>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 1584-1

:2010

(1)

目  次

ページ

序文 

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  用語及び定義 

2

4

  量記号及び単位 

2

5

  寸法及び許容差 

2

附属書 A(参考)設計

14

附属書 JA(参考)JIS と対応国際規格との対比表 

17


B 1584-1

:2010

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本機械学会(JSME)及び財団法

人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工

業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS B 1584

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS B 1584-1

  第 1 部:寸法

JIS B 1584-3

  第 3 部:油穴,油溝及び油だまり

JIS B 1584-4

  第 4 部:材料


日本工業規格

JIS

 B

1584-1

:2010

滑り軸受−巻きブシュ−

第 1 部:寸法

Plain bearings-Wrapped bushes-Part 1: Dimensions

序文 

この規格は,2006 年に第 2 版として発行された ISO 3547-1 を基に作成した日本工業規格であるが,我

が国の実状を反映させるため,技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。

変更の一覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

適用範囲 

この規格は,巻きブシュの寸法について規定する。

注記 1  附属書 に軸の表面粗さ,ハウジング内面の表面粗さ,ハウジング内径の公差,並びにブシ

ュ内径の上限寸法及び下限寸法の計算例を示す。

注記 2  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 3547-1:2006

,Plain bearings−Wrapped bushes−Part 1: Dimensions (MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0162-1

  滑り軸受−用語,定義及び分類−第 1 部:設計,軸受材料及びその特性

注記  対応国際規格:ISO 4378-1,Plain bearings−Terms, definitions and classification−Part 1: Design,

bearing materials and their properties (MOD)

JIS B 0163-2

  滑り軸受−記号−第 2 部:応用記号

JIS B 1584-4

  滑り軸受−巻きブシュ−第 4 部:材料

注記  対応国際規格:ISO 3547-4,Plain bearings−Wrapped bushes−Part 4: Materials (MOD)

ISO 3547-2

,Plain bearings−Wrapped bushes−Part 2: Test data for outside and inside diameters

ISO 3547-6

,Plain bearings−Wrapped bushes−Part 6: Checking the inside diameter

ISO 12301

,Plain bearings−Quality control techniques and inspection of geometrical and material quality

characteristics


2

B 1584-1

:2010

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS B 0162-1 及び JIS B 0163-2 による。

量記号及び単位 

この規格で用いる量記号及び単位は,

表 による。

表 1−量記号及び単位

記号

定義

単位

ブシュ幅 mm

C

i

 

内径面取り幅 mm

C

o

 

外径面取り幅 mm

f l

ブシュつば径 mm

D

i

 

ブシュ内径 mm

D

i,ch

リングゲージに圧入したブシュ内径 mm

D

H

ハウジング内径 mm

D

o

 

ブシュ外径 mm

b)

 

半径(つば部根元半径) mm

Ra 

表面粗さ µm

s

1

 

裏金厚さ

a)

 mm

s

2

 

ライニング厚さ

a)

 mm

s

3

 

肉厚

a)

 mm

f 1

 

つば厚 mm

a)

  ブシュの材料が単層材料の場合は,s

1

s

3

又は s

2

s

3

となる。

b)

  の最大値は,s

3

と同じ寸法とする。

寸法及び許容差 

巻きブシュは,形状によって円筒巻きブシュ及びつば付き巻きブシュに区分し,それぞれの寸法は,次

による。

a)

円筒巻きブシュの内径,外径,肉厚及びブシュ幅の推奨値は,

表 2∼表 による。

b)

つば付き巻きブシュの内径,外径,肉厚,つば径,つば厚及びブシュ幅の推奨値は,

表 による。

c)

外径面取り及び内径面取りの寸法は,

表 による。

d)

ブシュの肉厚の許容差は,

表 による。

e)

ブシュ内径が機械仕上加工されて供給されるブシュ(シリーズ W)について,リングゲージに圧入し

た状態でのブシュ内径 D

i,ch

の許容差は,

表 10 による。

f)

