>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 2309

:2009

(1)

目  次

ページ

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  用語及び定義

1

4

  種類

2

5

  材料

2

6

  化学成分

3

7

  機械的性質

3

8

  耐圧性能

3

9

  浸出性能

3

10

  形状及び寸法

3

11

  表面仕上げ

12

12

  外観

12

13

  溶接部

12

14

  試験

12

15

  検査

13

16

  製品の呼び方

13

17

  表示

13

18

  報告

14

附属書 A(規定)特殊な形状の管継手

15

附属書 B(規定)ベベルエンドの形状及び寸法

20

附属書 C(参考)遊合形フランジの形状及び寸法

21


B 2309

:2009

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,ステンレス協会 (JSSA) 及び財団法人日本規

格協会 (JSA) から団体規格 (SAS354 : 2005) を基に作成した工業標準原案を具して日本工業規格を制定す

べきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権及び出願公開後の実用新案登録出願にかかわる確認について,責

任はもたない。


日本工業規格

JIS

 B

2309

:2009

一般配管用ステンレス鋼製突合せ溶接式管継手

Butt-welding pipe fittings for light gauge stainless steel tubes for ordinary use

1

適用範囲

この規格は,JIS G 3448 の一般配管用ステンレス鋼管の配管に突合せ溶接によって取り付けるステンレ

ス鋼製の管継手について規定する。

なお,特殊な形状の管継手については,

附属書 に,ベベルエンドの形状及び寸法については,附属書

B

に規定する。また,遊合形フランジの形状及び寸法については,

附属書 に参考として記載する。

注記  温度,圧力などの配管設計条件によって管継手の溶接継手効率を配慮する必要がある。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0151

  鉄鋼製管継手用語

JIS B 0601

  製品の幾何特性仕様 (GPS) −表面性状:輪郭曲線方式−用語,定義及び表面性状パラメ

ータ

JIS G 0415

  鋼及び鋼製品−検査文書

JIS G 3448

  一般配管用ステンレス鋼管

JIS G 3459

  配管用ステンレス鋼管

JIS G 4303

  ステンレス鋼棒

JIS G 4304

  熱間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯

JIS G 4305

  冷間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯

JIS S 3200-1

  水道用器具−耐圧性能試験方法

JIS S 3200-7

  水道用器具−浸出性能試験方法

JIS Z 2201

  金属材料引張試験片

JIS Z 2241

  金属材料引張試験方法

JIS Z 3040

  溶接施工方法の確認試験方法

JIS Z 3106

  ステンレス鋼溶接継手の放射線透過試験方法

JIS Z 3121

  突合せ溶接継手の引張試験方法

JIS Z 3821

  ステンレス鋼溶接技術検定における試験方法及び判定基準

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS B 0151 による。


2

B 2309

:2009

4

種類

管継手の種類は,形状及び材料によって,次のように区分する。

a)

形状による種類及びその記号は,

表 による。

表 1−形状による種類及びその記号

形状による種類

大分類

小分類

記号

a)

45°エルボ

ロング 45E (L)

90°エルボ

ロング 
ショート

90E (L) 
90E (S)

レジューサ

同しん(芯) 
偏しん(芯)

R (C) 
R (E)

T

同径 
径違い

T (S) 
T (R)

スタブエンド

呼び圧力 5 K

b)

呼び圧力 10 K

b)

呼び圧力 20 K

b)

SE (5 K) 
SE (10 K) 
SE (20 K)

キャップ

− C

a)

  記号欄の丸括弧は,省略してもよい。

b)

呼び圧力 5 K は圧力 0.5 MPa まで,呼び圧力 10 K は圧力 1.0 MPa まで,呼
び圧力 20 K は圧力 2.0 MPa までの用途に用いる。

b)

材料による種類の記号は,

表 による。これらに対応する鋼管を参考として表 に示す。

表 2−材料による種類の記号及び対応する鋼管

材料による種類の記号

対応する鋼管(参考)

SUS304WD

JIS G 3448

の SUS304TPD

SUS315J1WD

JIS G 3448

の SUS315J1TPD

SUS315J2WD

JIS G 3448

の SUS315J2TPD

SUS316WD

JIS G 3448

の SUS316TPD

c)

管継手は,

表 の材料から塑性加工,機械加工又は長手継目を溶接によって製造し,1 010 ℃以上の

固溶化熱処理を施す。

5

材料

管継手の材料は,

表 に示す材料又はこれらに相当する材料とする。

相当する材料とは,材料の形態によって,次のとおりとする。

a)

化学成分は,溶鋼分析によって

表 に規定した材料に適合しなければならない。

b)

機械的性質は,

表 に規定した材料に適合しなければならない。

c)

