>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 B

2062

-1994

水道用仕切弁

Sluice valves for water works

1.

適用範囲  この規格は,最高使用圧力 0.74MPa {7.5kgf/cm

2

}(

1

)

の水道用仕切弁(以下,バルブという。

について規定する。

備考1.  この規格の引用規格を,付表6に示す。

2.

この規格の対応国際規格を,次に示す。

ISO 7259-1988

  Predominantly key-operated cast iron gate valves for underground use

3.

この規格の中で  {  }  を付けて示してある単位及び数値は,従来単位によるものであって,

参考として併記したものである。

2.

種類  バルブの種類は,表 のとおりとする。

表 1  バルブの種類

種類

呼び径

備考

フランジ形(

3

) 50

∼ 1 200 (

5

)

付図 14

立形(

1

)

メカニカル形(

4

) 75

∼ 350

付図 1・付図 2

横形(

2

)

フランジ形(

3

) 400

∼ 1 500

付図 5

(

1

)

立形とは,原則として弁棒軸線を垂直に取り付けるものをいう。

(

2

)

横形とは,原則として弁棒軸線を水平とし,フランジ面を垂直に取り

付けるものをいう。

(

3

)

フランジ形とは,JIS G 5527 のフランジ形に接続するものをいう。 
ただし,呼び径 50 及び 125 は

付表 による。

(

4

)

メカニカル形とは,JIS G 5526 の差し口と接続するものをいう。

(

5

)

呼び径 50 のフランジは,JIS B 2210 による。 

3.

性能

3.1

弁箱の耐圧  9.1 の規定によって試験を行ったとき,各部に異状を生じてはならない。

3.2

弁座の漏れ  9.2 の規定によって試験を行ったとき,弁座に漏れがあってはならない。

3.3

弁の作動  9.3 の規定によって試験を行ったとき,各作動部は円滑に作動しなければならない。

4.

構造,形状,寸法及び許容差  構造,形状,寸法及び許容差は,次のとおりとする。

(1)

構造,形状及び主要寸法は,

付図 1及び付表 1による。

(2)

バルブの開閉は,左回り開き,右回り閉じとする。ただし,注文者の指定によって,右回り開き,左

回り閉じとすることができる。

なお,左回り開き・右回り閉じのバルブ及び右回り開き・左回り閉じのバルブのキャップの形状は,

それぞれ次の

図 のとおりとする。



B 2062-1994

図 1  キャップの形状

(3)

弁箱,弁体,ふた及びパッキン箱の肉厚の寸法許容差は,次のとおりとする。

(a)

上の許容差は,+15%とする。ただし,規定寸法の 15%が 5mm を超えるものは 5mm とし,規定寸

法の 15%が 3mm 未満のものは 3mm とする。

(b)

下の許容差は,−10%とする。ただし,規定寸法の 10%が 4mm を超えるものは 4mm とし,規定寸

法の 10%が 2mm 未満のものは 2mm とする。

(4)

弁棒及びめねじこまのねじの径と山数は,原則として

付表 1によって,基準山形とその公式は,JIS 

B 0222

の 4.(29 度台形ねじの基準山形,公式及びねじ山の基準寸法)による。ただし,a及び r

の寸法は,

表 のとおりとする。

表 2

単位 mm

山数

(25.4mm につき)

a

b

r

6.0

0.25 0.50 0.25

4.0

∼2.0

0.25 0.75 0.25

1.75

∼1.25 0.5 1.5 0.5

(5)

弁棒及びめねじこまのねじ部の寸法許容差は,

表 のとおりとする。

表 3

単位 mm

許容差

弁棒のねじ径

弁棒のねじ部の外径

めねじこまのねじ部の内径

20

∼ 46

0

1

.

0

1

.

0
0

+

50

∼ 76

0

2

.

0

2

.

0
0

+

82

∼118

0

3

.

0

3

.

0
0

+

(6)

弁棒のつばは,十分な強度をもつ一体形のものとする。

なお,弁棒のスラストを受ける部分の軸受には,スラスト転がり軸受を使用してもよい。この場合,

スラスト転がり軸受には,潤滑装置を設けるものとする。

5.

