>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 1584-6

:2014

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

1

3

  用語及び定義  

1

4

  記号及び単位  

1

5

  測定方法  

2

6

  測定機器  

2

6.1

  リングゲージ  

2

6.2

  プラグゲージ  

3

6.3

  点式測定機器  

4

6.4

  その他の測定方法  

5

6.5

  測定機器の必要条件  

5

6.6

  測定上の注意点  

5

7

  測定手順  

5

附属書 JA(参考)内径寸法のその他の測定方法及びプラグゲージの補足説明  

6

附属書 JB(参考)JIS と対応国際規格との対比表  

7


B 1584-6

:2014

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,一般社団法人日本機械学会(JSME)及び一

般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,

日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

JIS B 1584

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS

B

1584-1

  第 1 部:寸法

JIS

B

1584-2

  第 2 部:外径・内径寸法の算出に必要なデータ及び図示方法

JIS

B

1584-3

  第 3 部:油穴,油溝及び油だまり

JIS

B

1584-4

  第 4 部:材料

JIS

B

1584-5

  第 5 部:外径寸法の測定方法

JIS

B

1584-6

  第 6 部:内径寸法の測定方法

JIS

B

1584-7

  第 7 部:薄肉ブシュの肉厚の測定方法


日本工業規格

JIS

 B

1584-6

:2014

滑り軸受−巻きブシュ−

第 6 部:内径寸法の測定方法

Plain bearings-Wrapped bushes-Part 6: Checking the inside diameter

序文 

この規格は,2007 年に第 1 版として発行された ISO 3547-6 を基とし,技術的内容を変更して作成した

日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。変更の一

覧表にその説明を付けて,

附属書 JB に示す。

適用範囲 

この規格は,巻きブシュの内径寸法の測定方法(JIS B 1584-2 の測定方法 C)について規定する。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 3547-6:2007

,Plain bearings−Wrapped bushes−Part 6: Checking the inside diameter(MOD)

なお,対応の程度を表す記号

MOD は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき, 修正している

ことを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0162-1

  滑り軸受−用語,定義及び分類−第 1 部:設計,軸受材料及びその特性

JIS B 0163-2

  滑り軸受−記号−第 2 部:応用記号

JIS B 0401-2

  寸法公差及びはめあいの方式−第 2 部:穴及び軸の公差等級並びに寸法許容差の表

JIS B 1584-1

  滑り軸受−巻きブシュ−第 1 部:寸法

注記  対応国際規格:ISO 3547-1,Plain bearings−Wrapped bushes−Part 1: Dimensions(MOD)

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS B 0162-1 及び JIS B 0163-2 による。

記号及び単位 

この規格で用いる記号及び単位は,

表 による。


2

B 1584-6

:2014

表 1−記号及び単位 

記号

定義

単位

  ブシュの幅 mm

b

ch,1

  リングゲージの幅 mm

b

ch,2

  プラグゲージの幅 mm

d

o

  リングゲージの外径 mm

D

i

  ブシュの内径 mm

D

i,ch

  リングゲージに圧入後のブシュ内径 mm

D

o

  ブシュの外径 mm

Ra

  表面粗さ

μm

t

1

  円筒度 mm

d

ch,1

  リングゲージ内径 mm

d

ch,2

  プラグゲージ外径 mm

測定方法 

自由状態の巻きブシュの内径寸法は,直接測定することができない。

JIS B 1584-1

に規定する巻きブシュの内径寸法を測定する場合は,内径寸法が巻きブシュの直径寸法に

一致したリングゲージに圧入して測定を行う。リングゲージの穴径は,一般的に JIS B 0401-2 に規定され

た公差域クラス H7 を適用する。

巻きブシュの内径寸法は,通り・止まりプラグゲージ又は 3 点式測定機器によって測定する。

なお,受渡当事者間の協定がある場合は,巻きブシュを 6.1 に規定するリングゲージに圧入しないで内

径を測定してもよい。

測定機器 

6.1 

リングゲージ 

リングゲージの形状,寸法及び寸法許容差は,

図 及び表 に規定するものを使用する。

なお,これを使用しない場合は,受渡当事者間の協定による。


3

B 1584-6

:2014

単位  mm

a)

