>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

B 4127

: 19

98
 解

JIS

と対応する国際規格との対比表

JIS B 4127 : 1998

  スローアウェイチップ用カートリッジ−A タイプの形状・寸法 ISO 5611 : 1995  スローアウェイチップ用カートリッジ(A タイプ)寸法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の

対策

(1)

適用範囲

○  スローアウェイ(刃先交換)

チップを保持するスローア

ウェイチッブ用カートりツ
ジについて規定。

○ JIS と同じ。

(2)

引用規格

○  本体で引用している 5 件の

JIS

を記載。

○ 個々の規格で引用している

ISO

規格を示している。

(3)

定義

○  JIS B 0107-1991(バイト用

語)

JIS B 0170-1993,JIS B 

4120

(スローアウェイチッ

プの呼び記号の付け方)に
よって規定。

(4)

形状・寸法

○  次の事項を規定

①  刃先の高さ,シャンク

の幅・高さ及び取付部
寸法

②  基準点“K” 
③  基準コーナ半径 
④  切れ刃形状別の寸法

⑤  “a”寸法

○ JIS と同じ

= ①  切り込み角の記号を ISO 5611 では“

κ

r

”として

いるが,JIS では JIS B 0170-1993 で定められて
いる“

κ”とした。

②  図 の 説 明 を 分 か り や す く す る た め , ISO 

5611-1995

にない基準面記号“P

p

”を JIS では JIS 

B 0170-1993

に従って追記した。

③  切れ刃形状別の寸法を JIS では関連規格の JIS B 

4126-1998

の様式にそろえた。

④  ISO 5611 の図は第一角法であるが,JIS では第三

角法とした。

①  JIS B 0170-1993 が ISO

と異なるため。

②  ISO 5611 : 1995 の翻訳

では分かりにくいため。

③  ISO 5611 : 1995 の翻訳

では分かりにくいため。

④  JIS Z 8315-1984(製図に

用いる投影法)に従った
ため。

(5)

製 品 の 呼 び

○  JIS B 4125 による。

○ (備考の項目にて)

ISO 5608

による。

(6)

附 属 書 ( 参
考)

○  材料,硬さ,試験方法につ

いて記載。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。 
“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等であるただし,軽微な技術上の差異がある。