>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 1558

:2009

(1)

目  次

ページ

序文

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  用語及び定義

2

4

  量記号

2

5

  特性

5

5.1

  一般

5

5.2

  内径

5

5.3

  外径

5

5.4

  内輪幅及び固定具

5

5.5

  外輪幅

5

5.6

  給油

6

6

  形式

6

7

  呼び番号

6

8

  寸法

6

9

  許容差及び許容値

6

10

  ラジアル内部すきま

6

11

  軌道輪及び偏心固定輪の材料並びに軌道の硬さ

7

12

  転動体

7

13

  測定方法

7

14

  検査

7

15

  包装

7

16

  表示

7

16.1

  製品の表示

7

16.2

  包装の表示

7

附属書 JA(参考)直径系列 のインサート軸受

20

附属書 JB(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

24

 


B 1558

:2009

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本ベア

リング工業会(JBIA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標

準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS B 1558:1995 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権及び出願公開後の実用新案登録出願にかかわる確認について,責

任はもたない。


日本工業規格

JIS

 B

1558

:2009

転がり軸受−インサート軸受及び偏心固定輪

Rolling bearings

−Insert bearings and eccentric locking collars

序文

この規格は,2006 年に第 2 版として発行された ISO 9628 を基に,対応する部分(特性,寸法,許容差,

許容値及びラジアル内部すきまに関する項目)については対応国際規格を翻訳し,技術的内容を変更する

ことなく作成した日本工業規格であるが,対応国際規格には規定されていない規定項目を日本工業規格と

して追加している。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所及び

附属書 JA は,対応国際規格にはない事項

である。変更の一覧表にその説明を付けて,

附属書 JB に示す。

1

適用範囲

この規格は,インサート軸受(以下,軸受という。

)及び偏心固定輪について規定する。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 9628:2006

,Rolling bearings−Insert bearings and eccentric locking collars−Boundary dimensions

and tolerances (MOD)

なお,対応の程度を表す記号(MOD)は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,修正していることを示

す。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0104

  転がり軸受用語

注記  対応国際規格:ISO 5593:1984,Rolling bearings−Vocabulary (MOD)

JIS B 0124

  転がり軸受−量記号

注記  対応国際規格:ISO 15241:2001,Rolling bearings−Symbols for quantities (MOD)

JIS B 1511

  転がり軸受総則

JIS B 1512

  転がり軸受−主要寸法

注記  対応国際規格:ISO 15:1998,Rolling bearings−Radial bearings−Boundary dimensions, general

plan (MOD)

JIS B 1514-1

転がり軸受−軸受の公差−第 1 部:ラジアル軸受

JIS B 1515-1

転がり軸受−公差−第 1 部:用語及び定義

注記  対応国際規格:ISO 1132-1:2000,Rolling bearings−Tolerances−Part 1:Terms and definitions

(IDT)


2

B 1558

:2009

JIS B 1515-2

  転がり軸受−公差−第 2 部:検証の原則及び方法

JIS B 1517

  転がり軸受の包装

JIS B 1520

  転がり軸受のラジアル内部すきま

JIS B 1552

  転がり軸受−アダプタ,アダプタスリーブ及び取外しスリーブ

JIS B 1559

  転がり軸受−インサート軸受用鋳造及び鋼板軸受箱

JIS G 4051

  機械構造用炭素鋼鋼材

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS B 0104 及び JIS B 1515-1 によるほか,次による。

3.1

インサート軸受

球状外径面と固定具付きの広幅内輪とをもつラジアル軸受。

注記  通常用いられているインサート軸受はラジアル玉軸受であり,また,固定具は内輪を軸へ取り

付けるためのもので,偏心固定輪,同心固定輪,内輪に直接付いた止めねじ及びアダプタであ

る。

3.2

止めねじ付き軸受

内輪に付けた止めねじを用いて内輪を軸に固定する円筒穴軸受。

3.3

偏心固定輪付き軸受

偏心固定輪を用いて内輪を軸に固定する円筒穴軸受。

3.4

同心固定輪付き軸受

同心固定輪を用いて内輪を軸に固定する円筒穴軸受。

3.5

偏心面

内輪端部の外径及び偏心固定輪端部の内径に設けた中心軸に偏心した傾斜面。

3.6

給油帯域

外輪に油穴及び油溝を設けることができる帯域。

4

量記号

この規格で用いる量記号は,JIS B 0124 によるほか,次による。

なお,許容差及び許容値に関する量記号以外のものは,特に規定しない限り呼び寸法である。

:内輪偏心面の幅

A

1

:偏心固定輪の偏心面の幅

:内輪幅

B

1

:偏心固定輪を含む内輪の総幅

B

2

:偏心固定輪の幅

:外輪幅


3

B 1558

:2009

C

1

:外輪幅の中央から給油帯域の中心までの距離

C

2

:給油帯域の幅

:外輪外径(球状外径面の直径)

:内輪内径及び偏心固定輪の内径

d

1

:偏心固定輪の外径

d

2

:偏心固定輪の偏心面の小端径(理論上)

d

3

:内輪偏心面の大端径(理論上)

H

:内輪及び偏心固定輪の偏心面の偏心量

H

s

:内輪及び偏心固定輪の偏心面の偏心量の実測寸法

K

ia

:内輪のラジアル振れ

K

ea

:外輪のラジアル振れ

r

1

:内輪偏心面の面取寸法

r

1s min

:内輪偏心面の最小実測面取寸法

r

2

:内輪偏心面の隅の丸みの半径

r

2s max

:内輪偏心面の隅の丸みの最大実測半径

r

3

:偏心固定輪の偏心面の隅の丸みの半径

r

3s max

:偏心固定輪の偏心面の隅の丸みの最大実測半径

r

4

:偏心固定輪の偏心面の面取寸法

r

4s min

:偏心固定輪の偏心面の最小実測面取寸法

S

:軌道中央から反固定具側の内輪側面までの距離

S

1

:軌道中央から固定具側の内輪側面又は偏心固定輪側面までの距離

V

dsp

:内輪の平面内内径不同

Δ

A1s

:偏心固定輪の偏心面の幅の寸法差

Δ

Bs

  :実測内輪幅の寸法差

Δ

B2s

:偏心固定輪の実測幅の寸法差

Δ

Dm

  :平均外輪外径の寸法差(球状外径面の平均直径の寸法差)

Δ

dmp

:内輪の平面内平均内径の寸法差

Δ

ds

:偏心固定輪の実測内径の寸法差

Δ

d2s

:偏心固定輪の偏心面の実測小端径の寸法差

Δ

Hs

:内輪及び偏心固定輪の偏心面の実測偏心量の寸法差


4

B 1558

:2009

図 1−広幅偏心固定輪付き軸受(UWE 形)

図 2−同心固定輪付き軸受(UM 形)

図 3−止めねじ付き軸受(UC 形)

図 4−狭幅偏心固定輪付き軸受(UNE 形)

図 5−テーパ穴軸受(UK 形)


