>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 2402-1

:2013

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

2

3

  用語及び定義  

2

4

  記号 

2

5

  呼び寸法  

2

6

  軸  

3

6.1

  軸端の面取り  

3

6.2

  軸径の許容差  

3

6.3

  軸の表面粗さ及び硬さ  

3

7

  ハウジング  

4

7.0

  一般  

4

7.1

  ハウジングの寸法  

4

7.2

  ハウジング穴径の公差等級  

4

7.3

  ハウジング穴の表面粗さ  

4

8

  オイルシールの寸法許容差  

5

8.1

  シール幅の許容差  

5

8.2

  シール外径の許容差  

5

9

  寸法表示コード  

6

附属書 A(参考)オイルシールの仕様書  

7

附属書 JA(参考)ばねなしオイルシール  

11

附属書 JB(参考)JIS と対応国際規格との対比表  

12


B 2402-1

:2013

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,一般社団法人日本

自動車部品工業会(JAPIA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業

規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業

規格である。

これによって,JIS B 2402-1:2002 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

JIS B 2402

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS

B

2402-1

  第 1 部:寸法及び公差

JIS

B

2402-2

  第 2 部:用語

JIS

B

2402-3

  第 3 部:保管,取扱い及び取付け

JIS

B

2402-4

  第 4 部:性能試験方法

JIS

B

2402-5

  第 5 部:外観欠陥


日本工業規格

JIS

 B

2402-1

:2013

オイルシール−第 1 部:寸法及び公差

Rotary shaft lip-type seals incorporating elastomeric sealing elements-

Part 1: Nominal dimensions and tolerances

序文 

この規格は,2007 年に第 2 版として発行された ISO 6194-1 を基とし,対応する部分(寸法及び公差)

については対応国際規格を翻訳し,技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

また,受渡当事者間の便宜を図るため,購入業者の提示情報及び製造業者の提示情報を記載するオイル

シールの仕様書例を,

附属書 に示す。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。

変更の一覧表にその説明を付けて,

附属書 JB に示す。

適用範囲 

この規格は,軸径 6∼480 mm 及びハウジング内径 16∼530 mm の範囲に適合した,ばね入り回転軸用オ

イルシール(以下,オイルシールという。

)の寸法及び公差について規定する。

オイルシールは,ゲージ圧 0∼30 kPa の低圧条件で使用し,構造によって 6 タイプに分類する。それぞ

れの代表例を

図 に示す。

なお,ばねなしオイルシールは,

附属書 JA に示す。

タイプ 

タイプ 

タイプ 

タイプ 

タイプ 

タイプ 

ばね入り 
外周ゴム

ばね入り 
外周金属

ばね入り組立形

外周金属

ばね入り 
外周ゴム

保護リップ付

ばね入り 
外周金属

保護リップ付

ばね入り組立形

外周金属

保護リップ付

図 1−オイルシールの構造区分例 

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 6194-1:2007

,Rotary shaft lip-type seals incorporating elastomeric sealing elements−Part 1:

Nominal dimensions and tolerances(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。


2

B 2402-1

:2013

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0401-2

  寸法公差及びはめあいの方式−第 2 部:穴及び軸の公差等級並びに寸法許容差の表

注記  ISO 286-2: 2010,Geometrical product specifications (GPS)−ISO code system for tolerances on

linear sizes−Part 2: Tables of standard tolerance classes and limit deviations for holes and shafts

(IDT)

JIS B 0633

  製品の幾何特性仕様(GPS)−表面性状:輪郭曲線方式−表面性状評価の方式及び手順

注記  ISO 4288:1996,Geometrical Product Specifications (GPS)−Surface texture: Profile method−Rules

and procedures for the assessment of surface texture(IDT)

JIS B 2402-2

  オイルシール−第 2 部:用語

注記  ISO 6194-2: 2009,Rotary shaft lip-type seals incorporating elastomeric sealing elements−Part 2:

Vocabulary(MOD)

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS B 2402-2 による。

記号 

この規格で用いる記号は,

図 による。

a) 

オイルシール及び軸 b) 

