>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

B 1582:2017  

(1) 

目 次 

ページ 

序文  1 

1 適用範囲 1 

2 引用規格 1 

3 用語及び定義  1 

4 量記号及び単位  2 

5 種類及び記号  2 

6 構造 2 

7 形状・寸法及びその許容差  3 

7.1 内径,外径及び肉厚  3 

7.2 幅  3 

7.3 油穴,油溝及び油だまり  3 

8 粗さパラメータ  3 

9 測定方法 3 

9.1 内径及び外径の測定  3 

9.2 肉厚の測定  3 

9.3 粗さパラメータの測定  3 

10 表示  4 

附属書A(規定)つば付きブシュ  6 

附属書JA(参考)JISと対応国際規格との対比表  8 

 

 


 

B 1582:2017  

(2) 

まえがき 

この規格は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,一般社団法人日本

機械学会(JSME)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改

正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格であ

る。 

これによって,JIS B 1582:1996は改正され,この規格に置き換えられた。 

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。 

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。 

 

 


 

 

日本工業規格          JIS 

 

B 1582:2017 

 

滑り軸受−ブシュ 

Plain Bearings-Bushes for journal bearings 

 

序文 

この規格は,1993年に第2版として発行されたISO 4379を基とし,我が国の使用実態に合わせ,かつ,

関連するJISとの整合を図るために技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。 

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。

変更の一覧表にその説明を付けて,附属書JAに示す。 

 

適用範囲 

この規格は,一般の機械に滑り軸受として用いるブシュ(以下,ブシュという。)について規定する。 

つば付きブシュに関しては,ISO 4379の翻訳版を附属書Aに示す。 

注記 この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。 

ISO 4379:1993,Plain bearings−Copper alloy bushes(MOD) 

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,“修正している”

ことを示す。 

 

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。 

JIS B 0162-1 滑り軸受−用語,定義及び分類−第1部:設計,軸受材料及びその特性 

JIS B 0163-2 滑り軸受−記号−第2部:応用記号 

JIS B 0651 製品の幾何特性仕様(GPS)−表面性状:輪郭曲線方式−触針式表面粗さ測定機の特性 

JIS B 1584-1 滑り軸受−巻きブシュ−第1部:寸法 

JIS B 1584-2 滑り軸受−巻きブシュ−第2部:外径・内径寸法の算出に必要なデータ及び図示方法 

JIS B 1584-3 滑り軸受−巻きブシュ−第3部:油穴,油溝及び油だまり 

JIS B 1584-5 滑り軸受−巻きブシュ−第5部:外径寸法の測定方法 

JIS B 1584-6 滑り軸受−巻きブシュ−第6部:内径寸法の測定方法 

JIS B 1584-7 滑り軸受−巻きブシュ−第7部:薄肉ブシュの肉厚の測定方法 

ISO 19259,Plain bearings−Bearings with embedded solid lubricants 

 

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS B 0162-1及びJIS B 0163-2による。 


B 1582:2017  

 

量記号及び単位 

この規格で用いる量記号及び単位は,表1による。 
 

表1−量記号及び単位 

量記号 

定義 

単位 

ブシュ幅 

mm 

Ci 

内径面取り幅 

mm 

Co 

外径面取り幅 

mm 

Df 

ブシュつば外径 

mm 

Di 

ブシュ内径 

mm 

Do 

ブシュ外径 

mm 

Ra 

粗さパラメータ 

μm 

s3 

肉厚 

mm 

sf 

つば厚 

mm 

 

種類及び記号 

ブシュの種類及び記号は,構造によって区分し,表2による。 
 

表2−種類及び記号 

種類 

構造 

記号 

1種 

軸受合金鋳物によって作ったもの 

1A 

2種 

鋼管を裏金として軸受合金を付けたもの 

2B 

3種 

軸受合金板を巻いたもの 

3A 

4種 

鋼板を裏金として軸受合金を付けて巻いたもの 

4B 

注記 内径仕上げ済みのものを記号F,及び内径仕上げ代付きのものを記号Sで表す。 

 

構造 

ブシュの構造は,図1による。 

 

 

 

a) 1種 

b) 2種 

 

 

 

c) 3種 

d) 4種 

図1−構造 


B 1582:2017  

 