ブシュ外径 D

o

の許容差は,

表 11 による。

なお,受渡当事者間の協定によって,

表 2∼表 11 に示す許容差以外を使用してもよい。

ハウジングへ圧入した状態でのブシュ内径の最大値は,ハウジング径の最大値から肉厚(s

3

)の最小値の 2

倍の値を差し引くことによって求める。同様に,ブシュ内径の最小値は,ハウジング径の最小値から肉厚

(s

3

)の最大値の 2 倍の値を差し引くことによって求める。これは,ブシュの圧入によるハウジング径の拡大

はないものと仮定している。実際には,拡大はハウジング,ブシュの剛性などの幾つかの要因に依存する。

ブシュ内径の計算例を A.6 に示す。

肉厚許容差は,ブシュ内径の機械加工仕上代の有無及び JIS B 1584-4 に規定する材料による。シリーズ


3

B 1584-1

:2010

A,B,C,D 及び E に対するブシュの肉厚許容差を,表 に示す。

ブシュ肉厚に代わりブシュ内径 D

i, ch

が指定される場合がある。D

i, ch

  はブシュをリングゲージに圧入し

たときのブシュ内径寸法とする

(リングゲージ手法によるブシュ内径の測定は,

ISO 3547-2

及び ISO 3547-6

に示す。

検査すべき寸法として,ブシュ肉厚とブシュ内径とが同時に指定されることはない。

実際のハウジングに圧入されたときのブシュ内径公差は,D

i, ch

の公差とハウジング内径公差との和とな

る。ブシュ肉厚から計算によってブシュ内径を求める場合は,ハウジング内径の拡大はないものと仮定し

ている。


4

B 1584-1

:2010

表 2−円筒巻きブシュの内径,外径,肉厚及びブシュ幅の推奨値(肉厚 s

3

が 0.5 mm 又は 0.75 mm のもの)

a)

  s

3

 = 0.5 mm の場合,0.2 mm 以上。

単位  mm

肉厚  s

3

=0.5

ブシュ幅  B

ブシュ

内径

D

i

ブシュ

外径

D

o

肉厚

s

3

3  4  5  6  7  8  10 12 15 20 25 30 40

2 3 0.5

±0.25

± . 5

3 4 0.5

±0.25

±0.25

± . 5

4 5 0.5

±0.25

±0.25

± . 5

5 6 0.5  −

±0.25

±0.25

±0.25

   

6 7 0.5

±0.25

±0.25

±0.25

±0.25

   

8 9 0.5

±0.25

±0.25

±0.25

±0.25

   

10

11

0.5   

±0.25

±0.25

±0.25

   

肉厚  s

3

=0.75

ブシュ幅  B

ブシュ

内径

D

i

ブシュ

外径

D

o

肉厚

s

3

3  4  5  6  7  8  10 12 15 20 25 30 40

2 3.5

0.75

±0.25

± . 5

3 4.5

0.75

±0.25

±0.25

± . 5

4 5.5

0.75

±0.25

±0.25

±0.25

±0.25

   

4

B 158

4-

1


2

010


表 3−円筒巻きブシュの内径,外径,肉厚及びブシュ幅の推奨値(肉厚 s

3

が 1.0 mm のもの) 

単位  mm

肉厚  s

3

=1.0

ブシュ幅  B

ブシュ

内径

D

i

ブシュ

外径

D

o

肉厚

s

3

3  4  5  6  7  8  10 12 15 20 25 30 40

3 5 1.0

±0.25

±0.25

±0.25

±0 5

4 6 1.0

±0.25

±0.25

±0 5

6 8 1.0

±0.25

±0.25

±0.25

±0.25

±0.25

 

7 9 1.0

±0.25

±0.25

±0.25

±0.25

 

8 10 1.0

±0.25

±0.25

±0.25

±0.25

±0.25

±0.25

 

9 11 1.0

±0.25

10 12 1.0

±0.25

±0.25

±0.25

±0.25

±0.25

±0.5

±0.5

12 14 1.0

±0.25

±0.25

±0.25

±0.25

±0.25

±0.5

±0.5

±0.5

13 15 1.0

±0.25

±0.5

±0.5

14 16 1.0

±0.25

±0.25

±0.5

±0.5

±0.5

15 17 1.0

±0.25

±0.25

±0.5

±0.5

±0.5

16 18 1.0

±0.25

±0.25

±0.5

±0.5

±0.5

17 19 1.0

±0.5

±0.5

18 20 1.0

±0.25

±0.5

±0.5

±0.5

5

B 1584

-1


2010


表 4−円筒巻きブシュの内径,外径,肉厚及びブシュ幅の推奨値(肉厚 s

3

が 1.5 mm のもの)

