>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 4131 : 1998

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が改正した日

本工業規格である。これによって JIS B 4131 : 1993 は改正され,この規格に置き換えられる。

今回の改正に当たり,国際規格との整合化をより進めるために,ISO 6168 : 1980, Abrasive

products-Diamond or cubic boron nitride grinding wheels-Dimensions

に規定されている寸法の全面採用を検討

したが,安全面を考慮して部分採用のままにとどめた。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。通商産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 B

4131

: 1998

ダイヤモンド/CBN 工具

−ダイヤモンド又は CBN ホイール

Diamond/CBN products

−Diamond or CBN grinding wheels

序文  この規格は,1980 年に第 1 版として発行された ISO 6168, Abrasive products−Diamond or cubic boron

nitride grinding wheels

−Dimensions を元に,対応する部分(寸法)について,一部の寸法を変更して規定す

るとともに,対応国際規格には規定されていない項目(材料,試験方法,検査,製品の呼び方,表示)を

追加して作成した日本工業規格である。

なお,点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更して規定した事項である。

1.

適用範囲  この規格は,金属,合金,セラミックス,ガラス,プラスチック,ゴム,複合材料などを

一般的に研削する場合に用いるダイヤモンド又は CBN ホイール(以下,ホイールという。

)について規定

する。

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版を適用する。

JIS B 0401-2

  寸法公差及びはめあいの方式−第 2 部:穴及び軸の公差等級並びに寸法許容差の表

備考  ISO 286-2 : 1988, ISO system of limits and fits−Part2 : Tables of standard tolerance grades and limit

deviations for holes and shafts

と一致している。

JIS B 0905

  回転機械−剛性ロータの釣合い良さ

備考  ISO 1940-1 : 1986, Mechanical vibration−Balance quality requirements of rigid rotors−Part 1:

Determination of permissible residual unbalance

及び ISO 8821 : 1989, Mechanical vibration−

Balancing

−Shaft and fitment key convention と一致している。

JIS B 4130

  ダイヤモンド/CBN 工具−ダイヤモンド又は CBN と(砥)粒の粒度

備考  ISO 6106 : 1979, Abrasive products−Grain sizes of diamond or cubic boron nitride が,この規格と

同等である。

JIS B 4141

  ダイヤモンド/CBN 工具−ダイヤモンド又は CBN ホイール及びセグメントソー−寸法

記号及び形状記号

備考  ISO 6104 : 1979, Abrasive products-Diamond or cubic boron nitride grinding wheels and saws−

General survey, designation and multilingual nomenclature

が,この規格と同等である。

JIS B 7420

  限界プレーンゲージ

備考  ISO/DIS 1938-1 : 1991, Inspection of plain workpieces−Part1 : Plain limit gauges がこの規格と同

等である。


2

B 4131 : 1998

JIS B 7502

  マイクロメータ

JIS B 7503

  ダイヤルゲージ

JIS B 7507

  ノギス

JIS G 4051

  機械構造用炭素鋼鋼材

JIS G 4401

  炭素工具鋼鋼材

JIS H 3110

  りん青銅及び洋白の板及び条

備考  ISO 427 : 1983, Wrought copper-tin alloys−Chemical composition and forms of wrought products,

ISO 430 : 1983, Wrought copper-nickel-zinc alloys

−Chemical composition and forms of

wrought products, ISO 1634-1 : 1987, Wrought copper and copper alloy plate, sheet and strip

Part 1 : Technical conditions of delivery for plate, sheet and strip for general purposes, ISO 

3486 : 1980, Wrought copper and copper alloys

−Cold-rolled flat products delivered in straight

lengths (sheet)

−Dimensions and tolerances 及び ISO 3487 : 1980, Wrought copper and copper

alloys

−Cold-rolled flat products in coils or on reels (strip)  −Dimensions and tolerances と一致

している。

JIS H 5202

  アルミニウム合金鋳物

備考  ISO 2378 : 1972, Aluminium alloy chill castings−Reference test bar, ISO 2379 : 1972, Aluminium

alloy sand castings

−Reference test bar 及び ISO 3522 : 1984, Cast aluminium alloys−

Chemical composition and mechanical properties

と一致している。

JIS R 6210

  ビトリファイド研削といし

JIS R 6212

  レジノイド研削といし

3.

