>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 3700-11 : 2002 (ISO 10303-11 : 1994/Cor. 1 : 1999)

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,財団法人日本情報

処理開発協会  (JIPDEC)  /財団法人日本規格協会  (JSA)  から,工業標準原案を具して日本工業規格を改

正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格であ

る。これによって,JIS B 3700-11 : 1996 の規定内容は,この追補によって変更される。

この追補は,1999 年に発行された ISO 10303-11 : 1994(Industrial automation systems and integration−

Product data representation and exchange

−Part 11 : Description methods : The EXPRESS language reference

manual

の  Technical corrigendum 1)を翻訳し,技術的内容及び追補の様式を変更することなく作成した日

本工業規格の追補である。


日本工業規格

JIS

 B

3700-11

: 2002

(ISO 10303-11 : 1994/Cor. 1 : 1999)

産業オートメーションシステム及び

その統合−製品データの表現及び交換−

第 11 部:記述法:

EXPRESS

言語

(追補 1)

Industrial automation systems and integration

Product data representation and exchange

Part 11 : Description methods :

The EXPRESS language reference manual

(Technical Corrigendum 1)

序 文   こ の 追 補 は , ISO 10303-11 : 1994 (Industrial automation systems and integration − Product data

representation and exchange

−Part 11 : Description methods : The EXPRESS language reference manual)  に対して

1999

年に発行された Technical corrigendum 1 について,技術的内容及び追補の様式を変更することなく JIS 

B : 3700-11 : 1996

の追補 1 として作成したものである。

JIS B 3700-11 : 1996

を,次のように改正する。

3

ページ

3.1

  (JIS B 3700-1 で定義された用語)と 3.2(この規格で定義する用語)との間に,次の箇条を挿入す

る。

3.2

  JIS X 0221

で定義された用語  この規格は,JIS X 0221 で定義された次の用語を使う。

−  図形文字 (graphic character)

備考  この用語は,JIS X 0221 で可視化表現が定義されている文字だけを含み,空白の点又は斜線が

施されている点は,含まない。

3

ページ

3.2

を 3.3 とし,以降この順に箇条番号をずらす。

7

ページ

6.2

最後の項目,\o は,で始まる行を削除する。


2

B 3700-11 : 2002 (ISO 10303-11 : 1994/Cor. 1 : 1999)

6.2

最後の項目の後に,次の項目を挿入する。

−  \x8,\x9,\xA,\xB,\xC,\xD は,JIS X 0221 の群 00,面 00,区 00 の,位置 8∼13 番目

のそれぞれの文字を表現する。

8

ページ

7.1

第 1 段落を次の文章に置き換える。

  EXPRESS で記述されたスキーマは,次の文字集合中の文字だけを使わなければならない。それらの

文字は,JIS X 0221 の 08 から 0D の点に割り当てられた制御機能,20 から 7E の範囲に配置された図

形文字,及び復帰改行を示す特殊文字\n とする。この文字の集合を,EXPRESS 文字集合と呼ぶ。こ

の文字集合の要素は,これらの文字が定義されている JIS X 0221 の点によって参照し,点の番号は,

16

進数によって指定する。この集合の印字可能な文字(JIS X 0221 の区点 21∼7E)は,EXPRESS 

語の字句を構成するために組み合わせる。EXPRESS の字句とは,キーワード,識別子,記号又はリテ

ラルをいう。EXPRESS 文字集合は,更に次のとおり区分する。

このように規定された文字集合は,概念的な文字集合であって,実装での表現とは独立とする。

備考  JIS X 0211 は,JIS X 0221 の 08∼0D の位置にある制御機能の意味を規定する。JIS B 3700-11

は,JIS X 0211 で規定された 08∼0D にある制御機能の意味であってもよいし,そうでなくて

もよい。

9

ページ

7.1.5.1

第 1 文章中の次の語句を削除する。

“又は明示的な文字列リテラルの中”

第 2 文章を次の文章に置き換える。

記法‘\s'は,言語構文中では,間隔文字を表現するのに使ってもよい。

7.1.5.3

この箇条の文章を次の文章に置き換える。

  点 08∼0D の制御機能は,文字列リテラル中を除き,空白として扱わなければならない。n が 8,9,

A

,B,C,D のいずれかである場合,記法\xn は,言語構文中で,これらの文字を表現するのに使う。

10

ページ

7.1.6.2

構文ブロックの構文 144 中の“|\o”を,次のとおりに置き換える。

|

\x8|  \x9|  \xA|  \xB|  \xC|  \xD

13

ページ

7.5.4

下から 3 行目と 2 行目との間に,次の段落を挿入する。

オクテットの並びは,JIS X 0221 の一つの文字を正しく識別しなければならない。


3

B 3700-11 : 2002 (ISO 10303-11 : 1994/Cor. 1 : 1999)

14

ページ

構文ブロックの構文 141 中の“|  \o”を,次のとおりに置き換える。

|

\x8|  \x9|  \xA|  \xB|  \xC|  \xD

例 13.の最下行に,次の例を挿入する。

“0000795E00006238”

漢字“神戸”と読む。

17

ページ

8.1.6

2

番目の文章を,次の文章に置き換える。

文字列を構成する文字は,点 08∼0D に配置された制御機能,並びに JIS X 0221 の 20∼7E 及び A0 から

10FFFE

にある図形文字とする。

104

ページ

15.12

例 135.の 4 行目を,次のとおりに置き換える。

x2 : STRING :

=“000025FF000101B5”;

118

ページ

附属書 A.1.3

構文ブロックの構文 141 中の“|  \o”を,次のとおりに置き換える。

|

\x8|  \x9|  \xA|  \xB|  \xC|  \xD

附属書 A.1.4

構文ブロックの構文 144 中の“|\o”を,次のとおりに置き換える。

|

\x8|  \x9|  \xA|  \xB|  \xC|  \xD