>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 1536-1

:2008

(1)

目  次

ページ

序文

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  用語及び定義

2

4

  量記号

2

5

  主要寸法

4

6

  許容差及び許容値

7

7

  ラジアル内部すきま

8

附属書 JA(参考)寸法系列 4849 及び 69 とは異なる針状ころ軸受

9

附属書 JB(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

10

 


B 1536-1

:2008

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本ベアリング工業会(JBIA)から,

工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経

済産業大臣が制定した日本工業規格である。

これによって,JIS B 1536:1999 は廃止され,その一部を分割して制定したこの規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任は

もたない。

JIS B 1536

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS

B

1536-1

  第 1 部:寸法系列 48,49 及び 69

JIS

B

1536-2

  第 2 部:内輪なしシェル形

JIS

B

1536-3

  第 3 部:ラジアル保持器付き針状ころ

JIS

B

1536-4

  第 4 部:スラスト保持器付き針状ころ及びスラストワッシャ

JIS

B

1536-5

  第 5 部:トラックローラ


日本工業規格

JIS

 B

1536-1

:2008

転がり軸受−針状ころ軸受の主要寸法及び公差−

第 1 部:寸法系列 48,49 及び 69

Rolling bearings

−Boundary dimensions and tolerances of needle roller

bearings

−Part 1: Dimension series 48, 49 and 69

序文

この規格は,2001 年に第 3 版として発行された ISO 1206 を基に,技術的内容を変更することなく作成

した日本工業規格であるが,対応国際規格には規定されていない項目(基本番号)を日本工業規格として

追加している。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所及び

附属書 JA は,対応国際規格にはない事項である。

変更の一覧表にその説明を付けて,

附属書 JB に示す。

1

適用範囲

この規格は,JIS B 1512 に規定する寸法系列 48,49 及び 69 の針状ころ軸受の主要寸法,基本番号及び

等級 0 級の許容差・許容値について規定する。これらの針状ころ軸受には,内輪付き針状ころ軸受及び内

輪なし針状ころ軸受がある。

なお,この規格は,シェル形針状ころ軸受には適用しない。

注記 1  この規格は,針状ころ軸受の主要寸法及び公差について規定するものであるが,その主要寸

法及び公差に係る規定は,互換性を確保するために示すものであり,この規格によって適合

性評価を行うことは,意図していない。

注記 2  寸法系列 48,49 及び 69 とは異なる針状ころ軸受の主要寸法及び公差を,参考として附属書

JA

に示す。

注記 3  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 1206:2001

,Rolling bearings−Needle roller bearings, dimension series 48, 49 and 69−Boundary

dimensions and tolerances (MOD)

なお,対応の程度を表す記号

(MOD)

は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,修正していることを

示す。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0104

  転がり軸受用語

注記  対応国際規格:ISO 5593:1997,Rolling bearings−Vocabulary (MOD)

JIS B 0124

  転がり軸受用量記号


2

B 1536-1

:2008

注記  対応国際規格:ISO 15241:2001,Rolling bearings−Symbols for quantities (MOD)

JIS B 1512

  転がり軸受−主要寸法

注記  対応国際規格:ISO 15:1998,Rolling bearings−Radial bearings−Boundary dimensions, general

plan (MOD)

JIS B 1514-3

  転がり軸受−軸受の公差−第 3 部:面取寸法の最大値

注記  対応国際規格:ISO 582:1995,Rolling bearings−Chamfer dimensions−Maximum values (IDT)

JIS B 1515-1

  転がり軸受−公差−第 1 部:用語及び定義

注記  対応国際規格:ISO 1132-1:2000,Rolling bearings−Tolerances−Part 1:Terms and definitions

(IDT)

JIS B 1520

  転がり軸受のラジアル内部すきま

注記  対応国際規格:ISO 5753:1991,Rolling bearings−Radial internal clearance (MOD)

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS B 0104 及び JIS B 1515-1 による。

4

量記号

この規格で用いる主な量記号は,JIS B 0124 によるほか,次による。

図 及び図 に示す量記号並びに表 1∼表 の値は,許容差及び許容値を除き,特記しない限り,呼び

寸法である。

B

:内輪幅

C

:外輪幅

D

:軸受外径

d

:軸受内径

F

w

:ころコンプリメントの内接円径

F

ws

min

 :ころコンプリメントの最小実測内接円径

1)

