>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 B

1582

-1996

滑り軸受用ブシュ

Bushes for journal bearings

1.

適用範囲  この規格は,一般の機械に滑り軸受として用いるブシュ(以下,ブシュという。)について

規定する。

備考1.  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS B 0601

  表面粗さ−定義及び表示

JIS B 0651

  触針式表面粗さ測定器

2.

この規格の対応国際規格を,次に示す。

ISO 3547 : 1976

  Plain bearings−Wrapped bushes−Dimensions, tolerances and methods of checking

ISO 4379 : 1993

  Plain bearings−Copper alloy bushes

3.

つば付きブシュについては,ISO 4379 の翻訳版を

附属書に示す。

2.

種類及び記号  ブシュの種類及び記号は,構造によって表 のとおり区分する。

表 1  種類及び記号

種類

構造

記号

1

軸受合金鋳物によって作られたもの 1A

2

鋼管を裏金として軸受合金を付けたもの 2B

3

軸受合金板を巻いたもの 3A

4

鋼板を裏金として軸受合金を付けて巻いたもの 4B

備考  内径仕上げ済みのものを記号 F,及び内径仕上げ代付きのもの

を記号 S で表す。

3.

構造  ブシュの構造は図 による。


2

B 1582-1996

図 1  構造

4.

形状・寸法及びその許容差  ブシュの形状・寸法及びその許容差は付表 及び付表 による。

4.1

長さ  ブシュの長さ  (L)  は受渡当事者間の協定による。ただし,長さの公差は表 のとおりとする。

表 2  長さの公差

端面の加工

油穴・油溝

種類

長さの公差 mm

端面加工をしたもの

1

種・2 種・3 種・4 種

0.5

なし

3

種・4 種 1.0

端面加工をしないもの

あり

3

種・4 種 1.3

4.2

油穴及び油溝

4.2.1

油穴  ブシュ 3 種及び 4 種の油穴の形状及び寸法は次による。

(1)

油穴の最小径はブシュの厚さに対して 1.5 倍又は 3mm のいずれか大きい値とする。

(2)

油穴の位置は

図 による。

図 2  油穴の位置

備考1.  油穴はハッチング部を避ける。

2.

油穴の位置は長さ方向中心位置とする。


3

B 1582-1996

4.2.2

油溝  ブシュ 3 種及び 4 種の油溝(押し溝)の形状及び寸法は次による。

(1)

油溝の断面形状は

図 による。

図 3  押し溝加工による油溝の断面形状(例)

(2)

円周方向斜めの押し溝の端は,合わせ目より,6mm 以上離さなければならない(

図 4)。

図 4  押し溝と合わせ目との距離(平板時)

(3)

円周方向の押し溝の位置は長さ方向中心とし,

図 による。

図 5  円周方向の押し溝の位置(平板時)

(4)

ブシュ 4 種の押し溝の深さは,軸受合金の厚さ及び 0.6mm を超えないこととする。

(5)

溝底厚さの公差は 0.25mm とする。

(6)  R

寸法は受渡当事者間の協定による。

5.

表面粗さ  ブシュの表面粗さは,6.3 の測定を行ったとき JIS B 0601 の表面粗さによって表 の値で

なければならない。


4

B 1582-1996

表 3  表面粗さ

表示位置

表面粗さ

備考

内径面

1.6

µmR

a

内径仕上げ代付きのブシュ(ブシュ S)は受渡当時者間の協定による。

外径面

1.6

µmR

a

研削仕上げをしない場合は 3.2

µmR

a

以下とする。

端面

6.3

µmR

a

端面加工をしない場合は受渡当時者間の協定による。

6.