単位  mm

肉厚  s

3

=1.5

ブシュ幅  B

ブシュ

内径

D

i

ブシュ

外径

D

o

肉厚

s

3

3  4  5  6  7  8  10 12 15 20 25 30 40

8 11 1.5

±0.5

±0.5

10

13

1.5

    

±0.25

±0.25

±0.25

±0.25

12

15

1.5

    

±0.5

±0.5

±0.5

13

16

1.5

    

±0.5

±0.5

±0.5

±0.5

14

17

1.5

    

±0.5

±0.5

±0.5

±0.5

15

18

1.5

    

±0.25

±0.25

±0.25

±0.25

±0.25

16

19

1.5

    

±0.25

±0.25

±0.25

±0.5

±0.25

18

21

1.5

       −

±0.25

±0.5

±0.5

20

23

1.5

    

±0.25

±0.25

±0.5

±0.5

±0.5

22

25

1.5

      

±0.25

±0.5

±0.5

±0.5

24

27

1.5

      

±0.25

±0.5

±0.5

±0.5

25

28

1.5

      

±0.25

±0.5

±0.5

±0.5

28

31

1.5

      

±0.5

±0.5

±0.5

6

B 1584

-1


2010


表 5−円筒巻きブシュの内径,外径,肉厚及びブシュ幅の推奨値(肉厚 s

3

が 2.0 mm のもの)

単位  mm

肉厚  s

3

=2.0

ブシュ幅  B

ブシュ

内径

D

i

ブシュ

外径

D

o

肉厚

s

3

15 20 25 30 40 50 60 70 80 100 115

28 32 2.0

±0.25

±0.25

±0.25

±0.5

±0.5

30 34 2.0

±0.25

±0.25

±0.25

±0.5

±0.5

32 36 2.0   ±0.25

±0.5

±0.5

35 39 2.0   ±0.25

±0.5

±0.5

±0.5

37 40 2.0   ±0.25

±0.5

±0.5

38 42 2.0   ±0.25

±0.5

±0.5

40 44 2.0   ±0.25

±0.5

±0.5

±0.5

7

B 158

4-

1


2

010


表 6−円筒巻きブシュの内径,外径,肉厚及びブシュ幅の推奨値(肉厚 s

3

が 2.5 mm のもの) 

単位  mm

肉厚  s

3

=2.5

肉厚

ブシュ幅  B

ブシュ

内径

D

i

ブシュ

外径

D

o

s

3

 15 20 25 30 40 50 60 70 80 100

115

45 50 2.5   ±0.25

±0.25

±0.5

±0.5

   

50 55 2.5   ±0.25

±0.25

±0.25

±0.5

±0.5

±0.5

  

55 60 2.5   ±0.25

±0.25

±0.5

±0.5

  

60 65 2.5   ±0.25

±0.25

±0.5

±0.5

±0.75

 

65

70

2.5

 

±0.25

±0.5

±0.75

 

70

75

2.5

 

±0.25

±0.5

±0.75

 

75

80

2.5

 

±0.5

±0.5

±0.75

80

85

2.5

 

±0.5

±0.5

±0.75

±0.75

85

90

2.5

 

±0.5

±0.5

±0.75

±0.75

90

95

2.5

 

±0.5

±0.5

±0.75

95

100

2.5

     −

±0.5

±0.75

100

105

2.5

 

±0.5

±0.5

±0.75

±0.75

105

110

2.5

     −

±0.5

±0.75

±0.75

110

115

2.5

     −

±0.5

±0.75

±0.75

115

120

2.5

 

±0.5

±0.5

±0.5

±0.75

8

B 158

4-

1


2

010


表 6−円筒巻きブシュの内径,外径,肉厚及びブシュ幅の推奨値(肉厚 s

3

が 2.5 mm のもの)(続き)

単位  mm

肉厚  s

3

=2.5

ブシュ幅  B

ブシュ

内径

D

i

ブシュ

外径

D

o

肉厚

s

3

15 20 25 30 40 50 60 70 80 100

115

120

125

2.5

 

±0.5

±0.5

±0.75

125

130

2.5

   

