>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 B

1213

-1995

冷間成形リベット

Cold headed rivets

1.

適用範囲  この規格は,一般に用いる冷間で成形(

1

)

した鋼製のリベット(以下,鋼リベットという。

黄銅製のリベット(以下,黄銅リベットという。

,銅製のリベット(以下,銅リベットという。

)及びアル

ミニウム製のリベット(以下,アルミニウムリベットという。

)について規定する。

(

1

)

冷間で,塑性加工によって頭部を成形することをいい,冷間で,かしめ成形することを意味す

るものではない。

備考1.  この規格で鋼リベット,黄銅リベット,銅リベット及びアルミニウムリベットを総称する場

合は,単にリベットという。

2.

この規格の引用規格を,次に示す。

JIS G 3505

  軟鋼線材

JIS G 3539

  冷間圧造用炭素鋼線

JIS H 3260

  銅及び銅合金線

JIS H 4040

  アルミニウム及びアルミニウム合金の棒及び線

JIS Z 2201

  金属材料引張試験片

JIS Z 2241

  金属材料引張試験方法

2.

種類  リベットの種類は,頭部の形状によって,丸リベット,小形丸リベット,皿リベット,薄平リ

ベット及びなべリベットの 5 種類とする。

3.

機械的性質

3.1

頭部のじん性  リベットを 7.(1)(a)の規定によって試験したとき,頭部と軸部との付け根で切損した

り,首下丸み部に割れが生じてはならない。

3.2

軸部のじん性  リベットを 7.(1)(b)の規定によって試験したとき,偏平にした試験片の周辺に割れが

生じてはならない。

4.

形状・寸法  リベットの形状及び寸法は,表 による。

表 1  形状・寸法

種類

形状・寸法

丸リベット

付表 1

小形丸リベット

付表 2

皿リベット

付表 3

薄平リベット

付表 4

なべリベット

付表 5


2

B 1213-1995

5.

外観  リベットの表面は,滑らかで,割れ及び使用上有害なきず,かえり,ばり,はく離などの欠陥

があってはならない。

6.

材料  リベットの材料は,表 による。ただし,この表以外の材料を使用する場合は,受渡当事者間

の協定による。

表 2  材料

区分

材料

材料の引張強さ

N/mm

2

鋼リベット

JIS G 3505

又は JIS G 3539 

SWCH6R

∼SWCH17R

343

以上

黄銅リベット

JIS H 3260

の C2600W,C2700W 又は

C2800W

275

以上

銅リベット

JIS H 3260

の C1100W 198 以上

アルミニウムリベット

JIS H 4040

78

以上

7.

検査  リベットの検査は,次による。

なお,ロット検査における抜取検査方式は,受渡当事者間の協定による。

(1)

機械的性質検査  機械的性質検査は,次による。

(a)

頭部のじん性  リベットを,図 のように垂直線に対して 10 度傾斜した試験用ジグの穴に差し込み,

その座面が平面に密着するまで頭部を常温で打撃したとき,3.1 の規定に適合しなければならない。

図 1  頭部のじん性検査

試験用ジグの穴径

単位 mm

呼び径

穴径

d'

呼び径

穴径

d'

呼び径

穴径

d'

呼び径

穴径

d'

1 1

20

.

0

10

.

0

+

+

 2.5  2.5

26

.

0

16

.

0

+

+

 6

6

43

.

0

31

.

0

+

+

 18  18

075

.

1

895

.

0

+

+

1.2 1.2

21

.

0

11

.

0

+

+

 2.6  2.6

26

.

0

16

.

0

+

+

 8

8

55

.

0

40

.

0

+

+

 19  19

12

.

1

91

.

0

+

+

1.4 1.4

22

.

0

12

.

0

+

+

 3

3

28

.

0

18

.

0

+

+

 10  10

63

.

0

48

.

0

+

+

 20  20

12

.

1

91

.

0

+

+

1.6 1.6

23

.

0

13

.

0

+

+

 3.5  3.5

33

.

0

21

.

0

+

+

 12  12

755

.

0

575

.

0

+

+

 22  22

12

.

1

91

.

0

+

+

1.7 1.7

23

.

0

13

.

0

+

+

 4

4

35

.