操作機構  操作機構は,立形の呼び径 600 以上及び横形に設けるものとし,バルブの開閉操作に十分

耐えるもので,次による。

なお,減速歯車部は,開放式(

6

)

又は密閉式(

7

)

とする。


3

B 2062-1994

(

6

)

開放式とは,減速歯車部を密閉しないものをいう。

(

7

)

密閉式とは,減速歯車部を密閉したものをいう。

(1)

歯車の歯は,すべて機械加工を施し,グリース潤滑を行う。

(2)

歯車の減速比は,

表 による。ただし,密閉式については,注文者の指定によって変更することがで

きる。

表 4

呼び径

減速比

400 1.25 1

450 1.50 1

500 1.75 1

600 1.75 1

700 2.00 1

800 2.50 1

900 2.75 1

1 000

3.00 : 1

1 100

3.25 : 1

1 200

3.50 : 1

1 350

3.60 : 1

1 500

4.00 : 1

(3)

密閉式の減速歯車部は,平歯車,かさ歯車及びウォーム歯車又はそのいずれかで構成し,弁棒のスラ

ストを受ける軸受はスラスト転がり軸受を使用する。

(4)

歯車軸の軸受は,開放式はグリースを注入する装置をもつブシュとし,密閉式は転がり軸受とする。

(5)

操作機構には,弁体の開度を示す機械的開度計を設ける。ただし,密閉式の開度計の駆動部は,密閉

構造とする。

(6)

操作は,キャップ又はハンドル車で行う。

6.

外観

6.1

塗装前の外観  鋳造品の表面は,滑らかで,鋳巣,割れ,きず,鋳ばりその他使用上有害な欠点が

あってはならない。ただし,鋳巣,きずなどで軽微なものについては,注文者の承認を得てアーク溶接を

施し,手直ししてもよい。

6.2

塗装後の外観  塗装面の仕上がりは,塗り残し,あわ,ふくれ,はく離,異物の付着,著しい塗り

だまり,その他有害な欠点があってはならない。

7.

材料  各部の材料は,付表 1による。

8.

塗装

8.1

塗料  塗料は,衛生上有害な影響を及ぼさないもので,乾燥後水に侵されず,かつ,水質に悪影響

を与えることなく,寒暑によって異状を生じないもので,次のいずれかによる。

(1)

水道用黒ワニス

(2)

注文者が指定したもの

8.2

塗装箇所及び塗装方法  塗装箇所及び塗装方法は,次のとおりとする。

(1)

バルブの鉄鋼部(

8

)

には,塗装を施す。この場合は,塗装前に内外面のさびその他の付着物を十分に除



B 2062-1994

去した後塗装する。

(

8

)  JIS G 4303

の場合は除く。

(2)  8.1(1)

の塗料を用いて塗装する場合は,はけ塗り又は吹き付け塗りとする。

(3)  8.1(2)

の塗料を用いて塗装する場合は,注文書の指定によって行う。

9.

試験

9.1

弁箱の耐圧試験  水圧のため,継手部の両面間が伸びないように,適当な装置によって両端部を固

定し,バルブを開いた状態で

表 の水圧を加える。ただし,受渡当事者間の協定によって両端部を固定し

なくてもよい。

表 5

呼び径

水圧

MPa {kgf/cm

2

}

350

以下 1.72

{17.5}

400

以上 1.37

{14}

9.2

弁座の漏れ試験  9.1 に規定する方法によってバルブの両端部を固定した後バルブを閉じ,片側ずつ

各々0.74MPa {7.5kgf/cm

2

}

の水圧を加える。ただし,呼び径 600 以上のバルブについては,注文者の指定

によって試験水圧を 0.74MPa {7.5kgf/cm

2

}

以下に変更することができる。

なお,注文者の指定によってバルブの一端だけを固定して使用するバルブについては,一端を固定した

後バルブを閉じ,指定(0.74MPa {7.5kgf/cm

2

}

以下)の水圧を加える。この試験は,反対側についても行

う。

9.3

弁の作動試験  バルブの組立て後,弁棒を回転しながら弁体の全開及び全閉作動を行う。

10.

検査  検査は,性能,構造,形状,寸法,操作機構,外観,材料及び塗装について行い,3.8.の規定

に適合しなければならない。

11.

製品の呼び方  バルブの呼び方は,規格番号又は規格名称,種類,減速歯車部の構造及び呼び径によ

る。

1.  呼び径200のメカニカル形の場合

JIS B 2062

  メカニカル形 200

又は水道用仕切弁  メカニカル形 200

2.  呼び径400の立形の場合

JIS B 2062

  立形 400

又は水道用仕切弁  立形 400

3.  呼び径800の横形で開放式の場合

JIS B 2062

  横形開放式 800

又は水道用仕切弁  横形開放式 800

12.