K

ea

:外輪のラジアル振れ

K

ia

:内輪のラジアル振れ

:面取寸法 

r

s min

:最小実測面取寸法

V

Bs

:内輪幅不同

V

Cs

:外輪幅不同

V

Dmp

:平面内平均外径の不同

V

dmp

:平面内平均内径の不同

Δ

Bs

:実測内輪幅の寸法差

Δ

Cs

:実測外輪幅の寸法差

Δ

Dmp

:平面内平均外径の寸法差

Δ

dmp

:平面内平均内径の寸法差

1)

  ころコンプリメントの最小実測内接円径は,少なくとも一つのラジアル方向においてラジアル

すきまがゼロとなる円筒の直径である。


3

B 1536-1

:2008

注記  この針状ころ軸受には,保持器付き又は保持器なし,単列又は複列,及び外輪油

溝・油穴付き又は外輪油溝・油穴なしがある。

図 1−内輪付き針状ころ軸受

 

注記  この針状ころ軸受には,保持器付き又は保持器なし,単列又は複列,及び外輪油

溝・油穴付き又は外輪油溝・油穴なしがある。

図 2−内輪なし針状ころ軸受


4

B 1536-1

:2008

5

主要寸法

寸法系列 48,49 及び 69 の主要寸法並びに基本番号を,

表 1∼表 に示す。

表 1−寸法系列 48

単位  mm

内輪付き軸受及び内輪なし軸受

基本番号

b)

d F

w

D B

及び C

r

s min

a)

内輪付き軸受

内輪なし軸受

110 120 140  30  1 NA

4822

RNA 4822

120 130 150  30  1 NA

4824

RNA 4824

130 145 165  35  1.1

NA

4826

RNA 4826

140 155 175  35  1.1

NA

4828

RNA 4828

150 165 190  40  1.1

NA

4830

RNA 4830

160 175 200  40  1.1

NA

4832

RNA 4832

170 185 215  45  1.1

NA

4834

RNA 4834

180 195 225  45  1.1

NA

4836

RNA 4836

190 210 240  50  1.5

NA

4838

RNA 4838

200 220 250  50  1.5

NA

4840

RNA 4840

220 240 270  50  1.5

NA

4844

RNA 4844

240 265 300  60  2 NA

4848

RNA 4848

260 285 320  60  2 NA

4852

RNA 4852

280 305 350  69  2 NA

4856

RNA 4856

300 330 380  80  2.1

NA

4860

RNA 4860

320 350 400  80  2.1

NA

4864

RNA 4864

340 370 420  80  2.1

NA

4868

RNA 4868

360 390 440  80  2.1

NA

4872

RNA 4872

a)

  面取寸法の最大値は,JIS B 1514-3 による。

b)

保持器なし軸受には,基本番号の後に補助記号 V を付ける。


5

B 1536-1

:2008

表 2−寸法系列 49

単位  mm

内輪付き軸受及び内輪なし軸受

基本番号

b)

d F

w

D B

及び C

r

s min

a)

内輪付き軸受

内輪なし軸受

5 7

13

10

0.15

NA

495

RNA 495

6 8

15

10

0.15

NA

496

RNA 496

7 9

17

10

0.15

NA

497

RNA 497

8 10 19 11

0.2

NA

498

RNA 498

9 12 20 11

0.3

NA

499

RNA 499

10 14 22 13

0.3

NA

4900

RNA 4900

12 16 24 13

0.3

NA

4901

RNA 4901

15 20 28 13

0.3

NA

4902

RNA 4902

17 22 30 13

0.3

NA

4903

RNA 4903

20 25 37 17

0.3

NA

4904

RNA 4904

22 28 39 17

0.3

NA

49/22

RNA 49/22

25 30 42 17

0.3

NA

4905

RNA 4905

28 32 45 17

0.3

NA

49/28

RNA 49/28

30 35 47 17

0.3

NA

4906

RNA 4906

32 40 52 20

0.6

NA

49/32

RNA 49/32

35 42 55 20

0.6

NA

4907

RNA 4907

40 48 62 22

0.6

NA

4908

RNA 4908

45 52 68 22

0.6

NA

4909

RNA 4909

50 58 72 22

0.6

NA

4910

RNA 4910

55 63 80 25

1

NA

4911

RNA 4911

60 68 85 25

1

NA

4912

RNA 4912

65 72 90 25

1

NA

4913

RNA 4913

70 80

100 30

1

NA

4914

RNA 4914

75 85

105 30

1

NA

4915

RNA 4915

80 90

110 30

1

NA

4916

RNA 4916

85 100 120 35 1.1

NA

4917

RNA 4917

90 105 125 35 1.1

NA

4918

RNA 4918

95 110 130 35 1.1

NA

4919

RNA 4919

100 115 140 40 1.1

NA

4920

RNA 4920

110 125 150 40 1.1

NA

4922

RNA 4922

120 135 165 45 1.1

NA

4924

RNA 4924

130 150 180 50 1.5

NA

4926

RNA 4926

140 160 190 50 1.5

NA

4928

RNA 4928

a)