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,次による。

a)

ホイール  主として金属製台金の周辺,又は端面にと(砥)粒層をもつ研削と(砥)石。JIS R 6210JIS 

R 6212

などに規定されている研削と(砥)石と区別して“ホイール”という。ダイヤモンドと(砥)

粒を結合剤で保持したと(砥)粒層をもつホイールを“ダイヤモンドホイール”といい,CBN と(砥)

粒を結合剤で保持したと(砥)粒層をもつホイールを“CBN ホイール”という。

b)

台金  ホイールの基本形状を構成する主として金属製の基板。コア,ベース,ボデーともいう。

c)

と(砥)粒層  と(砥)粒を結合剤で保持した層。ホイールの作用面を構成し限られた厚さで作られ,

用途によって種々の断面形状がある。特に台金の縁部(側面)のと(砥)粒層をリムという。

d)

結合度  結合剤がと(砥)粒を保持する力の強弱。

e)

コンセントレーション  と(砥)粒層のと(砥)粒の体積含有量を表す値。体積百分率で 25%を 100

として示す。

f)

結合剤  と(砥)粒を保持し,と(砥)粒層部を形成する材料。

g)

レジノイドボンド  樹脂系の結合剤。レジンボンドともいう。

h)

モディフィケーション  ホイールの基本形状に施す加工。

4.

