>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 1514-2

:2006 (ISO 199:1997)

(1)

まえがき

この規格は,

工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,

社団法人日本ベアリング工業会 (JBIA) から,

工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経

済産業大臣が制定した日本工業規格である。これによって,JIS B 1514 : 2000 は廃止され,この規格,JIS 

B 1514-1

及び JIS B 1514-3 に置き換えられる。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任は

もたない。

JIS B 1514

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS B 1514-1

  第 1 部:ラジアル軸受

JIS B 1514-2

  第 2 部:スラスト軸受

JIS B 1514-3

  第 3 部:面取寸法の最大値


B 1514-2

:2006 (ISO 199:1997)

(2)

目  次

ページ

序文

1

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  定義

2

4.

  量記号

2

4.1

  一般

2

4.2

  主要寸法の量記号

2

5.

  許容差及び許容値

3

5.1

  一般

3

5.2

  等級 

3

5.3

  等級 

5

5.4

  等級 

7

5.5

  等級 

9

 


日本工業規格

JIS

 B

1514-2

:2006

(ISO 199

:1997

)

転がり軸受−軸受の公差−

第 2 部:スラスト軸受

Rolling bearings

Tolerances of bearings

Part 2 : Thrust bearings

序文  この規格は,1997 年に第 2 版として発行された ISO 199,Rolling bearings−Thrust bearings−Tolerances

を翻訳し,技術的内容及び規格票の様式を変更することなく作成した日本工業規格である。

1.

適用範囲  この規格は,JIS B 1512 に規定するスラスト軸受(以下,軸受という。)の許容差及び許容

値について規定する。

備考1.  この規格で規定する許容差及び許容値は,特別な形式の軸受(例えば,針状ころ軸受。)及び

特別な用途の軸受には適用しない。

2.

面取寸法の最大値は,JIS B 1514-3 の規定による。

3.

この規格の対応国際規格を,次に示す。

  なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 199 : 1997

,Rolling bearings−Thrust bearings−Tolerances (IDT)

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0104

  転がり軸受用語

備考  ISO 5593 : 1997,Rolling bearings−Vocabulary からの引用事項は,この規格の該当事項と同等

である。

JIS B 0124

  転がり軸受用量記号

備考  ISO 15241 : 2001,Rolling bearings−Symbols for quantities からの引用事項は,この規格の該当

事項と同等である。

JIS B 1512

  転がり軸受−主要寸法

備考  ISO 104 : 1994,Rolling bearings−Thrust bearings−Boundary dimensions, general plan からの引

用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS B 1514-3

  転がり軸受−軸受の公差−第 3 部:面取寸法の最大値

備考  ISO 582 : 1995,Rolling bearings−Chamfer dimensions−Maximum values が,この規格と一致

している。

JIS B 1515-1

  転がり軸受−公差−第 1 部:用語及び定義

備考  ISO 1132-1 : 2000,Rolling bearings−Tolerances−Part 1 : Terms and definitions が,この規格と


2

B 1514-2

:2006 (ISO 199:1997)

一致している。

3.

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS B 0104 及び JIS B 1515-1 による。

4.

量記号

4.1

一般  この規格で用いる主な量記号は,JIS B 0124 によるほか,次による。

4.2

主要寸法の量記号  主要寸法の量記号は,次による(図 及び図 参照)。

    d

 

:単式軸受の軸軌道盤の呼び内径

    d

2

:中央軌道盤の呼び内径

    V

dsp

:単式軸受の軸軌道盤の平面内内径不同

    V

d2sp

:中央軌道盤の平面内内径不同

    

dmp

:単式軸受の軸軌道盤の平面内平均内径の寸法差

    

d2mp

:中央軌道盤の平面内平均内径の寸法差

    D

:ハウジング軌道盤の呼び外径

    V

Dsp

:ハウジング軌道盤の平面内外径不同

    

Dmp

:ハウジング軌道盤の平面内平均外径の寸法差

    S

e

:ハウジング軌道盤の軌道の厚さ不同

    S

i

:軸軌道盤の軌道の厚さ不同

    T

:単式軸受の呼び高さ

    T

1

:複式軸受の呼び高さ

    

Ts

:単式軸受の実軸受高さの寸法差

    

T1s

:複式軸受の実軸受高さの寸法差

  1  単式軸受の主要寸法の量記号

  2  複式軸受の主要寸法の量記号


3

B 1514-2

:2006 (ISO 199:1997)

5.

