>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 1256:2008

(1)

目  次

ページ

序文

1

1  適用範囲

1

2  引用規格

1

3  種類

2

4  形状・寸法,製品仕様及び製品の呼び方

3

5  表示

4

5.1  製品の表示

4

5.2  包装の表示

4

附属書 JA(参考)角座金

19

附属書 JB(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

20

 


 
B 1256:2008

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本ねじ研究協会

(JFRI)及び財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出が

あり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

この規格は,JIS B 1256:1998 の本体と

附属書 1(規定)とを分割して,本体の部分を対応国際規格の技

術的内容と一致させて改正した日本工業規格である。ただし,JIS B 1256:1998 の

附属書 2(参考)に示さ

れていた角座金は,

附属書 JA(参考)として残した。また,附属書 は,JIS B 1250 として制定された。

これによって,JIS B 1256:1998 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任は

もたない。


日本工業規格

JIS

 B

1256

:2008

平座金

Plain washers

序文

この規格は,2000 年に第 2 版として発行された ISO 7089ISO 7090ISO 7091ISO 7092 及び ISO 7094

並びに 2000 年に第 1 版として発行された ISO 7093-1 及び ISO 7093-2 を基に,対応する部分(種類,形

状・寸法,製品仕様及び製品の呼び方)については対応国際規格を翻訳し,技術的内容を変更することな

く一体化して作成した日本工業規格であるが,対応国際規格には規定されていない規定項目(表示)を日

本工業規格として追加している。

なお,この規格の本体で側線又は点線の下線を施してある箇所及び

附属書 JA は,対応国際規格にはな

い事項である。変更の一覧表にその説明を付けて,

附属書 JB に示す。

1

適用範囲

この規格は,一般用のボルト,小ねじ及びナットに使用する鋼製及びステンレス鋼製の丸形平座金(以

下,平座金という。

)について規定する。

この規格の本体で規定する以外の平座金の寸法を要求する場合には,その基準寸法は JIS B 1250 から選

び,公差は JIS B 1022 によるのがよい。

附属書 JA に,参考として角座金の形状・寸法を示す。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 7089:2000,Plain washers−Normal series−Product grade A

ISO 7090:2000,Plain washers, chamfered−Normal series−Product grade A

ISO 7091:2000,Plain washers−Normal series−Product grade C

ISO 7092:2000,Plain washers−Small series−Product grade A

ISO 7093-1:2000,Plain washers−Large series−Part 1:Product grade A

ISO 7093-2:2000,Plain washers−Large series−Part 2:Product grade C

ISO 7094:2000,Plain washers−Extra large series−Product grade C

(全体評価:MOD)

なお,対応の程度を表す記号(MOD)は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,修正していることを示

す。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 1022  締結用部品の公差−第 3 部:ボルト,小ねじ及びナット用の平座金−部品等級 A 及び C

注記  対応国際規格:ISO 4759-3:2000  Tolerances for fasteners−Part 3 : Plain washers for bolts, screws



B 1256:2008

and nuts−Product grades A and C (IDT)

JIS B 1044  締結用部品−電気めっき

注記  対応国際規格:ISO 4042:1999  Fasteners−Electroplated coatings (IDT)

JIS B 1046  締結用部品−非電解処理による亜鉛フレーク皮膜

注記  対応国際規格:ISO 10683:2000  Fasteners−Non-electrolytically applied zinc flake coatings (IDT)

JIS B 1054-1  耐食ステンレス鋼製締結用部品の機械的性質−第 1 部:ボルト,ねじ及び植込みボルト

注記  対応国際規格:ISO 3506-1:1997  Mechanical properties of corrosion-resistant stainless-steel

fasteners−Part 1:Bolts, screws and studs (IDT)

JIS B 1091  締結用部品−受入検査

注記  対応国際規格:ISO 3269:2000  Fasteners−Acceptance inspection (IDT)

JIS B 1250  一般用ボルト,小ねじ及びナットに用いる平座金−全体系

注記  対応国際規格:ISO 887:2000  Plain washers for metric bolts, screws and nuts for general purposes

−General plan (IDT)

JIS Z 2244  ビッカース硬さ試験−試験方法

注記  対応国際規格:ISO 6507-1:1997  Metallic materials−Vickers hardness test−Part 1:Test method

(MOD)

3

種類

平座金の種類は,

表 による。

表 1−平座金の種類

種類

硬さ 
区分

適用するのに望ましい締結用部品例

適用するねじ
の呼び径範囲

対応国際規格

200 HV  −  強度区分 8.8 以下又はステンレス鋼製のチーズ頭

小ねじ

−  強度区分 8.8 以下又はステンレス鋼製の六角穴付

きボルト

−  強度区分 8.8 以下又はステンレス鋼製のヘクサロ

ビュラ穴付きボルト

−  浸炭焼入れを施したチーズ頭スレッドローリング

ねじ

小形─

部品等級 A

a)

300 HV  −  強度区分 10.9 以下の六角穴付きボルト

−  強度区分 10.9 以下のヘクサロビュラ穴付きボルト

1.6∼36 mm

ISO 7092:2000

200 HV  −  強度区分 8.8 以下で,部品等級 A 及び B の六角ボ

ルト及び小ねじ

−  強度区分 8 以下で,部品等級 A 及び B の六角ナッ

−  ステンレス鋼製の六角ボルト,小ねじ及びナット
−  浸炭焼入れを施したスレッドローリングねじ

並形─ 
部品等級 A

a)

300 HV  −  強度区分 10.9 以下で,部品等級 A 及び B の六角ボ

ルト及び小ねじ

−  強度区分 10 以下で,部品等級 A 及び B の六角ナ

ット

1.6∼64 mm

ISO 7089:2000


3

B 1256:2008

表 1−平座金の種類(続き)

種類

硬さ 
区分

適用するのに望ましい締結用部品例

適用するねじ
の呼び径範囲

対応国際規格

200 HV  −  強度区分 8.8 以下で,部品等級 A 及び B のボルト

及び小ねじ

−  強度区分 8 以下で,部品等級 A 及び B のナット

−  ステンレス鋼製のボルト,小ねじ及びナット 
−  浸炭焼入れを施したスレッドローリングねじ

並形面取り─ 
部品等級 A

a)

300 HV  −  強度区分 10.9 以下で,部品等級 A 及び B のボルト

及び小ねじ

−  強度区分 10 以下で,部品等級 A 及び B のナット

5∼64 mm

ISO 7090:2000

並形─ 
部品等級 C

a)

