>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

2

3

  用語及び定義  

2

4

  略語 

3

5

  製造用アプリケーション及び MSU で参照する複数のケイパビリティクラス構造  

3

5.1

  プロファイル照合の概念  

3

5.2

  MSU の再利用  

4

5.3

  MSU の登録  

4

5.4

  新規の製造用アプリケーションの要求を満たす MSU の再利用  

5

5.5

  製造用領域のデータ  

7

5.6

  ケイパビリティクラスの MDD への写像  

9

6

  ケイパビリティプロファイリングの方法及び規則  

9

6.1

  MSU ケイパビリティプロファイリングのテンプレート  

9

6.2

  CCS テンプレート  

10

6.3

  ケイパビリティプロファイルテンプレート  

11

6.4

  MDM テンプレート  

18

6.5

  MDD テンプレート  

20

7

  複数のケイパビリティクラス構造に基づいたプロファイルの照合  

21

7.1

  ケイパビリティプロファイルの照合手順  

21

7.2

  照合報告  

23

8

  適合性  

24

附属書 A(参考)MDM 及び MDD の作成手順  

29

附属書 B(参考)複数のケイパビリティクラスを用いたプロファイル照合の例  

30


B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,一般財団法人製造科学技術センター(MSTC)

及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出

があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

JIS B 3900

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS B 3900-1

第 1 部:枠組み

JIS B 3900-2

第 2 部:プロファイリングの手法

JIS B 3900-3

第 3 部:インタフェースサービス,プロトコル及びケイパビリティテンプレート

JIS B 3900-4

第 4 部:適合性試験の方法,規範及び報告

JIS B 3900-5

第 5 部:複数のケイパビリティクラス構造を用いたプロファイル照合の手法

JIS B 3900-6

第 6 部:複数のケイパビリティクラス構造に基づいたプロファイル照合のためのインタ

フェースサービス及びプロトコル(予定)


日本工業規格

JIS

 B

3900-5

:2014

(ISO 16100-5

:2009

)

産業オートメーションシステム及びその統合−

製造用ソフトウェア相互運用のための

ケイパビリティプロファイリング−

第 5 部:複数のケイパビリティクラス構造を用いた

プロファイル照合の手法

Industrial automation systems and integration-

Manufacturing software capability profiling for interoperability-

Part 5: Methodology for profile matching

using multiple capability class structures

序文 

この規格は,2009 年に第 1 版として発行された ISO 16100-5 を基に,技術的内容を変更することなく作

成した日本工業規格である。

この規格は,製造用ソフトウェアの相互運用を促進する目的で作成し,各企業の生産環境に応じて個別

に開発され使用されてきたソフトウェアにおいて,複数のケイパビリティクラス構造を用いたプロファイ

ル照合の手法について規定する。これによって,製造用ソフトウェアの部品化及び共有化による流通及び

開発コストの削減に寄与する。

適用範囲 

この規格は,製造用ソフトウェアにおける複数のケイパビリティクラス構造を用いたプロファイル照合

の手法について規定する。この規格は,製造用領域で使用するソフトウェア製品に適用する。この規格は,

製造用の工程設計,操作及び制御に関わるソフトウェアのインタフェースを適用範囲とし,製品設計,工

場管理,サプライチェーンマネジメント(SCM)及び企業資源計画(ERP)には適用しない。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 16100-5:2009

,Industrial automation systems and integration−Manufacturing software capability

profiling for interoperability

−Part 5: Methodology for profile matching using multiple capability

class structures

(IDT)

なお,対応の程度を表す記号“IDT”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“一致している”こ

とを示す。


2

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格のうちで,西暦年を付記してあるものは,記載の年の版を適用し,その後の改正版(追補を含む。

は適用しない。西暦年の付記がない引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 3900-1

  産業オートメーションシステム及びその統合−製造用ソフトウェア相互運用のための

ケイパビリティプロファイリング−第 1 部:枠組み

注記  対応国際規格:ISO 16100-1,Industrial automation systems and integration−Manufacturing

software capability profiling for interoperability

−Part 1: Framework(MOD)

JIS B 3900-2:2008

  産業オートメーションシステム及びその統合−製造用ソフトウェア相互運用のた

めのケイパビリティプロファイリング−第 2 部:プロファイリングの手法

注記  対応国際規格:ISO 16100-2:2003,Industrial automation systems and integration−Manufacturing

software capability profiling for interoperability

−Part 2: Profiling methodology(IDT)

JIS B 3900-3:2010

  産業オートメーションシステム及びその統合−製造用ソフトウェア相互運用のた

めのケイパビリティプロファイリング−第 3 部:インタフェースサービス,プロトコル及びケイ

パビリティテンプレート

注記  対応国際規格:ISO 16100-3:2005,Industrial automation systems and integration−Manufacturing

software capability profiling for interoperability

−Part 3: Interface services, protocols and capability

templates

(IDT)

JIS B 3900-4:2012

  産業オートメーションシステム及びその統合−製造用ソフトウェア相互運用のた

めのケイパビリティプロファイリング−第 4 部:適合性試験の方法,規範及び報告

注記  対応国際規格:ISO 16100-4:2006,Industrial automation systems and integration−Manufacturing

software capability profiling for interoperability

−Part 4: Conformance test methods, criteria and

reports

(IDT)

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS B 3900-1JIS B 3900-2JIS B 3900-3 及び JIS B 3900-4 

よるほか,次による。

3.1

ケイパビリティクラス(capability class)

ケイパビリティプロファイリングで用いる要素で,製造用アクティビティにおけるソフトウェアユニッ

トの役割を表す機能又は挙動を定義したクラス。ケイパビリティの継承構造の定義及び集約構造の記述に

使用する。

注記 1 MSU の役割は,製造用アクティビティごとに異なる。しかし,MSU に対応するケイパビリ

ティクラスは,ある継承構造においては一意に決まるが,集約構造においては多様に決めら

れる。

注記 2  この規格では,ケイパビリティクラステンプレートはケイパビリティテンプレートのことで

ある(JIS B 3900-2 の 6.3 参照)

3.2

ケイパビリティクラス構造テンプレート,CCS テンプレート(capability class structure template)

ケイパビリティクラスの階層構造を表す XML スキーマ。


3

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

3.3

製造用領域データ,MDD(manufacturing domain data)

特定の製造用領域での製造用資源,アクティビティ,又は製造用資源の間を行き来するものについての

情報を表す UML クラス。

3.4

製造用領域データテンプレート,MDD テンプレート(manufacturing domain data template)

製造用領域データを表す XML スキーマ。

3.5

製造用領域モデル,MDM(manufacturing domain model)

製造用領域データ及びそれらの関係を含み,その領域のアプリケーションに関連する特定の視点。

3.6

製造用領域モデルテンプレート,MDM テンプレート(manufacturing domain model template)

製造用領域モデルを表す XML スキーマ。

略語 

CCS

ケイパビリティクラス構造(Capability Class Structure)

CSI

適合性情報(Conformance Statement for the Implementation)

MDD

製造用領域データ(Manufacturing Domain Data)

MDM

製造用領域モデル(Manufacturing Domain Model)

MES

製造実行システム(Manufacturing Execution System)

MSU

製造用ソフトウェアユニット(Manufacturing Software Unit)

UML

統一モデル言語(Unified Modeling Language)

XML

Extensible Markup Language

製造用アプリケーション及び MSU で参照する複数のケイパビリティクラス構造 

5.1 

プロファイル照合の概念 

複数の CCS を用いたプロファイル照合の概念を

図 に示す。

注記 1  用意した MSU(図の左部分)の CCS は,共通のケイパビリティクラスの継承構造に属して

いる。

注記 2  プロファイル照合の実処理には,XML スキーマ照合と同一のアルゴリズムを用いている。


4

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

データベース

ケイパビリティ

テンプレート #A

ケイパビリティ

プロファイル #D

ケイパビリティ

プロファイル #B

ケイパビリティ

プロファイル #G

ケイパビリティ
クラス構造 #1

ケイパビリティ
クラス構造 #2

ケイパビリティ

クラス

MDM #a

MDD #aa

ケイパビリティ

テンプレート #E

ケイパビリティ

テンプレート #B

ケイパビリティ

テンプレート #B

ケイパビリティ

テンプレート #B

ケイパビリティ

テンプレート #A

ケイパビリティ

テンプレート #D

ケイパビリティ

プロファイル #A

ケイパビリティ

プロファイル #B2

ケイパビリティ

プロファイル #B

ケイパビリティ

プロファイル #D

ケイパビリティ

プロファイル #B1

ケイパビリティ

クラス #A

ケイパビリティ

クラス #B

ケイパビリティ

クラス #D

ケイパビリティ

クラス #B1

ケイパビリティ

クラス #B2

テンプレート

プロファイル

プロファイリング

テンプレートの作成

登録  又は

ケイパビリティ

クラス構造の検索

参照

又は

登録

参照

又は

登録

登録

ケイパビリティ

クラス構造 #X

アクティビティ

#E1

アクティビティ

#E2

アクティビティ

#E3

アクティビティ

#E

アクティビティ

#F

アクティビティ

の木 #N

ケイパビリティ

クラス #E1

ケイパビリティ

クラス #E2

ケイパビリティ

クラス #E

ケイパビリティ

クラス #E3

ケイパビリティ

クラス #F

ケイパビリティ

クラス構造 #N

モデル化

JIS B 3900 群の適用)

MSU

の提供者

参照

登録

参照

登録

ケイパビリティ

テンプレート #E3

ケイパビリティ

プロファイル #E3

テンプレート

プロファイル

ケイパビリティ

プロファイル

照合機構

入力

入力

出力

利用可能な MSU

解析

製造用アプリケーション  #N

製造用アプリケーション  #N

の要求

MSU

の統合

製造用アプリケーションの開発者

(MSU の使用者)

図 1−複数の CCS を用いたプロファイル照合 

5.2 MSU

の再利用 

製造用アプリケーションの開発効率を改善するために,類似の製造用アプリケーションにおいて過去に

開発した MSU を再利用するのがよい。MSU の使用者は,ケイパビリティプロファイルの照合基準(

図 1

の右部分)に見合ったケイパビリティプロファイルをもつ MSU(

図 の左部分)だけを,再利用する MSU

の候補として考えればよい。この規格は,プロファイル照合の過程を規定している。プロファイルの CCS

が異なっても適用できることから,多くの MSU が再利用の候補となる。

5.3 MSU

の登録 

MSU

の提供者は,MSU の使用者が広く利用できる MSU を登録する。MSU の提供者は,次の手順で

MSU

を準備して登録しなければならない。

a) MSU

が実現するアクティビティを解析する。MSU は,一つ以上のアクティビティを実現する。

b)

それぞれのアクティビティに関連するケイパビリティクラスを同定し,そのケイパビリティクラスが

属する CCS を検索する。

一つの MSU が複数のアクティビティに対するケイパビリティをもつ場合は,

それらのアクティビティは,同じ CCS 又は異なる CCS に属することになる。

c)

