>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 1220

:2015

(1)

目  次

ページ

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

1

3

  用語及び定義  

1

4

  セットの種類  

2

5

  セットの構成  

2

6

  セットの引張降伏耐力  

3

6.1

  ABR400 及び ABR520SUS  

3

6.2

  ABR490  

4

6.3

  ABM400 及び ABM520SUS  

4

6.4

  ABM490  

5

7

  セットの引張降伏耐力の確認試験  

5

7.1

  装置  

5

7.2

  試験体  

6

7.3

  試験手順  

6

8

  セットの検査  

7

9

  セットの呼び方  

7

10

  セットの包装  

8

11

  セットの表示  

8

12

  検査成績書  

8

附属書 A(規定)構造用両ねじアンカーボルト  

10

附属書 B(規定)構造用六角ナット  

15

附属書 C(規定)構造用平座金  

20


B 1220

:2015

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,一般社団法人日本

鋼構造協会(JSSC)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標

準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS B 1220:2010 は改正され,この規格に置き換えられた。また,JIS B 1221:2010 は,こ

の規格に置き換えられた。

なお,平成 28 年 12 月 20 日までの間は,工業標準化法第 19 条第 1 項等の関係条項の規定に基づく JIS

マーク表示認証において,JIS B 1220:2010 によることができる。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 B

1220

:2015

構造用両ねじアンカーボルトセット

Set of anchor bolt for structures

適用範囲 

この規格は,構造物の柱脚などに用いる構造用両ねじアンカーボルト・構造用六角ナット・構造用平座

金のセット(以下,セットという。

)について規定する。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0101

  ねじ用語

JIS B 0205-2

  一般用メートルねじ−第 2 部:全体系

JIS B 0205-4

  一般用メートルねじ−第 4 部:基準寸法

JIS B 0209-3

  一般用メートルねじ−公差−第 3 部:構造体用ねじの寸法許容差

JIS B 1052-2

  炭素鋼及び合金鋼製締結用部品の機械的性質−第 2 部:強度区分を規定したナット−並

目ねじ及び細目ねじ

JIS B 1054-1

  耐食ステンレス鋼製締結用部品の機械的性質−第 1 部:ボルト,小ねじ及び植込みボル

JIS B 1054-2

  耐食ステンレス鋼製締結用部品の機械的性質−第 2 部:ナット

JIS B 1071

  締結用部品−精度測定方法

JIS B 7502

  マイクロメータ

JIS B 7507

  ノギス

JIS B 7512

  鋼製巻尺

JIS B 7516

  金属製直尺

JIS B 7721

  引張試験機・圧縮試験機−力計測系の校正方法及び検証方法

JIS G 0320

  鋼材の溶鋼分析方法

JIS G 3138

  建築構造用圧延棒鋼

JIS G 4321

  建築構造用ステンレス鋼材

JIS H 8641

  溶融亜鉛めっき

JIS Z 2244

  ビッカース硬さ試験−試験方法

JIS Z 2245

  ロックウェル硬さ試験−試験方法

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS B 0101 によるほか,次による。


2

B 1220

:2015

3.1  

両ねじアンカーボルト 

直線状の棒鋼の両端にねじがあり,一方のねじをコンクリート基礎中において定着板に固定して用いる

アンカーボルト。

セットの種類 

セットの種類は,ボルトのねじの加工方法及びボルトの材料によって区分し,

表 による。

表 1−セットの種類 

セットの種類

を表す記号

ボルトの

ねじの加工方法

ボルトの材料

a)

ボルトの引張強さ

(N/mm

2

ナットの

強度区分

座金の

硬さ区分

ABR400

転造ねじ加工

炭素鋼 SNR400B  400 以上

5J

200J

ABR490 SNR490B

490

以上

ABR520SUS

ステンレス鋼

SUS304A 520

以上 50

ABM400

切削ねじ加工

炭素鋼 SNR400B  400 以上

5J

ABM490 SNR490B

490

以上

ABM520SUS

ステンレス鋼

SUS304A 520

以上 50

a)

 SNR400B

及び SNR490B は,

JIS G 3138

に規定する建築構造用圧延棒鋼を示す。

ただし,

ABM400

及び ABM490

の場合は,降伏比を 75 %以下とする。また,SUS304A は,JIS G 4321 に規定する建築構造用ステンレス鋼材

を示す。

セットの構成 

セットの構成は,次による。

a)

セットは,構造用両ねじアンカーボルト(以下,ボルトという。

)1 本,構造用六角ナット(以下,ナ

ットという。

)4 個及び構造用平座金(以下,座金という。

)1 枚とで構成する。

b)

ボルトは,

図 に示すように両端に並目ねじ又は細目ねじを設けた直線状のもので,セットはコンク

リート基礎中において定着板に固定することによって引抜き抵抗を保持するものでなければならない。

c)

ボルト,ナット及び座金は,それぞれ

附属書 A,附属書 及び附属書 による。

d)

炭素鋼製のボルトには,炭素鋼製のナット及び炭素鋼製の座金,ステンレス鋼製のボルトには,ステ

ンレス鋼製のナット及びステンレス鋼製の座金を組み合わせなければならない。また,表面処理にめ

っきを施す場合は,ボルトの表面処理と同等の表面処理を施したナット及び座金を組み合わせなけれ

ばならない。


3

B 1220

:2015

図 1−セットの構成 

セットの引張降伏耐力 

6.1 ABR400

及び ABR520SUS 

ABR400

及び ABR520SUS の引張降伏耐力は,

表 による。

表 2ABR400 及び ABR520SUS の引張降伏耐力 

ねじの呼び

d

基準軸径

(mm)