許容差及び許容値

5.1

一般  単式スラスト軸受及び複式スラスト軸受の許容差及び許容値は,表 1による。

5.2

等級 級  等級 0 級は,表 1による。

  1  等級 級の軸軌道盤,中央軌道盤及び軸受高さの許容差及び許容値

単位  µm

又は d

2

(mm)

dmp

又は 

d2mp

V

dsp

又は

V

d2sp

S

i

(

1

)

Ts

T1s

を超え

以下

上限

下限

最大

最大

上限

下限

上限

下限

 18 0    −8

  6

10

+20

−250

+150

−400

18

30 0

−10

  8

10

+20

−250

+150

−400

30

50 0

−12

  9

10

+20

−250

+150

−400

50

80 0

−15

 11

10

+20

−300

+150

−500

80

120 0

−20

 15

15

+25

−300

+200

−500

120

180 0

−25

 19

15

+25

−400

+200

−600

180

250 0

−30

 23

20

+30

−400

+250

−600

250

315 0

−35

 26

25

+40

−400

315

400 0

−40

 30

30

+40

−500

400

500 0

−45

 34

30

+50

−500

500

630 0

−50

 38

35

+60

−600

630

800 0

−75

 55

40

+70

−750

800

1 000 0

−100

 75

45

+80

−1 000

1 000

1 250 0

−125

 95

50

+100

−1 400

1 250

1 600 0

−160

120 60

+120

−1 600

1 600

2 000 0

−200

150 75

+140

−1 900

2 000

2 500 0

−250

190 90

+160

−2 300

注(

1

)  S

i

は,接触角 90°のスラスト玉軸受及びスラスト円筒ころ軸受にだけ適用する。

備考  複式軸受では,この表の値は,d

2

=190 mm 以下の軸受に適用する。


4

B 1514-2

:2006 (ISO 199:1997)

  2  等級 級のハウジング軌道盤の許容差及び許容値

単位  µm 

D

(mm)

Dmp

V

Dsp

S

e

(

2

)

を超え

以下

上限

下限

最大

最大

      10

      18 0    −11

    8

      18

      30 0    −13

 10

      30

      50 0    −16

 12

      50

      80 0

−19

14

      80

    120 0

−22

17

    120

    180 0

−25

19

    180

    250 0

−30

23

    250

    315 0

−35

26

    315

    400 0

−40

30

    400

    500 0

−45

34

    500

    630 0

−50

38

    630

    800 0

−75

55

    800

1 000 0

−100

75

1 000

1 250 0

−125

95

1 250

1 600 0

−160 120

1 600

2 000 0

−200 150

2 000

2 500 0

−250 190

2 500

2 850 0

−300 225

同じ軸受の 又は d

2

に対する S

i

の許容値

による。

注(

2

)  S

e

は,接触角 90 °のスラスト玉軸受及びスラスト円筒ころ軸受にだけ適用

する。

備考  複式軸受では,この表の値は,D=360 mm  以下の軸受に適用する。


5

B 1514-2

:2006 (ISO 199:1997)

5.3

等級 級  等級 6 級は,表 3による。

  3  等級 級の軸軌道盤,中央軌道盤及び軸受高さの許容差及び許容値

単位  µm

又は d

2

(mm)

dmp

又は 

d2mp

V

dsp

又は

V

d2sp

S

i

(

1

)

Ts

T1s

を超え

以下

上限

下限

最大

最大

上限

下限

上限

下限

 

18 0

−8

  6

 5

+20

−250

+150

−400

18

30 0

−10

  8

 5

+20

−250

+150

−400

30

50 0

−12

  9

 6

+20

−250

+150

−400

50

80 0

−15

 11

 7

+20

−300

+150

−500

80

120 0

−20

 15

 8

+25

−300

+200

−500

120

180 0

−25

 19

 9

+25

−400

+200

−600

180

250 0

−30

 23

10

+30

−400

+250

−600

250

315 0

−35

 26

13

+40

−400

315

400 0

−40

 30

15

+40

−500

400

500 0

−45

 34

18

+50

−500

500

630 0

−50

 38

21

+60

−600

630

800 0

−75

 55

25

+70

−750

800

1 000 0

−100

 75

30

+80

−1 000

1 000

1 250 0

−125

 95

35

+100

−1 400

1 250

1 600 0

−160

120 40

+120

−1 600

1 600

2 000 0

−200

150 45

+140

−1 900

2 000

2 500 0

−250

190 50

+160

−2 300

備考  複式軸受では,この表の値は,d

2

 = 190 mm

以下の軸受に適用する。


6

B 1514-2

:2006 (ISO 199:1997)

  4  等級 級のハウジング軌道盤の許容差及び許容値

単位  µm 

D

(mm)

Dmp

V

Dsp

S

e

(

2

)

を超え

以下

上限

下限

最大

最大

10

18 0   −11

    8

18

30 0   −13

 10

30

50 0   −16

 12

50

80 0

−19

14

80

120 0

−22

17

120

180 0

−25

19

180

250 0

−30

23

250

315 0

−35

26

315

400 0

−40

30

400

500 0

−45

34

500

630 0

−50

38

630

800 0

−75

55

800

1 000 0

−100

75

1 000

1 250 0

−125

95

1 250

1 600 0

−160 120

1 600

2 000 0

−200 150

2 000

2 500 0

−250 190

2 500

2 850 0

−300 225

同じ軸受の 又は d

2

に対する S

i

の許容値

による。

備考  複式軸受では,この表の値は,D=360 mm 以下の軸受に適用する。


7

B 1514-2

:2006 (ISO 199:1997)