同定したそれぞれのケイパビリティクラスに対応するケイパビリティテンプレートを選択する。

d)

対応する CCS がない場合は,CCS を作成し,適切なデータベース管理手法を使用して登録する。さ


5

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

らに,対応するテンプレートを作成し,同様に登録する。

e)

手順 c)で選んだテンプレート又は手順 d)で作成したテンプレートに値を入れることによって,MSU

ケイパビリティプロファイルを作成し登録する。

5.4 

新規の製造用アプリケーションの要求を満たす MSU の再利用 

MSU

の使用者は,新規の製造用アプリケーションが必要な場合に,次の手順で開発しなければならない。

a)

製造用アプリケーションの要求機能を分析し,アクティビティの木構造表現(以下,アクティビティ

木という。

)を作成する。

b)

手順 a)で作成したアクティビティ木に合致する既存の又は新規のケイパビリティクラスを使用して

CCS

を作成するか,若しくは JIS B 3900-2 に規定する手法を用いて既存の CCS を選択する。

c)

作成又は選択した CCS のそれぞれのケイパビリティクラスに対して,必要となるケイパビリティプロ

ファイルを作成するために,対応するケイパビリティクラステンプレートに値を入れる。

d)  JIS B 3900-3

に規定するケイパビリティプロファイルの II 型照合機構を使用して,必要となるケイパ

ビリティプロファイルに適合する既存の MSU を見つけるために,利用可能な MSU ケイパビリティプ

ロファイルと要求ケイパビリティプロファイルとを比較する。

e)

新規の製造用アプリケーションの要求に合致する既存の MSU を選択する。

f)

要求に合致する MSU がない場合は,不足の MSU を開発する。

g)

手順 e)で再利用する MSU と手順 f)で開発した MSU とを統合することによって,要求に合致した新規

の製造用アプリケーションを作成する。

新規の製造用アプリケーションを開発するための概念(

図 1)の具体化した手順を図 に示す。


6

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

:既存 MSU の仕様

:製造用領域モデル

(MDM)

:ケイパビリティクラス構造

(CCS)

:製造用領域データ

(MDD)

:ケイパビリティ

テンプレート

:必要な

ケイパビリティプロファイル

:MSU の

ケイパビリティプロファイル

:製造用アプリケーション

の要求

MSU

ユースケースの確認

ケイパビリティクラス構造の作成

ケイパビリティテンプレートの作成

プロファイリング(値をテンプレートへ代入)

ケイパビリティテンプレートの登録

製造用アプリケーションの要求分析

製造用アプリケーションの

アクティビティ木の確認

ケイパビリティクラス構造の作成

ケイパビリティテンプレートの作成

既存 MSU の再利用

製造用アプリケーションの開発

:Ⅱ型照合機構

:既存の

MSU

:新規の

MSU

プロファイリング(値をテンプレートへ代入)

既存のケイパビリティプロファイルとの比較

(詳細は

図 12 参照)

同じケイパビリティプロファイルあり

新規 MSU の開発

同じケイパビリティ

プロファイルなし

新規の製造用アプリケーションの開発手順

既存の MSU の登録手順

図 2−ケイパビリティテンプレート,ケイパビリティプロファイル及び CCS による 

アプリケーションの開発手順 


7

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

5.5 

製造用領域のデータ 

図 は,MDD,MDM,CCS,ケイパビリティクラス及び製造用領域の他の要素,並びにそれらの関係

を示す。

製造用領域モデル(MDM)

製造用領域

製造用情報

製造用アプリケーション

製造用プロセス

ケイパビリティクラス構造(CCS)

交換用アプリケーション情報

製造用資源

製造用領域データ(MDD)

1..

*

+包含

−可能

1..

*

1

1..

*

1..

*

1..

*

−制約

−アクセス

1..

*

−写像

1

1

1

1

1

1

1

1

1

製造用機能

ケイパビリティクラス

製造用アクティビティ

−組織化

−連続

−記述

−具現化

1

*

−可能

1..

*

1

1..

*

+制約

1

*

−制約

−制約

*

1

*

1

1

*

1

*

*

−制約

*

1

1

−可能

図 3−製造用領域及び製造用アプリケーションの関係 

MDD

は,製造用情報の異なる型を表し,それらは一つのアプリケーションの資源間及び複数のアプリ

ケーション間で交換する製造用情報を含む。

複数の MDD をもつ一つの MDM の構造例を

図 に示す。MDM の作成者が,MDM 及び MDD を作成す

るための手順を

附属書 に示す。


8

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

MDM #1

関係 #1

役割 1A

役割 1B

関係 #2

関係 #3

関係 #4

関係 #5

関係 #6

役割 2A

役割 2C

役割 3A

役割 3D

役割 4D

役割 5D

役割 6D

役割 4E

役割 5F

役割 6G

1

1

1 *

1

1

-

属性 A-1

-

属性 A-2

MDD #A

-

属性 B-1

-

属性 B-2

-

属性 B-3

MDD #B

-

属性 C-1

-

属性 C-2

-

属性 C-3

MDD #C

-

属性 D-1

MDD #D

-

属性 E-1

MDD #E

-

属性 F-1

-

属性 F-2

MDD #F

-

属性 G-1

MDD #G

*

図 4MDM の構造例 

MDM

の作成者は,特定の製造用領域では製造用アプリケーションを MDD の集合として表現する。一

つの MDD は,次に示す製造用アプリケーションの様々な観点の情報を提供する。

a)

製造用資源(例えば,MSU,機器,自動装置,人,材料,仕掛かり在庫など)

b)

製造用プロセス(例えば,オペレーション,アクティビティなど)

c)

交換する製造用情報(例えば,製品データ,手順書,製造用データ,品質データなど)

d)

資源,プロセス,交換する情報間の関係(例えば,データの流れ,ネットワーク構成,物の流れなど)

図 において特定の製造用領域内の MDD は,属性及び関係クラスを用いた同じ領域の他の MDD との

関係表現で成り立つ。関係クラスにおける関係の拘束及び型の属性は,特定の MDM における MDD 間で

許される関係を表現している。対象の製造用領域では,MDM の作成者が製造用機能又は製造用アクティ

ビティ間で交換するそれぞれの MDD に固有の名前を付ける。

特定の製造用領域における MDM 

特定の製造用領域における MDD 

二つの MDD 間の関係 

関係性

2

1..*

1

1

制約

制約

1..*

2..*

属性 1 
… 
属性 x 

関係名 

関係型 

関係制約 

役割名 

方向 

多重性 

図 5MDD と MDM との関係 


9

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

図 に MDM と二つの MDD との関係を示す。これらの MDD は,典型的な木構造を成し,図 に記載

した関係クラスによる制約関係をもつ。ある製造用領域の適用可能な関連規格を,外部クラスとして特定

するクラス定義を実装することもできる。

5.6 

ケイパビリティクラスの MDD への写像 

MSU

の提供者又は MSU の使用者は,製造用アプリケーションの要求に沿った MDM に基づいてアクテ

ィビティ木を作成する。MSU の提供者又は MSU の使用者は,アクティビティ木のあるアクティビティを

識別するために,MDD の関連が分かるような意味のある固有の名前をアクティビティに付ける。アクテ

ィビティ木の中のアクティビティが CCS を構成する。MSU の提供者及び製造用アプリケーション開発者

は,共通の MDD を利用してケイパビリティクラスを特定する。

図 は,それぞれ関連する製造用アクティビティ木から写像した二つの異なる CCS を示す。CCS#1 と

CCS#2

とは異なった構造であるが,二つの CCS 間で部分的に幾つかの同一のケイパビリティクラスをも

つ。ケイパビリティクラスに対応しているケイパビリティプロファイルが同一の MDM の MDD を使って

記述されている場合に,これらのケイパビリティクラスが同じであると認識できる。

一つの構造内の個々のケイパビリティクラスは,一つの MDD 又は MDM の中の組合せ MDD のサービ

スに基づいて作成する。ケイパビリティクラスの正規表現には,属性,メソッド及び資源の特定のリスト

を含む。

ケイパビリティ

クラス #A

ケイパビリティ

クラス #B

ケイパビリティ

クラス #D

ケイパビリティ

クラス #B1

ケイパビリティ

クラス #B2

ケイパビリティ

クラス #B11

ケイパビリティ

クラス #B

ケイパビリティ

クラス #E

ケイパビリティ

クラス #B1

ケイパビリティ

クラス #B3

製造用アプリケーション

クラス #2

ケイパビリティ

クラス #B11

製造用アプリケーション

クラス #1

ケイパビリティ

クラス #B12

ケイパビリティ
クラス #B121

ケイパビリティ 
クラス #B122

ケイパビリティ

クラス #B12

ケイパビリティクラス構造 #1

ケイパビリティクラス構造 #2

製造用領域モデル

MDD #1

MDD #2

MDD #3

MDD #4

MDD #5

MDD #6

MDD #n

図 6−同一の MDM の MDD で記述した複数のケイパビリティクラス 

ケイパビリティプロファイリングの方法及び規則 

6.1 MSU

ケイパビリティプロファイリングのテンプレート 

複数のケイパビリティ構造が存在する場合は,次の四つのテンプレートを MSU ケイパビリティプロフ

ァイリングに使用する。


10

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

a) CCS

テンプレート

b)

ケイパビリティテンプレート

c) MDM

テンプレート

d) MDD

テンプレート

6.2 CCS

テンプレート 

6.2.1 

概念構造 

CCS

テンプレートは,少なくとも次の要素から成る。

a) CCS

の作成者名

b) CCS

の識別子(ID)

c)

ケイパビリティクラスの ID

d)

ケイパビリティクラスの親ノード ID(最上位のノードに親ノード ID はない。

e)

ケイパビリティクラスの子ノード ID

CCS

テンプレートの概念構造を

図 に示す。

CSS

の作成者名

CCS

の識別子(ID)

CCS

の最上位ノード ID

ケイパビリティクラス ID

親ノード ID

子ノード ID

図 7CCS テンプレートの概念構造 

6.2.2 

形式構造 

MSU

の提供者又は MSU の使用者は,XML スキーマで CCS テンプレートを記述する。CCS テンプレー

トの形式構造を次に示す。

 
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<xs:schema xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema">