品質

4.1

形状  ホイールの形状は,JIS B 4141 の規定による。

4.2

寸法  寸法は表 から表 19 による。


3

B 4131 : 1998

表 1  タイプ 1A1 の寸法

D

T

X

H

 20

 25

6.00, 8.00, 9.53, 10.00, 12.70

 40

 50

4, 6, 8, 10, 12

12.70, 20.00

 75

100

3, 4, 5, 6, 10, 12

1.5,

2, 3

16.00, 20.00, 31.75

125

3, 4, 5, 6, 10, 12, 15

20.00, 25.40, 30.00, 31.75, 38.10

150

3, 4, 5, 6, 10, 12, 15, 20

25.00, 30.00, 31.75, 38.10, 50.00, 50.80

175

200

6, 10, 12, 15, 20

25.00, 30.00, 31.75, 38.10, 50.80

250

300

50.80, 76.20, 100.00, 127.00

350

10, 12, 15, 20, 40, 60

3, 6

400

127.00, 152.40, 203.20

450

500

20, 40, 60

152.40, 203.20, 304.80

600

750

20, 40, 60, 100

3, 6,

10

254.00, 304.80

備考  の許容差は,JIS B 0401-2 に規定する H7 とする。

表 2  タイプ 14A1 の寸法

D

J

T

U

X

H

 75

 50

16.00, 20.00

6 1,

2

100

70

8 3

16.00, 20.00, 31.75

6 1,

2

125 100

8 3

20.00, 25.40, 30.00, 31.75, 38.10

150

120

1, 2

25.00, 30.00, 31.75, 38.10, 50.00, 50.80

175 140

10, 12

1, 3, 6

3

200 160 12,

15

3,

6

25.00, 30.00, 31.75, 38.10, 50.80

250 200 12,

15,

20

15

6, 10

300 250

20 15

3, 6

50.80, 76.20, 100.00, 127.00


4

B 4131 : 1998

D

J

T

U

X

H

15 6,

10

350

300

15

3, 6

400 350

6,

10,

15

127.00, 152.40, 203.20

500

400

152.40, 203.20, 304.80

600 500

750 600

20

10, 15

6,

10

254.00, 304.80

備考  の許容差は,JIS B 0401-2 に規定する H7 とする。

4.2.3

タイプ 1L1

表 3  タイプ 1L1 の寸法

D

T

X

H

 75

100

3, 4, 5

1.5, 2, 3

16.00, 20.00, 31.75

125

20.00, 25.40, 30.00, 31.75, 38.10

150

3, 4, 5, 6

3, 6

25.00, 30.00, 31.75, 38.10, 50.00, 50.80

備考  の許容差は,JIS B 0401-2 に規定する H7 とする。

4.2.4

タイプ 1E6Q 及び 14E6Q

表 4.1  タイプ 1E6Q の寸法 

D

T

U

X

V

H

 40

 50

12.70

 75

100

 6

16.00, 20.00, 31.75

125

20.00, 25.40, 30.00, 31.75, 38.10

150

 8

25.00, 30.00, 31.75, 38.10, 50.00, 50.80

220 12

1, 2

6

35

°,45°

60

°,90°

25.00, 30.00, 31.75, 38.10, 50.80

備考  の許容差は,JIS B 0401-2 に規定する H7 とする。


5

B 4131 : 1998

表 4.2  タイプ 14E6Q の寸法 

D

J

T

T

1

U

X

V

H

 40

 22

12.70

 50

 32

12.70, 20.00

 75

 50

100

70

 6

 4

16.00, 20.00, 31.75

125

100

20.00, 25.40, 30.00, 31.75, 38.10

150 120

 8

25.00, 30.00, 31.75, 38.10, 50.00, 50.80

220 180 12

 5

1, 2

6

35

°

45

°

60

°

90

°

25.00, 30.00, 31.75, 38.10, 50.80

備考  の許容差は,JIS B 0401-2 に規定する H7 とする。

4.2.5

タイプ 14EE1

表 5  タイプ 14EE1 の寸法

V

X

35

° 3,

6

45

° 2.5, 5

60

° 2,

4

90

° 1.5, 3

D

J

T

U

H

100 70

16.00,

20.00,

31.75

125

100

20.00, 25.40, 30.00, 31.75, 32.00, 38.10

150 120

 6

3, 4

25.00, 30.00, 31.75, 32.00, 38.10, 50.00, 50.80

175 140

8

200 160 10

25.00, 30.00, 31.75, 32.00, 38.10, 50.80

250 200 15

4, 5

50.80, 76.20, 100.00, 127.00

備考  の許容差は,JIS B 0401-2 に規定する H7 とする。


6

B 4131 : 1998

4.2.6

タイプ 1FF1

表 6  タイプ 1FF1 の寸法

D

T

R

X

H

 50

12.70, 20.00

 75

100

16.00, 20.00, 31.75

125

20.00, 25.40, 30.00, 31.75, 38.10

150

4

∼20 2∼10

2, 3, 4

25.00, 30.00, 31.75, 38.10, 50.00, 50.80

備考  の許容差は,JIS B 0401-2 に規定する H7 とする。

4.2.7

タイプ 6A2

表 7  タイプ 6A2 の寸法

D

T-X

E

W

X

H

  50

3, 5

12.70, 16.00

 75

20 10

3, 5, 10

12.70, 16.00, 20.00, 25.40

100

5, 10, 12, 15

12.70, 16.00, 20.00, 25.00, 31.75

125

14.00, 16.00, 20.00, 25.00, 31.75

150

23

6, 10, 12, 15, 20, 25

20.00, 25.40, 31.75, 38.10, 40.00

175

6, 10, 15, 20, 25

25.40, 31.75, 50.00, 63.50

200

31.75, 50.80, 63.50, 76.20

250

25 13

10, 15, 20, 25

80.00, 127.00, 155.00, 170.00

300

30

15

20, 25

80.00, 127.00, 152.40, 165.00, 210.00

350 35  18

25

2,

3,

4,

6

80.00, 145.00, 170.00, 250.00, 260.00

備考  の許容差は,JIS B 0401-2 に規定する H7 とする。


7

B 4131 : 1998

4.2.8

タイプ 11A2

表 8  タイプ 11A2 の寸法

D

T-X

J

K

E

W

X

H

 75

20

 63

50

3, 6, 10

100

80 65

125

30

105 90

10

6, 10

2, 3, 4

20.00, 31.75

備考  の許容差は,JIS B 0401-2 に規定する H7 とする。

4.2.9

タイプ 12A2

a)