軸部断面積

(mm

2

ねじ部有効

断面積

(mm

2

引張降伏耐力(kN)

ねじ部引張降伏耐力

軸部引張降伏耐力

(参考値)

M16 14.54  166  157

36.9

以上 39.0 以上

M18 16.20  206  192

45.1

以上 48.4 以上

M20 18.20  260  245

57.6

以上 61.1 以上

M22 20.20  320  303

71.2

以上 75.2 以上

M24 21.85  375  353

83.0

以上 88.1 以上

M27 24.85  485  459  108

以上 114 以上

M30 27.51  594  561  132

以上 140 以上

M33 30.51  731  694  163

以上 172 以上

M36 33.17  864  817  192

以上 203 以上

M39 36.17 1

030  976  229

以上 242 以上

M42  38.83 1

180 1

120  263

以上 277 以上

M45

41.83

1 370

1 310

282 (308)

以上

a)

 295

(322)

以上

a)

M48

44.48

1 550

1 470

316 (345)

以上

a)

 333

(364)

以上

a)

a)

引張降伏耐力の括弧内の数値は,ABR520SUS の場合の値を示す。


4

B 1220

:2015

6.2 ABR490 

ABR490

の引張降伏耐力は,

表 による。

表 3ABR490 の引張降伏耐力 

ねじの呼び

d

基準軸径

(mm)

軸部断面積

(mm

2

ねじ部有効

断面積

(mm

2

引張降伏耐力(kN)

ねじ部引張降伏耐力

軸部引張降伏耐力

(参考値)

M16 14.54  166  157

51.0

以上 54.0 以上

M18 16.20  206  192

62.4

以上 67.0 以上

M20 18.20  260  245

79.6

以上 84.5 以上

M22 20.20  320  303

98.5

以上 104 以上

M24 21.85  375  353  115

以上 122 以上

M27 24.85  485  459  149

以上 158 以上

M30 27.51  594  561  182

以上 193 以上

M33 30.51  731  694  226

以上 238 以上

M36 33.17  864  817  266

以上 281 以上

M39 36.17 1

030  976  317

以上 335 以上

M42  38.83 1

180 1

120  364

以上 384 以上

M45  41.83 1

370 1

310  386

以上 404 以上

M48  44.48 1

550 1

470  434

以上 457 以上

6.3 ABM400

及び ABM520SUS 

ABM400

及び ABM520SUS の引張降伏耐力は,

表 による。

表 4ABM400 及び ABM520SUS の引張降伏耐力 

ねじの呼び

d

基準軸径

(mm)

軸部断面積

(mm

2

ねじ部有効

断面積

(mm

2

a)

引張降伏耐力(kN)

ねじ部引張降伏耐力

a)

軸部引張降伏耐力

(参考値)

M24

24

452

384 (353)

90.2 (83.0)

以上 106 以上

M27

27

573

496 (459)

117 (108)

以上 135 以上

M30

30

707

621 (561)

146 (132)

以上 166 以上

M33

33

855

761 (694)

179 (163)

以上 201 以上

M36

36

1 020

865 (817)

203 (192)

以上 240 以上

M39

39

1 190

1 030 (976)

242 (229)

以上 280 以上

M42

42

1 390

1 210 (1 120)

260 (263)

以上 299

(327)

a)

以上

M45

45

1 590

1 340 (1 310)

288 (308)

以上 342

(374)

a)

以上

M48

48

1 810

1 540 (1 470)

331 (345)

以上 389

(425)

a)

以上

a)

引張降伏耐力の括弧内の数値は,ABM520SUS の場合の値を示す。


5

B 1220

:2015

6.4 ABM490 

ABM490

の引張降伏耐力は,

表 による。

表 5ABM490 の引張降伏耐力 

ねじの呼び

d

基準軸径

(mm)

軸部断面積

(mm

2

ねじ部有効

断面積

(mm

2

引張降伏耐力(kN)

ねじ部引張降伏耐力

軸部引張降伏耐力

(参考値)

M24 24  452 384  125

以上 147 以上

M27 27  573 496  161

以上 186 以上

M30 30  707 621  202

以上 230 以上

M33 33  855 761  247

以上 278 以上

M36 36

1

020 865  281

以上 332 以上

M39

39

1 190

1 030

335

以上 387 以上

M42

42

1 390

1 210

357

以上 410 以上

M45

45

1 590

1 340

395

以上 469 以上

M48

48

1 810

1 540

454

以上 534 以上

M52

52

2 120

1 820

537

以上 625 以上

M56

56

2 460

2 140

631

以上 726 以上

M60

60

2 830

2 480

732

以上 835 以上

M64

64

3 220

2 850

841

以上 950 以上

M68

68

3 630

3 240

956

以上 1

070

以上

M72

72

4 070

3 460

1 020

以上 1

200

以上

M76

76

4 540

3 890

1 150

以上 1

340

以上

M80

80

5 030

4 340

1 280

以上 1

480

以上

M85

85

5 670

4 950

1 460

以上 1

670

以上

M90

90

6 360

5 590

1 650

以上 1

880

以上

M95

95

7 090

6 270

1 850

以上 2

090

以上

M100

100

7 850

6 990

2 060

以上 2

320

以上

セットの引張降伏耐力の確認試験 

7.1 

装置 

試験に用いる装置は,次による。

a)

試験機は,JIS B 7721 で校正された引張試験機で,

表 2∼表 に示すねじ部引張降伏耐力を,7.2 で規

定する試験体に加えるのに十分な能力をもつものとする。

b)