5

B 1558

:2009

図 6−偏心固定輪付き軸受の内輪偏心面

図 7−偏心固定輪

注記 1  図 1∼図 は,構造の一例である。

注記 2  図 のきり穴,ねじ穴及び偏心位置の相互の角度関係は,任意である。

5

特性

5.1

一般

軸受の外輪は,JIS B 1559 に規定する軸受箱(以下,軸受箱という。

)の球状軸受座に組み込むことがで

きるように球状外径面をもっている。軸受箱に組み込んだ軸受は,外輪と軸受箱との球状はめあい面で調

心機能をもっていて,取付け時のミスアライメントの調整ができる。

耐食性を向上するために,必要に応じ,表面処理を施してもよい。

軸受には,潤滑剤を封入し,シール又はシールド,及び必要に応じフリンガを取り付ける。

5.2

内径

軸受の内径は,円筒穴又はテーパ穴がある。

円筒穴軸受及び偏心固定輪は,メートル系の内径とインチ系の内径がある。

表 2,表 3.1 及び表 で,括

弧付き呼び番号で示したインチ系の内径は,推奨しない寸法であってできるだけ避けるのがよい。

内径の許容差は,呼び内径に対してプラス側にあり,軸への組込みを容易にしている。

5.3

外径

軸受の外径は,JIS B 1512 の直径系列 2 及び直径系列 3 に対応している。

必要に応じ,外径に回り止めを設けてもよい。

5.4

内輪幅及び固定具

内輪幅は,密封装置と固定具を設けるための幅寸法を確保するため,また,種々の用途において軸を適

切に支持できるように,JIS B 1512 の寸法系列 02 及び寸法系列 03 に対して広くなっている。

偏心固定輪付き軸受の内輪の総幅(B

1

)には,広幅と狭幅とがある。軌道中央から固定具側の内輪側面又

は偏心固定輪側面までの距離(S

1

)は,取付け上必要な寸法なのでこの規格に規定している。

円筒穴軸受の固定具は,内輪の側面に付いた偏心固定輪,内輪の外径面に付いた環状の同心固定輪及び

内輪に付いた止めねじである。テーパ穴軸受の固定具は,アダプタである。

図 1∼図 は,固定具の構造の一例を示し,止めねじ及び同心固定輪の詳細な設計は任意である。

5.5

外輪幅

この規格では,外輪幅は,軸受箱の入れ溝の寸法が決められるように最小寸法と最大寸法とを規定して


6

B 1558

:2009

いる。最小寸法は JIS B 1512 の寸法系列 02 及び寸法系列 03 に合っていて,最大寸法は密封装置と油穴を

設けることを考慮して決めている。

5.6

給油

軸受は,用途に応じて,給油式と無給油式とがある。給油式は,1 個又は数個のラジアル方向の油穴を

外輪に設けている。

この規格では,

軸受箱の給油装置から軸受の中へ潤滑剤が十分に送り込まれるように,

給油帯域の幅と位置とを規定しているが,油穴の詳細な設計及びその位置までは規定しない。 

6

形式

軸受の形式は,

表 による。

表 1−軸受の形式

軸受の形式

寸法表

形式名称

形式記号

形状図

直径系列 2

直径系列 3

広幅偏心固定輪付き軸受 UWE

図 1,図 6,図 

表 2,表 5,表 6

同心固定輪付き軸受 UM

図 

表 3.1 

止めねじ付き軸受 UC

図 

表 3.1 

表 3.2 

狭幅偏心固定輪付き軸受 UNE

図 4,図 6,図 

表 4,表 5,表 6

テーパ穴軸受 UK

図 

表 7.1 

表 7.2 

7

呼び番号

軸受及び偏心固定輪の呼び番号は,軸受又は偏心固定輪の形式記号,直径系列記号及び内径番号の順に

表し,

表 2∼表 7.2 による。

なお,直径系列 2 の止めねじ付き軸受の内径番号 01∼03 及び内径番号 13 の軸受には ISO 9628 に整合し

たものと整合していないものとの 2 種類があり,ISO 9628 に整合した軸受には“X”を付記する。

インチ系内径寸法の軸受,広幅偏心固定輪付き軸受(UWE 形軸受)及び狭幅偏心固定輪付き軸受(UNE

形軸受)の呼び番号は,他のものを用いてもよい。

呼び番号には,必要に応じ補助記号

1)

を付記してもよい。

1)

  軸受のラジアル内部すきま,潤滑剤,シールの種類などを表すものであって,その記号は受渡

当事者間の協定による。

8

寸法

軸受及び偏心固定輪の寸法は,

表 2∼表 7.2 による。

9

許容差及び許容値

軸受及び偏心固定輪の許容差及び許容値は,

表 8∼表 10 による。ただし,テーパ穴の許容差及び許容値

は,JIS B 1514-1 による。 

10

ラジアル内部すきま

軸受のラジアル内部すきまの値は,

直径系列 2 は

表 11 又は JIS B 1520,直径系列 3 は JIS B 1520 による。


7

B 1558

:2009

11

軌道輪及び偏心固定輪の材料並びに軌道の硬さ

軸受の軌道輪の材料及び軌道の硬さは,JIS B 1511 による。

偏心固定輪の材料は,JIS G 4051 に規定する鋼材又はこれと同等以上の強度をもつ鋼材とする。 

12

転動体

軸受の転動体は,JIS B 1511 による。

13

測定方法

軸受の測定方法は,JIS B 1515-2 によるほか,次

による。

内輪及び偏心固定輪の偏心面の偏心量 の測定

は,内径面に 2 個の当て金を当て,測定子を偏心面

に当てて行う(

図 8)。

偏心量の実測寸法 H

s

は,内輪又は偏心固定輪を当

て金に沿って 1 回転したときの測定器の読みの最大

値と最小値との差の 1 / 2 の値とする。

図 8−内輪偏心面の偏心量の測定例

14

検査

軸受及び偏心固定輪の検査は,寸法,許容差,許容値,ラジアル内部すきま及び軌道の硬さについて行

い,箇条 8,箇条 9,箇条 10 及び箇条 11 の規定に適合しなければならない。

15

包装

軸受の包装は,JIS B 1517 による。 

16

表示

16.1

製品の表示

軸受には,呼び番号及び製造業者名(又はその略号)を表示する。

16.2

包装の表示

軸受の包装には,呼び番号,数量,製造業者名(又はその略号)及び製造年月(又はその略号)を表示

する。ただし,数量が 1 個のときには,数量を省略してもよい。


8

B 1558

:2009

表 2−直径系列 の広幅偏心固定輪付き軸受の呼び番号及び寸法  (図 参照)

単位  mm

寸法

B

1

S

1

a)

呼び番号

d

D

最大

(参考)

最大

最小

最大

C

1

b)

C

2

b)

偏心固定輪

の呼び番号

  UWE201 
 UWE201-1/2 
(UWE202-9/16) 
  UWE202 
 UWE202-5/8

 UWE203 
(UWE203-11/16)

 12 
 12.7 
 14.288 
 15 
 15.875 
 17 
 17.462

40  37.3 13.9 23.4 12  15  3.4  2  E201

E201-1/2 
E202-9/16 
E202 
E202-5/8 
E203 
E203-11/16

 UWE204-3/4

 UWE204

 19.05 
 20

47  43.7 17.1 26.6 14  17  3.7  2  E204-3/4

E204

(UWE205-13/16)

 UWE205-7/8 
(UWE205-15/16) 
 UWE205

 UWE205-1

 20.638 
 22.225 
 23.812 
 25 
 25.4

52  44.4 17.5 26.9 15  17  3.9  2.5 E205-13/16

E205-7/8 
E205-15/16 
E205 
E205-1

(UWE206-1 1/16)

