>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 B

2801

-1996

シャックル

Shackles

1.

適用範囲  この規格は,ワイヤロープなどに用いるシャックルについて規定する。

備考1.  ISO 2415に規定するシャックルは,附属書による。

2.

この規格の引用規格を,次に示す。

JIS B 0148

  巻上機用語

JIS B 0205

  メートル並目ねじ

JIS B 0207

  メートル細目ねじ

JIS B 0209

  メートル並目ねじの許容限界寸法及び公差

JIS B 0211

  メートル細目ねじの許容限界寸法及び公差

JIS B 0251

  メートル並目ねじ用限界ゲージ

JIS B 0252

  メートル細目ねじ用限界ゲージ

JIS B 1181

  六角ナット

JIS B 1351

  割りピン

JIS G 3101

  一般構造用圧延鋼材

JIS G 3505

  軟鋼線材

JIS G 4051

  機械構造用炭素鋼鋼材

JIS G 4105

  クロムモリブデン鋼鋼材

JIS G 4303

  ステンレス鋼棒

JIS H 0401

  溶融亜鉛めっき試験方法

JIS Z 2243

  ブリネル硬さ試験方法

JIS Z 2245

  ロックウェル硬さ試験方法

JIS Z 8601

  標準数

3.

この規格の対応国際規格を,次に示す。

ISO 2415 : 1987

  Forged shackles for general lifting purposes−Dee shackles and bow shackles

2.

用語の定義  この規格に用いる主なる用語の定義は,JIS B 0148 による。

3.

種類,形式及び等級

(1)

種類  種類はシャックル本体の形状によってバウシャックルとストレートシャックルとする。

(2)

形式  形式は,シャックル本体とシャックルボルト又はシャックルピンとの組合せによって,表 

とおり区分する(

図 参照)。


2

B 2801-1996

表 1  種類及び形式

ボルト又はピン

種類

シャックル

本体の記号

形状

記号

形式記号

ボルト又はピンの止め方

平頭ピン A  BA

丸せん(割りピン使用)

六角ボルト

B BB

ナット(割りピン使用)

アイボルト

C BC

ねじ込み

バウシャックル B

アイボルト

D BD

ねじ込み

平頭ピン A  SA

丸せん(割りピン使用)

六角ボルト

B SB

ナット(割りピン使用)

アイボルト

C SC

ねじ込み

ストレートシャックル S

アイボルト

D SD

ねじ込み

図 1  形式

(3)

等級  シャックルの等級は,等級 M,等級 S,等級 T,及び等級 V とする。

4.

性能  シャックルの性能は,次による。

(1)

使用荷重  シャックルの使用荷重は,表 による。

表 2  使用荷重

単位  t

等級 M

等級 S

等級 T

等級 V

バウシャックル

ストレートシャックル

バウシャッ

クル

ストレート

シャックル

バウシャッ

クル

ストレート

シャックル

バウシャッ

クル

ストレート

シャックル

呼び

BA

BB

BC

BD

SA

SB

SC

SD

BB SB BB SB BB SB

 6

−   0.2   0.15

0.2

 8

−   0.315  0.315

0.315

10

− (0.6)

0.5

−  (0.6)   0.4   0.8

 0.8

 1

 1

 1.25

 1.25

12

1

(0.7)

−   1

 0.63

 1.6

 1.6

 2

 2

 2.5

 2.5

14

1.25 (0.9)

−   1.25  0.8   2

 2

 2.5

 2.5

 3.15

 3.15

16

1.6  (1.2)

−   1.6   1

 2.5

 2.5

 3.15

 3.15

 4

 4

18

2

(1.3)

2

 3.15

 3.15

 4

 4

 5

 5

20

−   2.5   2.5   1.8

−   2.5   2.5   1.6   4

 4

 5

 5

 6.3

 6.3

22

−   3.15   3.15

−   3.15   3.15  2

 5

 5

 6.3

 6.3

24

− (3.6)  (3.6)

−  (3.6)  (3.6)   2.5   6.3

 6.3

 8

 8

26

−   4

 4

−   4

 4

 3.15

 8

 8

10

10

28

− (4.8)  (4.8)

− (4.8) (4.8) (3.5)

8

8

10

10

12.5

12.5

30

−   5

 5

−   5

 5

 4


3

B 2801-1996

単位  t

等級 M

等級 S

等級 T

等級 V

バウシャックル

ストレートシャックル

バウシャッ

クル

ストレート

シャックル

バウシャッ

クル

ストレート

シャックル

バウシャッ

クル

ストレート

シャックル

呼び

BA

BB

BC

BD

SA

SB

SC

SD

BB SB BB SB BB SB

32

−   6.3   6.3

−   6.3   6.3

10 10 12.5

12.5

16 16

34 (7)  (7)  (7)

(7) (7) (7)

5

36   8

 8

 8

−   8

 8

 8

12.5

12.5

16 16 20 20

38 (9)  (9)  (9)

(9) (9) (9)

6.3

40 10  10  10

−   10

 10

 10

(7)

16

16

20

20

25

25

42 (11)  (11)

− (11)  (11)

8

44 12.5 12.5

− 12.5  12.5

20 20 25 25 31.5

31.5

46 (13)  (13)

− (13)  (13)

48 14  14

− 14

14

− 10

50 16  16

− 16

16

25 25 31.5

31.5

40 40

52

−  −

− 12.5

55 18  18

− 18

18

58

−  −

− 16

60 20  20

− 20

20

31.5

31.5

40 40 50 50

65 25  25

− 25

25

40 40 50 50 63 63

70 31.5 31.5

− 31.5  31.5

50 50 63 63 80 80

75 (35)  (35)

− (35)  (35)

80 40  40

− 40

40

63 63 80 80 100

100

85 45  45

− 45

45

90 50  50

− 50

50

− 80

80

l00

100

125

125

備考    (  )  の付けてない数値は,JIS Z 8601 に規定する標準数による。

(2)

プルーフロード  シャックルは,表 に規定する使用荷重に相当する力の 2 倍のプルーフロードを加

えた状態で,異状が生じてはならない。プルーフロードを加え,負荷を除いた後にシャックル本体,

シャックルピン又はシャックルボルトなどに永久変形があってはならない。

(3)

静的強さ  シャックルは,表 に規定する使用荷重に相当する力の 5 倍以上の引張荷重に耐えなけれ

ばならない。

5.

