>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 1536-5:2008 (ISO 7063:2003)

(1)

目  次

ページ

序文 

1

1  適用範囲

1

2  引用規格

1

3  用語及び定義 

1

4  量記号

2

5  主要寸法

3

5.1  ヨーク形トラックローラ 

3

5.2  スタッド形トラックローラ 

5

6  許容差及び許容値

6

6.1  ヨーク形トラックローラ 

6

6.2  スタッド形トラックローラ 

7


 
B 1536-5:2008 (ISO 7063:2003)

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本ベアリング工業会(JBIA)から,

工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経

済産業大臣が制定した日本工業規格である。

これによって,JIS B 1536:1999 は廃止され,その一部を分割して制定したこの規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任は

もたない。

JIS B 1536 の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS

B

1536-1  第 1 部:寸法系列 48,49 及び 69

JIS

B

1536-2  第 2 部:内輪なしシェル形

JIS

B

1536-3  第 3 部:ラジアル保持器付き針状ころ

JIS

B

1536-4  第 4 部:スラスト保持器付き針状ころ及びスラストワッシャ

JIS

B

1536-5  第 5 部:トラックローラ


日本工業規格

JIS

 B

1536-5

:2008

(ISO 7063:

2003

)

転がり軸受−針状ころ軸受の主要寸法及び公差−

第 5 部:トラックローラ

Rolling bearings Boundary dimensions and tolerances of needle roller

bearings Part 5:Track rollers

序文 

この規格は,2003 年に第 2 版として発行された ISO 7063 を基に,技術的内容及び対応国際規格の構成

を変更することなく作成した日本工業規格である。

適用範囲 

この規格は,針状ころ軸受トラックローラの主要寸法,許容差及び許容値について規定する。

注記 1  この規格は,針状ころ軸受の主要寸法及び公差について規定するものであるが,その主要寸

法及び公差に係る規定は,互換性を確保するために示すものであり,この規格によって適合

性評価を行うことは,意図していない。

注記 2  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 7063:2003, Rolling bearings−Needle roller bearing track rollers−Boundary dimensions and

tolerances (IDT)

なお,対応の程度を表す記号(IDT)は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,一致していることを

示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0104  転がり軸受用語

注記  対応国際規格:ISO 5593:1997, Rolling bearings−Vocabulary (MOD)

JIS B 0124  転がり軸受用量記号

注記  対応国際規格:ISO 15241:2001, Rolling bearings−Symbols for quantities (MOD)

JIS B 1515-1  転がり軸受−公差−第 1 部:用語及び定義

注記  対応国際規格:ISO 1132-1:2000, Rolling bearings−Tolerances−Part 1:Terms and definitions

(IDT)

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS B 0104 及び JIS B 1515-1 による。



B 1536-5:2008 (ISO 7063:2003)

量記号 

この規格で用いる主な量記号は,JIS B 0124 によるほか,次による。

図 及び図 に示す量記号並びに表 1∼表 の値は,許容差及び許容値を除き,特記しない限り,呼び

寸法である。

B      :ヨーク形トラックローラの内輪総幅(側板含む。)

B

1

     :スタッド形トラックローラのスタッドの面から側板までの距離

B

2

     :シャンク長さ

B

3

     :側板からラジアル油穴の中心までの距離

C     :外輪幅 

C

1

    :側板の突出し量

D     :軸受外径 

d     :軸受内径 

d

1

     :シャンク径

G     :スタッドのねじの呼び 

K

ea

    :外輪のラジアル振れ

l

G

     :スタッドのねじ部の長さ

r     :外輪の面取寸法 

r

s

min

:外輪の最小実測面取寸法

r

1

     :内輪の面取寸法 

r

1s min

  :内輪の最小実測面取寸法

Bs

    :実測内輪総幅の寸法差

B2s

   :実測シャンク長さの寸法差

Cs

    :実測外輪幅の寸法差

Dmp

   :平面内平均外径の寸法差

dmp

   :平面内平均内径の寸法差

d1s

    :実測シャンク径の寸法差


3

B 1536-5:2008 (ISO 7063:2003)

