>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

B 1101

:2006

(1) 

まえがき

この追補は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正したもの

で,これによって,JIS B 1101:1996 は改正され,一部が置き換えられた。


   

日本工業規格

JIS

 B

1101

:2006

すりわり付き小ねじ

(追補1)

Slotted head screws

(Amendment 1)

JIS B 1101:1996

を,次のように改正する。

箇条 4.(品質)の表 を,次に置き換える。

  表2  小ねじの品質

品  質

区分

 

鋼小ねじ

ステンレス小ねじ

非鉄金属小ねじ

ねじ

公 差 域 ク ラ

6g

1

)

適用規格

JIS B 0205

及び JIS B 0209

区分 

強度区分 
4.8

,5.8

鋼種区分・強度区分
A2

−50,A2−70

材質区分

2

)

機 械 的 性

適用規格

JIS B 1051 

JIS B 1054

JIS B 1057 

部品等級

A

公差

適用規格

JIS B 1021 

表面処理 
 

一般には施さない。特にめっきその他の表面処理を
必要とする場合は,注文者が指定する。 
  なお,電気めっきを施す場合は,JIS B 1044 による。

表面欠陥 

特に指定がない限り JIS B 1041 による。

箇条 4.(品質)の表 の注(

1

)の JIS B 0209 の本体による等級 4h を,JIS B 0209-1 による公差域クラス

4h に置き換える。

箇条 6.(材料)の(1)の JIS B 1051 本体の 3.(材料及び熱処理)を,JIS B 1051 の 4.(材料)に置き換える。

箇条 6.(材料)の(2)の JIS B 1054 の 5.(材料)を,JIS B 1054-1 の 4.(化学成分)に置き換える。

箇条 6.(材料)の(3)の JIS B 1057 の 4.(材料)を,JIS B 1057 の 6.(材料)に置き換える。


2

B 1101

:2006

   

箇条 7.(検査)の(1)の 1 行目の JIS B 1054 を,JIS B 1054-1 に置き換える。

箇条 7.(検査)の(1)の 2 行目の性状区分を,鋼種区分・強度区分に置き換える。

箇条 8.(製品の呼び方)の 2 行目の性状区分を,鋼種区分・強度区分に置き換える。

箇条 8

(製品の呼び方)の

注(

3

)の JIS B 1044 

附属書 D(ねじ部品の電気めっきのためのコード体系)