軸端の面取り 

b

:シール幅の呼び寸法(ハウジング穴の深さと関連する。

d

1

:オイルシールに対応する軸径の呼び寸法

d

2

:面取りを施した軸の軸端の直径

D

:ハウジング穴径及びシール外径の呼び寸法

R

:面取り角部の丸み

図 2−オイルシール及び軸の寸法記号 

呼び寸法 

オイルシールの呼び寸法は,

表 による。


3

B 2402-1

:2013

表 1−オイルシールの呼び寸法 

単位  mm

d

1

D b d

1

D b d

1

D b d

1

D b 

6 16 7 25 40 7

45

62

8

120

150 12

6 22 7 25 47 7

45

65

8

130

160 12

7 22 7 25 52 7

50

68

8

140

170 15

8 22 7 28 40 7

50

72

8

150

180 15

8 24 7 28 47 7

55

72

8

160

190 15

9 22 7 28 52 7

55

80

8

170

200 15

10 22 7 30 42 7

60

80

8

180

210 15

10 25 7 30 47 7

60

85

8

190

220 15

12 24 7 30 52 8

65

85

10

200

230 15

12 25 7 32 45 8

65

90

10

220

250 15

12 30 7 32 47 8

70

90

10

240

270 15

15 26 7 32 52 8

70

95

10

260

300 20

15 30 7 35 50 8

75

95

10

280

320 20

15 35 7 35 52 8

75

100

10

300

340 20

16 30 7 35 55 8

80

100

10

320

360 20

18 30 7 38 55 8

80

110

10

340

380 20

18 35 7 38 58 8

85

110

12

360

400 20

20 35 7 38 62 8

85

120

12

380

420 20

20 40 7 40 55 8

90

120

12

400

440 20

22 35 7 40 62 8

95

120

12

450

500 25

22 40 7 42 55 8

100

125

12

480

530 25

22 47 7 42 62 8

110

140

12

 

6.1 

軸端の面取り 

軸端には,

表 に示す値以上の面取りを行い,かえり,鋭い角,機械加工による粗い筋目などがあって

はならない。

なお,

図 2 b)に示す軸端の面取りの角部(部)には,0.3∼0.5 mm 程度の丸みをつけることが望ましい。

表 2−軸端の面取り 

単位  mm

軸径の呼び寸法  d

1

d

2

  (最大)

軸径の呼び寸法  d

1

d

2

  (最大)

d

1

≦10

d

1

−1.5

50<d

1

≦ 70

d

1

−4.0

10<d

1

≦20

d

1

−2.0

70<d

1

≦ 95

d

1

−4.5

20<d

1

≦30

d

1

−2.5

95<d

1

≦130

d

1

−5.5

30<d

1

≦40

d

1

−3.0

130<d

1

≦240

d

1

−7.0

40<d

1

≦50

d

1

−3.5

240<d

1

≦480

d

1

−11.0

6.2 

軸径の許容差 

軸径の許容差は,JIS B 0401-2 の h11 以内とする。

6.3 

軸の表面粗さ及び硬さ 

6.3.1 

軸の表面粗さ 

軸の表面粗さは,JIS B 0633 によって評価し 0.1∼0.32 μmRa 及び 0.8∼2.5 μmRz とする。


4

B 2402-1

:2013

軸の表面状態は,きず及び機械加工によって生じるリード目があってはならない。仕上げは,送りをか

けないプランジ研削が望ましい。

6.3.2 

軸の表面硬さ 

軸の表面硬さは,30 HRC 以上を推奨する。また,軸の取扱いにおいてきずが付きやすい場合は,45 HRC

程度まで硬くすることが望ましい。

ハウジング 

7.0 

一般 

ハウジングは,材料が鉄鋼材料で機械加工の場合には,7.17.3 による。ただし,ハウジングが非鉄金

属又は非金属の場合,及びプレス成形の場合には,受渡当事者間の協定による。

7.1 

ハウジングの寸法 

ハウジングの寸法は,

図 及び表 による。

なお,面取り部には,かえりがあってはならない。

図 3−ハウジングの寸法 

表 3−ハウジングの寸法 

単位  mm

シール幅の呼び寸法  b

ハウジング穴深さ(最小)

ハウジング面取り長さ

ハウジング穴隅の丸み

(最大)

b

≦10

b

+1.2 0.7∼1.0 0.50

b

>10

b

+1.5 1.0∼1.3 0.75

7.2 

ハウジング穴径の公差等級 

ハウジング穴径の公差等級は,JIS B 0401-2 の H8 とする。

7.3 

ハウジング穴の表面粗さ 

ハウジング穴の表面粗さは,JIS B 0633 によって評価し 1.6∼3.2 μmRa 及び 6.3∼12.5 μmRz とする。

なお,外周金属オイルシールを使用する場合には,気密性をよくするために表面粗さを 0.4 µmRa

3.2 µmRz 程度まで小さくするのが望ましい。


5

B 2402-1

:2013

オイルシールの寸法許容差 

8.1 

シール幅の許容差 

シール幅の許容差を,

表 に示す。

表 4−シール幅の許容差 

単位  mm

シール幅の呼び寸法  b

許容差

b

≦10

±0.3

10<b≦14

±0.4

14<b≦18

±0.5

18<b≦25

±0.6

8.2 

シール外径の許容差 

オイルシールとハウジングとの締まりばめを保持するために,シール外径の許容差及び直径差は,外周

金属の場合及び外周ゴムの場合,それぞれ

表 及び表 による値とする。

表 5−シール外径の許容差及び直径差(外周金属の場合) 

