>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

B 2290 : 1998 (ISO 1609 : 1998)

  解説

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS B 2290 : 1986

  真空装置用フランジ

ISO 1609 : 1986

  Vacuum technology−Flange dimensions

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内

(II)

国 際 規 格 番

(III)

国 際 規 格 の

規定内容

(IV) JIS

と国際規

格との相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

○  真 空 装 置 用

フ ラ ン ジ に
つ い て 規 定
する。

ISO 1609 

○ フ ラ ン ジ 寸

法 に つ い て
規定する。

≡ 全 面 的 に 採

(2)

引用規格

○  JIS B 1256

 

B 8365

 

Z 8601 

ISO 273

 

1127

 

4200 

を引用

ISO 3

 273 

286

 887 

2861

 3601 

≡ 国 際 規 格 を

関 連 国 際 規

格 と し て 記
載した。

(3)

寸法

○  真 空 装 置 に

使 用 す る フ
ラ ン ジ 及 び

カ ラ ー の 寸
法 を 規 定 し
た。

ISO 1609 

≡ 全 面 的 に 採

(4)

シ ー ル 線 荷

○  一 様 に 締 め

たときの O リ
ン に 及 ぼ す

線 荷 重 を 規
定した。

ISO 1609 

≡ 全 面 的 に 採

(5)

真 空 フ ラ ン
ジ の 口 径 と
適合管外径

○  真 空 フ ラ ン

ジ の 口 径 及
び そ れ ら に

使 用 さ れ る
管外径

ISO 1609 

≡ 全 面 的 に 採

(6)

真 空 フ ラ ン

ジ の 配 管 方

○  配 管 方 法 を

規定した。

ISO 1127 

ISO 4200 

≡ 全 面 的 に 採

(7)

附属書(参考)
保 守 用 フ ラ
ンジ

○  旧 JIS を参考

と し て 記 載
した。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を

示す。

2. 

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“−”

:該当項目がない場合。