>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 1196

:2010

(1)

目  次

ページ

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  用語及び定義 

1

4

  種類

1

5

  形状・寸法 

2

6

  ねじ

2

7

  機械的性質 

2

8

  材料

3

9

  表面状態

3

10

  表面処理 

3

11

  試験・検査

3

11.1

  形状・寸法検査 

3

11.2

  ねじ検査

3

11.3

  機械的性質検査 

3

11.4

  表面状態検査 

4

12

  製品の呼び方 

4

13

  表示

4

13.1

  製品の表示 

4

13.2

  包装の表示 

4

附属書 A(参考)押込みはく離強さ及びその試験方法 

10

附属書 B(参考)トルクはく離強さ及びその試験方法

12


B 1196

:2010

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本ねじ研究協会

(JFRI)及び財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの

申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS B 1196:2001 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権及び出願公開後の実用新案登録出願にかかわる確認について,責

任はもたない。


日本工業規格

JIS

 B

1196

:2010

溶接ナット

Weld nuts

適用範囲 

この規格は,一般に用いる鋼製の溶接ナット(以下,ナットという。

)について規定する。

なお,このナットは,プロジェクション溶接又はスポット溶接して用いる。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0101

  ねじ用語

JIS B 0205-3

  一般用メートルねじ−第 3 部:ねじ部品用に選択したサイズ

JIS B 0209-3

  一般用メートルねじ−公差−第 3 部:構造体用ねじの寸法許容差

JIS B 1010

  締結用部品の呼び方

JIS B 1052-2

  締結用部品の機械的性質−第 2 部:保証荷重値規定ナット−並目ねじ

JIS B 1071

  締結用部品−精度測定方法

JIS B 1082

  ねじの有効断面積及び座面の負荷面積

JIS Z 2243

  ブリネル硬さ試験−試験方法

JIS Z 2244

  ビッカース硬さ試験−試験方法 

JIS Z 2245

  ロックウェル硬さ試験−試験方法 

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS B 0101 による。

種類 

ナットの種類は,

表 の形状と形式とを組み合わせたものとする。

なお,形式は,溶接方法,パイロットの有無及び溶接部の張出しの有無によって区分する。


2

B 1196

:2010

表 1−種類 

種類

摘要

形状

形式

溶接方法の別

パイロットの有無

張出しの有無

1A

あり

1B

六角溶接ナット

1F

プロジェクション
溶接

なし

1C

なし

四角溶接ナット

1D

プロジェクション
溶接

あり

1A

あり

1B

プロジェクション
溶接

なし

2A

あり

T

形溶接ナット

2B

スポット溶接

なし

注記 1  形式中の 1 及び 2 は,プロジェクション溶接及びスポット溶接の別を,A 及び B はパイロ

ットの有無を,C 及び D は溶接部の張出しの有無を示す。

注記 2 1F 形は,1B 形で上面・下面の逃げがないものであり,強度区分 5T 用のナット高さは四角

溶接ナットに準じている。

形状・寸法 

ナットは,11.1 によって測定し,その形状・寸法は,

表 による。

表 2−形状・寸法 

種類

形状・寸法

1A

形及び 1B 形

表 4

六角溶接ナット

1F

表 5

四角溶接ナット 1C 形及び 1D 形

表 6

1A

形及び 1B 形

表 7

T

形溶接ナット

2A

形及び 2B 形

表 8

ねじ 

ナットは,JIS B 0205-3 のメートル並目ねじ及び細目ねじとし,ねじの公差域クラスは,JIS B 0209-3

に規定する 6H とする。

なお,電気めっきを施したねじも JIS B 0209-3 に規定する公差域クラス 6H の許容差内になければなら

ない。

機械的性質 

ナットは,11.3 によって試験を行い,その機械的性質は,

表 による。ただし,耐食性,300  ℃以上の

耐熱性及び−50  ℃以下の耐寒性が要求されるものには適用しない。

表 3−機械的性質 

強度区分 5T

8T

適用するナットの種類

六角,四角,T 形

六角,四角

保証荷重応力

  N/mm

2

 490

785

ブリネル硬さ  HB 302

ロックウェル硬さ  HRC 30

硬さ

(最大値)