形状・寸法及びその許容差 

7.1 

内径,外径及び肉厚 

1種及び2種の形状・寸法及びその許容差は,表5又は受渡当事者間の協定による。また,3種及び4

種の形状・寸法及びその許容差は,JIS B 1584-1による。 

なお,固体潤滑剤埋め込み型ブシュの形状・寸法及びその許容差は,ISO 19259による。 

7.2 

幅 

ブシュの幅は受渡当事者間の協定による。ただし,幅の許容差は,表3による。 

 

表3−幅の許容差 

単位 mm 

種類 

幅の許容差 

1種及び2種 

0.5 

3種及び4種 

JIS B 1584-1による。 

 

7.3 

油穴,油溝及び油だまり 

油溝の形状,寸法及び許容差,並びに油穴及び油だまりの形状・寸法は,JIS B 1584-3による。ただし,

1種及び2種にあっては,受渡当事者間の協定によってもよい。 

 

粗さパラメータ 

1種及び2種の粗さパラメータは,9.3によって測定を行ったとき,表4による。 

3種及び4種の粗さパラメータは,JIS B 1584-1による。 

 

表4−1種及び2種の粗さパラメータ 

単位 μm 

表示位置 

Ra 

加工・仕上げなど 

ブシュ内径面 

1.6以下 

内径仕上げ代付きのブシュの場合は,受渡当事者間の協定による。 

ブシュ外径面 

1.6以下 

研削仕上げをしない場合は3.2以下とする。 

端面 

6.3以下 

端面加工をしない場合は受渡当事者間の協定による。 

 

測定方法 

9.1 

内径及び外径の測定 

内径の測定は,JIS B 1584-2及びJIS B 1584-6による。また,外径の測定は,JIS B 1584-2及びJIS B 1584-5

による。 

なお,第1種及び第2種の場合は,受渡当事者間の協定による。 

9.2 

肉厚の測定 

3種及び4種の肉厚の測定は,JIS B 1584-7による。 

なお,第1種及び第2種にあっては,受渡当事者間の協定による。 

9.3 

粗さパラメータの測定 

ブシュの粗さパラメータの測定は,JIS B 0651の測定器又はこれと同等以上の性能をもつ測定器を用い

て行う。 

 


B 1582:2017  

 

10 

表示 

ブシュの包装には,次の事項を表示する。 

a) 規格の名称 

b) 種類又はその記号及び内径加工有無の記号 

c) 外径,内径及び幅 

d) 製造業者名又はその略号 

 


B 1582:2017  

 

表5−1種及び2種の形状・寸法及びその許容差 

 

 

単位 mm 

 

内径の
呼び寸

法 

内径仕上げ
済み品(ブ

シュF)の

内径の許容

差(E6) 

内径仕上げ済
み品(ブシュ

F)の内径に対

する外径の同

軸度(IT8) 

肉厚s3 

(参考) 

1.0 

1.5 

2.0 

2.5 

3.0 

3.5 

4.0 

5.0 

7.5 

10.0 

12.5 

15.0 

内径面取り

幅 

Ci(最大) 

ㇿ 45±5° 

外径面取り

幅 

Co(最大) 

15±5° 

各厚さに対する外径の基準寸法及び許容差 

 

Di 

外径寸法 

Do 

許容差 

外径寸法 

Do 

許容差 

外径寸法 

Do 

許容差 

外径寸法 

Do 

許容差 

外径寸法 

Do 

許容差 

外径寸法 

Do 

許容差 

外径寸法 

Do 

許容差 

外径寸法 

Do 

許容差 

外径寸法 

Do 

許容差 

外径寸法 

Do 

許容差 

外径寸法 

Do 

許容差 

外径寸法 

Do 

許容差 

+0.028 
+0.020 

0.018 

8* 

+0.032 
+0.023 

+0.032 
+0.023 

10* 

+0.032 
+0.023 

11 

+0.039 
+0.028 

12* 

+0.039 
+0.028 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0.3 

+0.034 
+0.025 

0.022 

10* 

11 

+0.039 
+0.028 

12* 

+0.039 
+0.028 

13 

14* 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10 

12* 

+0.039 
+0.028 

13 

14* 

15 

16* 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12 

+0.043 
+0.032 

0.027 

14* 

15 

16* 

17 

18* 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0.5 

14 

16* 

17 

18* 

19 

+0.048 
+0.035 

20* 

+0.048 
+0.035 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15 

17* 

18 

19* 

+0.048 
+0.035 

20 

21* 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16 

18* 

19 

+0.048 
+0.035 

20* 

21 

22* 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

18 

20* 

+0.048 
+0.035 

21 

22* 

23 

24* 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20 

+0.053 
+0.040 

0.033 

 

