>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 2402-5

:2013 (ISO 6194-5:2008)

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

1

3

  用語及び定義  

1

4

  代表的な欠陥  

1

4.1

  リップ先端重要部の定義  

1

4.2

  欠陥の種類及び名称  

2

4.3

  代表的なリップ先端の欠陥  

2

4.4

  代表的なシールリップの欠陥(リップ先端を除く。)  

3

4.5

  代表的なばねの欠陥  

3

4.6

  代表的な外周部の欠陥  

3

4.7

  代表的な保護リップの欠陥  

3

5

  識別の記述  

9

附属書 JA(参考)欠陥部位名称及び図例の索引  

10


B 2402-5

:2013 (ISO 6194-5:2008)

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,一般社団法人日本

自動車部品工業会(JAPIA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業

規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業

規格である。

これによって,JIS B 2402-5:2002 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

JIS B 2402

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS

B

2402-1

  第 1 部:寸法及び公差

JIS

B

2402-2

  第 2 部:用語

JIS

B

2402-3

  第 3 部:保管,取扱い及び取付け

JIS

B

2402-4

  第 4 部:性能試験方法

JIS

B

2402-5

  第 5 部:外観欠陥


日本工業規格

JIS

 B

2402-5

:2013

(ISO 6194-5

:2008

)

オイルシール−第 5 部:外観欠陥

Rotary shaft lip-type seals incorporating elastomeric sealing elements-

Part 5: Identification of visual imperfections

序文 

この規格は,2008 年に第 2 版として発行された ISO 6194-5 を基に,対応する部分(外観欠陥)につい

ては対応国際規格を翻訳し,技術的内容を変更することなく作成した日本工業規格である。

なお,この規格では,対応国際規格には規定されていない欠陥部位名称及び図例の索引を,

附属書 JA

として追加している。

適用範囲 

この規格は,回転軸用オイルシール(以下,オイルシールという。

)の外観欠陥(以下,欠陥という。

について規定する。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 6194-5:2008

,Rotary-shaft lip-type seals incorporating elastomeric sealing elements−Part 5:

Identification of visual imperfections

(IDT)

なお,対応の程度を表す記号“IDT”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“一致している”こ

とを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。この引用

規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 2402-2

  オイルシール−第 2 部:用語

注記  ISO 6194-2: 2009,Rotary shaft lip-type seals incorporating elastomeric sealing elements−Part 2:

Vocabulary

(MOD)

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS B 2402-2 による。

代表的な欠陥 

4.1 

リップ先端重要部の定義 

オイルシールのリップ先端重要部の定義及びその標準寸法を,

図 に示す。

x

部及び 部に欠陥があると,オイルシールの機能を損ねることになるので,その見地から 及び 

寸法を決めた。特殊な場合には,受渡当事者間の協定による。


2

B 2402-5

:2013 (ISO 6194-5:2008)

1

  リップ密封液側面

2

  リップ先端

3

  リップ大気側面

4

保護リップ

x

及び  2  リップ先端部の範囲

単位  mm

軸径  d

1

x y 

d

1

≦50 0.6 1.2

50

d

1

≦120 0.8  1.5

120

d

1

 1.0

2.0

図 1−リップ先端重要部の定義及びその標準寸法

4.2 

欠陥の種類及び名称 

オイルシールの欠陥の種類及び名称を,

図 に示す。

図 2−欠陥の種類及び名称

4.3 

代表的なリップ先端の欠陥 

リップ先端の欠陥は,次による。


3

B 2402-5

:2013 (ISO 6194-5:2008)

a)

異物の例を,図 3∼図 に示す。

b)

小亀裂の例を,図 に示す。

c)

のこ刃仕上げの例を,図 に示す。

d)

段付き仕上げの例を,図 に示す。

e)

欠けの例を,図 に示す。

f)

フローマークの例を,図 10 に示す。

g)

裂けの例を,図 11 に示す。

h)

線きずの例を,図 12 に示す。

i)

充塡剤の突起の例を,図 13 に示す。

j)

ばり付着の例を,図 14 に示す。

4.4 

代表的なシールリップの欠陥(リップ先端を除く。) 

シールリップの欠陥は,次による。

a)

スプリットの例を,図 15 に示す。

b)

ばり付着の例を,図 16 に示す。

c)

充塡不足の例を,図 17 に示す。

d)

小亀裂の例を,図 18 に示す。

e)

裂けの例を,図 19 に示す。

f)

ブリスタの例を,図 20 に示す。

4.5 

代表的なばねの欠陥 

ばねの欠陥は,次による。

a)