ビッカース硬さ  HV 302


3

B 1196

:2010

材料 

ナットの材料は,製品が

表 の機械的性質を満足する炭素含有量 0.2 %以下の炭素鋼とし,圧延鋼板へ

の溶着性が良好なものでなければならない。

なお,ナットの溶着性を確認する場合は,

附属書 の押込みはく離強さ又は附属書 のトルクはく離強

さを参考にするのがよい。

表面状態 

ナットの表面状態は,使用上有害な割れ,きず,かえりなどの表面欠陥があってはならない。

10 

表面処理 

ナットには,一般に表面処理を施さない。特に,めっき又はその他の表面処理を必要とする場合には,

受渡当事者間の協定による。

11 

試験・検査 

11.1 

形状・寸法検査 

形状・寸法検査は,JIS B 1071 又はこれに代わる方法で測定し,箇条 に適合しなければならない。

11.2 

ねじ検査 

ねじ検査は,JIS B 1071 又はこれに代わる方法で測定し,箇条 の規定に適合しなければならない。

11.3 

機械的性質検査 

ナットの機械的性質検査は,次によって行い,箇条 の規定に適合しなければならない。

a)

保証荷重応力は,JIS B 1052-2 の 8.1(保証荷重試験)による。

なお,保証荷重応力試験の試験荷重は,JIS B 1082 のねじの有効断面積に

表 の保証荷重応力を乗

じた値とし,保証荷重の加え方は,

図 による。

b) 

硬さは,ナットの座面における 120 度ずつ離れた 3 か所の硬さを測定し,その平均値をナットの硬さ

とする。疑義が生じた場合は,ナットの軸心を含む縦断面におけるねじの谷底にできるだけ近い箇所

の硬さを測定する。ただし,測定箇所は,受渡当事者間の協定によって上面又は側面としてもよい。

なお,供試品の硬さが

表 の値に適合しているかどうか疑義が生じた場合には,HV0.3 ビッカース

硬さで判定する。

ブリネル硬さ試験は,JIS Z 2243 による。

ビッカース硬さ試験は,JIS Z 2244 による。

ロックウェル硬さ試験は,JIS Z 2245 による。


4

B 1196

:2010

a)

  六角溶接ナット及び四角溶接ナットの場合 b)  形溶接ナットの場合

a)

a)

プロジェクション溶接のものは,溶接突起部を削り取って試験する。

図 1−保証荷重の加え方

11.4 

表面状態検査 

表面状態は,目視によって行い,箇条 の規定に適合しなければならない。

12 

製品の呼び方 

ナットの呼び方は,JIS B 1010 による。

なお,表面処理の種類などの指定事項は,必要に応じて付け加える。

例 1  ねじの呼びが M6,形式が 1A 形,強度区分が 5T,電気亜鉛めっきの六角溶接ナット(並目ね

じ)の場合

六角溶接ナット  JIS B 1196−M6−1A−5T−電気亜鉛めっき

例 2  ねじの呼びが M8,ねじのピッチ P=1,形式が 1C 形,強度区分が 8T,四角溶接ナット(細目

ねじ)の場合

四角溶接ナット  JIS B 1196−M8×1−1C−8T

13 

表示 

13.1 

製品の表示 

製品の表示については,特に規定しない。

13.2 

包装の表示 

包装には,外面に次の事項を表示しなければならない。

a)

規格番号又は規格名称

b)

種類

c)

ねじの呼び

d)

機械的性質の強度区分

e)

指定事項(例えば,表面処理など)

f)

数量

g)

製造業者名又はその略号


5

B 1196

:2010

表 4−六角溶接ナット(1A 形及び 1B 形)の形状・寸法 

単位  mm

ねじの呼び

d

外形

逃げ

パイロット

溶接突起部

a)

(参考)

相手板穴直径

h

2

s

h

g

最大)

d

2

h

1

1A

形 1B 形

寸 

基 


細 

基 
準 
寸 

許 
容 

(h14)





強 
度 
区 

5

の 
基 
準 
寸 

強 
度 
区 

8

許 
容 

(h14)

d

1

(約)