形状・寸法  形状及び寸法は,次による。

(1)

シャックル本体,シャックルピン,ボルト,ナットの形状及び寸法は

図 2による。ただし,dd

1

t

d

3

B及び L

1

の寸法許容差は,

表 による。


4

B 2801-1996

表 3  寸法許容差

単位 mm

寸法

寸法の区分

寸法許容差

  6

∼10

+1

−0.5

12

∼18

+1

−1

20

∼50

+2

−1

d

51

以上

+3

−2

25

以下

+1

−0.5

26

以上 38 以下

+2

−0.5

d

1

t

40

以上

+2.5

−1

15

以下

±0.2

17

以上 62 以下

±0.3

d

3

 

65

以上

±0.5

(呼び)16 以下

±4.5%

LL

1

 

(呼び)18 以上

±4%

B

11

∼135

+5%(最大 5)

  0

(2)

形式 BA,BB,SA 及び SB に使用する割りピンは,JIS B 1351 の規定による。

(3)

ねじは,JIS B 0205 又は JIS B 0207 の規定によって,その精度は,JIS B 0209 の 3 級又は JIS B 0211

の 3 級とする。

備考  の寸法測定箇所は,頭部の下の位置とする。


5

B 2801-1996

図 2  バウシャックルの本体の形状・寸法

単位 mm

(参考)計算質量 (kg)

呼び

t

d

B

B

1

D

d

1

ねじの呼び

  (d

2

)

L

BA BB BC

 6

 6

 8

 11

 20

 17

  9

M8

 36

0.07

 8

 8

10

 14

 25

 21

 11

M10

 45

0.15

10

10

12

 17

 30

 25

 13

M12

 54

  0.31

 0.31

12

12

14

 20

 35

 32

 16

M14

 63

  0.48

 0.48

14

14

16

 24

 40

 36

 18

M16

 72

  0.67

 0.67

16

16

18

 26

 45

 40

 20

M18

 80

  0.93

 0.93

18

18

21

 29

 53

 45

 22

M20

 95

  1.35

 1.35

20

20

23

 31

 58

 50

 25

M24

104

  1.93

 2.15

22

22

26

 34

 65

 55

 27

M24

117

  2.81

 2.98

24

24

28

 39

 70

 62

 31

M30

126

  3.64

 3.77

26

26

30

 41

 75

 66

 33

M30

135

  4.38

 4.45

28

28

32

 43

 80

 70

 35

M33

144

  5.33

 5.36

30

30

34

 45

 85

 75

 37

M36

153

  6.44

 6.10

32

32

37

 48

 93

 80

 39

M36

167

  8.17

 7.56

34

34

39

 50

 98

 85

 41

M39

176

 8.88

 10.0

 9.05

36  36  42

54 105

90

43  M42  190 10.49

11.85

10.32

38

38

44

 57

110

 95

 47

M45

198

11.74

 13.50

11.70

40

40

47

 60

118

100

 49

M48

212

13.16

 15.23

13.13

42  42  49

63 123 105

53  M48  220 15.25

17.65

44

44

51

 66

128

110

 56

M48

230

18.24

 20.45

46

46

53

 68

133

115

 58

M48

240

20.74

 23.08

48  48  55

72 138 120

60  M56  248 23.21

25.60

50  50  57

75 143 125

62  M56  257 24.85

27.38

55  55  62

83 155 138

67  M64  280 38.60

43.50

60  60  69

90 178 150

72  M64  310 54.47

59.25

65  65  75

98 188 164

79 M72

×6 338 64.68

70.63

70  70  81  105 202 178

85 M80

×6 360 77.95

85.04

75  75  87  112 218 192

92 M80

×6 387 98.49

107.74

80  80  93  120 232 206

98 M90

×6 414

119.37

130.87

85  85  99  128 248 220 104 M90

×6 440

144.44

159.5

90  90  104 135 260 232 110 M100

×6 473 171.50

190.13

備考  計算質量は,ピン又はボルト,ナットを含むもので,参考として示す。


6

B 2801-1996

図 3  ストレートシャックルの本体の形状・寸法

単位 mm

(参考)計算質量 (kg)

呼び

t

d

B

D

d

1

ねじの呼び

(d

2

)

L

1

SA SB SC

 6

 6

 6

 11

 17

  9

M8

 24

0.04

 8

 8

 8

 14

 21

 11

M10

 32

0.09

10

10

10

 17

 25

 13

M12

 40

  0.15

 0.15

12

12

12

 20

 32

 16

M14

 48

  0.31

 0.31

14

14

14

 24

 36

 18

M16

 56

  0.49

 0.49

16

16

16

 26

 40

 20

M18

 64

  0.74

 0.74

18

18

18

 29

 45

 22

M20

 72

  1.23

 1.13

20

20

20

 31

 50

 25

M24

 80

  1.33

 1.55

22

22

22

 34

 55

 27

M24

 88

  1.53

 1.70

24

24

24

 39

 62

 31

M30

 96

  1.74

 1.87

26

26

26

 41

 66

 33

M30

104

  2.48

 2.55

28

28

28

 43

 70

 35

M33

112

  3.49

 3.52

30

30

30

 45

 75

 37

M36

120

  4.60

 4.26

32

32

32

 48

 80

 39

M36

128

  6.18

 5.57

34

34

34

 50

 85

 41

M39

136

  6.49

  7.61

 6.66

36

36

36

 54

 90

 43

M42

144

  7.99

  9.35

 7.82

38

38

38

 57

 95

 47

M45

152

  9.22

 10.98

 9.98

40

40

40

 60

100

 49

M48

160

 10.08

 12.15

10.05

42

42

42

 63

105

 53

M48

168

 12.17

 14.27

44

44

44

 66

110

 56

M48

176

 13.90

 16.11

46

46

46

 68

115

 58

M48

184

 15.85

 18.19

48

48

48

 72

120

 60

M56

192

 17.75

 20.14

50

50

50

 75

125

 62

M56

200

 19.35

 21.88

55

55

55

 83

138

 67

M64

220

 24.60

 29.50

60

60

60

 90

150

 72

M64

240

 36.46

 41.24

65

65

65

 98

164

 79

M72

×6

260

 44.80

 50.75

70 70 70 105

178

85

M80

×6

280

 53.32

 60.41

75 75 75 112

192

92

M80

×6

300

 57.51

 76.76

80 80 80 120

206

98

M90

×6

320

 81.69

 93.19

85 85 85 128

220

104

M90

×6 340

97.42

112.48

90  90  90  135 232 110

M100

×6 360 113.10

131.73

備考  計算質量は,ピン又はボルト,ナットを含むもので,参考として示す。


7

B 2801-1996

図 4  形式 BD シャックルの本体の形状・寸法

単位 mm

呼び

t

d

B

B

1

D

d

1

ねじの呼び

(d

2

)