0

23

.

0

+

+

 13  13

775

.

0

595

.

0

+

+

2 2

24

.

0

14

.

0

+

+

 4.5  4.5

37

.

0

25

.

0

+

+

 14  14

835

.

0

655

.

0

+

+

2.3 2.3

25

.

0

15

.

0

+

+

 5

5

39

.

0

27

.

0

+

+

 16  16

875

.

0

695

.

0

+

+

(b)

軸部のじん性  リベットの軸部から図 のように長さ 1.5の試験片を採取し,図 のように高さが

3

1

d

になるまで常温で軸心方向に圧縮荷重を加えたとき,3.2 の規定に適合しなければならない。


3

B 1213-1995

なお,はリベットの呼び径とする。

図 2  試験片

図 3  圧縮荷重

(2)

形状・寸法検査  形状及び寸法検査は,直接測定,限界ゲージその他の方法によって行い,4.の規定

に適合しなければならない。

(3)

外観検査  外観検査は,目視によって行い,5.の規定に適合しなければならない。

(4)

材料検査  伸線したリベットの材料検査は,JIS Z 2201 に規定する 9 号試験片を用い,JIS Z 2241 

規定する方法で行い,6.の規定に適合しなければならない。

8.

製品の呼び方  リベットの呼び方は,規格番号(

2

)

,種類(

3

)

,呼び径  (d)  ×長さ  (l)  及び材料による。

ただし,特に指定事項のある場合は,その後に付け加える。

(

2

)

規格番号は,特に必要がなければ省略してもよい。

(

3

)

呼び方に規格番号を用いない場合は,種類の名称に“冷間”と冠する。

9.

包装の表示  包装には,外面に次の事項を表示しなければならない。

(1)

種類

(2)  d

×l

(3)

材料(

4

)

(4)

数量・指定事項

(5)

製造業者名又はその略号

(

4

)

材料の表示は,材料の一般名称によるものであってもよい。


4

B 1213-1995

付表 1  丸リベット

単位 mm

1

3  4  5 6 8

10

12

2

3.5

4.5

  

14

呼び径(

5

)

3

1

基準寸法

3  3.5

4  4.5

5  6  8  10 12 13 14

軸径  (d)

許容差

+0.12

−0.03

+0.14

−0.04

+0.16

−0.04

+0.18

−0.05

+0.2

−0.05

+0.24

−0.06

+0.32

−0.08

+0.4

−0.08

+0.48

−0.08

+0.5

−0.08

+0.56

−0.1

基準寸法  5.7 6.7

7.2

8.1

9  10 13.3

16 19 21 22

頭部直径  (d

k

)

許容差

±0.2

±0.3

基準寸法 2.1

2.5

2.8

3.2

3.5

4.2

5.6

7 8 9 10

頭部高さ  (K)

許容差

±0.15

±0.2

±0.25

首下の丸み(r)(

6

)

最大

0.15 0.18

0.2

0.23

0.25

0.3

0.4

0.5  0.6 0.65 0.7

A

B

最大 0.2  0.3

0.4

0.5

0.7

E

最大

2

°

穴の径  (d

1

)

(参考) 3.2

3.7

4.2

4.7

5.3

6.3

8.4

10.6

12.8

13.8

15

4

4

4

   

 5

 5

 5

 5

 5

 6

 6

 6

 6

 6

 6

 7

 7

 7

 7

 7

 7

 8

 8

 8

 8

 8

 8

 8

 9

 9

 9

 9

 9

 9

 9

10 10 10 10 10 10 10 10

11 11 11 11 11 11 11 11

12 12 12 12 12 12 12 12 12

13 13 13 13 13 13 13 13 13

14 14 14 14 14 14 14 14 14 14 14

15 15 15 15 15 15 15 15 15 15 15

16 16 16 16 16 16 16 16 16 16 16

18 18 18 18 18 18 18 18 18 18 18

20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20

  22 22 22 22 22 22 22 22 22 22

  24 24 24 24 24 24 24 24 24

  26 26 26 26 26 26 26 26

  28 28 28 28 28 28 28

  30 30 30 30 30 30 30

  32 32 32 32 32 32

  34 34 34 34 34 34

  36 36 36 36 36 36

長さ  (l)

