>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 2011

:2013

(1) 

まえがき

この追補は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS B 2011:2011 は改正され,一部が置き換えられた。


   

日本工業規格

JIS

 B

2011

:2013

青銅弁

(追補 2)

Bronze, gate, globe, angle, and check valves

(Amendment 2)

JIS B 2011:2011

を,次のように改正する。

6.2.1

(共通事項)の g)を,次の文に置き換える。

g)

ねじ込み形弁の両端のねじ軸線間の同軸度及び直角度の許容差は,JIS B 2003 による。ソルダ形弁は,

ねじ込み形弁に準じる。

8.1

(弁箱耐圧試験)の b)(空気圧試験)を,次の文に置き換える。

b)

空気圧試験  空気圧試験は,JIS B 2003 の 9.2.2(空気圧試験)による。ただし,呼び径 65 以上の場

合,空気圧は 0.6 MPa 以上とし,試験時間は

表 による。