測定方法

6.1

外径の測定  ブシュ 3 種及び 4 種の外径  (D)  は,図 に示すように均等に 2 分割された,直径  (D')

の穴をもつ測定用ブロックにブシュを取り付け,測定用ブロックに荷重  (F)  をかけて,測定用ブロックの

すきま  (h)  を測定する。すきま  (h)  の公差(⊿h)と外径  (D)  の公差(⊿D)との関係は次の式による。

2

D

h

π

=

なお,測定用ブロックの内径  (D')  及び荷重  (F)  は,

表 及び表 による。ただし,受渡当事者間の協

定によって,測定用ブロックの内径  (D')  及び測定用荷重  (F)  を変更することができる。

図 6  ブシュ 種及び 種の外径の測定


5

B 1582-1996

表 4  有効断面積 (S) の求め方

種類

軸受合金(

1

)

有効断面積  (S) mm

2

銅合金

2

T

L

×

3

アルミニウム合金

3

T

L

×

銅合金

÷

ø

ö

ç

è

æ +

×

2

2

1

T

T

L

アルミニウム合金

÷

ø

ö

ç

è

æ +

×

3

2

1

T

T

L

4

ホワイトメタル

L

×T

1

(

1

)

表中にない材料の有効断面積の求め方は,受渡当事
者間の協定による。

表 5  測定用ブロック内径及び測定用荷重

項目

外径が 12mm 未満

外径が 12mm 以上

測定用ブロックの内径  (D') mm

D

max

(

3

)

−0.006

D

max

−0.012

測定用荷重  (F(

2

)

  N

3 000

'

D

S

 6

000

'

D

S

(

2

)

測定用荷重  (F)  は外径  (D)  が12mm 未満の場合は250N,

及び外径  (D)

が12mm 以上の場合は500N の倍数に丸める。

(

3

)  D

max

は,基準外径に外径の最大許容差を加えた値とする。

6.2

厚さの測定  ブシュ

3

種及び

4

種の厚さの測定は次による(

図 7)。

(1)

長さ方向の測定位置は長さ

14mm

以下のブシュは長さ方向の中心とし,長さ

14mm

を超えるブシュで

はブシュの両端面より

5mm

の位置とする。

(2)

円周方向の測定位置は均等な間隔で

4

か所(

90

°間隔)とする。ただし,油穴,油溝,合わせ目によ

るひずみのある部分は避けることとする。


6

B 1582-1996

図 7  種及び 種の厚さ測定位置 

6.3

表面粗さの測定  ブシュの表面粗さは,JIS B 0651 の測定器又はこれと同等以上の性能をもつ測定

器を用いて測定する。

7.

表示  ブシュの包装には,次の事項を表示する。

(1)

規格の名称

(2)

種類又はその記号及び内径加工の有無の記号

(3)

外径,内径及び長さ

(4)

製造業者名又はその略号


7

B 1582-1996

付表 1  種及び 種の形状・寸法及びその許容差

厚さ T

(参考)

1.0

1.5 2.0 2.5 3.0 3.5 4.0 5.0 7.5 10.0

12.5

15.0

内径の基

準寸法

各厚さに対する外径の基準寸法及び許容差

d

内径仕上げ済
み品(ブシュ
F

の内径の許

容差

(E6)

内径仕上げ済
み品(ブシュ F)
の外径の内径
に対する同軸
度(IT8)

外径寸法

D

許容差

外径寸法

D

許容差

外径寸法

D

許容差

外径寸法

D

許容差

外径寸法

D

許容差

外径寸法

D

許容差

外径寸法

D

許容差

外径寸法

D

許容差

外径寸法

D

許容差

外径寸法

D

許容差

外径寸法

D

許容差

外径寸法

D

許容差

内径面取り
C

1

(最大)

θ

1

=45±5°

外径面取り
C

2

(最大)

θ

2

=15±5°

6

+0.028 
+0.020

0.018 8*

9

+0.032 
+0.023

10*

+0.032 
+0.023

1

8 10*

+0.032 
+0.023

1

1

10

+0.034 
+0.025

0.022

12*

13

14*

15

16*

            