L

2

(参考)

計算質量

(kg)

 6

 6

 8

12

24

17

 9

M8

 36

0.06

8

8 10 16 30 24 11  M10

45 0.15

10 10 12 20 36 28 13  M12

54 0.28

12 12 14 24 42 32 16  M14

63 0.43

14 14 16 28 48 35 18  M16

72 0.62

16 16 18 32 54 40 21  M20

80 1.03

18 18 20 36 60 45 22  M20  100 1.60

20 20 22 40 66 50 25  M24  112 2.17

備考  計算質量は,ピン又はボルト,ナットを含むもので,参考として示す。


8

B 2801-1996

図 5  形式 SD シャックルの本体の形状・寸法

単位 mm

呼び

t

d

B

D

d

1

ねじの呼び

(d

2

)

L

3

(参考)

計算質量

(kg)

10

10

10

 20

 23

13

M12

 40

 0.57

12

12

12

 24

 28

16

M14

 48

 0.66

14

14

14

 28

 32

18

M16

 56

 0.75

16

16

16

 32

 36

21

M20

 64

1.0

20

20

20

 40

 44

25

M24

 80

 1.58

22

22

22

 44

 50

28

M27

 88

 1.74

24

24

24

 48

 56

30

M27

 96

 1.89

26

26

26

 52

 62

33

M30

104

 2.37

28

28

28

 56

 65

35

M33

112

 3.13

30

30

30

 60

 70

37

M36

120

 4.19

34

34

34

 68

 80

43

M42

136

 6.30

38

38

38

 76

 85

46

M45

152

 8.44

40

40

40

 80

 92

49

M48

160

 9.65

42 42 42

84

100 53  M48 168

11.26

48 48 48

96

110 60  M56 192

16.69

52 52 52 104

120 64  M56 208

20.15

58  58  58 116 132 70  M64 232

25.27

備考  計算質量は,ピン又はボルト,ナットを含むもので,参考として示す。


9

B 2801-1996

図 6  形式 BASA シャックルのピン及び丸栓の形状・寸法

単位 mm

呼び

d

3

D

1

l

a

h

d

4

d

5

割りピン

穴径

d

6

D

2

t

a

1

l

1

34

 40

 55

147

17

 8

17

16

4

24

 5

5.5

 52

36

 42

 58

155

17

 9

17

16

4

24

 5

5.5

 54

38

 46

 62

165

19

10

19

18

4

26

 5

5.5

 58

40

 48

 64

172

19

10

19

18

4

26

 5

5.5

 60

42

 51

 68

181

20

10

20

19

4

28

 5

5.5

 63

44

 54

 72

188

20

11

20

19

4

28

 5

5.5

 66

46

 56

 74

195

21

11

21

20

4

30

 6

5.5

 68

48

 58

 77

204

21

11

21

20

4

30

 6

5.5

 70

50

 60

 79

211

21

12

21

20

4

30

 6

5.5

 72

55

 65

 87

235

25

12

25

24

5

38

 8

7

 79

60

 70

 95

252

25

13

25

24

5

38

 8

7

 84

65

77

104

275 28 14 28 27  5  40

8  7

91

70

83

112

296 31 15 31 30  6  44

9  8

99

75

90

120

317 33 16 33 32  6  48

9  8 106

80

96

128

335 33 18 33 32  6  48

9  8 112

85 102

136

359 37 20 37 36  6  52 10  8 118

90 108

144

379 39 22 39 38  6  56 12  8 124


10

B 2801-1996

図 7  形式 BBSB シャックルの六角ボルト及び六角ナットの形状・寸法

単位 mm

呼び

d

3

ねじの呼び

(d

2

)

d

4

l

b

g

g

1

h

m

1

(

1

)

S

(

1

)

割りピン

穴径

d

5

10

 12

M12

 9

 52

10

 6

 4

 8

 7

 19

 3

12

 15

M14

10

 60

11

 7

 5

 9

 8

 22

 3

14

 17

M16

12

 71

14

 7

 5

10

10

 24

 3

16

 19

M18

14

 80

15

 9

 6

12

11

 27

 4

18

 21

M20

15

 88

16

 9

 6

13

12

 30

 4

20

 24

M24

17

 97

18

10

 7

13

14

 36

 5

22

 26

M24

17

105

18

10

 7

13

14

 36

 5

24

 30

M30

22

120

23

12

 8

16

18

 46

 6

26

 32

M30

22

126

23

12

 8

16

18

 46

 6

28

 34

M33

22

134

25

12

 8

16

20

 50

 6

30

 36

M36

27

141

27

12

 8

19

21

 55

 6

32

 38

M36

27

151

27

12

 8

19

21

 55

 6

34

 40

M39

27

160

29

12

 8

19

23

 60

 6

36

 42

M42

32

170

32

15

10

23

25

 65

 8

38

 46

M45

32

179

34

15

10

23

27

 70

 8

40

 48

M48

38

188

37

15

10

26

29

 75

 8

42

 51

M48

38

195

37

15

10

26

29

 75

 8

44

 54

M48

38

202

37

15

10

26

29

 75

 8

46

 56

M48

38

208

37

15

10

26

29

 75

 8

48

58  M56  46 225 44 18 12 31 34

85  10

50

60  M56  46 232 44 18 12 31 34

85  10

55

65  M64  52 255 48 19 12 34 38

95  10

60

70  M64  52 272 48 19 12 34 38

95  10

65

77 M72

×6 64 294 52 19 12 38 42 105  10

70

83 M80

×6 68 317 58 19 12 43 48 115  10

75

90 M80

×6 68 335 58 19 12 43 48 115  10

80

96 M90

×6 80 361 65 21 14 48 54 130  10

85 102 M90

×6 80 379 65 21 14 48 54 130  10

90 108 M100

×6 90 402 72 21 14 54 60 145  10

(

1

)  m

1

及び の寸法は,JIS B 1181

附属書(ISO 40324036及び ISO 86738675によらない六角ナッ

ト)による。

備考  は有効ねじ部の長さとし,は不完全ねじ部の長さで約 2 山とする。


11

B 2801-1996

図 8  形式 BCSC シャックルのアイボルトの形状・寸法

単位 mm

呼び

d

3

ねじの呼び

  (d

2

)