溶接鋼管の場合は,

表 に規定した鋼管に関する日本工業規格の規定による空気圧試験,水圧試験又

は非破壊検査に適合しなければならない。


3

B 2309

:2009

表 3−管継手の材料

材料

材料による 
種類の記号

鋼管

鋼板又は鋼帯

鋼棒

SUS304WD

JIS G 3448

の SUS304TPD

JIS G 3459

の SUS304TP

JIS G 4304

の SUS304

JIS G 4305

の SUS304

JIS G 4303

の SUS304

SUS315J1WD

JIS G 3448

の SUS315J1TPD

JIS G 3459

の SUS315J1TP

JIS G 4304

の SUS315J1

JIS G 4305

の SUS315J1

SUS315J2WD

JIS G 3448

の SUS315J2TPD

JIS G 3459

の SUS315J2TP

JIS G 4304

の SUS315J2

JIS G 4305

の SUS315J2

SUS316WD

JIS G 3448

の SUS316TPD

JIS G 3459

の SUS316TP

JIS G 4304

の SUS316

JIS G 4305

の SUS316

JIS G 4303

の SUS316

6

化学成分

管継手の材料の化学成分は,

箇条 14 によって試験したとき

表 に規定した材料に関する日本工業規格の

規定による。

7

機械的性質

管継手の機械的性質は,箇条 14 によって試験したとき,次による。

a)

管継手の引張強さ及び伸びは,

表 に規定した材料に関する日本工業規格の規定による。

b)

管継手の溶接部の引張強さは,

表 に規定した鋼管に関する日本工業規格の規定による。

8

耐圧性能

管継手は,箇条 14 に規定する試験水圧に耐え,漏れがあってはならない。

9

浸出性能

管継手の浸出性能は,箇条 14 によって試験したとき,

表 による。

注記  水道法では,給水装置として使用する管継手に浸出性能試験を規定している。

表 4−浸出性能

項目

規定値

異常でない

臭気

異常でない

色度

5 度以下

濁度

2 度以下

六価クロム化合物

六価クロムの量に関して 0.05 mg/L 以下

鉄及びその化合物

鉄の量に関して 0.3 mg/L 以下

10

形状及び寸法

管継手の形状及び寸法は,箇条 14 によって試験したとき,次による。

a)

管継手の外径及び厚さは,

表 による。

b)

管継手の形状及び寸法は,

表 6∼表 10 による。

c)

管継手のオフアングル及びオフプレンの許容値は,

表 11 による。


4

B 2309

:2009

表 5−すべての管継手の外径及び厚さ

単位  mm

外径

φ

D

厚さ t

呼び方 Su

基準寸法

端部の 
許容差

基準寸法

端部の 
許容差

端部以外 
の許容差

20 22.22

1.0

25 28.58

±0.30

1.0

+0.3

−0.12

+規定しない

−0.2

30 34.0

±0.34 1.2

40 42.7

±0.43 1.2

50 48.6

±0.49 1.2

+0.36 
−0.12

+規定しない 
−0.24

60 60.5

±0.60 1.5

75 76.3

±0.76 1.5

+0.45

−0.15

+規定しない

−0.3

80 89.1

±0.89 2.0

100 114.3

±1.14 2.0

125 139.8

±1.40 2.0

+0.5 
−0.3

+規定しない 
−0.4

150 165.2

±1.65 3.0

200 216.3

±2.16 3.0

250 267.4

±2.67 3.0

300 318.5

±3.18 3.0

+0.5

−0.4

+規定しない

−0.45


5

B 2309

:2009

表 645°エルボ,90°エルボ,キャップの形状及び寸法

単位  mm

中心から端面までの距離

背から端面までの距離

45°エルボ

H

90°エルボ

F

外径

φ

D

ロング

ロング

ショート

キャップ

b)

E

呼び方

Su

基準寸法

端部の 
許容差

基準寸法

基準寸法

基準寸法

許容差

基準寸法

許容差

20 22.22

15.8

38.1  (28.6)

a)

 12.0

25 28.58

±0.30

15.8 38.1

(28.6)

  a)

 13.0

30 34.0

±0.34 15.8

38.1  25.4

38.1

40 42.7

±0.43 19.7

47.6  31.8

38.1

50 48.6

±0.49 23.7

57.2  38.1

38.1

60 60.5

±0.60 31.6

76.2  50.8

38.1

75 76.3

±0.76 39.5

95.3  63.5

38.1

80 89.1

±0.89 47.3  114.3  76.2

50.8

100 114.3 ±1.14 63.1  152.4  101.6

63.5

±3.2

125 139.8 ±1.40 78.9  190.5  127.0

76.2

150 165.2 ±1.65 94.7  228.6  152.4

88.9

200 216.3 ±2.16 126.3

304.8  203.2

±0.8

101.6

250 267.4 ±2.67 157.8

381.0  254.0

127.0

300 318.5 ±3.18 189.4

457.2  304.8

±1.2

152.4

±6.4

a)