 <xs:element

name="CapabilityClassStructure">

  <xs:complexType>

   <xs:sequence>

    <xs:element

name="CCS_Creator_Name">

     <xs:complexType>

      <xs:attribute

name="name"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

     </xs:complexType>

    </xs:element>

    <xs:element

name="CCS_ID">

     <xs:complexType>

      <xs:attribute

name="id"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

     </xs:complexType>

    </xs:element>

    <xs:element

name="CCS_Root_Node_ID">

     <xs:complexType>

      <xs:attribute

name="id"

type="xs:ID"

form="unqualified"/>

     </xs:complexType>

    </xs:element>

    <xs:element

name="Capability_Class"

type="RecursionType"/>

   </xs:sequence>

  </xs:complexType>

 </xs:element>

 <xs:complexType

name="RecursionType">

  <xs:sequence>

   <xs:element

name="Capability_Class_ID">

    <xs:complexType>


11

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

     <xs:attribute

name="id"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

    </xs:complexType>

   </xs:element>

   <xs:sequence

maxOccurs="unbounded">

    <xs:element

name="Parent_Node_ID">

     <xs:complexType>

      <xs:attribute

name="id"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

     </xs:complexType>

    </xs:element>

   </xs:sequence>

   <xs:sequence

minOccurs="0"

maxOccurs="unbounded">

    <xs:element

name="Child_Node_ID">

     <xs:complexType>

      <xs:sequence>

<!--the

follwing

sentence

shows

the

recurdion

definition

of

capability_class-->

<xs:element

name="Capability_Class"

type="RecursionType"/>

      </xs:sequence>

     </xs:complexType>

    </xs:element>

   </xs:sequence>

  </xs:sequence>

 </xs:complexType>

</xs:schema> 

6.3 

ケイパビリティプロファイルテンプレート 

6.3.1 

概念構造 

ケイパビリティプロファイルのテンプレートには,JIS B 3900-2 の 6.3 及び JIS B 3900-3 の 7.2.2 に記載

の共通部分並びに JIS B 3900-2 の 6.3 に記載の特有部分を含む。特有部分は,少なくとも次の付加要素と

ともに JIS B 3900-2 に記載した要素から成る。

a)

参照用 MDM 名

b) MDD

記述書式(例えば,MDD オブジェクトのリスト)

c) MDD

記述(例えば,MDD オブジェクトの時系列アクセス)

ケイパビリティプロファイルテンプレートの概念構造を

図 に示す。


12

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

共通部分

テンプレート識別子(ID)

ケイパビリティクラス名及び参照 CCS

ソフトウェアユニットの ID

ベンダー名

バージョン番号及び履歴

必要なコンピュータ設備

プロセッサ

オペレーティングシステム及びオプション

言語

ランタイムメモリ

ディスク容量

複数使用者支援

遠隔アクセス

追加機能及び差込機能

ユニットの実測性能

無駄時間

単位時間当たりの情報処理量

ユニットの信頼性データ

使用履歴

販売実績

安全水準

保証機関

サポート方針

価格

ケイパビリティクラスの参照用辞書名

プロファイルの属性数

メソッド数

資源数

制約数

拡張数

下位レベル数

直下位レベルの副テンプレート数

ケイパビリティクラスの特有部分

参照用 MDM 名

 MDD

記述書式

 MDD

記述

 MDD

オブジェクトの集合

 MDD

オブジェクトのリスト

 MDD

オブジェクトの時系列

 MDD

オブジェクトの事象順序

ケイパビリティクラスの属性リスト

ケイパビリティクラスのメソッドリスト

ケイパビリティクラスの資源リスト

ケイパビリティクラスの制約リスト

ケイパビリティクラスの拡張リスト

ケイパビリティクラスの下位レベルリスト

ケイパビリティクラスの副テンプレートリスト

図 8−ケイパビリティプロファイルテンプレートの概念構造 


13

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

6.3.2 

形式構造 

MSU

の提供者又は MSU の使用者は,XML スキーマでケイパビリティプロファイルテンプレートを記

述する。ケイパビリティプロファイルテンプレートの形式構造を次に示す。

 
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<xs:schema xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema">

 <xs:element

name="CapabilityProfiling">

  <xs:complexType>

   <xs:sequence

maxOccurs="unbounded">

    <xs:element

name="Type">

     <xs:complexType>

      <xs:attribute

name="id"

type="xs:string"

use="required"/>

     </xs:complexType>

    </xs:element>

    <xs:element

name="CapabilityProfile">

     <xs:complexType>

      <xs:sequence>

       <xs:element

name="Pkgtype">

        <xs:complexType>

         <xs:attribute

name="version"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

        </xs:complexType>

       </xs:element>

       <xs:element

name="Common"

type="CommonPartType"/>

       <xs:element

name="Specific"

type="SpecificPartType"/>

      </xs:sequence>

      <xs:attribute

name="date"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

     </xs:complexType>

    </xs:element>

   </xs:sequence>

  </xs:complexType>

 </xs:element>

 <xs:complexType

name="CommonPartType">

  <xs:sequence>

   <xs:choice>

    <xs:element

name="Requirement">

     <xs:complexType>

      <xs:sequence>

       <xs:element

name="ID"

type="xs:string"/>

      </xs:sequence>

      <xs:attribute

name="id"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

     </xs:complexType>

    </xs:element>

    <xs:element

name="MSU_Capability">

     <xs:complexType>

      <xs:sequence>

       <xs:element

name="ID"

type="xs:string"/>

      </xs:sequence>

      <xs:attribute

name="id"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

     </xs:complexType>

    </xs:element>

   </xs:choice>

   <xs:sequence

maxOccurs="unbounded">

    <xs:element

name="ReferenceCapabilityClassStructure">

     <xs:complexType>

      <xs:attribute

name="id"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

      <xs:attribute

name="name"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

      <xs:attribute

name="version"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

      <xs:attribute

name="url"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

     </xs:complexType>

    </xs:element>

    <xs:element

name="TemplateID">

     <xs:complexType>

      <xs:attribute

name="id"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

     </xs:complexType>

    </xs:element>

   </xs:sequence>


14

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

   <xs:element

name="Capability_Class_Name">

    <xs:complexType>

     <xs:attribute

name="name"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

    </xs:complexType>

   </xs:element>

   <xs:element

name="Reference_Capability_Class_Structure_Name">

    <xs:complexType>

     <xs:attribute

name="name"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

    </xs:complexType>

   </xs:element>

   <xs:element

name="Version">

    <xs:complexType>

     <xs:attribute

name="major"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

     <xs:attribute

name="minor"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

    </xs:complexType>

   </xs:element>

   <xs:element

name="Owner">

    <xs:complexType>

     <xs:sequence>

      <xs:element

name="Name"

type="xs:string"

minOccurs="0"/>

      <xs:element

name="Street"

type="xs:string"

minOccurs="0"/>

      <xs:element

name="City"

type="xs:string"

minOccurs="0"/>

      <xs:element

name="Zip"

type="xs:string"

minOccurs="0"/>

      <xs:element

name="State"

type="xs:string"

minOccurs="0"/>

      <xs:element

name="Country"

type="xs:string"

minOccurs="0"/>

      <xs:element

name="Comment"

type="xs:string"

minOccurs="0"/>

     </xs:sequence>

    </xs:complexType>

   </xs:element>

<xs:element name="ComputingFacilities" minOccurs="0" maxOccurs="unbounded">

    <xs:complexType>

     <xs:sequence>

      <xs:element

name="Processor"

minOccurs="0"

maxOccurs="unbounded">

       <xs:complexType>

        <xs:attribute

name="type"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

       </xs:complexType>

      </xs:element>

      <xs:element

name="OperatingSystem"

minOccurs="0"

maxOccurs="unbounded">

       <xs:complexType>

        <xs:attribute

name="type"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

       </xs:complexType>

      </xs:element>

      <xs:element

name="Language"

minOccurs="0"

maxOccurs="unbounded">

       <xs:complexType>

        <xs:attribute

name="name"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

       </xs:complexType>

      </xs:element>

      <xs:element

name="Memory"

minOccurs="0"

maxOccurs="unbounded">

       <xs:complexType>

        <xs:attribute

name="size"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

        <xs:attribute

name="unit"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

       </xs:complexType>

      </xs:element>

      <xs:element

name="DiskSpace"

minOccurs="0"

maxOccurs="unbounded">

       <xs:complexType>

        <xs:attribute

name="size"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

        <xs:attribute

name="unit"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

       </xs:complexType>

      </xs:element>

     </xs:sequence>

     <xs:attribute

name="type"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

    </xs:complexType>

   </xs:element>

   <xs:element

name="Performance"

minOccurs="0"

maxOccurs="unbounded">

    <xs:complexType>

     <xs:attribute

name="elapsedTime"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

     <xs:attribute

name="transactionsPerUnitTime"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

    </xs:complexType>


15

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

   </xs:element>

   <xs:element

name="ReliabilityData"

minOccurs="0"

maxOccurs="unbounded">

    <xs:complexType>

     <xs:sequence>

      <xs:element

name="UsageHistory"

type="xs:string"

minOccurs="0"/>

      <xs:element

name="Shipments"

minOccurs="0"

maxOccurs="unbounded">

       <xs:complexType>

        <xs:attribute

name="number"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

       </xs:complexType>

      </xs:element>

      <xs:element

name="IntendedSafetyIntegrity"

minOccurs="0"

maxOccurs="unbounded">

       <xs:complexType>

        <xs:attribute

name="level"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

       </xs:complexType>

      </xs:element>

      <xs:element

name="Certification"

minOccurs="0"

maxOccurs="unbounded">

       <xs:complexType>

        <xs:attribute

name="number"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

       </xs:complexType>

      </xs:element>

     </xs:sequence>

    </xs:complexType>

   </xs:element>

   <xs:element

name="SupportPolicy"

minOccurs="0"

maxOccurs="unbounded">

    <xs:complexType>

     <xs:attribute

name="index"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

    </xs:complexType>

   </xs:element>

   <xs:element

name="PriceData"

minOccurs="0"

maxOccurs="unbounded">

    <xs:complexType>

     <xs:attribute

name="invest"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

     <xs:attribute

name="annualSupport"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

     <xs:attribute

name="unit"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

    </xs:complexType>

   </xs:element>

   <xs:element

name="ReferenceDictionaryName">

    <xs:complexType>

     <xs:attribute

name="name"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

    </xs:complexType>

   </xs:element>

   <xs:element

name="NumberOfProfileAttributes"

minOccurs="0"

maxOccurs="unbounded">

    <xs:complexType>

     <xs:attribute

name="number"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

    </xs:complexType>

   </xs:element>

   <xs:element

name="NumberOfMethods"

minOccurs="0"

maxOccurs="unbounded">

    <xs:complexType>

     <xs:attribute

name="number"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

    </xs:complexType>

   </xs:element>

<xs:element name="NumberOfResources" minOccurs="0" maxOccurs="unbounded">

    <xs:complexType>

     <xs:attribute

name="number"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

    </xs:complexType>

   </xs:element>

<xs:element name="NumberOfConstraints" minOccurs="0" maxOccurs="unbounded">

    <xs:complexType>

     <xs:attribute

name="number"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

    </xs:complexType>

   </xs:element>

   <xs:element

name="NumberOfExtensions"

minOccurs="0"

maxOccurs="unbounded">

    <xs:complexType>

     <xs:attribute

name="number"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

    </xs:complexType>

   </xs:element>

<xs:element name="NumberOfLowerLevels" minOccurs="0" maxOccurs="unbounded">

    <xs:complexType>

     <xs:attribute

name="number"

type="xs:string"