l

s

D

1

f

h

d

5

r

t

 6

 8

M8

26

11

14

 4

 8

 4

7

 4

 8

10

M10

33

13

15

 5

10

 5

  7.5

 4

10 12 M12  40 15 19

6 12

6

9.5

5

12 15 M14  48 18 22

6.5

14

7 10

5

14 17 M16  56 20 24

7.5

16

8 12

6

16 19 M18  63 23 28

9 19 10 14

7

18 21 M20  70 25 30

9 20 11 15

8

20 24 M24  76 27 32 10 22 12 16

8

22 26 M24  84 30 38 11 25 14 19

9

24 30 M30  93 32 42 13 28 15 21 10

26 32 M30

99 34 44 14 30 16 22 10

28 34 M33 106 38 48 15 32 17 24 12

30 36 M36 112 40 54 17 36 18 27 12

32 38 M36 119 42 58 18 39 19 29 14

34 40 M39 126 45 60 19 40 20 30 14

36 42 M42 135 48 62 20 41 20 31 16

38 46 M45 142 51 66 21 44 22 33 16

40 48 M48 149 53 70 22 47 22 35 18

備考  は有効ねじ部の長さとし,は不完全ねじ部の長さで約 2 山とする。


12

B 2801-1996

図 9  形式 BDSD シャックルのアイボルトの形状・寸法

単位 mm

呼び

d

3

ねじの呼び

(d

2

)

l

s

D

1

f

h

d

5

r

t

 6

 8

 M8

 27

11

14

 4

 8

 4

 7

 4

 8

10

M10

 35

13

15

 5

10

 5

  7.5

 4

10

12

M12

 43

15

19

 6

12

 6

  9.5

 5

12 15 M14

52 18 22

6.5

14

7 10

5

14 17 M16

60 20 24

7.5

16

8 12

6

16 20 M20

70 23 28

9 19 10 14

7

18 21 M20

77 25 30

9 20 11 15

8

20 24 M24

85 27 32 10 22 12 16

8

22 27 M27

94 30 40 12 25 14 19

9

24 29 M27 102 32 42 13 28 15 21 10

26 32 M30 110 34 44 14 30 16 22 10

28 34 M33 120 38 48 15 32 17 24 12

30 36 M36 127 40 54 17 36 18 27 12

34 42 M42 144 44 62 20 41 20 31 16

38 45 M45 159 47 65 21 44 22 33 16

40 48 M48 169 49 70 22 47 22 35 18

42 51 M48 178 56 74 24 49 24 37 18

48 58 M56 203 64 80 26 53 24 40 20

52 62 M56 220 69 84 27 56 25 42 20

58 68 M64 245 76 90 29 60 25 45 20

備考  は有効ねじ部の長さとし,は不完全ねじ部の長さで約 2 山とする。

6.

外観  シャックルの表面は,滑らかで,有害なひび,割れ,きずなどの欠点があってはならない。

7.

材料  シャックルの材料は,表 に示すもの,又は品質がこれらと同等以上のものによる。

表 4  材料

部品名

材料

JIS G 4051

の S25C 又は

JIS G 4105

の SCM435

キルド鋼で,りんの含有量 0.035%以下,硫黄の含有量 0.035%以下

シャックル本体,シャックルピン,ボルト

JIS G 4303

の SUS304,SUS316(等級 M)

ナット

JIS G 3101

の SS400

JIS G 4051

の S35C(T 級,V 級)

JIS G 4303

の SUS304,SUS316(等級 M)

割りピン

JIS G 3505

の SWRM6∼17

JIS G 4303

の SUS304

丸栓

JIS G 3101

の SS400


13

B 2801-1996

8.

製造方法  シャックルの製造方法は,次による。

(1)

シャックル本体は,鍛造によって形成し,等級 S,T 及び V の本体穴は機械加工を行う。

(2)

シャックルボルト及びシャックルピンは,塑性加工若しくは機械加工,又はこれらの組合せ加工によ

る。

(3)

シャックル本体,シャックルボルト及びシャックルピンは,適切な熱処理を施さなければならない。

9.

検査  シャックルの検査は,次による。ただし,ロット検査における抜取方式は,受渡当事者間の協

定による。

(1)

荷重検査  プルーフロードを加え 4.(2)の規定に適合しなければならない。また,静的強さは,4.(3)

規定に適合しなければならない。

(2)

形状・寸法検査  5.の規定に適合しなければならない。ただし,ねじ精度は,JIS B 0251 又は,JIS B 0252

の規定若しくはこれに代わるねじ測定器具によって行う。

(3)

外観検査  目視によって行い,6.の規定に適合しなければならない。

なお,亜鉛めっきしたものについて,特にめっきの均一性を調べる必要がある場合は,JIS H 0401

の規定による硫酸銅試験を行う。ただし,この場合の浸せき回数は,受渡当事者間の協定による。

10.

製品の呼び方  シャックルの呼び方は,規格番号又は規格の名称,等級,形式,呼び及び使用荷重に

よる。

1.  JIS B 2801  等級 M  SB22  3.15

2.  シャックル  等級 T  BB26  8t

11.

表示  シャックルには見やすい箇所に,次の事項を表示しなければならない。

(1)

使用荷重

(2)

等級

(3)

製造業者名又はその略号

使用荷重,等級の表示の例

2t M

:使用荷重 2t,等級 M

(4)

製造ロット番号又は略号

備考1.  シャックル本体,シャックルピン及びボルトに表示する。ただし,シャックルピン及びボル

トについては,等級・製造業者名又はその略号のほかは,省略してもよい。

2.

シャックルの性能を,損なわないように表示しなければならない。


14

B 2801-1996

附属書  ISO 2415 に規定するシャックル

1.

適用範囲  この附属書は,ISO 2415 に規定するシャックル(以下,シャックルという。)について規

定する。

2.

種類及び等級  シャックルの種類及び等級は,次による。

(1)

種類  種類は,シャックル本体の形状によって,バウシャックル  (bow shackles) (B),  及びデーシャッ

クル  (dee shackles) (D)  とする。

(2)

等級  等級は,等級 M (4),等級 S (6)  及び等級 T (8)  とする。

3.

