>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 3700-46 : 1997 (ISO 10303-46 : 1994)

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が制定した日

本工業規格である。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。主務大臣及び日本工業標準調査会は,

このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新案登

録出願にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS B 3700-46

には,次に示す附属書がある。

附属書 A(規定)  エンティティの短縮名

附属書 B(規定)  情報オブジェクトの登録

附属書 C(参考)  計算機可読のリスト

附属書 D(参考)  技術的議論

附属書 E(参考)  EXPRESS-G 図式

附属書 F(参考)  参考文献

附属書 1(参考)  ISO 10303-46 : 1994


日本工業規格

JIS

 B

3700-46

: 1997

 (I

10303-46

: 1994

)

産業オートメーションシステム

及びその統合−

製品データの表現及び交換−

第 46 部:統合総称リソース:可視表示

Industrial automation systems and integration

Product data representation and exchange

Part 46 : Integrated generic resources : Visual presentation

序文  この規格は,1994 年に発行された ISO 10303-46, Industrial automation systems and integration−Product

data representation and exchange

−Part 46 : Integrated generic resources : Visual presentation について,技術的内

容を変更することなく日本工業規格として採用するために作成されたものであり,1.については原国際規

格の同項目を全文翻訳し,2.以降については,それぞれ原国際規格の同項目の内容を引用するものとした。

1.

適用範囲  この規格は,表示可能な製品情報の可視化のための総称リソースを規定する。この規格で

提供される表示データは,受取側システムが人間の理解に適した製品情報の一つ以上の絵を構成できるよ

うにするために,製品データと組み合わされ,ともにシステム間で交換される。

この規格は,絵の中での製品情報の望まれる視覚的体裁を記述するための必要な総称リソースを規定す

る。製品情報及びその表示データからの実際の絵の生成は,受取側システムに任されている。このために,

実際の描画結果は,

グラフィックスシステムの能力上の制限によって,この目標からはずれることもある。

製品情報は,2 通りに可視化できる。一方は投影幾何学並びに光の伝搬及び反射の法則に従った写実的

な画像によるものであり,他方は製図の規格及び慣行に従った記号的な表示によるものである。この規格

は,両方の形式の表示に対応する。これらの二つの形式の可視化処理は,異なる種類の描画変換を必要と

し,同じ絵の中で組み合わせてもよい。

次の項目は,この規格の適用範囲内とする。

−  JIS B 3700 中の他の規格で定義された製品データと表示データとの関係付け

−  現行の ISO のグラフィックス規格に適合したグラフィックス機能への対応

−  製品情報中にある幾何学的・非幾何学的な表示可能要素を写実的・記号的に可視化するための表示様

式の属性の定義

−  幾何学的な表示要素の近似許容差の制御

−  フォント中の文字及び記号の体裁の定義方法

−  外部で定義された文字フォント及び記号への対応


2

B 3700-46 : 1997 (ISO 10303-46 : 1994)

−  レイヤ機構による画像の制御

−  表示領域を入れ子にすること

次の項目は,この規格の適用範囲外とする。

−  製品情報の定義

−  製品情報と関係のない純粋なグラフィックス情報の交換

−  文字フォント及び記号のライブラリ内容の定義

2.

引用規格  ISO 10303-46 : 1994 の 2. Normative references による。

備考  次の引用規格については,対応する日本工業規格がある。

ISO 10303-1 : 1994

JIS B 3700-1 : 1996  産業オートメーションシステム及びその統合−製品データの

表現及び交換−第 1 部:概要及び基本原理)

ISO 10303-11 : 1994

JIS B 3700-11 : 1996  産業オートメーションシステム及びその統合−製品データ

の表現及び交換−第 11 部:記述法:EXPRESS 言語)

ISO 10303-41 : 1994

JIS B 3700-41 : 1996  産業オートメーションシステム及びその統合−製品データ

の表現及び交換−第 41 部:統合総称リソース:製品記述の基本要素)

ISO 10303-42 : 1994

JIS B 3700-42 : 1996  産業オートメーションシステム及びその統合−製品データ

の表現及び交換−第 42 部:統合総称リソース:幾何及び位相の表現)

ISO 10303-43 : 1994

JIS B 3700-43 : 1996  産業オートメーションシステム及びその統合−製品データ

の表現及び交換−第 43 部:統合総称リソース:表現構造)

3.

用語の定義及び略語  ISO 10303-46 : 1994 の 3. Definitions and abbreviations による。

4.

表示構成  ISO 10303-46 : 1994 の 4. Presentation organization による。

5.

表示定義  ISO 10303-46 : 1994 の 5. Presentation definition による。

6.

表示体裁  ISO 10303-46 : 1994 の 6. Presentation appearance による。

7.