試験体取付け金具(以下,金具という。

)は,7.2 で規定する試験体にねじ部引張降伏耐力を加えたと

きに,金具のたわみが 1 mm 以内になるような断面積でなければならない。金具の形状の例を,

図 2

に示す。また,金具の孔径(d

1

)は,ボルトのねじの呼びより大きく,かつ,ねじの呼びに 5 mm を

加えた寸法より小さくなければならない。

なお,金具の形状は,試験機の台座の形状に合わせて外側の形を決め,必要な断面積となるように

金具の板厚(t)を決めるとよい。

c)

長さ測定器は,JIS B 7512 に規定する目量が 1 mm の鋼製巻尺,JIS B 7516 に規定する目量が 1 mm の

金属製直尺又は JIS B 7507 に規定するノギスとする。


6

B 1220

:2015

図 2−試験体取付け金具(例) 

7.2 

試験体 

試験体は,

図 による。

図 3−試験体 

7.3 

試験手順 

試験手順は,次による。

a) 

図 に示す試験体の試験長さは,取り付けたナットの軸部側端部から 10 以上の寸法を確保した任意

の点(標点)との間の長さとする。このとき,ナットは,ボルト頭部側にねじ山を 3 山残して取り付

ける。試験長さは,7.1 c)  に規定した長さ測定器を用いて測定し,その長さを試験前の試験長さとす

る。

b) 7.2

に規定した試験体を,7.1 b)  に規定した金具に取り付ける。

c) 

試験体を取り付けた金具を,7.1 a)  に規定した試験機に

図 のように取り付ける。

d) 

図 に示すように試験体の軸方向に,表 2∼表 に示すねじ部引張降伏耐力を 15 秒間加えた後,試験

体を試験機から取り外して試験長さを 7.1 c)  に規定した長さ測定器を用いて測定し,その長さを試験

後の試験長さとする。

e) 

永久変形の比率は,次の式(1)によって求める。

0

0

1

m

l

l

l

=

ε

×100    (1)

ここに,

ε

m

永久変形の比率(%)

l

0

試験体の試験前の試験長さ(mm)

l

1

試験体の試験後の試験長さ(mm)


7

B 1220

:2015

図 4−試験体の取付け(例) 

セットの検査 

セットの検査は,形式検査又は受渡当事者間の協定に基づく合理的な抜取方式を用いて箇条 の試験を

行い,7.3 e)  に規定した永久変形の比率(

ε

m

)が 0.5 %以内であれば,箇条 に適合したものとする。

セットの呼び方 

セットの呼び方は,規格番号,セットの種類を表す記号,ねじの呼び×ボルトの長さ及び両端のねじ部

長さとする。表面処理を施す場合は,末尾に表面処理の記号を追記する。

セットの呼び方を

例 1∼例 に示す。

例 1  ボルトに転造ねじ加工を施した引張強さ 490 N/mm

2

ねじの呼び M48,

ボルトの長さ 1 440 mm,

両端のねじ部長さ 200 mm のセットの場合

JIS B 1220

  ABR490  M48×1 440  S=200×200

両端のねじ部長さ

ねじの呼び×ボルトの長さ

セットの種類を表す記号

規格番号

例 2  ボルトに切削ねじ加工を施した引張強さ 490 N/mm

2

ねじの呼び M72,

ボルトの長さ 2 160 mm,

座金取付け側のねじ部長さが 300 mm,定着板取付け側のねじ部長さが 250 mm のセットの場合

JIS B 1220

  ABM490  M72×2 160  S=300×250

両端のねじ部長さ

ねじの呼び×ボルトの長さ

セット種類を表す記号

規格番号


8

B 1220

:2015

例 3  ボルトに転造ねじ加工を施した引張強さ 400 N/mm

2

,ねじの呼び M24,ボルトの長さ 600 mm,

両端のねじ部長さ 80 mm,表面処理が溶融亜鉛めっきのセットの場合

JIS B 1220

  ABR400  M24×600    S=80×80  HDZ 35

表面処理の記号

両端のねじ部長さ

ねじの呼び×ボルトの長さ

セット種類を表す記号

規格番号

例 4  ボルトに転造ねじ加工を施した引張強さ 400 N/mm

2

,ねじの呼び M27,ボルトの長さ 800 mm,

両端のねじ部長さ 100 mm,表面処理が電気めっきのセットの場合

JIS B 1220

  ABR400  M27×800    S=100×100   EP

表面処理の記号

両端のねじ部長さ

ねじの呼び×ボルトの長さ

セット種類を表す記号

規格番号

10 

セットの包装 

セットの包装は,次による。

a)

ねじ部に損傷及びじんあいの付着を生じないように,包装しなければならない。

b)

ボルト,ナット及び座金をセットにして,包装しなければならない。ただし,ナット及び座金は必ず

しもボルトに取り付ける必要はない。

11 

セットの表示 

セットの表示は,包装ごとに次の事項を,荷札などに表示する。

a)

セットの呼び方

b)

数量

c)

製造業者名又はその略号

d)

セットの製造ロット番号

セットの製造ロット番号は,生産単位,ボルトの材料及びボルトのねじの呼びごとに決めなければ

ならない。

12 

検査成績書 

製造業者は,発注者から製品の検査成績書の提出を求められた場合は,次の事項を記載した検査成績書

を発行しなければならない。ただし,f)  の事項については,必要がある場合に限る。

a)

規格名称

b)

セットの明細


9

B 1220

:2015

1)

セットの呼び方

2)

数量

3)

セットの製造ロット番号

c)

ボルトの検査結果

1)

形状及び寸法の合否

2)

ねじの公差域クラスの合否

3)

外観の合否

d)

ナットの検査結果

1)

保証荷重試験の合否又は硬さの測定値

2)

形状及び寸法の合否

3)

ねじの公差域クラスの合否

4)

外観の合否

e)

座金の検査結果

1)