±0.5

±0.75

130

135

2.5

   

±0.5

±0.75

135

140

2.5

   

±0.5

±0.5

±0.75

140

145

2.5

   

±0.5

±0.75

150

155

2.5

   

±0.5

±0.5

±0.75

160

165

2.5

   

±0.5

±0.5

±0.75

170

175

2.5

     

±0.75

180

185

2.5

     

±0.75

ブシュ幅 は,ISO 12301 に示す方法で検査する。

注記 1  表 2∼表 に示す以外のブシュ幅 の公差は,受渡当事者間の協定による。 
注記 2  表中以外のブシュ幅 を使用する場合,φD

i

=50 mm まではブシュ幅の末尾の数字を 2,5 又は 8 とし,φD

i

=50 mm 以上の場合はブシュ幅の末尾の数字を 5

とするのが望ましい。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

9

B 158

4-

1


20
1

0


表 7−つば付き巻きブシュの内径,外径,肉厚,つば径,つば厚及びブシュ幅の推奨値 

単位  mm

つば径 D

f l

ブシュ幅  B

ブ シ
ュ 内

D

i

ブ シ
ュ 外

D

o

肉厚

s

3

基準 
寸法

許容 
  差

つ ば
厚 s

f l

最大
丸み

寸法

r

max

4 5.5 7 7.5 8  9 9.5

11.5

12 16 16.5

17 21.5

22 26

6 8

12

±0.25

± . 5

8 10

15

±0.25

±0.25

±0.25

     

10 12

18

   ±0.25

±0.25

±0.25

±0.5

12 14

20

   ±0.25

±0.25

±0.25

±0.5

14

16

22

     −

±0.25

±0.5

15

17

23

 

±0.25

±0.25

±0.5

16

18

24

       −

±0.25

±0.5

18 20

1.0

26

+0.5 
−0.8

0.8∼
1.05

1.0

±0.25

±0.5

±0.5

20

23

30

 

±0.25

±0.25

±0.5

25 28

1.5

35

1.3∼
1.6

1.5

±0.25

±0.25

±0.5

30 34

42

+1.0 
−0.8

±0.25

±0.5

35

39

47

      