基準寸法

  

38

38

38

38

38


5

B 1213-1995

  

40

40

40

40

40

  

42

42

42

42

  

45

45

45

45

  

48

48

48

48

  

50

50

50

50

      

52

52

52

      

55

55

55

      

58

58

58

      

60

60

60

6

6

6

6

基準寸法

7

4

以下

+0.4 
  0

4

を超え

10

以下

+0.5 
  0

+0.7 
  0

10

を超え

20

以下

+0.6 
  0

+0.8 
  0

20

を超え

40

以下

+0.8 
  0

+1.0 
  0

長さ  (l)

l


40

を超え

るもの



+1.0 
  0

+1.0 
  0


6

B 1213-1995

単位 mm

1

欄  16    20

2

欄   18    22

呼び径  (

5

)

3

19

基準寸法 16 18 19 20 22

軸径  (d)

許容差

+0.6

−0.15

+0.8

−0.2

基準寸法 26 29 30 32 35

頭部直径  (d

K

)

許容差

±0.4

基準寸法  11 12.5 13.5 14 15.5

頭部高さ  (K)

許容差

±0.3

首下の丸み(r)(

6

)

最大

0.8 0.9

0.95 1.0 1.1

A

B

最大

0.8 0.9

0.9 1.0 1.1

E

最大

2

°

穴の径  (d

1

)

(参考)  17  19.5 20.5 21.5 23.5

18

  

20

20

 

22 22

22

24

24

 24

 24

26

26

 26

 26

28

28

 28

 28

 28

30

30

 30

 30

 30

32

32

 32

 32

 32

34

34

 34

 34

 34

36

36

 36

 36

 36

長さ  (l)

基準寸法

38

38

 38

 38

 38

40

40

 40

 40

 40

42

42

 42

 42

 42

45

45

 45

 45

 45

48

48

 48

 48

 48

50

50

 50

 50

 50

52

52

 52

 52

 52

55

55

 55

 55

 55

58

58

 58

 58

 58

60

60

 60

 60

 60

62

62

 62

 62

 62

65

65

 65

 65

 65

68

68

 68

 68

 68

70

70

 70

 70

 70

72

72

 72

 72

 72

75

75

 75

 75

 75

80

80

 80

 80

 80

85

 85

 85

 85

90

 90

 90

 90

 95

 95

 95

  100 100 100

105

105

長さ  ()

基準寸法

110

110


7

B 1213-1995

115

120

20

以下

+0.8 
  0

20

を超え

40

以下

+1.0 
  0

l


40

を超え

るもの


+1.0 
  0

(

5

)  1

欄を優先的に,必要に応じて2欄,3欄の順に選ぶ。

(

6

)  r

の数値は,首下丸みの最大であって,首下には必ず丸みを付ける。

備考1.  頭部の形状は,球の一部からなっている。

2.

長さ  (l)  は,特に必要がある場合には,指定によって上表以外のものを使用
することができる。

3.

呼び径 6mm 以上のリベットには,指定によって,次の図のような先付けを施

すことができる。


8

B 1213-1995

付表 2  小形丸リベット

単位 mm

1

1 1.2

 1.6

  2   2.5

  3    4  5

2

   1.4

           3.5

呼び径(

5

)

3

1.7

2.3

2.6

基準寸法

1 1.2

1.4

1.6

1.7

2 2.3

2.5

2.6

3 3.5 4  5

軸径  (d)

許容差

+0.04 
−0.02

+0.05
−0.02

+0.06
−0.02

+0.07 
−0.02

+0.08
−0.02

+0.09
−0.02

+0.1 
−0.03

+0.12 
−0.03

+0.14 
−0.04

+0.16
−0.04

+0.2
−0.05

基準寸法

1.8 2.2

2.5

3

3.5

4

4.5

5.2 6.2  7  8.8

頭部直径  (d

K

)

許容差

±0.1

±0.15

±0.2

±0.3

基準寸法

0.6 0.7

0.8

1

1.2

1.4

1.6

1.8 2.1 2.4

3

頭部高さ  (K)

許容差

±0.1

±0.15

首下の丸み(r(

6

)