100 HV  −  強度区分 6.8 以下で,部品等級 C の六角ボルト及

び小ねじ

−  強度区分 6 以下で,部品等級 C の六角ナット 
−  浸炭焼入れを施したスレッドローリングねじ

1.6∼64 mm

ISO 7091:2000

200 HV  −  強度区分 8.8 以下で,部品等級 A 及び B の六角ボ

ルト及び小ねじ

−  強度区分 8 以下で,部品等級 A 及び B の六角ナッ

−  ステンレス鋼製の六角ボルト,小ねじ及びナット
−  浸炭焼入れを施したスレッドローリングねじ

大形─ 
部品等級 A

b)

300 HV  −  強度区分 10.9 以下で,部品等級 A 及び B の六角ボ

ルト及び小ねじ

−  強度区分 10 以下で,部品等級 A 及び B の六角ナ

ット

3∼36 mm

ISO 7093-1:2000

大形─

部品等級 C

b)

100 HV  −  強度区分 6.8 以下で,部品等級 C の六角ボルト及

び小ねじ

−  強度区分 6 以下で,部品等級 C の六角ナット 
−  浸炭焼入れを施したスレッドローリングねじ

3∼36 mm

ISO 7093-2:2000

特大形─ 
部品等級 C

c)

100 HV  −  強度区分 6.8 以下で,部品等級 C の六角ボルト及

び小ねじ

−  強度区分 6 以下で,部品等級 C の六角ナット

5∼36 mm

ISO 7094:2000

a)

  軟らかい被締結部材又はボルト穴が大きい被締結部材の場合には,使用者が技術的に適切であるかどうかを

確認するのがよい。

b)

  軟らかい被締結部材又はボルト穴が大きい締結部材に用いることを意図しているが,後者の場合には,平座

金の厚さが適切であるかどうかを確認するのがよい。

c)

  木材構造物用 

4

形状・寸法,製品仕様及び製品の呼び方

平座金の形状・寸法,製品仕様及び製品の呼び方は,

表 による。



B 1256:2008

表 2−形状・寸法,製品仕様及び製品の呼び方

形状・寸法

種類

第 1 選択

第 2 選択

製品仕様

製品の呼び方

小形−部品等級 A

図 

表 

表 

表 

表 

並形−部品等級 A

図 

表 

表 

表 

表 10 

並形面取り−部品等級 A

図 

表 11 

表 12 

表 13 

表 14 

並形−部品等級 C

図 

表 15 

表 16 

表 17 

表 18 

大形−部品等級 A

図 

表 19 

表 20 

表 21 

表 22 

大形−部品等級 C

図 

表 23 

表 24 

表 25 

表 26 

特大形−部品等級 C

図 

表 27 

表 28 

表 29 

表 30 

5

表示

5.1

製品の表示

平座金の製品に対する表示は,一般に施さない。

5.2

包装の表示

包装の外面に,次の事項を表示する。

a)  この規格の番号又は名称

b)  種類

c)  平座金の呼び径×外径

1)

d)  硬さ区分

e)  材料

なお,材料の表示は,ステンレス鋼製の場合には鋼種区分を示し,鋼製の場合には一般に省略する。

f)  指定事項

2)

g)  数量

h)  製造業者名又はその略号

1)

  外径は,外径の基準寸法(最大)を示す。

2)

  指定事項は,表面処理の種類などを必要に応じて示す。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


5

B 1256:2008

寸法単位  mm

表面粗さ単位

µm

図 1−小形−部品等級 の形状

表 3−小形−部品等級 A(第 選択)の寸法

単位  mm

内径  d

1

外径  d

2

厚さ  

平座金の呼び径

(ねじの呼び径 d

基準寸法 
(最小)

最大

基準寸法
(最大)

最小

基準寸法

最大

最小

                1.6 
                2 
                2.5

      1.70 
      2.20 
      2.70

      1.84
      2.34
      2.84

   3.5 
   4.5 
   5.0

   3.2 
   4.2 
   4.7

   0.3 
   0.3 
   0.5

      0.35 
      0.35 
      0.55

      0.25 
      0.25 
      0.45

                3 
                4 
                5

      3.20 
      4.30 
      5.30

      3.38
      4.48
      5.48

   6.0 
      8.00 
      9.00

   5.7 
      7.64
      8.64

   0.5 
   0.5 
      1

      0.55 
      0.55 
   1.1

      0.45 
      0.45 
   0.9

                6 
                8 
              10

      6.40 
      8.40 
    10.50

      6.62
      8.62
    10.77

    11.00 
    15.00 
    18.00

    10.57
    14.57
    17.57

   1.6 
   1.6 
   1.6

   1.8 
   1.8 
   1.8

   1.4 
   1.4 
   1.4

              12 
              16 
              20

    13.00 
    17.00 
    21.00

    13.27
    17.27
    21.33

    20.00 
    28.00 
    34.00

    19.48
    27.48
    33.38

      2 
   2.5 
      3

   2.2 
   2.7 
   3.3

   1.8 
   2.3 
   2.7

              24 
              30 
              36

    25.00 
    31.00 
    37.00

    25.33
    31.39
    37.62

    39.00 
    50.00 
    60.0

    38.38
    49.38
    58.8

      4 
      4 
      5

   4.3 
   4.3 
   5.6

   3.7 
   3.7 
   4.4

 

表 4−小形−部品等級 A(第 選択)の寸法

単位  mm

内径  d

1

外径  d

2

厚さ  

平座金の呼び径

(ねじの呼び径 d

基準寸法 
(最小)

最大

基準寸法
(最大)

最小

基準寸法

最大

最小

                3.5 
              14 
              18

      3.70 
    15.00 
    19.00

      3.88
    15.27
    19.33

      7.00 
    24.00 
    30.00

      6.64
    23.48
    29.48

   0.5 
   2.5 
      3

      0.55 
   2.7 
   3.3

      0.45 
   2.3 
   2.7

              22 
              27 
              33

    23.00 
    28.00 
    34.00

    23.33
    28.33
    34.62

    37.00 
    44.00 
    56.0

    36.38
    43.38
    54.8

      3 
      4 
      5

   3.3 
   4.3 
   5.6

   2.7 
   3.7 
   4.4

 
 



B 1256:2008

表 5−小形−部品等級 の製品仕様

ステンレス鋼

鋼種区分

  b)

A2    F1    C1 
A4            C4

材料

  a)

適用規格

JIS B 1054-1 

硬さ区分

200 HV

300 HV

 c)

 200

HV

機 械 的 性

硬さ範囲

  d)