図 1−ヨーク形トラックローラ 

図 2−スタッド形トラックローラ 

主要寸法 

5.1 

ヨーク形トラックローラ 

ヨーク形トラックローラの主要寸法を,

表 及び表 に示す。

注記  トラックローラには,保持器付き又は保持器なし,及びシール付き又はシールなしがある。



B 1536-5:2008 (ISO 7063:2003)

表 1−軽系列ヨーク形トラックローラの主要寸法

単位  mm

a)

 d  B  C 

r

s

min

 b)

r

1s

min

 b)

c)

16 5 12 11

0.15

0.15

19 6 12 11

0.15

0.15

24 8 15 14

0.3

0.3

30 10 15 14 0.6 0.3 
32 12 15 14 0.6 0.3

35 15 19 18 0.6 0.3 
40 17 21 20 1  0.3 
47 20 25 24 1  0.3 
52 25 25 24 1  0.3 
62 30 29 28 1  0.3

72 35 29 28 1  0.6 
80 40 32 30 1  0.6 
85 45 32 30 1  0.6 
90 50 32 30 1  0.6

a)

  外径面の形状は,円筒状又はクラウニングを施した形状のどちらでもよい。

b)

最大実測面取寸法は,規定しない。

c)

内輪の面取りの代わりとして,内輪内径面の一部を,円周方向に取り除いてもよい。

表 2−重系列ヨーク形トラックローラの主要寸法

単位  mm

a)

 d  B  C 

r

s

min

 b)

r

1s

min

 b)

c)

32 10  18  17 0.6 0.3 
37 12  21  20 1  0.3 
42 15  24  22 1  0.3 
47 17  27  25 1  0.3 
58 20  34  32 1  0.3

72 25  40  38 1  0.3 
85 30  48  46 1.5 0.3

100 35  56  54 1.5 0.6

110 40  63  61 2  0.6

125 45  71  69 2  0.6

140 50  80  76 2.5 0.6 
160 60  90  86 2.5 0.6 
190 70 103  99 2.5 0.6 
210 80 115 111 2.5 1 
240 90 132 128 3  1

 a)

  外径面の形状は,円筒状又はクラウニングを施した形状のどちらでもよい。

b)

最大実測面取寸法は,規定しない。

c)

内輪の面取りの代わりとして,内輪内径面の一部を,円周方向に取り除いてもよい。


5

B 1536-5:2008 (ISO 7063:2003)

5.2 

スタッド形トラックローラ 

スタッド形トラックローラの主要寸法を,

表 及び表 に示す。

スタッドねじ側の潤滑用アキシャル方向の穴を設けるのは,任意である。スタッドのシャンクのラジア

ル方向の穴を設けるのも任意であるが,潤滑の目的で設けた場合には B

3

寸法を適用する。油穴径は規定し

ない。

注記  トラックローラには,保持器付き又は保持器なし,及びシール付き又はシールなしがある。

表 3−軽系列スタッド形トラックローラの主要寸法

単位  mm

D

a)

d

1

C G l

G

B

1

最大

B

2

B

3

C

1

r

s

min

b)

13 5 9

M

5×0.8 7

10

13

− 0.5 0.15

16 6 11

M

6×1 8

12.2

16

0.6 0.15

19 8 11

M

8×1.25 10 12.2

20

0.6 0.15

22 10 12

M10×1

c)

 12

13.2

23

0.6 0.3

26 10 12

M10×1

c)

 12

13.2

23

0.6 0.3

30 12 14

M12×1.5 13

15.2

25  6 0.6

0.6

32 12 14

M12×1.5 13

15.2

25  6 0.6

0.6

35 16 18

M16×1.5 17

19.6

32.5 8 0.8

0.6

40 18 20

M18×1.5 19

21.6

36.5 8 0.8

1

47 20 24

M20×1.5 21

25.6

40.5 9 0.8

1

52 20 24

M20×1.5 21

25.6

40.5 9 0.8

1

62 24 29

M24×1.5 25

30.6

49.5

11 0.8

1

72 24 29

M24×1.5 25

30.6

49.5

11 0.8

1

80 30 35

M30×1.5 32

37 63 15 1 1

85 30 35

M30×1.5 32

37 63 15 1 1

90 30 35

M30×1.5 32

37 63 15 1 1

a)