form="unqualified"/>


16

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

    </xs:complexType>

   </xs:element>

   <xs:element

name="NumberOfSubtemplatesAtNextLowerLevel"

minOccurs="0"

maxOccurs="unbounded">

    <xs:complexType>

     <xs:attribute

name="number"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

    </xs:complexType>

   </xs:element>

  </xs:sequence>

 </xs:complexType>

 <xs:complexType

name="SpecificPartType">

  <xs:sequence>

   <xs:element

name="Reference_MDM_Name">

    <xs:complexType>

     <xs:attribute

name="domain_name"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

    </xs:complexType>

   </xs:element>

   <xs:element

name="MDD_Description_Format">

    <xs:complexType>

     <xs:attribute

name="format_name"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

    </xs:complexType>

   </xs:element>

   <xs:element

name="MDD_Description">

    <xs:complexType>

     <xs:sequence>

      <xs:choice>

       <xs:element

name="Set_Of_MDD_Objects">

        <xs:complexType>

         <xs:sequence

minOccurs="0"

maxOccurs="unbounded">

          <xs:element

name="MDD_Name">

           <xs:complexType>

            <xs:attribute

name="name"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

            <xs:attribute

name="action"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

           </xs:complexType>

          </xs:element>

         </xs:sequence>

        </xs:complexType>

       </xs:element>

       <xs:element

name="List_Of_MDD_Objects">

        <xs:complexType>

         <xs:sequence

minOccurs="0"

maxOccurs="unbounded">

          <xs:element

name="MDD_Name">

           <xs:complexType>

            <xs:attribute

name="name"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

            <xs:attribute

name="action"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

           </xs:complexType>

          </xs:element>

         </xs:sequence>

        </xs:complexType>

       </xs:element>

       <xs:element

name="Time_Ordered_MDD_Objects">

        <xs:complexType>

         <xs:sequence

minOccurs="0"

maxOccurs="unbounded">

          <xs:element

name="Time_Occurrence_Of_MDD_Object">

           <xs:complexType>

            <xs:sequence>

             <xs:element

name="MDD_Name">

              <xs:complexType>

               <xs:attribute

name="name"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

               <xs:attribute

name="action"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

              </xs:complexType>

             </xs:element>

             <xs:element

name="MDD_Qualifiers">

              <xs:complexType>

               <xs:sequence

minOccurs="0"


17

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

maxOccurs="unbounded">

                <xs:element

name="Qualifier_Name">

                 <xs:complexType>

                  <xs:attribute

name="name"

type="xs:string" form="unqualified"/>

                 </xs:complexType>

</ s e e e t

               </xs:sequence>

              </xs:complexType>

             </xs:element>

            </xs:sequence>

           </xs:complexType>

          </xs:element>

         </xs:sequence>

        </xs:complexType>

       </xs:element>

       <xs:element

name="Event_Ordered_MDD_Objects">

        <xs:complexType>

         <xs:sequence

minOccurs="0"

maxOccurs="unbounded">

          <xs:element

name="Event_Occurrence_Of_MDD_Object">

           <xs:complexType>

            <xs:sequence>

             <xs:element

name="MDD_Name">

              <xs:complexType>

               <xs:attribute

name="name"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

               <xs:attribute

name="action"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

              </xs:complexType>

             </xs:element>

             <xs:element

name="MDD_Qualifiers">

              <xs:complexType>

               <xs:sequence

minOccurs="0"

maxOccurs="unbounded">

                <xs:element

name="Qualifier_Name">

                 <xs:complexType>

                  <xs:attribute

name="name"

type="xs:string" form="unqualified"/>

                 </xs:complexType>

</ s e e e t

               </xs:sequence>

              </xs:complexType>

             </xs:element>

            </xs:sequence>

           </xs:complexType>

          </xs:element>

         </xs:sequence>

        </xs:complexType>

       </xs:element>

      </xs:choice>

     </xs:sequence>

    </xs:complexType>

   </xs:element>

   <xs:element

name="List_Of_CC_Attributes"

minOccurs="0"

maxOccurs="unbounded"/>

   <xs:element

name="List_Of_CC_Methods"

minOccurs="0"

maxOccurs="unbounded"/>

   <xs:element

name="List_Of_CC_Resources"

minOccurs="0"

maxOccurs="unbounded"/>

   <xs:element

name="List_Of_CC_Constraints"

minOccurs="0"

maxOccurs="unbounded"/>

   <xs:element

name="List_Of_CC_Extensions"

minOccurs="0"

maxOccurs="unbounded"/>

   <xs:element

name="List_Of_CC_Lower_Levels"

minOccurs="0"

maxOccurs="unbounded"/>

   <xs:element

name="List_Of_CC_Subtemplates"

minOccurs="0"

maxOccurs="unbounded"/>

  </xs:sequence>

 </xs:complexType>

</xs:schema> 


18

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

6.4 MDM

テンプレート 

6.4.1 

概念構造 

MDM

テンプレートは,基本部分及び拡張部分から成る。基本部分には,次の要素を含まなければなら

ない。

a)  MDM

b)

領域の参照用辞書名

注記  領域の参照用辞書は,一つの製造用領域に固有の定義から成る。製造用領域は,企業の機能

レベル又はアクティビティによって境界が決まる。

c)

MDD

名  一つの MDM 内の MDD ごとに付与

d)

関係型  MDD ごとの,参照先 MDD との接続を記述したリスト

e)

参照先 MDD 名  MDD ごとの,関係する MDD 名を記述したリスト

f)

接続方向  MDD ごとの,関係する MDD との接続方向を記述したリスト

g)

役割名  MDD ごとの,関係する MDD の役割名を記述したリスト

h)

多重度  MDD ごとの,関係するインスタンスの多重度を記述したリスト

拡張部分は,産業領域,企業組織又は企業の機能領域のいずれかに特有の要素から成る。

MDM

テンプレートの概念構造を

図 に示す。

MDM

領域の参照用辞書名

MDD

群のリスト

 MDD

 MDD

関係リスト

関係

関係型

関係名

参照先 MDD 名

接続方向

 MDD

の役割名

参照先 MDD の役割名

多重度

図 9MDM テンプレートの概念構造 

6.4.2 

形式構造 

MDM

の作成者は,XML スキーマで MDM テンプレートを記述する。MDM テンプレートの形式構造は,

次に示すとおりでなければならない。

 
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<xs:schema xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema">

 <xs:element

name="MDM">

  <xs:complexType>

   <xs:sequence>

    <xs:element

name="MDM_Name">

     <xs:complexType>

      <xs:attribute

name="domain_name"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

     </xs:complexType>


19

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

    </xs:element>

    <xs:element

name="Domain_Reference_Dictionary_Name">

     <xs:complexType>

      <xs:attribute

name="dictionary_name"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

     </xs:complexType>

    </xs:element>

    <xs:element

name="List_Of_MDD_Packages">

     <xs:complexType>

      <xs:sequence

maxOccurs="unbounded">

       <xs:element

name="MDD_Package">

        <xs:complexType>

         <xs:sequence>

          <xs:element

name="MDD_Name">

           <xs:complexType>

            <xs:attribute

name="name"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

           </xs:complexType>

          </xs:element>

          <xs:element

name="List_Of_Relationships">

           <xs:complexType>

            <xs:sequence>

             <xs:element

name="Relationship"

type="Relationship_Type"/>

            </xs:sequence>

           </xs:complexType>

          </xs:element>

         </xs:sequence>

         <xs:attribute

name="id"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

        </xs:complexType>

       </xs:element>

      </xs:sequence>

     </xs:complexType>

    </xs:element>

   </xs:sequence>

  </xs:complexType>

 </xs:element>

 <xs:complexType

name="Relationship_Type">

  <xs:sequence>

   <xs:element

name="Relationship_Name">

    <xs:complexType>

     <xs:attribute

name="name"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

    </xs:complexType>

   </xs:element>

   <xs:element

name="Destination_MDD_Name">

    <xs:complexType>

     <xs:attribute

name="name"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

    </xs:complexType>

   </xs:element>

   <xs:element

name="Direction">

    <xs:complexType>

     <xs:attribute

name="direction"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

    </xs:complexType>

   </xs:element>

   <xs:element

name="Role_Name_For_MDD">

    <xs:complexType>

     <xs:attribute

name="name"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

    </xs:complexType>

   </xs:element>

   <xs:element

name="Role_Name_For_Destination_MDD">

    <xs:complexType>

     <xs:attribute

name="name"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

    </xs:complexType>

   </xs:element>

   <xs:element

name="Multiplicity">

    <xs:complexType>

     <xs:attribute

name="multiplicity"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

    </xs:complexType>

   </xs:element>

   <xs:element

name="Type">

    <xs:complexType>


20

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

     <xs:attribute

name="type"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

    </xs:complexType>

   </xs:element>

  </xs:sequence>

<xs:attribute name="id" type="xs:string" form="unqualified"/>

 </xs:complexType>

</xs:schema> 

6.5 MDD

テンプレート 

6.5.1 

概念構造 

MDD

テンプレートは,基本部分及び拡張部分から成る。基本部分には,次の要素を含まなければなら

ない。

a)  MDD

b)

参照 MDM 

c)

MDD

注記 MDD 型は,MDD で表現する製造用資源,製造用機能又は製造用情報項目の識別に使用され

る。

d)

属性名  MDD の属性ごとに付与

e)

属性型  MDD の属性ごとに付与

MDD

テンプレートの拡張部分は,産業領域,企業組織又は産業用アプリケーションのいずれかに特定

の MDD 型を補足する他の属性から成る。

MDD

テンプレートの概念構造を

図 10 に示す。

MDD

参照 MDM 名

属性リスト 
属性名

属性型

図 10MDD テンプレートの概念構造 

6.5.2 

形式構造 

MDM

の作成者は,XML スキーマで MDD テンプレートを記述する。MDD テンプレートの形式構造を

次に示す。

 
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<xs:schema xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema">