単位  mm

シール外径の呼び寸法  D

1 種

2 種

直径差

a)

        D≦ 30

+0.09

+0.04

+0.20

+0.08

0.18

30<D≦ 50

+0.11 
+0.05

+0.20 
+0.08

0.18

50<D≦ 80

+0.14 
+0.06

+0.23 
+0.09

0.25

80<D≦120

+0.17

+0.08

+0.25

+0.10

0.30

120<D≦180

+0.21

+0.10

+0.28

+0.12

0.40

180<D≦300

+0.25

+0.12

+0.35

+0.15

外径の 0.25 %

300<D≦440

+0.30

+0.14

+0.45

+0.20

外径の 0.25 %

440<D≦530

+0.30 
+0.14

+0.45 
+0.20

外径の 0.25 %

注記 1  1 種は,研削加工を施した場合の許容差である。 
注記 2  1 種,2 種又はその他許容差を適用するかは,受渡当事者間の協定による。 

a)

  シール外径を等間隔で 3 か所以上測定した直径の最大値と最小値との差とする。


6

B 2402-1

:2013

表 6−シール外径の許容差及び直径差(外周ゴムの場合) 

単位  mm

シール外径の呼び寸法  D

1 種

2 種

直径差

a)

D

≦ 30

+0.30 
+0.10

+0.30 
+0.15

0.25

30<D≦ 50

+0.35

+0.10

+0.30

+0.15

0.25

50<D≦ 80

+0.35

+0.10

+0.35

+0.20

0.35

80<D≦120

+0.35

+0.10

+0.35

+0.20

0.50

120<D≦180

+0.40

+0.15

+0.45

+0.25

0.65

180<D≦300

+0.45 
+0.15

+0.45 
+0.25

0.80

300<D≦440

+0.55 
+0.20

+0.55 
+0.30

1.00

440<D≦530

+0.55

+0.20

+0.55

+0.30

1.20

注記 1  外周形状が波形の外周ゴムオイルシールの許容差は,受渡当事者間の協定による。 
注記 2  ニトリルゴム以外のゴムを用いた外周ゴムオイルシールの許容差は,必要に応じ受渡

当事者間の協定による。

注記 3  1 種は,外周ゴムの厚さが厚い場合の許容差である。 
注記 4  1 種,2 種又はその他の許容差を適用するかは,受渡当事者間の協定による。 

a)

  シール外径を等間隔で 3 か所以上測定した直径の最大値と最小値との差とする。

寸法表示コード 

寸法表示コードは,

表 に示した軸径の呼び寸法及びシール外径の呼び寸法から成り,その例を,表 7

に示す。

表 7−寸法表示コード例 

軸の呼び寸法  d

1

シール外径の呼び寸法  D

寸法コード

6 16

006016

70 90

070090

400 440

400440

例 006(φ6 の軸の呼び寸法)  016(φ16 のシール外径の呼び寸法)


7

B 2402-1

:2013

附属書 A

(参考)

オイルシールの仕様書

A.1

購入業者の提示情報は,受渡当事者間の便宜を図るため,購入業者は,

表 A.1 に示すような書式を

用いて全ての項目について記載するのがよい。これは,使用条件に適合したオイルシールを提供するため

のものである。

A.2

製造業者の提示情報は,

表 A.2 に示すような書式を用い,全ての項目について記載するのがよい。

これは,オイルシールが購入業者の用いる装置の使用条件を満足していることを保証し,かつ,購入業者

から提示されたオイルシールの検査又は品質保証管理を実施できるように必要な情報を購入業者に提供す

るためのものである。


8

B 2402-1

:2013

表 A.1−購入業者が提示する情報 

 
購入業者名:                            参考規格等:                        日付:                   
 
使用機器:                              組立図面:                       
 

軸に関する情報

a)

軸径(d

1

)    最大                      mm              最小                   mm

b)

材料

c)

表面粗さ

                          µmRa                                    µmRz

d)

仕上げ寸法

e)

硬さ

f)

面取り

g)

軸の回転

1)

軸の回転方向(

表 A.2 の に示す矢印方向から見て)

−  時計方向

−  反時計方向                                 
−  両回転方向

2)