最大

0.05 0.06

0.07

0.09

0.1

0.12

0.13

0.15 0.18  0.2

0.25

A

B

最大 0.1

0.2

0.3

E

最大

2

°

穴の径  (d

1

)

(参考)

1.1 1.3

1.5

1.7

1.8

2.1

2.4

2.7

2.8

3.2 3.7 4.2

5.3

  1.5   1.5   1.5

  2    2    2   2

 2

  2

  2.5   2.5   2.5  2.5  2.5   2.5   2.5

    3

    3

    3

  3

  3

    3

    3

    3

    3

    3

  4    4    4   4

 4

  4    4    4

  4

  4

 4

 4

  5    5    5   5

 5

  5    5    5

  5

  5

 5

 5

 5

  6    6    6   6

 6

  6    6    6

  6

  6

 6

 6

 6

  7    7    7   7

 7

  7    7    7

  7

  7

 7

 7

 7

  8    8    8   8

 8

  8    8    8

  8

  8

 8

 8

 8

  9    9    9   9

 9

  9    9    9

  9

  9

 9

 9

 9

 10   10   10  10

10

 10   10   10

 10

 10

10

10

10

 11  11

11

 11   11   11

 11

 11

11

11

11

 12  12

12

 12   12   12

 12

 12

12

12

12

13

13

 13   13   13

 13

 13

13

13

13

14

14

 14   14   14

 14

 14

14

14

14

 15   15

 15

 15

15

15

15

 16   16

 16

 16

16

16

16

 18

 18

 18

18

18

18

 20

 20

 20

20

20

20

22

22

22

24

24

6

長さ  (l)

基準寸法

8


9

B 1213-1995

基準寸法

0

2.5

以下

+0.2

  0

2.5

を超え

4

以下

+0.3

  0

+0.4

  0

4

を超え

10

以下

+0.4

  0

+0.5

  0

10

を超え

20

以下

+0.6 
  0

+0.6 
  0

20

を超え

40

以下

+0.8 
  0

+0.8 
  0

長さ  (l)

l



40

を超え

るもの


+1.0 
  0

(

5

)  1

欄を優先的に,必要に応じて2欄,3欄の順に選ぶ。

(

6

)  r

の数値は,首下丸みの最大であって,首下には必ず丸みを付ける。

備考1.  頭部の形状は,球の一部からなっている。

2.

長さ  (l)  は,特に必要がある場合には,指定によって上表以外のものを使用することができる。


10

B 1213-1995

付表 3  皿リベット

単位 mm

1

1

1.2

 1.6

 2

 2.5

 3

 4

 5

6

8

10

12

2

  1.4

       3.5

 4.5

      14

呼び径(

5

)

3

    1.7

 2.3

 2.6

         13

基準寸法 1  1.2 1.4 1.6 1.7 2  2.3 2.5 2.6

3 3.5

4 4.5

5 6 8 10

12

13

14

軸径  (d)

許容差

+0.04
−0.02

+0.05 
−0.02

+0.06 
−0.02

+0.07 
−0.02

+0.08
−0.02

+0.09
−0.02

+0.1

−0.03

+0.12
−0.03

+0.14
−0.04

+0.16
−0.04

+0.18
−0.05

+0.2

−0.05

+0.24
−0.06

+0.32 
−0.08

+0.4

−0.08

+0.48 
−0.08

+0.5

−0.08

+0.56

−0.1

基準寸法 2  2.4 2.8 3.2 3.4 4  4.6 5.0 5.2 6  7  8  9  10 12 16 16 19 21 22

頭部直径  (d

K

)

許容差

+0.3 
  0

+0.4 
  0

+0.5 
  0

+0.6 
  0

+0.7 
  0

+0.8 
  0

頭部高さ  (K)

0.5 0.6 0.7 0.8 0.9 1  1.2 1.3 1.3

1.5

1.8

2 2.3

2.5

3 4 4 5 5 6

皿の角度  (

θ

) 90

°

+2

0

75

°

+2

0

A

B

最大 0.1

0.2

0.3 0.4

0.5

0.7

E

最大

2

°

穴の径  (d

1

)

(参考) 1.1 1.3 1.5 1.7 1.8 2.1 2.4 2.7 2.8 3.2 3.7 4.2 4.7 5.3 6.3 8.4 10.6

12.8

13.8

15

  .