タイプ 12A2 20°

表 9  タイプ 12A2 20°の寸法

D

T-X

J

K

E

W

X

H

 75

 8

 42

42

  5

12.70, 16.00, 20.00, 25.40

100 10

56

56

6

3, 5, 6, 10

12.70, 16.00, 20.00, 25.00, 31.75

125 14

59

59

  8

14.00, 16.00, 20.00, 25.00, 31.75

150 16

73

73

9

5, 6, 10

16.00, 25.40, 31.75, 38.10

175 18

88

88 10

200 20 102 102

11

25.40, 31.75, 38.10, 50.80

250 23 136 136 13

6, 10

1.5, 2, 3, 4

50.80, 90.00

備考  の許容差は,JIS B 0401-2 に規定する H7 とする。


8

B 4131 : 1998

b)

タイプ 12A2 45°

表 10  タイプ 12A2 45°の寸法

D

T-X

J

K

E

W

X

H

 75

20

 39

 37

 9

3, 6, 10

12.70, 16.00, 20.00, 25.40

100

 58

 54

12.70, 16.00, 20.00, 25.00, 31.75

125

 83

 79

6, 10

14.00, 16.00, 20.00, 25.00, 31.75

150

23

108

94

10

20.00, 25.40, 31.75, 38.10, 40.00

175 131

120

6, 10, 15

25.40, 31.75, 50.00, 63.50

200

156

138

31.75, 50.80, 63.50, 76.20

250

25

206 188

12

10, 15, 20

2, 3, 4, 6

80.00, 127.00

備考  の許容差は,JIS B 0401-2 に規定する H7 とする。

4.2.10

タイプ 9A3

表 11  タイプ 9A3 の寸法

D

T-2X

E

W

X

H

100

120

22

10

6, 8, 10

150

175

25, 35

14

6, 8, 10, 12, 15

200

30

18

8, 10, 12, 15

2, 3, 4

20.00, 31.75, 36.00

備考  の許容差は,JIS B 0401-2 に規定する H7 とする。


9

B 4131 : 1998

4.2.11

タイプ 6A9

表 12  タイプ 6A9 の寸法

D

T

K

E

U

X

H

 75

25

 60

12.70, 16.00, 20.00, 25.40

100

  82

12.70, 16.00, 20.00, 25.00, 31.75

125

30

105

14.00, 16.00, 20.00, 25.00, 31.75

150 128

10

20.00, 25.40, 31.75, 38.10, 40.00

200

35

177

13

31.75, 50.80, 63.50, 76.20

250 50 223 20

6, 10

1.5, 3

80.00, 127.00, 155.00

備考  の許容差は,JIS B 0401-2 に規定する H7 とする。

4.2.12

タイプ 11V9

表 13  タイプ 11V9 の寸法

D

T

J

K

E

U

X

H

75 30

53 37 20.00, 25.40

 90

 65

45

100

35

 75

55

125 40

96 73

20.00, 31.75

150 50 114 84

10

6, 10

1.5, 3

31.75, 38.10, 50.00

備考  の許容差は,JIS B 0401-2 に規定する H7 とする。


10

B 4131 : 1998

4.2.13

タイプ 12V9

表 14  タイプ 12V9 の寸法

D

T

J

K

E

U

X

H

 75

 35

 42 6

12.70,

20.00

100

20

 60

 65

125

 75

 80

20.00, 31.75

150

25

100

105

10

6, 10

1.5, 3

31.75, 38.10, 50.00

備考  の許容差は,JIS B 0401-2 に規定する H7 とする。

4.2.14

タイプ 1V9

表 15  タイプ 1V9 の寸法

D

T

U

X

V

H

150 90

°, 120°

25.00, 30.00, 31.75, 38.10, 50.00, 50.80

175

25.00, 30.00, 31.75, 38.10, 50.80

200

250

10 2,

3  1.5,

3, 6

90

°

25.00, 30.00, 38.10, 50.80, 76.20