 UWE206-1 1/8

 UWE206

 UWE206-1 3/16 
(UWE206-1 1/4)

 26.988 
 28.575 
 30 
 30.162 
 31.75

62  48.4 18.3 30.1 16  19  5

2.5 E206-1

1/16

E206-1 1/8 
E206 
E206-1 3/16 
E206-1 1/4

 UWE207-1 1/4 
(UWE207-1 5/16) 
 UWE207-1 3/8

 UWE207

 UWE207-1 7/16

 31.75 
 33.338 
 34.925 
 35 
 36.512

72  51.1 18.8 32.3 17  20  5.7  3  E207-1

1/4

E207-1 5/16 
E207-1 3/8 
E207 
E207-1 7/16

 UWE208-1 1/2 
(UWE208-1 9/16)

 UWE208 

 38.1 
 39.688 
 40

80  56.3 21.4 34.9 18  21  6.2  3  E208-1

1/2

E208-1 9/16 
E208

(UWE209-1 5/8) 
 UWE209-1 11/16

 UWE209-1 3/4

 UWE209

 41.275 
 42.862 
 44.45 
 45

85  56.3 21.4 34.9 19  22  6.4  3  E209-1

5/8

E209-1 11/16
E209-1 3/4 
E209

(UWE210-1 13/16) 
(UWE210-1 7/8) 
 UWE210-1 15/16

 UWE210 
(UWE210-2)

 46.038 
 47.625 
 49.212 
 50 
 50.8

90  62.7 24.6 38.1 20  24  6.5  3.5 E210-1

13/16

E210-1 7/8 
E210-1 15/16
E210 
E210-2

 UWE211-2 
(UWE211-2 1/16) 
(UWE211-2 1/8)

 UWE211

 UWE211-2 3/16

 50.8 
 52.388 
 53.975 
 55 
 55.562

100  71.4 27.8 43.6 21  25  7

3.5 E211-2

E211-2 1/16 
E211-2 1/8 
E211 
E211-2 3/16


9

B 1558

:2009

表 2−直径系列 の広幅偏心固定輪付き軸受の呼び番号及び寸法  (図 参照)(続き)

単位  mm

寸法

B

1

S

1

C

a)

呼び番号

d

D

最大

(参考)

最大

最小

最大

C

1

b)

C

2

b)

偏心固定輪

の呼び番号

 UWE212-2 1/4 
(UWE212-2 5/16) 
 UWE212 
(UWE212-2 3/8)

 UWE212-2 7/16

 57.15 
 58.738
 60 
 60.325
 61.912

110

 77.8

31

46.8

22

27

 7.6

4

E212-2 1/4 
E212-2 5/16 
E212 
E212-2 3/8 
E212-2 7/16

(UWE213-2 1/2) 
 UWE213

 63.5 
 65

120

 85.7

34.1

51.6

23

32

 8.9

5

E213-2 1/2 
E213

 UWE214-2 11/16

 UWE214

 68.262
 70

125

 85.7

34.1

51.6

24

35

 8.9

5

E214-2 11/16
E214

(UWE215-2 13/16)

 UWE215-2 15/16

 UWE215

 71.438
 74.612
 75

130

 92.1

37.3

54.8

25

39

 8.9

5

E215-2 13/16
E215-2 15/16
E215

(UWE216-3 1/8) 
 UWE216

 UWE216-3 3/16

 79.375
 80 
 80.962

140 100  40.5

59.5  26  43

8.8

6  E216-3

1/8

E216 
E216-3 3/16

 UWE217

 UWE217-3 7/16

 85 
 87.312

150 106.4

43.7

62.7  28  50  10

6  E217

E217-3 7/16

 UWE218

90

160

109.6

44.5

65.1

30

50

10

6

E218

 UWE219-3 11/16

 UWE219

 93.662
 95

170 114.3

46.8

67.5  32  50  10

6  E219-3

11/16

E219

 UWE220 
  UWE220-3 15/16

100 
100.012

180 125.4

50  75.4  34  51  11.2

6  E220

E220-3 15/16

a)

  “最小”及び“最大”で規定する寸法は,呼び寸法の最小値又は最大値を示し,許容差は含めない。

b)

  油穴は,軸受箱の給油装置を通って軸受内部に潤滑剤が十分に給油されるように,外輪の片側又は両側の寸法 C

1

び C

2

で規定する位置及び帯域に設ける。


10

B 1558

:2009

表 3.1−直径系列 の同心固定輪付き軸受及び止めねじ付き軸受の呼び番号及び寸法(図 及び図 参照)

単位  mm

呼び番号

寸法

B S

1

C

a)

同心固定輪付き

止めねじ付き

d D 

最大

(参考)  最大

最小 

最大 

C

1

b)

C

2

b)

 UM201

 UM201-1/2 
(UM202-9/16)

 UM202

 UM202-5/8

 UM203 
(UM203-11/16)

 UC201X

 UC201X-1/2 
(UC202X-9/16)

 UC202X

 UC202X-5/8

 UC203X 
(UC203X-11/16)

 12 
 12.7 
 14.288 
 15 
 15.875 
 17 
 17.462

40

27.4

11.5

15.9 12  15

3.4  2

− 
− 

− 
− 

 UC201

 UC201-1/2 
(UC202-9/16)

 UC202

 UC202-5/8

 UC203 
(UC203-11/16)

 12 
 12.7 
 14.288 
 15 
 15.875 
 17 
 17.462

47

31 12.7

18.3 14 17 3.7 2

 UM204-3/4

 UM204

 UC204-3/4

 UC204

 19.05 
 20

47

31  12.7

18.3 14  17

3.7  2

(UM205-13/16) 
 UM205-7/8 
(UM205-15/16) 
 UM205

 UM205-1

(UC205-13/16) 
 UC205-7/8 
(UC205-15/16) 
 UC205

 UC205-1

 20.638 
 22.225 
 23.812 
 25 
 25.4

52

34.1

14.3

19.8 15  17

3.9  2.5

(UM206-1 1/16)

 UM206-1 1/8

 UM206

 UM206-1 3/16 
(UM206-1 1/4)

(UC206-1 1/16)

 UC206-1 1/8

 UC206

 UC206-1 3/16 
(UC206-1 1/4)

 26.988 
 28.575 
 30 
 30.162 
 31.75

62

38.1

15.9

22.2 16  19

5

2.5

 UM207-1 1/4 
(UM207-1 5/16) 
 UM207-1 3/8

 UM207

 UM207-1 7/16

 UC207-1 1/4 
(UC207-1 5/16) 
 UC207-1 3/8

 UC207

 UC207-1 7/16

 31.75 
 33.338 
 34.925 
 35 
 36.512

72

42.9

17.5

25.4 17  20

5.7  3

 UM208-1 1/2 
(UM208-1 9/16) 
 UM208 

 UC208-1 1/2 
(UC208-1 9/16) 
 UC208 

 38.1 
 39.688 
 40

80

49.2

19  30.2 18  21

6.2  3

(UM209-1 5/8)

 UM209-1 11/16

 UM209-1 3/4

 UM209

(UC209-1 5/8)