0.3 1

12

14* 15 16* 17

+0.039 
+0.028

18*

+0.039
+0.028

14

16* 17 18*

+0.039 
+0.028

2

15 17*

18

+0.039 
+0.028

1

2

16 18*

+0.039 
+0.028

2

2

18

+0.043 
+0.032

0.027

20*

+0.048 
+0.035

2

2

2

2

2

2

2

2

24

27*

28*

29

30*

+0.048
+0.035

25

28*

29

+0.048 
+0.035

30*

+0.048 
+0.035

3

27

30*

+0.048 
+0.035

31

32*

33

34*

          

28

 

32*

33

34*

35

36*

        

30

+0.053 
+0.040

0.033

 

34*

35

36*

37

38*

        

0.5 2

32

 

36*

37

38*

39

40*

        

33

 

37*

38

39

40*

41

        

35

 

39*

40

41*

42

43

45*

     

36

 

40*

41

42*

43

44

46*

     

38

 

42*

43

44

45*

46

48*

     

40

44* 45 46 47 48 50*

+0.059
+0.043

42

 

46*

+0.059 
+0.043

47 49

+0.059
+0.043

49

+0.059
+0.043

50

+0.059
+0.043

5

45

    

50*

+0.059 
+0.043

51

52

53*

55*

     

48

    

53*

54

55

56*

58*

     

50

+0.066 
+0.050

0.039

    

55*

56

57

58*

60*

     

0.8 3

55

    

60*

61

+0.072
+0.053

62

+0.072
+0.053

63*

+0.072
+0.053

65*

+0.072
+0.053

60

    

65*

+0.072 
+0.053

66

67

68

70*

75*

   

65

    

70*

71

72

73

75*

80*

+0.078
+0.059

70

    

75*

76

+0.078
+0.059

77

+0.078
+0.059

78

+0.078
+0.059

80*

+0.078
+0.059

8

75

    

80*

+0.078 
+0.059

81

82

83

85*

90*

   

80

+0.079 
+0.060

0.046

    

85*

86

87

88

90*

95*

   

85

    

90*

+0.093 
+0.071

91 92 93 95*

100*

+0.093
+0.071

+0.093
+0.071

97

+0.093
+0.071

98

+0.093
+0.071

100*

+0.093
+0.071

105*

110*

 

95

      

101

102

103

105*

110*

115*

 

100

      

106

107

108

110*

115*

120*

+0.101 
+0.079

105

      

111

+0.101
+0.079

112 113 115*

120*

+0.101
+0.079

125*

 

1

1

+0.101
+0.079

118

+0.101
+0.079

120*

+0.101
+0.079

125*

130*

 

120

+0.094 
+0.072

0.054

        

127

128

130*

135*

+0.088
+0.063

140*

+0.088 
+0.063

1 4

130

        

137

+0.088
+0.063

138

+0.088
+0.063

140*

+0.088
+0.063

145*

150*

 

140

          

148

150*

155*

+0.090
+0.065

160*

+0.090 
+0.065

150

          

158

+0.090
+0.065

160*

+0.090
+0.065

165*

170*

 

160

            

170*

175

+0.093
+0.068

180*

+0.093 
+0.068

185*

170

            

180*

+0.093
+0.068

185 190* 195*

+0.106 
+0.077

180

+0.110 
+0.085

0.063

            

190*

195

+0.106
+0.077

200*

+0.106 
+0.077

205 210*

190

            

200*

+0.106
+0.077

205 210* 215 220*

+0.109
+0.080

200

+0.129 
+0.100

0.072

1

+0.109
+0.080

215

+0.109
+0.080

220*

+0.109 
+0.080

225

+0.109 
+0.080

230*

+0.113
+0.084

2 5

備考1.  *印のついた外径の基準寸法は,ISO 4379と一致している。

2.

内径の基準寸法 18mm 以下の寸法は,ブシュ 2 種には適用しない。

3.  B

寸法は,0.3mm 以上又は厚さ 

4

1

以上とする。

4.

外径面取りは受渡当事者間の協定によって,

θ

2

を 45±5°として内径面取りと同じ寸法とすることができる。

5.