備考  の許容差は,JIS B 0401-2 に規定する H7 とする。


11

B 4131 : 1998

4.2.15

タイプ 1EElV

表 16  タイプ 1EE1V の寸法

D

T

V

X

H

100

110

7 120

° 16.00,

20.00,

31.75

10, 12

120

°, 135°

150

15 135

°

1.5, 3

25.00, 30.00, 31.75, 38.10, 50.00, 50.80

備考  の許容差は,JIS B 0401-2 に規定する H7 とする。

4.2.16

タイプ 1A1R

表 17  タイプ 1A1R の寸法

D

T

X

H

 50

 75

0.3 12.70,

20.00,

25.40

100 0.4

125 0.5

20.00, 25.40, 31.75, 40.00

150 0.7

200 1.0

250 1.5

300 2.0

20.00, 25.40, 31.75, 38.00, 40.00, 50.80

350 2.5

400 3.0

3, 5, 6

25.40, 30.00, 40.00, 50.80, 76.20

備考  の許容差は,JIS B 0401-2 に規定する H7 とする。


12

B 4131 : 1998

4.2.17

タイプ 3A1

表 18  タイプ 3A1 の寸法

D

J

T

U

X

H

150

120

10

25.00, 30.00, 31.75, 38.10, 50.00, 50.80

175 140 10,

15

3, 5

200

160

10, 15, 20

5, 10

25.00, 30.00, 31.75, 38.10, 50.80

250 200

50.80,

76.20,

100.00

300 250

15, 20, 25

50.80, 76.20, 100.00, 127.00

350 300

127.00,

152.40

400 350

20, 25

10, 15

3, 6

127.00, 152.40, 203.20

備考  の許容差は,JIS B 0401-2 に規定する H7 とする。

4.2.18

タイプ 6A7S

表 19  タイプ 6A7S の寸法

D

D

1

T-X

K

E

W

X

H

200 210 45

80.00

50

250 260

55

80.00, 170.00

300 310

15

350 360

400 410

450 460

80.00, 120.00, 230.00, 250.00

550 560

60, 90

特に規定しない

30

3, 4, 6

3, 5, 6

120.00, 230.00, 490.00

備考  の許容差は,JIS B 0401-2 に規定する H7 とする。

4.3

外観  ホイールの外観は,割れ,ひび,欠け,きず,接合不良など使用上有害な欠点がなく,仕上

げは良好でなければならない。

4.4

と(砥)粒層  と(砥)粒層は,次による。

a)

と(砥)粒の種類  と(砥)粒の種類は,表 20 による。


13

B 4131 : 1998

表 20  と(砥)粒の種類

と(砥)粒の種類

記号

天然ダイヤモンド D

合成ダイヤモンド SD

ダイヤモンド

金属被覆合成ダイヤモンド

SDC

立方晶窒化ほう素 BN

CBN

金属被覆立方晶窒化ほう素

BNC

b)

と(砥)粒の粒度  ホイールに使用すると(砥)粒の粒度は,JIS B 4130 の規定による。

c)

結合度  結合度の度合いは,アルファベット文字記号を用い,N を中位とし次の表し方による。

H

  J  L  N  P  R

T

と(砥)粒を保持する力が弱い

と(砥)粒を保持する力が強い

d)

コンセントレーション  と(砥)粒のコンセントレーションは,表 21 による。と(砥)粒の分布状態

は,なるべく均一でなければならない。

表 21  コンセントレーション

と(砥)粒の含有量(参考)

mg/cm

3

 {ct/cm

3

}

コンセントレー
ション

体積百分率

ダイヤモンドと(砥)粒

CBN

と(砥)粒

200

50.00

1 760 {8.80}

1 740 {8.70}

175

43.75

1 540 {7.70}

1 523 {7.62}

150

37.50

1 320 {6.60}

1 305 {6.53}

125

31.25

1 100 {5.50}

1 088 {5.44}

100

25.00

  880 {4.40}

  870 {4.35}

 75

18.75

  660 {3.30}

  653 {3.27}

 50

12.50

  440 {2.20}

  435 {2.18}

 25

 6.25

  220 {1.10}

  218 {1.09}

備考  ダイヤモンドの密度は 3.52g/cm

3

, CBN

の密度は 3.48g/cm

3

である。

参考 200mg={1 カラット (ct)}

e)

