>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 1116

:2009

(1) 

目  次

ページ

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  用語及び定義 

1

4

  種類

1

5

  形状・寸法 

2

6

  ねじ

2

7

  硬さ

2

8

  材料

2

9

  表面状態

3

10

  表面処理 

3

11

  試験・検査

3

11.1

  形状・寸法 

3

11.2

  ねじ

3

11.3

  硬さ

3

11.4

  表面状態

3

12

  製品の呼び方 

3

13

  表示

4

13.1

  製品の表示 

4

13.2

  包装の表示 

4


B 1116

:2009

(2) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本ねじ研究協会

(JFRI)

及び財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出が

あり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS B 1116:1980 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権及び出願公開後の実用新案登録出願にかかわる確認について,責

任はもたない。


   

日本工業規格

JIS

B 1116

:2009

精密機器用すりわり付き小ねじ

Slotted head screws for precision instruments

適用範囲 

この規格は,光学機器,計測機器などの精密機器に使用する鋼製のすりわり付き小ねじ(以下,鋼小ね

じという。

,黄銅製のすりわり付き小ねじ(以下,黄銅小ねじという。

)及びステンレス鋼製のすりわり付

き小ねじ(以下,ステンレス小ねじという。

)の特性について規定する。

なお,この規格で鋼小ねじ,黄銅小ねじ及びステンレス小ねじを総称する場合は,単に小ねじという。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0101

  ねじ用語

JIS B 0205-2

  一般用メートルねじ−第 2 部:全体系

JIS B 0209-3

  一般用メートルねじ−公差−第 3 部:構造体用ねじの寸法許容差

JIS B 1010

  締結用部品の呼び方

JIS B 1044

  締結用部品−電気めっき

JIS B 1071

  ねじ部品の精度測定方法

JIS G 3123

  みがき棒鋼

JIS G 3505

  軟鋼線材

JIS G 3507-2

  冷間圧造用炭素鋼−第 2 部:線

JIS G 4303

  ステンレス鋼棒

JIS G 4315

  冷間圧造用ステンレス鋼線

JIS H 3250

  銅及び銅合金の棒

JIS H 3260

  銅及び銅合金の線

JIS Z 2244

  ビッカース硬さ試験−試験方法

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS B 0101 による。

種類 

小ねじの種類は,頭部の形状及び寸法によって区分し,

表 による。


2

B 1116

:2009

   