硬さの測定値

2)

形状及び寸法の合否

3)

外観の合否

f)

セットの検査結果(セットの引張降伏耐力試験の合否)


10

B 1220

:2015

附属書 A

(規定)

構造用両ねじアンカーボルト

A.1 

一般 

この附属書は,構造用両ねじアンカーボルト(以下,ボルトという。

)の特性について規定する。

A.2 

ボルトの種類 

ボルトの種類は,ボルトのねじの加工方法及びボルトの材料によって区分し,

表 A.1 による。

表 A.1−ボルトの種類 

ボルトの種類

ボルトのねじ

の加工方法

ボルトの材料

a)

ボルトの

引張強さ

(N/mm

2

ねじの種類

ねじの

公差域
クラス

ABR400

用ボルト

転造ねじ加工

炭素鋼 SNR400B 400 以上

並目ねじ

8 g

ABR490

用ボルト SNR490B

490

以上

ABR520SUS

用ボルト

ステンレス鋼

SUS304A 520

以上

ABM400

用ボルト

切削ねじ加工

炭素鋼 SNR400B 400 以上

細目ねじ

ABM490

用ボルト SNR490B

490

以上

ABM520SUS

用ボルト

ステンレス鋼

SUS304A 520

以上

並目ねじ

a)

 SNR400B

及び SNR490B は,JIS G 3138 に規定する建築構造用圧延棒鋼を示す。ただし,ABM400 用ボルト

及び ABM490 用ボルトの場合は,降伏比を 75 %以下とする。また,SUS304A は,JIS G 4321 に規定する建

築構造用ステンレス鋼材を示す。

A.3 

ボルトの材料 

A.3.1 

炭素鋼製ボルト 

炭素鋼製ボルトに使用する材料は,JIS G 3138 に規定する SNR400B 及び SNR490B のうち,A.6.1 に規

定する機械的性質に適合するものとする。

A.3.2 

ステンレス鋼製ボルト 

ステンレス鋼製ボルトに使用する材料は,JIS G 4321 に規定する SUS304A とする。

A.4 

ボルトの形状及び寸法 

A.4.1 ABR400

用ボルト,ABR490 用ボルト及び ABR520SUS 用ボルトの形状及び寸法 

ABR400

用ボルト,ABR490 用ボルト及び ABR520SUS 用ボルトの形状及び寸法は,

表 A.4 によって測定

したときに,

表 A.2 の規定に適合しなければならない。また,ねじ部の端面には,ねじのはめあいを確保

するために必要な量の面取り加工を施す。


11

B 1220

:2015

表 A.2ABR400 用ボルト,ABR490 用ボルト及び ABR520SUS 用ボルトの形状及び寸法 

単位  mm

ねじの

呼び

d

ねじの 
ピッチ

p

軸部径

a)

d

s

長さ

c)

l

t

ねじ部長さ

c)

b

基準寸法

最大

最小

最大

偏径差

b)

最小

許容差

最小

許容差

M16 2.0 14.54

14.66

14.41

0.29

400

+10

0

48

+8

0

M18 2.5 16.20

16.33

16.07

0.29

450

54

M20 2.5 18.20

18.33

18.07

0.30

500

60

M22 2.5 20.20

20.33

20.07

0.30

550

66

M24 3.0 21.85

22.00

21.69

0.36

600

72

+10

0

M27 3.0 24.85

25.00

24.69

0.36

675

81

M30 3.5 27.51

27.67

27.34

0.38

750

90

M33 3.5 30.51

30.67

30.34

0.38

825

99

M36 4.0 33.17

33.34

32.99

0.40

900

108

+13

0

M39 4.0 36.17

36.34

35.99

0.40

975

117

M42 4.5 38.83

39.01

38.64

0.43

1

050

+20

0

126

M45 4.5 41.83

42.01

41.64

0.43

1

125

135

M48 5.0 44.48

44.68

44.28

0.46

1

200

144

a)

軸部径(d

s

)は,同一断面における対辺距離の最大値と最小値とを算術平均した値で表し,その平均値がこの

表の最大以下,最小以上でなければならない。

b)

軸部径(d

s

)の最大偏径差は,同一断面における対辺距離の最大値と最小値との差で表す。

c)

長さ(l

t

)及びねじ部長さ(b)は,それぞれ 25 以上及び 3 以上で,また,軸部長さ(l

s

)は,15 以上で

なければならない。長さ及びねじ部長さの許容差は,この表の規定に適合しなければならない。

A.4.2 ABM400

用ボルト,ABM490 用ボルト及び ABM520SUS 用ボルトの形状及び寸法 

ABM400

用ボルト,ABM490 用ボルト及び ABM520SUS 用ボルトの形状及び寸法は,

表 A.4 によって測

定したときに,

表 A.3 の規定に適合しなければならない。また,ねじ部の端面には,ねじのはめあいを確

保するために必要な量の面取り加工を施す。


12

B 1220

:2015

表 A.3ABM400 用ボルト,ABM490 用ボルト及び ABM520SUS 用ボルトの形状及び寸法 

単位  mm

ねじの

呼び

d

ねじの

ピッチ

d)

p

軸部径

a)

d

s

長さ

c)

l

t

ねじ部長さ

c)

b

基準寸法

最大

最小

最大

偏径差

b)

最小

許容差

最小

許容差

M24 2.0

(3.0)  24.0

24.3  23.7

0.4

600

+10

0

72

+10

0

M27 2.0

(3.0)  27.0

27.3  26.7

675

81

M30 2.0

(3.5)  30.0

30.3  29.7

750

90

M33 2.0

(3.5)  33.0

33.3  32.7

825

99

M36 3.0

(4.0)  36.0

36.5  35.6

0.5

900 108

+13

0

M39 3.0

(4.0)  39.0

39.5  38.6

975

117

M42

3.0 (4.5)

