>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 1584-3

:2010

(1)

目  次

ページ

序文 

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  用語及び定義 

1

4

  記号及び単位 

2

5

  油穴,油溝及び油だまりの共通事項 

2

6

  油穴の形状及び寸法

2

7

  油溝

4

7.1

  一般

4

7.2

  油溝の形状及び寸法

4

8

  油だまり

6

附属書 A(参考)油だまりの形状及び寸法 

7

附属書 JA(参考)JIS と対応国際規格との対比表 

10


B 1584-3

:2010

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本機械学会(JSME)及び財団法人

日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業標準

調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS B 1584

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS B 1584-1

  第 1 部:寸法

JIS B 1584-3

  第 3 部:油穴,油溝及び油だまり

JIS B 1584-4

  第 4 部:材料


日本工業規格

JIS

 B

1584-3

:2010

滑り軸受ー巻きブシュー

第 3 部:油穴,油溝及び油だまり

Plain bearings-Wrapped bushes-Part 3: Lubrication holes,

grooves and indentations

序文 

この規格は,2006 年に第 2 版として発行された ISO 3547-3 を基に作成した日本工業規格であるが,我

が国の実状を反映させるため,技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。

変更の一覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

適用範囲 

この規格は,巻きブシュの油穴及び油溝の形状及び寸法並びに油だまりの形状について規定する。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 3547-3:2006

, Plain bearings − Wrapped bushes − Part 3: Lubrication holes , grooves and

indentations (MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0162-1

  滑り軸受−用語,定義及び分類−第 1 部:設計,軸受材料及びその特性

注記  対応国際規格:ISO 4378-1,Plain bearings−Terms, definitions and classification−Part1: Design,

bearing materials and their properties (MOD)

JIS B 0163-2

  滑り軸受−記号−第 2 部:応用記号

JIS B 1584-1

  滑り軸受−巻きブシュ−第 1 部:寸法

注記  対応国際規格:ISO 3547-1,Plain bearings−Wrapped bushes−Part 1: Dimensions(MOD)

ISO 3547-7

,Plain bearings−Wrapped bushes−Part 7: Measurement of wall thickness of thin-walled bushes

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS B 0162-1 及び JIS B 0163-2 による。


2

B 1584-3

:2010

記号及び単位 

この規格で用いる記号及び単位は,

表 による。

表 1−記号及び単位

記号

意味

単位

ブシュ幅 mm

D

i

 

ブシュ内径 mm

d

L

油穴の直径 mm

油溝と油溝との距離 mm

n

1

n

2

油溝の幅 mm

油溝の半径 mm

s

3

肉厚 mm

s

4

油溝の底厚 mm

油穴,油溝及び油だまりの共通事項 

油穴,油溝及び油だまりの共通事項は,次による。

a)

油穴,油溝及び油だまりは,成形加工の前に平板の状態で加工する場合もある。

b)

平板を成形することによって,油穴,油溝及び油だまりの寸法の変化があってもよい。

c)

スタンピングによる油溝及び油だまり加工の影響がブシュ背面に認められる場合もある。

d)

油溝及び油だまり内における軸受材料の微小なクラックは,軸受材料の欠落がなければ許容される。

e)

特別に指示のない寸法は,受渡当事者間の協定による。

f)

油穴,油溝の形状及び寸法は,

表 2∼表 による。

油穴の形状及び寸法 

油穴の形状及び寸法は,

表 による。ただし,表 の b)  に示すハッチング部には油穴を設けないほう

がよい。


3

B 1584-3

:2010

表 2−油穴の形状及び寸法 

単位  mm

a)

  形油穴 

b)

    L 形油穴の設定を推奨しない位置 

ブシュ内径  D

i

の区分

油穴の直径  d

L

a)

14

を超え 22 以下 3

22

を超え 40 以下 4

40

を超え 50 以下 5

50

を超え 100 以下 6

100

を超える 7

a)

成形後の最小サイズ。


4

B 1584-3

:2010

油溝 

7.1 

一般 

油溝の一般事項は,次による。

a)

油穴部,ブシュ合わせ目及びブシュ端面付近での油溝の広がりはあってもよい。

b)

一般的に油溝の形状及び寸法は,ブシュを展開した形で表示される。

c)

油溝加工後にブシュの成形加工を行う場合は,成形工程中に油溝形状にひずみが生じる場合がある。

d)

油溝深さの測定を容易にするために,ブシュ油溝底の厚さを管理寸法として指定する場合がある。

7.2 

油溝の形状及び寸法 

7.2.1 M1

形油溝 

M1

形油溝の形状及び寸法は,

表 による。また,M1 形の油溝は,断面形状によって M1A 形と M1B 形

とに区分し,それぞれの断面形状及び寸法は,

表 による。

表 3M1 形油溝の形状及び寸法 

単位  mm

油穴の直径  d

L

は,

表 による。

溝幅  n

1

及びその許容差

圧入後機械加工しない場合

圧入後機械加工する場合

ブシュ内径  D

i

の区分

シリーズ A,B,D 及び W

JIS B 1584-1

による)