表 1−種類

種類

形状・寸法

摘要

1

皿小ねじ

3

表 

1

丸皿小ねじ

3

表 

1

2

平小ねじ

3

表 

1

2

丸平小ねじ

3

表 

1

種は,頭部径が小さく,頭部高さの低い系列。

2

種は,頭部径が 1 種と同じで,頭部高さの高い系列。

3

種は,頭部径が 1 種及び 2 種よりも大きい系列。

形状・寸法 

小ねじの形状・寸法は,

表 4∼表 による。

ねじ 

小ねじのねじは,JIS B 0205-2 に規定するメートル並目ねじとし,ねじの公差域クラスは JIS B 0209-3

に規定する 6g(M 1.4 以下は 6h)とする。

なお,電気めっきを施したねじの最大許容寸法は,JIS B 0209-3 に規定する 4h の最大許容寸法とする。

硬さ 

鋼小ねじは,熱処理しないもの及び浸炭焼入焼戻しを施したものとし,それぞれの硬さは

表 による。

なお,黄銅小ねじ及びステンレス小ねじの硬さは,受渡当事者間の協定による。

表 2−硬さ

硬さ

ビッカース硬さ

熱処理による区分

最小

最大

熱処理しないもの

145 HV5

230 HV5

浸炭焼入焼戻しを施したもの

450 HV0.3

570 HV0.3

材料 

小ねじの材料は,

表 に規定するもの,又は品質がこれと同等以上のものとする。


3

B 1116

:2009

表 3−材料 

区分

材料

鋼小ねじ

JIS G 3123

の SGD 290-D,SGD 400-D 又は S 10 C-D∼S 15 C-D

黄銅小ねじ

JIS H 3250

の C 3601∼C 3604 又は

JIS H 3260

の C 3501

切削の場合

ステンレス小ねじ  JIS G 4303

鋼小ねじ

JIS G 3505

の SWRM 10∼SWRM 15 又は

JIS G 3507-2

の SWCH 10 R,SWCH 10 A∼SWCH 15 A 若しくは

SWCH 10 K

∼SWCH 15 K

黄銅小ねじ

JIS H 3260

の C 2700

圧造の場合

ステンレス小ねじ  JIS G 4315

表面状態 

小ねじの表面状態は,使用上有害な割れ,  きず,かえり,ばりなどの表面欠陥があってはならない。

10 

表面処理 

小ねじには,表面処理を施さない。特にめっきその他の表面処理を必要とする場合は,受渡当事者間の

協定による。

なお,電気めっきを施す場合には,JIS B 1044 による。

11 

試験・検査 

11.1 

形状・寸法 

形状・寸法の検査は,JIS B 1071 の 3.3(各部の寸法の測定方法)又はこれに代わる方法によって行い,

箇条 の規定に適合しなければならない。

11.2

ねじ 

ねじの検査は,JIS B 1071 の 3.2(ねじ精度の測定方法)又はこれに代わる方法によって行い,箇条 

規定に適合しなければならない。

なお,電気めっきを施したねじに対する通りねじリングゲージは,4h 用のものを用いる。

11.3

硬さ 

硬さの検査は,JIS Z 2244 に規定する方法によって行い,小ねじの頭部上面又はねじ部端面の硬さが箇

条 の規定に適合しなければならない。ただし,熱処理しない鋼小ねじの測定箇所は,受渡当事者間の協

定によって,ねじ先端からほぼねじの外径に等しい長さだけ切り取った面としてもよい。

11.4 

表面状態 

表面状態の検査は,目視によって行い,箇条 の規定に適合しなければならない。

12 

製品の呼び方 

小ねじの呼び方は,JIS B 1010 による。

なお,ねじ部が部分的な場合は,その長さを呼び長さ の後に括弧を付けて示す。また,特にねじの公

差域クラスを示す必要がある場合は,ねじの呼び径 d×呼び長さ の後に付け加える。

例 1  皿小ねじ 1 種で,ねじの呼びが M2,呼び長さが 8 mm,材料が鋼の場合:

皿小ねじ 1 種  JIS B 1116  M2×8  SWRM10


4

B 1116

:2009

   

例 2  皿小ねじ 1 種で,ねじの呼びが M2,呼び長さが 8 mm,ねじ部の長さが 5 mm,材料が鋼で浸

炭処理した場合:

皿小ねじ 1 種  JIS B 1116  M2×8(5)  SWRM10(浸炭)

例 3  精密機器用すりわり付き平小ねじ 1 種で,ねじの呼びが M1.2,呼び長さが 3 mm,ねじの公差

域クラスが 6h,材料がステンレス鋼製の場合:

精密機器用平小ねじ 1 種  M1.2×3−6h  SUS304

13 

表示 

13.1 

製品の表示 

製品の表示については,規定しない。

13.2 

包装の表示   

包装の外面には,次の事項を表示しなければならない。

a) 

規格番号又は規格名称 

b)

種類

c)

ねじの呼び×呼び長さ  ねじ部の長さ及びねじの公差域クラスを表示する必要がある場合には,この

後に付け加える。ただし,ねじ部の長さは,括弧を付けて示す。

例 M

2

×8 (5)−6g

d)

材料  浸炭したものは,この後に“

(浸炭)

”と付け加える。

e)

指定事項(例えば,めっきの指定)

f)

数量

g)

製造業者名又はその略号


5

B 1116

:2009

表 4−皿小ねじ 

単位  mm

d

k

k c n 

t E 

種類  ねじの呼び

(d)

