>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 1584-2

:2014

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1  適用範囲  

1

2  引用規格  

1

3  用語及び定義  

2

4  記号及び単位  

2

5  図示例  

2

6  外径寸法及び内径寸法の測定方法  

4

6.1  外径寸法の測定方法 

4

6.2  外径寸法の測定方法 B  

4

6.3  内径寸法の測定方法 

4

6.4  外径寸法の測定方法 

4

6.5  その他の測定方法  

4

7  測定方法 A  

4

7.1  一般  

4

7.2  基本計算  

4

7.3  データ取得の例  

6

7.4  図面表記の例  

6

8  測定方法 B  

7

8.1  一般  

7

8.2  データ取得の例  

7

8.3  図面表記の例  

7

9  測定方法 C  

7

9.1  一般  

7

9.2  データ取得の例  

8

9.3  図面表記の例  

8

10  測定方法 D  

9

10.1  一般  

9

10.2  データ取得の例  

9

10.3  図面表記の例  

9

11  規格番号(JIS B 1584-2)による図面表記方法  

9

附属書 JA(参考)JIS と対応国際規格との対比表  

10


B 1584-2

:2014

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,一般社団法人日本機械学会(JSME)及び一

般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,

日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

JIS B 1584 の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS

B

1584-1  第 1 部:寸法

JIS

B

1584-2  第 2 部:外径・内径寸法の算出に必要なデータ及び図示方法

JIS

B

1584-3  第 3 部:油穴,油溝及び油だまり

JIS

B

1584-4  第 4 部:材料

JIS

B

1584-5  第 5 部:外径寸法の測定方法

JIS

B

1584-6  第 6 部:内径寸法の測定方法

JIS

B

1584-7  第 7 部:薄肉ブシュの肉厚の測定方法


日本工業規格

JIS

 B

1584-2

:2014

滑り軸受−巻きブシュ−第 2 部:外径・内径寸法の

算出に必要なデータ及び図示方法

Plain bearings-Wrapped bushes-

Part 2: Test data for outside and inside diameters

序文 

この規格は,2006 年に第 2 版として発行された ISO 3547-2 を基とし,技術的内容を変更して作成した

日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。変更の一

覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

適用範囲 

この規格は,円筒及びつば(鍔)付きの巻きブシュの外径寸法及び内径寸法の算出に必要なデータ及び

図示方法について規定する。

巻きブシュは,自由状態において変形を伴うため,その外径寸法及び内径寸法は拘束状態で測定する。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 3547-2:2006,Plain bearings−Wrapped bushes−Part 2: Test data for outside and inside diameters

(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0162-1  滑り軸受−用語,定義及び分類−第 1 部:設計,軸受材料及びその特性

注記  対応国際規格:ISO 4378-1,Plain bearings−Terms, definitions and classification−Part 1: Design,

bearing materials and their properties(MOD) 

JIS B 0163-2  滑り軸受−記号−第 2 部:応用記号 
JIS B 1584-1  滑り軸受−巻きブシュ−第 1 部:寸法

注記  対応国際規格:ISO 3547-1,Plain bearings−Wrapped bushes−Part 1: Dimensions(MOD)

JIS B 1584-4  滑り軸受−巻きブシュ−第 4 部:材料

注記  対応国際規格:ISO 3547-4,Plain bearings−Wrapped bushes−Part 4: Materials(MOD)

JIS B 1584-6  滑り軸受−巻きブシュ−第 6 部:内径寸法の測定方法 
ISO 12301,Plain bearings−Quality control techniques and inspection of geometrical and material quality


2

B 1584-2

:2014

characteristics

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS B 0162-1 及び JIS B 0163-2 による。

記号及び単位 

この規格で用いる記号及び単位は,

表 による。

表 1−記号及び単位 

記号

内容

単位

A

cal

 

ブシュの有効断面積(計算値) mm

2

ブシュの幅 mm

C

i

 

内径面取り幅 mm

C

o

 

外径面取り幅 mm

D

fl

 

フランジ径 mm

D

H

 

ハウジング穴径 mm

D

i

 

ブシュの内径 mm

D

i,ch

 

リングゲージ圧入時のブシュの内径 mm

D

o

 

ブシュの外径 mm

F

ch

 