2.5

2.5

2.5

2.5

2.5

            

3

3

3

3

3

3

           

 4

 4

 4

 4

 4

 4

 4

 4

 4

 5

 5

 5

 5

 5

 5

 5

 5

 5

 5

 5

 6

 6

 6

 6

 6

 6

 6

 6

 6

 6

 6

 6

 6

 7

 7

 7

 7

 7

 7

 7

 7

 7

 7

 7

 7

 7

 8

 8

 8

 8

 8

 8

 8

 8

 8

 8

 8

 8

 8

 8

 9

 9

 9

 9

 9

 9

 9

 9

 9

 9

 9

 9

 9

 9

 9

10 10 10 10 10 10 10 10 10 10 10 10 10 10 10 10

11 11 11 11 11 11 11 11 11 11 11 11 11 11

12 12 12 12 12 12 12 12 12 12 12 12 12 12

13 13 13 13 13 13 13 13 13 13 13 13 13

14 14 14 14 14 14 14 14 14 14 14 14 14 14

15 15 15 15 15 15 15 15 15 15 15

16 16 16 16 16 16 16 16 16 16 16 16

18 18 18 18 18 18 18 18 18 18 18 18

         20

20

20

20

20

20

20

20

20

20

20

          22

22

22

22

22

22

22

22

22

22

           24

24

24

24

24

24

24

24

24

            26

26

26

26

26

26

26

26

             28

28

28

28

28

28

28

             30

30

30

30

30

30

30

              32

32

32

32

32

32

長さ  (l)

基準寸法

              34

34

34

34

34

34


11

B 1213-1995

              36

36

36

36

36

36

               38

38

38

38

38

               40

40

40

40

40

                42

42

42

42

                45

45

45

45

                48

48

48

48

                50

50

50

50

5

5

5

5

5

5

5

5

5

6

6

6

6

6

6

6

6

7

基準寸法

4

以下

+0.3 
  0

+0.4 
  0

4

を超え

10

以下

+0.4 
  0

+0.5 
  0

10

を超え

20

以下

+0.6

  0

+0.6

  0

20

を超え

40

以下

+0.8

  0

+0.8

  0

長さ  (l)

  l


40

を超え

るもの



+1.0 
  0

+0.7 
  0 
+0.8

  0 
+1.0 
  0

+1.0 
  0

(

5

)  1

欄を優先的に,必要に応じて2欄,3欄の順に選ぶ。

備考1.  長さ  (l)  は,特に必要がある場合には,指定によって上表以外のものを使用することができる。 

2.

呼び径 6mm 以上のリベットには,指定によって,右図のような先付けを施すことができる。


12

B 1213-1995

付表 4  薄平リベット

単位 mm

1

2

2.5

 3  4  5 6

2

3.5

4.5

呼び径(

5

)

3

2.3

2.6

   

基準寸法  2 2.3

2.5

2.6

3 3.5 4 4.5 5  6

軸径  (d)

許容差

+0.08 
−0.02

+0.09
−0.02

+0.1 
−0.03

+0.12
−0.03

+0.14
−0.04

+0.16 
−0.04

+0.18 
−0.05

+0.2

−0.05

+0.24
−0.06

基準寸法  4 4.6

5.0

5.2

6 7 8 9 10

12

頭部直径  (d

K

)

許容差

  0

−0.3

  0

−0.4

  0

−0.5

基準寸法  0.7 0.8

0.9

1  1.1 1.3 1.5 1.6  2

頭部高さ  (K)

許容差

+0.2 
  0

+0.3 
  0

+0.4 
  0

首 下 の 丸 み   (r)

(

6

)

最大

0.1 0.12

0.13

0.15

0.18

0.2 0.23 0.25 0.3

A-B

最大 0.2  0.3

E

最大

2

°

穴の径  (d

1

)

(参考) 2.1

2.4

2.7

2.8

3.2

3.7 4.2 4.7 5.3 6.3

  .

  .