機械的性質  シャックルの機械的性質は,次による。

(1)

使用荷重  使用荷重は,附属書表 による。

(2)

プルーフロード  シャックルは,附属書表 に規定するプルーフロードを加えた状態で異状が生じて

はならない。プルーフロードを加え,負荷を除いた後に,シャックル本体,シャックルピンなどに永

久変形があってはならない。

附属書表 1  使用荷重・プルーフロード・静的強さ

使用荷重

(WLL) t

プルーフロード

kN

静的強さ kN

使用荷重

(WLL) t

プルーフロード

kN

静的強さ kN

0.63

以下

    12.5

      25

以上

10

以下

 200

  400

以上

0.8

以下

 16

   32

以上

12.5

以下

 250

  500

以上

1

以下

 20

   40

以上

16

以下

 320

  630

以上

1.25

以下

 25

   50

以上

20

以下

 400

  800

以上

1.6

以下

 32

   63

以上

25

以下

500

1

000

以上

2

以下

 40

   80

以上

32

以下

630

1

250

以上

2.5

以下

 50

  100

以上

40

以下

800

1

600

以上

3.2

以下

 63

  125

以上

50

以下 1000

2

000

以上

4

以下

 80

  160

以上

63

以下 1250

2

500

以上

5

以下

100

  200

以上

80

以下 1600

3

200

以上

6.3

以下

125

  250

以上

100

以下 2000

4

000

以上

8

以下

160

  320

以上

(3)

静的強さ  シャックルは,附属書表 に規定する静的強さに適合しなければならない。

(4)

疲れ強さ  使用荷重 10t 以下のシャックルは,最小値 (3kN) ∼最大値(プルーフロードの 0.75 倍)の

引張荷重で,周波数は 5 から 25Hz の間による部分片振り疲れ試験を行ったとき,繰り返し数 10 000

回に耐えなければならない。

4.

形状・寸法  シャックルの形状・寸法は,附属書図 及び附属書図 による。

備考  ねじ穴径又は穴径の許容差は附属書表 による。


15

B 2801-1996

附属書図 1  バウシャックル (B) の形状・寸法

使用荷重 t

(4)

(6)

(8)

最大

mm

最大

mm

最大

2

最小

mm

最小

mm

最小

mm

− 0.63

以下   9

 10

 16

 22.4

 10

− 0.63

以下 0.8 以下  10

 11.2

 18

 25

 11.2

− 0.8

以下 1  以下  11.2

 12.5

 20

 28

 12.5

0.63

以下 1  以下 1.25

以下  12.5

 14

 22.4

 31.5

 14

0.8

以下 1.25

以下 1.6 以下  14

 16

 25

 35.5

 16

1

以下 1.6 以下 2  以下  16

 18

 28

 40

 18

1.25

以下 2  以下 2.5 以下  18

 20

 31.5

 45

 20

1.6

以下 2.5 以下 3.15

以下  20

 22.4

 35.5

 50

 22.4

2

以下 3.15

以下 4  以下  22.4

 25

 40

 56

 25

2.5

以下 4  以下 5  以下  25

 28

 45

 63

 28

3.15

以下 5  以下 6.3 以下  28

 31.5

 50

 71

 31.5

4

以下 6.3 以下 8  以下  31.5

 35.5

 56

 80

 35.5

5

以下 8  以下 10 以下  35.5

 40

 63

 90

 40

6.3

以下 10 以下 12.5

以下  40

 45

 71

100

 45

8

以下 12.5

以下 16 以下  45

 50

 80

112

 50

10

以下 16 以下 20 以下  50

 56

 90

125

 56

12.5

以下 20 以下 25 以下  56

 63

100

140

 63

16

以下 25 以下 31.5

以下  63

 71

112

160

 71

20

以下 31.5

以下 40 以下  71

 80

125

180

 80

25

以下 40 以下 50 以下  80

 90

140

200

 90

31.5

以下 50 以下 63 以下

90 100

160 224 100

40

以下 63 以下

−  100 112

180 250 112

50

以下 80 以下

− 112 125

200 280 125

63

以下 100

以下

−  125 140

224 315 140

80

以下

−  140 160

250 355 160

100

以下

− 160 180

2.2D

280 400 180


16

B 2801-1996

附属書図 2  デーシャックル (D) の形状・寸法

使用荷重 t

M

S

T

d

最大

mm

D

最大

mm

e

最大

S

最小

mm

W

最小

mm

− 0.63

以下   8

  9

 18

  9

− 0.63

以下 0.8 以下   9

 10

 20

 10

− 0.8 以下 1  以下  10

 11.2

 22.4

 11.2

0.63

以下 1  以下 1.25

以下  11.2

 12.5

 25

 12.5

0.8

以下 1.25 以下 1.6 以下  12.5

 14

 28

 14

1

以下 1.6 以下 2  以下  14

 16

 31.5

 16

1.25

以下 2  以下 2.5 以下  16

 18

 35.5

 18

1.6

以下 2.5 以下 3.15

以下  18

 20

 40

 20

2

以下 3.15 以下 4  以下  20

 22.4

 45

 22.4

2.5

以下 4  以下 5  以下  22.4

 25

 50

 25

3.15

以下 5  以下 6.3 以下  25

 28

 56

 28

4

以下 6.3 以下 8  以下  28

 31.5

 63

 31.5

5

以下 8  以下 10 以下  31.5

 35.5

 71

 35.5

6.3

以下 10 以下 12.5

以下  35.5

 40

 80

 40

8

以下 12.5

以下 16 以下  40

 45

 90

 45

10

以下 16 以下 20 以下  45

 50

100

 50

12.5

以下 20 以下 25 以下  50

 56

112

 56

16

以下 25 以下 31.5

以下  56

 63

125

 63

20

以下 31.5

以下 40 以下  63

 71

140

 71

25

以下 40 以下 50 以下  71

 80

160

 80

31.5

以下 50 以下 63 以下  80

 90

180

 90

40

以下 63 以下

90 100

200 100

50

以下 80 以下

−  100 112

224 112

63

以下 100

以下

− 112 125

250 125

80

以下

−  125 140

280 140

100

以下

− 140 160

2.2D

315 160


17

B 2801-1996

附属書表 2  ねじ穴径又は穴径の許容差

単位 mm

ねじ下穴径又は穴径の区分

許容差

20

以下

D

1

0

+

20

を超え 45 以下

D

5

.

1

0

+

45

を超え

D

2
0

+

附属書図 及び附属書図 のシャックルピンは,例示である。シャックルピンの種類・形状・寸法は,

附属書表 及び附属書図 による。

附属書表 3  シャックルピンの種類

形式

形状

止め方

W

アイボルト

ねじ込み

X

六角ボルト

ナット(割りピン使用)

Y

すりわり付きボルト

ねじ込み

Z

その他

附属書図 3  シャックルピン(例)


18

B 2801-1996

附属書図 3  (続き)

備考  寸法記号は,附属書図 及び附属書図 による。

5.