測定力 N

d

ch,1

 

測定ブロックの内径又はリングゲージの内径 mm

d

ch,2

 

プラグの外径又はプラグゲージ外径 mm

r

b)

 

つば部の半径 mm

s

1

 

裏金厚さ

a)

 mm

s

2

 

ライニング厚さ

a)

 mm

s

3

 

肉厚

a)

 mm

s

fl

 

つば厚 mm

∆D

o

 

ブシュの外径の公差 mm

測定力の負荷時の外径の弾性変形量 mm

測定ブロック間の隙間 mm

∆z 

測定値 mm

∆z

D

 

測定方法 D による円周の許容値 mm

a)

  ブッシュの材料が単層材料の場合は,s

1

s

3

又は s

2

s

3

となる。

b)

  最大値は,s

3

と同じ寸法とする。

図示例 

図面には,外径 D

o

及び肉厚 s

3

,又は外径 D

o

及び内径 D

i

のいずれかを示さなければならない。ただし,

肉厚 s

3

及び内径 D

i

は,同一図上に記載しないほうがよい。

円筒及びつば付きブシュの図示例は,

図 による。


3

B 1584-2

:2014

a)  円筒ブシュ 

b)  つば付きブシュ 

a)

  s

3

=0.5 mm の場合,0.2 mm 以上。

図 1−円筒及びつば付きブシュ 


4

B 1584-2

:2014

外径寸法及び内径寸法の測定方法 

6.1 

外径寸法の測定方法 

外径 D

o

は,箇条 に従い測定ジグとして測定ブロック及び基準プラグを用いて確認する。

6.2 

外径寸法の測定方法 

外径 D

o

は,箇条 に従い二つのリングゲージを用いて確認する。

6.3 

内径寸法の測定方法 

内径 D

i

は,箇条 に従いリングゲージにブシュを圧入し,確認する。

6.4 

外径寸法の測定方法 

外径 D

o

は,箇条 10 に従い高精度の測定テープを用いて確認する。

6.5 

その他の測定方法 

外径寸法及び内径寸法のその他の測定方法について,それぞれ JIS B 1584-5 及び JIS B 1584-6 

附属書

JA に参考として記載する。

測定方法 

7.1 

一般 

この測定方法は,外径 180 mm までのブシュに適用できる。

測定ジグは,据え付けられた二つの測定ブロックを基本構成とする(JIS B 1584-5 参照)

測定ブロックに基準プラグを挿入し,分割された片側の測定ブロックから測定力 F

ch

を付与し,指示計

(ダイヤルゲージ)をセットする。

基準プラグを抜いた後ブシュをセットし,再度,測定力を付与する。

ブシュを挿入し,所定の測定力 F

ch

を付与した状態で分割された測定ブロック間の隙間 をダイヤルゲ

ージで読み取り,∆z として記録する。

この数値を用いて外径 D

o

が計算可能となる。

つば付きブシュの場合,製造業者の都合によって,つば部加工前後のいずれかで測定してもよい。

条件設定については,受渡当事者間の協定による。

7.2 

基本計算 

7.2.1 

外径寸法 D

o

の弾性変形による減少量 v 

外径寸法 D

o

の弾性変形量 は,力を加えないときと測定力 F

ch

を加えたときとの差として生じる。

F

ch

は,ブシュと測定ブロックとの表面を密着させたとき,

表 に示す変形を生じるのに要する外力であ

る。

表 2−ブシュ外径 D

o

の弾性変形による減少量 

単位  mm

外径 D

o

の範囲

弾性変形による減少量 v

 

