>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 1352

:2006

(1) 

まえがき

この追補は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正したもの

で,これによって,JIS B 1352:1988 は改正され,一部が置き換えられた。


   

日本工業規格

JIS

 B

1352

:2006

テーパピン 
(追補1)

Taper Pins

(Amendment 1)

JIS B 1352:1988

を,次のように改正する。

箇条 2

(種類)の

注(

)の JIS B 0601

(表面粗さの定義と表示)を,JIS B 0601[製品の幾何特性仕様(GPS)

−表面性状:輪郭曲線方式−用語,定義及び表面性状パラメータ]の

附属書 に置き換える。

  細分箇条 8.1(硬さ検査)の JIS Z 2244(ビッカース硬さ試験方法)又は JIS Z 2245(ロックウェル硬さ

試験方法)を,JIS Z 2244(ビッカース硬さ試験−試験方法)又は JIS Z 2245(ロックウェル硬さ試験−

試験方法)に置き換える。

付表  テーパピンの形状・寸法の注(

10

)の JIS B 0401

(寸法公差及びはめあい)を,JIS B 0401-2(寸法

公差及びはめあいの方式−第 2 部:穴及び軸の公差等級並びに寸法許容差の表)に置き換える。

付表  テーパピンの形状・寸法の備考 2.の JIS B 0401 を,JIS B 0401-2 に置き換える。

附属書箇条 5.(外観)の 2 行目 JIS B 0601(表面粗さの定義と表示)の 3.2S,2 級のものは,6.3S を,

JIS B 0601

[製品の幾何特性仕様(GPS)−表面性状:輪郭曲線方式−用語,定義及び表面性状パラメータ]

の最大高さ粗さの

R

Z

3.2, 2 級のものは,

R

Z

6.3 に置き換える。

附属書付表  テーパピンの形状・寸法の図を,次に置き換える。


2

B 1352

:2006

   

附属書付表  テーパピンの形状・寸法の備考 2.の JIS B 0031(面の肌の図示方法)の附属書を,JIS B 

0031

[製品の幾何特性仕様(GPS)−表面性状の図示方法]に置き換える。

引用規格の JIS B 0031  面の肌の図示方法を,JIS B 0031  製品の幾何特性仕様(GPS)−表面性状の図

示方法に置き換え,JIS B 0401

  寸法公差及びはめあいを,JIS B 0401-2 寸法公差及びはめあいの方式−第

2 部:穴及び軸の公差等級並びに寸法許容差の表に置き換え,JIS B 0601

  表面粗さの定義と表示を,JIS B 

0601

  製品の幾何特性仕様(GPS)−表面性状:輪郭曲線方式−用語,定義及び表面性状パラメータに置き

換え,JIS Z 2244

  ビッカース硬さ試験方法を,JIS Z 2244  ビッカース硬さ試験−試験方法に置き換え,

JIS Z 2245

  ロックウェル硬さ試験方法を,JIS Z 2245(ロックウェル硬さ試験−試験方法)に置き換える。