  丸括弧の数値は,ネック付き(附属書 参照)の寸法である。

b)

キャップの形状は,半だ円形(内面における長径と短径との比は 1 を超え 2 以下)とする。


6

B 2309

:2009

表 7−スタブエンドの形状及び寸法

単位  mm

つばの径

φ

G

外径

φ

D

長さ

F

5 K

10 K

20 K

許容

つばの厚さ

GT

隅半径

R

呼び方

Su

基準 
寸法

端部の 
許容差

胴部の

許容差

a)

基準 
寸法

許容

基準
寸法

基準
寸法

基準
寸法

基準 
寸法

許容

最大

最小

20 22.22

30

44  51  51

2.1

3  1.5

25 28.58

±0.30

±0.3

30 49

56

56 2.1

+1.6 
−0.2

3 1.5

30 34.0

±0.34

50 59

67

67 2.8 3

1.5

40 42.7

±0.43

50 70

76

76 2.8 4

2.0

50 48.6

±0.49

50 75

81

81 2.8 4

2.0

60 60.5

±0.60

50 85

96

96 2.8 4

2.0

75 76.3

±0.76

±1.6

50 110

116

116 3.0 5

2.5

80 89.1

±0.89

50 121

126

132 3.0 5

2.5

100 114.3 ±1.14

±2.4

50 141

151

160 3.0 5

2.5

125 139.8 ±1.40

50 176

182

195 3.4 6

3.0

150 165.2 ±1.65

50 206

212

230 3.4 6

3.0

200 216.3 ±2.16

±3.2

65

±0.8

252 262 275

0

−0.8

4.0 6

3.0

250 267.4 ±2.67

65 317

324

345 4.0 6

3.0

300 318.5 ±3.18

±4.0

65

±1.2

360 368 395

0

−1.6

4.5

+1.6

0

9 3.0

a)

  遊合形フランジ(附属書 参照)の内径との整合のため,端部を除く胴部(直管部)の外径に適用する許容差

である。


7

B 2309

:2009

表 8−レジューサの形状及び寸法

単位  mm

外径

φ

D

1

φ

D

2

端面から端面までの距離

呼び方

Su

①×②

基準寸法

端部の 
許容差

基準寸法

端部の 
許容差

基準寸法

許容差

25×20 28.58

±0.30 22.22

38.1

30×25 34.0

28.58

50.8

30×20 34.0

±0.34

22.22

±0.30

50.8

40×30 42.7

34.0  ±0.34 50.8

40×25 42.7

28.58

50.8

40×20 42.7

±0.43

22.22

±0.30

50.8

50×40 48.6

42.7  ±0.43 63.5

50×30 48.6

34.0  ±0.34 63.5

50×25 48.6

±0.49

28.58

±0.30 63.5

60×50 60.5

48.6  ±0.49 76.2

60×40 60.5

42.7  ±0.43 76.2

60×30 60.5

±0.60

34.0

±0.34 76.2

75×60 76.3

60.5  ±0.60 88.9

75×50 76.3

48.6  ±0.49 88.9

75×40 76.3

±0.76

42.7

±0.43 88.9

80×75 89.1

76.3  ±0.76 88.9

80×60 89.1

60.5  ±0.60 88.9

80×50 89.1

±0.89

48.6

±0.49 88.9

100×80 114.3

89.1  ±0.89 101.6

100×75 114.3

76.3  ±0.76 101.6

100×60 114.3

±1.14

60.5

±0.60 101.6

125×100 139.8

114.3

±1.14 127.0

125×80 139.8

89.1  ±0.89 127.0

125×75 139.8

±1.40

76.3

±0.76 127.0

150×125 165.2

139.8

±1.40 139.7

150×100 165.2

114.3

±1.14 139.7

150×80 165.2

±1.65

89.1

±0.89 139.7

200×150 216.3

165.2

±1.65 152.4

200×125 216.3

139.8

±1.40 152.4

200×100 216.3

±2.16

114.3

±1.14 152.4

±0.8

250×200 267.4

216.3

±2.16 177.8

250×150 267.4

165.2

±1.65 177.8

250×125 267.4

±2.67

139.8

±1.40 177.8

300×250 318.5

267.4

±2.67 203.2

300×200 318.5

216.3

±2.16 203.2

300×150 318.5

±3.18

165.2

±1.65 203.2

±1.2


8

B 2309

:2009

表 9−同径 の形状及び寸法

単位  mm

外径

中心から端面までの距離

φ

D

1

φ

D

2

C M 

呼び方

Su

基準寸法

基準寸法

端部の

許容差

基準寸法

基準寸法

許容差

20 22.22 22.22

25.0  25.0

25 28.58 28.58

±0.30

28.0 28.0

30 34.0  34.0 ±0.34 38.1  38.1 
40 42.7  42.7 ±0.43 47.6  47.6 
50 48.6  48.6 ±0.49 57.2  57.2 
60 60.5  60.5 ±0.60 63.5  63.5 
75 76.3  76.3 ±0.76