ばねの変形の例を,図 21 に示す。

b)

ばねの伸び変形部の例を,図 22 に示す。

c)

ばねのジョイント不良部の例を,図 23 に示す。

4.6 

代表的な外周部の欠陥 

外周部の欠陥は,次による。

a)

引っかききずの例を,図 24 に示す。

b)

面取り不良の例を,図 25 に示す。

c)

接着不良の例を,図 26 に示す。

4.7 

代表的な保護リップの欠陥 

保護リップの欠陥は,次による。

a)

裂けの例を,図 27 に示す。

b)

線きず又は欠けの例を,図 28 に示す。

c)

充塡不足の例を,図 29 に示す。

d)

ばりの例を,図 30 に示す。


4

B 2402-5

:2013 (ISO 6194-5:2008)

2

1

1

2

注記  番号は 4.1 の図 参照。

図 3−異物:ばり(inclusion: flash)

注記  番号は 4.1 の図 参照。

図 4−異物:充塡剤(inclusion: filler)

2 3

1

2

1

注記  番号は 4.1 の図 参照。

図 5−異物:外部異物(inclusion: foreign material)

注記  番号は 4.1 の図 参照。

図 6−小亀裂(crack)

2

1

注記  番号は 4.1 の図 参照。

図 7−のこ刃仕上げ(rough trim)

図 8−段付き仕上げ(step trim)


5

B 2402-5

:2013 (ISO 6194-5:2008)

2

2 1

1

注記  番号は 4.1 の図 参照。

図 9−欠け(nick)

注記  番号は 4.1 の図 参照。

図 10−フローマーク(knit line)

3

2

1

注記  番号は 4.1 の図 参照。

図 11−裂け(tear)

図 12−線きず(cut)

2

3

図 13−充塡剤の突起(filler projection)

注記  番号は 4.1 の図 参照。

図 14−ばり付着(stuck flash)


6

B 2402-5

:2013 (ISO 6194-5:2008)

3


1

3

2

注記  番号は 4.1 の図 参照。

図 15−スプリット(split) 

注記  番号は 4.1 の図 参照。

図 16−ばり付着(stuck flash) 

2

1

図 17−充塡不足(non-fill) 

注記  番号は 4.1 の図 参照。

図 18−小亀裂(crack) 

図 19−裂け(tear) 

図 20−ブリスタ(blister) 


7

B 2402-5

:2013 (ISO 6194-5:2008)

図 21−ばねの変形(deformed spring) 

図 22−ばねの伸び変形部 

(spring with stretched portion) 

図 23−ばねのジョイント不良部 

(spring with incomplete joint portion) 


8

B 2402-5

:2013 (ISO 6194-5:2008)

図 24−引っかききず(scratch) 

図 25−面取り不良(incorrect lead-in chamfer) 

図 26−接着不良(incomplete bond) 


9

B 2402-5

:2013 (ISO 6194-5:2008)

図 27−裂け(tear) 

図 28−線きず又は欠け(cut or nick) 

図 29−充塡不足(non-fill) 

図 30−ばり(flash) 

識別の記述 

(対応国際規格では,この箇条において,識別の記述について規定しているが,この規格では不要であ

り,不採用とした。


10

B 2402-5

:2013 (ISO 6194-5:2008)

附属書 JA

(参考)

欠陥部位名称及び図例の索引

欠陥部位

名称

対応英語(参考)

図例番号

4.3

リップ先端の欠陥

異物 inclusion

345

小亀裂 crack

のこ刃仕上げ rough

trim

段付き仕上げ step

trim

欠け nick

フローマーク knit

line

10 

裂け tear

11 

線きず cut

12 

充塡剤の突起 filler

projection

13 

ばり付着 stuck

flash

14 

4.4

シールリップの欠陥

(リップ先端を除く。

スプリット split

15 

ばり付着 stuck

flash

16 

充塡不足 non-fill

17 

小亀裂 crack

18 

裂け tear

19 

ブリスタ blister

20 

4.5

ばねの欠陥

ばねの変形 deformed

spring

21 

ばねの伸び変形部

spring with stretched portion

22 

ばねのジョイント不良部

spring with incomplete joint portion

23 

4.6

外周部の欠陥

引っかききず scratch

24 

面取り不良

incorrect lead-in chamfer

25 

接着不良 incomplete

bond

26 

4.7

保護リップの欠陥

裂け tear

27 

線きず又は欠け

cut or nick

28 

充塡不足 non-fill

29 

ばり flash

30