  外径面の形状は,円筒状又はクラウニングを施した形状のどちらでもよい。

b)

最大実測面取寸法は,規定しない。

c)

これらのトラックローラには,M10×1.25 もある。



B 1536-5:2008 (ISO 7063:2003)

表 4−重系列スタッド形トラックローラの主要寸法

単位  mm

D

a)

d

1

C G l

G

B

1

最大

B

2

B

3

C

1

r

s

min

b)

13 6 9

M

6×1

8 10 15 − 0.5 0.3

16 8 11

M

8×1.25  10 12 19 − 0.5 0.3

19 10 11 M

10×1

c)

  12 12 22 − 0.5 0.3

24 12 14 M

12×1.5  14 15 26 − 0.5 0.3

32 14 17 M

14×1.5  16 18 30  7 0.5 0.6

37 16 20 M

16×1.5  18 21 35  8 0.5 1

42 20 22 M

20×1.5  21 24 41 10 1  1

47 24 25 M

24×1.5  25 27 48 11 1  1

58 30 32 M

30×1.5  30 34 59 14 1  1

72 36 38 M

36×3  41 40 76 17 1  1

85 42 46 M

42×3  46 48 87 20 1  1.5

100 48 54 M

48×3 53

56

100

23

1

1.5

110 56 61 M

56×4 61

63

115

− 1  2

125 64 69 M

64×4 68

71

129

− 1  2

140 72 76 M

72×4 73

79

143

− 2  2.5

160 80 86 M

80×4 80

89

157

− 2  2.5

190 80 99 M

80×4

80 102 160  − 2  2.5

210 90 111 M

90×4 88

114

178

− 2  2.5

240 100 128 M100×4

96 131 197  − 2  3

a)

  外径面の形状は,円筒状又はクラウニングを施した形状のどちらでもよい。

b)

最大実測面取寸法は,規定しない。

c)

このトラックローラには,M10×1.25 もある。

許容差及び許容値 

6.1 

ヨーク形トラックローラ 

ヨーク形トラックローラの許容差及び許容値を,

表 及び表 に示す。

表 5−ヨーク形トラックローラの外輪の許容差及び許容値

単位  µm

D

Dmp

Cs

K

ea

(mm)

円筒外径面

クラウニング外径面

を超え

以下

上の許容差

下の許容差

上の許容差

下の許容差

上の許容差

下の許容差

最大

10 30  0

−21 0 −50 0 −120 15

30 50  0

−25 0 −50 0 −120 20

50 80  0

−30 0 −50 0 −120 25

80 120

0

−35 0 −50 0 −120 35

120 150

0

−40 0 −50 0 −120 40

150 180

0

−40 0 −50 0 −150 45

180 240

0

−46 0 −50 0 −200 50


7

B 1536-5:2008 (ISO 7063:2003)

表 6−ヨーク形トラックローラの内輪の許容差

単位  µm

d

dmp

Bs

(mm)

を超え

以下

上の許容差

下の許容差

上の許容差

下の許容差

2.5 10  0  −8 0

−270

10 18 0 −8 0

−330

18 30 0

−10 0

−390

30 50 0

−12 0

−460

50 80 0

−15 0

−540

80 120  0 −20 0

−630

6.2 

スタッド形トラックローラ 

スタッド形トラックローラの許容差を,

表 及び表 に示す。

表 に示す外輪の許容差及び許容値は,スタッド形トラックローラにも適用する。

表 7−スタッド形トラックローラのシャンク径の許容差

単位  µm

d

1

d1s

(mm)

を超え

以下

上の許容差

下の許容差

3 6 0

−12

6 10  0 −15

10 18  0 −18 
18 30  0 −21 
30 50  0 −25

50 80  0 −30 
80 120  0  −35

表 8−スタッド形トラックローラのシャンク長さの許容差

単位  mm

B

2

B2s

上の許容差

下の許容差

すべての長さ

+0.5

−1