1A

1B











f




許 
容 

基 
準 
寸 

許 
容 

1A

1B



M4

− 11

  0

−0.43

5

  0

−0.30

  7 0.5 0.5   7

−0.1

−0.3

0.8

  0

−0.2

0.2

1

0.5

  0

−0.2

0.8

  0

−0.2

7

5

+0.3

  0

M5

  6

M6

13

6

 9

 9

 9   7

M8 M8

×1 15   7.5

11 0.8

11

  11

9

M10 M10

×1

M10

×1.25

17   9

10

  0

−0.36  13    13

 1.2

0.2

1.2

0.7  1

  13

11

M12 M12

×1.25

M12

×1.5

19

  0 
−0.52

11 12

  0 
−0.43

15

15

15

13

注記  ナット 1A 形の下面のねじ部面取りは,その直径が(ねじの呼び径+0.5 mm)以上となるようにし,パイロット

の下面には必ず平面があるようにするのがよい。また,ナット 1A 形の上面及び 1B 形の上面・下面のねじ部面
取りは,その直径がねじの谷の径よりわずかに大きい程度がよい。

a)

  1

個のナットにおいて,溶接突起部を含む高さ(1A 形=h

h

1

h

2

,1B 形=hh

2

)の最大値と最小値の差は,0.15

mm

以下とし,溶接突起部の幅(f)の最大値と最小値の差は,0.7 mm 以下とする。

b)

パイロットと溶接突起部先端との段差(k)は,0.15 mm 以上とする。


6

B 1196

:2010

表 5−六角溶接ナット(1F 形)の形状・寸法

単位  mm

外形

溶接突起部

a)

ねじの呼び

d

s

m

h

2

(参考)

相手板穴直径

並 

細 

基 
準 
寸 

許 
容 

(h14)





強 
度 
区 

5





強 
度 
区 

8

許 
容 

(h14)

f

基 
準 
寸 

許 
容 

基 
準 
寸 

許 
容 

M4

− 11

4  5

0.2

∼1 0.8

5

M5

  0

−0.43

  0

−0.30

0

−0.2

6

+0.3

0

M6

− 13

  5  6

7

M8 M8

×1 15

  6.5 7.5

0.2

∼1.2

9

M10 M10

×1

M10

×1.25

17

8  10

0

−0.36  1

11

M12 M12

×1.25

M12

×1.5

19

  0 
−0.52

10 12

0

−0.43

13

注記  ナット下面のねじ部面取りは,その直径が約(ねじの呼び径+1 mm)となるようにし,上面のねじ部

面取りは,その直径がねじの谷の径よりわずかに大きい程度がよい。

a)

  1

個のナットにおいて,溶接突起部を含む高さ(mh

2

)の最大値と最小値の差は,0.15 mm 以下とし,

溶接突起部の幅(f)の最大値と最小値の差は,0.7 mm 以下とする。


7

B 1196

:2010

表 6−四角溶接ナット(1C 形及び 1D 形)の形状・寸法 

単位  mm

外形

溶接突起部

a)

(参考)

相手板穴直径

ねじの呼び

d

s

m

h

2

並 

細 

基 
準 
寸 

許 
容 

(h14)

の 
基 
準 
寸 

強 
度 
区 

5





強 
度 
区 

8

許 
容 

(h14)




許 
容 

f

j

基 
準 
寸 

許 
容 

M4

− 8

3.2  4

1

5

M5

− 9

  0 
−0.36

4 5

  0 
−0.30

0

−0.2

0.3

1.5

0.3

0.5

6

+0.3

0

M6

− 10

  5

6

7

M8 M8

×1 12

6.5  7.5

    0.5

∼1 9

M10 M10

×1

M10

×1.25

14

  0 
−0.43

8 10

  0 
−0.36

11

M12 M12

×1.25

M12

×1.5

17

10

12

  0

b)

−0.43

1.2

 0.5

∼2

 13

注記  ナット下面のねじ部面取りは,その直径が約(ねじの呼び径+1 mm)となるようにし,上面のねじ部面取

りは,その直径がねじの谷の径よりわずかに大きい程度がよい。 

a)