±0.25

±0.5

40 44

2.0

52

1.8∼
2.1

2.0

±0.25

±0.5

45 50 2.5 58

+2.0 
−0.8  2.3∼

2.6

2.5

±0.25

±0.5

10

B 158

4-

1


2

010


11

B 1584-1

:2010

表 8−外径面取り及び内径面取りの寸法

単位  mm

外径面取り寸法  C

o

肉厚

s

3

切削加工

ロール加工

内径面取り寸法

C

i

0.5 0.2±0.1

−0.05 
−0.30

0.75 0.5±0.3

−0.1 
−0.4

1.0 0.6±0.4

−0.1 
−0.6

1.5 0.6±0.4

−0.1 
−0.7

2.0 1.2±0.4 1.0±0.4

−0.1

−0.7

2.5 1.8±0.6 1.2±0.4

−0.2

−1.0

注記  圧入後に内径を機械加工するブシュの場合,C

i

部はあらかじめ大きめにしておくのが

よい。

表 9−ブシュの肉厚の許容差 

単位  mm

肉厚 s

3

の許容差

圧入後に機械加工しない場合

圧入後に

機械加工する場合

肉厚 s

3

ブシュ外径 D

o

の区分

シリーズ A

シリーズ B

シリーズ D

シリーズ C

シリーズ E

0.5 3 以上 11 以下

0

−0.015

0

−0.030

0.75 3 を超え 6 以下

0

−0.015

0

−0.020

+0.25 
+0.15

1.0 5 以上 20 以下

0

−0.015

0.005

−0.020

−0.020

−0.045

+0.25 
+0.15

+0.11

+0.07

1.5 11 以上 31 以下

0

−0.015

0.005

−0.025

−0.025

−0.055

+0.25 
+0.15

+0.11

+0.07

2.0 32 以上 44 以下

0

−0.015

0.005

−0.030

−0.030

−0.065

+0.25 
+0.15

+0.11

+0.07

80 以下

0

−0.020

0.005

−0.040

80 を超え 120 以下

0

−0.025

−0.010

−0.060

2.5

120 を超え 185 以下

0

−0.030

−0.035

−0.085

−0.040

−0.085

+0.30

+0.15

+0.14

+0.07

注記  シリーズ A,B,C,D 及び E に対応した材料は,JIS B 1584-4 の表 及び表 による。

製造工程によってブシュ背面に軽微な凹みが発生することがある。肉厚を測定する場合にはこのような

凹みを避けて測定する。


12

B 1584-1

:2010

表 10−リングゲージに圧入した状態でのブシュ内径の許容差(シリーズ W  JIS B 1584-4

単位  mm

単位  mm

ブシュ内径

D

i

リングゲージに圧入し
た状態でのブシュ内径

D

i, ch

の許容差

ブシュ内径

D

i

リングゲージに圧入し
た状態でのブシュ内径

D

i, ch

の許容差

2

55

3

60

4

65

5

70

6

75

7

80

          +0.074 
              0

8

85

9

90

10

          +0.036 
              0

 95

12

100

13

105

14

110

15

115

16

120

          +0.087 
              0

17

125

18

          +0.043 
              0

 130

20

135

22

140

24

150

25

160

28

170 
180

          +0.100 
              0

30

          +0.052 
              0

32

35

37

38

40

45

50

          +0.062 
              0

注記  特に規定のない限り,ブシュ外径と内径の同心度は 0.05 mm 以下とするのが望ましい。

 
 
 
 
 
 
 


13

B 1584-1

:2010

表 11−ブシュ外径の許容差 

単位  mm

許容差

許容差

ブシュ外径

D

o

鋼又は

裏金が鋼の場合

ア ル ミ ニ ウ ム 合

金,銅合金又は裏
金 が ア ル ミ ニ ウ
ム 合 金 若 し く は

銅合金の場合

ブシュ外径

D

o

鋼又は

裏金が鋼の場合

ア ル ミ ニ ウ ム 合

金,銅合金又は裏
金 が ア ル ミ ニ ウ
ム 合 金 若 し く は

銅合金の場合

3

85

3.5

90

4

95

5

100

6

105

+0.140 
+0.090

7

110

8

115

9

120

+0.120 
+0.070

10

+0.055 
+0.025

+0.075 
+0.045

 125

11

130

12

135

13

140

14

145

15

155

16

165

17

175

+0.170 
+0.100

+0.190 
+0.120

18

+0.065

+0.030

+0.080

+0.050

19

185

+0.255

+0.125

+0.245

+0.145

20

21

23

25

27

28

+0.075 
+0.035

+0.095 
+0.055

31

32

34

36

39

40

42

44

50

+0.085 
+0.045

+0.110 
+0.065

55

60

65

70

75

80

+0.100

+0.055

+0.125

+0.075


14

B 1584-1

:2010

附属書 A

(参考)