 <xs:element

name="MDD">

  <xs:complexType>

   <xs:sequence>

    <xs:element

name="MDD_Name">

     <xs:complexType>

      <xs:attribute

name="name"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

     </xs:complexType>

    </xs:element>

    <xs:element

name="Reference_MDM_Name">

     <xs:complexType>

      <xs:attribute

name="name"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

     </xs:complexType>

    </xs:element>

    <xs:element

name="List_Of_Attributes">

     <xs:complexType>

      <xs:sequence

minOccurs="0"

maxOccurs="unbounded">


21

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

       <xs:element

name="Attribute">

        <xs:complexType>

         <xs:sequence>

          <xs:element

name="Attribute_Name">

           <xs:complexType>

            <xs:attribute

name="name"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

           </xs:complexType>

          </xs:element>

          <xs:element

name="Attribute_Type">

           <xs:complexType>

            <xs:attribute

name="type"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

           </xs:complexType>

          </xs:element>

         </xs:sequence>

         <xs:attribute

name="id"

type="xs:string"

form="unqualified"/>

        </xs:complexType>

       </xs:element>

      </xs:sequence>

     </xs:complexType>

    </xs:element>

   </xs:sequence>

  </xs:complexType>

 </xs:element>

</xs:schema>

複数のケイパビリティクラス構造に基づいたプロファイルの照合 

7.1 

ケイパビリティプロファイルの照合手順 

図 11 に示すように,二つのケイパビリティプロファイルの間に機能的依存性の有無を判定するために,

II

型照合機構を使用する。II 型照合機構は,要求ケイパビリティプロファイルと MSU ケイパビリティプロ

ファイルとに記述された製造用機能の特徴を比較する。MSU の提供者又は製造用アプリケーションの開発

者は,ケイパビリティテンプレートが同じ製造用領域内の異なるケイパビリティクラスに基づいている場

合でも,これらのプロファイルの機能依存性の有無を評価することができる。


22

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

製造用アクティビティ 

対象の MDM #α 

ケイパビリティクラス構造 #N 

ケイパビリティクラス構造 #X 

ケイパビリティクラス構造#E3 のクラス#

ケイパビリティクラス#E3 のテンプレート#E3

ケイパビリティクラス構造#D のクラス#

ケイパビリティクラス#のテンプレート#D 

製造用資源 

要求製造用機能 

MSU 

要求ケイパビリティプロファイル #E3 

MSU

ケイパビリティプロファイル #D 

Ⅱ型照合機構 

合致レベル報告 

MDM #

αの MDD 

依存 

依存 

−包含 

−包含 

1..* 

1..* 

1..* 

1

1..*

図 11−照合ケイパビリティプロファイル及び II 型照合機構 

II

型照合機構は,

図 12 に示す照合手順に従って要求ケイパビリティプロファイルと MSU ケイパビリテ

ィプロファイルとを照合する。II 型照合機構は,これらのプロファイルが同じ MDM 及び同じ MDD に基

づいているかを判定するために,二つの入力ケイパビリティプロファイルから参照 CCS 名及び関連情報を

利用する。これらのプロファイルが同じ MDM 及び同じ MDD の集合に基づく場合に,II 型照合機構は,

これらのプロファイル間の機能的依存性の有無を判定できる。

II

型照合機構を用いたケイパビリティプロファイルの照合では,はじめにケイパビリティプロファイル

の参照辞書の ID を抽出し,これらの ID を比較する。これらの ID が同じ場合には,II 型照合機構は,JIS 

B 3900-3

に定義する I 型照合機構と同じ手順で照合する。これらの ID が同じでない場合には,II 型照合機

構は,入力ケイパビリティプロファイルから参照 MDM の ID を抽出し,これらの ID を比較する。これら

の MDM の ID が同じでない場合には,

II

型照合機構は,

入力プロファイルの比較が不能であると報告する。

これらの MDM の ID が同じ場合には,II 型照合機構は,入力プロファイルからケイパビリティ定義書式を

抽出し,これらの書式を比較する。これらの書式が同じでない場合には,II 型照合機構以外の手段でケイ


23

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

パビリティ定義の二つの MDD をいずれか一つのケイパビリティ定義書式に統一する。これらの書式が同

じ場合には,統一する必要はない。II 型照合機構は,ケイパビリティ定義にある MDD の集合を抽出し,

プロファイル間の機能依存性の有無を判定するためにそれらを比較する。II 型照合機構は,要求プロファ

イルに対する MSU プロファイルの合致レベルを報告する。

要求ケイパビリティプロファイルから抽出した

ケイパビリティクラス参照辞書の ID

MSU

ケイパビリティプロファイルから抽出した

ケイパビリティクラス参照辞書の ID

要求ケイパビリティの取得

MSU

ケイパビリティの取得

二つのプロファイルの MDM 名比較

二つのプロファイルの辞書 ID 比較

二つのプロファイルのケイパビリティ定義書式比較

ケイパビリティ定義 MDD をケイパビリティ定義書式に変換

要求ケイパビリティプロファイルと MSU ケイパビリティプロファイルの

ケイパビリティ定義の比較

:照合結果

:MSU ケイパビリティ

プロファイル

:要求ケイパビリティ

プロファイル

MSU

ケイパビリティプロファイルからの

ケイパビリティ定義書式の抽出

要求ケイパビリティプロファイルからの

ケイパビリティ定義書式の抽出

MSU

ケイパビリティプロファイルからの

ケイパビリティ定義の抽出

要求ケイパビリティプロファイルからの

ケイパビリティ定義の抽出

要求ケイパビリティプロファイルからの

参照 MDM 名の抽出

MSU

ケイパビリティプロファイルからの

参照 MDM 名の抽出

[合致]

[合致なし]

[合致なし]

プロファイルの

比較不可能

[合致なし]

[合致]

[合致]

照合報告

1

型照合機構

による処理

(JIS B 3900-3 参照)

図 12−ケイパビリティプロファイルの照合手順 

7.2 

照合報告 

II

型照合機構は,対象となる二つのケイパビリティプロファイルの内容を比較して合致レベルを生成し,

その値は次のいずれか一つでなければならない。

a)

完全合致  要求ケイパビリティプロファイルで参照する全ての製造機能が,MSU ケイパビリティプロ

ファイルで参照する全ての対応機能と完全に合致する。これは,製造用機能の二つの集合が,MDD

オブジェクトと等価でこれらのオブジェクトの時間順序も等価であることを意味している。

b)

必須部分の完全合致  要求プロファイルの全ての必須機能が,MSU ケイパビリティプロファイルで参


24

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

照する全ての対応機能と完全に合致する。合致レベルの報告には,対応する MSU 機能の詳細情報を

含む。

c)

必須部分の部分合致  要求ケイパビリティプロファイルは,MSU ケイパビリティプロファイルと部分

的に合致する。合致レベルの報告には,対応する要求ケイパビリティプロファイルが参照して合致し

た機能の詳細情報を含む。

d)

必須部分の合致なし  要求ケイパビリティプロファイルの全ての必須の機能が,MSU プロファイルの

機能と合致しない。

複数のケイパビリティクラスを用いたプロファイル照合の例を

附属書 に示す。

適合性 

JIS B 3900-4

に規定する適合性試験の方法をこの規格にも適用する。この箇条は JIS B 3900-4 の 6.1.3 

規定する CSI に,CCS テンプレート(

表 参照),MDM テンプレート(表 参照)及び MDD テンプレー

ト(

表 参照)に関する CSI を追加する。さらに,この箇条では JIS B 3900-4 に規定していないケイパビ

リティプロファイルテンプレート(

表 参照)の要素に関する CSI も追加する。この箇条のこれらの表に

示す適合性判定箇所の型は,JIS B 3900-4 

表 に規定する。

表 1CCS テンプレートの CSI 

適合性判定箇所

又は番号

適合性判定箇所の記述

参照する仕様

適合性判定

箇所の型

簡易試験規範

Index_1 XML

書式

JIS B 3900-5

の 6.2.2

A XML

スキーマ書式の CCS であ

る。

Index_2 CCS_Creator_Name

JIS B 3900-5

の 6.2.2

A

“name”属性の存在及び唯一性
を示す。

Index_3 CCS_ID

JIS B 3900-5

の 6.2.2

A

“id”属性の存在及び唯一性を
示す。

Index_4 CCS_Root_Node_ID

JIS B 3900-5

の 6.2.2

A

“id”属性の存在及び唯一性を

示す。

Index_5 Capability_Class

JIS B 3900-5

の 6.2.2

A

“id”属性,Parent_Node 及び

Child_Node

の存在及び唯一性

を示す。

Index_5.1 Parent_Node_ID

JIS B 3900-5

の 6.2.2

A

“id”属 性及 び一緒 に直上 の

Parent_Node

の存在及び場所を

示す。

Index_5.2 Child_Node_ID

JIS B 3900-5

の 6.2.2

A

ケイパビリティクラスの型と

一緒に全ての Child_Node の存

在及び場所を示す。


25

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

表 2−ケイパビリティプロファイルテンプレートの CSI 

適合性判定箇所

又は番号

適合性判定箇所の記述

参照する仕様

適合性判定

箇所の型

簡易試験規範

Index_1 XML

書式

JIS B 3900-5

の 6.3.2

A XML

スキーマ書式のケイパビ

リティテンプレートである。

Index_2

ケイパビリティプロファイリ

ング

JIS B 3900-5

の 6.3.2

A

スキーマ要素を正しく示す。

Index_2.1

JIS B 3900-5

の 6.3.2

A

スキーマ要素を正しく示す。

Index_2.2

ケイパビリティプロファイル

JIS B 3900-5

の 6.3.2

A

スキーマ要素を正しく示す。

index_2.2.1

パッケージの型及び版

JIS B 3900-5

の 6.3.2

A

スキーマ要素を正しく示す。

Index_2.2.2 CommonPart

SpecificPart

の型

JIS B 3900-5

の 6.3.2

A

スキーマ要素を正しく示す。

Index _3

Common Part

の型

JIS B 3900-5

の 6.3.2

Index_3.1

ケイパビリティプロファイル
型の選択

JIS B 3900-5

の 6.3.2

A

スキーマ要素を正しく示し,値
が “ Requirement ” 又 は

“MSU_Capability”の ID であ

る。

Index_3.2

参照ケイパビリティクラス構

JIS B 3900-5

の 6.3.2

A

“id”

“name”

“version”

,及び

“url”の属性を正しく示す。

Index_3.3 Capability_Class_Name  JIS B 3900-5

の 6.3.2

A Capability_Class_Name

を正しく

示す。

Index_3.4

テンプレート ID

JIS B 3900-5

の 6.3.2

A

スキーマ要素を正しく示す。

Index_3.5

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

スキーマ要素を正しく示す。

Index_3.6

所有者

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

“Street”“city”

“zip”

“state”

“country”,及び“comments”
が存在する。

Index_3.7

コンピュータシステム

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

“Processor0”

“OperatingSystem0”

“Language”,“Memory”及び
“DiskSpace”が存在する。

Index_3.8

追加するコンピュータシステ
ムの要素

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C Index_4.7

の規定を満足するス

キーマ要素を正しく示す。

Index_3.9

性能

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

“ElapsedTime”及び

“TransactionsPerUnitTime”の属

性を正しく示す。

Index_3.10

追加する性能の要素

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C Index_4.9

の規定を満足するス

キーマ要素を正しく示す。

Index_3.11

実績データ

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

“UsageHistory”,“Shipments”,
“ IntendedSafetyIntegrity ” 及び

“Certification”のスキーマ要素

を正しく示す。

Index_3.12

追加する実績データの要素

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C Index_4.9

の規定を満足するス

キーマ要素を正しく示す。

Index_3.13

支援方法

JIS B 3900-5

の 6.3.2

D

“index”の属性を正しく示す。

Index_3.14

追加する支援方法の要素

JIS B 3900-5

の 6.3.2

D Index_4.1.3

の規定を満足するス

キーマ要素を正しく示す。

Index_3.15

価格データ

JIS B 3900-5

の 6.3.2

D

“invest”