 UC209-1 11/16

 UC209-1 3/4

 UC209

 41.275 
 42.862 
 44.45 
 45

85

49.2

19  30.2 19  22

6.4  3

(UM210-1 13/16) 
(UM210-1 7/8) 
  UM210-1 15/16 
 UM210 
(UM210-2)

(UC210-1 13/16) 
(UC210-1 7/8) 
 UC210-1 15/16

 UC210 
(UC210-2)

 46.038 
 47.625 
 49.212 
 50 
 50.8

90

51.6

19  32.6 20  24

6.5  3.5


11

B 1558

:2009

表 3.1−直径系列 の同心固定輪付き軸受及び止めねじ付き軸受の呼び番号及び寸法

図 及び図 参照)(続き)

              単位  mm

呼び番号

寸法

B S

1

a)

同心固定輪付き

止めねじ付き

d D 

最大

(参考)  最大

最小

最大

C

1

b)

C

2

b)

 UM211-2

(UM211-2 1/16)

(UM211-2 1/8)

 UM211

 UM211-2 3/16

 UC211-2

(UC211-2 1/16) 
(UC211-2 1/8)

 UC211

 UC211-2 3/16

 50.8 
 52.388 
 53.975 
 55 
 55.562

100

 55.6  22.2

 33.4

21

25

 7

 3.5

 UM212-2 1/4

(UM212-2 5/16)

 UM212

(UM212-2 3/8)

 UM212-2 7/16

 UC212-2 1/4

(UC212-2 5/16)

 UC212

(UC212-2 3/8)

 UC212-2 7/16

 57.15 
 58.738 
 60 
 60.325 
 61.912

110

 65.1  25.4

 39.7

22

27

 7.6

 4

− 

(UC213-2 1/2)

 UC213

(UC213-2 5/8)

 63.5 
 65 
 66.675

120

65.1  25.4

 39.7

23

32

 8.9

 5

(UM213-2 1/2)

 UM213

(UM213-2 5/8)

(UC213X-2 1/2)

 UC213X

(UC213X-2 5/8)

 63.5 
 65 
 66.675

120

 68.3  25.4

 42. 9

23

32

 8.9

 5

 UM214-2 11/16

(UM214-2 3/4)

 UM214

 UC214-2 11/16

(UC214-2 3/4)

 UC214

 68.262 
 69.85 
 70

125

 74.6  30.2

 44.4

24

35

 8.9

 5

(UM215-2 13/16) 
(UM215-2 7/8)

 UM215-2 15/16

 UM215

 UM215-3

(UC215-2 13/16) 
(UC215-2 7/8)

 UC215-2 15/16

 UC215

 UC215-3

 71.438 
 73.025 
 74.612 
 75 
 76.2

130

 77.8  33.3

 44.5

25

39

 8.9

 5

(UM216-3 1/8)

 UM216

 UM216-3 3/16

(UC216-3 1/8)

 UC216

 UC216-3 3/16

 79.375 
 80 
 80.962

140

 82.6  33.3

 49.3

26

43

 8.8

 6

(UM217-3 1/4)

 UM217

(UM217-3 3/8)

 UM217-3 7/16

(UM217-3 1/2)

(UC217-3 1/4)

 UC217

(UC217-3 3/8)

 UC217-3 7/16

(UC217-3 1/2)

 82.55 
 85 
 85.725 
 87.312 
 88.9

150

 85.7  34.1

 51.6

28

50

10

 6

 UM218-3 1/2

 UM218

 UC218-3 1/2

 UC218

 88.9  
 90

160

 96

 39.7

 56.3

30

50

10

 6

 UM220

 UM220-3 15/16

(UM220-4)

 UC220

 UC220-3 15/16

(UC220-4)

100 
100.012 
101.6  

180

108

 42

 66

34

51

11.2

 6

a)

  “最小”及び“最大”で規定する寸法は,呼び寸法の最小値又は最大値を示し,許容差は含めない。

b)

  油穴は,軸受箱の給油装置を通って軸受内部に潤滑剤が十分に給油されるように,外輪の片側又は両側の寸法

C

1

及び C

2

で規定する位置及び帯域に設ける。


12

B 1558

:2009

表 3.2−直径系列 の止めねじ付き軸受の呼び番号及び寸法(図 参照)

単位  mm

寸法

C

a)

 

呼び番号

d

D

B

(参考)

S

1

最小

最大

C

1

b)

 

C

2

b)

UC305

UC306

UC307 

 25 
 30 
 35

 62 
 72 
 80

 38 
 43 
 48

15 
17 
19

23 
26 
29

17 
19 
21

24 
26 
28

    5.6

 6  
 6.7

 3  
 3  
 3.5

UC308

UC309

UC310 

 40 
 45 
 50

 90 
100 
110

 52 
 57 
 61

19 
22 
22

33 
35 
39

23 
25 
27

30 
33 
35

 7.5 
 8.3 
 9.5

 4  
 4  
 4.5

UC311

UC312

UC313 

 55 
 60 
 65

120 
130 
140

 66 
 71 
 75

25 
26 
30

41 
45 
45

29 
31 
33

37 
39 
41

10.3

11.1 
11.9

 5  
 5  
 5.5

UC314

UC315

UC316 

 70 
 75 
 80

150 
160 
170

 78 
 82 
 86

33 
32 
34

45 
50 
52

35 
37 
39

43 
46 
48

12.7 
13.5 
14.3

 6  
 6  
 6.5

UC317

UC318

UC319 

 85 
 90 
 95

180 
190 
200

 96 
 96 
103

40 
40 
41

56 
56 
62

41 
43 
45

50 
52 
54

15.1 
15.9 
16.7

 7  
 7  
 7.5

UC320

UC321

UC322 

100 
105 
110

215 
225 
240

108 
112 
117

42 
44 
46

66 
68 
71

47 
49 
50

58 
60 
62

18.3 
19.1 
20.6

 8  
 8  
 8.5

UC324

UC326

UC328 

120 
130 
140

260 
280 
300

126 
135 
145

51 
54 
59

75 
81 
86

55 
58 
62

66 
72 
76

20.6 
22.2 
23.8

 9  
 9.5 
10.5

a)

  “最小”及び“最大”で規定する寸法は,呼び寸法の最小値又は最大値を示し,許容差は含めない。

b)

  油穴は,軸受箱の給油装置を通って軸受内部に潤滑剤が十分に給油されるように,外輪の片側又は両側の寸法

C

1

及び C

2

で規定する位置及び帯域に設ける。


13

B 1558

:2009

表 4−直径系列 の狭幅偏心固定輪付き軸受の呼び番号及び寸法  (図 参照)

単位  mm

寸法

B

1

S

1

C

a)

呼び番号

d D 

最大

(参考)  最大

最小

最大

C

1

b)

C

2

b)

偏心固定輪 
の呼び番号

 UNE201 
 UNE201-1/2 
(UNE202-9/16) 
 UNE202 
 UNE202-5/8 
 UNE203 
(UNE203-11/16)