結合剤の種類  結合剤の種類は,表 22 による。

表 22  結合剤の種類

結合剤の種類

記号

レジノイドボンド B

メタルボンド M

電着メタルボンド P

ビトリファイドボンド

V

4.5

ホイール作用面の振れ  ホイール作用面の振れは,6.3 による試験を行い,表 23 に示す許容値を満

たさなければならない。

表 23  ホイール作用面の振れ

単位  mm

外径の区分

許容値

          250 以下 0.02

250

を超え 400 以下 0.03

400

を超え 600 以下 0.05

600

を超え 750 以下 0.07


14

B 4131 : 1998

4.6

ホイールの釣合い良さ  ホイールの釣合い良さは,6.4 による試験を行い,外周における不釣合いの

値が

表 24 の許容値を満たさなければならない。ただし,形状 1A1R のホイー外径 D 75 mm 以下のホイー

ルについては,適用しない。

表 24  ホイールの釣合い良さ

外径の区分

mm

許容値

g

 75

を超え 150 以下 0.5

150

を超え 200 以下 1.0

200

を超え 300 以下 2.0

300

を超え 400 以下 3.0

400

を超え 500 以下 5.0

500

を超え 600 以下 8.0

600

を超え 700 以下 12.0

700

を超え 750 以下 15.0

備考  動釣合いは,受渡当事者間の協議によって JIS B 0905 に規定する方法を用いることができる。

5.

ホイールの材料  ホイールの材料は,表 25 による。

表 25  ホイールの材料

区分

材料

と(砥)粒層部

ダイヤモンドと(砥)粒及び結合剤,又は CBN と(砥)粒及び結合剤。

台金部

JIS G 4051JIS G 4401JIS H 3110JIS H 5202

に規定する材料,又は使用

上これらと同等以上の品質をもつもの。

6.

試験方法

6.1

外観  ホイールの外観は,目視によって試験を行う。

6.2

寸法  ホイール各部の寸法の測定は,表 26 による。


15

B 4131 : 1998

表 26  寸法の測定

番号

項目

測定方法

測定方法図

測定器具

1

D

ホイールの直角に交わる任意

の外径  (D) 2 か所を外側マイ
クロメータ又はノギスを用い
て測定し,その平均値をミリメ

ートルを単位として小数点以
下 1 けたに丸めて表す。

外側マイクロメータ

  (JIS B 7502)

ノギス

  (JIS B 7507)

2

H

直角に交わる任意の穴径  (H
を棒形内側マイクロメータを
用いて 2 か所を測定し,その平

均値をミリメートルを単位と
して小数点以下 2 けたに丸め
て表す。限界ゲージを用いて測

定してもよい。

棒形内側マイクロメ
ータ(単体形)

  (JIS B 7502)

限界プレーンゲージ

  (JIS B 7420)

3

T

4

X

5

W

ホイールの厚さ  (T)  ,と(砥)
粒 層 の 厚 さ   (X)  , リ ム の 幅

(W)

は直角に交わる任意の線

上にあると(砥)粒層 4 か所を
ノギスを用いて測定し,その平

均値をミリメートルを単位と
して小数点以下 1 けたに丸め
て表す。

ノギス

  (JIS B 7507)

備考  ここに示す測定方法は,一般的な例を示すもので,この方法と同等以上の精度をもつ他の方

法を用いることができる。

6.3

ホイール作用面の振れ  ホイール作用面の振れの測定は,表 27 による。

表 27  ホイール作用面の振れの測定

番号

項目

測定方法

測定方法図

測定器具

1

外周の振れ

ホイールにアーバをすきまな
くはめ,センタ台に取り付け

定置したダイヤルゲージなど
のテストインジケータをホイ
ールの外 周面に 垂直 に当て

て,ホイール回転中の読みの
最大差を測定値とする。

2

側面の振れ

ホイールにアーバをすきまな
くはめ,センタ台に取り付け,
定置したテストインジケータ

をホイールの外周に最も近い
側面に垂直に当てて,ホイー
ル回転中の読みの最大差を測

定値とする。

アーバ 
センタ台

目量 0.001mm の 
ダイヤルゲージ

  (JIS B 7503)