 

23* 

24* 

25 

26* 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

22 

 

 

25* 

26* 

27 

28* 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

24 

 

 

27* 

28* 

29 

30* 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

25 

 

 

28* 

29 

30* 

31 

+0.059 
+0.043 

32* 

+0.059 
+0.043 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

27 

 

 

30* 

31 

+0.059 
+0.043 

32* 

+0.059 
+0.043 

33 

34* 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

28 

 

 

 

 

32* 

33 

34* 

35 

36* 

+0.059 
+0.043 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30 

 

 

 

 

34* 

35 

36* 

37 

38* 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

32 

+0.066 
+0.050 

0.039 

 

 

 

 

36* 

37 

38* 

39 

40* 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0.8 

33 

 

 

 

 

37* 

38 

39 

40* 

41 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

35 

 

 

 

 

39* 

40 

41* 

42 

43 

45* 

+0.059 
+0.043 

 

 

 

 

 

 

 

 

36 

 

 

 

 

40* 

41 

42* 

43 

44 

46* 

 

 

 

 

 

 

 

 

38 

 

 

 

 

42* 

43 

44 

45* 

46 

48* 

 

 

 

 

 

 

 

 

40 

 

 

 

 

44* 

45 

46 

47 

48 

50* 

 

 

 

 

 

 

 

 

42 

 

 

 

 

46* 

47 

49 

49 

50 

52* 

+0.072 
+0.053 

 

 

 

 

 

 

 

 

45 

 

 

 

 

 

 

50* 

51 

+0.072 
+0.053 

52 

+0.072 
+0.053 

53* 

+0.072 
+0.053 

55* 

 

 

 

 

 

 

 

 

48 

 

 

 

 

 

 

53* 

+0.072 
+0.053 

54 

55 

56* 

58* 

 

 

 

 

 

 

 

 

50 

 

 

 

 

 

 

55* 

56 

57 

58* 

60* 

 

 

 

 

 

 

 

 

55 

+0.079 
+0.060 

0.046 

 

 

 

 

 

 

60* 

61 

62 

63* 

65* 

 

 

 

 

 

 

 

 

60 

 

 

 

 

 

 

65* 

66 

+0.078 
+0.059 

67 

+0.078 
+0.059 

68 

+0.078 
+0.059 

70* 

+0.078 
+0.059 

75* 

+0.078 
+0.059 

 

 

 

 

 

 

65 

 

 

 

 

 

 

70* 

+0.078 
+0.059 

71 

72 

73 

75* 

80* 

 

 

 

 

 

 

70 

 

 

 

 

 

 

75* 

76 

77 

78 

80* 

85* 

+0.093 
+0.071 

 

 

 

 

 

 

75 

 

 

 

 

 

 

80* 

81 

+0.093 
+0.071 

82 

+0.093 
+0.071 

83 

+0.093 
+0.071 

85* 

+0.093 
+0.071 

90* 

 

 

 

 

 

 

80 

 

 

 

 

 

 

85* 

+0.093 
+0.071 

86 

87 

88 

90* 

95* 

 

 

 

 

 

 

85 

+0.094 
+0.072 

0.054 

 

 

 

 

 

 

90* 

91 

92 

93 

95* 

100* 

 

 

 

 

 

 

90 

 

 

 

 

 

 

 

 

96 

97 

98 

100* 

105* 

+0.101 
+0.079 

110* 

+0.101 
+0.079 

 

 

 

 

95 

 

 

 

 

 

 

 

 

101 

+0.101 
+0.079 

102 

+0.101 
+0.079 

103 

+0.101 
+0.079 

105* 

+0.101 
+0.079 

110* 

115* 

 

 

 

 

100 

 

 

 

 

 

