>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 1584-4

:2010

(1)

目  次

ページ

序文 

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  用語及び定義 

1

4

  巻きブシュに用いる材料,  硬さ,  記号及び分類

2

4.1

  材料

2

4.2

  硬さ

2

4.3

  記号

2

4.4

  分類

2

附属書 JA(参考)JIS と対応国際規格との対比表 

5


B 1584-4

:2010

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本機械学会(JSME)及び財団法人

日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業標準

調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS B 1584

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS

B 1584-1

  第 1 部:寸法

JIS

B 1584-3

  第 3 部:油穴,油溝及び油だまり

JIS

B 1584-4

  第 4 部:材料


日本工業規格

JIS

 B

1584-4

:2010

滑り軸受−巻きブシュ−

第 4 部:材料

Plain bearings-Wrapped bushes-Part 4: Materials

序文 

この規格は,2006 年に第 2 版として発行された ISO 3547-4 を基に作成した日本工業規格であるが,我

が国の実状を反映させるため,技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。

変更の一覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

適用範囲 

この規格は,巻きブシュの単層材料,複層材料及びその記号について規定する。ただし,軸受合金鋳物

及び鋼管に軸受合金を付けたものには適用しない。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 3547-4:2006

,Plain bearings−Wrapped bushes−Part 4: Materials (MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0162-1

  滑り軸受−用語,定義及び分類−第 1 部:設計,軸受材料及びその特性

注記  対応国際規格:ISO 4378-1,Plain bearings−Terms, definitions and classification−Part 1: Design,

bearing materials and their properties (MOD)

JIS B 0163-2

  滑り軸受−記号−第 2 部:応用記号

JIS B 1584-1

  滑り軸受−巻きブシュ−第 1 部:寸法

注記  対応国際規格:ISO 3547-1,Plain bearings−Wrapped bushes−Part 1: Dimensions (MOD)

JIS Z 2243

  ブリネル硬さ試験−試験方法

JIS Z 2244

  ビッカース硬さ試験−試験方法

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS B 0162-1 及び JIS B 0163-2 による。


2

B 1584-4

:2010

巻きブシュに用いる材料,  硬さ,  記号及び分類 

4.1 

材料 

巻きブシュに使用する材料は,単層材料及び複層材料に区分し,

表 及び表 による。

4.2 

硬さ 

表 及び表 の素材の硬さの値は,該当する材料の加工前の素材の代表的な値である。製品の硬さは,

受渡当事者間の協定による。

4.3 

記号

巻きブシュに使用する単層材料の記号は

表 に,複層材料の記号は表 による。

4.4 

分類 

材料分類は,軸受材料によって区分し,

表 及び表 による。

表 1−単層材料 

材料分類 

肉厚許容差

シリーズ

c)

軸受材料

素材の硬さ

b) 

(参考値)

HBW 2.5/62.5/10

記号

用途例

(シリーズ A)

  a)

(硬化)

− Z1

軽荷重用に適している。

              120 Y1

CuSn8P

150 Y2

良好な低摩擦特性があり,非常

に高い許容面圧をもつ。自動車,
変速機,コンベアシステム,農
業機械などに用いる。

110 W1

非鉄金属

(シリーズ A,C 及び W)

CuZn31Si

140 W2

良好な低摩擦特性があり,高い
許容面圧をもつ。自動車,農業機

械,リフトなどに用いる。 

a)

  鋼の炭素含有量は 0.25 %以下とし,その他の成分は,受渡当事者間の協定による。

b)

  硬さ試験は JIS Z 2243 による。

c)

  肉厚許容差については,JIS

B 1584-1

表 及び表 10 による。

表 2−複層材料

構成材料

素材の硬さ

b)

(参考値)

HBW(HV)

材料分類 

肉厚許容差

シリーズ

d)

  裏金

a)

軸受材料

裏金

c)

軸受材料

記号

用途例

鋼 SnSb8Cu4

130

17∼24

(HV)

 

T2

非 常 に 優 れ た な じ み 性 が あ
り,中位の許容面圧をもつ。
ポンプ,コンプレッサ,自動

変速機,スタータ,カムシャ
フトなどに用いる。

CuPb24Sn

(鋳造)

125 55∼80 S1

非鉄金属

(シリーズ A,C 及

び W)

CuPb24Sn

(焼結)

125 40∼60 S2

高い許容面圧をもつ。一般に
硬い軸が必要な自動変速機,
ステアリング,カムシャフト,

ポンプなどに用いる。


3

B 1584-4

:2010

表 2−複層材料(続き)

構成材料

素材の硬さ

b)

(参考値)

HBW(HV)

材料分類 

肉厚許容差

シリーズ

d)

  裏金

a)

軸受材料

裏金

c)

軸受材料

記号

用途例

CuPb24Sn4

(鋳造)

125 60∼90 S3

CuPb24Sn4

(焼結)

125 45∼90 S4

CuPb10Sn10

(鋳造)

125 70∼130

S5

CuPb10Sn10

(焼結)