軸の回転速度                        min

1

3)

軸の回転サイクル(運転時間                    休止時間                  )

h)

他の軸運動(もしあれば)

1)

往復動

−  ストロークの長さ                     mm 
−  サイクル/min

−  往復サイクル(運転時間                    休止時間                  )

2)

揺動運動

−  揺動運動角度(度)

−  サイクル/min

−  揺動サイクル(運転時間                    休止時間                  )

i)

追加事項(スプライン,穴,キー溝,軸のリードなど) 
 
                                                   

 
 


9

B 2402-1

:2013

表 A.1−購入業者が提示する情報(続き) 

 

ハウジングに関する情報 

a)

穴径(D

最大                      mm              最小                   mm

b)

穴の深さ

最大                      mm              最小                   mm

c)

表面粗さ                            µmRa                                    µmRz

d)

面取り

e)

ハウジングの回転(もしあれば)

1)

ハウジングの回転方向(

表 A.2 の に示す矢印方向から見て)

−  時計方向

−  反時計方向                               
−  両回転方向

2)

ハウジングの回転速度                      min

1

 

密封対象流体に関する情報 

a)

流体の種類                  粘度

b)

流体の温度      常時            ℃      最高            ℃      最低            ℃

c)

温度サイクル

d)

液面の高さ

e)

流体圧力                            kPa                                                                bar

f)

圧力サイクル

 

アライメント 

a)

取付け偏心

b)

軸の全振れ                            TIR

 

環境条件 

a)

外部圧力                            kPa                                                                bar

b)

侵入を防止することが望ましい異物(例えば,ダスト,泥,水など) 
 
 

 


10

B 2402-1

:2013

表 A.2−製造業者が提示する情報 

 
製造業者名:                                        部品  No.

                                                    設定  No.                      日付

オイルシールの仕様 

タイプ

外径(D

最大                      mm              最小                   mm

幅(b

最大                      mm              最小                   mm

補強環内径(A

最大                      mm              最小                   mm

シールリップの特徴

普通                            ねじ付き 
一方向回転                      両回転

 

シールリップの材料の仕様 

材料の種類                                規格

 

環の仕様 

環の材料                                  補強環の材料                               
環の厚さ                                  補強環の厚さ

 

ばね材料 

 

オプションに関する情報 

 

試験の種別 

 

例示図面 

A

:内環内径

b

:シール幅の呼び寸法 

d

1

:オイルシールに対応する軸径の呼び寸法

D

:ハウジング穴径及びシール外径の呼び寸法

 


11

B 2402-1

:2013

附属書 JA

(参考)

ばねなしオイルシール

ばねなしオイルシールのタイプは,

構造によって 3 タイプに分類し,

それぞれの代表例を

図 JA.1 に示す。

タイプ 

ばねなし

外周ゴム

タイプ 

ばねなし

外周金属

タイプ 

ばねなし組立形

外周金属

図 JA.1−ばねなしオイルシールの構造区分例 

ばねなしオイルシールの呼び寸法を,

表 JA.1 に示す。

表 JA.1−ばねなしオイルシールの呼び寸法 

単位  mm

d

1

D b

d

1

D

b

d

1

D

b

d

1

D b

7 18 4

22 35

5

50

65

6

85 100 6

7 20 7

22 38

8

50

72

12

85 110

13

8 18 4

24 38

5

52

65

6

90 105 6

8 22 7

24 40

8

52

75

12

90 115

13

9 20 4

25 38

5

55

70

6

95 110 6

9 22 7

25 40

8

55

78

12

95 120

13

10 20 4

26 38

5

56

70

6

100 115 6

10 25 7

26 42

8

56

78

12

100 125

13

11 22 4

28 40

5

58

72

6

105 120 7

11 25 7

28 45

8

58

80

12

105 135

14

12 22 4

30 42

5

60

75

6

110 125 7

12 25 7

30 45

8

60

82

12

110 140

14

13 25 4

32 45

5

62

75

6

115 130 7

13 28 7

32 52

11

62

85

12

115 145

14

14 25 4

35 48

5

63

75

6

120 135 7

14 28 7

35 55

11

63

85

12

120 150

14

15 25 4

38 50

5

65

80

6

125 140 7

15 30 7

38 58

11

65

90

13

125 155

14

16 28 4

40 52

5

68

82

6

130 145 7

16 30 7

40 62

11

68

95

13

130 160

14

17 30 5

42 55

6

70

85

6

135 165

14

17 32 8

42 65

12

70

95

13

140 170

14

18 30 5

45 60

6

75

90

6

145 175

14

18 35 8

45 68

12

75

100

13

150 180

14

20 32 5

48 62

6

80

95

6

160 190

14

20 35 8

48 70

12

80

105

13


12

B 2402-1

:2013

附属書 JB

(参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS B 2402-1:2013

  オイルシール−第 1 部:寸法及び公差

ISO 6194-1:2007

  Rotary shaft lip-type seals incorporating elastomeric sealing

elements−Part 1: Nominal dimensions and tolerances

(I)JIS の規定 (II)