  1

個のナットにおいて,溶接突起部を含む高さ(mh

2

)の最大値と最小値の差は,0.15 mm 以下とし,溶

接突起部の幅(f)の最大値と最小値の差は,0.7 mm 以下とする。

b)

この許容差は基準寸法 12 mm に対するもので,基準寸法 10 mm の許容差は      とする。

  0 
−0.36


8

B 1196

:2010

表 7形溶接ナット(1A 形及び 1B 形)の形状・寸法 

単位  mm

外形

パイロット

溶接突起部

(参考)

相手板 
穴直径

ねじの呼び

d

d

c

s

d

1

h

t

d

2

h

1

b

c

a





並 

細 

基 
準 
寸 

許 
容 






基 
準 
寸 

許 
容 

基 
準 
寸 























基 
準 
寸 

許 
容 

基 
準 
寸 

許 
容 

1A

1B

M4

− 20

±0.5 12 ±0.25 5.4 5.5

±0.4 1.2±0.2

7

0.8

3

±0.25 0.6 15

±0.2 7

5

M5

6.2

+0.5 
  0

6.5

−0.1
−0.3

  0
−0.2

  0 
−0.2

6

+0.3
  0

M6

− 23

±0.7 14 ±0.3 7.8    7 ±0.5 1.6±0.25 9

17

±0.25 9

7

M8 M8

×1

9.5  8.5

11

11

9

M10 M10

×1

M10

×1.25

30

±1 19

±0.4 12.5

+0.7

  0  10  ±0.6 2 ±0.3 13

1.2

3.8  0.7 22

±0.3 13 11

M12 M12

×1.25

M12

×1.5

32

±1.2 21  ±0.5 14.5

11

±0.8

15

  24

 15 13

注記 1  ナット上・下面のねじ部面取りは,その直径がねじの谷の径よりわずかに大きい程度がよい。 
注記 2  フランジの外周部は,半径が約

d

c

/2

の円弧がよい。

a)

パイロットと溶接突起部先端との段差(k)は,0.15 mm 以上とする。

表 8形溶接ナット(2A 形及び 2B 形)の形状・寸法 


9

B 1196

:2010

単位  mm

外形

パイロット

(参考)

相手板穴直径

ねじの呼び

d

d

c

s

d

1

h

t

d

2

h

1

寸 

基 

並 

細 

基 
準 
寸 



基 
準 
寸 

許 
容 














許 
容 




許 
容 

基 
準 
寸 

許 
容 

2A

2B

許 
容 

M4

− 23

±0.7

12

±0.25 5.4

5.5

±0.4 1.2 ±0.2

7

0.8 7

5

M5

− 24

6.2

+0.5

0

6.5

−0.1

−0.3

  0

−0.2

6

+0.3

  0

M6

− 26

±1 14

±0.3 7.8

  7

±0.5 1.6 ±0.25

9

  9

7

M8 M8

×1 28

  9.5

8.5

  11

  11

9

M10 M10

×1

M10

×1.25

32

±1.2

19

±0.4 12.5

+0.7

0

10

±0.6 2

±0.3

13  1.2

  13

11

M12 M12

×1.25

M12

×1.5

36

21

±0.5 14.5

11

±0.8

15

15

13

注記 1  ナット上・下面のねじ部面取りは,その直径がねじの谷の径よりわずかに大きい程度がよい。 
注記 2  フランジの外周部は,半径が約

d

c

/2

の円弧がよい。


10

B 1196

:2010

附属書 A

(参考)

押込みはく離強さ及びその試験方法

A.1 

押込みはく離強さ 

ナットを A.2 の方法によって試験したときの押込みはく離強さを,参考として

表 A.1 に示す。

なお,押込みはく離試験において溶接部が変形しても,そのときの荷重が

表 A.1 の値以上であればよい。

表 A.1−押込みはく離強さ

単位  kN

ねじの呼び径  (mm)