シリーズ C 及び E

JIS B 1584-1

による)

14

を超え 22 以下

4

±0.5 5±0.5

22

を超え 40 以下

5

±0.5 6±0.5

40

を超え 50 以下

6

±0.5 7±0.5

50

を超え 100 以下

7

±0.5 8±0.5

100

を超える

8

±0.5 9±0.5


5

B 1584-3

:2010

表 4M1A 形及び M1B 形の油溝の断面形状及び寸法

単位  mm

a)

  M1A  b)  M1B  

肉厚 s

3

 0.75

1

1.5

2

2.5

M1A

形 0.45∼0.65 0.65∼0.85 1.1∼1.3 1.5∼1.7 2.0∼2.2

油溝の底厚

s

4

の区分

M1B

− 0.5∼0.7 0.9∼1.1 1.4∼1.6 1.9∼2.1

油溝の半径 

− 6 8

10

12

7.2.2 M2

形油溝 

M2

形油溝の形状及び寸法は,

表 による。また,M2 形の油溝は,断面形状によって M2A 形と M2B 形

とに区分し,それぞれの断面形状及び寸法は,

表 による。

表 5M2 形油溝の形状及び寸法

単位  mm

溝幅  n

2

及びその許容差

圧入後機械加工しない場合

圧入後機械加工する場合

ブシュ内径  D

i

の区分

油溝と油溝

との距離

シリーズ A,B,D 及び W

JIS B 1584-1

による)

シリーズ C 及び E

JIS B 1584-1

による)

18

を超え 26 以下 32

3

±0.5 4±0.5


6

B 1584-3

:2010

表 5M2 形油溝の形状及び寸法(続き) 

溝幅  n

2

及びその許容差

圧入後機械加工しない場合

圧入後機械加工する場合

ブシュ内径  D

i

の区分

油溝と油溝

との距離

シリーズ A,B,D 及び W

JIS B 1584-1

による)

シリーズ C 及び E

JIS B 1584-1

による)

26

を超え 36 以下 45

3

±0.5 4±0.5

36

を超え 50 以下 70

5

±0.5 6±0.5

50

を超え 70 以下 100

5

±0.5 6±0.5

70

を超え 100 以下 130

6

±0.5 7±0.5

100

を超える 140  7±0.5 8±0.5

表 6M2A 形及び M2B 形の油溝の断面形状及び寸法

単位  mm

a)

  M2A  b)  M2B  

肉厚  s

3

 0.75

1

1.5

2

2.5

M2A

形 0.45∼0.65 0.65∼0.85 1.1∼1.3 1.5∼1.7 2.0∼2.2

油溝の底厚

s

4

の区分

M2B

− 0.5∼0.7 0.9∼1.1 1.4∼1.6 1.9∼2.1

油溝の半径 R

− 6  8 10

12

油だまり 

油だまりは,形状によって円形状の油だまり,だ円形状の油だまり及びひし形状の油だまりに区分する。

油だまりの形状及び寸法を,

附属書 に示す。


7

B 1584-3

:2010

附属書 A

(参考)

油だまりの形状及び寸法

A.1 

油だまりの形状及び寸法 

巻きブシュの油だまりの形状及び寸法を,参考として次に示す。

油だまりは肉厚が 1 mm 以上のブシュに適用される。

図 A.1∼図 A.3 は,油だまりのパターンの例である。

これら油だまりのパターンは,供給者の判断によって変えてもよい。

注記  油だまりは,単独,又は穴及び/若しくは油溝と共に用いることができる。

a) N1

形  この種の油だまりは油潤滑又はグリース潤滑に使用される。形状及び寸法は,図 A.1 を参照。

単位  mm

a)

断面 A-A は拡大図である。

肉厚の許容差の区分

JIS B 1584-1 参照)

油だまりの直径  d

b

油だまりの深さ  t

シリーズ  A,B,D,W   0.4±0.2

シリーズ  C,E

1.5

∼3

0.55

±0.2

図 A.1N1A 形及び N1B 形油だまり

b) N2

形  この種の油だまりは固体潤滑又はグリース潤滑に使用される。形状及び寸法は,図 A.2 を参照。

だ円形状の油だまり N2 形は,JIS B 1584-1 によるシリ−ズ A,B,D 及び W に適用され,受渡当事

者間の協定によって選定される。


8

B 1584-3

:2010

単位  mm

a)

断面 B-B は拡大図である。

図 A.2N2 形油だまり 

c) N3

形  この種の油だまりは固体潤滑又はグリース潤滑に使用される。形状及び寸法は,図 A.3 を参照。

ひし形状の油だまり N3 形は,JIS B 1584-1 によるシリ−ズ A,B,D 及び W に適用され,受渡当事

者間の協定によって選定される。

単位  mm

a)