 200

HV∼300 HV

300 HV∼370 HV

200 HV∼300 HV

部品等級 A

公差

適用規格

JIS B 1022 

表面仕上げ

−  平座金は,生地のままで供給する。潤滑

処理又はその他の皮膜処理を施す場合
には,受渡当事者間の協定による。

−  電気めっきの要求がある場合には,JIS B 

1044 による。

−  非電解処理による亜鉛フレーク皮膜の

要求がある場合には,JIS B 1046 による。

−  焼入焼戻しを施した平座金には,水素ぜ

い化を避けるために適切なめっき又は
皮膜処理工程を採用するのがよい。平座

金に電気めっき又はりん酸塩処理を施
した場合には,有害な水素ぜい化を回避
するために,めっき又は皮膜処理の後,

直ちに適切な処理を施す。

−  すべての公差は,めっき又は皮膜処理を

施す前に適用する。

平座金は,生地の

ままで供給する。

表面状態

平座金の表面には,凹凸又は有害な損傷があ
ってはならない。また,座面には,ばりがあ

ってはならない。

受入検査

受入検査手順は,JIS B 1091 による。

注記  形状・寸法の測定は,JIS B 1022 の附属書 JA を参考にするのがよい。 

a)

  他の金属材料は,受渡当事者間の協定による。

b)

  化学成分だけを適用する。

c)

  焼入焼戻しを施す。

d)

  硬さ試験は,JIS Z 2244 による。

  厚さの基準寸法  h

0.6 mm:試験力  HV 2

  厚さの基準寸法  0.6

h

1.2 mm:試験力  HV 10

  厚さの基準寸法  h

1.2 mm:試験力  HV 30

表 6−小形−部品等級 の呼び方

製品

呼び径 d = 8 mm,硬さ区分 200 HV の小形系列,部品等級 A の鋼製平座金

例 

呼び方  平座金・小形−JIS B 1256ISO 7092−8−200 HV−部品等級 A

製品

呼び径 d = 8 mm,硬さ区分 200 HV の小形系列,部品等級 A の鋼種区分 A2 ステンレス鋼製平座金

例 

呼び方  平座金・小形−JIS B 1256ISO 7092−8−200 HV−A2−部品等級 A

注記  図 及び表 3∼表 は,ISO 7092:2000 に一致している。


7

B 1256:2008

寸法単位  mm

表面粗さ単位

µm

図 2−並形−部品等級 の形状

表 7−並形−部品等級 A(第 選択)の寸法

単位  mm

内径  d

1

外径  d

2

厚さ  

平座金の呼び径

(ねじの呼び径 d

基準寸法 
(最小)

最大

基準寸法
(最大)

最小

基準寸法

最大

最小

                1.6 
                2 
                2.5

      1.70 
      2.20 
      2.70

      1.84
      2.34
      2.84

   4.0 
   5.0 
   6.0

   3.7 
   4.7 
   5.7

   0.3 
   0.3 
   0.5

      0.35 
      0.35 
      0.55

      0.25 
      0.25 
      0.45

                3 
                4 
                5

      3.20 
      4.30 
      5.30

      3.38
      4.48
      5.48

      7.00 
      9.00 
    10.00

      6.64
      8.64
      9.64

   0.5 
   0.8 
      1

      0.55 
   0.9 
   1.1

      0.45 
   0.7 
   0.9

                6 
                8 
              10

      6.40 
      8.40 
    10.50

      6.62
      8.62
    10.77

    12.00 
    16.00 
    20.00

    11.57
    15.57
    19.48

   1.6 
   1.6 
      2

   1.8 
   1.8 
   2.2

   1.4 
   1.4 
   1.8

              12 
              16 
              20

    13.00 
    17.00 
    21.00

    13.27
    17.27
    21.33

    24.00 
    30.00 
    37.00

    23.48
    29.48
    36.38

   2.5 
      3 
      3

   2.7 
   3.3 
   3.3

   2.3 
   2.7 
   2.7

              24 
              30 
              36

    25.00 
    31.00 
    37.00

    25.33
    31.39
    37.62

    44.00 
    56.00 
    66.0

    43.38
    55.26
    64.8

      4 
      4 
      5

   4.3 
   4.3 
   5.6

   3.7 
   3.7 
   4.4

              42 
              48 
              56 
              64

    45.00 
    52.00 
    62.00 
    70.00

    45.62
    52.74
    62.74
    70.74

    78.0 
    92.0 
 105.0 
 115.0

    76.8 
    90.6 
 103.6 
 113.6

      8 
      8 
    10 
    10

      9 
      9 
    11 
    11

      7 
      7 
      9 
      9

表 8−並形−部品等級 A(第 選択)の寸法

単位  mm

内径  d

1

外径  d

2

厚さ  

平座金の呼び径

(ねじの呼び径 d

基準寸法 
(最小)

最大

基準寸法
(最大)

最小

基準寸法

最大

最小

                3.5 
              14 
              18

      3.70 
    15.00 
    19.00

      3.88
    15.27
    19.33

      8.00 
    28.00 
    34.00

      7.64
    27.48
    33.38

   0.5 
   2.5 
      3

      0.55 
   2.7 
   3.3

      0.45 
   2.3 
   2.7

              22 
              27 
              33

    23.00 
    28.00 
    34.00

    23.33
    28.33
    34.62

    39.00 
    50.00 
    60.0

    38.38
    49.38
    58.8

      3 
      4 
      5

   3.3 
   4.3 
   5.6

   2.7 
   3.7 
   4.4

              39 
              45 
              52 
              60

    42.00 
    48.00 
    56.00 
    66.00

    42.62
    48.62
    56.74
    66.74

    72.0 
    85.0 
    98.0 
 110.0

    70.8 
    83.6 
    96.6 
 108.6

      6 
      8 
      8 
    10

   6.6 
      9 
      9 
    11

   5.4 
      7 
      7 
      9

表 9−並形−部品等級 の製品仕様



B 1256:2008

ステンレス鋼

鋼種区分

  b)

A2    F1    C1 
A4            C4

材料

  a)

適用規格

JIS B 1054-1 

硬さ区分

200 HV

300 HV

 c)

 200

HV

機械的性質

硬さ範囲

  d)