表示資源スキーマ  ISO 10303-46 : 1994 の 7. Presentation resource schema による。

附属書 A(規定)  エンティティの短縮名  ISO 10303-46 : 1994 の Annex A (normative)  −Short names

of entities

による。

附属書 B(規定)  情報オブジェクトの登録  ISO 10303-46 : 1994 の Annex B (normative)  −Information

object registration

による。

附属書 C(参考)  計算機可読のリスト  ISO 10303-46 : 1994 の Annex C (informative)  −

Computer-interpretable listings

による。

附属書 D(参考)  技術的議論  ISO 10303-46 : 1994 の Annex D (informative)  −Technical discussions

による。

附属書 E(参考)  EXPRESS-G 図式  ISO 10303-46 : 1994 の Annex E (informative)  −EXPRESS-G

diagrams

による。

附属書 F(参考)  参考文献  ISO 10303-46 : 1994 の Annex F (informative)  −Bibliography による。


3

B 3700-46 : 1997 (ISO 10303-46 : 1994)

附属書 1(参考)  ISO 10303-46 : 1994

(Industrial automation systems and integration

−Product data representation

and

exchange

−Part 46 : Integrated generic resources : Visual presentation)

この附属書(参考)は,規定の一部ではない。


4

B 3700-46 : 1997 (ISO 10303-46 : 1994)

JIS B 3700

原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

鈴  木  宏  正

東京大学工学部

肥  塚  雅  博

通商産業省機械情報産業局

本  間      清

通商産業省工業技術院標準部

橋  本  繁  晴

財団法人日本規格協会

上  石  幸  拓

株式会社リコー

井  上      和

株式会社富士通九州システムエンジニアリング

宇田川  佳  久

三菱電機株式会社

遠  藤  修  司

三菱重工業株式会社

加  藤      徹

財団法人日本情報処理開発協会 STEP 推進センター
(トヨタ自動車株式会社)

岸  浪  建  史

北海道大学工学部

坂  本  英  三

株式会社日立製作所

白  髭  昌  男

石川島播磨重工業株式会社

杉  村  延  広

大阪府立大学工学部

徳  永  英  二

TOK

中  塚  久  世

株式会社マイクロ・シー・エー・デー

橋  本  健  一

駒井鉄工株式会社

平  岡  弘  之

中央大学理工学部

(事務局)

辻  村  幸  三

財団法人日本情報処理開発協会 STEP 推進センター

第 46 部分科会  構成表

氏名

所属

(主査)

平  岡  弘  之

中央大学理工学部

田  中  一  郎

東京電機大学工学部

田  中  克  範

トヨタ自動車株式会社

徳  永  英  二

TOK

村  上      存

東京大学工学部


B 3700-46 : 2002 (ISO 10303-46 : 1994/Cor. 1 : 1999)

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,財団法人日本情報

処理開発協会  (JIPDEC)  /財団法人日本規格協会  (JSA)  から,工業標準原案を具して日本工業規格を改

正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格であ

る。これによって,JIS B 3700-46 : 1997 の規定内容は,この追補によって変更される。

この追補は,1999 年に発行された ISO 10303-46 : 1994, Industrial automation systems and integration−

Product data representation and exchange

−Part 46 : Integrated generic resources : Visual presentation の Technical

corrigendum 1

について,その技術的内容を変更することなく作成した日本工業規格の追補である。

この追補には,次の附属書がある。

附属書(参考)  ISO 10303-46 : 1994  Technical corrigendum 1 : 1999


日本工業規格

JIS

 B

3700-46

: 2002

 (I

10303-46

: 1994/Cor. 1 : 1999

)

産業オートメーションシステム

及びその統合−

製品データの表現及び交換−

第 46 部:統合総称リソース:

可視表示

(追補 1)

Industrial automation systems and integration

Product data representation and exchange

Part 46 : Integrated generic resources : Visual presentation

(Technical corrigendum 1)

序 文   こ の 追 補 は , ISO 10303-46 : 1994, Industrial automation systems and integration − Product data

representation and exchange

−Part 46 : Integrated generic resources : Visual presentation に対して 1999 年に発行

された Technical corrigendum 1 について,技術的内容を変更することなく JIS B 3700-46 : 1997 の追補 1 と

して作成したものであり,原国際規格の追補の内容を引用するものとした。

JIS B 3700-46 : 1997

を,次のように改正する。

1.

技術的修正  JIS B 3700-46 : 1997 に対する技術的修正は,ISO 10303-46 : 1994 の Technical corrigendum

1 : 1999

附属書参照)による。


2

B 3700-46 : 2002 (ISO 10303-46 : 1994/Cor. 1 : 1999)

附属書(参考)

ISO 10303-46 : 1994

Technical corrigendum 1 : 1999

Industrial automation systems and integration

Product data representation and exchange

Part 46 : Integrated generic resources :

Visual presentation

Technical corrigendum 1

この

附属書(参考)は,規定の一部ではない。

JIS B 3700

  原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

鈴  木  宏  正

東京大学大学院工学系研究科

(委員)

井  上      和

株式会社富士通九州システムエンジニアリング

岸  浪  建  史

北海道大学大学院工学研究科

小  林  一  也

富山県立大学工学部

杉  村  延  広

大阪府立大学大学院工学研究科

徳  永  英  二

TOK

中  塚  久  世

株式会社マイクロ・シー・エー・デー

平  岡  弘  之

中央大学理工学部

八  田      勲

通商産業省工業技術院標準部標準業務課

橋  本      進

財団法人日本規格協会技術部

(事務局)

河  内  千  恵

財団法人日本情報処理開発協会

第 2 作業部会  構成表

氏名

所属

(主査)

井  上      和

株式会社富士通九州システムエンジニアリング

(委員)

石  川  義  明

石川島播磨重工業株式会社

徳  永  英  二

TOK

中  塚  久  世

株式会社マイクロ・シー・エー・デー

平  岡  弘  之

中央大学理工学部

(事務局)

河  内  千  恵

財団法人日本情報処理開発協会