断面 C-C は拡大図である。

ブシュ内径  D

i

の範囲

ひし形油だまりの

端部長さ  c

油だまりの深さ

t

油だまりの

レイアウト  α

D

i

 <22

1.9

0.4

±0.2 20°

D

i

≧22 2.4

0.6

±0.2 23°

図 A.3N3 形油だまり


9

B 1584-3

:2010

A.2

製品の呼び方 

製品の呼び方を,参考として

例 及び例 に示す。

例 1  円筒巻きブシュ  (Type C:wrapped cylindrical bush)

内径  D

i

: 30 mm

肉厚の許容差

:  シリーズ A(JIS B 1584-1 参照)

外径  D

o

: 34 mm

幅  B

: 20 mm

軸受材料分類

: S5(JIS B 1584-4 参照)

穴及び溝

: M1A(

表 参照)

油だまり

: N1B[A.1 の a)参照]

外径測定

: Test A(ISO 3547-2 参照)

肉厚測定

:  ISO 3547-7 による測定方法“S”

呼び方:Bush ISO 3547 – C30 A 34  ×  20 – S5 – M1A N1B – AS

例 2  円筒巻きブシュ (Type C:wrapped cylindrical bush)

内径  D

i

: 30 mm

肉厚の許容差

:  シリーズ D(JIS B 1584-1 参照)

外径  D

o

: 34 mm

幅  B

: 16 mm

軸受材料分類

: P2(JIS B 1584-4 参照)

油穴

:  L(

表 参照)

油だまり

: N1B[A.1 の a)参照]

外径測定

: Test A(ISO 3547-2 参照)

内径測定

: Test C(ISO 3547-2 参照)

呼び方:Bush ISO 3547

−C30 D 34  × 16−P2−L N1B−AC

参考文献 ISO 

3547-2

,Plain bearings−Wrapped bushes−Part 2: Test data for outside and inside diameters


附属書 JA

(参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS B 1584-3 : 2010

  滑り軸受−巻きブシュ−第 3 部:油穴,油溝及び油だまり

ISO 3547-3 : 2006

  Plain bearings−Wrapped bushes−Part 3: Lubrication holes,

grooves and indentations

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇
条ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号
及び名称

内容

(Ⅱ) 
国 際 規 格

番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

1

適 用 範

1

規定内容は JIS とほぼ同
じ で あ る が 製 品 の 呼 び
方 に つ い て も 規 定 し て

いる。

削除

JIS

では,製品の呼び方につ

いてはこの規格で規定する内
容ではないと判断し,附属書

(参考)に記載した。

規格使用者の利便性を考えて附
属書として示したもので,技術的
な差異はない。

2

引 用 規

2

3

用 語 及

び定義

引 用 規 格 を JIS B 

0162-1

及び JIS B 

0163-2

と規定。

 3

引 用 規 格 と し て ISO 

4378-1

だ けを 規定し て

いる。

追加

JIS

では,用語及び定義での

引用規格として JIS B 0163-2

を追加した。

JIS

は使用者の理解を助けるため

に定義を設けた。

4

記 号 及

び単位

本 文 で 用 い る 記 号

及び単位を規定。

 4

規定内容は,JIS とほぼ

同じだが,JIS には不要
な 記 号 及 び 単 位 を 規 定
している。

削除

JIS

では,本文で用いない記

号及び単位を表中から削除し
た。

規格使用者の利便性を考えて,削

除したものであり,技術的な差異
はない。

5

油 穴 ,

油 溝 及 び
油 だ ま り

の 共 通 事

5

規定内容は,JIS とほぼ
同じ。

変更

JIS

では,油穴,油溝及び油

だまりの共通事項を箇条で表
記した。

規格使用者の利便性を考えて,変
更したものであり,技術的な差異
はない。 

6

油 穴 の

形 状 及 び
寸法

油 穴 の 形 状 及 び 寸
法を規定。

 6

規定内容は,JIS とほぼ
同じ。

一致

10

B 158

4-

3


2

010


(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇
条ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号

及び名称

内容

(Ⅱ) 
国 際 規 格
番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

7

油溝

油 溝 の 形 状 及 び 寸

法について規定。

 7

規定内容は,JIS とほぼ

同じ。

一致

8

油 だ ま

油 だ ま り の 形 状 を
規定。

8

油だまりの種類,形状及
び寸法を規定。

削除

JIS

では,油だまりの寸法に

ついてはこの規格で規定する

内容ではないと判断し附属書
(参考)に移した。

規格使用者の利便性を考えて附
属書に移したもので,技術的な差

異はない。

附属書 A 
(参考)

ISO

規格で規定し

て い る 油 だ ま り の
形 状 及 び 寸 法 並 び

に ブ シ ュ の 製 品 の
名称をまとめた。

追加

対応国際規格で規定している
油だまりの形状及び寸法並び
にブシュの製品の名称を,附

属書(参考)とした。

規格使用者の利便性を考えて附
属書に移したもので,技術的な差
異はない。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 3547-3:2006,MOD

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

−  一致……………… 技術的差異がない。

    −  削除……………… 国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。

    −  追加……………… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
    −  変更……………… 国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD……………  国際規格を修正している。

11

B 158

4

-3


2

010