国際規格

番号

(III)国際規格の規定 (IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ご

との評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差異
の理由及び今後の対策

箇 条 番 号

及び題名

内容

箇条番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

1  適 用 範

軸径,ハウジング内

径の範囲


JIS

とほぼ同じ

追加

具体的な数値を記載した。 

ISO

規格では,規定文だけである

が,JIS では理解しやすいように軸
径及びハウジング内径の範囲を数

値で規定した。

圧力条件

6.1

JIS

とほぼ同じ

追加

具体的な数値を記載した。

ISO

規格では 6.1 に記載されてい

るが,JIS では理解しやすいように
圧力条件を数値で規定した。

オイルシールのタイ

プ代表例

 5 欧米で主流の外観 4 タイ

プとリップの 2 タイプで

記載

変更

従来から日本で最も使用されて

いる 6 タイプを代表例として図

示した。

欧米と日本とで主流のタイプが異

なるので,日本での主流のタイプ

を示した。

4  記号

記号のアルファベッ

 6.2

軸径 D

1

,シール外径 D

2

変更

軸径 d

1

,シール外径 とし,従

来の表記を踏襲。

また,箇条 4  記号の説明が理解

しやすいように ISO 規格では
6.2 の図 3 を,JIS では箇条 4 に
示す。

日本での軸関係を d,外径を 
表す慣習を重視し,分かりやすく

した。

6.1  軸 端
の面取り

図 2 b)の面取り角部

7.1

角のまま 

追加

オイルシールの挿入性向上のた

めに面取り角部に 指示を追加
した。

ISO

規格では角としているが作業

品質の向上を図る。

 
 

12

B 240

2-

1


20
13


13

B 2402-1

:2013

(I)JIS の規定 (II)

国際規格

番号

(III)国際規格の規定 (IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ご

との評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差異
の理由及び今後の対策

箇 条 番 号

及び題名

内容

箇条番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

6.3.1  軸の
表面粗さ

表面粗さの値

7.3.1

Ra0,2

∼0,5 µm and Rz1,2∼

3,0 µm

変更 0.1 ∼ 0.32 µmRa 及 び 0.8 ∼

2.5 µmRz とし,推奨のプランジ
カットの実力を反映し,加工精

度の維持をした。

ISO

規格では,欧米の実績を反映

しているが,日本での実績と品質
維持のため変更し,今後 ISO 規格

の改正提案を行う。

7.0  一般

題目名及び本文

8

JIS

とほぼ同じ

変更

ハウジングに関する重要な事項

を文頭に記載した。

ISO

規格は 8 項の文末に記載して

いるが,重要な事項なので JIS 
は文頭に記し分かりやすくした。 

7.3 ハウジ
ン グ 穴 の

表面粗さ

表面粗さの推奨

8.3  JIS とほぼ同じ

追加

外周ゴム,外周金属のタイプで

それぞれ機能向上のための推奨

値を記載した。

ISO

規格と主たる規格値は同じで

あるが,気密性向上のためはめ合

い の タ イ プ で の 勘 ど こ ろ を 記 し
た。

8.2 シール
外 径 の 許

容差 

オイルシールの呼び

外径に対する外径許

容差及び直径差

 9.2

JIS

とほぼ同じ

追加

ISO

規格は呼び外径区分が 6 区

分であるのに対し,JIS では 8

区分とするとともに 1 種(表 5
において研削加工を施した場合

の許容差,表 6 において外周ゴ

ムの厚い場合の許容差)を追加。

日本で広く普及しているため,1

種として,研削加工を施した場合

の許容差及び外周ゴムの厚い場合
の許容差を追加し,いずれの許容

差も適用できるようにしている。

11

削除

日本では不要につき削除。

JIS

として適切であるか不明で,特

に不必要と考えられるため,記載

しない。

附属書 JA

(参考)

ばねなしオイルシー

ル 

附属書

追加

従来の JIS を踏襲し,ばねなし

オイルシールを参考として残し
た。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 6194-1:2007,MOD

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  削除……………… 国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。

    −  追加……………… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

    −  変更……………… 国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD……………  国際規格を修正している。

13

B 240

2-

1


20
13