D

o

≦  6

0.003

6< D

o

≦ 12

0.006

 12< D

o

≦ 80

0.013

 80< D

o

≦180 0.025

7.2.2 

測定ブロックの内径の計算 d

ch,1

測定ブロックの内径寸法 d

ch,1

は,ブシュ外径寸法上限値 D

o,max

を用いて,次の式によって求める。


5

B 1584-2

:2014

v

D

d

=

max

o,

1

ch,

7.2.3 

ブシュの有効断面積 A

cal

測定力 F

ch

を計算するために,ブシュの有効断面積 A

cal

を最初に確定しておく必要がある。有効断面積

A

cal

は,材料,ブシュの幅 B,裏金厚さ s

1

及びライニング厚さ s

2

に依存する。有効断面積 A

cal

は,ブシュの

幅 及び

表 に示す裏金厚さ s

1

,ライニング厚さ s

2

を用いて,

表 に示す式によって求める。

表 3−各層の厚さの呼び寸法 

単位  mm

呼び厚さ

肉厚(JIS B 1584-1

s

3

裏金厚さ

s

1

ライニング厚さ

s

2

0.5 0.3 0.2 
0.75 0.53 0.22 
1.0 0.68

0.32

1.5 1.1 0.4 
2.0 1.55

0.45

2.5 2.05

0.45

表 4−ブシュ有効断面積 A

cal

の計算 

材料名称(JIS B 1584-4 による。

ブシュの有効断面積 A

cal

D1,D2,P1,P2,T2,Z1

A

cal

B×s

1

B1,B2,D3,W1,W2,Y1,Y2

2

1

cal

s

B

A

×

=

D4

3

1

cal

s

B

A

×

=

R1,R2,R3,R4

+

×

=

3

2

1

cal

s

s

B

A

S1,S2,S3,S4,S5,S6,S7

+

×

=

2

2

1

cal

s

s

B

A

7.2.4 

測定力の計算 F

ch

測定力 F

ch

は,

表 に示す式によって求める。

表 5−測定力 F

ch

の計算式 

外径 D

o

(mm)の範囲

加圧測定力 F

ch

(N)

 

D

o

≦    6

ch,1

cal

500

1

d

A

×

(100 N 単位で切り上げる。

  6<D

o

≦ 12

ch,1

cal

000

3

d

A

×

(250 N 単位で切り上げる。

 12<D

o

≦ 80

ch,1

cal

000

6

d

A

×

(500 N 単位で切り上げる。

 80<D

o

≦120

ch,1

cal

000

12

d

A

×

(500 N 単位で切り上げる。


6

B 1584-2

:2014

なお,有効断面積 A

cal

は,潤滑溝によって低減される。そのため,潤滑溝が有効断面積の 10 %を超える

場合は,その分差し引くことを考慮しなければならない。

JIS B 1584-1 に規定されていないブシュの場合,Bs

1

及び s

2

は,上下限方法の算術平均を 0.1 mm 単位

で切り上げて用いる。測定力 F

ch

の計算式のうち,

表 以外に規定されている式は,SAE J835 を参照する。

7.2.5 

測定値∆z の限度 

上限:0

下限:−π/2×ΔD

o

(0.005 mm 単位で切り上げる。

7.3 

データ取得の例 

ISO 354730A 34 × 30S3JIS B 1584-1 の A.7(製品の呼び方)による。]の場合 

外径:

D

o

=34

0.085

/

0.045

 mm(JIS B 1584-1 の表 11 による。)

肉厚:

s

3

=2 mm

裏金厚さ:

s

1

=1.55 mm(

表 参照)

ライニング厚さ: s

2

s

3

s

1

=2 mm−1.55 mm=0.45 mm

ブシュの幅:

B=30 mm

構成材料:

鋼/銅合金 S3(JIS B 1584-4 による。

7.2.2 から 

測定用ブロックの内径:

v

D

d

=

max

o,

1

ch,

mm

072

.

34

mm

013

.

0

mm

085

.

34

=

=

7.2.3 から

有効断面積:

+

×

=

2

2

1

cal

s

s

B

A

(

)

2

mm

25

.

53

2

/

mm

45

.

0

mm

55

.

1

mm

30

=

+

×

=

7.2.4 から

測定力:

1

ch,

cal

ch

000

6

d

A

F

×

=

(

)

単位で切り上げる。

N

500

N

500

9

N

377

9

072

.

34

/

25

.