 200

HV∼300 HV

300 HV∼370 HV

200 HV∼300 HV

部品等級

A

公差

適用規格

JIS B 1022 

表面仕上げ

−  平座金は,生地のままで供給する。潤滑

処理又はその他の皮膜処理を施す場合
には,受渡当事者間の協定による。

−  電気めっきの要求がある場合には,JIS 

B 1044 による。

−  非電解処理による亜鉛フレーク皮膜の

要求がある場合には,

JIS B 1046 による。

−  焼入焼戻しを施した平座金には,水素ぜ

い化を避けるために適切なめっき又は
皮膜処理工程を採用するのがよい。平座

金に電気めっき又はりん酸塩処理を施
した場合には,有害な水素ぜい化を回避
するために,めっき又は皮膜処理の後,

直ちに適切な処理を施す。

−  すべての公差は,めっき又は皮膜処理を

施す前に適用する。

平座金は,生地の
ままで供給する。

表面状態

平座金の表面には,凹凸又は有害な損傷があ
ってはならない。また,座面には,ばりがあ
ってはならない。

受入検査

受入検査手順は,JIS B 1091 による。

注記  形状・寸法の測定は,JIS B 1022 の附属書 JA を参考にするのがよい。 

a)

  他の金属材料は,受渡当事者間の協定による。

b)

  化学成分だけを適用する。

c)

  焼入焼戻しを施す。

d)

  硬さ試験は,JIS Z 2244 による。

厚さの基準寸法  h

0.6 mm:試験力  HV 2

厚さの基準寸法  0.6

h

1.2 mm:試験力  HV 10

厚さの基準寸法  h

1.2 mm:試験力  HV 30

表 10−並形−部品等級 の呼び方

製品

呼び径 d = 8 mm,硬さ区分 200 HV の並形系列,部品等級 A の鋼製平座金

例 

呼び方  平座金・並形−JIS B 1256ISO 7089−8−200 HV−部品等級 A

製品

呼び径 d = 8 mm,硬さ区分 200 HV の並形系列,部品等級 A の鋼種区分 A2 ステンレス鋼製平座金

例 

呼び方  平座金・並形−JIS B 1256ISO 7089−8−200 HV−A2−部品等級 A

注記  図 及び表 7∼表 10 は,ISO 7089:2000 に一致している。

寸法単位  mm

表面粗さ単位

µm


9

B 1256:2008

寸法単位  mm

表面粗さ単位

µm

図 3−並形面取り−部品等級 の形状

表 11−並形面取り−部品等級 A(第 選択)の寸法

単位  mm

内径  d

1

外径  d

2

厚さ  

平座金の呼び径

(ねじの呼び径 d

基準寸法 
(最小)

最大

基準寸法
(最大)

最小

基準寸法

最大

最小

                5 
                6 
                8

      5.30 
      6.40 
      8.40

      5.48
      6.62
      8.62

    10.00 
    12.00 
    16.00

      9.64
    11.57
    15.57

      1 
   1.6 
   1.6

   1.1 
   1.8 
   1.8

   0.9 
   1.4 
   1.4

              10 
              12 
              16

    10.50 
    13.00 
    17.00

    10.77
    13.27
    17.27

    20.00 
    24.00 
    30.00

    19.48
    23.48
    29.48

      2 
   2.5 
      3

   2.2 
   2.7 
   3.3

   1.8 
   2.3 
   2.7

              20 
              24 
              30

    21.00 
    25.00 
    31.00

    21.33
    25.33
    31.39

    37.00 
    44.00 
    56.00

    36.38
    43.38
    55.26

      3 
      4 
      4

   3.3 
   4.3 
   4.3

   2.7 
   3.7 
   3.7

              36 
              42 
              48

    37.00 
    45.00 
    52.00

    37.62
    45.62
    52.74

    66.0 
    78.0 
    92.0

    64.8 
    76.8 
    90.6

      5 
      8 
      8

   5.6 
      9 
      9

   4.4 
      7 
      7

              56 
              64

    62.00 
    70.00

    62.74
    70.74

 105.0 
 115.0

 103.6 
 113.6

    10 
    10

    11 
    11

      9 
      9

表 12−並形面取り−部品等級 A(第 選択)の寸法

単位  mm

内径  d

1

外径  d

2

厚さ  

平座金の呼び径

(ねじの呼び径 d

基準寸法 
(最小)

最大

基準寸法
(最大)

最小

基準寸法

最大

最小

              14 
              18 
              22

    15.00 
    19.00 
    23.00

    15.27
    19.33
    23.33

    28.00 
    34.00 
    39.00

    27.48
    33.38
    38.38

   2.5 
      3 
      3

   2.7 
   3.3 
   3.3

   2.3 
   2.7 
   2.7

              27 
              33 
              39

    28.00 
    34.00 
    42.00

    28.33
    34.62
    42.62

    50.00 
    60.0 
    72.0

    49.38
    58.8 
    70.8

      4 
      5 
      6

   4.3 
   5.6 
   6.6

   3.7 
   4.4 
   5.4

              45 
              52 
              60

    48.00 
    56.00 
    66.00

    48.62
    56.74
    66.74

    85.0 
    98.0 
 110.0

    83.6 
    96.6 
 108.6

      8 
      8 
    10

      9 
      9 
    11

      7 
      7 
      9


10 
B 1256:2008

表 13−並形面取り−部品等級 の製品仕様

ステンレス鋼

鋼種区分

  b)

A2    F1    C1 
A4            C4

材料

  a)

適用規格

JIS B 1054-1 

硬さ区分

200 HV

300 HV

 c)

 200

HV

機械的性質

硬さ範囲

  d)

 200

HV∼300 HV

300 HV∼370 HV

200 HV∼300 HV

部品等級 A

公差

適用規格

JIS B 1022 

表面仕上げ

−  平座金は,生地のままで供給する。潤滑

処理又はその他の皮膜処理を施す場合
には,受渡当事者間の協定による。

−  電気めっきの要求がある場合には,JIS B 

1044 による。

−  非電解処理による亜鉛フレーク皮膜の

要求がある場合には,JIS B 1046 による。

−  焼入焼戻しを施した平座金には,水素ぜ

い化を避けるために適切なめっき又は
皮膜処理工程を採用するのがよい。平座

金に電気めっき又はりん酸塩処理を施
した場合には,有害な水素ぜい化を回避
するために,めっき又は皮膜処理の後,

直ちに適切な処理を施す。

−  すべての公差は,めっき又は皮膜処理を

施す前に適用する。

平座金は,生地のま

まで供給する。

表面状態

平座金の表面には,凹凸又は有害な損傷があ
ってはならない。また,座面には,ばりがあ

ってはならない。

受入検査

受入検査手順は,JIS B 1091 による。

注記  形状・寸法の測定は,JIS B 1022 の附属書 JA を参考にするのがよい。 

a)

  他の金属材料は,受渡当事者間の協定による。

b)

  化学成分だけを適用する。

c)

  焼入焼戻しを施す。

d)