76.2 76.2

80 89.1  89.1 ±0.89

85.7 85.7

100 114.3  114.3  ±1.14

104.8 104.8

125 139.8  139.8  ±1.40

123.8 123.8

150 165.2  165.2  ±1.65

142.9 142.9

200 216.3  216.3  ±2.16

177.8 177.8

±0.8

250 267.4  267.4  ±2.67

215.9 215.9

300 318.5  318.5  ±3.18

254.0 254.0

±1.2


9

B 2309

:2009

表 10−径違い の形状及び寸法

単位  mm

外径

中心から端面までの距離

φ

D

1

φ

D

2

C M 

呼び方

Su

①×②×③

基準寸法

端部の 
許容差

基準寸法

端部の 
許容差

基準寸法

基準寸法

許容差

25×25×20 28.58

±0.30 22.22

28.0  28.0

30×30×25 34.0

28.58

35.0  35.0

30×30×20 34.0

±0.34

22.22

±0.30

35.0 35.0

40×40×30 42.7

34.0 ±0.34 47.6  47.6

40×40×25 42.7

28.58

46.0  46.0

40×40×20 42.7

±0.43

22.22

±0.30

46.0 46.0

50×50×40 48.6

42.7 ±0.43 57.2  57.2

50×50×30 48.6

34.0 ±0.34 57.2  57.2

50×50×25 48.6

±0.49

28.58

±0.30 54.0  54.0

60×60×50 60.5

48.6 ±0.49 63.5  60.3

60×60×40 60.5

42.7 ±0.43 63.5  57.2

60×60×30 60.5

±0.60

34.0

±0.34 63.5  50.8

75×75×60 76.3

60.5 ±0.60 76.2  69.9

75×75×50 76.3

48.6 ±0.49 76.2  66.7

75×75×40 76.3

42.7 ±0.43 76.2  63.5

75×75×30 76.3

±0.76

34.0

±0.34 76.2  57.2

80×80×75 89.1

76.3 ±0.76 85.7  82.6

80×80×60 89.1

60.5 ±0.60 85.7  76.2

80×80×50 89.1

48.6 ±0.49 85.7  73.0

80×80×40 89.1

±0.89

42.7

±0.43 85.7  69.9

100×100×80 114.3

89.1  ±0.89 104.8  98.4

100×100×75 114.3

76.3  ±0.76 104.8  95.3

100×100×60 114.3

60.5  ±0.60 104.8  88.9

100×100×50 114.3

±1.14

48.6

±0.49 104.8

85.7

125×125×100 139.8

114.3

±1.14 123.8  117.5

125×125×80 139.8

89.1  ±0.89 123.8  111.1

125×125×75 139.8

76.3  ±0.76 123.8  108.0

125×125×60 139.8

±1.40

60.5

±0.60 123.8  104.8

±0.8


10

B 2309

:2009

表 10−径違い の形状及び寸法(続き)

単位  mm

外径

中心から端面までの距離

φ

D

1

φ

D

2

C M 

呼び方

Su

①×②×③

基準寸法

端部の 
許容差

基準寸法

端部の 
許容差

基準寸法

基準寸法

許容差

150×150×125 165.2

139.8  ±1.40 142.9

136.5

150×150×100 165.2

114.3  ±1.14 142.9

130.2

150×150×80 165.2

89.1 ±0.89 142.9

123.8

150×150×75 165.2

±1.65

76.3

±0.76 142.9

120.7

200×200×150 216.3

165.2  ±1.65 177.8

168.3

200×200×125 216.3

139.8  ±1.40 177.8

161.9

200×200×100 216.3

114.3  ±1.14 177.8

155.6

200×200×80 216.3

±2.16

89.1

±0.89 177.8

152.4

±0.8

250×250×200 267.4

216.3  ±2.16 215.9

203.2

250×250×150 267.4

165.2  ±1.65 215.9

193.7

250×250×125 267.4

139.8  ±1.40 215.9

190.5

250×250×100 267.4

±2.67

114.3

±1.14 215.9

184.2

300×300×250 318.5

267.4  ±2.67 254.0

241.2

300×300×200 318.5

216.3  ±2.16 254.0

228.6

300×300×150 318.5

165.2  ±1.65 254.0

219.1

300×300×125 318.5

±3.18

139.8

±1.40 254.0

215.9

±1.2


11

B 2309

:2009

表 11−管継手のオフアングル及びオフプレンの許容値

a)

単位  mm

呼び方 Su

管継手の種類

項目

20∼100 125∼200 250∼300

エルボ,レジューサ,T

オフアングル X

0.5

1.0

1.2

エルボ,T

オフプレン Y

1.0

2.0

2.4

注記  オフアングル及びオフプレンは,管継手の端面と軸心との直角の狂いの大きさをいい,それぞれ距

離 X 及び Y で表す。

a)