基準寸法  許容差  基準寸法 許容差

基準寸法 許容差 基準寸法  許容差  最大  最大

最大

 M 1.2

1.8

0.4

0.1

0.32

0.25

 M 1.4

2

0.45

0.15

0.32

0.3

 M 1.6

2.3

+0.05 
−0.1

0.5

0

−0.05

0.15

0.32

+0.08

0

0.3

±0.05 0.05

 M 2

3

0.6

0.1

0.4

0.3

 M 2.2

3.3

0.7

0.15

0.4

0.4

1

 M 2.5

3.8

+0.05 
−0.2

0.8

0

−0.08

0.15

0.6

+0.1

0

0.4

±0.08 0.08

0.03

1

°

 M 1

1.8

0.5

0.1

0.32

0.3

 M 1.2

2

0.5

0.1

0.32

0.3

 M 1.4

2.5

0.7

0.15

0.32

0.4

 M 1.6

2.8

+0.05

−0.1

0.8

0

−0.05

0.2

0.32

+0.08

0

0.4

±0.05 0.05

 M 2

3.5

0.9

0.15

0.4

0.5

 M 2.2

3.8

1

0.2

0.4

0.6

3

 M 2.5

4.3

+0.05 
−0.2

1.1

0

−0.08

0.2

0.6

+0.1

0

0.6

±0.08 0.08

0.03

1

°

E

及び は,軸心に対する片寄りである。

ねじは,首下まで加工する。ただし,特に必要がある場合には,ねじ部長さを注文者が指定することができる。 

c

の部分のかどには,丸みがあってもよい。

注記  ねじ部品各部の寸法記号は,JIS B 0143 を参照。 

a)

長さ  (l)  は,

表 による。

b)

ねじ先は,30 度面取り又はこれに相当する面取りをする。ただし,30 度面取りにおける面取りした先端の径は,
ねじの谷の径よりもわずかに小さくする。

なお,切削ねじで,特に指定された場合及び転造ねじの場合は,先端の加工を省略してよい。

c)

すりわりの深さ  (t)  は,最も浅い部分で測り,その値が許容限界内になければならない。

d)

不完全ねじ部の長さ  (x)  は,1.5 山以下とする。ただし,特に必要がある場合には,を指定することができる。


6

B 1116

:2009

   

表 5−丸皿小ねじ 

単位  mm

d

k

k c

k

f

n t 

F

G

種類

ねじの呼び

(d)

基準

寸法

許容差

基準

寸法

許容差

基準

寸法

許容差

基準

寸法

許容差

基準

寸法

許容差  最大 最大 最大

 M

1.2

1.8

0.4

0.1

0.2

0.6

0.32

0.4

 M

1.4

2

0.4

0.1

0.2

0.6

0.32

0.4

 M

1.6

2.3

+0.05

−0.1

0.5

0

−0.05

0.15

0.3

0.8

±0.08

0.32

+0.08

0

0.5

±0.05 0.05

 M

2

3

0.6

0.1

0.3

0.9

0.4

0.6

 M

2.2

3.3

0.7

0.15

0.4

1.1

0.4

0.7

1

 M

2.5

3.8

+0.05 
−0.2

0.8

0

−0.08

0.15

0.4

1.2

±0.1

0.6

+0.1

0

0.8

±0.08 0.08

0.03 1

°

 M

1

1.8

0.5

0.1

0.2

0.7

0.32

0.4

 M

1.2

2

0.5

0.1

0.2

0.7

0.32

0.4

 M

1.4

2.5

0.7

0.15

0.3

1

0.32

0.5

 M

1.6

2.8

+0.05 
−0.1

0.8

0

−0.05

0.2

0.3

1.1

±0.08

0.32

+0.08

0

0.6

±0.05 0.05

 M

2

3.5

0.9

0.15

0.4

1.3

0.4

0.7

 M

2.2

3.8

1

0.2

0.4

1.4

0.4

0.7

3

 M

2.5

4.3

+0.05 
−0.2

1.1

0

−0.08

0.2

0.5

1.6

±0.1

0.6

+0.1

0

0.8

±0.08 0.08

0.03 1

°

E

及び は,軸心に対する片寄りである。

ねじは,首下まで加工する。ただし,特に必要がある場合には,ねじ部長さを注文者が指定することができる。 

c

の部分のかどには,丸みがあってもよい。

注記  ねじ部品各部の寸法記号は,JIS B 0143 を参照。 

a)