4 5 6 8 10

12

押込みはく離強さ

3.24 3.24 3.24 3.73 6.03 6.03

押込みはく離強さ(F)は,次の計算式によって求めたものである。

FS×n×σ

ここに,  S:溶接点 1 個の根元の断面積

  n:1 個のナットにおける溶接点の数 
  σ:溶接部の引張強さ(σ=294 N/mm

2

及び は表 の六角溶接ナット 1A 形の規格値の中央値で計算を行って求めた。

A.2 

押込みはく離試験方法 

ナットを

表 A.2 の鋼板に溶接し,それを図 A.1 のようにスペーサの上にのせ,溶接したナットにボルト

をねじ込み,荷重中心ができるだけねじの中心と一致するようにボルトの頭部に圧縮荷重を徐々に加え,

ナットがはく離するときの荷重を測定する。

なお,

表 A.1 の荷重以下で鋼板が著しくわん曲した場合は,表 A.2 の呼び厚さ内で厚めのものを用いる

か,

鋼板の調質区分を高めるか,

又はスペーサの内径とナットとのすき間をできるだけ狭めて再試験する。

表 A.2−ナットを溶接する鋼板

ナットを溶接する鋼板

ねじの呼び径

適用規格

呼び厚さ  mm

4 0.8

∼1.0

5 1.0

∼1.2

6 1.2

∼1.6

8 1.6

∼2.0

10 2.0

∼2.3

12

JIS G 3141

の SPCC とする。ただし,

調質区分は特に規定しない。

2.3

∼3.2


11

B 1196

:2010

鋼板の穴径(d')は,

表 4∼表 に参考として規定する相手板穴直径による。

ナットの溶接条件は,受渡当事者間の協定による。 
表 A.2 に規定した呼び厚さ以外の鋼板を使用する場合は,受渡当事者間の協定による。 

a)

試験に用いるボルトは,次の条件を備えたものとする。 

a)

  仕上げ程度:JIS B 1180

附属書 表 の上

b)

  ねじの公差域クラス:6g

c)

  強度区分:8.8 以上

図 A.1−押込みはく離試験方法


12

B 1196

:2010

附属書 B

(参考)

トルクはく離強さ及びその試験方法

B.1 

トルクはく離強さ 

ナットを B.2 の方法によって試験したときのトルクはく離強さを参考として

表 B.1 に示す。

なお,トルクはく離試験において,溶接部が変形してもそのときのトルクが

表 B.1 の値以上ならばよい。

表 B.1−トルクはく離強さ 

単位  N・m

ねじの呼び径  (mm)

4 5 6 8 10

12

トルクはく離強さ

12.7 12.7 15.5 20.5 37.3

42.2

トルクはく離強さ(T)は,次の計算式によって求めたものである。

TS×n×τ×L

ここに,  S:溶接点 1 個の根元の断面積

  n:1 個のナットにおける溶接点の数 
  L:ねじの中心から溶接点までの距離 
  τ:溶接部のせん断強さ(τσ×0.7=206 N/mm

2

S及び は表 の六角溶接ナット 1A 形の規格値の中央値で計算を行って求めた。

B.2 

トルクはく離試験方法 

ナットを

表 A.2 の鋼板に溶接し,その鋼板を図 B.1 のように固定し,できるだけねじの中心に直角な平

面上で回転力を与え,ナットの溶接部がはく離するときのトルクを測定する。

なお,

表 B.1 のトルク以下で溶接部の板がむしり取られた場合は,表 A.2 の呼び厚さ内で厚めのものを

用いるか,又は板の調質区分を高めて再試験する。

鋼板の穴径(d')は,

表 4∼表 に参考として規定する相手板穴直径による。ただし,パイロットのないものは,穴

あけを省略してよい。

六角溶接ナット及び四角溶接ナットに用いるソケットは,六角穴付き,四角穴付き又は二面幅(s)にはまり合う溝

付きのいずれでもよい。また,T 形溶接ナットに用いるソケットは,つばの幅(s)にはまり合う溝付きのものとする。

ナットの溶接条件は,受渡当事者間の協定による。 
表 A.2 に規定した呼び厚さ以外の鋼板を使用する場合は,受渡当事者間の協定による。

図 B.1−トルクはく離試験方法 


13

B 1196

:2010

参考文献  JIS B 1180  六角ボルト

JIS G 3141

  冷間圧延鋼板及び鋼帯