表示  弁箱の外側の一定の場所に,次の(1)(5)を高さ 2mm 以上に鋳出しする。

なお,密閉式の場合は,バルブの全開回転数を開度計又はその付近の見やすい場所に銘板で明示する。


5

B 2062-1994

(1)

の記号

(2)

刻印座

(3)

呼び径

(4)

製造業者名又はその略号

(5)

製造年



B 2062-1994

付図 1  (呼び径 50∼200mm)

(各部の寸法及び材料は、

付表 による。)

備考  参考図は,付図 及び付図 にも同様の構造のものがある。


7

B 2062-1994

付表 1  (呼び径 50∼200)

単位 mm

フランジ形(

9

)

高さ

キャップ

パッキン箱及び弁箱

ボルト穴

厚さ

H(

11

)

A

A

2

A

3

a T

2

F

F

2

F

3

d

4

口径  面間

寸法

外径  ガス

ケッ

ト座

外径

中 心

円 の

ボル

トの

呼び

記号

呼び

d

L

D

g

C

h

t

f

スラスト

転がり

軸受なし

スラスト

転がり

軸受あり

(最大値)

50

50 180 155  96 120  4

19

M16

20

2

340

490  32

38

70

10.0

15

42.0 57

29

36

75

75 240 211 125 168  4

19

M16

24

3

450

620  32

38

70

10.5

20

60.0 76

38

45

100  100 250 238 152 195  4

19

M16

25

3

530

675  32

38

70

12.0

20

73.0 90

44

51

125 125

260

263

177

220 6

19

M16

25

3

600  765 32

38

70

13.5

21

87.5

101

50

57

150 150

280

290

204

247 6

19

M16

26

3

660  875 32

38

70

15.0

21

102.0

106

52

61

200 200

300

342

256

299 8

19

M16

27

3

770  985 32

38

70

17.0

22

129.0

126

60

71

弁座

弁体

弁棒

めねじこま

口径  植込みボルト

弁箱ボルト

N

N

2

N

3

N

4

ねじ

K

K

2

K

3

K

4

記号

呼び

d

d

5

呼び

d

7

呼び

d

2

θ

(

度)

d

3

呼び

山数

25.4mm

につき

長さ

(

11

l

50  50

M10 2 M12 4  66

10

44

7

36

10

20

6.0

217 28

35

11

10

75  75

M12 2 M16 4  97

10

60

9

44

11

26

4.0

304 36

46

16

14

100 100

M12 2 M16 4 124

10

70

11

50

13

28

3.5

365 42

53

19

16

125 125

M16 2 M16 6 151

10

80

12

54

14

32

3.5

416 46

60

20

18

150 150

M16 2 M16 6 178

10

84

14

58

16

35

3.0

458 50

66

22

20

200 200

M16 2 M20 6 230

10

98

15

68

18

40

3.0

540 57

74

26

22

メカニカル形(

10

)

口径  L

2

D

3

D

4

D

5

D

7

a'

B

c

E

P

K'

c'

記号

呼び

d

継手部穴

50 50

75

75 280 97 159

197

125

8

19

13

19

65

23

14.5  4

100

100 304 122 186

232

150

8

19

14

23

65

24

15.5  4

125 125

150

150 336 173 241

287

201

8

19

16

23

65

25

17.5  6

200

200 360 224 292

338

252

8

19

17

23

65

26

18.5  6

番号

名称

材料

番号

名称

材料

1

キャップ

JIS G 5501

の FC200 10 弁棒

JIS H 3250(

12

)

2

ピン

JIS H 3250

又は JIS H 3260 11 めねじこま

JIS H 5111

の BC6

3

パッキン押さえ

JIS G 5501

の FC200 12 弁箱

JIS G 5501

の FC200

4

ブシュ

JIS H 5111

の BC6 13 弁箱弁座

JIS H 5111

の BC6(

12

)

5

パッキン箱

JIS G 5501

の FC200 14 弁体弁座

JIS H 5111

の BC6(

12

)

6

植込みボルト・ナット  JIS H 3250 15 弁体

JIS G 5501

の FC200

7

パッキン

ナイロン又は注文者が指定したもの 19 弁箱ボルト・ナット JIS G 3101 の SS400 又は

9

弁棒受

JIS H 5111

の BC6

  JIS G 4051

の S25C



B 2062-1994

(

9

)