設計

序文 

フリー状態での巻きブシュは完全な円筒でなく,合わせ目は開いている場合がある。一般に,巻きブシ

ュはハウジングに圧入することによってまるくなり,合わせ目が閉じる。  合わせ目にクリンチを用いるこ

とによって巻ブシュの合わせ目は,閉じることができる。合わせ目の設計は,製造業者によって行われる。

巻きブシュは,内径を機械加工する仕上代をもっている製品ともっていない製品とがある。機械加工の

仕上代をもっている巻きブシュは,ハウジングに圧入された後,使用者によって完成寸法に仕上加工が施

される。すべての巻きブシュの材料で仕上代が設けられるというわけではない。

JIS B 1584-4

の材料による巻きブシュは,

表 で示す肉厚の許容差(シリーズ A,B,C,D 及び E),又

表 10 で示すリングゲージにブシュを圧入したときの内径の許容差(シリーズ W)の状態で納入される。

油穴,油溝及び油だまりは,エンボス又はパンチングによって加工できるよう設計するのが望ましい。

その後の巻き工程によるひずみは,許容される。すべての端面及び面取り部には,有害なばりがないもの

とし,組付け及び機能に影響しない  ばりは,許容される。

A.1 

ハウジング内径の公差 

ハウジング内径の公差域クラスは,

表 A.1 による。

表 A.1−ハウジング内径の公差域クラス 

単位  mm

単位  mm

ブシュ外径

D

o

ハウジング内径

D

H

の公差

ブシュ外径

D

o

ハウジング内径

D

H

の公差

3

27

3.5

28

4

H6

 31

5

32

6

34

7

36

8

39

9

40

10

42

11

44

12

50

13

55

14

60

15

65

16

70

17

75

18

>75

H7

19

20

21

23

25

H7


15

B 1584-1

:2010

A.2 

軸径の公差 

  軸径の公差は,軸材料及びアプリケーションによって選択される。

A.3 

ハウジング内面の表面粗さ 

  ハウジング内面の表面粗さは,Ra 1.6∼Ra 3.2 を推奨する。

A.4 

軸の表面粗さ 

  軸の表面粗さは,Ra 0.2∼Ra 0.4 を推奨する。

A.5 

ブシュの表面粗さ 

  ブシュの表面粗さは,

表 A.2 による。

表 A.2−ブシュの表面粗さ 

単位  μm

Ra

表面の区分

シリーズ A

シリーズ B

シリーズ C 及び E

シリーズ D

シリーズ W

ブシュ内面 0.8 以下 1.6 以下

a)

 6.3 以下 1.6 以下 1.6 以下

ブシュ背面 1.6 以下 1.6 以下 1.6 以下 1.6 以下 1.6 以下

他の部位 25 以下 25 以下 25 以下 25 以下 25 以下

注記  材料分類の詳細は,JIS B 1584-4 を参照。 

a)

  JIS B 1584-4 による材料記号 B1 及び P1 で製造するブシュについては,6.3 μm 以下とする。

A.6 

ブシュ内径の計算例 

ブシュ外径 34 mm で肉厚 2 mm の巻きブシュをハウジングに圧入した状態での,ブシュ内径寸法の上限

寸法及び下限寸法の計算例を,次に示す。ただし,ブシュは圧入後に軸受内径を機械加工せず,裏金は鋼

の場合である。

計算例 

  ハウジング内径

D

H

025

.

0

0

34

 mm

  ブシュ外径

D

o

5

8

0

.

0

5

4

0

.

0

34


 mm

  肉厚

s

3

0

15

0

.

0

2

 mm

  ブシュ内径寸法の上限寸法

=ハウジング内径最大値−(

2

×肉厚最小値)

34.025

(2

×

1.985)

30.055 mm

  ブシュ内径寸法の下限寸法

=ハウジング内径最小値−(

2

×肉厚最大値)

34.000

(2

×

2.000)

30.000 mm

注記 1  ハウジング内径の公差域クラスは,表 A.1 を参照。

注記 2  ブシュ外径 D

o

の許容差は,

表 11 を参照。

注記 3  肉厚 s

3

の許容差は,

表 を参照。

注記 4  ブシュを圧入した後のハウジング内径 D

H

は,わずかに拡大する。これは,ハウジングの剛

性に依存する。剛性の高い鋼製ハウジングの場合,ブシュ圧入後のハウジング内径の拡大は,

近似的にブシュ外径 D

o

の公差中央値とハウジング内径公差中央値との差の約

6

分の

1

程度と

考えることができる。


16

B 1584-1

:2010

A.7 

製品の呼び方 

製品の呼び方を,参考として

例 1∼例 に示す。

例 1  円筒巻きブシュ

 (Type C

wrapped cylindrical bush)

内径  D

i

 30 mm

肉厚の許容差

シリーズ

A

表 参照)

外径  D

o

 34 mm

幅  B

 20 mm

軸受材料記号

 S5

JIS B 1584-4 参照)

穴及び溝

 M1A

JIS B 1584-3 参照)

油だまり

 N1B

JIS B 1584-3 参照)

外径測定

 Test A

ISO 3547-2 参照)

肉厚測定

ISO 3547-7

による測定方法“

S

呼び方:

Bush ISO 3547 – C30 A 34

×

  20 – S5 – M1A N1B – AS

例 2  つば付き巻きブシュ

 (Type F

wrapped flanged bush)

内径  D

i

 30 mm

肉厚の許容差

シリーズ

B

表 参照)

外径  D

o

 34 mm

幅  B

 16 mm

軸受材料記号

 P1

JIS B 1584-4 参照)

外径測定

 Test A

ISO 3547-2 参照)

内径測定

 Test C

ISO 3547-2 参照)