125 60∼90 S6

S1 及び S2 と比べて溝などを打
ち出すのに適している。 
非常に高い許容面圧をもつ。一
般に硬い軸が必要なガジョン

ピン(ピストンピン),ロッカ
ーアーム軸受,変速機の軸,ス
テアリング,ポンプなどに用い

る。 
特殊な用途にはより高い硬さ
のものを用いる。

鋼 CuSn6P 125

100∼160

(HV)

S7

高荷重用途。   
コネクティングロッド小端部
ブシュ(ピストンピンブシュ)

振動の多いジョイント部など
に用いる。

鋼 AlSn6Cu

 170 35∼45 R1

高い許容面圧をもつ。一般に硬
い軸が必要な変速機,油圧ポン

プなどに用いる。

鋼 AlSn20Cu

 170 30∼40 R2

優れたなじみ性があり,普通の
許容面圧をもつ。冷蔵装置,コ

ンプレッサ,ポンプなどに用い
る。

鋼 AlSn12SiCu

 170  40∼60 R3

良好な耐焼き付き性があり,高
い許容面圧をもつ。変速機,カ
ムシャフト,油圧ポンプなどに

用いる。

非鉄金属

(続き)

(シリーズ A,C

及び W)

鋼 AlZn5

 185

60∼100

R4

高い許容面圧をもつ。

鋼 140

P1

ポリテトラフルオ
ロエチレン含浸材

(シリーズ B)

青銅

多 孔 焼 結 青 銅
に 添 加 物 入 り

ポ リ テ ト ラ フ
ル オ ロ エ チ レ
ンを含浸して,

コ ー テ ィ ン グ
( 初 期 な じ み
用皮膜)したも

100

B1

低い摩擦係数をもつ。自動車の
サスペンション支柱,ギヤレバ

ー,ピボット軸受,ポンプ,リ
フティングマグネットなどに
用いる。使用温度範囲は 200  ℃

∼280  ℃である。ハウジングに
組付け後,軸受内径を機械加工
するのには適していない。ドラ

イベアリング材としての使用
に適している。

鋼 140

P2

熱可塑性樹脂コー

ト材 
(シリーズ D 及び
E)

青銅

多 孔 焼 結 青 銅

に 熱 可 塑 性 樹
脂を含浸して,
コ ー テ ィ ン グ

したもの

100

B2

高い許容面圧をもつ。組付け時

にグリースを封入して使用す
る。例えば,クレーン,ホイス
ト,昇降機,こん(梱)包機,

農業機械などに使用する。連続
使用温度限界の例を

e)

に示

す。


4

B 1584-4

:2010

表 2−複層材料(続き)

構成材料

素材の硬さ

b)

HBW(HV)

材料分類 

肉厚許容差

シリーズ

d)

  裏金

a)

軸受材料

裏金

c)

軸受材料

記号

用途例

鋼 140

D1

ステン
レス鋼

140 D2

青銅 100

D3

ポリマー 
ボンディング材 
(シリーズ B)

ア ル ミ

ニ ウ ム
合金

例えばポリテト
ラフルオロエチ

レンなどのポリ
マーを直接接着
したもの

60

D4

例えば,スペースが限られて
いる,耐腐食性が要求される

等,特殊な用途に用いる。

注記 S1∼S6 及び R1 の材料は,受渡当事者間の協定によって初期なじみ用皮膜を施すことがある。 

a)

  裏金に用いる鋼の炭素含有量は,0.25 %以下とし,その他の成分は,受渡当事者間の協定による。

b) 

硬さ試験は JIS Z 2243 及び JIS Z 2244 による。

c)

ステンレス鋼の硬さの測定は HBW1/30/10。

青銅とアルミニウム合金の硬さ測定は HBW1/5/30。

d)

肉厚許容差については,JIS

B 1584-1

表 及び表 10 による。

e)

  連続使用温度限界は,熱可塑性樹脂の種類による。例えば,ポリアセタールは 90  ℃,ポリふっ化ビニリデ

ンは 110  ℃,ポリエーテルエーテルケトンは 250  ℃など。


附属書 JA

(参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS B 1584-4 : 2010

  滑り軸受−巻きブシュ−第 4 部:材料

ISO 3547-4 : 2006

  Plain bearings−Wrapped bushes−Part 4: Materials

 
(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号
及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規格

番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

1  適 用 範

巻きブシュに使用す
る単層材料,複層材
料について規定。

1

JIS

に同じ

一致

2  引 用 規

3  用 語 及
び定義

引 用 規 格 を JIS B 

0162-1

及 び JIS B 

0163-2

と規定。

 3 引 用 規 格 と し て ISO 

4378-1

だけを規定してい

る。

追加

JIS

では,用語及び定義での引

用規格として JIS B 0163-2 を追
加した。

ISO

規格の見直しの際に提案を検

討する。

4  巻 き ブ
シ ュ に 用

いる材料,
記 号 及 び
分類 

巻きブシュに使用す
る材料の化学成分,

硬さ,記号及び分類
について規定。

4

追加 

JIS

では,りん青銅の複層材料

を追加した。 

ISO

規格の見直しの際に提案を検

討する。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 3547-4:2006,MOD

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  一致……………… 技術的差異がない。 
    −  追加……………… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD……………  国際規格を修正している。

5

B 1584-

4


20
10