を,JIS B 1044 

附属書 E(ねじ部品の電気めっきのための呼び方のコード,システム A)に置き換える。

  細分箇条 9.1 (1)の JIS B 1051 本体の 6.1 を,JIS B 1051 の 9.3 に置き換える。

  細分箇条 9.1 (2)の JIS B 1054 の 8.1(製品表示)を,JIS B 1054-1 の 3.2(表示)に置き換える。

  細分箇条 9.1 (3)の JIS B 1057 の 7.1 を,JIS B 1057 の 9.1 に置き換える。

  細分箇条 9.2 (4)の 2 行目の性状区分の記号(ステンレス小ねじの場合で,鋼種区分と強度区分を組み

合わせた記号)を,鋼種区分・強度区分の記号(ステンレス小ねじの場合)に置き換える。

付表 5  引用規格の 2 行目の JIS B 0205  メートル並目ねじを,JIS B 0205-2  一般用メートルねじ−第

2 部:全体系に置き換える。

付表 5  引用規格の 3 行目に次の規格を追加し,以降行を順送りする。

JIS B 0209-1

  一般用メートルねじ−公差−第 1 部:原則及び基礎データ

付表 5  引用規格の 3 行目(新 4 行目)の JIS B 0209  メートル並目ねじの許容限界寸法及び公差を,

JIS B0209-2

  一般用メートルねじ−公差−第 2 部:一般用おねじ及びめねじの許容限界寸法−中(はめあ

い区分)に置き換える。

付表 5  引用規格の 4 行目(新 5 行目)の JIS B 0251  メートル並目ねじ用限界ゲージを,JIS B 0251  メ

ートルねじ用限界ゲージに置き換える。

付表 5  引用規格の 5 行目(新 6 行目)の JIS B 1003  ねじ先の形状・寸法を,JIS B 1003  締結用部品−

メートルねじをもつおねじ部品のねじ先に置き換える。

付表 5  引用規格の 7 行目(新 8 行目)の JIS B 1021  ねじ部品の公差方式を,JIS B 1021  締結用部品

の公差−第 1 部:ボルト,ねじ,植込みボルト及びナット−部品等級 A,B 及び C に置き換える。

付表 5  引用規格の 9 行目(新 10 行目)の JIS B 1044  ねじ部品−電気めっきを,JIS B 1044  締結用部

品−電気めっきに置き換える。


3

B 1101

:2006

付表 5  引用規格の 10 行目(新 11 行目)の JIS B 1051  鋼製のボルト・小ねじの機械的性質を,JIS B 1051

炭素鋼及び合金鋼製締結用部品の機械的性質−第 1 部:ボルト,ねじ及び植込みボルトに置き換える。

付表 5  引用規格の 11 行目(新 12 行目)の JIS B 1054  ステンレス鋼製耐食ねじ部品の機械的性質を,

JIS B 1054-1

  耐食ステンレス鋼製締結用部品の機械的性質−第 1 部:ボルト,ねじ及び植込みボルトに置

き換える。

附属書箇条 1.(適用範囲)の 4 行目の“ただし、鋼小ねじの強度区分 4T は,1999 年 4 月 1 日限りで廃

止する。

”を削除する。

附属書箇条 3.(機械的性質)の附属書表 を,次に置き換える。

                        附属書表1  鋼小ねじの機械的性質

機械的性質

適用する小ねじ

強度区分

適用規格

鋼小ねじ

4.8

,8.8

JIS B 1051 

附属書細分箇条 3.2(ステンレス小ねじの機械的性質)の JIS B 1054 の性状区分を,JIS B 1054-1 の鋼種

区分・強度区分に置き換える。

附属書箇条 5.(ねじ)の JIS B 0205 のメートル並目ねじとし,その等級は JIS B 0209 を,JIS B 0205-2

のメートル並目ねじとし,その公差域クラスは JIS B 0209-2 に置き換える。

附属書箇条 7.(材料)の附属書表 の注(

)の JIS B 1054 を,JIS B 1054-1 に置き換える。

附属書細分箇条 9.1.1(鋼小ねじの機械的性質検査)の附属書表 を,次に置き換える。

            附属書表4  鋼小ねじの機械的性質の試験項目及び試験方法

強度区分

試験項目及び試験方法

4.8

,8.8

JIS B 1051

の表 5(受入目的のための試験プログラム A 及び B)のプログラム B によ

る。

附属書細分箇条 9.1.1(鋼小ねじの機械的性質検査)の附属書表 の備考 1.を削除し,以降備考番号を

繰り上げる。

附属書細分箇条 9.1.1(鋼小ねじの機械的性質検査)の附属書表 の備考 3.(新備考 2.)の JIS B 1051 の本

体の検査プログラム B を,JIS B 1051 の試験プログラム B に置き換える。

附属書細分箇条 9.1.2(ステンレス小ねじの機械的性質検査)の JIS B 1054 を,JIS B 1054-1 に置き換え

る。


4

B 1101

:2006

   

附属書箇条 10.(製品の呼び方)の 2 行目 JIS B 1054 を,JIS B 1054-1 に置き換える。

附属書箇条 10.(製品の呼び方)の注(

)の JIS B 1054 の性状区分を,JIS B 1054-1 の鋼種区分・強度区

分に置き換える。

附属書箇条 10.(製品の呼び方)の注(

)の JIS B 1044 

附属書 D(ねじ部品の電気めっきのためのコ

ード体系)を,JIS B 1044 

附属書 E(ねじ部品の電気めっきのための呼び方のコード,システム A)に

置き換える。

附属書細分箇条 11.1(製品の表示)の(1)の全文を、鋼小ねじの製品の表示は,JIS B 1051 の 9.3(製品

の表示)によるに置き換える。

附属書細分箇条 11.1(製品の表示)の(2)を削除し,以降項目番号を繰り上げる。

附属書細分箇条 11.1(製品の表示)の(3)(新番号 2)の JIS B 1054 を,JIS B 1054-1 に置き換え,JIS B 

1054

本体の 8.1(製品表示)を,JIS B 1054-1 の 3.2(表示)に置き換える。

附属書細分箇条 11.2(包装の表示)の(3)の性状区分を,鋼種区分・強度区分に置き換え,JIS B 1054

を,JIS B 1054-1 に置き換える。

附属書細分箇条 11.2(包装の表示)の注(

)の JIS B 1054 を、JIS B 1054-1 に置き換える。