  3

  3

 3

 3

 3

  4

  4

 4

 4

 4

 4

 4

  5

  5

 5

 5

 5

 5

 5

 5

 5

  6

  6

 6

 6

 6

 6

 6

 6

 6

 6

  7

  7

 7

 7

 7

 7

 7

 7

 7

 7

  8

  8

 8

 8

 8

 8

 8

 8

 8

 8

  9

  9

 9

 9

 9

 9

 9

 9

 9

 9

10

10  10 10 10 10 10 10 10 10

11

11  11 11 11 11 11 11 11 11

12

12  12 12 12 12 12 12 12 12

13

13  13 13 13 13 13 13 13 13

14

14  14 14 14 14 14 14 14 14

15  15 15 15 15 15 15 15 15

16  16 16 16 16 16 16 16 16

  18 18 18 18 18 18 18 18

      20 20 20 20 20 20

        22 22 22 22 22

  24 24 24 24

長さ  (l)

基準寸法

     

26

26

26


13

B 1213-1995

     

28

28

     

30

30

3

3

3

基準寸法

4

以下

+0.3

  0

+0.4

  0

4

を超え

10

以下

+0.4

   0

+0.5

  0

+0.7

  0

10

を超え

20

以下

+0.6 
   0

+0.6 
  0

+0.8 
  0

20

を超え

40

以下

+0.8 
   0

+0.8 
  0

+1.0 
  0

長さ  (l)

l



40

を超え

るもの


+1.0 
  0

+1.0 
  0

(

5

)  1

欄を優先的に,必要に応じて2欄,3欄の順に選ぶ。

(

6

)  r

の数値は,首下丸みの最大であって,首下には必ず丸みを付ける。

備考1.  長さ  (l)  は,特に必要がある場合には,指定によって上表以外のものを使用することができる。

2.

呼び径 6mm のリベットには,指定によって,次の図のような先付けを施すことができる。

付表 5  なべリベット

単位 mm

1

欄 3    4  5  6

呼び径(

5

)

2

欄   3.5

基準寸法 3

3.5

4

5

6

軸径  (d)

許容差

+0.12 
−0.03

+0.14 
−0.04

+0.16 
−0.04

+0.2 
−0.05

+0.24 
−0.06

基準寸法 6

7

8

9.5  10.8

頭部直径  (d

K

)

許容差

+0.3 
−0.2

+0.4 
−0.3

基準寸法

1.7 1.9 2.2 2.8 3.3

頭部高さ  (K)

許容差

+0.2

−0.1

+0.3

−0.2

首 下 の 丸 み   (r)

(

6

)

最大

  0.15

  0.18

  0.2

  0.25

  0.3

r

f1

10.5 12.3 14 17.5 21

r

f2

 1.5

 1.8

 2

 2.7

  3.2


14

B 1213-1995

A

B

最大

0.2

0.3

E

最大

2

°

穴の径  (d

1

)

(参考)

3.2 3.7 4.2 5.3 6.3

3

 

 4

 4

 4

 5

 5

 5

 5

 6

 6

 6

 6

 6

 7

 7

 7

 7

 7

 8

 8

 8

 8

 8

 9

 9

 9

 9

 9

10 10 10 10 10

11 11 11 11 11

12 12 12 12 12

13 13 13 13 13

14 14 14 14 14

15 15 15 15 15

16 16 16 16 16

18 18 18 18 18

20 20 20 20 20

  22 22 22 22

24

24

24

26

26

28

28

長さ  (l)

基準寸法

30

30

  

32

  

34

基準寸法

  

36

4

以下

+0.4 
  0

4

を超え

10

以下

+0.5 
  0

+0.7 
  0

10

を超え

20

以下

+0.6 
  0

+0.8 
  0

20

を超え

40

以下

+0.8

  0

+1.0

  0

長さ  (l)

l


40

を超え

るもの



+1.0

  0

+1.0

  0

(

5

)  1

欄を優先的に,必要に応じて2欄,3欄の順に選ぶ。

(

6

)  r

の数値は,首下丸みの最大であって,首下には必ず丸みを付ける。

備考1.  長さ  (l)  は,特に必要がある場合には,指定によって上表以外のものを使用することができる。

2.

呼び径 6mm 以上のリベットには,指定によって,次の図のような先付けを施すことができる。