42.0

42.5

41.6

1 050

+20

0

126

M45 4.0

(4.5)  45.0

45.5  44.5

0.6

1 125

135

M48

4.0 (5.0)

48.0

48.5

47.5

1 200

144

M52 4.0  52.0 52.5

51.5

1

300

156

M56 4.0  56.0 56.5

55.5

1

400

168

M60 4.0  60.0 60.5

59.5

1

500

180

M64 4.0  64.0 64.5

63.5

1

600

192

M68 4.0  68.0 68.5

67.5

1

700

204

M72 6.0  72.0 73.0

71.4

0.8

1 800

+20

0

216

+13

0

M76 6.0  76.0 77.0

75.4

1

900

228

M80 6.0  80.0 81.0

79.4

2

000

240

M85 6.0  85.0 86.0

84.4

2

125

255

M90 6.0  90.0 91.0

89.4

2

250

270

M95 6.0  95.0 96.0

94.4

2

375

285

M100 6.0 100  101  99.4

2

500

300

a)

軸部径(d

s

)は,同一断面における対辺距離の最大値と最小値とを算術平均した値で表し,その平均値がこの

表の最大以下,最小以上でなければならない。

b)

軸部径(d

s

)の最大偏径差は,同一断面における対辺距離の最大値と最小値との差で表す。

c)

長さ(l

t

)及びねじ部長さ(b)は,それぞれ 25 以上及び 3 以上で,また,軸部長さ(l

s

)は,15 以上で

なければならない。長さ及びねじ部長さの許容差は,この表の規定に適合しなければならない。

d)