  レジューサ及び径違い T は,大径側の許容値を適用する。

d)

管継手の端部の形状は,

図 に示すプレーンエンドとする。ただし,注文者から管継手の端部の形状

についてベベルエンド形状の指定がある場合は,

附属書 によってもよい。

図 1−端部の形状


12

B 2309

:2009

e)

管継手の端部加工の内旋長さ(

図 参照)は,表 12 による。ただし,受渡当事者間の協定によって表

12

以外の寸法としてもよい。

表 12−端部加工の内旋長さ

単位  mm

呼び方 Su

項目

20∼60 75 80 100 125 150 200 250 300

内旋長さ L

3 以上

4 以上

5 以上

11

表面仕上げ

スタブエンドのつばのガスケット座の表面仕上げは,箇条 14 によって試験したとき,JIS B 0601 に規定

する算術平均粗さ Ra 3.2∼6.3 μm とする。

12

外観

管継手の外観は,箇条 14 によって試験したとき,内外面に使用上有害なきず,しわ,酸化スケールその

他の欠点があってはならない。

13

溶接部

管継手の溶接部は,箇条 14 によって試験したとき,次による。

a)

管継手の長手継目の溶接は,突合せ溶接とし,使用上有害な欠点があってはならない。

b)

管継手の溶接部の品質は,JIS Z 3106 

附属書 4(透過写真によるきずの像の分類方法)の 1 類若し

くは 2 類又はこれらと同等以上とする。

c)

手動溶接及び半自動溶接を行う溶接士は,JIS Z 3821 による技術検定又は同等以上の技術検定に合格

し,その技量について格付けされた資格のある者とする。

14

試験

管継手の試験は,次による。

a)

分析試験  相当する材料を使用した場合の化学成分の分析試験は,表 に規定した材料に関する日本

工業規格による。

b)

引張試験  管継手の引張強さ及び伸びは,表 に規定した材料に関する日本工業規格の規定による材

料ロットごとに供試材 1 個を採り,これに管継手と同一熱処理条件の熱処理を施した後,引張試験片

1 個を採り行う。試験片は JIS Z 2201,試験方法は JIS Z 2241 による。

なお,管継手の溶接部の引張強さについては,試験片は JIS Z 3121,試験方法は JIS Z 2241 によっ

て行う。

c)

耐圧性能試験  管継手の耐圧性能試験は,JIS S 3200-1 による。ただし,管継手は試験水圧 3.5 MPa

に 1 分間保持する。

d)

浸出性能試験  管継手の浸出性能試験は,JIS S 3200-7 による。

e)

形状及び寸法  管継手の形状及び寸法は,直接測定又は限界ゲージによって行う。

f)

表面仕上げ  スタブエンドのつばのガスケット座の表面仕上げは,参照見本と比較するなどの適切な

方法によって行う。

g)

外観  管継手の外観は,目視によって行う。


13

B 2309

:2009

h)

溶接部試験  管継手の溶接施工方法確認試験は,JIS Z 3040 による。また,管継手の溶接部試験は,

JIS Z 3106

又はこれに代わる非破壊検査によって行う。

15

検査

管継手の検査は,次による。

a)

化学成分は,箇条 14 a)  で試験を行い箇条 に適合していることを確認する。

b)

機械的性質は,形式検査

1)

とし,箇条 14 b)  で試験を行い箇条 に適合していることを確認する。

c)

耐圧性能は,形式検査

1)

とし,箇条 14 c)  で試験を行い箇条 に適合していることを確認する。

d)

浸出性能は,形式検査

1)

とし,箇条 14 d)  で試験を行い箇条 に適合していることを確認する。

e)

形状及び寸法は,箇条 14 e)  で試験を行い箇条 10 に適合していることを確認する。

f)

表面仕上げは,箇条 14 f)  で試験を行い箇条 11 に適合していることを確認する。

g)

外観は,箇条 14 g)  で試験を行い箇条 12 に適合していることを確認する。

h)

溶接部は,形式検査

1)

とし,箇条 14 h)  で試験を行い箇条 13 に適合していることを確認する。ただし,

表 に規定した鋼管から製造したものは,溶接部試験を省略することができる。

1)

  形式検査とは,取引する製品について行うものではなく,あらかじめ製造業者が管継手の幾

つかの寸法の代表的なものについて実施するものである。ただし,注文者の要求があった場

合は,受渡当事者間の協定によって受渡検査として行うことができる。

16

製品の呼び方

製品の呼び方は,次の順とする(

例参照)。

a)

規格番号又は規格名称

b)

形状による種類又はその記号

c)

材料による種類の記号

d)

呼び方は,次による。

1)