 

 

 

106 

107 

108 

110* 

115* 

120* 

 

 

 

 

105 

 

 

 

 

 

 

 

 

111 

112 

113 

115* 

120* 

125* 

+0.088 
+0.063 

 

 

 

 

110 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

117 

118 

120* 

125* 

+0.088 
+0.063 

130* 

 

 

 

 

120 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

127 

+0.088 
+0.063 

128 

+0.088 
+0.063 

130* 

+0.088 
+0.063 

135* 

140* 

 

 

 

 

130 

+0.110 
+0.085 

0.063 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

137 

138 

140* 

145* 

+0.090 
+0.065 

150* 

+0.090 
+0.065 

 

 

 

 

140 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

148 

+0.090 
+0.065 

150* 

+0.090 
+0.065 

155* 

160* 

 

 

 

 

150 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

158 

160* 

165* 

+0.093 
+0.068 

170* 

+0.093 
+0.068 

 

 

 

 

160 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

170* 

+0.093 
+0.068 

175 

180* 

185* 

+0.106 
+0.077 

 

 

170 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

180* 

185 

+0.106 
+0.077 

190* 

+0.106 
+0.077 

195* 

 

 

180 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

190* 

+0.106 
+0.077 

195 

200* 

205 

+0.109 
+0.080 

210* 

+0.109 
+0.080 

190 

+0.129 
+0.100 

0.072 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

200* 

205 

+0.109 
+0.080 

210* 

+0.109 
+0.080 

215 

220* 

200 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

210* 

+0.109 
+0.080 

215 

220* 

225 

230* 

+0.113 
+0.084 

注記1 

* 印のついた外径の基準寸法は,ISO 4379と一致している。 

注記2 

内径の基準寸法18 mm以下の寸法は,ブシュ2種には適用しない。 

注記3 

J寸法は,0.3 mm以上又は肉厚s3の41以上とする。 

注記4 

外径面取りは受渡当事者間の協定によって,

㈰鈀

5°として内径面取りと同じ寸法とすることができる。 

注記5 

内径仕上げ代付きのブシュ(ブシュS)の内径許容差及び同軸度は,受渡当事者間の協定による。 

注記6 

内径仕上げ済み品(ブシュF)の内径に対する外径の同軸度は,内径の呼び寸法を基準寸法としたときの公差等級IT8を適用する。 

 


B 1582:2017  

 

附属書A 

(規定) 

つば付きブシュ 

 

A.1 一般 

この附属書は,一般の機械に滑り軸受として用いるつば付き銅合金鋳物ブシュについて記載する。 

注記 この附属書は,対応国際規格であるISO 4379:1993のうち,つば付きブシュについて技術的内

容を変更せずに様式を変更して記載している。 

 

A.2 形状・寸法及びその許容差 

つば付き銅合金鋳物ブシュの形状・寸法及びその許容差は,表A.2による。 

 

A.3 粗さパラメータ 

つば付き銅合金鋳物ブシュの粗さパラメータは,9.3の測定を行ったとき,表A.1による。 

 

表A.1−粗さパラメータ 

単位 μm 

表示位置 

Ra 

仕上げ・加工等 

ブシュ内径面 

1.6以下 

内径仕上げ代付きのブシュは受渡当事者間の協定による。 

ブシュ外径面 

1.6以下 

研削仕上げをしない場合は3.2以下とする。 

端面 

6.3以下 

端面加工をしない場合は受渡当事者間の協定による。 

つば表面 

3.2以下 

 

つば裏面 

25以下 

 

 


B 1582:2017  

 

表A.2−つば付き銅合金鋳物ブシュの形状・寸法及びその許容差 

単位 mm 

 

 

内径 Di 

内径に対
するつば
面の振れ 

(IT8) 

つば系列 1 

つば系列 2 

面取り幅 

つば裏の 

にがし 

外径 Do 

つば径Df 

つば厚 

sf 

外径 Do 

つば径 Df 

つば厚 

sf 

内径 Ci 

外径 Co 

基準
寸法 

許容差 
(E6) 