  面取寸法の最大値は,JIS B 1514-3 による。

b)

  保持器なし軸受には,基本番号の後に補助記号 V を付ける。


6

B 1536-1

:2008

表 3−寸法系列 69

単位  mm

内輪付き軸受及び内輪なし軸受

基本番号

b)

d F

w

D B

及び C

r

s min

a)

内輪付き軸受

内輪なし軸受

10 14 22 22 0.3

NA

6900

RNA 6900

12 16 24 22 0.3

NA

6901

RNA 6901

15 20 28 23 0.3

NA

6902

RNA 6902

17 22 30 23 0.3

NA

6903

RNA 6903

20 25 37 30 0.3

NA

6904

RNA 6904

22 28 39 30 0.3

NA

69/22

RNA 69/22

25 30 42 30 0.3

NA

6905

RNA 6905

28 32 45 30 0.3

NA

69/28

RNA 69/28

30 35 47 30 0.3

NA

6906

RNA 6906

32 40 52 36 0.6

NA

69/32

RNA 69/32

35 42 55 36 0.6

NA

6907

RNA 6907

40 48 62 40 0.6

NA

6908

RNA 6908

45 52 68 40 0.6

NA

6909

RNA 6909

50 58 72 40 0.6

NA

6910

RNA 6910

55 63 80 45 1

NA

6911

RNA 6911

60 68 85 45 1

NA

6912

RNA 6912

65 72 90 45 1

NA

6913

RNA 6913

70 80 100 54 1

NA

6914

RNA 6914

75 85 105 54 1

NA

6915

RNA 6915

80 90 110 54 1

NA

6916

RNA 6916

85 100 120  63  1.1

NA

6917

RNA 6917

90 105 125  63  1.1

NA

6918

RNA 6918

95 110 130  63  1.1

NA

6919

RNA 6919

100 115 140  71  1.1

NA

6920

RNA 6920

a)

  面取寸法の最大値は,JIS B 1514-3 による。

b)

  保持器なし軸受には,基本番号の後に補助記号 V を付ける。

 


7

B 1536-1

:2008

6

許容差及び許容値

寸法系列 48,49 及び 69 の許容差及び許容値を,

表 4∼表 に示す。

表 4−内輪

単位  μm

(mm)

Δ

dmp

V

dmp

K

ia

Δ

Bs

V

Bs

を超え

以下

上の許容差  下の許容差

最大

最大

上の許容差

下の許容差

最大

2.5 10

0

−8

6

10

0

−120 15

10 18  0  −8

6

10

0

−120 20

18 30  0  −10 8

13  0 −120 20

30 50  0  −12 9

15  0 −120 20

50 80  0  −15 11 20  0  −150 25

80 120  0

−20 15 25  0  −200 25

120 180  0

−25 19 30  0  −250 30

180 250  0

−30 23 40  0  −300 30

250 315  0

−35 26 50  0  −350 35

315 400  0

−40 30 60  0  −400 40

 

表 5−外輪

単位  μm

(mm)

Δ

Dmp

V

Dmp

K

ea

Δ

s

V

s

を超え

以下

上の許容差

下の許容差

最大

最大

6 18 0 −8

6

15

同じ軸受の内輪

a)

Δ

Bs

及び V

Bs

と同じ値を適用

する。

18 30 0 −9

7

15

30 50 0 −11 8 20 
50 80 0 −13 10  25 
80 120  0  −15 11  35

120 150  0  −18 14  40 
150 180  0  −25 19  45 
180 250  0  −30 23  50 
250 315  0  −35 26  60 
315 400  0  −40 30  70

400 500  0  −45 34  80

a)

  内輪なし軸受の場合は,内輪付き軸受に対応する値を適用する。


8

B 1536-1

:2008

表 6−内輪なし軸受のころコンプリメントの内接円径

単位  μm

F

w

(mm)

