつものとす

る。

なお,溶接エンドミルのシャンクの材料は,JIS G 4051 に規定する S55C 又は使用上これと同等以上の

性能をもつものとする。

7.

試験方法

7.1

表面粗さ  エンドミルの刃部及びシャンクの表面粗さは,目視によって JIS B 0659 に規定する比較

用表面粗さ標準片と比較測定する。

7.2

硬さ  エンドミルの硬さは,JIS B 7726 に規定するロックウェル硬さ試験機を用いて,JIS Z 2245

に規定するロックウェル硬さ試験方法によって測定する。ただし,ロックウェル硬さ試験機によって測定

できない場合は,JIS B 7725 に規定するビッカース硬さ試験機を用いて JIS Z 2244 に規定するビッカース

硬さ試験方法によって測定してもよい。

また,試験機による測定が困難な場合は,やすりによる比較測定を行ってもよい。

7.3

振れ  エンドミルの刃部の振れは,図 のようにエンドミルを精密定盤上に置いた V ブロックで支

え,ダイヤルゲージを外周刃及び底刃の切れ刃に垂直に当て,矢の方向に回しながらダイヤルゲージの指

針の動きを読む。読みの最大値と最小値との差を測定値とする。

備考1.  精密定盤は,JIS B 7513に規定する1級とする。


5

B 4213-1996

2.

ダイヤルゲージは,JIS B 7503 に規定する目量 0.001mm ダイヤルゲージとする。

3.

V

ブロックは,JIS B 7540 に規定する 1 級とする。

4.

鋼球は,JIS B 1501 による。

図 1  エンドミルの刃部の振れの測定方法

備考  測定方法及び測定器具は,一般的な例を示したものである。

8.

検査  エンドミルの検査は,形状・寸法,外観,表面粗さ,硬さ及び振れについて行い,それぞれ 4.

5.1

5.4 の規定に適合しなければならない。

9.

製品の呼び方  エンドミルの呼び方は,種類,小端外径 D×テーパ半角

2

α

及び刃部の材料記号(

3

)

によ

る。

例  ストレートシャンク台形ランナエンドミル  2×10°  SKH51

フラット付きストレートシャンク台形ランナエンドミル  2×7°  HSS-Co

(

3

)

使用材料が,SKH51又はこれと同等の場合は HSS と,また,SKH55又はこれと同等の場合には

HSS-Co

と呼んでもよい。

10.

表示

10.1

製品の表示  エンドミルには,シャンク又は首部に刃部を下又は左にして,次の事項を横書きに表

示する。

(1)

小端外径 D×テーパ半角

2

α

:2×10°

(2)

刃部の材料記号

(

4

)

:SKH51

(3)

製造業者名又はその略号

(

4

)

使用材料が,SKH51又はこれと同等の場合は HSS と,また,SKH55又はこれと同等の場合には

HSS-Co

と表示してもよい。

10.2

包装の表示  エンドミルの包装には,種類,及び 10.1 に規定する事項を表示する。


6

B 4213-1996

原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

村  田  良  司

東京理科大学

(委員)

藤  野  達  夫

通商産業省機械情報産業局

大  嶋  清  治

工業技術院標準部

伊  藤      哲

工業技術院機械技術研究所

因      幸二郎

財団法人日本規格協会

野  上      彰

株式会社不二越

羽  山  隆  貫

日立ツール株式会社

沢  畠  英  明

株式会社斎藤ツヰストドリル製作所

日下部  祐  次

株式会社神戸製鋼所

福  永  博  幸

三菱重工業株式会社

三  好  忠  義

オーエスジー株式会社

徳  増      肇

社団法人日本機械工業連合会

大  高  義  穂

社団法人日本工作機械工業会

西  村  欣  也

社団法人日本歯車工業会

石  川  侑  男

社団法人日本金型工業会

安  武  昭  彦

社団法人日本工作機器工業会

手  取  正  輝

いすゞ自動車株式会社

(関係者)

片  桐  泰  典

株式会社不二越

鳥  居  信  良

株式会社神戸製鋼所

関  口      徹

株式会社不二越

田  中  祐  弌

株式会社神戸製鋼所

吉  年  成  恭

日立ツール株式会社

(事務局)

平  野  武  治

日本工具工業会

西  垣  吉麻呂

日本工具工業会