12 
12.7 
14.288 
15 
15.875 
17 
17.462

40 28.6  6.5

22.1

12  13  3.4 2  E201

E201-1/2 
E202-9/16 
E202 
E202-5/8 
E203 
E203-11/16

 UNE204-3/4 
 UNE204 

19.05 
20

47 31

7.5

23.5

14  15  3.7 2  E204-3/4

E204

(UNE205-13/16) 
  UNE205-7/8 
(UNE205-15/16) 
  UNE205 
 UNE205-1

20.638 
22.225 
23.812 
25 
25.4

52 31

7.5

23.5

15  15  3.9 2.5 E205-13/16

E205-7/8 
E205-15/16 
E205 
E205-1

(UNE206-1 1/16) 
 UNE206-1 1/8 
 UNE206 
 UNE206-1 3/16 
(UNE206-1 1/4)

26.988 
28.575 
30 
30.162 
31.75

62 35.7 9 26.7

16 18 5 2.5

E206-1 1/16 
E206-1 1/8 
E206 
E206-1 3/16 
E206-1 1/4

 UNE207-1 1/4 
(UNE207-1 5/16) 
 UNE207-1 3/8 
 UNE207 
 UNE207-1 7/16

31.75 
33.338 
34.925 
35 
36.512

72 38.9  9.5

29.4

17  19  5.7 3  E207-1 1/4

E207-1 5/16 
E207-1 3/8 
E207 
E207-1 7/16

 UNE208-1 1/2 
(UNE208-1 9/16) 
 UNE208 

38.1 
39.688 
40

80 43.7 11 32.7

18 22 6.2 3  E208-1 1/2

E208-1 9/16 
E208

(UNE209-1 5/8) 
 UNE209-1 11/16 
 UNE209-1 3/4 
 UNE209

41.275 
42.862 
44.45 
45

85 43.7 11 32.7

19 22 6.4 3  E209-1 5/8

E209-1 1/16 
E209-1 3/4 
E209

(UNE210-1 13/16) 
(UNE210-1 7/8) 
 UNE210-1 15/16 
 UNE210 
(UNE210-2)

46.038 
47.625 
49.212 
50 
50.8

90 43.7 11 32.7

20 22 6.5 3.5

E210-1

13/16

E210-1 7/8 
E210-1 15/16 
E210 
E210-2

 UNE211-2 
(UNE211-2 1/16) 
(UNE211-2 1/8) 
 UNE211 
 UNE211-2 3/16

50.8 
52.388 
53.975 
55 
55.562

100

48.4

12 36.4

21 25 7  3.5

E211-2 
E211-2 1/16 
E211-2 1/8 
E211 
E211-2 3/16

 UNE212-2 1/4 
(UNE212-2 5/16) 
 UNE212 
(UNE212-2 3/8) 
 UNE212-2 7/16 

57.15 
58.738 
60 
60.325 
61.912

110 53.1  13.5

39.6

22  27  7.6  4  E212-2

1/4

E212-2 5/16 
E212 
E212-2 3/8 
E212-2 7/16

a)

  “最小”及び“最大”で規定する寸法は,呼び寸法の最小値又は最大値を示し,許容差は含めない。

b)

  油穴は,軸受箱の給油装置を通って軸受内部に潤滑剤が十分に給油されるように,外輪の片側又は両側の寸法

C

1

及び C

2

で規定する位置及び帯域に設ける。


14

B 1558

:2009

表 5−直径系列 の広幅及び狭幅偏心固定輪付き軸受の内輪偏心面の寸法  (図 1,図 及び図 参照)

単位  mm

d

3

最大

最小

r

1s min

r

2s max

 12 
 12.7 
 14.288 
 15 
 15.875 
 17 
 17.462

21.6 0.8

4.2  0.5

0.8

 19.05 
 20

26.6 0.8

4.2  0.5

0.8

 20.638 
 22.225 
 23.812 
 25 
 25.4

31.6 0.8

4.2  0.5

0.8

 26.988 
 28.575 
 30 
 30.162 
 31.75

37.9 0.8

4.2  0.5

0.8

 31.75 
 33.338 
 34.925 
 35 
 36.512

44.7 0.8

4.2  0.5

0.8

 38.1 
 39.688 
 40

49.4 1.6

5

0.5

1.2

 41.275 
 42.862 
 44.45 
 45

54.4 1.6

5

0.5

1.2

 46.038 
 47.625 
 49.212 
 50 
 50.8

60 1.6  5  0.5  1.2

 50.8 
 52.388 
 53.975 
 55 
 55.562

66.9 1.6

5

0.5

1.2

単位  mm

d

3

最大

最小

r

1s min

r

2s max

 57.15 
 58.738 
 60 
 60.325 
 61.912

73.5

1.6 6.6 0.5 1.6

 63.5 
 65

78.6

1.6 6.6 0.5 1.6

 68.262 
 70

82  1.6 6.6 0.5 1.6

 71.438 
 74.612 
 75

87  1.6 6.6 0.5 1.6

 79.375 
 80 
 80.962

92.7

1.6 6.6 0.5 1.6

 85 
 87.312

102  1.6 6.6 0.5 1.6

90

106.1

1.6 6.6 0.5 1.6

 93.662 
 95

115.5

1.6 6.6 0.5 1.6

100  
100.012

118.9

1.6 6.6 0.5 1.6


15

B 1558

:2009

表 6−偏心固定輪の呼び番号及び寸法  (図 参照)

単位  mm

寸法

d

1

呼び番号

最大

d

2

B

2

H A

1

r

3s max

r

4s min

E201 
E201-1/2 
E202-9/16 
E202 
E202-5/8 
E203 
E203-11/16 

 12 
 12.7 
 14.288 
 15 
 15.875 
 17 
 17.462

28.6

21.6  13.5 0.8 4  0.4 0.8

E204-3/4 
E204 

 19.05 
 20

33.3

26.6  13.5 0.8 4  0.4 0.8

E205-13/16 
E205-7/8 
E205-15/16 
E205 
E205-1 

 20.638 
 22.225 
 23.812 
 25 
 25.4

38.1

31.6  13.5 0.8 4  0.4 0.8

E206-1 1/16 
E206-1 1/8 
E206 
E206-1 3/16 
E206-1 1/4 

 26.988 
 28.575 
 30 
 30.162 
 31.75

44.5

37.9  15.9 0.8 4  0.4 0.8

E207-1 1/4 
E207-1 5/16 
E207-1 3/8 
E207 
E207-1 7/16 

 31.75 
 33.338 
 34.925 
 35 
 36.512

55.6

44.7  17.5 0.8 4  0.4 0.8

E208-1 1/2 
E208-1 9/16 
E208 

 38.1 
 39.688 
 40

60.3

49.4  18.3 1.6 4.8 0.4 1.2

E209-1 5/8 
E209-1 11/16 
E209-1 3/4 
E209 

 41.275 
 42.862 
 44.45 
 45

63.5

54.4  18.3 1.6 4.8 0.4 1.2

E210-1 13/16 
E210-1 7/8 
E210-1 15/16 
E210 
E210-2 

 46.038 
 47.625 
 49.212 
 50 
 50.8

69.9

60  18.3 1.6 4.8 0.4 1.2

E211-2 
E211-2 1/16 
E211-2 1/8 
E211 
E211-2 3/16 

 50.8 
 52.388 
 53.975 
 55 
 55.562

76.2

66.9  20.7 1.6 4.8 0.4 1.2

E212-2 1/4 
E212-2 5/16 
E212 
E212-2 3/8 
E212-2 7/16 

 57.15 
 58.738 
 60 
 60.325 
 61.912

84.2

73.5  22.3 1.6 6.4 0.4 1.6


16

B 1558

:2009

表 6−偏心固定輪の呼び番号及び寸法  (図 参照)(続き)