内径仕上げ代付きのブシュ(ブシュ S)の内径許容差及び同軸度は,受渡当事者間の協定による。


8

B 1582-1996

付表 2  種及び 種の形状・寸法及びその許容差

外径の公差

呼び厚さ  T

0.75 1 1.5 2 2.5 3 3.5 4  5

外径面取り

C

2

θ

2

=20±5°

外径の基準 
寸法

D

巻いたま 
まの場合

研削など 
の場合

各基準厚さに対する内径の寸法  d(参考)

内径仕上げ済
み品 
(ブシュ F) 
の厚さの公差

最小

最大

内径面取り 
(参考)C

1

θ

1

=45±5°

6 0.035

0.020

4.5

4         0.025

7

   5.5

5

8

   6.5

6

9

   7.5

7

10

   8.5

8

  0.4

1.0  0.5

11

   9.5

9

12

10.5

10

13

11.5

11

14

12.5

12

15

13

12

16

14

13

17

15

14

18

16

15

19 0.040

0.025

17

16

20

18

17

21

19

18

22

20

19

23

21

20

24

22

21

25

23

22

26

23

22

   0.7

27

24

23

28

25

24

30

27

26

32 0.050

0.030

29

28

  0.8

1.6

34

31

30

36

33

32

38

35

34

39

36

35

40

37

36

42

39

38

44

41

40

45

42

41

40

48

45

44

43

50

47

46

45

53 0.060

0.035

50

49

48

     0.030

55

51

50

49

56

52

51

50

57

53

52

51

60

56

55

54

63

59

58

57

65

61

60

59

67

63

62

61

70

66

65

64

71

67

66

65

75

71

70

69

80

76

75

74

85 0.070

0.040

80

79

78

   0.040 1.0

2.5  1.0

90

85

84

83

95

90

89

88

100

95

94

93

105

100

99

98

110

105

104

103

115

110

109

108

120

115

114

113

125 0.080

0.055

120

119

118

   0.050

130

124

123

122

120

140

134

133

132

130

150

144

143

142

140

備考1.  呼び厚さ (mm) の0.75,1,1.5,2,2.5,3,3.5及び4は,ISO 3547と一致している。

2.

呼び厚さ 0.75mm のブシュ及び外径の基準寸法 10mm 未満のブシュの面取りは行わないが,有害なばりがあ
ってはならない。

3.  B

寸法は,0.3mm 以上又は厚さ 

4

1

以上とする。

4.

内径仕上げ代付きのブシュ(ブシュ S)の厚さの公差は,受渡当事者間の協定による。


9

B 1582-1996

附属書  つば付きブシュ

日本工業規格の附属書としてのまえがき 

この附属書は

1993

年第

2

版として発行された ISO 4379

 (Plain bearings

Copper alloy bushes)

のうち,つば

付きブシュについて技術的内容は変更せずに規格票の様式を一部変更し作成したものである。

1.

適用範囲  この附属書は,一般の機械に滑り軸受として用いるつば付き銅合金鋳物ブシュについて規

定する。

2.

形状・寸法及びその許容差  つば付き銅合金鋳物ブシュ(記号

IT

)の形状・寸法及びその許容差は

属書付表 による。

3.

表面粗さ  つば付き銅合金鋳物ブシュの表面粗さは,本体の 6.3 によって測定を行ったとき附属書表 1

の値でなければならない。

附属書表 1

表示位置

表面粗さ

内径面

1.6

µmR

a

外径面

1.6

µmR

a

端面

6.3

µmR

a

つば表面

3.2

µmR

a

つば裏面

25

µmR

a


10

B 1582-1996

附属書付表 1  つば付き銅合金鋳物ブシュの形状・寸法及びその許容差

つば系列  1

つば系列  2

面取り

内径  d

外径  D

つばの外径 Df

外径  D

つばの外径  Df

内径  C

1

外径  C

2

基準寸 

許容差 
  (E6)