フランジ形の配管との接続部の寸法は,及び を除き JIS G 5527に一致する。ただし,記号は一致しない。

(

10

)

メカニカル形の配管との接続部の寸法は,c

c'

及び K'を除き JIS G 5526 に一致する。ただし,記号は一致しない。

(

11

)

参考値を示す。

(

12

)

注文者の指定によって,JIS G 4303 の SUS403 又は SUS420J2 のいずれかを使用することができる。 


9

B 2062-1994

付図 2  (呼び径 250∼300)

(各部の寸法及び材料は,

付表 による。)


10 
B 2062-1994

付表 2  (呼び径 250∼350)

単位 mm

フランジ形(

9

)

高さ

キャップ

パッキン箱,ふた及び弁箱

ボルト穴

厚さ

H(

11

)

A

A

2

A

3

a  T

2

  T

3

  T

4

F

F

2

F

3

d

4

口径  面間

寸法

外径  ガス

ケッ

ト座

外径

中心

円の

ボル

トの

呼び

記号

呼び

d

L

D

g

C

h

t

f

スラスト

転がり

軸受なし

スラスト

転がり

軸受あり

(最大値)

250  250 380 410  308

360  8 23 M20

29

3

880

1

105  32 38 70 18

23

22

22

157

136 64

75

300  300 400 464  362

414 10

23 M20

31

4

980

1

210  32 38 70 20

25

23

23

186

148 68

81

350  350 430 530  414

472 10

25 M22

32

4

1

090

1

315  32 38 70 22

27

24

24

213

164 76

89

弁座

弁体

弁棒

めねじこま

植込みボル

ふたボルト  弁箱ボルト

ねじ

口径

長さ(

11

)

K  K

2

K

3

K

4

記号

呼び

d

d

5

呼び

d

5

呼び

d

7

呼び

d

2

θ

(

度)

N

N

2

N

3

N

4

d

3

呼び

山数

25.4mm

につき

l

250

250 M16 2 M16 6 M20 8 284

10

110

15

66

20

44

2.5

623  62

82 28 24

300

300 M20 2 M20 6 M20 12 338

8

116

18

80

22

46

2.5

690  70

90 32 26

350

350 M20 2 M20 8 M24 12 390

8

124

20

86

24

50

2.5

776  70

90 35 30

メカニカル形(

10

)

口径

L

2

D

3

D

4

D

5

D

7

a'

B

c

E

P

K'

c'

継手部

穴数

記号

呼び

d

250

250

380

275.6

348

394

303.6

8  19 18 23 65 27 19.5  8

300

300

400

326.8

399

445

354.8

8  19 19 23 65 28 20.5  8

350

350

430

378.0

458

504

406.0

8  19 20 23 90 29 22.0 10

番号

名称

材料

番号

名称

材料

1

キャップ

JIS G 5501

の FC200 10 弁棒

JIS H 3250(

12

)

2

ピン

JIS H 3250

又は JIS H 3260 11 めねじこま

JIS H 5111

の BC6

3

パッキン押さえ

JIS C 5501

の FC200 12 弁箱

JIS G 5501

の FC200

4

ブシュ

JIS H 5111

の BC6 13 弁箱弁座

JIS H 5111

の BC6(

12

)

5

パッキン箱

JIS G 5501

の FC200 14 弁体弁座

JIS H 5111

の BC6(

12

)

6

植込みボルト・ナット  JIS H 3250 15 弁体

JIS G 5501

の FC200

7

パッキン

ナイロン又は注文者が指定したもの 18 ふた

JIS G 5501

の FC200

8

ふたボルト・ナット  JIS G 3101 の SS400 又は

JIS G 4051

の S25C

19

弁箱ボルト・ナット JIS G 3101 の SS400 又は

JIS G 4051

の S25C

(

9

)

フランジ形の配管との接続部の寸法は,及び を除き JIS G 5527に一致する。ただし,記号は一致しない。

(

10

)

メカニカル形の配管との接続部の寸法は,c

c'

及び K'を除き JIS G 5526 に一致する。ただし,記号は一致しない。

(

11

)

参考値を示す。

(

12

)

注文者の指定によって,

JIS G 4303

の SUS403 又は SUS420J2 のいずれかを使用することができる。


11

B 2062-1994

付図 3  (呼び径 400∼500)

(各部の寸法及び材料は,

付表 による。)