単位  mm

寸法

d

1

呼び番号

最大

d

2

B

2

H A

1

r

3s max

r

4s min

E213-2 1/2

E213 

 63.5 
 65

 97

 78.6

23.9

1.6

6.4

0.4

1.6

E214-2 11/16

E214 

 68.262 
 70

 97

 82

23.9

1.6

6.4

0.4

1.6

E215-2 13/16

E215-2 15/16

E215 

 71.438 
 74.612 
 75

102

87  23.9  1.6  6.4  0.4  1.6

E216-3 1/8

E216

E216-3 3/16 

 79.375 
 80 
 80.962

111.1

92.7  25.4  1.6

6.4  0.4

1.6

E217

E217-3 7/16 

 85 
 87.312

113 102  25.4  1.6  6.4  0.4  1.6

E218 

 90

119

106.1

25.4

1.6

6.4

0.4

1.6

E219-3 11/16

E219 

 93.662 
 95

127 115.5 27  1.6  6.4 0.4  1.6

E220

E220-3 15/16 

100 
100.012

139.7 118.9  31.8  1.6

6.4  0.4

1.6


17

B 1558

:2009

表 7.1−直径系列 のテーパ穴軸受の呼び番号及び寸法  (図 参照)

単位  mm

寸法

適用アダプタ

c)

B

C

a)

 

呼び番号

d D 

最大

最小

最大

C

1

b)

 

C

2

b)

 

系列 H3

系列 H23

UK205 
UK206 
UK207 

25 
30 
35

52 
62 
72

27 
30 
34

15 
16 
17

17 
19 
20

 3.9 
 5 
 5.7

2.5 
2.5 
3

H305X 
H306X 
H307X

H2305X 
H2306X 
H2307X

UK208 
UK209 
UK210 

40 
45 
50

80 
85 
90

36 
39 
43

18 
19 
20

21 
22 
24

 6.2 
 6.4 
 6.5



3.5

H308X 
H309X 
H310X

H2308X 
H2309X 
H2310X

UK211 
UK212 
UK213 

55 
60 
65

100 
110 
120

47 
49 
51

21 
22 
23

25 
27 
39

 7 
 7.6 
 8.9

3.5 

5

H311X 
H312X 
H313X

H2311X 
H2312X 
H2313X

UK215 
UK216 
UK217 

75 
80 
85

130 
140 
150

58 
61 
64

25 
26 
28

42 
45 
48

 8.9 
 8.8 
10



6

H315X 
H316X 
H317X

H2315X 
H2316X 
H2317X

UK218 

90 160 68 30 51

10  6  H318X

H2318X

a)

  “最小”及び“最大”で規定する寸法は,呼び寸法の最小値又は最大値を示し,許容差は含めない。

b)

  油穴は,軸受箱の給油装置を通って軸受内部に潤滑剤が十分に給油されるように,外輪の片側又は両側の寸法

C

1

及び C

2

で規定する位置及び帯域に設ける。

c)

  JIS B 1552 による。その選び方は,それぞれ組み合わせる軸受の内輪幅によって決める。

表 7.2−直径系列 のテーパ穴軸受の呼び番号及び寸法  (図 参照)

単位  mm

寸法

B C

a)

呼び番号

d D 

最大

最小

最大

C

1

b)

C

2

b)

適用アダプタ

c)

UK305 
UK306 
UK307 

 25 
 30 
 35

 62 
 72 
 80

 27 
 30 
 34

17 
19 
21

24 
26 
28

 5.6 
 6 
 6.7

 3 
 3 
 3.5

H2305X 
H2306X 
H2307X

UK308 
UK309 
UK310 

 40 
 45 
 50

 90 
100 
110

 36 
 39 
 43

23 
25 
27

30 
33 
35

 7.5 
 8.3 
 9.5

 4 
 4 
 4.5

H2308X 
H2309X 
H2310X

UK311 
UK312 
UK313 

 55 
 60 
 65

120 
130 
140

 47 
 49 
 51

29 
31 
33

37 
39 
41

10.3 
11.1 
11.9

 5 
 5 
 5.5

H2311X 
H2312X 
H2313X

UK315 
UK316 
UK317 

 75 
 80 
 85

160 
170 
180

 58 
 61 
 64

37 
39 
41

46 
48 
50

13.5 
14.3 
15.1

 6 
 6.5 
 7

H2315X 
H2316X 
H2317X

UK318 
UK319 
UK320 

 90 
 95 
100

190 
200 
215

 68 
 71 
 77

43 
45 
47

52 
54 
58

15.9 
16.7 
18.3

 7 
 7.5 
 8

H2318X 
H2319X 
H2320X

UK322 
UK324 
UK326 

110 
120 
130

240 
260 
280

 84 
 90 
 98

50 
55 
58

62 
66 
72

20.6 
20.6 
22.2

 8.5 
 9 
 9.5

H2322X 
H2324X

H2326X / H2326

UK328 

140

300

107

62

76

23.8

10.5

H2328X / H2328

a)

  “最小”及び“最大”で規定する寸法は,呼び寸法の最小値又は最大値を示し,許容差は含めない。

b)

  油穴は,軸受箱の給油装置を通って軸受内部に潤滑剤が十分に給油されるように,外輪の片側又は両側の寸法

C

1

及び C

2

で規定する位置及び帯域に設ける。

c)

  JIS B 1552 による。


18

B 1558

:2009

表 8−内輪の許容差及び許容値

単位

μm

(mm)

Δ

dmp

a)

V

dsp

a)

Δ

Hs

a)

Δ

Bs

a)

(参考)

K

ia

a)

(参考)

を超え

以下

上限

下限

最大

上限

下限

上限

下限

最大

 10

 18

 31.75 

 18

 31.75

 50.8 

+15 
+18 
+21



0

10 
12 
14

+100 
+100 
+100

−100 
−100 
−100



0

−120 
−120 
−120

15 
18 
20

 50.8

 80.962

120 

 80.962

120

180 

+24

+28 
+33



0

16 
19 
22

+100

+100 
+100

−100

−100 
−100



0

−150

−200 
−250

25 
30 
35

a)

  許容差及び許容値は,表面処理の有無にかかわらず最終仕上げした内輪にも適用する。

表 9−外輪の許容差及び許容値

単位

μm

(mm)

Δ

Dm

b)

K

ea

を超え

以下

上限

下限

a)

最大

 30

 50

 80 

 50

 80

120 



0

−11 
−13

−15

20 
25 
35

120

150

180 

150

180

250 



0

−18 
−25 
−30

40 
45 
50

250 315  0

−35 60

a)

Δ

Dm

の下限の値は,外輪側面から外輪の幅寸法の 1 / 4 の距離以内には適用し

ない。

b)