  硬さ試験は,JIS Z 2244 による。

厚さの基準寸法  h

1.2 mm:試験力  HV 10

厚さの基準寸法  h

1.2 mm:試験力  HV 30

表 14−並形面取り−部品等級 の呼び方

製品

呼び径 d = 8 mm,硬さ区分 200 HV の並形系列,部品等級 A の鋼製面取り平座金

例 

呼び方  平座金・並形面取り−JIS B 1256ISO 7090−8−200 HV−部品等級 A

製品

呼び径 d = 8 mm,硬さ区分 200 HV の並形系列,部品等級 A の鋼種区分 A2 ステンレス鋼製面取り

平座金

例 

呼び方  平座金・並形面取り−JIS B 1256ISO 7090−8−200 HV−A2−部品等級 A

注記  図 及び表 11∼表 14 は,ISO 7090:2000 に一致している。


11

B 1256:2008

図 4−並形−部品等級 の形状

表 15−並形−部品等級 C(第 選択)の寸法

単位  mm

内径  d

1

外径  d

2

厚さ  

平座金の呼び径

(ねじの呼び径 d

基準寸法 
(最小)

最大

基準寸法
(最大)

最小

基準寸法

最大

最小

                1.6 
                2 
                2.5

      1.80 
      2.40 
      2.90

      2.05
      2.65
      3.15

      4.00 
      5.00 
      6.00

      3.25
      4.25
      5.25

   0.3 
   0.3 
   0.5

   0.4 
   0.4 
   0.6

   0.2 
   0.2 
   0.4

                3 
                4 
                5

   3.4 
   4.5 
   5.5

   3.7 
   4.8 
   5.8

   7.0 
   9.0 
    10.0

   6.1 
   8.1 
   9.1

   0.5 
   0.8 
      1

   0.6 
   1.0 
   1.2

   0.4 
   0.6 
   0.8

                6 
                8 
              10

      6.60 
      9.00 
    11.00

      6.96
      9.36
    11.43

    12.0 
    16.0 
    20.0

    10.9 
    14.9 
    18.7

   1.6 
   1.6 
      2

   1.9 
   1.9 
   2.3

   1.3 
   1.3 
   1.7

              12 
              16 
              20

    13.50 
    17.50 
    22.00

    13.93
    17.93
    22.52

    24.0 
    30.0 
    37.0

    22.7 
    28.7 
    35.4

   2.5 
      3 
      3

   2.8 
   3.6 
   3.6

   2.2 
   2.4 
   2.4

              24 
              30 
              36

    26.00 
    33.00 
    39

    26.52
    33.62
    40

    44.0 
    56.0 
    66.0

    42.4 
    54.1 
    64.1

      4 
      4 
      5

   4.6 
   4.6 
      6

   3.4 
   3.4 
      4

              42 
              48 
              56 
              64

    45 
    52.0 
    62.0 
    70.0

    46 
    53.2 
    63.2 
    71.2

    78.0 
    92.0 
 105.0 
 115.0

    76.1 
    89.8 
 102.8 
 112.8

      8 
      8 
    10 
    10

   9.2 
   9.2 
    11.2 
    11.2

   6.8 
   6.8 
   8.8 
   8.8

表 16−並形−部品等級 C(第 選択)の寸法

単位  mm

内径  d

1

外径  d

2

厚さ  

平座金の呼び径

(ねじの呼び径 d

基準寸法

(最小)

最大

基準寸法

(最大)

最小

基準寸法

最大

最小

                3.5 
              14 
              18

   3.9 
    15.50 
    20.00

   4.2 
    15.93
    20.52

   8.0 
    28.0 
    34.0

   7.1 
    26.7 
    32.4

   0.5 
   2.5 
      3

   0.6 
   2.8 
   3.6

   0.4 
   2.2 
   2.4

              22 
              27 
              33

    24.00 
    30.00 
    36

    24.52
    30.52
    37

    39.0 
    50.0 
    60.0

    37.4 
    48.4 
    58.1

      3 
      4 
      5

   3.6 
   4.6 
      6

   2.4 
   3.4 
      4

              39 
              45 
              52 
              60

    42 
    48 
    56.0 
    66.0

    43 
    49 
    57.2 
    67.2

    72.0 
    85.0 
    98.0 
 110.0

    70.1 
    82.8 
    95.8 
 107.8

      6 
      8 
      8 
    10

      7 
   9.2 
   9.2 
    11.2

      5 
   6.8 
   6.8 
   8.8


12 
B 1256:2008

表 17−並形−部品等級 の製品仕様

材料

  a)

硬さ区分 100 HV

機械的性質

硬さ範囲

  b)

 100

HV∼200 HV

部品等級 C

公差

適用規格

JIS B 1022 

表面仕上げ

−  平座金は,生地のままで供給する。潤滑処理又はその

他の皮膜処理を施す場合には,受渡当事者間の協定に

よる。

−  電気めっきの要求がある場合には,JIS B 1044 による。

−  非電解処理による亜鉛フレーク皮膜の要求がある場合

には,JIS B 1046 による。

−  すべての公差は,めっき又は皮膜処理を施す前に適用

する。

表面状態

平座金の表面には,凹凸又は有害な損傷があってはならな
い。また,座面には,ばりがあってはならない。

受入検査

受入検査手順は,JIS B 1091 による。

注記  形状・寸法の測定は,JIS B 1022 の附属書 JA を参考にするのがよい。 

a)

  他の金属材料は,受渡当事者間の協定による。

b)

  硬さ試験は,JIS Z 2244 による。

厚さの基準寸法  h  ≦ 0.6 mm:試験力  HV 2

厚さの基準寸法  0.6  <  h  ≦ 1.2 mm:試験力  HV 10 
厚さの基準寸法  h  > 1.2 mm:試験力  HV 30

 

表 18−並形−部品等級 の呼び方

製品

呼び径 d = 8 mm,硬さ区分 100 HV の並形系列,部品等級 C の鋼製平座金

 

呼び方  平座金・並形−JIS B 1256ISO 7091−8−100 HV−部品等級 C

注記  図 及び表 15∼表 18 は,ISO 7091:2000 に一致している。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


13

B 1256:2008

寸法単位  mm

表面粗さ単位

µm

図 5−大形−部品等級 の形状

表 19−大形−部品等級 A(第 選択)の寸法

単位  mm

内径  d

1

外径  d

2

厚さ  

平座金の呼び径

(ねじの呼び径 d

基準寸法 
(最小)

最大

基準寸法
(最大)