備考  弁座の弁箱又は弁体への固定は,圧入又は止めねじによる(以下,付図 4同様)。


12 
B 2062-1994

付表 3  (呼び径 400∼500)

単位 mm

フランジ形(

9

)

高さ

キャップ

パッキン箱,ふた及び弁箱

ボルト穴

厚さ

H(

11

)

口径  面間

寸法

外径  ガ ス

ケ ッ

ト 座

外径

中 心

円 の

記号

呼び

d

L

D

g

C

h

ボル

トの

呼び

t

f

スラスト

転がり

軸受なし

スラスト

転がり

軸受あり

(最大値)

A

A

2

A

3

a  T

2

  T

3

  T

4

F

F

2

F

3

d

4

400  400 470 582  466

524 12

25 M22

34

4

1

230

1

445  32 38 70 25

28

25

25

243

206 78

92

450  450 500 652  518

585 12

27 M24

35

4

1

340

1

565  32 38 70 27

30

27

27

273

216 80

97

500  500 530 706  572

639 12

27 M24

36

4

1

440

1

665  32 38 70 30

33

30

30

304

236 82 101

弁座

弁体

弁棒

めねじこま

植込みボルト  ふたボルト  弁箱ボルト

d

2

N

N

2

N

3

N

4

ねじ

長さ(

11

)

K  K

2

K

3

K

4

口径

d

5

呼び

d

6

呼び

d

7

呼び

θ

(

度)

d

3

呼び

記号

呼び

d

山数

25.4mm

につき

l

400

400 M20 3 M24 8 M24 12 444

8  150

22

96

27

52

2.25

875  80

102 44 36

450

450 M24 3 M24 8 M24 14 498

8  158

24

100

30

56

2.25

949  82

106 46 38

500

500 M24 3 M24 8 M24 14 554

8  170

27

106

33

58

2.00

1

029  86

110 47 41

番号

名称

材料

番号

名称

材料

1

キャップ

JIS G 5501

の FC200 11 めねじこま

JIS H 5111

の BC6

2

ピン

JIS H 3250

又は JIS H 3260 12 弁箱

JIS G 5501

の FC200

3

パッキンさし押さえ

JIS G 5501

の FC200 13 弁箱弁座

JIS H 5111

の BC6(

12

)

4

ブシュ

JIS H 5111

の BC6 14 弁体弁座

JIS H 5111

の BC6(

12

)

5

パッキン箱

JIS G 5501

の FC200 15 弁体

JIS G 5501

の FC200

6

植込みボルト・ナット  JIS H 3250 18 ふた

JIS G 5501

の FC200

7

パッキン

ナイロン又は注文者が指定したもの

8

ふたボルト・ナット

JIS G 3101

の SS400 又は

19

弁箱ボルト・ナット

JIS G 3101

の SS400 又は

JIS G 4051

の S25C

JIS G 4051

の S25C

10

弁棒

JIS H 3250(

12

)

44

弁座止ねじ

JIS H 3250

又は

JIS H 3260(

12

)

注  (

9

)

フランジ形の配管との接続部の寸法は,及び を除き JIS G 5527に一致する。ただし,記号は一致しない。

(

11

)

参考値を示す。

(

12

)

注文者の指定によって,JIS G 4303 の SUS403 又は SUS420J2 のいずれかを使用することができる。


13

B 2062-1994

付図 4  (呼び径 600∼1200)

(各部の寸法及び材料は,

付表 による。)


14 
B 2062-1994

付表 4  (呼び径 600∼1200)

単位 mm

フランジ形(

9

)

高さ

キャップ

パッキン箱,ふた及び弁箱

ボルト穴

厚さ

H(

11

)

A

A

2

A

3

a  T

2

  T

3

  T

4

F

F

2

F

3

d

4

口径  面間

寸法

外径  ガスケ

ット座

外径

中心円

の径

ボルト

の呼び

記号

呼び径

d

L

D

g

C

h

t

f

スラスト

転がり

軸受なし

スラスト

転がり

軸受あり

(最大値)