Δ

Dm

の値は,必要に応じ受渡当事者間の協定によって決めてもよい。

表 10−偏心固定輪の許容差

単位  mm

Δ

ds

Δ

d2s

Δ

Hs

Δ

B2s

Δ

A1s

を超え

以下

上限

下限

上限

下限

上限

下限

上限

下限

上限

下限

10

36.512

55.562 

 36.512

 55.562

 80.962 

+0.250

+0.300 
+0.300

+0.025

+0.025 
+0.025

+0.3

+0.4 
+0.4



0

+0.1

+0.1 
+0.1

−0.1

−0.1 
−0.1

+0.27

+0.33
+0.33

−0.27

−0.33 
−0.33



0

−0.18

−0.18
−0.22

80.962 120 

+0.350  +0.035

+0.5 0 +0.1

−0.1

+0.33

−0.33 0 −0.22


19

B 1558

:2009

表 11−直径系列 の軸受のラジアル内部すきまの値

単位

μm

区分

GN C4

(mm)

(mm)

最小

最大

最小

最大

 12 
 12.7 
 14.288 
 15 
 15.875 
 17 
 17.462 

40  10 25 18 33

 19.05 
 20 

47  12 28 20 36

 20.638 
 22.225 
 23.812 
 25 
 25.4 

52  12 28 23 41

 26.988 
 28.575 
 30 
 30.162 
 31.75 

62

 31.75 
 33.338 
 34.925 
 35 
 36.512 

72  13 33 28 46

 38.1 
 39.688 
 40 

80

 41.275 
 42.862 
 44.45 
 45 

85  14 36 30 51

 46.038 
 47.625 
 49.212 
 50 
 50.8 

90

 50.8 
 52.388 
 53.975  
 55 
 55.562 

100  18 43 38 61

 57.15 
 58.738 
 60 
 60.325 
 61.912 

110

 63.5 
 65 
 66.675 

120

単位  μm

区分

GN C4

(mm)

(mm)

最小

最大

最小

最大

 68.262
 69.85
 
 70 

125

 71.438
 73.025
 74.612
 75
 
 76.2 

130

 79.375
 80
 
 80.962

140

20 51 46 71

 82.55 
 85 
 85.725
 87.312
 88.9 

150

 88.9 
 90 

160

 93.662
 95 

170

100   
100.012
101.6 

180

24 58 53 84

注記 1  この表に規定する区分 GN の最小の値は JIS B 

1520

の CN の最小と最大の値の平均値,最大の

値は JIS B 1520 の C3 の最大の値と一致してい

る。また,区分 C4 は JIS B 1520 と一致してい
る。

注記 2  この表に規定する区分 GN の値は ISO 9628 

規定する Group N と一致している。また,区分
C4 の値は ISO 9628 に規定する Group 3 と一致
している。


20

B 1558

:2009

附属書 JA

参考)

直径系列 X のインサート軸受

JA.1

適用範囲

この附属書は,直径系列 X のインサート軸受に適用する。

JA.2

引用規格

次に掲げる規格は,この附属書に引用されることによって,この附属書の一部を構成する。これらの引

用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 1512

転がり軸受−主要寸法

JIS B 1552

転がり軸受−アダプタ,アダプタスリーブ及び取外しスリーブ

JA.3

用語及び定義

箇条 による。

JA.4

量記号

箇条 による。

JA.5

特性

箇条 による。

JA.6

形式

箇条 による。

JA.7

呼び番号

直径系列 X 

1)

の軸受の呼び番号を,

表 JA.1 及び表 JA.2 に示す。

1)

  JIS B 1512 によらない特殊な直径系列である。

JA.8

寸法

直径系列 X の軸受の寸法を,

表 JA.1 及び表 JA.2 に示す。

JA.9

許容差及び許容値

箇条 による。

JA.10

ラジアル内部すきま

箇条 10 による。 
 


21

B 1558

:2009

JA.11

軌道輪の材料及び軌道の硬さ

箇条 11 による。

JA.12

転動体

箇条 12 による。

JA.13

測定方法

箇条 13 による。

JA.14

検査

箇条 14 による。

JA.15

包装

箇条 15 による。

JA.16

表示

箇条 16 による。


22

B 1558

:2009

表 JA.1−直径系列 の止めねじ付き軸受の呼び番号及び寸法

単位  mm

寸法

C

a)

呼び番号

d D B S 

(参考)

S

1

最小

最大

UCX05

UCX06

UCX07 

 25 
 30 
 35

 62 
 72 
 80

 38.1 
 42.9 
 49.2

15.9 
17.5 
19

22.2 
25.4 
30.2

16 
17 
18

22 
24 
26

UCX08

UCX09

UCX10 

 40 
 45 
 50

 85 
 90 
100

 49.2 
 51.6 
 55.6

19 
19 
22.2

30.2 
32.6 
33.4

19 
20 
21

28 
29 
33

UCX11

UCX12

UCX13 

 55 
 60 
 65

110 
120 
125

 65.1 
 65.1 
 74.6

25.4 
25.4 
30.2

39.7 
39.7 
44.4

22 
23 
24

36 
39 
40

UCX14

UCX15

UCX16 

 70 
 75 
 80

130 
140 
150

 77.8 
 82.6 
 85.7

33.3 
33.3 
34.1

44.5 
49.3 
51.6

25 
26 
28

42 
45 
48

UCX17

UCX18

UCX20 

 85 
 90 
100

160 
170 
190

 96 
104 
117.5

39.7 
42.9 
49.2

56.3 
61.1 
68.3

30 
32 
36

51 
53 
58

a)

  “最小”及び“最大”で規定する寸法は,呼び寸法の最小値又は最大値を示し,許容差は含めない。


23

B 1558

:2009

表 JA.2−直径系列 のテーパ穴軸受の呼び番号及び寸法

単位  mm

寸法

a)

呼び番号

d

1

D B 

最小

最大

適用アダプタ

b)

UKX05

UKX06

UKX07 

 25 
 30 
 35

 62 
 72 
 80

27 
30 
34

16 
17 
18

22 
24 
26

H2305X 
H2306X 
H2307X

UKX08

UKX09

UKX10 

 40 
 45 
 50

 85 
 90 
100

36 
39 
43

19 
20 
21

28 
29 
33

H2308X 
H2309X 
H2310X

UKX11

UKX12

UKX13 

 55 
 60 
 65

110 
120 
125

47 
49 
51

22 
23 
24

36 
39 
40

H2311X 
H2312X 
H2313X

UKX15

UKX16

UKX17 

 75 
 80 
 85

140 
150 
160

58 
61 
64

26 
28 
30

45 
48 
51

H2315X 
H2316X 
H2317X

UKX18

UKX20 

 90 
100

170 
190

68 
77

32 
36

53 
58

H2318X 
H2320X

a)

  “最小”及び“最大”で規定する寸法は,呼び寸法の最小値又は最大値を示し,許容差は含めない。

b)

  JIS B 1552 による。


24

B 1558

:2009

附属書 JB

参考)