基準
寸法 

許容差 基準

寸法 

許容差 

基準
寸法 

許容差 

基準
寸法 

許容差 

ㇿ 45±5°

最大 

15±5°

最大 

6  +0.028 

+0.020 

0.018 

8  +0.032 

+0.023 

10 

−0.040 
−0.130 

12 

+0.039 
+0.028 

14 

−0.050 
−0.160 

0.3 

8  +0.034 

+0.025 

0.022 

10 

12 

−0.050 
−0.160 

14 

18 

10 

12  +0.039 

+0.028 

14 

16 

20 

−0.065 
−0.195 

12  +0.043 

+0.032 

0.027 

14 

16 

18 

22 

0.5 

14 

16 

18 

20 

+0.048 
+0.035 

25 

15 

17 

19 

−0.065 
−0.195 

21 

27 

16 

18 

20 

22 

28 

1.5 

18 

20  +0.048 

+0.035 

22 

24 

30 

20  +0.053 

+0.040 

0.033 

23 

26 

1.5 

26 

32 

−0.080 
−0.240 

22 

25 

28 

28 

34 

24 

27 

30 

30 

36 

25 

28 

31 

−0.080 
−0.240 

32 

+0.059 
+0.043 

38 

27 

30 

33 

34 

40 

28 

32  +0.059 

+0.043 

36 

36 

42 

30 

34 

38 

38 

44 

32  +0.066 

+0.050 

0.039 

36 

40 

40 

46 

0.8 

33 

37 

41 

42 

48 

35 

39 

43 

45 

50 

36 

40 

44 

46 

52 

−0.100 
−0.290 

38 

42 

46 

48 

54 

40 

44 

48 

50 

58 

42 

46 

50 

52 

+0.072 
+0.053 

60 

45 

50 

55 

−0.100 
−0.290 

2.5 

55 

63 

48 

53  +0.072 

+0.053 

58 

58 

66 

50 

55 

60 

60 

68 

55  +0.079 

+0.060 

0.046 

60 

65 

65 

73 

60 

65 

70 

75 

+0.078 
+0.059 

83 

−0.120 
−0.340 

7.5 

65 

70  +0.078 

+0.059 

75 

80 

88 

70 

75 

80 

85 

+0.093 
+0.071 

95 

75 

80 

85 

−0.120 
−0.340 

90 

100 

80 

85  +0.093 

+0.071 

90 

95 

105 

85  +0.094 

+0.072 

0.054 

90 

95 

100 

110 

90 

100 

110 

110 

+0.101 
+0.079 

120 

10 

95 

105  +0.101 

+0.079 

115 

115 

125 

−0.145 
−0.395 

100 

110 

120 

120 

130 

105 

115 

125 

−0.145 
−0.395 

125 

+0.088 
+0.063 

135 

110 

120 

130 

130 

140 

120 

130  +0.088 

+0.063 

140 

140 

150 

130  +0.110 

+0.085 

0.063 

140 

150 

150 

+0.090 
+0.065 

160 

140 

150  +0.090 

+0.065 

160 

160 

170 

150 

160 

170 

170 

+0.093 
+0.068 

180 

160 

170  +0.093 

+0.068 

180 

185 

+0.106 
+0.077 

200 

−0.170 
−0.460 

12.5 

170 

180 

190 

−0.170 
−0.460 

195 

210 

180 

190  +0.106 

+0.077 

200 

210 

+0.109 
+0.080 

220 

15 

190  +0.129 

+0.100 

0.072 

200 

210 

220 

230 

200 

210  +0.109 

+0.080 

220 

230 

240 

注記1 外径面取り(Co)は,角度(

を45±5°として内径面取り(Ci)の寸法を用いることができる。 

注記2 内径に対するつば面の振れは,内径の呼び寸法を基準寸法としたときの公差等級IT8を適用する。 

 


B 1582:2017  

 

附属書JA 

(参考) 

JISと対応国際規格との対比表 

 

JIS B 1582:2017 滑り軸受−ブシュ 

ISO 4379:1993,Plain bearings−Copper alloy bushes 

 

(I)JISの規定 

(II)国際 
規格番号 

(III)国際規格の規定 

(IV)JISと国際規格との技術的差異の箇条ごと
の評価及びその内容 

(V)JISと国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策 

箇条番号 
及び題名 

内容 

箇条 
番号 

内容 

箇条ごと 
の評価 

技術的差異の内容 

3 用語及び
定義 

 