外観  シャックルの表面は,滑らかで,有害なひび,割れ,きずなどの欠点があってはならない。

6.

材料

6.1

等級 M (4)  シャックル  等級 M (4)  のシャックルの材料は,P 及び S の含有量が附属書表 による

キルド鋼で,シャックルの機械的性質を満足するものでなければならない。

附属書表 4  等級 M (4)  シャックルの P含有量

化学成分

最大含有量%

溶鋼分析

製品分析

S 0.045 0.05

P 0.04

0.045

6.2

等級 S (6)  シャックル及び等級 T (8)  シャックル  等級 S (6)  シャックル及び等級 T (8)  シャックル

の材料は,次による。

(1)

シャックルの材料は,P 及び S の含有量が

附属書表 によるキルド鋼で,シャックルの機械的性質を

満足するものでなければならない。

附属書表 5  等級 S (6)  シャックル及び等級 T (8)  シャックルの材料の P含有量

最大含有量%

化学成分

溶鋼分析

製品分析

P 0.035 0.04

S 0.035 0.04

(2)

等級 S (6)  のシャックル本体の材料は,合金成分として Ni,Cr,Mo,Mn の中の少なくとも 1 成分を

含有していなければならない。

(3)

等級 S (6) のシャックルピンの材料は,合金成分として Ni,Cr,Mo の中の少なくとも 1 成分を含有

していなければならない。

(4)

等級 T (8) のシャックルの材料は,合金成分として Ni,Cr,Mo の中の少なくとも 2 成分を含有して

いなければならない。

7.

製造方法  シャックルの製造方法は,次による。

7.1

シャックル本体及びシャックルピンなど

(1)

シャックル本体は,溶接せずに,一体型に鍛造しなければならない。シャックル本体の 2 個の穴は,


19

B 2801-1996

互いに軸方向で一致し,その中心はアイの外径の中心に一致しなければならない。

(2)

シャックルピンは,鍛造によって,必要に応じて棒材に機械加工を行って仕上げるか,又は購入者と

製造業者との協議によって,鍛造して,適切に仕上げるものとする。ピンのねじ部は,主要部分と同

心とする。ピンのカラー又はヘッド部分は,シャックル本体にしっかりと取り付けられなければなら

ない。

ねじ付きピンを最後まで締めるとき,シャックルのあごの間に見えるねじ部の長さは,1 山を超え

てはならない(W 形及び Y 形のピンの場合など。

(3)

ボルトの平行部長さは,ナットをボルトにねじ込んだ場合に平行部がシャックル本体ではなく,ボル

トの肩部にはまる程度の長さとする(X 形のピンの場合など。

(4)

シャックルピンを正しくシャックルの本体に取り付けるには,あご幅 W を著しく狭めてはならない。

(5)

完成品のシャックル本体及びピンには,割れなどの有害な表面欠陥があってはならない。

7.2

熱処理  シャックルは,鍛造後,適切な熱処理を施さなければならない。

(1)

等級 T (8)  シャックルは,焼入後,400℃以上で焼戻しを行わなければならない。

(2)

熱処理したシャックルの硬さは,JIS Z 2243 又は JIS Z 2245 に規定する硬さ試験方法で,

附属書図 1

及び

附属書図 に規定する硬さ試験の位置で試験して,附属書表 の規定に適合しなければならない。

附属書表 6  硬さ

硬さ

等級

HBS 10/3000

HRC

M (4)

217

以下 17 以下

S (6)

300

以下 32 以下

T (8)

380

以下 41 以下

8.

ねじ山  特に他の規定がない限り,ねじ山は ISO 261 又は ISO 263 に適合するものとし,6g/6H クラ

ス(中級はめあい)のものであること。

ねじ山に替わる形式のものも,シャックルの強さを損なうことがなければ使用してもよい。

9.

形式試験

9.1

概要  形式試験は,製造業者がこの国際規格の規定に適合していることを証明したシャックルが,

この国際規格に規定した機械的性質を満足することを示すものである。この試験の目的は,種々の大きさ

のシャックルの完成品について,保護塗装を行った場合は,それも含めて,設計,材料,熱理及び製造方

法を分析することにある。保護塗装を行った場合はそれも含めて,3.に規定した機械的性質の変更を招く

可能性のある設計,材料の仕様,熱処理,製造方法の変更又は正常の製作公差の範囲を超える寸法の変更

があった場合は,その変更後のシャックルについて,9.29.4 に規定した形式試験の実施が必要となる。

形式試験を行うシャックルはすべて,この国際規格に規定する他のあらゆる項目も遵守していなければ

ならない。寸法の異なるシャックルについて,保護塗装を行った場合はそれも含めて,その設計,材料,

熱処理及び製造方法ごとに 9.29.4 に規定する試験を実施しなければならない。

9.2

9.4 に規定する試験は,シャックル本体の最頂部には,直径がシャックルピンの実直径に満たない

試験用引張取付け金具を使用し,シャックルピンの中央部には,幅がピンの実直径未満の試験用引張取付

け金具を使用して,衝撃力を与えることなく,軸方向に引張力を加えなければならない。


20

B 2801-1996

9.2

変形試験  変形試験は,3 個の試料を試験する。各試料は,附属書表 に規定するプルーフロードに

耐えなければならない。

プルーフロードを負荷後に引張力を除いた後,シャックルピンには永久変形が生じることがなく,緩め

た後には,

自由に回転できなければならない。

シャックルピン上のポンチマークと最頂部の間で測定した,

実測寸法 又は類似の寸法は,0.25%又は 0.5mm のいずれか大きい方を超えてはならない。

備考  シャックルピンのプルーフロード試験については,必要があれば,10.を参照のこと。

9.3

静的強さ試験

9.3.1

使用荷重 63t 以下のシャックル

備考  この試験は,変形試験を行ったものと,同一のシャックルについて実施する場合がある。

静的強さ試験は,3 個の試料を試験する。各試料は少なくとも

附属書表 に規定するシャックルの静的

強さの最低値に相当する静的強さがなければならない。

シャックル本体及びシャックルピンは,シャックルが静的強さを保持しきれなくなるまでは,破断又は

変形を生じることなく,加えられた力に耐えられなければならない。

9.3.2

使用荷重 63t を超えるシャックル  63t を超える使用荷重のシャックルについては,このようなシ

ャックルが,9.3.1 に従って試験を行った使用荷重が 63t 以下のものと同じ幾何学的設計であり,それ以外

の項目でも同じであれば,計算によって検証してもよい。設計方法の一例を

附属書 Annex(設計の覚え書)