JIS

と対応する国際規格との対比表

JIS B 1558:2009

転がり軸受−インサート軸受及び偏心固定輪

ISO 9628:2006

,Rolling bearings−Insert bearings and eccentric locking collars−Boundary

dimensions and tolerances

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごと
の評価及びその内容

箇 条 番 号

及び名称

内容

(Ⅱ) 
国 際 規
格番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差異
の理由及び今後の対策

1 適 用 範

適用範囲を規定。 1

JIS

にほぼ同じ。

追加

ISO

では特性,寸法及び公差並び

にラジアル内部すきまに限定して

いるが,JIS では箇条 8,箇条 9 及
び箇条 11∼箇条 16 を追加し,イン
サート軸受の要求事項の全般を適

用範囲とした。

JIS

の製品規格として必要な要求

で,追加の必要あり。

2 引 用 規

3 用 語 及
び定義

用語及び定義を引用

する規格並びに六つ
の用語及びそれらの
定義を規定。

3

用語及び定義を引用

する規格並びに一つ
の用語及びその定義
を規定。

追加

五つの用語及びそれらの定義を追

加。

JIS

として必要。

4 量記号

5 形式の軸受及び偏
心固定輪の量記号を

規定。

4 4 形式の軸受及び偏

心固定輪の量記号を

規定。

追加

テーパ穴軸受の図 5 及びその量記
号を追加。

日本独自の形式の軸受。

5 特性

5

5.1 一般

インサート軸受の特
性の一般事項を規定。

5.1

JIS

にほぼ同じ。

追加

潤滑剤,シール及びシールドに関
する規定事項を追加。

JIS

として必要な要求事項。

5.2 内径

内径に関する特性を
規定。

5.2

JIS

にほぼ同じ。

追加

テ ー パ 穴 軸 受 の 内 径 の 特 性 を 追
加。

日本独自の形式の軸受。

24

B 155

8


2

009


25

B 1558

:2009

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごと
の評価及びその内容

箇 条 番 号
及び名称

内容

(Ⅱ) 
国 際 規
格番号

箇条番号

内容

箇条ごとの評

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差異
の理由及び今後の対策

5.3 外径

外径に関する特性を

規定。

5.3

JIS

にほぼ同じ。

追加

直径系列 3 の軸受の外径の特

性を追加。 
回 り 止 め に 関 す る 事 項 を 追
加。

ISO

に追加を提案,新業務項目と

して承認され審議中。 
日本独自の仕様。

5.4 内輪幅
及 び 固 定

内輪幅及び固定具に
関する特性を規定。

5.4

JIS

にほぼ同じ。

追加

テーパ穴軸受の固定具の説明
を追加。

日本独自の形式の軸受であり,そ
の固定具の説明の追加が必要。

5.5 外輪幅

外輪幅に関する特性

を規定。

5.5

JIS

にほぼ同じ。

追加

直径系列 3 の外輪幅の特性を

追加。

ISO

に追加を提案,新業務項目と

して承認され審議中。

5.6 給油

給油に関する特性を

規定。

5.6

一致

6 形式

軸受の形式を規定。

追加

ISO

にない箇条を追加。

直径系列 3 の軸受及びテーパ

穴軸受を追加。 
 
 
軸受の形式記号を決めた。

JIS

の製品規格に必要な箇条。

直径系列 3 の軸受は,ISO に追加

を提案,新業務項目として承認さ
れ審議中。テーパ穴軸受は,日本
独自の形式の軸受。

形式記号は,JIS として必要な要求
事項。

7 呼 び 番

呼び番号を規定。

追加

ISO

にない箇条を追加。

呼び番号を決めた。 

JIS

の製品規格に必要な箇条。

呼び番号は,JIS として必要。

寸法を表に規定。 6

JIS

とほぼ同じ。

8 寸法

表 2 直径系列 2 の広幅

偏心固定輪付き軸受

 Table 1

追加

表に軸受及び偏心固定輪の呼

び番号を追加。

JIS

として必要。 

25

B 155

8


20
0

9


26

B 1558

:2009

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごと
の評価及びその内容

箇 条 番 号
及び名称

内容

(Ⅱ) 
国 際 規
格番号

箇 条 番

内容

箇条ごとの評

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差異
の理由及び今後の対策

表 3.1 直径系列 2 の

同心固定輪付き軸受
及び止めねじ付き軸

 Table 2

追加

表に軸受の呼び番号を追加。

ISO

に決めていない寸法の軸

受を追加。

JIS

として必要。

ISO

の審議で日本が提案した軸受

で採用されなかった経緯あり。日
本独自の寸法の軸受で必要。 

表 3.2 直径系列 3 の
止めねじ付き軸受

追加

この表を追加し,直径系列 3
の軸受を規定した。

ISO

に追加を提案,新業務項目と

して承認され審議中。 

表 4 直径系列 2 の狭
幅偏心固定輪付き軸

 Table 3

追加

軸受及び偏心固定輪の呼び番
号を追加。

JIS

として必要。 

表 5 内輪の偏心面

Table 4  一致

表 6 偏心固定輪

Table 5 追加

表に偏心固定輪の呼び番号を
追加。

JIS

として必要。 

表 7.1 直径系列 2 の
テーパ穴軸受

追加

この表を追加し,直径系列 2
のテーパ穴軸受を規定した。

日本独自の形式の軸受。 

8 寸法

表 7.2 直径系列 3 の
テーパ穴軸受

追加

この表を追加し,直径系列 3
のテーパ穴軸受を規定した。

日本独自の形式の軸受。 

許容差及び許容値を
表に規定。

7

JIS

とほぼ同じ。

表 8 内輪の許容差及
び許容値

 Table 6

追加

表面処理の適用を内径以外の
部分にも追加。

内径以外の部分も仕上げてから表
面処理をするので必要。

表 9 外輪の許容差及
び許容値

追加

この表を追加し,

外輪の許容差

及び許容値を規定した。

JIS

として必要。

9 許容差及
び許容値

表 10 偏心固定輪の

許容差

 Table 7

一致

26

B 155

8


2

009


27

B 1558

:2009

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごと
の評価及びその内容

箇 条 番 号
及び名称

内容

(Ⅱ) 
国 際 規
格番号

箇条番号

内容

箇条ごとの評

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

ラジアル内部すきま

を規定。

8

JIS

とほぼ同じ。

追加

直径系列 3 の軸受のラジアル

内部すきまの規定を追加。

ISO

に追加を提案,新業務項目と

して承認され審議中。

10 ラジア
ル 内 部 す
きま

表 11 直径系列 2 の軸

受のラジアル内部す
きま

 Table 7

変更

区分の名称を“GN”及び“C4”

と変更。

従来の JIS の名称を継続。

11 軌道輪
及 び 偏 心
固 定 輪 の

材 料 並 び
に 軌 道 の
硬さ

軌道輪の材料及び硬
さを規定。

追加

12 転動体

用 い る 転 動 体 を 規
定。

追加

13 測定方

測定方法を規定。

追加

14 検査

検査を規定。

追加

15 包装

包装を規定。

追加

16 表示

包装の表示を規定。

追加

ISO

にない箇条を追加。

JIS

の製品規格に必要な要求

事項をこれらの箇条に規定。

JIS

として必要。

附属書 JA
(参考)直
径 系 列 X

の イ ン サ
ート軸受

直径系列 X のインサ
ート軸受を掲載。

追加

ISO

にない直径系列 X のイン

サート軸受を参考として掲載
している。

従来 JIS に規定していた軸受で,
現在も日本で製造及び使用されて
いるので今後も掲載しておく。 

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 9628:2006,MOD

27

B 155

8


20
0

9


28

B 1558

:2009

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  一致  技術的差異がない。 
    −  追加  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

    −  変更  国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD 国際規格を修正している。

28

B 155

8


2

009