“annualSupport”及び

“unit”の属性を正しく示す。

Index_3.16

追加する価格データの要素

JIS B 3900-5

の 6.3.2

D Index_4.1.3

の規定を満足するス

キーマ要素を正しく示す。


26

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

表 2−ケイパビリティプロファイルテンプレートの CSI(続き) 

適合性判定箇所

又は番号

適合性判定箇所の記述

参照する仕様

適合性判定

箇所の型

簡易試験規範

Index_3.17

ケイパビリティクラスの参照
用辞書の名前

JIS B 3900-5

の 6.3.2

A

“name”の属性を正しく示す。

Index_3.18

プロファイル属性の数

JIS B 3900-5

の 6.3.2

A

“number”の属性を正しく示す。

Index_3.19

メソッドの数

JIS B 3900-5

の 6.3.2

A

“number”の属性を正しく示す。

Index_3.20

資源の数

JIS B 3900-5

の 6.3.2

A

“number”の属性を正しく示す。

Index_3.21

制約の数

JIS B 3900-5

の 6.3.2

A

“number”の属性を正しく示す。

Index_3.22

拡張の数

JIS B 3900-5

の 6.3.2

A

“number”の属性を正しく示す。

Index_3.23

下位のレベルの数

JIS B 3900-5

の 6.3.2

A

“number”の属性を正しく示す。

Index_3.24

より下位レベルの副テンプレ

ートの数

JIS B 3900-5

の 6.3.2

A

“number”の属性を正しく示す。

Index_4

特有部分の型

JIS B 3900-5

の 6.3.2

Index_4.1 Reference_MDM_Name  JIS B 3900-5

の 6.3.2

A

“Domain_Name”の属性を正し

く示す。

Index_4.2 Capability_Definition_Format

JIS B 3900-5

の 6.3.2

A

“設定_of_MDD_objects”

“List_of_MDD_Objects”

“Time_Ordered_MDD_Objects”

“Event_Ordered_MDD_Objects”

の い ず れ か の 値 を も つ

“Format_Name”属性のスキー
マ要素を正しく示す。

Index_4.3 Capability_Definition

JIS B 3900-5

の 6.3.2

A

スキーマ要素を正しく示す。

Index_4.3.1 Set_of_MDD_object

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

スキーマ要素を正しく示す。

Index_4.3.1.1 MDD_Name

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

スキーマ要素を正しく示す。

Index_4.3.1.2

追加の MDD_Name 要素

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

スキーマ要素を正しく示す。

Index_4.3.2 List_of_MDD_Objects

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

スキーマ要素を正しく示す。

Index_4.3.2.1 MDD_Name

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

“name”及び“action”の属性

を正しく示す。

Index_4.3.2.2

追加の MDD_Name 要素

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

スキーマ要素を正しく示す。

Index_4.3.3 Time_Ordered_MDD_Objects

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

スキーマ要素を正しく示す。

Index_4.3.3.1 Time_Occurence

_of_MDD_Objects

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

スキーマ要素を正しく示す。

Index_4.3.3.1.1 MDD_Name

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

“name”及び“action”の属性

を正しく示す。

Index_4.3.3.1.2 MDD_Qualifiers

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

スキーマ要素を正しく示す。

Index_4.3.3.1.2.1

Qualifier_Name

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

“name”及び“action”の属性

を正しく示す。

Index_4.3.3.1.2.2

追加の Qualifier_Name 要素

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

スキーマ要素を正しく示す。

Index_4.3.4 Event_Ordered_MDD_Object

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

スキーマ要素を正しく示す。

Index_4.3.4.1 Event_Occurence

_of_MDD_Object

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

スキーマ要素を正しく示す。

Index_4.3.4.1.1 MDD_Name

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

“name”及び“action”の属性

を正しく示す。

Index_4.3.4.1.2 MDD_Qualifiers

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

スキーマ要素を正しく示す。

Index_4.3.4.1.2.1

Qualifier_Name

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

“name”の属性を正しく示す。

Index_4.3.4.1.2.2

追加の Qualifier_Name 要素

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

スキーマ要素を正しく示す。


27

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

表 2−ケイパビリティプロファイルテンプレートの CSI(続き) 

適合性判定箇所

又は番号

適合性判定箇所の記述

参照する仕様

適合性判定

箇所の型

簡易試験規範

Index_4.4 List_Of_CC_Attributes

要素

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

スキーマ要素を正しく示す。

Index_4.4.1

追加の List_Of_CC_Attributes 
要素

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

スキーマ要素を正しく示す。

Index_4.5 List_Of_CC_Methods

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

スキーマ要素を正しく示す。

Index_4.5.1

追加の List_Of_CC_Methods 
要素

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

スキーマ要素を正しく示す。

Index_4.6 List_Of_CC_Resources  JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

スキーマ要素を正しく示す。

Index_4.6.1

追加の List_Of_CC_Resources 
要素

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

スキーマ要素を正しく示す。

Index_4.7 List_Of_Constraints

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

スキーマ要素を正しく示す。

Index_4.7.1

追加の List_Of_Constraints 要素

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

スキーマ要素を正しく示す。

Index_4.8 List_Of_Extentions

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

スキーマ要素を正しく示す。

Index_4.8.1

追加の List_Of_Extentions 要素

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

スキーマ要素を正しく示す。

Index_4.9 List_Of_Lower_Levels

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

スキーマ要素を正しく示す。

Index_4.9.1

追加の List_Of_Lower_Levels

要素

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

スキーマ要素を正しく示す。

Index_4.10 List_Of_CC_Subtemplates  JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

スキーマ要素を正しく示す。

Index_4.10.1

追加の

List_Of_CC_Subtemplates

要素

JIS B 3900-5

の 6.3.2

C

スキーマ要素を正しく示す。


28

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

ケイパビリティプロファイルの明確で唯一の MDM の ID を参照するために,MDM の作成者は,6.4.2

で定義するテンプレートを使用し,

表 を用いて MDM をデータベースに登録する。

表 3MDM テンプレートの CSI 

適合性判定箇所

又は番号

適合性判定箇所の記述

参照する仕様

適合性判定

箇所の型

簡易試験規範

Index_1 XML

書式

JIS B 3900-5

の 6.4.2

A XML

スキーマ書式の MDM テ

ンプレートである。

Index_2 MDM_Name

JIS B 3900-5

の 6.4.2

A

“Domain_Name”の属性を正し

く示す。

Index_3 Domain_Reference

_Dictionary_Name

JIS B 3900-5

の 6.4.2

A

“Dictionary_Name”の属性を正

しく示す。

Index_4 List_of_MDD_Packages JIS B 3900-5

の 6.4.2

A

スキーマ要素を正しく示す。

Index_4.1 MDD_Package

JIS B 3900-5

の 6.4.2

A

制約のない“id”の属性を正し

く示す。

Index_4.1.1 MDD_Name

JIS B 3900-5

の 6.4.2

A

“name”の属性を正しく示す。

Index_4.1.2 List_of_Relationships

JIS B 3900-5

の 6.4.2

A

スキーマ要素を正しく示す。

Index_4.1.2.1 Relationship

JIS B 3900-5

の 6.4.2

A

“Relationship_Type”型の制約

のない“Relationship_Name”の

属性を正しく示す。

Index_4.1.2.2

追加の Relationship 要素

JIS B 3900-5

の 6.4.2

A

“Relationship_Type”型の制約

のない“Relationship_Name”の
属性を正しく示す。

Index_5 Relationship_Type

JIS B 3900-5

の 6.4.2

A

スキーマ要素を正しく示す。

Index_5.1 Relationship_Name

JIS B 3900-5

の 6.4.2

A

“name”の属性を正しく示す。

Index_5.2 Destination_MDD_Name  JIS B 3900-5

の 6.4.2

A

“name”の属性を正しく示す。

Index_5.3 Direction

JIS B 3900-5

の 6.4.2

A

“direction”の属性を正しく示

す。

Index_5.4 Role_Name_for

_Destination_MDD

JIS B 3900-5

の 6.4.2

A

“name”の属性を正しく示す。

Index_5.5 Multiplicity

JIS B 3900-5

の 6.4.2

A

“multiplicity”の属性を正しく
示す。

Index_5.6 Type

JIS B 3900-5

の 6.4.2

A

“type”の属性を正しく示す。

表 4MDD テンプレートの CSI 

適合性判定箇所

又は番号

適合性判定箇所の記述

参照する仕様

適合性判定

箇所の型

簡易試験規範

Index_1 XML

書式

JIS B 3900-5

の 6.5.2

A XML

スキーマ書式の MDM テ

ンプレートである。

Index_2 MDD_Name

JIS B 3900-5

の 6.5.2

A

“name”の属性を正しく示す。

Index_3 Reference_MDM_Name JIS B 3900-5

の 6.5.2

A

“name”の属性を正しく示す。

Index_4 List_of_Attributes

JIS B 3900-5

の 6.5.2

A

スキーマ要素を正しく示す。

Index_4.1 Attribute

JIS B 3900-5

の 6.5.2

A

“id”の属性を正しく示す。

Index_4.1.1

追加の Attribute 要素

JIS B 3900-5

の 6.5.2

A

“id”の属性を正しく示す。

Index_4.1.2 Attribute_Name

JIS B 3900-5

の 6.5.2

A

“name”の属性を正しく示す。

Index_4.1.3 Attribute_Type

JIS B 3900-5

の 6.5.2

A

“Type”の属性を正しく示す。


29

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

附属書 A

(参考)

MDM

及び MDD の作成手順

MDM

及び MDD を作成する標準手順を

図 A.1 に示す。モデル作成者は,MDM 及び MDD の基盤となる

対象の製造用領域を定義することから始める。モデル作成者の経験を活用し,国際規格又はその他出版物

にある適切なモデルを参照して,対象とする製造用領域に関連する複数の典型的な製造用アプリケーショ

ンを収集する。次に,モデル作成者は,これらの製造用アプリケーションから製造用機能を抽出し,複数

の機能間で共有し交換する製造用情報及び製造用資源を認識するためにそれらを解析する。モデル作成者

は,認識した製造用情報及び製造用資源を用いて,最終的に MDM 及びそれに関連する MDD を作成する。

実用上は,モデル作成者は,CCS 設計者のような使用者がこれらを利用してケイパビリティプロファイ

ルテンプレート及びケイパビリティプロファイルを生成できることを保証するために,作成した MDM 及

び MDD を検証しておく。

:MDM

:MDD

:製造用情報

製造用アプリケーションの収集

製造用アプリケーションからの

製造用機能の抽出

製造用機能の分析

製造用情報及び資源の認識

MDM

及び MDD の作成

{経験及び既存の関連モデル}

:製造用資源

:製造用アプリケーション

:製造用機能

対象とする製造用領域の定義

図 A.1MDD 及び MDM の作成手順 


30

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

附属書 B

(参考)

複数のケイパビリティクラスを用いたプロファイル照合の例

B.1 

製造用領域モデルの例 

MES

1)