基準寸 

許容差 基準寸

許容差

つばの厚さ

Tf

基準寸

許容差 基準寸

許容差

つばの厚さ

Tf

θ

1

=45±5°

最大

θ

2

=15±5°

最大

つば裏の
ぬすみ

U

6

+0.028 
+0.020

8 10

−0.040 
−0.130

12 14

8 10

+0.032
+0.023

12 14

18

−0.050
−0.160

10

+0.034 
+0.025

12 14

16 20

0.3 1

12 14 16

18

+0.039
+0.028

22

14 16 18

−0.050 
−0.160

20 25

15 17 19

21 27

1

16 18

+0.039
+0.028

20 22

28

18

+0.043 
+0.032

20 22

1

24 30

−0.065
−0.195

20 23 26

26 32

22 25 28

28 34

24 27 30

−0.065 
−0.195

30

+0.048
+0.035

36

3

25 28 31

32 38

27 30

+0.048
+0.035

33

1.5

34 40

28 32 36

36 42

1.5

30

+0.053 
+0.040

34 38

38 44

0.5 2

32 36 40

40 46

4

33 37 41

42 48

35 39 43

45 50

−0.080
−0.240

36 40 44

46 52

38 42 46

48 54

40 44 48

50

+0.059
+0.043

58

42 46 50

−0.080 
−0.240

2

52 60

45 50

+0.059
+0.043

55 55

63

48 53 58

58 66

50

+0.066 
+0.050

55 60

60 68

55 60 65

65

+0.072
+0.053

73

−0.100
−0.290

5

60 65

+0.072
+0.053

70 75

83

0.8 3

65 70 75

80

+0.078
+0.059

88

70 75 80

−0.100 
−0.290

85 95

2

75 80

+0.078
+0.059

85 90

100

80

+0.079 
+0.060

85 90

95 105

85 90 95

2.5

100

+0.093
+0.071

110

7.5

90 100

+0.093
+0.071

110 110

120

−0.120
−0.340

95  105 115

115 125

100 110 120

−0.120 
−0.340

120

+0.101
+0.079

130

105 115 125

125 135

110 120

+0.101
+0.079

130 130

140

120

+0.094 
+0.072

130 140

140

+0.088
+0.063

150

1 4

3

130 140

+0.088
+0.063

150 150

160

140 150 160

160

+0.090
+0.065

170

150 160

+0.090
+0.065

170 170

+0.093
+0.068

180

−0.145
−0.395

10

160 170 180

−0.145 
−0.395

185 200

170 180

+0.093
+0.068

190 195

+0.106
+0.077

210

12.5

180

+0.110 
+0.085

190 200

210 220

190 200

+0.106
+0.077

210 220

230

200

+0.129 
+0.100

210

+0.109
+0.080

220

−0.170 
−0.460

5

230

+0.109
+0.080

240

−0.170
−0.460

15

2 5 4

備考  外径面取り  (C

2

)

は,角度(

θ

2

)を 45±5°として内径面取り  (C

1

)

の寸法を用いることができる。


11

B 1582-1996

JIS

改正原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

原  田  正  躬

埼玉大学工学部

佐  藤  勇  一

埼玉大学工学部

吉  岡  武  雄

通商産業省工業技術院機械技術研究所

山  村  修  蔵

通商産業省工業技術院標準部

安  達  俊  雄

通商産業省機械情報産業局

高  橋      孝

三菱自動車工業株式会社トラック・バス開発本部

吉  田      準

スズキ株式会社二輪設計部

三  原  健  治

株式会社小松製作所コンポーネント事業部

赤  峰  淳  一

社団法人日本電機工業会技術部

桐  谷  俊  雄

社団法人日本事務機械工業会技術部

酒  井      晃

大豊工業株式会社第

1

技術開発部

桑  山  幸  男

エヌデーシー株式会社技術部

折  橋  順  治

株式会社折橋製作所企画室

花  房  三  郎

三矢精工株式会社

荻  田  幸  男

大同メタル工業株式会社商品企画室

(事務局)

中  嶌      勉

社団法人日本機械学会

(文責)  荻  田  幸  男