呼び方の数字の後に Su の符号を付ける。

2)

レジューサは,

表 に示すように呼び方の大きいものを①,小さいものを②とし,①,②の順序と

する。

3)

径違い T は,

表 10 に示すように同一中心線上にあるものを①及び②,残りのものを③とし,①,

②,③の順序とする。ただし,同一中心線上にある呼び方は,一方を省略してもよい。

例  JIS B 2309  90E(L)  SUS304WD  100Su  又は

一般配管用ステンレス鋼製突合せ溶接式管継手  90°エルボ・ロング  SUS304WD  100Su

17

表示

検査に合格した管継手には,適切な方法で管継手の外面に次の事項を表示する。

なお,表示の順序は規定しない。

a)

例に示すように

表 及び表 に規定した材料による種類の記号を表示する。

例 1 SUS304WD

b)

呼び方の数字の後に Su の符号を付ける。ただし,例に示すようにレジューサ及び径違い T の場合は,

呼び方の末尾の数字の後にだけ Su の符号を表示してもよい。

例 2 100×80Su


14

B 2309

:2009

c)

ロングの場合は L  ,ショートの場合は S を表示する。

d)

製造業者名又はその略号

e)

規定した表示事項の全部を表示することが困難な場合は,次の順序で表示を省略してもよい。

1) Su

2)

エルボのロング又はショートの別

3)

呼び方

18

報告

あらかじめ注文者の要求があった場合には,製造業者は管継手が検査に合格していることを記載した検

査証明書を提出しなければならない。ただし,検査文書の種類は,JIS G 0415 

表 1(検査文書の総括表)

の記号 2.1 とする。


15

B 2309

:2009

附属書 A

規定)

特殊な形状の管継手

序文

この附属書は,特殊な形状の管継手について規定する。

A.1

適用範囲

この附属書は,箇条 に規定していない特殊な形状の管継手の種類,形状,寸法,表示及び報告につい

て規定する。その他については,本体の規定を適用する。

A.2

特殊な形状の管継手

A.2.1

種類

表 に示す以外の特殊な形状の管継手の形状による種類及びその記号は,表 A.1 による。

表 A.1−形状による種類及びその記号

形状による種類

大分類

小分類

記号

a)

対応する図及び表

45°エルボ

ショート 45E

(S)  表 A.2 

ロング

90E (L) N

ネック付き 90°エルボ

(両ネック)

b)

ショート

90E (S) N

図 A.1 

ロング

45E (L) N

ネック付き 45°エルボ 
(両ネック)

b)

ショート

45E (S) N

図 A.1 

ロング

90E (L) KN

c)

ネック付き 90°エルボ 
(片ネック)

b)

ショート

90E (S) KN

c)

図 A.1 

ロング

45E (L) KN

c)

ネック付き 45°エルボ 
(片ネック)

b)

ショート

45E (S) KN

c)

図 A.1 

ネック付きキャップ

b)

− CN

図 A.2 

同しん(芯) R (C) N

ネック付きレジューサ

b)

偏しん(芯) R (E) N

図 A.3 

同径

T (S) N

ネック付き T

 b)

径違い

T (R) N

図 A.4 

a)

  記号欄の丸括弧は,省略してもよい。

b)

  管継手の端部に継目なく追加した直管をネック (N) といい,ネックの長さは,各端面におい

て異なってもよい。また,T及びレジューサについては,指定の端部だけにネックを付けるこ

とができる。

c)

 KN は,片ネックを表す。

A.2.2

形状及び寸法

形状及び寸法は,次による。

a) 45

°エルボショートの形状及び寸法は,

表 A.2 による。

なお,受渡当事者間の協定によって,

表 A.2 の寸法に注文者から指定されたネック長さ を付ける

ことができる。


16

B 2309

:2009

b)

ネック付き 90°エルボ(両ネック及び片ネック)及びネック付き 45°エルボ(両ネック及び片ネック)

の形状は,

図 A.1 による。

なお,

図 A.1 の 寸法は,受渡当事者間の協定によって注文者から指定されたネック長さとし,そ

の他の寸法は,

表 による。

c)

ネック付きキャップの形状は,

図 A.2 による。

なお,

図 A.2 の 寸法は,受渡当事者間の協定によって注文者から指定されたネック長さとし,そ

の他の寸法は,

表 による。

d)

ネック付きレジューサの形状は,

図 A.3 による。

なお,

図 A.3 の 寸法は,受渡当事者間の協定によって注文者から指定されたネック長さとし,そ

の他の寸法は,

表 による。

e)

ネック付き T の形状は,

図 A.4 による。

なお,

図 A.4 の 寸法は,受渡当事者間の協定によって注文者から指定されたネック長さとし,そ

の他の寸法は,

表 及び表 10 による。

f)

寸法の許容差及び許容値は,次による。

1) 45

°エルボショートの寸法の許容差は,

表 A.2 による。

2)