領域内の MDM の例を

図 B.1 に示す。

1)

 MES

:Manufacturing Execution System(製造工程管理法の一部)

倉庫

在庫

品質基準

品質項目

<<plan&result>>

品質値

シリアル番号

モノ

仕掛品

完成品

アイテム

名前

プロファイル

ケース

ツール

日時

代替

<< plan& result>>

作業指示

型番

<< plan& result>>

製品注文

半製品

位置
方向

<<plan&result>>

運用

工程

名称

標準作業時間

標準コスト

作業場

工程名

<<plan&result>>

<<history>>

利用

消費

<<plan&result>>

レシピ

<dynamic>

<<plan&result>>

製造

出力

入力

<<plan&result>>

作業方法

開始時刻
終了時刻

コスト

占有

作業中

ユーティリティ

装置

性能

整備中

工場

実装置

数量 
能力

利用期間

自社

代替

<dynamic> 

[

発注]

工程ライン

製品

[

発注]

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

0..1

0..1

1

0..1

<<plan&result>>

<<history>>

割当て

作業の種類

<<plan&result>>

状況

図 B.1MES 領域における MDM の例 

図 B.1 における MDD 要素の意味を次に示す。

a)

アイテム  原材料,部品,仕掛品[f)  参照],もの[e)  参照]並びに完成品[g)  参照]を総称する一

般用語

b)

品質項目  製品の合否をはかる属性名

c)

品質基準  製品の合否をはかる指標となる標準属性値

d)

品質値  製品の合否をはかる指標となる標準属性値の実値

e)

もの  製造用アクティビティを通過するアイテム[上記 a)で定義]

f)

仕掛品  製造用アクティビティが始まったが未完了のアイテム[上記 a)で定義]

g)

完成品  製造用アクティビティが完了したアイテム[上記 a)で定義]

h)

レシピ  作業方法[i)参照]に割り当てた装置の作業パラメータの集合

i)

作業方法  完成品[g)参照]又は仕掛品[f)参照]を製造するアクティビティ


31

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

j)

作業の種類  関連する作業の一般的記述。例えば,旋削,ドリル加工,フライス加工といった作業は

“機械加工”

k)

工程  一つのアイテムを製造するための作業方法[i)参照]の順序リスト

l)

仕掛在庫  ある時刻におけるあるアイテムの残量

m)

倉庫  アイテムの貯蔵に用いる場所

n)

作業場  製造を行う場所

o)

ユーティリティ  例えば,水,空気,電気,燃料

p)

装置  機械,ツール並びに作業者の労働力を総称する一般用語

q)

実装置  製造用アクティビティに用いる装置[p)参照]

r)

ツール  例えば,金型のような装置に付け外しするデバイス

s)

運用  作業方法[i)参照]に対する入力であるアイテム[a)参照]及びその量をリストにした MDD の

名称

t)

製造  作業方法[i)参照]の出力であるアイテム[a)参照]及びその量をリストにした MDD の名称

u)

利用  作業方法[i)参照]で消費するユーティリティ及びその量をリストにした MDD の名称

v)

割当て  実装置[例えば,作業方法に割り当てた装置]をリストにした MDD の名称

図 B.1 は,二つのステレオタイプクラス<<plan&result>>及び<<history>>を含む。ステレオタイプクラス

<<plan&result>>

の構造を

図 B.2 に示す。ステレオタイプクラス<<history>>の構造を図 B.3 に示す。

位置 
方向

<<plan&result>>

運用

運用

運用  (計画)

運用  (実績)

位置
方向

位置
方向

位置
方向

図 B.2−ステレオタイプクラス<<plan&result>>の構造 

<<history>>

割当て

占有

割当て

時区間

*

図 B.3−ステレオタイプクラス<<history>>の構造 

B.2 MSU

ケイパビリティプロファイルの例 

B.2.1 MES

パッケージにおけるアクティビティ木の例 

ソフトウェア提供者が開発する MES パッケージにおける製造用アクティビティ木の例を

図 B.4 に示す。


32

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

MES

パッケージ

A

スケジュール管理

A1

製造実行管理

A5

資源管理

A3

製造方法管理

A2

製造準備

A4

製造用データ取得

A6

製造実績管理

A7

作業の規定

A51

作業準備の規定

A511

作業開始の規定

A512

作業場の監視

A52

作業の異常状況の検出

A522

作業の進行状況の取得

A521

製造指示の取得

A11

製造用資源の実状況の取得

A31

スケジュール管理

A1

作業方法の取得

A21

製造用資源の利用可能性の

取得

A32

作業開始の指示

A331

作業終了報告の受領

A332

計測結果の受領

A333

作業状況の監視

A33

故障状況データの取得

A334

作業指示の作成

A41

製造資源の割当て

A42

製造方法の提示

A22

作業完了の取得

A523

製造能力の報告

A12

原材料使用量の集計

A61

製品の完成状況の報告

A63

製品情報の提供

A71

製品の進捗状況の集計

A62

製造方法管理

A2

資源管理

A3

製造準備

A4

製造実行管理

A5

製造用データ取得

A6

製造実績管理

A7

図 B.4MES パッケージ のアクティビティ木 


33

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

この MES パッケージは,

図 B.1 に示す MDM を適用した製造用作業管理アクティビティモデルにおける

七つのアクティビティに分割できる。七つのアクティビティは,更に各アクティビティの機能分析を通じ

て副アクティビティに分割できる。

表 B.1 は,これらのアクティビティ及び副アクティビティのリストで,

MDD

及び各副アクティビティの動作とともに示している。

表 B.1MES パッケージ の分解(図 B.4 参照) 

ID

アクティビティ名

関連 MDD

動作

A1

スケジュール管理

A11

製造指示の取得

製品注文(計画)

取得

作業指示(計画)

取得

アイテム

取得

A12

製造能力の報告

製品注文(実績)

設定

作業指示(実績)

設定

運用(実績)

設定

製造(実績)

設定

代替

設定

A2

製造方法管理

A21

作業方法の取得

作業の種類

設定

作業方法(計画)

取得

レシピ(計画)

取得

A22

製造方法の提示

作業の種類

設定

作業方法(計画)

設定

レシピ(計画)

設定

A3

資源管理

A31

製造用資源の実状況の取得

ユーティリティ

取得

実装置

取得

工場

取得

A32

製造用資源の利用可能性の取得

実装置

設定

状況(計画)

取得

A33

作業状況の監視

実装置

設定

状況(実績)

取得

A331

作業開始の指示

作業方法(実績)

設定

割当て(実績)

設定

実装置

設定

A332

作業終了報告の受領

作業方法(実績)

取得

割当て(実績)

取得

実装置

取得

状況(実績)

取得

A333

計測結果の受領

作業方法(実績)

取得

製造(実績)

取得

代替

取得

品質値(実績)

取得

A334

故障状況データの取得

作業方法(実績)

取得

割当て(実績)

取得

実装置

取得


34

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

表 B.1MES パッケージ の分解(図 B.4 参照)(続き) 

ID

アクティビティ名

関連 MDD

動作

A4

製造準備

A41

作業指示の作成

作業指示(計画)

設定

作業方法(計画)

設定

アイテム

設定

運用(計画)

設定

製造(計画)

設定

A42

製造資源の割当て

作業指示(計画)

設定

作業方法(計画)

設定

割当て(計画)

設定

装置

設定

実装置

設定

A5

製造実行管理

A51

作業の規定

作業指示(実績)

設定

作業方法(実績)

設定

運用(実績)

設定

製造(実績)

設定

代替

設定

A511

作業準備の規定

作業指示(実績)

設定

作業方法(実績)

設定

レシピ(実績)

設定

A512

作業開始の規定

作業指示(実績)

設定

作業方法(実績)

設定

A52

作業場の監視

作業場

取得

A521

作業の進行状況の取得

作業指示(計画)

取得

作業方法(実績)

取得

運用(計画)

取得

製造(計画)

取得

アイテム

取得

運用(実績)

取得

製造(実績)

取得

代替

取得

A522

作業の異常状況の検出

作業方法(実績)

取得

A523

作業完了の取得

作業方法(計画)

取得

作業方法(実績)

取得

製造(計画)

取得

アイテム

取得

製造(実績)

取得

完成品

取得


35

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

表 B.1MES パッケージ の分解(図 B.4 参照)(続き) 

ID

アクティビティ名

関連 MDD

動作

A6

製造用データ取得

A61

原材料使用量の集計

作業指示(実績)

設定

運用(実績)

取得

代替

取得

在庫

取得

A62

製品の進捗状況の集計

作業指示(実績)

設定

製造(実績)

取得

代替

取得

仕掛品

取得

A63

製品の完成状況の報告

製品注文(実績)

設定

作業指示(実績)

設定

運用(実績)

取得

製造(実績)

取得

代替

取得

品質値

取得

完成品

取得

A7

製造実績管理

A71

製品情報の提供

代替

取得

アイテム

取得

品質値

取得

B.2.2 MSU

ケイパビリティプロファイル例の XML 記述 

次の XML 記述は,

表 B.1 のアクティビティ A11 のケイパビリティプロファイルを示す。

 
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<CapabilityProfiling xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"

xsi:noNaMESpaceSchemaLocation="C:¥ISO16100¥Capability_Template.xsd">

 <type

id="MES

SW-A011"/>

 <CapabilityProfile

date="2006-02-01">

  <pkgtype

version="1.0.0"/>

  <Common>

   <MSU_Capability

ID="MSU81-0001">

    <id="pilot_only"/>

   </MSU_Capability>

   <ReferenceCapabilityClassStructure/>

   <TemplateID

id="A11"/>

   <Capability_Class_Name

name="A11_ReceiveOrder_Activity"/>

   <Reference_Capability_Class_Structure_Name

name="MESSW_Structure"/>

   <Version

major="1"

minor="1"/>

   <Owner>

    <name>MES

Product

Inc.</name>

    <city>Tokyo</city>

    <country>Japan</country>

   </Owner>

   <ReferenceDictionaryName/>

   <NumberOfProfileAttributes/>

   <NumberOfMethods/>

   <NumberOfResources/>

   <NumberOfConstraints/>

   <NumberOfExtensions/>

   <NumberOfLowerLevels/>

   <NumberOfSubtemplatesAtNextLowerLevel/>

  </Common>

  <Specific>

<Reference_MDM_Name domain_name="MESX Domain Conceputual Model"/>


36

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

<MDD_Description_Format format_name="List_Of_MDD_Objects"/>

   <MDD

Description>

    <List_Of_MDD_Objects>

     <MDD_Name

name="product

order

(plan)"

action="Get"/>

     <MDD_Name

name="operating

instruction

(plan)"

action="Get"/>

     <MDD_Name

name="item"

action="Get"/>

    </List_of_MDD_Objects>

   </MDD

Description>

  </Specific>

 </CapabilityProfile>

</CapabilityProfiling>

B.3 

要求ケイパビリティプロファイルの例 

B.3.1 

システムの要求仕様のためのアクティビティ木の例 

システム統合者が要求する MES パッケージにおける製造用アクティビティ木の例を

図 B.5 に示す。

この MES パッケージは,

図 B.1 に示す MDM を適用した製造用作業管理アクティビティモデルにおける

六つのアクティビティに分割できる。六つのアクティビティは,更に各アクティビティの機能分析を通じ

て副アクティビティに分割できる。

表 B.2 は,これらのアクティビティ及び副アクティビティのリストで,

MDD

及び各副アクティビティの動作とともに示している。


37

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

要求仕様

B

スケジュール管理

B1

製造実行管理

B5

資源管理

B3

製造方法管理

B2

製造準備

B4

製造用データ取得

B6

製造指示の取得

B11

スケジュール管理

B1

製造能力の報告

B14

スケジュール

B12

製造状況の報告

B13

製造状況に応じた

再スケジュール

B121

製造能力に応じた

再スケジュール

B122

作業レシピの取得

B21

製造方法管理

B2

製造用資源の利用可能性の

取得

B31

資源管理

B3

状況変化の報告の取得

B32

作業完了報告の取得

B321

警告報告の取得

B322

品質情報の取得

B323

製造資源の割当て

B41

製造準備

B4

作業の規定

B51

作業準備の規定

B511

作業の規定

B512

製造実行管理

B5

作業完了の取得

B52

製造用データ取得

B6

作業の集計

B61

搬送装置の規定

B513

図 B.5MES パッケージ のアクティビティ木 


38

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

表 B.2MES パッケージ の分解(図 B.5 参照) 

