>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

B 2351-1 : 2000

  解説

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS B 2351-: 2000

  油圧・空気圧用及び一般用途用金

属製管継手 
第 1 部  24°くい込み継手

ISO 8434-1 : 1994

  油圧・空気圧用途用及び一般用途用金属製管継手

第 1 部  くい込み継手

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規
格番号

(III)

国 際 規 格 の
規定内容

(IV) JIS

と国際規

格内容との相

違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の

対策

(1)

適用範囲

○  油圧・空気圧用及

び 一 般 用 途 用 で

63MPa

までの圧力

で規定

ISO 8434-1

○ 同左

(2)

用語・記号

○  定義として規定

ISO 8434-1

○ 同左

(3)

種類・等級

○  低・中・高圧用の 3

種類を規定

ISO 8434-1

○ 同左

(4)

性能

○  最高 63MPa まで規

ISO 8434-1

○ 同左

(5)

成分・化学的
性質ほか

(6)

形状・寸法及
び 寸 法 許 容

○  サ イ ズ

φ4mm ∼

φ42mm まで規定

ISO 8434-1

○ 同左

(7)

材質・原料

○  炭素鋼,ステンレ

ス鋼,黄銅につい

て規定

ISO 8434-1

○ 同左

(8)

試験方法

(9)

呼び方

○  管継手の表示とし

て規定

ISO 8434-1

○ 同左

(10)

表示

○  構成部品の表示に

ついて規定

ISO 8434-1

○ 同左

(1)

附 属 書 の 適

用範囲

○  油圧用 25MPa とし

て規定

ISO 8434-1

○ 油圧・空気圧

用 及 び 一 般
用 途 用 で

63MPa

ま で

規定

≠ 用途,圧力が

違う。

次回見直し 時に団 体規格

として規定する。

(2)

用語・記号

規定なし。

− 同左

(3)

種類・等級

○  1 種類しか規定し

ていない。

ISO 8434-1

○ 3 種類を規定 ≠ 圧力区分で 3

種 類 と し て
いる。

同上

(4)

性能

○ 25MPa 用として規

ISO 8434-1

○ 最 高 63MPa

として規定

≠ 量 高 圧 力 に

差がある。

同上

(5)

成分・化学的
性質ほか

規定なし。

− 同左

(6)

形状・寸法及

び 寸 法 許 容

○ 27 種 の 形 状 で

φ4mm∼φ38mm ま
で規定

ISO 8434-1

○ 17 種 類 を 規

定 
φ4mm∼ 
φ42mm ま で
規定

≠ テ ー パ ね じ

の形状なし。

同上,ただし C ねじのポー

ト寸法については ISO 
提案する。

(7)

材質・原料

○  炭素鋼だけ規定

ISO 8434-1

○ 炭素鋼,ステ

ンレス鋼,黄
銅を規定

≠ 材質を 3 種類

も規定

次回見直し時,団体規格と

して規定する。


2

B 2351-1 : 2000

  解説

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS B 2351-1 : 2000

  油圧・空気圧用及び一般用途用金

属製管継手 
第 1 部  24°くい込み継手

ISO 8434-1 : 1994

  油圧・空気圧用途用及び一般用途用金属製管継手

第 1 部  くい込み継手

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規
格番号

(III)

国 際 規 格 の
規定内容

(IV) JIS

と国際規

格との相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の

対策

(8)

試験方法

○  各種試験を規定

規定なし。

− 同左

(9)

呼び方

○  種類として規定

ISO 8434-1

○ 管 継 手 の 表

示 と し て 規

≠ 呼 び 方 が 違

う。

同上

(10)

表示

○  表示として規定

ISO 8434-1

○ 構 成 部 品 の

表 示 と し て

規定

≠ 圧 力 区 分 も

表示

同上

備考1.  表中の(I)及び(III)欄にある“○”は,該当する規定項目を規定していることを示し,“−”は,規定してい

ないことを示す。

2.

表中の(IV)欄にある“≡”は,JIS と国際規格との技術的内容が一致していることを示す。

“≠”

JIS は,国際規格と技術的内容が同等でない。ただし“ADP”に該当する場合を除く。

“−”

:規定していないことを示す。