ネック付きエルボのネック長さを含む中心から端面までの距離の許容差は,

表 の中心から端面ま

での距離  (HF)  の許容差を適用する。

3)

ネック付きキャップのネック長さを含む背から端面までの距離の許容差は,

表 の背から端面まで

の距離  (E)  の許容差を適用する。

4)

ネック付きレジューサのネック長さを含む端面から端面までの距離の許容差は,

表 の端面から端

面までの距離  (H)  の許容差を適用する。

5)

ネック付き T のネック長さを含む中心から端面までの距離の許容差は,

表 及び表 10 の中心から

端面までの距離  (CM)  の許容差を適用する。

6)

オフアングル及びオフプレンの許容値は,

表 11 のオフアングル (X) 及びオフプレン (Y) の許容値

を適用する。

A.2.3

表示

箇条 17 に規定する事項に加え,次の事項を表示する。ただし,長さの単位記号は,省略してもよい。

なお,表示スペースが小さくて表示が困難な場合は,受渡当事者間の協定によって a) 及び b) のすべて

の表示を省略してもよい。

a)

ネック付きエルボの場合は,例示するように記号 N 又は KN 及び指定長さを表示する。

例  指定長さが 10 mm の場合:N10 又は KN10

b)

ネック付きキャップ,ネック付きレジューサ及びネック付き T の場合は,記号 N 及び指定長さを表示

する。

例  指定長さが 10 mm の場合:N10

A.2.4

報告

箇条 18 に規定する検査証明書に記載する形状の表示例は,次による。

a)

ネック長さ 10 mm の片ネック付き 90°エルボロングの場合:90E (L) KN10

b)

ネック長さ 10 mm のネック付きキャップの場合:CN10

c)

ネック長さ 10 mm のネック付きレジューサ偏しん(芯)の場合:R (E) N10

d)

ネック長さ 10 mm のネック付き T 径違いの場合:T (R) N10


17

B 2309

:2009

表 A.245°エルボショートの形状及び寸法

単位  mm

外径

φ

D

中心から端面までの距離

呼び方

Su

基準寸法

端部の 
許容差

基準寸法

許容差

20

a)

22.22

a)

11.8

a)

25

a)

28.58

a)

±0.30

a)

11.8

a)

30

a)

34.0

a)

±0.34

a)

10.5

a)

40

a)

42.7

a)

±0.43

a)

13.2

a)

±0.8

a)

50

48.6

±0.49

15.8

60

60.5

±0.60

21.0

75

76.3

±0.76

26.3

80

89.1

±0.89

31.6

100

114.3

±1.14

42.1

125

139.8

±1.40

52.6

150

165.2

±1.65

63.1

200

216.3

±2.16

84.2

±0.8

250

267.4

±2.67

105.2

300

318.5

±3.18

126.2

±1.2

a)

  ネック付き(図 A.1 参照)の場合の寸法である。


18

B 2309

:2009

a)

ネック付き 45°エルボ(両ネック) 

b)

ネック付き 90°エルボ(両ネック) 

c)

ネック付き 45°エルボ(片ネック) 

d)

ネック付き 90°エルボ(片ネック) 

図 A.1−ネック付きエルボの形状

図 A.2−ネック付きキャップの形状


19

B 2309

:2009

a)

同しん(芯) 

b)

偏しん(芯) 

図 A.3−ネック付きレジューサの形状

a)

同径 

b)

径違い 

図 A.4−ネック付き の形状


20

B 2309

:2009

附属書 B

規定)

ベベルエンドの形状及び寸法

序文

この附属書は,ベベルエンドの形状及び寸法について規定する。

注文者の要求によって箇条 10 の d)  に規定するプレーンエンドの代わりにベベルエンドに加工してもよ

い。

なお,特に指定がない限りベベルエンドの形状及び寸法は,

図 B.1 による。

単位  mm

図 B.1−ベベルエンドの形状及び寸法


21

B 2309

:2009

附属書 C 

参考)

遊合形フランジの形状及び寸法

序文

この附属書は,本体の規定に関連する事柄を補足するもので,規定の一部ではない。

スタブエンドの接合に使用される遊合形フランジの形状及び寸法は,

表 C.1C.3 を参照。

表 C.1−遊合形フランジ(呼び圧力 5 K

a)

c)

  

単位  mm

フランジの各部の寸法

ボルト穴

呼び方

Su

スタブエ

ンドの

外径

φ

内径

φ

do 

外径

φ

面取り

c

b)

中心の径

φ

φ

ボルトの

ねじの

呼び

20 22.22 23.4  80  9  3

60  4  12  M10

25 28.58 28.9  85  10  3

65  4  12  M10

30 34.0 35.6 95  10  3  75  4 12 M10 
40 42.7  44.3 115  12  4

90  4  15  M12

50 48.6  50.4 120  12  4

95  4  15  M12

60 60.5  62.7 130  14  4  105  4  15  M12 
75 76.3  78.7 155  14  5  130  4  15  M12 
80 89.1  91.6 180  14  5  145  4  19  M16