最小

基準寸法

最大

最小

                3 
                4 
                5

      3.20 
      4.30 
      5.30

      3.38
      4.48
      5.48

      9.00 
    12.00 
    15.00

      8.64
    11.57
    14.57

   0.8 
      1 
      1

   0.9 
   1.1 
   1.1

   0.7 
   0.9 
   0.9

                6 
                8 
              10

      6.40 
      8.40 
    10.50

      6.62
      8.62
    10.77

    18.00 
    24.00 
    30.00

    17.57
    23.48
    29.48

   1.6 
      2 
   2.5

   1.8 
   2.2 
   2.7

   1.4 
   1.8 
   2.3

              12 
              16 
              20

    13.00 
    17.00 
    21.00

    13.27
    17.27
    21.33

    37.00 
    50.00 
    60.00

    36.38
    49.38
    59.26

      3 
      3 
      4

   3.3 
   3.3 
   4.3

   2.7 
   2.7 
   3.7

              24 
              30 
              36

    25.00 
    33.00 
    39.00

    25.52
    33.62
    39.62

    72.0 
    92.0 
 110.0

    70.8 
    90.6 
 108.6

      5 
      6 
      8

   5.6 
   6.6 
      9

   4.4 
   5.4 
      7

 

表 20−大形−部品等級 A(第 選択)の寸法

単位  mm

内径  d

1

外径  d

2

厚さ  

平座金の呼び径

(ねじの呼び径 d

基準寸法 
(最小)

最大

基準寸法
(最大)

最小

基準寸法

最大

最小

                3.5 
              14 
              18

      3.70 
    15.00 
    19.00

      3.88
    15.27
    19.33

    11.00 
    44.00 
    56.00

    10.57
    43.38
    55.26

   0.8 
      3 
      4

   0.9 
   3.3 
   4.3

   0.7 
   2.7 
   3.7

              22 
              27 
              33

    23.00 
    30.00 
    36.00

    23.52
    30.52
    36.62

    66.0 
    85.0 
 105.0

    64.8 
    83.6 
 103.6

      5 
      6 
      6

   5.6 
   6.6 
   6.6

   4.4 
   5.4 
   5.4

 
 
 


14 
B 1256:2008

表 21−大形−部品等級 の製品仕様

ステンレス鋼

鋼種区分

  b)

A2    F1    C1 
A4            C4

材料

  a)

適用規格

JIS B 1054-1 

硬さ区分

200 HV

300 HV

 c)

 200

HV

機械的性質

硬さ範囲

  d)

 200

HV∼300 HV

300 HV∼370 HV

200 HV∼300 HV

部品等級

A

公差

適用規格

JIS B 1022 

表面仕上げ

−  平座金は,生地のままで供給する。潤滑

処理又はその他の皮膜処理を施す場合に

は,受渡当事者間の協定による。

−  電気めっきの要求がある場合には,JIS B 

1044 による。

−  非電解処理による亜鉛フレーク皮膜の要

求がある場合には,JIS B 1046 による。

−  焼入焼戻しを施した平座金には,水素ぜ

い化を避けるために適切なめっき又は皮
膜処理工程を採用するのがよい。平座金
に電気めっき又はりん酸塩処理を施した

場合には,有害な水素ぜい化を回避する
ために,めっき又は皮膜処理の後,直ち
に適切な処理を施す。

−  すべての公差は,めっき又は皮膜処理を

施す前に適用する。

平座金は,生地の
ままで供給する。

表面状態

平座金の表面には,凹凸又は有害な損傷があ
ってはならない。また,座面には,ばりがあ
ってはならない。

受入検査

受入検査手順は,JIS B 1091 による。

注記  形状・寸法の測定は,JIS B 1022 の附属書 JA を参考にするのがよい。 

a)

  他の金属材料は,受渡当事者間の協定による。

b)

  化学成分だけを適用する。

c)

  焼入焼戻しを施す。

d)

  硬さ試験は,JIS Z 2244 による。

厚さの基準寸法  0.6

h

1.2 mm:試験力  HV 10

厚さの基準寸法  h

1.2 mm:試験力  HV 30

表 22−大形−部品等級 の呼び方

製品

呼び径 d = 8 mm,硬さ区分 200 HV の大形系列,部品等級 A の鋼製平座金

例 

呼び方  平座金・大形−JIS B 1256ISO 7093-1−8−200 HV−部品等級 A

製品

呼び径 d = 8 mm,硬さ区分 200 HV の大形系列,部品等級 A の鋼種区分 A2 ステンレス鋼製平座金

例 

呼び方  平座金・大形−JIS B 1256ISO 7093-1−8−200 HV−A2−部品等級 A

注記  図 及び表 19∼表 22 は,ISO 7093-1:2000 に一致している。


15

B 1256:2008

図 6−大形−部品等級 の形状

表 23−大形−部品等級 C(第 選択)の寸法

単位  mm

内径  d

1

外径  d

2

厚さ  

平座金の呼び径

(ねじの呼び径 d

基準寸法

(最小)

最大

基準寸法

(最大)

最小

基準寸法

最大

最小

                3 
                4 
                5

   3.4 
   4.5 
   5.5

   3.7 
   4.8 
   5.8

   9.0 
    12.0 
    15.0

   8.1 
    10.9 
    13.9

   0.8 
      1 
      1

   1.0 
   1.2 
   1.2

   0.6 
   0.8 
   0.8

                6 
                8 
              10

      6.60 
      9.00 
    11.00

      6.96
      9.36
    11.43

    18.0 
    24.0 
    30.0

    16.9 
    22.7 
    28.7

   1.6 
      2 
   2.5

   1.9 
   2.3 
   2.8

   1.3 
   1.7 
   2.2

              12 
              16 
              20

    13.50 
    17.50 
    22.00

    13.93
    17.93
    22.52

    37.0 
    50.0 
    60.0

    35.4 
    48.4 
    58.1

      3 
      3 
      4

   3.6 
   3.6 
   4.6

   2.4 
   2.4 
   3.4

              24 
              30 
              36

    26.00 
    33 
    39

    26.84
    34 
    40

    72.0 
    92.0 
 110.0

    70.1 
    89.8 
 107.8

      5 
      6 
      8

      6 
      7 
   9.2

      4 
      5 
   6.8

 

表 24−大形−部品等級 C(第 選択)の寸法

単位  mm

内径  d

1

外径  d

2

厚さ  

平座金の呼び径

(ねじの呼び径 d

基準寸法

(最小)

最大

基準寸法

(最大)