括弧内の数値は,ABM520SUS に対する値を示す。

A.5 

ボルトのねじ部 

A.5.1 

炭素鋼製ボルト 

炭素鋼製ボルトのねじ部は,A.9.2 で測定したとき,次の規定に適合しなければならない。

a) ABR400

用ボルト及び ABR490 用ボルトのねじ部は,JIS B 0205-2 に規定するメートル並目ねじで,

JIS B 0205-4

に規定する基準寸法とする。

ねじの公差域クラスは,

JIS B 0209-3

に規定する 8 g とする。

b) ABM400

用ボルト及び ABM490 用ボルトのねじ部は,JIS B 0205-2 に規定するメートル細目ねじで,

JIS B 0205-4

に規定する基準寸法とする。

ねじの公差域クラスは,

JIS B 0209-3

に規定する 8 g とする。


13

B 1220

:2015

A.5.2 

ステンレス鋼製ボルト 

ステンレス鋼製ボルトのねじ部は,A.9.2 で測定したとき,次の規定に適合しなければならない。

ステンレス鋼製ボルトのねじ部は,JIS B 0205-2 に規定するメートル並目ねじで,JIS B 0205-4 に規定す

る基準寸法とする。ねじの公差域クラスは,JIS B 0209-3 に規定する 8 g とする。

A.6 

ボルトの機械的性質 

A.6.1 

炭素鋼製ボルト 

炭素鋼製ボルトの機械的性質は,A.9.3.1 で試験したとき,JIS G 3138 の 6.1(降伏点又は耐力,引張強

さ,降伏比及び伸び)及び 6.2(シャルピー吸収エネルギー)に規定する SNR400B 及び SNR490B の規定

値に適合しなければならない。ただし,ABM400 用ボルト及び ABM490 用ボルトの降伏比は,75 %以下で

なければならない。

A.6.2 

ステンレス鋼製ボルト 

ステンレス鋼製ボルトの機械的性質は,A.9.3.2 で試験したとき,JIS G 4321 の 5.(機械的性質)に規定

する SUS304A の規定値に適合しなければならない。

A.7 

ボルトの表面処理 

A.7.1 ABR400

用ボルト及び ABR490 用ボルトの表面処理 

ABR400

用ボルト及び ABR490 用ボルトに表面処理を施す場合は,電気めっき又は溶融亜鉛めっきとす

る。ただし,溶融亜鉛めっきを施す要求がある場合は,溶融亜鉛めっきを施す前のねじの公差域クラスが

A.5

に規定する 8 g を確保できるようにする。溶融亜鉛めっきは,ナットのはめあいを考慮して,JIS H 8641

に規定する HDZ 35 とする。

A.7.2 ABM400

用ボルト及び ABM490 用ボルトの表面処理 

ABM400

用ボルト及び ABM490 用ボルトの表面処理にめっきを施す場合は,電気めっきとする。

A.8 

ボルトの外観 

ボルトの外観は,A.9.4 で試験したとき,使用上有害なきず,かえり,ばりなどの表面欠陥があってはな

らない。また,ステンレス鋼製品には,ねじ加工時に付着した切削油などが残っていてはならない。

A.9 

ボルトの試験 

A.9.1 

寸法 

寸法は,

表 A.4 による。


14

B 1220

:2015

表 A.4−寸法測定方法 

測定部位

測定箇所

測定器具

軸部径(d

s

軸中央部の 1 か所

JIS B 7502

に規定する目量が 0.01 mm のマイクロメータ

長さ(l

t

ボルト端部間の 1 か所

JIS B 7512

に規定する目量が 1 mm の鋼製巻尺,

JIS B 7516

に規定する目量が 1 mm の金属製直尺又は

JIS B 7507

に規定するノギス

ねじ部長さ(b

不完全ねじ部を除く両端ねじ部の 2 か所

JIS B 7512

に規定する目量が 1 mm の鋼製巻尺,

JIS B 7516

に規定する目量が 1 mm の金属製直尺又は

JIS B 7507

に規定するノギス

A.9.2 

ねじ 

ねじは,JIS B 1071 の箇条 4(測定方法)の規定によって有効径及び外径を測定し,公差域クラスを確

認する。

A.9.3 

ボルトの機械的性質 

A.9.3.1 

炭素鋼製ボルトの機械的性質 

炭素鋼製ボルトの機械的性質は,ねじ加工後ではなく,JIS G 3138 の 10.2(機械試験)の規定によって

試験した鋼材の検査成績書で確認する。

A.9.3.2 

ステンレス鋼製ボルトの機械的性質 

ステンレス鋼製ボルトの機械的性質は,ねじ加工後ではなく,JIS G 4321 の 13.(試験)の規定によって

試験した鋼材の検査成績書で確認する。

A.9.4 

外観 

外観は,目視による。

A.10 

ボルトの検査 

ボルトの検査は,合理的な抜取検査方式を用いて A.9 の試験を行い,A.4A.8 の規定に適合しているも

のを合格とする。

なお,A.9.1 で測定した寸法は,その値の全てが

表 A.2 又は表 A.3 に適合しなければならない。


15

B 1220

:2015

附属書 B

(規定)

構造用六角ナット

B.1 

一般 

この附属書は,構造用アンカーボルトセットに使用する構造用六角ナット(以下,ナットという。

)の特

性について規定する。

B.2 

ナットの種類 

ナットの種類は,材料によって区分し,

表 B.1 による。

表 B.1−ナットの種類 

ナットの種類

ナットの材料

ねじの種類

ねじの公差域クラス

ナットの強度区分

構造用六角ナット

炭素鋼

並目ねじ

7H

5J

細目ねじ

構造用六角ナット SUS

ステンレス鋼

並目ねじ 50

B.3 

ナットの材料 

B.3.1 

炭素鋼製ナット 

炭素鋼製ナットの材料は,

表 B.5 に規定する機械的性質に適合するものとする。

B.3.2 

ステンレス鋼製ナット 

ステンレス鋼製ナットの材料は,

表 B.6 に規定する機械的性質に適合するものとする。また,その化学

成分は,

表 B.2 に示すものでなければならない。

なお,化学成分は,JIS G 0320 による分析方法を用いて分析した鋼材の検査成績書又はこれに代わる分

析方法を用いて分析した検査成績書で確認する。

表 B.2−ステンレス鋼製ナットの化学成分 

単位  %

強度

区分

鋼種

区分

C Si Mn P  S Ni Cr Mo

Cu

50 A2 0.10

以下

1.0

以下

2.0

以下

0.05

以下

0.03

以下

8.0

19.0

15.0

20.0

− 4.0

以下

B.4 

ナットの形状及び寸法 

ナットの形状及び寸法は,B.9.1 で測定したとき,

表 B.3 の規定に適合しなければならない。


16

B 1220

:2015

表 B.3−ナットの形状及び寸法 

単位  mm

ねじの

呼び

D

ねじの

ピッチ

p

ナットの高さ

m

ナットの二面幅

S

対角距離

e

ねじ穴の偏心

AB

座面の傾き

E

及び

側面の傾き

F

並目

細目

基準寸法

許容差

基準寸法

許容差

参考

最大値(参考)  最大値(参考)

M16 2

− 13

±0.9

24

0

−0.8

27.7 1.1

2

°

M18 2.5

− 15

27

31.2

1.2

M20 2.5

− 16

30

34.6

1.4

M22 2.5

− 18

32

0

−1

37 1.5

M24 3

2

19

±1.0

36 41.6

1.6

M27 3

2

22

41

47.3

2

M30 3.5  2

24

46

53.1

2.2

M33 3.5  2

26

50

57.7

2.4

M36 4

3

29

55

0

−1.2

63.5 2.6

M39 4

3

31

±1.2

60 69.3

2.8

M42 4.5  3

34

65

75

3.1

M45 4.5  4

36

70

80.8

3.3

M48 5

4

38

75

86.5

3.6

M52 5

4

42

80

92.4

3.8

M56 5.5  4

45

85

0

−1.4

98.1 4.1

M60 5.5  4

48

90

104

4.3

M64 6

4

51

±1.5

95 110

4.6

M68 6

4

54

100

115

4.8

M72

− 6

58

105

121

5.0

M76

− 6

61

110

127

5.3

M80

− 6

64

115

133

5.5

M85

− 6

68

120

139

5.8

M90

− 6

72

130

0

−1.6

150 6.2

M95

− 6

76

135

156

6.5

M100

− 6

80

145

167

6.8

B.5 

ナットのねじ 

ナットのねじは,B.9.2 で測定したとき,次の規定に適合しなければならない。

a)

ナットのねじは,JIS B 0205-2 に規定するメートル並目ねじ及びメートル細目ねじとし,JIS B 0205-4

に規定する基準寸法とする。ねじの精度は,JIS B 0209-3 に規定するねじの公差域クラス 7H とする。


17

B 1220

:2015

b)

溶融亜鉛めっきを施す場合のナットのねじは,JIS B 0205-2 に規定するメートル並目ねじに

表 B.4 

規定するオーバタップを施したものとする。溶融亜鉛めっきを施す前のねじの精度は,JIS B 0209-3

に規定するねじの公差域クラス 7H とする。

表 B.4−溶融亜鉛めっき施工前のねじのピッチ及びオーバタップ量 

単位  mm

ねじの呼び

d

ねじのピッチ

p

オーバタップ量

M16 2.0

+0.8

M18

,M20,M22 2.5

M24

,M27 3.0

M30

,M33 3.5

+1.0

M36

,M39 4.0

M42

,M45 4.5

M48 5.0

B.6 

ナットの機械的性質 

B.6.1 

炭素鋼製ナット 

炭素鋼製ナットの機械的性質は,B.9.3 で試験したとき,

表 B.5 の規定に適合しなければならない。

なお,保証荷重値の規定は,ねじの呼びが M39 までとし,ねじの呼びが M42 以上は硬さ規定による。

表 B.5−炭素鋼製ナットの機械的性質 

強度区分

保証荷重値(N/mm

2

硬さ(HV)