F

ws

min

の許容差

a)

を超え

以下

上の許容差

下の許容差

    3

    6

+18

+10

    6

  10

+22

+13

 10

 18

+27

+16

 18

 30

+33

+20

 30

 50

+41

+25

 50

 80

+49

+30

 80

120

+58

+36

120 180 +68

+43

180 250 +79

+50

250 315 +88

+56

315 400 +98

+62

注記  許容差の値は,外輪内径(軌道の直径)の平面内内径不同が,ころコンプリメントの最小実

測内接円径(F

ws

min

)の許容差よりも,小さく保たれる場合に有効である。

a)

  この表の値は,F

ws

min

と F

w

との差の限界を示す。

7

ラジアル内部すきま

内輪付き軸受のラジアル内部すきまは,軌道輪が他方の軌道輪に対して,種々の角度方向について,外

力を負荷しないで,偏心の極限位置から直径方向の反対側の極限位置まで移動したラジアル距離の算術平

均値である。

内輪付き軸受のラジアル内部すきまは,JIS B 1520 による。


9

B 1536-1

:2008

附属書 JA

参考)

寸法系列 48,49 及び 69 とは異なる針状ころ軸受

序文

この附属書は,寸法系列 48,49 及び 69 とは異なる針状ころ軸受を記載するものであって,規定の一部

ではない。

JA.1

寸法系列 4849 及び 69 とは異なる針状ころ軸受

寸法系列 48,49 及び 69 とは異なる針状ころ軸受を,

表 JA.1 に示す。

表 JA.1−寸法系列 4849 及び 69 とは異なる針状ころ軸受

単位  mm

内輪なし軸受

基本番号

b)

F

w

D B

及び C

r

s min

a)

内輪なし軸受

 5

 11

10

0.15

RNA 493

 6

 12

10

0.15

RNA 494

18

26 13 0.3  RNA

49/14

45

58 20 0.6  RNA

49/38

50

65 22 0.6  RNA

49/42

55

70 22 0.6  RNA

49/48

60

75 22 0.6  RNA

49/52

65

82 25 1  RNA

49/58

70

88 25 1  RNA

49/62

75

95 30 1  RNA

49/68

95 115 30 1  RNA

49/82

注記  内輪付き軸受はない。 

a)

  面取寸法の最大値は,JIS B 1514-3 による。

b)

保持器なし軸受には,基本番号の後に補助記号 V を付ける。

JA.2

許容差及び許容値

許容差及び許容値は,箇条 による。


10

B 1536-1

:2008

附属書 JB

参考)

JIS

と対応する国際規格との対比表

JIS B 1536-1

:2008  転がり軸受−針状ころ軸受の主要寸法及び公差−第 1 部:寸法

系列 48,49 及び 69

ISO 1206

:2001,Rolling bearings−Needle roller bearings, dimension series 48, 49

and 69−Boundary dimensions and tolerances

(Ⅰ)

JIS

の規定

(Ⅱ)

国際規
格番号

(Ⅲ)

国際規格の規定

(Ⅳ)

JIS

と国際規格との技術的差異の箇条

ごとの評価及びその内容

(Ⅴ)

JIS

と国際規格との技術的

差異の理由及び今後の対策

箇条番号 
及び名称

内容

箇条 
番号

内容

箇条ごと 
の評価

技術的差異の内容

1  適用範囲

“基本番号”を規定。   

1

“基本番号”の規定なし。

追加

“基本番号”を追加した。

国内の実情に合わせた。

2  引用規格

3  用語及び
定義

3

一致

4  量記号

4

一致

5  主要寸法

表 1∼表 3 に“基本番
号”を規定し,注

b)

補助記号 V を規定。

5

主要寸法だけを規定してい
る。

追加

表 1∼表 3 に“基本番号”を追
加し,

“注

b)

  保持器なし軸受に

は,基本番号の後に補助記号 V
を付ける。”を追加した。

国内の実情に合わせた。

6  許容差及
び許容値

6

一致

7  ラジアル
内部すきま

7

一致

附属書 JA

(参考)

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 1206:2001,MOD

 
 
 
 

1

B 153

6-

1


2

008


11

B 1536-1

:2008

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  一致  技術的差異がない。 
    −  追加  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD  国際規格を修正している。

1

B 153

6-

1


2

008