ID

アクティビティ名

参照 MDD

動作

B1

スケジュール管理

B11

製造指示の取得

製品注文(計画)

取得

作業指示(計画)

取得

アイテム

取得

B12

スケジュール

作業指示(計画)

設定

作業方法(計画)

設定

割当て(計画)

設定

装置

設定

B121

製造状況に応じた再スケジュール

作業指示(計画)

設定

作業方法(実績)

取得

作業方法(計画)

設定

割当て(実績)

設定

装置

設定

B122

製造能力に応じた再スケジュール

作業指示(計画)

設定

作業方法(計画)

設定

割当て(実績)

設定

装置

設定

製品注文(実績)

取得

製造(実績)

取得

代替

取得

B13

製造状況の報告

作業指示(実績)

設定

作業方法(実績)

設定

B14

製造能力の報告

製品注文(実績)

設定

作業指示(実績)

設定

運用(実績)

設定

製造(実績)

設定

代替

設定

B2

製造方法管理

B21

作業レシピの取得

作業方法(計画)

設定

レシピ(計画)

取得

B3

資源管理

B31

製造用資源の利用可能性の取得

実装置

設定

状況(計画)

取得

B32

状況変化の報告の取得

実装置

取得

状況(実績)

取得

B321

作業完了報告の取得

作業方法(実績)

取得

割当て(実績)

取得

実装置

取得

状況(実績)

取得

B322

警告報告の取得

実装置

取得

状況(実績)

取得

B323

品質情報の取得

製品注文(実績)

取得

作業指示(実績)

取得

作業方法(実績)

取得

製造(実績)

取得

代替

取得

品質値(実績)

取得


39

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

表 B.2MES パッケージ の分解(図 B.5 参照)(続き) 

ID

アクティビティ名

参照 MDD

動作

B4

製造準備

B41

製造資源の割当て

作業方法(計画)

取得

割当て(計画)

設定

実装置

設定

レシピ(計画)

設定

B5

製造実行管理

B51

作業の規定

作業指示(計画)

取得

作業方法(計画)

設定

運用(計画)

設定

製造(計画)

設定

アイテム

設定

B511

作業準備の規定

作業方法(計画)

取得

運用(計画)

設定

アイテム

設定

B512

作業の規定

作業方法(計画)

取得

運用(実績)

設定

製造(実績)

設定

代替

設定

B513

搬送装置の規定

作業方法(計画)

取得

割当て(実績)

設定

実装置

設定

代替

設定

B52

作業完了の取得

製品注文(実績)

取得

作業指示(実績)

取得

作業方法(実績)

取得

B6

製造用データ取得

B61

作業能力の集計

製品注文(実績)

設定

作業指示(実績)

設定

作業方法(実績)

取得

製造(実)

取得

完成品

取得

B.3.2 

要求ケイパビリティプロファイルの例 

次の XML 記述は,

表 B.2 のアクティビティ B11 のケイパビリティプロファイルを示す。

 
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<CapabilityProfiling xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"  xsi:noNaMESpaceSchemaLocation="C:

¥ISO16100¥Capability_Template.xsd">

<type id="Requirement Profile"/>

 <CapabilityProfile

date="2006-02-10">

  <pkgtype

version="V01.01.03"/>

  <Common>

   <Requirement

ID="SYS-Req2006-0001">

    <id="production_ready"/>

   </Requirement>

   <ReferenceCapabilityClassStructure/>

   <Template_ID

id="B11"/>

   <Capability_Class_Name

name="B11_ReceiveOrder_Activity"/>

   <Reference_Capability_Class_Structure_Name

name="REQ_Structure"/>

   <Version

major="1"

minor="1"/>

   <Owner>


40

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

    <name>MES

User

Inc.</name>

    <city>SoftCity</city>

    <state>Alabama</state>

    <country>USA</country>

   </Owner>

   <ReferenceDictionaryName/>

   <NumberOfProfileAttributes/>

   <NumberOfMethods/>

   <NumberOfResources/>

   <NumberOfConstraints/>

   <NumberOfExtensions/>

   <NumberOfLowerLevels/>

   <NumberOfSubtemplatesAtNextLowerLevel/>

  </Common>

  <Specific>

<Reference_MDM_Name domain_name="MESX Domain Conceputual Model"/>

<MDD_Description_Format format_name="List_of_MDD_Objects"/>

   <MDD

Description>

    <List_of_MDD_Objects>

     <MDD_Name

name="product

order

(plan)"

action="Get"/>

     <MDD_Name

name="operating

instruction

(plan)"

action="Get"/>

     <MDD_Name

name="item"

action="Get"/>

    </List_of_MDD_Objects>

   </MDD

Description>

  </Specific>

 </CapabilityProfile>

</CapabilityProfiling>

B.4 II

型照合機構を用いた照合例 

システム統合者は,箇条 に詳細化した手順を用いて,要求ケイパビリティプロファイル(B.3 参照)

と既存の MSU ケイパビリティプロファイル(B.2 参照)とを比較する。II 型照合機構は,MDD 名及び各

副アクティビティの動作を比較する。副アクティビティの各照合に対して,II 型照合機構は,合致率,例

えば MSU プロファイル及び要求プロファイルの MDD 名及び動作の合致割合を評価する。

図 B.6 及び表 B.3 は,II 型照合機構の評価例を示している。図 B.6 では,II 型照合機構が,共に“product

order (result)

”という MDD 名及び“Set”という動作名をもつアクティビティ B61 とアクティビティ A63

とを照合している。II 型照合機構は,要求ケイパビリティプロファイルにおけるアクティビティ B61 の

MDD

名と動作名との合致率 4/5,すなわち,80 %を計算している。照合機構は,MSU プロファイルのア

クティビティと,合致した要求ケイパビリティプロファイルにおける全てのアクティビティとの合致率を

計算し,

表 B.3 に示す報告を作成する。照合機構は,要求ケイパビリティプロファイルにおけるアクティ

ビティの合致レベル(7.2 参照)も計算し,

“All Mandatory Match”が達成できた場合には,報告用の項目

を網掛けして示す。アクティビティ B61 の例では,80 %の合致率でしかないが,必須機能である四つの

MDD

名とアクション名とが合致している。このため

表 B.3 の B61-A63 の項目を網掛けしている。

製品注文  (実績)

作業指示  (実績)

運用  (実績)

製造  (実績)

代替

設定

設定

取得

取得

取得

B61

作業能力につい
ての情報集計

製品注文  (実績)

作業指示  (実績)

作業方法  (実績)

設定

設定

取得

取得

ケース 1

ケース 2

ケース 3

ケース 4

要求ケイパビリティプロファイル中のアクティビティ B61 MSU ケイパビリティプロファイル中のアクティビティ A63

取得

製造  (実績)

A63

製 品 完 了 に つ い
ての情報報告

図 B.6II 型照合機構を用いたプロファイル照合の例 


41

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

表 B.3II 型照合機構を用いたプロファイル照合結果の例 

MSU

アクティビテ

ィと合致した要求

アクティビティ

MSU

アクティビティ(MES パッケージ A)

A11 A12 A21 A22

A31

A32

A33

A41

A42

A51 A511

A512 A61 A62

A63

B11

100 0

B12 0

0

− 0  0  0 50

100

B121

40

40

B122

28

42

B13 0

50

B14 0

100

B21

100 50

B31

− 0 100

50

B32

− 50

50

50

B321

− 25

0  50

B322

− 50

50

50

B323

− 0  0  0 −

B41

25

50

B51

0 0 0

B511

0 0 0

B512

75

0 0

B513

50

0 0

B52

0 0 0

B61

− 20 40

80

システム統合者は

表 B.3 を解析し,網掛けの項目によって七つの MSU が“All Mandatory Match”のレベ

ルにあることを知る。こうして,

表 B.3 の MES パッケージ B においては,これら七つの MSU がシステム

統合者の要求を満たし,使用可能(又は再利用可能)な MSU 候補となる。

図 B.7 は,表 B.3 に示す利用可能な MSU を適用した MES パッケージ B の製造用アクティビティ木を示

している。


42

B 3900-5

:2014 (ISO 16100-5:2009)

製造指示の取得

A11

スケジュール管理

B1

製造能力の報告

A12

製造資源の割当て

A42

製造状況の報告

B13

製造状況に応じた

再スケジュール

B121

製造能力に応じた

再スケジュール

B122

製造方法の取得

A21

製造方法管理

B2

製造用資源の利用可能性の

取得

A32

資源管理

B3

状況変化の報告の取得

B32

作業完了報告の取得

B321

警告報告の取得

B322

品質情報の取得

B323

製造資源の割当て

B41

製造準備

B4

作業の規定

B51

作業準備の規定

B511

作業の規定

A51

製造実行管理

B5

作業完了の取得

B52

製造用データ取得

B6

作業実績の集計

A63

搬送装置の規定

B513

再利用可能な MSU

新規の MSU

図 B.7−再利用及び新規の MSU を示すシステムの要求仕様に対するアクティビティ木の例 

参考文献  JIS X 4159  拡張可能なマーク付け言語(XML)1.0

ISO/IEC 10746-2:2009

,Information technology−Open distributed processing−Reference model:

Foundations

ISO/IEC 19501:2005

,Information technology−Open Distributed Processing−Unified Modeling

Language (UML) Version 1.4.2

ISO/IEC TR 10000-1:1998

,Information technology−Framework and taxonomy of International

Standardized Profiles

−Part 1: General principles and documentation framework