600

600

560

810

676

743  16  27  M24

40

4

1 860

2 300

32 38 70 33  36  33  33  360  272 92 113

700

700

610

928

780

854  16  33  M30

46

4

2 070

2 500

32 38 70 36  42  36  36  418  292 97 123

800

800

690

1034

886

960  20  33  M30

49

5

2 300

2 700

32 38 70 40  44  40  40  473  350 103 134

900

900

740

1156

990

1 073  20  33  M30

51

5

2 530

2 900

32 38 70 43  46  43  43  529  364 110 144

  1 000

1 000

770

1262  1 096

1 179  24  33  M30

55

5

2 750

3 100

32 38 70 47  50  47  47  585  406 120 155

1 100

1 100

800

1366  1 200

1 283  24  33  M30

61

5

3 010

3 400

32 38 70 52  56  52  52  642  418 128 165

1 200

1 200

820

1470  1 304

1 387  28  33  M30

63

5

3 230

3 600

32 38 70 54  58  54  54  703  430 138 176

弁座

弁体

弁棒

めねじこま

口径  植込みボルト  ふたボルト  弁箱ボルト  d

2

N

N

2

N

3

N

4

ねじ

長さ(

11

)

K  K

2

K

3

K

4

d

5

呼び

d

6

呼び

d

7

呼び

θ

(

度)

記号

呼び

d

d

3

呼び

山数

25.4mm

につき

l

600  600 M24 3 M30 8 M30 14 658

8  200

28

120

36

64

2.000

1

205  96

134 53 46

700 700

M24

3

M30

12

M30

16

764

6

210

32

128

42

70

1.750

1

340

105

140 56 49

800 800

M24

3

M30

12

M30

20

870

6

238

35

155

44

76

1.750

1

492

113

145 61 54

900 900

M24

3

M30

12

M36

20

976

6

246

38

170

46

82

1.625

1

643

123

165 66 57

1 000

1 000

M24

4

M30

12  M36  22  1 084

6

260

42

180

50

88

1.625

1 804

131  168 70 62

1 100

1 100

M30

4

M36

12  M36  22  1 190

6

284

45

200

57

94

1.500

1 975

140  178 75 66

1 200

1 200

M30

4

M36

12  M36  24  1 296

6

306

48

210

60

100

1.500

2 134

149  190 80 70

番号

名称

材料

番号

名称

材料

1

キャップ

JIS G 5501

の FC200(

13

) 14

弁体弁座

JIS H 5111

の BC6(

12

)

2

ピン

JIS H 3250

又は JIS H 3260 15 弁体

JIS G 5501

の FC200

3

パッキン押さえ

JIS G 5501

の FC200 18 ふた

JIS G 5501

の FC200

4

ブシュ

JIS H 5111

の BC6

5

パッキン箱

JIS G 5501

の FC200

19

弁箱ボルト・ナット JIS G 3101 の SS400 又は

JIS G 4051

の S25C

6

植込みボルト・ナット  JIS H 3250 22 歯車軸

JIS G 3101

の SS400(

14

)

7

パッキン

ナイロン又は注文者が指定したもの

8

ふたボルト・ナット  JIS G 3101 の SS400 又は

33

開度計

指針と目盛板は,

JIS H 5111

の BC6

又は JIS H 3100

JIS G 4051

の S25C 36 小(平)歯車

JIS G 5501

の FC200(

14

)

10

弁棒

JIS H 3250(

12

) 37

大(平)歯車

JIS G 5501

の FC200(

14

)

11

めねじこま

JIS H 5111

の BC6 40 歯車カバー

JIS G 5501

の FC200

12

弁箱

JIS G 5501

の FC200 44 弁座止ねじ

JIS H 3250

又は JIS H 3260(

12

)

13

弁箱弁座

JIS H 5111

の BC6(

12

) 47

ネックブシュ

JIS H 5111

の BC6

(

9

)

フランジ形の配管との接続部の寸法は,及び を除き JIS G 5527に一致する。ただし,記号は一致しない。

(

11

)

参考値を示す。

(

12

)

注文者の指定によって,JIS G 4303 の SUS403 又は SUS420J2 のいずれかを使用することができる。

(

13

)

呼び径 1000 以上のバルブについては,

キャップの材料は JIS G 5101 の SC450 又は JIS G 5502 の FCD450 とする。

(

14

)

注文者の指定によって密閉式の場合は,より良質のものを使用することができる。


15

B 2062-1994

付図 5  (呼び径 400∼1500)

(各部の寸法及び材料は,

付表 による。)


16 
B 2062-1994

付表 5  (呼び径 400∼1500)

単位 mm

フランジ形(

9

)

高さ

キャップ  パッキン箱,ふた及び弁箱

ボルト穴

厚さ

H(

11

)

H

2

(

11

)