に記載する。

9.4

疲れ試験[等級 S (6)  及び T (8),使用荷重 10t 以下のシャックル]  10t 以下の使用荷重のシャック

ルは,疲れ試験を行わなければならない。疲れ試験は,3 個の試料を試験する。

疲れ試験サイクル中に加わる引張力の範囲は,

附属書表 に規定するシャックルのプルーフロードの

0.75

倍とする。サイクルの最小引張力は 3kN 以下とする。周波数は 5∼25Hz の間とする。試験を行った試

料は,上記の規定範囲の引張力を 10 000 サイクル加えても,荷重の保持不能に陥ることなく,その力に耐

えなければならない。

9.5

形式試験についての受入れ基準

9.5.1

変形試験(9.2 を参照。)  形式試験を行った寸法のシャックルが,この国際規格に適合するために

は,試験を行った 3 個の試料のいずれもが,変形試験に合格しなければならない。

9.5.2

静的強さ試験及び疲れ試験(9.3 及び 9.4 を参照。)  3 個の試料すべてが試験に合格すれば,形式

試験を行った寸法のシャックルについては,国際規格に適合している。

試料の中の 1 個が不合格となった場合,さらに 2 個の試料を試験して,形式試験を行った寸法のシャッ

クルがこの国際規格に適合するためには,この 2 個の試料が,試験に合格しなければならない。

3

個の試料のうち 2 個又は 3 個とも,試験に不合格となった場合は,形式試験を行った寸法のシャック

ルは,この国際規格に不適合である。

10.

保証試験

10.1

購入者から要求があった場合,又は,国内規制基準によって必要となった場合は,完成品の各シャ

ックル(保護塗装を行った場合はそれも含めて,製造,熱処理及び機械加工後)について,シャックルピ

ンの実測直径より大きくない直径の試験用引張取付け金具を用いて,シャックルの最頂部及びシャックル

ピンの中央部に

附属書表 に規定する適切なプルーフロードを加えなければならない。


21

B 2801-1996

10.2

プルーフロードを除いた後,シャックルピンには永久変形が生じることなく,緩めた後には,自由

に回転できなければならない。シャックルピン上のポンチマークと最頂部の間で測定した実測寸法 又は

類似の寸法が,0.25%又は 0.5mm のいずれか大きい方を超えてはならない。

11.

製造業者の証明書

11.1  9.

に規定する形式試験で満足のいく結果を得た場合は,製造業者は保護塗装を行った場合はそれも含

めて,試験を行ったシャックルと,同一の公称諸元,寸法,材料,熱処理及び製造方法であるシャックル

に対する適合証明書を発行してもよい。

製造業者は,形式検査に合格したシャックルについて,最新の適合証明書を発行後,少なくとも 10 年間

は材料仕様書,熱処理,寸法,試験結果及びこのシャックルに関連するあらゆるデータに関する記録を保

管しなければならない。この記録には,後続の生産に適用しなければならない製造仕様書も含まれるもの

とする。

3.

に規定した機械的性質の変更を招く可能性のある材料の仕様,保護塗装を行った場合はそれも含めた

製造方法の変更,熱処理,又は正常の製作公差の範囲を超える寸法の変更は,設計変更とみなす。設計変

更について,適合証明書を発行する許可を得る前に,9.に規定する試験が必要である。

11.2

購入者が要求した場合,製造業者又は供給業者はシャックルの出荷ごとに,次の情報を記載した証

明書を提出しなければならない。

(1)

等級を表す文字,M (4),S (6)  又は T (8)

(2)

材料の詳細

(3)

出荷品の中の,特定のシャックル又はシャックルのバッチを識別するための識別番号

(4)

負荷したプルーフロード(10.を参照。

備考  この情報は,プルーフロードを負荷したシャックルにだけ適用する。

(5)

使用荷重

証明書は各シャックルが,この国際規格に適合しており,形式試験したシャックルの製造業者による仕

様を満足していることを宣言するものである。適切であれば,各シャックルに 10.の規定に従ってプルーフ

ロードを負荷し,その後十分な資格をもつ人物が審査したことも,証明書に記載する。さらに,試験機関

の名称及び住所,並びに署名人の身分も明記しなければならない。

12.

製品の呼び方  シャックルの呼び方は,規格の名称,国際規格番号,等級,シャックルの種類・シャ

ックルピンの形式及び使用荷重による。

1.  シャックル ISO 2415-M-DW20又は,シャックル ISO 2415-4-DW20

2.  シャックル ISO 2415-T-BX10又は,シャックル ISO 2415-8-BX10 

13.

表示  シャックルは,見やすい箇所に,次の事項を表示しなければならない。

(1)

製造業者名又はその略号

(2)

等級,M (4),S (6)  又は T (8)

(3)

使用荷重

(4)

その他

シャックルピンには,(1)(2)又は(4)を表示しなければならない。


22

B 2801-1996

附属書  Annex 

設計の覚え書

A.1

使用荷重が 63t を超えるシャックルは,この附属書によって,計算で静的強さを検証してもよい。

A.2

シャックル本体の計算式は,次による。

S

w

r

f

r

WLL

d

9

36

3

1

×

⎟⎟

⎜⎜

×

=

ここに,

d

シャックル本体の直径 (mm)

WLL

使用荷重 (t)

r

バウの内側半径 (mm)

f

附属書表 の引張応力 (MPa)

w

シャックルの内幅 (mm)

S

シャックルの内長さ (mm)

デーシャックルは

2r

w

附属書表 7  引張応力 f

単位  MPa

引張応力 f

種類

等級 M (4)

等級 S (6)

等級 T (8)

デーシャックル

315 500 630

バウシャックル

400 630 800

シャックルの寸法は,次の計算式による。

5

6

2

5

.

2

.

r

D

S

+

1

5

0

w

r

.

75

.

0

4

.

0

w

d

ここに,  D:  シャックルピンの直径 (mm)

A.3

シャックルピンの計算は,次による。

3

1

)

(

4

.