100 114.3  116.9  200  16

5

165

8  19  M16

125 139.8  143.0  235  16

6

200

8  19  M16

150 165.2  168.4  265  18

6

230

8  19  M16

200 216.3  219.5  320  20

6

280

8  23  M20

250 267.4  271.7  385  22

6

345  12  23  M20

300 318.5  322.8  430  22

9

390  12  23  M20

a)

  スタブエンドとともに使用する遊合形フランジは,JIS B 2220 の遊合形フランジ(呼び圧力 5 K)とし,炭

素鋼製の場合は,亜鉛めっき,塗装,ライニングなどを施工したものを使用する。

b)

  面取り は,の寸法を半径とする丸めでもよい。

c)

  割フランジとする場合は,JIS B 2205 の規定を考慮することが望ましい。


22

B 2309

:2009

表 C.2−遊合形フランジ(呼び圧力 10 K

a)

c)

単位  mm

フランジの各部の寸法

ボルトの穴

ハブの径

呼び方

Su

スタブエン

ドの外径

φ

内径

φ

do

外径

φ

 

 

φ

a

φ

b

面取り

b)

中心の径

φ

φ

h

ボルト

のねじ
の呼び

20 22.22 23.4

95

12

− 3  70

4

15

M12

25 28.58 28.9

100

14

− 3  75

4

15

M12

30 34.0  35.6

125

14

− 3  90

4

19

M16

40 42.7  44.3

135

16

− 4 100

4

19

M16

50 48.6  50.4

140

16

− 4 105

4

19

M16

60 60.5  62.7

155

16

− 4 120

4

19

M16

75 76.3  78.7

175

18

− 5 140

4

19

M16

80 89.1  91.6

185

18

− 5 150

8

19

M16

100 114.3  116.9

210

18

− 5 175

8

19

M16

125 139.8  143.0

250

20

− 6 210

8

23

M20

150 165.2  168.4

280

22

− 6 240

8

23

M20

200 216.3  219.5

330

22

− 6 290

12

23

M20

250 267.4  271.7

400

24

36

288

292

6

6  355  12

25

M22

300 318.5  322.8

445

24

38

340

346

6

9  400  16

25

M22

a)

  スタブエンドとともに使用する遊合形フランジは,JIS B 2220 の遊合形フランジ(呼び圧力 10 K)とし,炭素

鋼製の場合は,亜鉛めっき,塗装,ライニングなどを施工したものを使用する。

b)

  面取り は,の寸法を半径とする丸めでもよい。

c)

  割フランジとする場合は,JIS B 2205 の規定を考慮することが望ましい。


23

B 2309

:2009

表 C.3−遊合形フランジ(呼び圧力 20 K

a)

単位  mm

フランジの各部の寸法

ボルトの穴

ハブの径

呼び方

Su

スタブエン

ドの外径

φ

内径

φ

do

外径

φ

 

 

φ

a

φ

b

r

面取り

b)

中心の径

φ

φ

h

ボルト
のねじ

の呼び

20 22.22

23.4

95

14

20

34

36

4

3  70

4

15

M12

25 28.58

28.9

100

16

22

40

42

4

3  75

4

15

M12

30 34.0 35.6

125

16

24

48

50

4

3  90

4

19

M16

40 42.7 44.3

135

18

26

56

60

5

4  100

4

19

M16

50 48.6 50.4

140

18

26

62

66

5

4  105

4

19

M16

60 60.5 62.7

155

18

26

76

80

5

4  120

8

19

M16

75 76.3 78.7

175

20

30

100

104

5

5  140

8

19

M16

80 89.1 91.6

200

22

34

113

117

6

5  160

8

23

M20

100 114.3 116.9

225

24

36

138

142

6

5  185

8

23

M20

125 139.8 143.0

270

26

40

166

172

6

6  225

8

25

M22

150 165.2 168.4

305

28

42

196

202

6

6  260

12

25

M22

200 216.3 219.5

350

30

46

244

252

6

6  305

12

25

M22

250 267.4 271.7

430

34

52

304

312

6

6  380

12

27

M24

300 318.5 322.8

480

36

56

354

364

8

9  430

16

27

M24

a)

スタブエンドとともに使用する遊合形フランジは,JIS B 2220 の遊合形フランジ(呼び圧力 20 K)とし,炭素鋼
製の場合は,亜鉛めっき,塗装,ライニングなどを施工したものを使用する。

b)

面取り は,の寸法を半径とする丸めでもよい。

参考文献  JIS B 2205  管フランジの計算基準

JIS B 2220

  鋼製管フランジ