5.4

等級 級  等級 5 級は,表 5による。

  5  等級 級の軸軌道盤,中央軌道盤及び軸受高さの許容差及び許容値

単位  µm

又は d

2

(mm)

dmp

又は 

d2mp

V

dsp

又は

V

d2sp

S

i

(

1

)

Ts

T1s

を超え

以下

上限

下限

最大

最大

上限

下限

上限

下限

 

    18 0

−8

  6

 3

+20

−250

+150

−400

    18

    30 0

−10

  8

 3

+20

−250

+150

−400

    30

    50 0

−12

  9

 3

+20

−250

+150

−400

    50

    80 0

−15

 11

 4

+20

−300

+150

−500

    80

 120 0

−20

 15

 4

+25

−300

+200

−500

 120

 180 0

−25

 19

 5

+25

−400

+200

−600

 180

 250 0

−30

 23

 5

+30

−400

+250

−600

 250

 315 0

−35

 26

 7

+40

−400

 315

 400 0

−40

 30

 7

+40

−500

 400

 500 0

−45

 34

 9

+50

−500

 500

 630 0

−50

 38

11

+60

−600

 630

 800 0

−75

 55

13

+70

−750

 800

1 000 0

−100

 75

15

+80

−1 000

1 000

1 250 0

−125

 95

18

+100

−1 400

1 250

1 600 0

−160

120 25

+120

−1 600

1 600

2 000 0

−200

150 30

+140

−1 900

2 000

2 500 0

−250

190 40

+160

−2 300

備考  複式軸受では,この表の値は,d

2

=190 mm 以下の軸受に適用する。


8

B 1514-2

:2006 (ISO 199:1997)

  6  等級 級のハウジング軌道盤の許容差及び許容値

単位  µm 

D

(mm)

Dmp

V

Dsp

S

e

(

2

)

を超え

以下

上限

下限

最大

最大

      10

      18 0    −11

    8

      18

      30 0    −13

 10

      30

      50 0    −16

 12

      50

      80 0

−19

14

      80

    120 0

−22

17

    120

    180 0

−25

19

    180

    250 0

−30

23

    250

    315 0

−35

26

    315

    400 0

−40

30

    400

    500 0

−45

34

    500

    630 0

−50

38

    630

    800 0

−75

55

    800

1 000 0

−100

75

1 000

1 250 0

−125

95

1 250

1 600 0

−160 120

1 600

2 000 0

−200 150

2 000

2 500 0

−250 190

2 500

2 850 0

−300 225

同じ軸受の 又は d

2

に対する S

i

の許容値

による。

備考  複式軸受では,この表の値は,D=360 mm 以下の軸受に適用する。


9

B 1514-2

:2006 (ISO 199:1997)

5.5

等級 級  等級 4 級は,表 7による。

  7  等級 級の軸軌道盤,中央軌道盤及び軸受高さの許容差及び許容値

単位  µm

又は d

2

(mm)

dmp

又は 

d2mp

V

dsp

又は

V

d2sp

S

i

(

1

)

Ts

T1s

を超え

以下

上限

下限

最大

最大

上限

下限

上限

下限

 

 18 0   −7

5 2

+20

−250

+150

−400

 18

 30 0   −8

6 2

+20

−250

+150

−400

 30

 50 0 −10

8 2

+20

−250

+150

−400

 50

 80 0

−12 9 3

+20

−300

+150

−500

 80

120 0

−15 11 3

+25

−300

+200

−500

120

180 0

−18 14  4

+25

−400

+200

−600

180

250 0

−22 17  4

+30

−400

+250

−600

250

315 0

−25 19  5

+40

−400

315

400 0

−30 23  5

+40

−500

400

500 0

−35 26  6

+50

−500

500

630 0

−40 30  7

+60

−600

630

800 0

−50 40  8

+70

−750

備考  複式軸受では,この表の値は,d

2

=190 mm 以下の軸受に適用する。

  8  等級 級のハウジング軌道盤の許容差及び許容値

単位  µm 

D

(mm)

Dmp

V

Dsp

S

e

(

2

)

を超え

以下

上限

下限

最大

最大

      10

18 0

−7

5

      18

30 0

−8

6

      30

50 0

−9

7

      50

80 0

−11 8

      80

120 0

−13 10

    120

180 0

−15 11

    180

250 0

−20 15

    250

315 0

−25 19

    315

400 0

−28 21

    400

500 0

−33 25

    500

630 0

−38 29

    630

800 0

−45 34

    800

1 000 0

−60 45

同じ軸受の 又は d

2

に対する S

i

の許容値

による。

備考  複式軸受では,この表の値は,D=360 mm 以下の軸受に適用する。