最小

基準寸法

最大

最小

                3.5 
              14 
              18

   3.9 
    15.50 
    20.00

   4.2 
    15.93
    20.52

    11.0 
    44.0 
    56.0

   9.9 
    42.4 
    54.1

   0.8 
      3 
      4

   1.0 
   3.6 
   4.6

   0.6 
   2.4 
   3.4

              22 
              27 
              33

    24.00 
    30.00 
    36

    24.84
    30.84
    37

    66.0 
    85.0 
 105.0

    64.1 
    82.8 
 102.8

      5 
      6 
      6

      6 
      7 
      7

      4 
      5 
      5

 
 
 
 


16 
B 1256:2008

表 25−大形−部品等級 の製品仕様

材料

  a)

硬さ区分 100 HV

機械的性質

硬さ範囲

  b)

 100

HV∼200 HV

部品等級 C

公差

適用規格

JIS B 1022 

表面仕上げ

−  平座金は,生地のままで供給する。潤滑処理又

はその他の皮膜処理を施す場合には,受渡当事

者間の協定による。

−  電気めっきの要求がある場合には,JIS B 1044

による。

−  非電解処理による亜鉛フレーク皮膜の要求があ

る場合には,JIS B 1046 による。

−  すべての公差は,めっき又は皮膜処理を施す前

に適用する。

表面状態

平座金の表面には,凹凸又は有害な損傷があっては

ならない。また,座面には,ばりがあってはならな
い。

受入検査

受入検査手順は,JIS B 1091 による。

注記  形状・寸法の測定は,JIS B 1022 の附属書 JA を参考にするのがよい。 

a)

  他の金属材料は,受渡当事者間の協定による。

b)

  硬さ試験は,JIS Z 2244 による。

厚さの基準寸法  0.6  <  h  ≦ 1.2 mm:試験力  HV 10 
厚さの基準寸法  h  > 1.2 mm:試験力  HV 30

表 26−大形−部品等級 の呼び方

製品

呼び径 d = 8 mm,硬さ区分 100 HV の大形系列,部品等級 C の鋼製平座金

 

呼び方  平座金・大形−JIS B 1256ISO 7093-2−8−100 HV−部品等級 C

注記  図 及び表 23∼表 26 は,ISO 7093-2:2000 に一致している。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


17

B 1256:2008

図 7−特大形−部品等級 の形状

表 27−特大形−部品等級 C(第 選択)の寸法

単位  mm

内径  d

1

外径  d

2

厚さ  

平座金の呼び径

(ねじの呼び径 d

基準寸法 
(最小)

最大

基準寸法
(最大)

最小

基準寸法

最大

最小

                5 
                6 
                8

   5.5 
      6.60 
      9.00

   5.8 
      6.96
      9.36

    18.0 
    22.0 
    28.0

    16.9 
    20.7 
    26.7

      2 
      2 
      3

   2.3 
   2.3 
   3.6

   1.7 
   1.7 
   2.4

              10 
              12 
              16

    11.00 
    13.50 
    17.5

    11.43
    13.93
    18.2

    34.0 
    44.0 
    56.0

    32.4 
    42.4 
    54.1

      3 
      4 
      5

   3.6 
   4.6 
      6

   2.4 
   3.4 
      4

              20 
              24 
              30

    22.00 
    26.00 
    33

    22.84
    26.84
    34

    72.0 
    85.0 
 105.0

    70.1 
    82.8 
 102.8

      6 
      6 
      6

      7 
      7 
      7

      5 
      5 
      5

       36

  39

  40

 125.0

 122.5

   8

   9.2

   6.8

 

表 28−特大形−部品等級 C(第 選択)の寸法

単位  mm

内径  d

1

外径  d

2

厚さ  

平座金の呼び径

(ねじの呼び径 d

基準寸法

(最小)

最大

基準寸法

(最大)

最小

基準寸法

最大

最小

              14 
              18 
              22

    15.50 
    20.00 
    24.00

    15.93
    20.84
    24.84

   50.0 
   60.0 
   80.0

    48.4 
    58.1 
    78.1

      4 
      5 
      6

   4.6 
      6 
      7

   3.4 
      4 
      5

              27 
              33

    30.00 
    36

    30.84
    37

   98.0 
  115.0

    95.8 
 112.8

      6 
      8

      7 
   9.2

      5 
   6.8

 
 
 
 
 


18 
B 1256:2008

表 29−特大形−部品等級 の製品仕様

材料

  a)

硬さ区分 100 HV

機械的性質

硬さ範囲

  b)

 100

HV∼200 HV

部品等級 C

公差

適用規格

JIS B 1022 

表面仕上げ

−  平座金は,生地のままで供給する。潤滑処理又は

その他の皮膜処理を施す場合には,受渡当事者間
の協定による。

−  電気めっきの要求がある場合には,JIS B 1044 

よる。

−  非電解処理による亜鉛フレーク皮膜の要求があ

る場合には,JIS B 1046 による。

−  すべての公差は,めっき又は皮膜処理を施す前に

適用する。

表面状態

平座金の表面には,凹凸又は有害な損傷があってはな
らない。また,座面には,ばりがあってはならない。

受入検査

受入検査手順は,JIS B 1091 による。

注記  形状・寸法の測定は,JIS B 1022 の附属書 JA を参考にするのがよい。 

a)

  他の金属材料は,受渡当事者間の協定による。

b)

  硬さ試験は,JIS Z 2244 による。

厚さの基準寸法  h

1.2 mm:試験力  HV 30

表 30−特大形−部品等級 の呼び方

製品

呼び径 d = 8 mm,硬さ区分 100 HV の特大形系列,部品等級 C の鋼製平座金

 

呼び方  平座金・特大形−JIS B 1256ISO 7094−8−100 HV−部品等級 C

注記  図 及び表 27∼表 30 は,ISO 7094:2000 に一致している。


19

B 1256:2008

附属書 JA

参考)

角座金

序文

この附属書は,JIS B 1256:1978 に規定されていた角座金の形状・寸法を示すものであって,規定の一部

ではない。

JA.1  形状・寸法

角座金の形状・寸法は,

表 JA.1 による。

表 JA.1−角座金の形状・寸法

単位  mm

小形角

大形角

d

D a

b

t D 

a

b

呼び径

基準 
寸法

許容差

基準 
寸法

許容差

最大

基準
寸法

許容差

基準 
寸法

許容差

最大

基準 
寸法

許容差

      6

    6.6

    17

      0 
 −1.1

0.86

  1.2

  20

  2.3

±0.3

      8

    9

  +0.6 
      0

  23

  1.6

  26

      0 
 −1.3

1.04

    2.3

    10

  11

    28

      0 
 −1.3

1.04

    1.6

±0.2

    32

    2.3

    12

  14

    35

    2.3

±0.3

  40

  3.2

(14)    16

    40

    3.2

    44

      0 
 −1.6

1.24

    3.2

±0.4

    16

  18

  +0.7 

0

    45

      0 
 −1.6

1.24

    3.2

±0.4

    52

    4.5

(18)    20

    52

    4.5

    55

    4.5

±0.5

    20

  22

    56

    4.5

    62

    6

(22)    24

    64

    4.5

±0.5

    68

    6

    24

  26

    68

    6

    72

    6

(27)

