>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

B 4128 : 1998

  解説

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS B 4128 : 1998

  スローアウェイチップ用ホルダ−

丸シャンクの呼び記号の付け方

ISO 6261 : 1995

  スローアウェイチップ用ホルダ(丸シャンク)の呼

び記号の付け方

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国際規
格番号

(III)

国 際 規 格 の
規定内容

(IV) JIS

と国際規格との

相違点

(V)  JIS

と国際規格と

の整合が困難な
理由及び今後の

対策

(1)

適用範囲

○  ス ロ ー ア ウ ェ イ チ

ップ用ホルダ(丸シ

ャンク)の呼び記号
の付け方

ISO 6261

○ JIS と同等

(2)

引用規格

○  本 体 で 引 用 し て い

る四つの JIS を示し
ている

同上

○ 引 用 し て い

る ISO 規格を
示している

(3)

定義

○  本 体 で 用 い て い る

用 語 の 規 格 で あ る

二つの JIS を示して
いる

(4)

呼 び 記 号 の

構 成 要 素 と
配列順序

○  次 の 九 つ の 構 成 要

素 と 順 序 を 示 し て
いる

同上

○ JIS と同等

(5)

記号

○  ① シ ャ ン ク の 様 式

記号

② シ ャ ン ク の 直 径

記号

③ ホ ル ダ の 全 長 記

④構造記号 
⑤ チ ッ プ の 形 状 記

⑥ 切 れ 刃 の 形 状 記

⑦ チ ッ プ の 逃 げ 角

記号

⑧勝手記号 
⑨ チ ッ プ の 切 れ 刃

長さ記号

同上

○ JIS と同等

ADP

構 造 記 号 と し て

ISO

では,C,M,P,

S

が規定されている

が,JIS ではこれに
加えて,W を規定し
た。その他の部分に

ついては,ISO と同
じである。

W

は日本で一般的に

普及しているウェッ
ジロック式であり,

ISO

の規定に加えて

JIS

に組み入れた方

がよいと判断した。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を

示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“≠”

JIS は,国際規格と技術的内容が同等でない。ただし“ADP”に該当する場合を除く。

ADP

JIS は,国際規格と対応する部分を国際規格そのまま変更なしで採用している。ただし,採用した

部分において,JIS として必要な規定内容を追加している。