A A

2

A

3

  a T

2

  T

3

  T

4

  F  F

2

F

3

d

4

口径  面間

寸法

外径  ガス

ケッ

ト座

外径

中心

円の

ボル

トの

呼び

記号

呼び

d

L

D

g

C

h

t

f

スラスト

転がり

軸受なし

スラスト

転がり

軸受あり

(

最大値)

スラスト

転がり

軸受なし

スラスト

転がり

軸受あり

(

最大値)

400

400  470

582

466

524  12  25  M22  34 4

452

840

1 185

1 900

32 38 70  25  28  25  25  243  206 78   92

450

450  500

652

518

585  12  27  M24  35 4

481

880

1 302

2 000

32 38 70  27  30  27  27  273  216 80   97

500

500  530

706

572

639  12  27  M24  26 4

509

910

1 416

2 100

32 38 70  30  33  30  30  304  236 82 101

600

600  560

810

676

743  16  27  M24  40 4

550

960

1 610

2 300

32 38 70  33  36  33  33  360  272 92 113

700

700  610

928

780

854  16  33  M30  46 4

605

1 030

1 841

2 500

32 38 70  36  42  36  36  418  292 97 123

800

800  690  1 034  886

960  20  33  M30  49 5

683

1 110

2 034

2 700

32 38 70  40  44  40  40  473  350 103 134

900

900  740  1 156  990 1 073  20  33  M30  51 5

732

1 160

2 238

2 900

32 38 70  43  46  43  43  529  364 110 144

1 000

1 000  770  1 262  1 096 1 179  24  33  M30  55 5

761

1 180

2 461

3 100

32 38 70  47  50  47  47  585  406 120 155

1 100

1 100  800  1 366  1 200 1 283  24  33  M30  61 5

831

1 270

2 687

3 400

32 38 70  52  56  52  52  642  418 128 165

1 200

1 200  820  1 470  1 304 1 387  28  33  M30  63 5

879

1 330

2 911

3 600

32 38 70  54  58  54  54  703  430 138 176

1 350

1 350  850  1 642  1 462 1 552  28  39  M36  68 6

973

1 410

3 232

4 200

32 38 70  59  62  59  59  790  460 150 191

1 500

1 500  900  1 800  1 620 1 710  32  39  M36  74 6

1 086

1 520

3 537

4 500

32 38 70  64  68  68  64  876  490 161 201

弁座

弁体

弁棒

めねじこま

口径

植込みボルト

ふたボルト  弁箱ボルト

ねじ

長さ(

11

)

記号

呼び径

d

d

5

呼び

D

6

呼び

D

7

呼び

d

2

θ

(

度)

N

N

2

N

3

N

4

d

3

呼び

山数

25.4mm

につき

l

K

K

2

K

3

K

4

400  400 M20 3 M24

8 M24 12 444

8  150

22

96

27

52

2.250

899  80 102 44 36

450  450 M24 3 M24

8 M24 14 498

8  158

24

100

30

56

2.250

976  82 106 46 38

500  500 M24 3 M24

8 M24 14 554

8  170

27

106

33

58

2.000

1

055  86 110 47 41

600  600 M24 3 M30

8 M30 14 658

8  200

28

120

36

64

2.000

1

205  96 134 53 45

700  700 M24 3 M30

12 M30 16 764

6  210

32

128

42

70

1.750

1

340 105 140 56 49

800  800 M24 3 M30

12 M30 20 870

6  238

35

155

44

76

1.750

1

492 113 145 61 54

900  900 M24 3 M30

12 M36 20 976

6  246

38

170

46

82

1.625

1

643 123 165 66 57

1 000

1 000

M24

4

M30

12

M36

22  1 084

6

260

42

180

50

88

1.625

1 804

131 168 70 62

1 100

1 100

M30

4

M36

12

M36

22  1 190

6

284

45

200

57

94

1.500

1 975

140 178 75 66

1 200

1 200

M30

4

M36

12

M36

24  1 296

6

306

48

210

60

100

1.500

2 134

149 190 80 70

1 350

1 350

M30

4

M36

12

M42

24  1 450

6

334

50

240

64

108

1.375

2 351

162 205 86 76

1 500

1 500

M30

4

M36

12

M42

28  1 616

5

350

58

245

68

118

1.250

2 570

175 222 94 82


17

B 2062-1994

番号

名称

材料

番号

名称

材料

1

キャップ

JIS G 5501

の FC200(

13

) 18

ふた

JIS G 5501

の FC200

2

ピン

JIS H 3250

又は JIS H 3260 19 弁箱ボルト・ナット JIS G 3101 の SS400 又は

3

パッキン押さえ

JIS G 5501

の FC200

JIS G 4051

の S25C

4

ブシュ

JIS H 5111

の BC6 22 歯車軸

JIS G 3101

の SS400(

14

)