5J 610

146

∼319

B.6.2 

ステンレス鋼製ナット 

ステンレス鋼製ナットの機械的性質は,

B.9.4

で試験したとき,

表 B.6 の規定に適合しなければならない。

なお,

表 B.6 の鋼種区分及び強度区分は,JIS B 1054-2 の規定による。

表 B.6−ステンレス鋼製ナットの機械的性質 

鋼種区分

強度区分

保証荷重値(N/mm

2

A2 50 500

B.7 

ナットの表面処理 

ナットに表面処理を施す場合は,電気めっき又は溶融亜鉛めっきとする。溶融亜鉛めっきは,ねじのは

めあいを考慮して,JIS H 8641 に規定する HDZ 35 とする。

B.8 

ナットの外観 

ナットの外観は,B.9.5 で試験したとき,割れ,かえり,使用上有害なきず,ばりなどの欠陥があっては

ならない。


18

B 1220

:2015

B.9 

ナットの試験 

B.9.1 

寸法 

ナットの寸法は,JIS B 7507 に規定する目量が 0.05 mm のノギスを用いて,

表 B.3 に規定するナットの

高さ(

m

)の寸法を 120°間隔に 3 か所測定する。また,

表 B.3 に規定するナットの二面幅(

S

)の寸法を

3

か所測定する。

B.9.2 

ねじ 

ねじは,JIS B 1071 の箇条 4(測定方法)の規定によって有効径及び内径を測定し,公差域クラスを確

認する。

B.9.3 

炭素鋼製ナットの機械的性質 

炭素鋼製ナットの機械的性質の試験は,JIS B 1052-2 による。

B.9.4 

ステンレス鋼製ナットの機械的性質 

ステンレス鋼製ナットの機械的性質の試験は,JIS B 1054-2 の箇条 7(試験方法)による。

B.9.5 

外観 

外観は,目視による。

B.10 

ナットの検査 

ナットの検査は,合理的な抜取検査方式を用いて,B.9 で試験したとき B.4B.8 の規定に適合している

ものを合格とする。

なお,B.9.1 で測定した寸法は,その値の全てが

表 B.3 に適合しなければならない。

B.11 

ナットの呼び方 

ナットの呼び方は,規格番号,ナットの種類,ねじの種類,ねじの呼び及び強度区分とする。表面処理

を施す場合は,表面処理の記号を末尾に追記する。

ナットの呼び方を,

例 1∼例 に示す。

例 1  構造用転造ねじアンカーボルト ABR490 用構造用六角ナットの M30 の場合

          JIS B 1220    構造用六角ナット  並目ねじ  M30−5J

強度区分

ねじの呼び

ねじの種類

ナットの種類

規格番号


19

B 1220

:2015

例 2  構造用転造ねじアンカーボルト ABR400 用構造用六角ナットの M24 で表面処理が溶融亜鉛めっ

きの場合

          JIS B 1220    構造用六角ナット  並目ねじ  M24−5J  HDZ 35

表面処理の記号

強度区分

ねじの呼び

ねじの種類

ナットの種類

規格番号

例 3  構造用切削ねじアンカーボルト ABM490 用構造用六角ナットの M48 で表面処理が電気めっき

の場合

          JIS B 1220    構造用六角ナット  細目ねじ  M48−5J    EP

表面処理の記号

強度区分

ねじの呼び

ねじの種類

ナットの種類

規格番号

B.12 

ナットの表示 

B.12.1 

ナットの表示 

ナットには,次の事項を容易に消えない方法で,見やすい箇所に表示しなければならない。

a)

ナットの強度区分

b)

製造業者の略号

B.12.2 

包装の表示 

包装には,次の事項を明瞭に表示する。

a)

ナットの呼び方

b)

数量

c)

製造業者名又はその略号


20

B 1220

:2015

附属書 C 
(規定)