  リングゲージの幅(b

ch,1

)は,巻きブシュをリングゲージに挿入したときに内径の円筒部から外れない寸法とす

る。

b)

  リングゲージの外径(d

o

)は,リングゲージ内径(d

ch,1

)に 50 mm を加えた寸法より大きい寸法とするが,参考

値とする。

図 1−リングゲージの代表形状 

表 2−リングゲージ及びプラグゲージの寸法,寸法公差及び摩耗限界(参考) 

単位  mm

ブシュ外径 D

o

a)

の区分

リングゲ

ージ内径

リングゲージ内径

d

ch,1

プラグゲージ外径

d

ch,2

円筒度

t

1

d

ch,1

の推奨

b)

寸法公差

摩耗限界

寸法公差

摩耗限界

寸法公差

摩耗限界

10 以下  D

o

+0.008

+0.003

0

+0.005 0

−0.003

−0.005

+0.002

+0.004

 10 を超え 18 以下  D

o

+0.009

 18 を超え 30 以下  D

o

+0.011

 30 を超え 50 以下  D

o

+0.013

 50 を超え 80 以下  D

o

+0.015

 80 を超え 120 以下  D

o

+0.018

120 を超え 180 以下  D

o

+0.020

+0.005

0

+0.007 0

−0.005

−0.007

+0.003

+0.005

a)

  ブシュの外径が 180 mm を超える場合は,受渡当事者間の協定による。

b)

  リングゲージの内径寸法の目標値として,巻きブシュの外径の平均直径は公差域クラス H7 とする。JIS 

B 1584-1

参照。

リングゲージの内径寸法として公差域クラス H7 が推奨される。

リングゲージとプラグゲージとの寸法公差及び摩耗限界は,受渡当事者間の協定による。

表 に参考値

として寸法公差及び摩耗限界を示す。

6.2 

プラグゲージ 

プラグゲージの形状・寸法及び寸法許容差は,

図 2,図 及び表 に規定するものを参考とする。

なお,これを使用しない場合は,受渡当事者間の協定による。

プラグゲージの外径寸法は,JIS B 1584-1 

表 10 を参照する。


4

B 1584-6

:2014

単位  mm

1  表示刻印位置 

a)

  プラグゲージの幅(b

ch,2

)は,ブシュの幅(B)に 5 mm を加えた寸法より大きい寸法とする。

図 2−プラグゲージの代表形状(ソリッドタイプ) 

単位  mm

1  表示刻印位置 

a)

  プラグゲージの幅(b

ch,2

)は,ブシュの幅(B)に 5 mm を加えた寸法より大きい寸法とする。

図 3−プラグゲージの代表形状(中空タイプ) 

6.3 3

点式測定機器 

3 点式測定機器は,先端が球形状の 3 本の測定ピンで内径寸法を測定する測定機器とする。 
3 点式測定機器の概略形状を,図 に示す。 


5

B 1584-6

:2014

図 4点式測定機器 

6.4 

その他の測定方法 

その他の測定方法を参考として

附属書 JA に示す。

6.5 

測定機器の必要条件 

リングゲージ及びプラグゲージは,経年劣化しにくい鋼材を用いる。硬さは,受渡当事者間の協定によ

るがロックウェル硬さ(HRC)60〜64 をもつことが望ましい。

6.6 

測定上の注意点 

測定上の注意事項は,次による。

a)

リングゲージ及びプラグゲージの破損,摩耗及びさびに注意する。

b)

リングゲージ及びプラグゲージに面取り処理が施されているか確認する。

c)

巻きブシュをリングゲージに圧入する際の心ずれに注意する。

d)

プラグゲージを巻きブシュに挿入する際の心ずれに注意する。

e)