備考  ここに示す測定方法は一般的な例を示すもので,この方法と同等以上の精度をもつ他の方法を用いる

ことができる。

6.4

ホイールの釣合い良さ  ホイールの釣合い良さの測定は,表 28 による。


16

B 4131 : 1998

表 28  ホイールの釣合い良さの測定

項目

測定方法

測定方法図

測定器具

釣合い良さ

ホイールにアーバをすきまな

くはめ,静釣合い試験機で位
相を約 90°ずらして,少なく
とも 2 か所測定する。

アーバ

静釣合い試験機

備考  ここに示す測定方法は一般的な例を示すもので,この方法と同等以上の精度をもつ他

の方法を用いることができる。

7.

検査  ホイールの検査は,形状,寸法,外観,振れ及び釣合い良さについて行い,4.2,:4.3,:4.5 

び 4.6 の規定に適合しなければならない。

8.

製品の呼び方  ホイールの呼び方は,規格番号,と(砥)粒の種類,と(砥)粒の粒度,結合度,コ

ンセントレーション,結合剤の種類,形状及び寸法による。ただし,電着メタルボンドの場合は,と(砥)

粒層の厚さは省略する。

9.

表示  ホイールには,次の a)h)の事項を表示する。ただし,電着メタルボンドの場合は,コンセン

トレーション及びと(砥)粒層の厚さは省略する。

なお,

図 に表示例を示すが,ホイールの性能に支障を及ぼす場合は,検査票又は包装に表示してもよ

い。

a)

と(砥)粒の種類

b)

と(砥)粒の粒度

c) 

結合度 

d)

コンセントレーション

e)

結合剤の種類

f)

と(砥)粒層の厚さ

g)

製造業者名又はその略号


17

B 4131 : 1998

h)

製造業者が定めた製造番号

図 1  ホイールの表示例 


18

B 4131 : 1998

JIS

改正原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

佐  藤      素

神奈川工科大学工業化学工学科

(委員)

高  木  純一郎

横浜国立大学工学部生産工学科

中  嶋      誠

通商産業省機械情報産業局

橋  本  繁  晴

財団法人日本規格協会

服  部  光  郎

工業技術院機械技術研究所

本  間      清

工業技術院標準部

飯  塚  栄  一

昭和電工株式会社

瓜  生  裕  二

ゼネラルエレクトリック  インターナショナル  インク

大  泉  義  明

ノリタケダイヤ株式会社

五  味  正七朗

株式会社オリエンタルダイヤ工具研究所

鈴  木  数  夫

東名ダイヤモンド工業株式会社

鈴  木  茂  男

旭ダイヤモンド工業株式会社

関      洋  子

デ・ビアス  インダストリアルダイヤモンドジャパン株式会社

冨  森      絋

大阪ダイヤモンド工業株式会社

藤  田  良  勝

富士ダイヤモンド工業株式会社

吉  田  雄  二

株式会社東京ダイヤモンド工具製作所

今  井  智  康

社団法人日本工作機械工業会(豊田工機株式会社)

加  藤  登樹雄

日本写真機工業会(株式会社ニコン)

久  保  幸  彦

社団法人日本自動車部品工業会(帝国ピストンリング株式会社)

後  藤  有  成

日本コンクリート切断穿孔業協会

佐  伯  幸  洋

超硬工具協会(三菱マテリアル株式会社)

濱  村      敦

社団法人日本電子材料工業会(住友特殊金属株式会社)

吉  田  裕  三

社団法人日本ファインセラミックス協会(東芝タンガロイ株式会社)

(事務局)

内  藤  ち  さ

ダイヤモンド工業協会