構造用平座金

C.1 

一般 

この附属書は,構造用アンカーボルトセットに使用する構造用平座金(以下,座金という。

)の特性につ

いて規定する。

C.2 

座金の種類 

座金の種類は,材料によって区分し,

表 C.1 による。

表 C.1−座金の種類 

座金の種類

材料

硬さ区分

構造用平座金

炭素鋼

200J

構造用平座金 SUS

ステンレス鋼

C.3 

座金の材料 

C.3.1 

炭素鋼製座金 

炭素鋼製座金の材料は,

表 C.4 に規定する機械的性質に適合するものとする。

C.3.2 

ステンレス鋼製座金 

ステンレス鋼製座金の材料は,鋼種区分を JIS B 1054-1 に規定する A2,A4,F1,C1,C4 とし,

表 C.4

に規定する機械的性質に適合するものとする。また,その化学成分は,

表 C.2 に示すものでなければなら

ない。

なお,化学成分は,JIS G 0320 による分析方法を用いて分析した鋼材の検査成績書又はこれに代わる分

析方法を用いて分析した検査成績書で確認する。

表 C.2−ステンレス鋼製座金の化学成分 

単位  %

鋼種

区分

C Si

Mn P

S  Ni  Cr Mo

Cu

A2 0.10

以下 1.0 以下 2.0 以下 0.05 以下 0.03 以下

8.0

∼19.0

15.0

∼20.0

− 4.0 以下

A4 0.08

以下 1.0 以下 2.0 以下 0.045 以下

0.03

以下

10.0

∼15.0

16.0

∼18.5 2.0∼3.0 4.0 以下

F1 0.12

以下 1.0 以下 1.0 以下 0.04 以下 0.03 以下

1.0

以下 15.0∼18.0

C1 0.09

∼0.15 1.0 以下 1.0 以下 0.05 以下 0.03 以下

1.0

以下 11.5∼14.0

C4 0.08

∼0.15 1.0 以下 1.5 以下 0.06 以下 0.15∼0.35

1.0

以下 12.0∼14.0 0.6 以下

C.4 

座金の形状及び寸法   

座金の形状及び寸法は,C.8.1 で測定したとき,

表 C.3 の規定に適合しなければならない。


21

B 1220

:2015

表 C.3−座金の形状及び寸法 

単位  mm

ボルトの

ねじの呼び

座金の内径

d

座金の外径

D

座金の厚さ

a)

t

穴の偏心

ab

基準寸法

許容差

基準寸法

許容差

基準寸法

許容差

最大値(参考)

M16 18

+0.8

0

32

0

−1.0

4.5

(5)

±0.5

1.5

M18 20

36

M20 22

40

M22 24

44

6

±0.7

M24 26

48

M27 30

56

M30 33

+1.0

0

60

0

−1.2

8

M33 36

63

M36 39

66

M39 42

72

M42 45

78

M45 48

85

0

−1.4

2.0

M48 52

+1.2

0

92

M52 56

98

M56 60

+3.0

0

105

0

−3.0

9

±1.0

M60 64

110

M64 68

115

M68 72

120

12

±1.4

M72 76

125

2.5

M76 80

135

M80 84

140

M85 89

145

M90 94

160

M95 99

165

3.0

M100 104

175

16

a)

座金の厚さの括弧内の数値は,ステンレス鋼製座金の場合の値を示す。

C.5 

座金の機械的性質 

炭素鋼製座金及びステンレス鋼製座金の機械的性質は,C.8.2 で試験したとき,

表 C.4 の規定に適合しな

ければならない。

なお,硬さは,ビッカース硬さ又はロックウェル硬さのいずれかに適合しなければならない。


22

B 1220

:2015

表 C.4−炭素鋼製座金及びステンレス鋼製座金の機械的性質 

硬さ区分

硬さ

ビッカース硬さ

ロックウェル硬さ

最小

最大

最小

最大

200J 200HV  400HV 11HRC

41HRC

C.6 

座金の表面処理 

座金に表面処理を施す場合は,電気めっき又は溶融亜鉛めっきとする。ただし,溶融亜鉛めっきを施す

必要がある場合は,JIS H 8641 に規定する HDZ 35 とする。

C.7 

座金の外観 

座金の外観は,C.8.3 で試験したとき,割れ,かえり,使用上有害なきず,ばりなどの欠陥があってはな

らない。

C.8 

座金の試験 

C.8.1 

寸法 

座金の寸法は,

表 C.3 に規定した座金の内径(

d

)及び座金の外径(

D

)を,JIS B 7507 に規定する目量

が 0.05 mm のノギスを用い,直交する 2 方向を測定する。また,

表 C.3 に規定した座金の厚さ(

t

)は,JIS 

B 7507

に規定する目量が 0.05 mm のノギス又は JIS B 7502 に規定する目量が 0.01 mm の外側マイクロメー

タを用い,120°間隔の 3 点を測定する。

なお,

表 C.3 に規定した座金の厚さ(

t

)は,座金の外径側で,反り,だれ,ばりなどを含まないように

測定する。

C.8.2 

座金の機械的性質 

ビッカース硬さ試験は,JIS Z 2244 による。また,試験力は HV30 とする。ロックウェル硬さ試験は,

JIS Z 2245

による。座金の座面における 120°間隔の 3 点の硬さを測定し,その平均値を座金の硬さとす

る。

C.8.3 

外観 

外観は,目視による。

C.9 

座金の検査 

座金の検査は,合理的な抜取検査方式を用いて,C.8 で試験したとき C.4C.7 の規定に適合しているも

のを合格とする。

なお,C.8.1 で測定した寸法は,その値の全てが

表 C.3 に適合しなければならない。

C.10 

座金の呼び方 

座金の呼び方は,規格番号,座金の種類,ボルトのねじの呼び及び硬さ区分とする。表面処理にめっき

を施す場合は,表面処理の記号を末尾に追記する。

座金の呼び方を,

例 1∼例 に示す。


23

B 1220

:2015

例 1  構造用切削両ねじアンカーボルト ABM520SUS 用ステンレス鋼製構造用座金の M30 の場合

          JIS B 1220    構造用平座金 SUS  M30−200J

硬さ区分

ボルトのねじの呼び

座金の種類

規格番号

例 2  構造用転造両ねじアンカーボルト ABR490 用炭素鋼製構造用座金の M24 に表面処理が溶融亜鉛

めっきの場合

          JIS B 1220    構造用平座金  M24−200J  HDZ 35

表面処理の記号

硬さ区分

ボルトのねじの呼び

座金の種類

規格番号

例 3  構造用転造両ねじアンカーボルト ABR400 用炭素鋼製構造用座金の M16 に表面処理が電気めっ

きの場合

          JIS B 1220    構造用平座金  M16−200J    EP

表面処理の記号

硬さ区分

ボルトのねじの呼び

座金の種類

規格番号

C.11 

座金の包装の表示 

座金の包装には,次の事項を明瞭に表示する。

a)

座金の呼び方

b)

数量

c)

製造業者名又はその略号