 

− 

− 

追加 

JISでは,用語及び定義での引用規
格としてJIS B 0162-1及びJIS B 
0163-2を追加した。 

規格使用者の理解を助けるために
定義を設けた。 

4 量記号及
び単位 

 

 

− 

− 

追加 

JISでは,JIS B 1584-1,JIS B 
1584-2,JIS B 1584-3,JIS B 1584-5,
JIS B 1584-6及びJIS B1584-7との
整合を図って量記号を規定した。 

規格使用者の利便性を考慮して追
加した。 

5 種類及び
記号 

 

 

− 

ISO規格は1種に相当す
るブシュを規定 

追加 

JISでは,2種を追加。3種及び4
種は,ISO 3547-1と整合したJIS B 
1584-1を参照。さらに固体潤滑剤埋
め込み型ブシュは,ISO 19259を参
照とした。 

規格使用者の利便性を考慮して追
加した。 

6 構造 

 

 

ISO規格は1種に相当す
るブシュを規定 

追加 

JISでは,2種,3種及び4種を追
加。 

規格使用者の利便性を考慮して追
加した。 

7 形状・寸
法及びその
許容差 

7.1 内径,外径及び
肉厚 

 

ISO規格では,内径寸法
に対して3種類の外径
寸法を規定 

追加 

JISでは,4〜6種類の外径寸法を規
定した。 

使用条件によって最適の外径寸法
が選択できるよう追加した。 

 

 

 

 

 

追加 

JISでは,固体潤滑剤埋め込み型ブ
シュを引用規格としてISO 19259
で追加した。 

規格使用者の利便性を考慮して追
加した。 

 

7.2 幅 

 

ISO規格では1〜3種類
のブシュ幅を規定 

変更 

JISでは,ブシュ幅を規定せず,表
3に許容差だけを規定した。 

使用条件の多様化に合わせて受渡
当事者間の協定によることができ
るよう変更した。 

2

 

B

 1

5

8

2

2

0

1

7

 

 

 

 

 


B 1582:2017  

 

(I)JISの規定 

(II)国際 
規格番号 

(III)国際規格の規定 

(IV)JISと国際規格との技術的差異の箇条ごと
の評価及びその内容 

(V)JISと国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策 

箇条番号 
及び題名 

内容 

箇条 
番号 

内容 

箇条ごと 
の評価 

技術的差異の内容 

7 形状・寸
法及びその
許容差 
(続き) 

7.3 油穴,油溝及び
油だまり 

 

− 

− 

追加 

ISO規格では詳細は適切に選定す
るとあり,JIS B 1584-3で規定した。 

規格使用者の利便性を考慮して追
加した。 

− 

− 

 

材料について規定 

削除 

JISでは,技術の進歩を阻害するお
それがあることを考慮し,材料につ
いては規定しないこととした。 

技術の進歩の阻害を避けるために
変更した。 

8 粗さパラ
メータ 

 

 

JISとほぼ同じ 

変更 

3種及び4種に対しJIS B 1584-1で
規定した。 
フランジ背面の規定を削除した。 

規格使用者の利便性を考慮して追
加した。 

9 測定方法  

 

JISとほぼ同じ 

追加 

JISでは,3種及び4種に対する引
用規格として,JIS B 1584-2,JIS B 
1584-5,JIS B 1584-6及びJIS B 
1584-7で規定した。 

規格使用者の利便性を考慮して追
加した。 

10 表示 

 

 

JISとほぼ同じ 

変更 

包装に対する表示であることを明
記し,項目を規定した。 

規格使用者の利便性を考慮して追
加した。 

附属書A 
(規定) 

つば付きブシュに
ついて規定 

 

ISO規格はつば付きブ
シュも規定 

変更 

JISでは,つば付きブシュを附属書
に規定した。 

使用数が少ないこと,生産及び使
用上の混乱を避けるため附属書と
した。 

 

JISと国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 4379:1993,MOD 

注記1 箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。 

− 削除  国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。 
− 追加  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
− 変更  国際規格の規定内容を変更している。 

注記2 JISと国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。 

− MOD  国際規格を修正している。 

 

 

2

 

B

 1

5

8

2

2

0

1

7