29

+

=

f

d

w

WLL

D

ここに,は,

等級 M (4)  :

400MPa

等級 S (6) :

630MPa

等級 T (8) :

800MPa


23

B 2801-1996

A.4

シャックル本体の 寸法が 25mm 未満の場合は,シャックルピンの直径は,

附属書図 の補正係数に

よって,補正する。

附属書図 4  d<25mm における,シャックルピン直径の補正係数

関連規格  JIS G 0565  鉄鋼材料の磁粉探傷試験方法及び磁粉模様の分類

JIS Z 2343

  浸透探傷試験方法及び浸透指示模様の分類


24

B 2801-1996

参考 1  シャックルの使用基準

この参考は,シャックルの使用基準について記述するものであり,本体の規定に関連する事柄を補足す

るもので,規定の一部ではない。

(1)

シャックルに表示された等級,使用荷重などを確認してから使用する。

(2)

シャックルは必ず使用荷重以下の荷重で使用する。

(3)

シャックルのボルト・ナット及びピンは正規のものを使用する。

(4)

アークストライクが起こる使い方をしてはならない。

(5)

シャックルを他の部材に溶接して使用してはならない。

(6)

永久変形したシャックルを使用してはならない。

(7)

シャックルの取付け及び荷重は,一般に

参考 図 のように縦方向に荷重がかかるように使用する。

参考 図 1  シャックルの使用方法 

(8)

形式 BB,SB のシャックルについて,斜めのつり角度をつけて使用する場合には,引張り角度に応じ

参考 図 に示す減少率によって,使用荷重を減少させて使用することができる。


25

B 2801-1996

参考 図 2  引張り角度による使用荷重減少率(形式 BBSB

(9)

ボルト・ナット及び丸栓を使用する形式のシャックルは,必ず割りピンを用いなければならない。

(10)

シャックルに取り付けたワイヤロープが移動する可能性がある場合には,ボルトの回転を防止するた

めに,

参考 図 のように,常にボルト側にワイヤロープの固定端を取り付け,移動する可能性のあ

るワイヤロープは,シャックル本体側に取り付けて使用する。

参考 図 3  移動するワイヤロープの取付方法

(11)

シャックルのボルト又は,ピンに縦方向荷重を超える荷重が作用する使い方をしてはならない。具体

例を

参考 図 に示す。


26

B 2801-1996

参考 図 4  使用禁止の具体例


27

B 2801-1996

参考 2  シャックルの点検基準

この参考は,シャックルの点検基準について記述するものであり,本体の規定に関連する事柄を補足す

るもので,規定の一部ではない。

1.

点検の種類

(1)

使用中の点検としては,作業開始前点検,毎月 1 回以上の月例点検を実施する。

(2)

シャックルは,定期的に目視点検,又は探傷を行いきずの有無を点検する。

2.

点検箇所はシャックル本体,ボルト・ナット及び全体形状とする。

3.

作業開始前の点検項目

(1)

目視して明らかに変形していないか(本体・ピン・ボルト)シャックル本体の変形によって,ボルト・

ナット若しくはアイボルトが完全に装着できず,割りピンが取り付けられないものはないか。

(2)

きずの有無

(3)

ボルトのねじ山がつぶれて,装着しにくいものはないか。

(4)

等級,使用荷重などが確認できているか。

(5)

シャックル本体とボルト・ナット及びピンが正規のものか,確認する。

4.

月例の点検項目

(1)

本体の点検は,

参考 図 に示す部分の寸法が元の寸法と比較して,永久変形が生じているものは使

用してはならない。

参考 図 1  本体寸法測定部

(2)

ボルト及びナット取付部が

参考 図 に示す,すきま

δが生じてナット及び割りピンが完全に装着でき

ないものは,使用してはならない。


28

B 2801-1996

参考 図 2  シャックルの変形(一例)

(3)

当たりきず,溝状の深い切りきず・亀裂がないか点検し,疑わしいものは,JIS G 0565 又は JIS Z 2343

によって探きずなどを行って点検し,有害なきずが見つかったものは使用してはならない。

(4)

シャックル本体が 5%以上摩耗したものは使用してはならない。

また,ボルト穴にボルトを入れて著しいガタがあったり,ねじのつぶれによって装着しにくいもの

は,使用してはならない。

(5)

目視してボルトが摩耗していないか点検し,摩耗の著しいものは,ノギスなどで測定し,元の寸法と

比較して,摩耗率 5%以上のものを使用してはならない。

(6)

アークストライクの有無を点検して,アークストライクのあるものは使用してはならない。

(7)

目視,又はハンマーで軽くたたき,さびがないかを点検し,使用上有害なさびなどがある場合には,

使用してはならない。

(8)

等級,使用荷重の表示が明りょうか,確かめる。

5.

探傷を実施したシャックルについては,管理台帳を作成し,検査日,場所,検査結果を記録すること。

6.

月例点検の結果,合格品に対しては,

参考 表 のように識別表示を行うこと。

参考 表 1  識別表示の例

点検月

識別の色彩

1, 4, 7, 10

白色

2, 5, 8, 11

黄色

3, 6, 9, 12

緑色

7.

点検記録用紙の一例を

参考 表 に示す。


 

29

B 2801-

199

6

参考 表 2


30

B 2801-1996

シャックル JIS 改正原案作成委員会の構成表

氏名

所属

(委員長)

金  武  典  夫

金属技術研究所

藤  野  達  夫

通商産業省機械情報産業局

前  川  武  也

工業技術院標準部

露  木      保

労働省労働基準局安全衛生部

中  西  忠  雄

防衛庁装備局

加  山  英  男

財団法人日本規格協会

梁  瀬      仁

社団法人日本パレット協会

福  田  侑  二

社団法人日本クレーン協会

木  田      宏

財団法人日本船舶標準協会

本  橋  憲  二

日本鋼管株式会社

腰  越  勝  輝

大成建設株式会社

生  形      覚

社団法人自動車技術会(日産ディーゼル株式会社)

岡  崎  克  行

石川島播磨重工業株式会社

小  島  康  弘

株式会社キトー

松  本  邦  夫

株式会社日立製作所

相  馬  庸  三

日本通運株式会社

津  田  和  則

象印チエンブロック株式会社

羽  田  年  幸

関西工業株式会社

山  近      清

大洋製器工業株式会社

川  島  利  広

イーグル・クランプ株式会社

鍋  谷  純  一

昭和機械商事株式会社

村  上  一  雄

豊鐵工株式会社

(事務局)

加  藤      宏

社団法人日本産業機械工業会

備考  ○印は、分科会委員を兼ねる。