長さ  (l)  は,

表 による。

b)

ねじ先は,30 度面取り又はこれに相当する面取りをする。ただし,30 度面取りにおける面取りした先端の径は,

ねじの谷の径よりもわずかに小さくする。

なお,切削ねじで,特に指定された場合及び転造ねじの場合は,先端の加工を省略してよい。

c)

すりわりの深さ  (t)  は,最も浅い部分で測り,その値が許容限界内になければならない。

d)

不完全ねじ部の長さ  (x)  は,1.5 山以下とする。ただし,特に必要がある場合には,を指定することができる。


7

B 1116

:2009

表 6−平小ねじ 

 
 
 
 
 

単位  mm

d

k

k n t  

F

G

種類

ねじの呼び

(d)

基準寸法 許容差  基準寸法 許容差 基準寸法 許容差 基準寸法 許容差  最大  最大  最大 最大

 M 1.2

1.8

0.5

0.32

0.3

 M 1.4

2

0.5

0.32

0.3

 M 1.6

2.3

+0.05

0.1

0.5

±0.05

0.32

+0.08

0

0.3

±0.05 0.05

 M 2

3

0.6

0.4

0.3

 M 2.2

3.3

0.7

0.4

0.4

1

 M 2.5

3.8

+0.05

−0.2

0.8

±0.08

0.6

+0.1

0

0.4

±0.08

0.05

0.08

0.03

1

°

 M 1.2

1.8

0.8

0.32

0.4

 M 1.4

2

0.9

0.32

0.5

 M 1.6

2.3

+0.05

0.1

1

±0.05

0.32

+0.08

0

0.6

±0.05 0.05

 M 2

3

1.2

0.4

0.7

 M 2.2

3.3

1.3

0.4

0.7

2

 M 2.5

3.8

+0.05 
−0.2

1.5

±0.08

0.6

+0.1

0

0.8

±0.08

0.05

0.08

0.03

1

°

 M 1

1.8

0.6

0.32

0.3

 M 1.2

2

0.7

0.32

0.4

 M 1.4

2.5

0.8

0.32

0.4

 M 1.6

2.8

+0.05 
−0.1

0.8

±0.05

0.32

+0.08

0

0.4

±0.05 0.05

 M 2

3.5

1

0.4

0.6

 M 2.2

3.8

1.1

0.4

0.6

3

 M 2.5

4.3

+0.05 
−0.2

1.2

±0.08

0.6

+0.1

0

0.7

±0.08

0.05

0.08

0.03

1

°

E

及び は,軸心に対する片寄りである。

ねじは,首下まで加工する。ただし,特に必要がある場合には,ねじ部長さを注文者が指定することができる。 

注記  ねじ部品各部の寸法記号は,JIS B 0143 を参照。 

a)

長さ  (l)  は,

表 による。

b)

ねじ先は,30 度面取り又はこれに相当する面取りをする。ただし,30 度面取りにおける面取りした先端の径は,
ねじの谷の径よりもわずかに小さくする。

なお,切削ねじで,特に指定された場合及び転造ねじの場合は,先端の加工を省略してよい。

c)

すりわりの深さ  (t)  は,最も浅い部分で測り,その値が許容限界内になければならない。

d)

不完全ねじ部の長さ  (x)  は,1.5 山以下とする。ただし,特に必要がある場合には,を指定することができる。

 
 


8

B 1116

:2009

   

表 7−丸平小ねじ 

 
 

単位  mm

d

k

 k 

k

f n  t 

F

G

種類

ねじの呼び

(d)