30

  +0.8 
      0

    73

      0 
 −1.9

1.48

    6

±0.7

    80

      0 
 −1.9

1.48

    6

    30

  33

    90

    6

(33)

36

 100

  8

    36

  39

 110

  8

(39)

42

  +1 
      0

 115

  8

±0.7

    42

  45

120

      0 
 −2.2

1.74

    9

(45)

48

  +1.5 
      0

 130

  9

    48

  52

 140

 12

(52)

56

  +2 
      0

 150

      0 
 −2.5

2

 12

±1

注記  呼び径に括弧を付けたものは,なるべく用いない。


附属書 JB

参考)

JIS と対応する国際規格との対比表

JIS B 1256 : 2008  平座金

ISO 7089 : 2000,Plain washers−Normal series−Product grade A 
ISO 7090 : 2000,Plain washers, chamfered−Normal series−Product grade A 
ISO 7091 : 2000,Plain washers−Normal series−Product grade C 
ISO 7092 : 2000,Plain washers−Small series−Product grade A 
ISO 7093-1 : 2000,Plain washers−Large series−Part 1 : Product grade A 
ISO 7093-2 : 2000,Plain washers−Large series−Part 2 : Product grade C 
ISO 7094 : 2000,Plain washers−Extra large series−Product grade C

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ご
との評価及びその内容

箇条番号 
及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規格番

箇 条 番

内容

箇 条 ご と
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との
技 術 的 差 異 の 理 由 及 び
今後の対策

ISO 7089

1 適用範

硬さ区分が 200 HV 及び 300 HV

で,適用するねじの呼び径範囲が
1.6∼64 mm の並形系列,部品等級
A の平座金について規定。

1  適用範囲  一 般 用 の ボ ル

ト,小ねじ及び
ナ ッ ト に 使 用
す る 鋼 製 及 び

ス テ ン レ ス 鋼
製 の 丸 形 平 座
金 に つ い て 規

定。

ISO 7090

1 適用範

硬さ区分が 200 HV 及び 300 HV,
適用するねじの呼び径範囲が 5∼
64 mm で,外径部に面取りをした
並形系列,部品等級 A の平座金に
ついて規定。

追加

規格使用者の利便性を考えて,
JIS は 7 規格を包含して規定。

技術的な差異はない。

ISO 7091

1 適用範

硬さ区分が 100 HV で,適用するね
じの呼び径範囲が 1.6∼64 mm の並

形系列,部品等級 C の平座金につ
いて規定。

ISO 7092

1 適用範

硬さ区分が 200 HV 及び 300 HV
で,適用するねじの呼び径範囲が
1.6∼36 mm の小形系列,部品等級
A の平座金について規定。

20

B 125

6

2

008


(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ご
との評価及びその内容

箇条番号 
及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規格番

箇 条 番

内容

箇 条 ご と
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との
技 術 的 差 異 の 理 由 及 び
今後の対策

ISO 7093-1  1 適用範

硬さ区分が 200 HV 及び 300 HV

で,適用するねじの呼び径範囲が 3
∼36 mm の大形系列,部品等級 A
の平座金について規定。

ISO 7093-2  1 適用範

硬さ区分が 100 HV で,適用するね
じの呼び径範囲が 3∼36 mm の大

形系列,部品等級 C の平座金につ
いて規定。

1  適用範囲 
  (続き)

ISO 7094

1 適用範

硬さ区分が 100 HV で,適用するね
じの呼び径範囲が 5∼36 mm の特
大形系列,部品等級 C の平座金に

ついて規定。

追加

規格使用者の利便性を考えて,
JIS は 7 規格を包含して規定。

技術的な差異はない。

2 引用規格  JIS B 1022 ほか

を引用。

2 引用規

ISO 4759-3 ほかを引用。

一致

JIS は,ISO 規格の引用規格と整
合した JIS を引用している。

3 種類

そ れ ぞ れ の
ISO 規 格 に 規
定 す る 平 座 金
の種類を規定。

ISO 7089 
ISO 7090 
ISO 7091 
ISO 7092 
ISO 7093-1
ISO 7093-2
ISO 7094

1 規格ごとに種類を規定。

追加

JIS は,ISO 規格の 7 規格で規定
する 7 種類を 1 規格にまとめてい

る。

技術的な差異はない。

3  寸法

各規格の表 1 で第 1 選択,表 2 で
第 2 選択の寸法を規定。

一致

4  要求事
項及び引
用国際規

各規格の表 3 で仕様及び引用国際

規格を規定。

一致

4 形状・寸
法,製品仕
様及び製品

の呼び方

そ れ ぞ れ の
ISO 規 格 に 規
定 す る 平 座 金

の形状・寸法,
製 品 仕 様 及 び
製 品 の 呼 び 方

をまとめて表 2
で規定。

ISO 7089 
ISO 7090 
ISO 7091 
ISO 7092 
ISO 7093-1
ISO 7093-2
ISO 7094

5  呼び方  製品の呼び方の例を規定。

追加

JIS は,ISO 規格の 7 規格で規定
する 7 種類を 1 規格にまとめてい
る。 
JIS は,形状・寸法の測定方法の
注記を,各種類の製品仕様を規定
する表に追加している。

技術的な差異はない。

21

B 125

6

2

008


(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ご
との評価及びその内容

箇条番号 
及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規格番

箇 条 番

内容

箇 条 ご と
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との
技 術 的 差 異 の 理 由 及 び
今後の対策

5 表示

製 品 の 表 示 及

び 包 装 の 表 示
を規定。

追加

製品の表示及び包装の表示を追

加。

適 合 性 評 価 の た め に 必

要。

附属書 JA 
(参考)

角座金

 
JIS と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 7089:2000,ISO 7090:2000,ISO 7091:2000,ISO 7092:2000,ISO 7093-1:2000,ISO 7093-2:2000,ISO 7094:2000:MOD

関連する外国規格

EN ISO 7089EN ISO 7090EN ISO 7091EN ISO 7092EN ISO 7093-1EN ISO 7093-2EN ISO 7094

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  一致技術的差異がない。 
    −  追加国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD 国際規格を修正している。

22

B 125

6

2

008