呼び方:

Bush ISO 3547 – F30 B34

×

  16 – P1 – AC

例 3  円筒巻きブシュ

 (Type C

wrapped flanged bush)

内径  D

i

 30 mm

肉厚の許容差

シリーズ

W

表 10 参照)

外径  D

o

 34 mm

幅  B

 20 mm

軸受材料記号

 Y1

JIS B 1584-4 参照)

外径測定

 Test A

ISO 3547-2 参照)

内径測定

 Test C

ISO 3547-2 参照)

呼び方:

Bush ISO 3547 – C30 W34

×

 20– Y1 – AC

参考文献  JIS B 0633  製品の幾何特性仕様

 (GPS)

−表面性状:輪郭曲線方式−表面性状評価の方式及び

手順

注記

対応国際規格:ISO 4288

Geometrical Product Specifications (GPS)

Surface texture:

Profile method

Rules and procedures for the assessment of surface texture (IDT)

  

JASO 

F503

  自動車用巻ブシュ 

  

JASO 

F506

  自動車部品−樹脂製巻きブシュ


附属書 JA

(参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS B 1584-1 : 2010

  滑り軸受−巻きブシュ−第 1 部:寸法

ISO 3547-1 : 2006

  Plain bearings−Wrapped bushes−Part 1: Dimensions

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条

ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号 及
び名称

内容

(Ⅱ)

国際規格
番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差

異の理由及び今後の対策

1  適用範囲

巻きブシュの寸法
について規定。

 1 ISO 規格は,巻きブシュ

の寸法以外に,表面粗さ,
ハウジング公差,ブシュ

内径寸法の計算例及び製
品の名称に関しても規定
している。

変更

JIS

では,設計に関する表面粗

さ,ハウジング公差,ブシュ内
径寸法の計算例及び製品の名

称についてはこの規格で規定
するのではなく,附属書(参考)
に記載した。

規格使用者の利便性を考えて,附
属書として示したもので,技術的
な差異はない。

2  引用規格

3  用 語 及 び
定義

用語及び定義を規

定。

3

引 用 規 格 と し て ISO 

4378-1

だけを規定してい

る。

追加

JIS

では,用語及び定義での引

用規格として JIS B 0163-2 
追加した。

JIS

は,使用者の理解を助けるため

に定義を設けた。

4  量 記 号 及
び単位

量記号及び単位を

規定。

 4 規定内容は,JIS とほぼ同

じだが,JIS には不要な記
号も規定している。

削除

JIS

では,技術的に関連のない

記号は削除した。

規格使用者の利便性を考えて,削

除したものであり,技術的な差異
はない。

5  寸 法 及 び
許容差

寸法及び許容差に
ついて表 2∼表 11
で規定。

 5 規定内容は,JIS とほぼ同

じである。

追加

JIS

では,寸法に関する表の説

明を箇条で表記し追加した。

規格使用者の利便性を考えて,追
加したものであり,技術的な差異
はない。

 6 巻きブシュの設計を規定

している。

削除

附属書 A(参考)に移した。

規格使用者の利便性を考えて,附
属書に移したもので,技術的な差
異はない。

 7 ブシュ内径寸法の計算例

を記載している。

削除

附属書 A(参考)に移した。 

規格使用者の利便性を考えて,附
属書に移したもので,技術的な差

異はない。

17

B 158

4-

1


2

010


(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号 及
び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規格
番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

 8 製品の名称を規定してい

る。

削除

附属書 A(参考)に移した。 

規格使用者の利便性を考えて,附
属書に移したもので,技術的な差
異はない。

附属書 A 
(参考)

巻きブシュの設計
(軸受内径表面粗

さ及びハウジング
公差)

,ブシュ内径

寸法の計算例並び

に製品の名称につ
いて記載。

追加

JIS

では,

巻きブシュの設計

(軸

受内径表面粗さ,ハウジング公

差),ブシュ内径寸法の計算例
及び製品の名称を附属書(参
考)に記載した。

規格使用者の利便性を考えて,附
属書として示したもので,技術的

な差異はない。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 3547-1 : 2006,MOD

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

−  削除……………… 国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。

    −  追加……………… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
    −  変更……………… 国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD……………  国際規格を修正している。

18

B 158

4-

1


2

010