53

000

6

ch

=

=

×

=

F

7.2.5 から

測定値∆z の上限:

0 mm

測定値∆z の下限:−

π/2

×

Δ

D

o

=−

π/2

×

0.040 mm

=−

0.062 8 mm

=−

0.065 mm

0.005 mm

単位で切り上げる。

7.4 

図面表記の例 

7.3 で取得したデータの図面への表記例を,図 に示す。


7

B 1584-2

:2014

JIS B 1584-2 の測定方法 A

測定ブロックの内径及びプラグの外径:

            d

ch,1

d

ch,2

=34.072 mm

測定力:F

ch

=9 500 N

上下限値:∆z=0 及び−0.065 mm

ブシュの外径:D

o

=34.045∼34.085 mm

図 2−図面表記例 

測定方法 

8.1 

一般 

この測定方法は,外径寸法

120 mm

までのブシュに適用することができる。

通りゲージ(

GO

ゲージ)及び止まりゲージ(

NO-GO

ゲージ)の二つのリングゲージを用いて測定を行

う。

リングゲージの内径寸法は,測定対象となるブシュの外径寸法最大値及び最小値(JIS B 1584-1 

表 11

に基づき経験的に求められ,受渡当事者間の協定によって決定する。

ブシュは手で(最大

250 N

の力)容易に通りリングゲージに通り,同じ力で止まりリングゲージに通っ

てはならない(JIS B 1584-5 参照)

注記

ブシュの真円度,合わせ目の開きなどによって,測定の精度が影響を受ける場合がある。した

がって,ブシュの外径寸法の測定には,測定方法

A

を用いるのが望ましい。

8.2 

データ取得の例 

ISO 354730A 34 × 30S3  の場合

外径:

D

o

34

0.085

/

0.045

 mm

JIS B 1584-1 

表 11 による。)

材質:

鋼/銅合金

S3

JIS B 1584-4 による。

通りゲージ内径:

34.095 mm

(経験値)

止まりゲージ内径:

34.045 mm

(経験値)

8.3 

図面表記の例 

8.2 で取得したデータの図面への表記例を,次に示す。

JIS B 1584-2 測定方法

B

通りゲージ内径:=

34.095 mm

止まりゲージ内径:=

34.045 mm

測定方法 

9.1 

一般 

ブシュを

表 に規定した内径寸法のリングゲージに圧入して,ブシュ内径寸法 D

i

を測定する。

リングゲージの詳細は,JIS B 1584-6 による。

この測定方法は,外径寸法

120 mm

までのブシュに適用することができる。

ブシュ内径寸法 D

i

は,ISO 12301 に基づく

3

点式内径測定機器,又は通り及び止まりプラグゲージを用

いて測定する。


8

B 1584-2

:2014

リングゲージの内径寸法 d

ch,1

及び次の計算によってプラグゲージの外径寸法を求める。

通りプラグゲージ外径寸法:d

ch,1

2

×s

3,max

止まりプラグゲージ外径寸法:d

ch,1

2

×s

3,min

通りプラグゲージは最小の力でブシュ内径に挿入し,止まりプラグゲージはゲージ自重又は手動(最大

250 N

の力)で挿入できないことを確認する。

ブシュをリングゲージに圧入することで,ブシュ外径寸法に永久変形を及ぼす場合がある。

供給業者と使用者との間で測定結果を比較可能にするため,測定方法は受渡当事者間の協定による。

表 6−ブシュ内径寸法 D

i,ch

測定用のリングゲージ内径寸法 d

ch,1

単位  mm

D

o

呼び寸法

d

ch,1

a) 

≦10

D

o

+0.008

10<

≦18

D

o

+0.009

18<

≦30

D

o

+0.011

30<

≦50

D

o

+0.013

50<

≦80

D

o

+0.015

80<

≦120

D

o

+0.018

120<

≦180

D

o

+0.020

a)

  d

ch,1

は,D

o

と H7 級公差の中央値とから求めたものである。

9.2 

データ取得の例 

ISO 354730B 34 × 30JIS B 1584-1 の A.7 による。)の場合

材質:

複層材料

P1

JIS B 1584-4 による。

リングゲージ内径:

d

ch,1

34.013 mm

表 による。)

肉厚:

s

3

2

0.005

/

0.030

 mm

通りプラグ外径:

d

ch,2,min

d

ch,1

2

×s

3,max

34.013 mm

2

×

2.005 mm

30.003 mm

止まりプラグ外径:d

ch,2,max

d

ch,1

2

×s

3,min

34.013 mm

2

×

1.970 mm

30.073 mm

9.3 

図面表記の例 

9.2 で取得したデータの図面への表記例を,図 に示す。


9

B 1584-2

:2014

JIS B 1584-2 測定方法 

注記  d

ch,1

=34.013 mm のリングゲージに圧入時の寸法

図 3−図面表記例 

10 

測定方法 

10.1  一般 

この測定方法は,外径寸法が

120 mm

を超えるブシュに適用できる。

精密測定テープを用いてブシュの円周長を測定する。

詳細は,受渡当事者間の協定による。

10.2  データ取得の例 

ISO 3547200A 205 × 100S3JIS B 1584-1 の A.7 による。)の場合

外径:

D

o

205

0.225

/

0.125

 mm

材質:

鋼/銅合金

S3

JIS B 1584-4 による。

10.3  図面表記の例 

10.2 で取得したデータの図面への表記例を,図 に示す。

JIS B 1584-2 測定方法 

図 4−図面表記例 

11 

規格番号(JIS B 1584-2)による図面表記方法 

測定方法

A

は,

JIS B 1584-2

測定方法

A

”と表記する。

測定方法

B

は,

JIS B 1584-2

測定方法

B

”と表記する。

測定方法

C

は,

JIS B 1584-2

測定方法

C

”と表記する。

測定方法

D

は,

JIS B 1584-2

測定方法

D

”と表記する。

参考文献

SAE J835

Split Type Bushings

Design and Application


10

B 1584-2

:2014

附属書 JA

(参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS B 1584-2:2014  滑り軸受−巻きブシュ−第 2 部:外径・内径寸法の算出に必要
なデータ及び図示方法

ISO 3547-2:2006,Plain bearings−Wrapped bushes−Part 2: Test data for outside and 
inside diameters

(I)JIS の規定

(II) 
国際規格

番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

箇 条 番 号

及び題名

内容

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

1  適 用 範

巻 き ブ シ ュ の 一 般

的な状態を記載。

1

肉厚測定は直接測定可能

であるため,算出方法は
規定しないことを記載。

変更

外径寸法及び内径寸法に関す

る規定のため,巻きブシュの一
般的な状態を記載した。

JIS では規格使用者の理解を助け
るために変更したもので,技術的
な差異はない。

3  用 語 及
び定義

JIS B 0162-1 及 び
JIS B 0163-2 で 規
定。

 3 引用規格 ISO 4378-1 だけ

で規定。

追加

JIS では,引用規格として JIS B 
0163-2 
での規定を追加した。

ISO 規格の見直しの際に提案を検
討する。

5  図示例

円 筒 及 び つ ば 付 き
ブ シ ュ の 図 示 例 を

記載。

 5 JIS とほぼ同じ。

変更

JIS の内径面取り C

i

の表記は,

ISO 規格と異なる。

既に適用されている JIS B 1584-1
との整合を取るため,この規格で
ISO 規格に準拠することを見送っ
た。JIS の見直しの際に ISO 規格
の規定内容への一致を検討する。

6  外 径 寸
法 及 び 内

径 寸 法 の
測定方法

6.5 その他の測定方

追加

その他の測定方法を記載した。 製造業者で使用している測定方

法を追加した。

7  測 定 方
法 A

外径 D

o

を測定ジグ

と し て 測 定 ブ ロ ッ

ク 及 び 基 準 プ ラ グ
を用いて確認する。

 7 JIS とほぼ同じ。

追加

JIS では外径寸法測定の条件設
定を受渡当事者間の協定で決

めることを許容することを規
定(7.1)した。

製造業者では,外径寸法測定の条

件設定を全て ISO 規格の規定ど

おりに実施していない場合があ
ることから,規格使用者の利便性

を考えて追加した。製造業者にお

ける条件設定の妥当性を確認し
た上で適用する必要がある。

10

B 15

84
-2


201

4


11

B 1584-2

:2014

(I)JIS の規定

(II) 
国際規格

番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

箇 条 番 号

及び題名

内容

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

7  測 定 方
法 A

(続き)

表 4

Table 4

JIS とほぼ同じ。

追加

JIS B 1584-4 で JIS 独自の材料
として規定された S7 を追加し
た。

ISO 規格の見直しの際に提案を検
討する。

JIS と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 3547-2:2006,MOD

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  追加……………… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
    −  変更……………… 国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD……………  国際規格を修正している。

11

B 15

84
-2


201

4