5

パッキン箱

JIS G 5501

の FC200 23 大(かさ)歯車

JIS G 5501

の FC200(

14

)

6

植込みボルト・ナット  JIS H 3250 26 小(かな)歯車

JIS G 5501

の FC200(

14

)

7

パッキン

ナイロン又は注文者が指定したもの 29 軸受台

JIS G 5501

の FC200

8

ふたボルト・ナット  JIS G 3101 の SS400 又は

JIS G 4051

の S25C

33

開度計

指針と目盛板は,JIS H 5111 の BC6 又

は JIS H 3100

10

弁棒

JIS H 3250

の C3771B(

12

)

11

めねじこま

JIS H 5111

の BC6

41

42

案内棒

JIS H 5111

の BC6

12

弁箱

JIS G 5501

の FC200 43 案内棒止ねじ

JIS H 3250

又は JIS H 3260

13

弁箱弁座

JIS H 5111

の BC6(

12

) 44

弁座止ねじ

JIS H 3250

又は JIS H 3260(

12

)

14

弁体弁座

JIS H 5111

の BC6(

12

) 45

ローラ

JIS H 5111

の BC6

15

弁体

JIS G 5501

の FC200 46 ローラピン

JIS G 4303

の SUS403

47

ネックブシュ

JIS H 5111

の BC6

(

9

)

フランジ形の配管との接続部の寸法は,及び を除き JIS G 5527に一致する。ただし,記号は一致しない。

(

11

)

参考値を示す。

(

12

)

注文者の指定によって,JIS G 4303 の SUS403 又は SUS420J2 のいずれかを使用することができる。

(

13

)

呼び径 1000 以上のバルブについては,キャップの材料は JIS G 5101 の SC450 又は JIS G 5502 の FCD450 とする。

(

14

)

注文者の指定によって密閉式の場合は,より良質のものを使用することができる。

付表 6

JIS B 0222

  29 度台形ねじ

JIS B 2210

  鉄鋼製管フランジの基準寸法

JIS G 3101

  一般構造用圧延鋼材

JIS G 4051

  機械構造用炭素鋼鋼材

JIS G 4303

  ステンレス鋼棒

JIS G 5101

  炭素鋼鋳鋼品

JIS G 5501

  ねずみ鋳鉄品

JIS G 5502

  球状黒鉛鋳鉄品

JIS G 5526

  ダクタイル鋳鉄管

JIS G 5527

  ダクタイル鋳鉄異形管

JIS H 3100

  銅及び銅合金の板及び条

JIS H 3250

  銅及び銅合金棒

JIS H 3260

  銅及び銅合金線

JIS H 5111

  青銅鋳物


18 
B 2062-1994

機械要素部会  水道用空気弁専門委員会  構成表(昭和 49 年 12 月 1 日改正のとき)

氏名

所属

(委員会長)

三ッ橋  正  孝

社団法人日本水道協会

田  中  達  雄

通商産業省機械情報産業局

国  川  建  二

厚生省環境衛生局水道環境部

逢  坂  國  一

工業技術院標準部

安  岡  雅  弘

久保田鉄工株式会社産業機械事業部

小山田  貞  幹

株式会社栗本鉄工所バルブ事業部

本  橋  英  二

株式会社森田鉄工所

武  田  隆  史

前沢工業株式会社生産本部製造部

比  企  正  弘

日本バルブ工業会

村  松  英  男

水道バルブ工業会

鈴  木  秀  夫

大阪市水道局

小松崎      稔

横浜市水道局営業部

長  尾  真  一

仙台市水道局給水部

横  井  昌  一

名古屋市水道局

遠  藤  士  朗

東京都水道局給水部

藤  本      久

京都市水道局給水部

(関係者)

橋  本  富  夫

社団法人日本水道協会工務部

(事務局)

原  田  熊三郎

工業技術院標準部機械規格課

伊  東      厚

工業技術院標準部機械規格課

(事務局)

永  井  裕  司

工業技術院標準部機械規格課(平成 6 年 11 月 1 日改正のとき)