リングゲージの幅が巻きブシュの幅に対し適正か確認する。

f)

油脂付着,泥汚れ,損傷,ばり,打痕などが巻きブシュ及び測定機器の表面に発生していないか確認

する。

測定手順 

次の方法のいずれかによって内径寸法を測定する。

a)  3

点式測定機器を用いる。

b)

図 に示すリングゲージに挿入した巻きブシュの内径に,図 及び図 に規定するプラグゲージを挿

入して行う。

巻きブシュは,面取部からリングゲージに挿入する。

通りプラグゲージで内径寸法を測定する場合は,最小の力で挿入する。

止まりプラグゲージで内径寸法を測定する場合は,プラグゲージの自重による挿入とする。力を加

えて挿入する場合は,最大 250 N の力とする。

通りプラグゲージはブシュ内径に挿入でき,止まりプラグゲージはブシュ内径に挿入できないこと

を確認する。

上記以外の力で測定する場合は,受渡当事者間の協定による。


6

B 1584-6

:2014

附属書 JA

(参考)

内径寸法のその他の測定方法及びプラグゲージの補足説明

JA.1 

シリンダゲージを用いた測定 

シリンダゲージ及びダイヤルゲージを用いて巻きブシュの内径寸法を測定する。

図 JA.1−シリンダゲージを用いた測定装置 

JA.2 

内径測定マイクロメータを用いた測定 

内径測定マイクロメータを用いて巻きブシュの内径寸法を測定する。

注記 1  JA.1 及び JA.2 に示す測定方法は直径測定方法であり,巻きブシュの内径寸法を測定する場

合は,合わせ目位置を除く。

注記 2  JA.1 及び JA.2 の測定方法による巻きブシュの内径寸法の測定方法及び測定位置は,受渡当

事者間の協定による。


7

B 1584-6

:2014

附属書 JB

(参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS B 1584-6:2014

  滑り軸受−巻きブシュ−第 6 部:内径寸法の測定方法

ISO 3547-6:2007

,Plain bearings−Wrapped bushes−Part 6: Checking the inside

diameter

(I)JIS の規定 

(II) 
国際規格

番号 

(III)国際規格の規定 

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容 

(V)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策 

箇 条 番 号

及び題名

内容 

箇条番号 

内容 

箇 条 ご と

の評価 

技術的差異の内容 

1  適 用 範

巻 き ブ シ ュ の 内 径

寸 法 の 測 定 方 法 に
ついて規定。

 1 JIS とほぼ同じ。

削除

JIS

では,巻きブシュ圧入につ

いての記載を削除した。

箇条 5 に記載し,技術的差異はな

い。

2  引 用 規

3  用 語 及
び定義

用 語 及 び 定 義 を 規

定。

追加

JIS

では,

引用規格として JIS B 

0162-1

及び JIS B 0163-2 を追

加した。

ISO

規格の見直しの際に提案を検

討する。

6  測 定 機

測 定 機 器 に つ い て

規定。

 5 ISO 規格は,リングゲー

ジ及びプラグゲージの形

状,寸法及び硬度を規定
している。

変更

JIS

では,ISO 規格で規定され

た形状・寸法及び硬度を参考値

とし,受渡当事者間の協定を優
先させた。また,JIS では,そ

の他の測定方法を参考として

追加した。

使用者の利便性を考慮して変更

したもので,技術的な差異はな

い。

附属書 JA
(参考)

巻 き ブ シ ュ の 内 径
寸 法 の そ の 他 の 測

定 方 法 及 び プ ラ グ

ゲージの補足説明

追加

ISO

規格で規定していない内

径寸法測定のその他の測定方

法及びプラグゲージの補足説

明を追加した。

ISO

規格の見直しの際に提案を検

討する。

7

B 15

84
-6


201

4


8

B 1584-6

:2014

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 3547-6:2007,MOD 

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  削除……………… 国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。

    −  追加……………… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
    −  変更……………… 国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD……………  国際規格を修正している。

8

B 15

84
-6


201

4