基準
寸法

許容差

基準
寸法

許容差

基準
寸法

許容差

基準
寸法

許容差

基準
寸法

許容差  最大  最大  最大 最大

 M

1.2

1.8

0.4

0.2

0.6

0.32

0.4

 M

1.4

2

0.4

0.2

0.6

0.32

0.4

 M

1.6

2.3

+0.05 
−0.1

0.4

±0.05

0.3

0.7

±0.1

0.32

+0.08

0

0.5

±0.05 0.05

 M

2

3

0.5

0.3

0.8

0.4

0.5

 M

2.2

3.3

0.5

0.4

0.9

0.4

0.6

1

 M

2.5

3.8

+0.05 
−0.2

0.6

±0.08

0.4

1

±0.15

0.6

+0.1

0

0.6

±0.08

0.05

0.08

0.03 1

°

 M

1.2

1.8

0.7

0.2

0.9

0.32

0.5

 M

1.4

2

0.8

0.2

1

0.32

0.6

 M

1.6

2.3

+0.05

−0.1

0.8

±0.05

0.3

1.1

±0.1

0.32

+0.08

0

0.6

±0.05 0.05

 M

2

3

1

0.3

1.3

0.4

0.7

 M

2.2

3.3

1

0.4

1.4

0.4

0.8

2

 M

2.5

3.8

+0.05 
−0.2

1.2

±0.08

0.4

1.6

±0.15

0.6

+0.1

0

0.9

±0.08

0.05

0.08

0.03 1

°

 M

1

1.8

0.5

0.2

0.7

0.32

0.4

 M

1.2

2

0.6

0.2

0.8

0.32

0.4

 M

1.4

2.5

0.6

0.3

0.9

0.32

0.5

 M

1.6

2.8

+0.05 
−0.1

0.6

±0.05

0.3

0.9

±0.1

0.32

+0.08

0

0.5

±0.05 0.05

 M

2

3.5

0.7

0.4

1.1

0.4

0.6

 M

2.2

3.8

0.8

0.4

1.2

0.4

0.6

3

 M

2.5

4.3

+0.05

−0.2

0.8

±0.08

0.5

1.3

±0.15

0.6

+0.1

0

0.7

±0.08

0.05

0.08

0.03 1

°

E

及び は,軸心に対する片寄りである。

ねじは,首下まで加工する。ただし,特に必要がある場合には,ねじ部長さを注文者が指定することができる。

注記  ねじ部品各部の寸法記号は,JIS B 0143 を参照。 

a)

長さ  (l)  は,

表 による。

b)

ねじ先は,30 度面取り又はこれに相当する面取りをする。ただし,30 度面取りにおける面取りした先端の径は,

ねじの谷の径よりもわずかに小さくする。

なお,切削ねじで,特に指定された場合及び転造ねじの場合は,先端の加工を省略してよい。

c)

すりわりの深さ  (t)  は,最も浅い部分で測り,その値が許容限界内になければならない。

d)

不完全ねじ部の長さ  (x)  は,1.5 山以下とする。ただし,特に必要がある場合には,を指定することができる。


9

B 1116

:2009

表 8−小ねじの長さ

単位  mm

長さ  (l)

 a)

,b)

ねじの呼び

基準寸法

許容差

M 1

M 1.2

M 1.4

M 1.6

M 2

M 2.2

M 2.5

1

1.2

1.4

0

−0.1

1.6

(1.8)

2

0

−0.15

(2.2)

2.5

(2.8)

3

0

−0.2

3.5

4

4.5

5

5.5

6

7

8

9

10

0

−0.3

a)

太線の枠内は,各ねじの呼びに対して推奨する長さ  (l)  を示す。ただし,l

寸法に括弧を付けたものは,なるべく用いない。

b)

長さ  (l)  は,特に必要がある場合には,上表以外の長さのものを使用する
ことができる。

なお,この場合における の許容差は,特に指定のない限り,

表 によ

る。

表 9−小ねじの長さの許容差

単位  mm

l

の区分

1.4

以下

1.4

を超え

2

  以下

2

を超え

3

以下

  3

を超え

10

以下

10

を 超 え

るもの

0 0 0  0

0

l

の許容差

−0.1

−0.15

−0.2

−0.3

−0.4

参考文献  JIS B 0143  ねじ部品各部の寸法の呼び及び記号